FC2ブログ
2018/11/10

夜遊び

暗闇に十月桜がぽわぁぁぁぁぁぁぁぁぁんと。(^^)
DSC_1028.jpg
豪快に咲きまくるソメイヨシノより、ぽつぽつと。。。
あっちで咲いてた~。こっちで咲いてた~。ってな冬桜のかわいらしさ
が、何となく好きだったりします。

いつもお山の上から見下ろすばかりでなくて、たまにはお金を払ってイルミネーション。
DSC_0995.jpg
イルミネーションって、その昔の、ちっちゃな電球がピカピカしてる。
そんなのがやっぱりきれいだよね~。今のは、点じゃなくて面で彩ってるんだもん。
そりゃ、邪道だよ・・・と、散々言ってたけれど、、、

いやいや、感動するほど、きれいでした。(^O^;

その昔、東京ミレナリオ(懐かしぃぃぃ)を見に行った時の感動を超えたかも。(^O^;;
DSC_1078.jpg
お花とカラフルライトがコラボしてるってのがいいのかな~♪

光とバラ。
光のバラ。
IMG_2376_20181110192440348.jpg


たくさんの写真を1枚にまとめるアプリを、使ってみたかったのだ~。(^O^;;;
IMG_2378_20181110192442cce.jpg
ようやく使えて、満足、満足♪♪

水に映るピカピカが、ホントにきれいだったな~。
DSC_1212.jpg
アルメニアンダンスpartⅡの出だしの2小節がBGMでかかっていて、
久しぶりに聞いたら、帰ってきても、頭の中をぐるんぐるん巡っています。
それに、くるみ割り人形の曲も。

小道具を使って遊んでみる。(^^;;;
DSC_1004.jpg
あれ、結構楽しいかも~。(^O^)
スポンサーサイト
2018/10/31

牛になった休日

こんなにたくさん、食べられな~~~~い。
DSC02352.jpg
・・・とか言った約30分後。
見事に、これらのモノは、胃袋の中に吸い込まれていく。(^○^;

うへぇ、食べ過ぎたぁ。と言ってた直後、仲居さんが
「本日の水菓子は、ゴマプリンです」とか言いながら持ってきてくださる。

甘いものは、やっぱり別腹だった。(^○^;;;;;;

食事の前。食事の後。寝る前。翌朝。。。
ふやけるほど温泉に浸かって、、、


観光はちょっとだけ。(^^;(^^;(^^;
DSC02326.jpg
ガチで紅葉の名所。
大渋滞を覚悟してきたけれど、午後まで雨降り。の予報のおかげで
スムーズに目的地に到着。駐車場もガラ空き。
よかった~。

紅葉列車は、峡谷の一番きれいな場所では徐行運転。
列車に乗ってる人にも、外で写真を撮る人たちにも優しいサービス。
DSC02319.jpg
帰り、三脚を立てたおっさんたちが、何やら口論してたけどさ。

時々不安定な雲が広がって、こりゃ、雨に降られるかな?
心配していたけれど、青空も広がって、その空が水に写って
青く光っていました。
DSC02336.jpg

いやいや、遠かったけど、来てよかった、紅葉の景色でしたとさ。
DSC02350_201810312221598e3.jpg

夕方から、冷たい季節風がビュービュー。
翌日は、、、案の定、ミルキー♪
DSC02365_201810312222041ae.jpg

雪壁見に行こうよ! って、子供たちを連れてここへ来たのは、もう
15年くらい前の話だね。
ココの展望台で、縮こまりながら撮った写真があるね~。
なんて話をしながら。
DSC02370.jpg
来ると、当時のことを結構思い出すものだね~。

標高の高いところでは、もうすっかり葉が落ちて、ナナカマドの赤い実だけが
色を添えている感じだったけれど、標高を下げてくれば、まだまだきれいな
紅葉の景色♪
DSC02356.jpg


伏見稲荷を思わせる赤い鳥居をいくつもくぐりながらお参り。
DSC02392.jpg

優しい顔のお狐様
なんだか、見ているだけで、やさしい気持ちになれるような
稲荷神社でした。
DSC02395.jpg

かやぶき屋根の古民家からは、囲炉裏から漂う煙と
炭の匂い。好きだわ~。
DSC02377_201810312222077aa.jpg
こんな昔ながらの建物は、秋が似合うね。

柱状節理に萌え~。
DSC02382.jpg


観光している時間より、絶対車に乗ってた時間の方が長かったような気がする。
食っちゃ寝、食っちゃ運転の牛になった週末。。。

食べ過ぎて、、お腹の調子がまだ戻ってこない。(^^;(^^;(^^;(^^;
2018/10/24

会津駒ヶ岳㉓  オコジョたんの里帰り

さてさて、今シーズン最後のアイコマ詣では、かわいいお供を従えて♪

夜、南会津付近は濃い霧。もぉ、運転が怖い程。
それが、檜枝岐に着いた時には、満天の星空。
ちょうど、オリオン座流星群の極大日前日。。
・・・ということで、フロントガラス越しでも流れ星が見られました。
DSC02162.jpg
そして、冷え込んだ翌朝。
おかしいなぁ。6時半のバスに乗るつもりでいたんだけど、シュラフにくるまりぬくぬくと。
道の駅「ひのえまた」の奥の山の斜面が、まぁ、きれいだこと。(^^)

キリンテ周回は早々に諦めて滝沢ピストンで。
登山口の階段付近は、まだまだ緑色が濃かったけれど、営林署の
看板を過ぎたあたりから、急に森が暖色に染まります。
DSC02173_20181023232348d11.jpg

あぁぁぁぁ、黄葉したブナの森って、なんで、見てるだけでこんなに暖かいんだろ。
DSC02175.jpg

上ばかり見て歩いていると、木の根っこに躓いて転びますよ~。
DSC02177_201810232323514d5.jpg
・・・と、自分に言い聞かせてみるものの、やっぱり、青空のもとの紅葉の
森は、ホントにきれいで、上ばかりを見ながら歩いてしまいました。

楽しみにしていた、ヘリポート跡付近の紅葉回廊は、もう、すっかり葉っぱが落ち・・・

標高1900mを過ぎると、あらら、葉っぱが砂糖でコーティングされてる♪
DSC02187_20181023232352d4c.jpg
前日の夕方、佐野では結構な降りっぷりのにわか雨だったけれど、高いお山では
そのタイミングで、雪が降ったようです。
尾瀬仕様の階段も、木枠の部分が凍ってつるっつる。

2000mを過ぎると、木道には雪っ。
ひょえ~~~、怖いよっぉぉぉ。と、今年最後の駒ヶ岳の景色を見たり
恐怖の足元を見たりと、忙しい。(^^;
DSC02188.jpg
お守りにチェーンスパイクも持ってきたんだけどね、それを使うほどは積もってなかったんだよね~。

足元、怖い~。とか、言ってる割には、、、
あぁ、山頂も白いよ・・・なんて、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。
DSC02191.jpg
冬の始まりの景色って、なんか、爽やかさを感じるね~。

そりゃぁ、雪が積もっていれば、思わず作っちゃうよね。
DSC02193.jpg

ハイジの丘まで登ってきました。
緑色だった回廊は、金色に輝く回廊に変わって、その後は、小麦色回廊。
DSC02202_20181023232358433.jpg

燧ケ岳も雪だったようです。
沢筋が白く見えました。
DSC02204.jpg
ふぅ、やっぱり何度見てもよき眺め。

駒の大池は、半分くらい凍っていました。
凍っていない場所では、穏やかな天気に水鏡♪
DSC02208.jpg

せっかく積もっている雪が溶けないうちに、雪景色を楽しんできましょう~。

うわぁ、雪山の景色だよ。\(^o^)/
DSC02215.jpg
それなじゃくても滑る山頂へ向かう階段。
「やだ~~~~~~っっ!!!!」とか言ってる割には、もぉ
口元緩みっぱなし。

クリスマスツリーの品評会も始まっていました。
DSC02217_20181023232512dd1.jpg

そして、振り返れば、もう、すっかり見慣れた景色も、
一層素敵に見える感じ。
DSC02220_201810232325141ce.jpg
始め、今シーズンは、ここへ来るのは無理かもしれない。。。とか思っていたけど
なんだー、かんだと月1で大好きな景色に会いに来ることができました。
やっぱり嬉しいよぉぉ。

山の北斜面では、一層の雪景色。
オオシラビソもシャクナゲもツツジも、雪&霧氷がびっしり。
それが、ほんのり溶けて、そこに太陽の光があたって、キラッキラになってました。
DSC02227_201810232325156ff.jpg

神の稜線にまぶされたフロストシュガー。
DSC02228_201810232325178b5.jpg
そうそう、山頂から中門岳へ向かう崩れた階段も、新しくなっていました。
新しい木道は、滑らない~。(^○^)

振り向くと、駒ケ岳スキー場。(^○^;
目の前に広がる景色は「冬」だけど、朝の冷え込みが嘘のように
日差しは暖かくって、首筋なんて、じりじり日焼けの予感。
風の冷たさもなかったのでロンTで歩けてしまいました。
DSC02231.jpg

神の稜線散歩。行きま~す。
次にここへ来られるのは、また、半年以上後だよ。
大事に、大事に景色を楽しみながら歩かなきゃね。
DSC02236_20181023232520550.jpg

キリンテから来た去年の初冬は、ここで時間切れだったんだよね。
今年は、まだまだ時間はたっぷり。先へ進みます。
DSC02238.jpg

・・・・・
DSC02243.jpg
(T_T)
(ノД`)・゜・。
(´Д⊂ヽ
(´;ω;`)ウゥゥ


いつもの、、お昼寝ポイントにも、新しいベンチができていました。
DSC02244.jpg
・・・きっと慣れる。。慣れるよ、、、

ベンチの横には、今まで休憩の時に散々お世話になった木がそのままあったので
そこに座ってランチタイム。
DSC02246.jpg
先月拉致って帰った冬オコジョたんを一緒に連れてきました。
生まれた山を見ながら黄昏る冬オコジョたん。
故郷の山は、どんな風に見えたかな?

のんびり・まったりするのにサイコー。
天気が良くて、よかったね♪ と申しておりました。
DSC02249.jpg

さて、雪の乗ったツルツル木道が怖いので、ちょっぴり早めに引き上げます。
DSC02253.jpg
この辺りは、ドライフラワーになったイワショウブがたくさん。
あれれ、赤い実にはならなかったのかな?
素朴な疑問が、ふつふつと。

強い日差しに、木道に積もっていた雪は、日向ではほとんど溶けていました。
木道も乾いていてよかった~。
DSC02258.jpg

帰りも、もちろん山頂経由で。
DSC02263_20181023232644905.jpg

もうすぐ、一面真っ白な世界になっちゃうんだね~。
これからは、ちょっと離れたお山から、見つけて嬉しい会津駒ヶ岳だね。
DSC02268_20181023232646478.jpg

山頂からくだって、もうすぐ巻道との合流。ってあたりで、すってんころりん。
ホント、ココのお山では、もれなくしりもちが付いてきます。(^○^;

駒ノ大池の氷もすっかり溶けていました。
池の周りをぐるっと歩いたら、今シーズンのお礼とご挨拶に行きましょう~。
DSC02272_201810232326475d6.jpg

冬オコジョたん。1か月ぶりの里帰りです♪
「あれぇ、ちょうど今、暇になったところ~」って言ってくださった姉さまと
しばしお喋り。
DSC02274_20181023232649b12.jpg
駒の兄さま姉さまが管理人になってからの10年で、裸地化していた湿原に
緑が戻ってきた。その秘話は、興味をそそるものばかり。
木道なんて敷かなくったって、ピンクテープでちょっとだけ制限してあげるだけで
イワカガミやアカモノが帰ってきたんだよー。って。
もう、そんな話は、目からうろこ。
なのに、尾瀬のアヤメ平ではなかなか元の自然が戻ってこない。
そんな苦労話まで。あっという間の1時間。(^^;(^^;(^^;

お泊りのお客さんたちが到着し始めたところで、私は帰ります。
「今日、泊ってけるよーー」の神の声に、後ろ髪惹かれまくりで。(^^;

山の神様。今シーズンも、楽しいアイコマ詣でができました。
今年の1番は、なんて言ってもピンク色のチングルマ♪
DSC02277.jpg
ありがとうございました。
また来年♪

午後になっても大展望は変わらず。
女峰山にも、白根山にも雲が全然かかっていませんでした。
DSC02278.jpg

名残惜しくて振り返りながら~。
立ち止まってばかりいると、下山する頃には暗くなっちゃうぞ。
DSC02280_20181023232813cab.jpg

ダケカンバは、すっかり葉を落として、白い枝がうねうねと。
DSC02284.jpg
晩秋の景色だね。

で、水場を過ぎて、ヘリポート跡を過ぎると、森は、またまた鮮やかに。
1時間半前までは、雪の景色を見ていたのが嘘のようです。
DSC02294_2018102323281646c.jpg

日が傾きはじめて、斜めから陽が差し込むと、黄色のブナの森は
金色に輝いて見えるようでした。
DSC02297.jpg
9月の草紅葉い始まった紅葉狩り。
那須に尾瀬にアイコマに・・・
どこもホントにきれいだったな~。いい締めくくりとなりました♪

そして、あ゛~、今シーズンのアイコマ詣でが終わってしまった。(T_T)
DSC02303.jpg
月1で来られれば、十分でしょぉ。って気がしなくもないんだけどね。(^^;
冬オコジョたんを連れてのアイコマ詣では、来年も続く。。。(笑)

2018/10/22

恋するコキア

ポッ。っと、赤くなった~。(#^^#)
DSC02093.jpg

「今年は、真っ赤なコキアを見に行こうね~」と、言われてたので、
母を乗せてひたち海浜公園~。
DSC02081_20181022201550a05.jpg

コキアの紅葉って、ホントに旬の時期が短くて、で、その頃って
お山でも紅葉が見ごろになってるわけで・・・
DSC02090.jpg
大丈夫か。私??? って、思ってたんだけど、よかった~。
思い切り恋する乙女になってたよー。

真っ赤な毛糸玉をくっ付けたみたいで、ホントにかわいい。
DSC02098.jpg
「もふもふかな?」と、思わず触ってみたけれど、実は、しっかりと
硬い触り心地。
そりゃぁ、箒になるんだものね。(^^;

海を見下ろす斜面にいっぱいに、ポコポコ…と。(#^^#)
DSC02101.jpg

奥に見える常陸那珂レインボータワーが、那須岳から見えたんだよねー。
大きなタワーが見えるのは、やっぱりねー。って感じだけど、クレーンも
しっかり見えたのは、「やっぱりすごいや」と、思ってしまいました。
DSC02108_20181022201600510.jpg

赤っていうより、濃いピンク色なんだね。
DSC02095_20181022201555466.jpg

コキアもすごいが、人もすごい。(笑)
DSC02116_20181022201601836.jpg

コスモスとモフモフ(に見える)ちゃんのコラボもとってもきれいだったな。
DSC02128_2018102220160303e.jpg
ネットを見てたら、コキアで箒を作ってみよう。なんてページを見つけて・・・
あらら、植木鉢に植えて、来年は、コキアで箒を作ってみようかな?
変なスイッチが入ってしまいました。(^^;

一面コスモス。。。なんて見るのは、ずいぶん久しぶりのような気がする。
DSC02094.jpg


まさかの、帰りは、振り返りながらでした。
DSC02138.jpg
恋するコキアに、ぽっ。(#^^#)
2018/10/20

ツメレンゲ10/20

咲いてた~~。\(^o^)/
DSC02153_201810202048179cf.jpg
一つだけ。(^^;(^^;(^^;
でも、これから、ぞくぞく開花していきそうです。(^^)

や~、冬、ここを覗いても、その姿は、全然ないのに、
その季節が来ると、芽を出して花を咲かせる。
なんか、すごいな~。
DSC02155_2018102020481952e.jpg

私の前で写真を撮ってたおじさん。
をぉ、そこを降りるかい。ってな斜面を降りて、落石させて
必死に写真撮ってたけどさぁ
DSC02157_20181020204820f13.jpg
ふーん。(-.-)



さてさて、もう一つの探し物。
あらら、かわいい斑入りの葉っぱ。
春になったら、どんな花を見せてくれるのかな?
DSC02142.jpg
なんて思いながら、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。

この葉っぱでいいんだよねぇ。。。
DSC02143.jpg

あれれ、まだ蕾だ。残念。
DSC02144.jpg
来週はこられないから・・・
再来週まで、待っててくれるかな~?

それとも、会社の帰りに、懐中電灯で探すか!?(^▽^;)

ピンク色のモフモフになる子かな?
DSC02147.jpg

赤い実がなる前、どんな花が咲いてたんだろう・・・
DSC02148.jpg

近所の里山でも、小楢の葉っぱが色づきはじめ。
DSC02149_20181020204814d88.jpg
どんぐりがたくさんなってました♪

パッチワーク。きれいだな♪
DSC02151.jpg

さてさて、小さいけれど、大きな悩み。

HCの処分品の棚から連れて帰ってきたもけもけちゃん。
ちょっぴり徒長気味。
毛むくじゃらの葉っぱは、夏場、蒸れやすく、ちょっと育てにくい
多肉さんなんだそうな。
成長期は、春と秋。夏と冬は、休眠。。。
DSC_0845.jpg
でだ。
ここでちょんぱして、新しい鉢に挿して育てて、葉っぱからも
根だしをして子株を作り~、根元からも、子株が出てくるのを待って、
保険をたっぷりかけるか。。。


それとも、触らぬ神に・・・で、この鉢のまま、大事に大事に育てるか・・・
悩む。(-_-;)