FC2ブログ
2019/01/17

チビモンはミルキーがお好き♪ ホワイトアウトで、今年もまた撤退。(^^;

いや、ミルキーが好きなのは、チビモンではなくて、
私なのかもしれないな。(^^;(^^;(^^;
ちなみに「チビモン」ってのは、「チコモン」から進化したデジモン(^○^;;;
・・・懐かしい。(笑)

※以下、モノクロ写真ではありません。(笑)
DSC03230.jpg
昨シーズンは雪解けが早くて行きそびれちゃったからね、
今年こそは・・・と思っていました。

来月早々に整形を受診して、抜釘手術の予約を入れなきゃならないから、
それまでに、行きたいところには行っておかなきゃ♪と、見ごろには
まだ早いとは思いながらも、モンスターが大行進の真っ白い稜線へ♪
DSC03224_20190116205420f59.jpg
この三連休、丸1日遊びに出られるのは13日(日)だけ。
どうも、天気が怪しい。この日。。この山域。(^▽^;)
てんくらの登山指数『A』に、うっそぉ~ん。と思いながらも
ま、ダメそうだったら、黄色い滝or湯治&ラーメン食べ歩きだいっ!
と、代替案を引っ提げて向かいます。

とはいっても、不安要素があると、途端に私の行動は遅くなり
必要以上にSAとか、コンビニへの寄り道。休憩が長くなります。
この日も、予定より1時間遅れでの登山開始となりました。(^^;
DSC03214_20190116205419f34.jpg
もぉ、ホント、高速道路から、近くのお山たちは、真っ白に輝いて見えてたのに
ココの稜線にだけ、真っ白な雲がぺったり張り付いてたのよ。
それは、一瞬「えっ? ココから、あんなに真っ白な稜線が見えるんだっけ?」
って思ってしまったほど。

どうしようかな。やっぱり黄色い滝にしようかな? と思いながら、
ゴンドラ乗って、リフト乗って、広がる青空ににっこり♪
上の方は、ガスっているみたいだけど、まぁ、モフモフの森遊びくらいは
楽しめそうです。(^^)
DSC_2160.jpg
で、小雪が舞っていて、それが、キラッキラに光って、
ダイヤモンドダストみたい。(^^)
もちろん、そんなの、写真には写らなかったね。(^^;

登山の人。バックカントリーの人。結構な人たちが、雪の森に
入っていたけれど、雪のくっついた木たちが、音を吸収してしまって
いるようで、森の中は、とっても静か。
DSC03179_2019011620541627f.jpg

同じ日に、こんな遊び心のある人が来てるのか。
そう思ったら、なんか、すごく嬉しくなっちゃった。(^^)
activitymore-8C23F88E-5EFA-43FC-AD00-EFB786914B4B.jpg

をぉぉぉ、クオリティ、高すぎっ!!!
DSC03187.jpg

オオシラビソの葉っぱにくっつくモケモケちゃんを見つけては、
思わず何度も立ち止まってしまいました。
DSC03201_201901162057131a2.jpg
かわいいな~。やっぱりモケモケの植物は、最高!?

標高1950m付近までは、結構雲も切れていて、振り返れば
素敵な感じ。
お隣の山や、凍った湖もよ~く見えています。
DSC_2176.jpg

わ~、クリスマスツリーだらけだしっ。(^^)
よそ見をしながら歩いていると、自分のスノーシューを踏んですっ転んだり
思い切り踏み抜いて、ズボッっとはまってしまったり。
でも、フカフカの雪で、転んでもちっとも痛くない。
転んだら、そのまま、泳いじゃえ~♪  そんな感じです。(^^)
DSC_2213.jpg
すっぽりツリーホールにはまった人は、腰のあたりまで埋まってました。
ソロの時に、それはちと怖いやね。

スウェーデンの森みたいだな。。。
雪のくっついた針葉樹が作る森は、北欧の雰囲気。
絵本の世界みたいです。(^^)
DSC_2220.jpg

これから寒中の1か月で、モンスターたちは、グングン成長していくんだろうね~。
次回は、ビックモンスターになったら会いに来ようね。
その時は「うひゃー、逆パンダになっちゃうぅぅ!!」なんて、嬉しい悲鳴を
上げたくなっちゃうような日に。(^^)
DSC03196.jpg

西大巓の山頂は、今年も360度乳白色の世界。
もぉ、今年もここまでかな?
でも、青空背負った、チビモンに会えたから、いいやね~。と、
寒い中、休憩モードに突入。
DSC03206_20190116205714d50.jpg

・・・ん???
見えてきた~。\(^o^)/
DSC03210_201901162057167ad.jpg
初夏、かわいい花たちが咲きまくるたおやか~な稜線は、真っ白な稜線と
なっていました。
あ~。やっぱり私。ここ好きだわ~。なんて思いながら、ちょっとだけ先に進みます。

をぉぉ、モンスターもいっぱい。
青空をバックに並ぶモンスターたち。ポスターみたいな景色にはならなかったけど
薄い太陽の光を受けたモンスターたちだって、かっこいいよねー。
DSC03213_20190116205717d0e.jpg
もぉ、この景色には感動。

前を歩くお二人は、大きな荷物を背負って、避難小屋泊なんだそうです。
朝日を浴びてオレンジ色になったモンスターなんて、、、最高に素敵だろうね~。
DSC03215.jpg
結局、山頂まであと300m付近まで来ました。
夏、イワカガミやチングルマが咲きまくっていた湿原は、今は真っ白。
辺りも真っ白。
目をつぶって3回その場で回ったら、もう、自分がどっちを向いているかわからなくなるほど。
左に行くと避難小屋。右に行くと山頂。。
避難小屋は目視できてます。目の前には道標。

ココで、山頂を探してウロウロ歩き回ったら、川の向こうのお花畑まで
行けてしまう気がしたので、道標からはもう1歩たりとも動かず、戻ります。
自分のいる場所がわかってるうちに、帰ろ、帰ろ~。と。
DSC03224_20190116205720fff.jpg
モンスターたちにこんなにたくさん会えたんだもん、もう、大満足。

象さんもいたしね。(^_^.)
DSC03228.jpg

帰りは、周りのミルキー度がますます濃くなってきました。
ちょっぴり心細く感じるほど。
風が強くなってきて、2週連ちゃんで、髪の毛にも霧氷。
今いる足元に、チングルマもヒナザクラも眠っているのね~。
なんか、そう思ったら、ちょっと足元の雪までかわいらしく思えちゃって
パフパフの雪の上に寝っころがってみたり、足元の雪をすくってほん投げてみたり。
       ↑
    ちっとも心細そうぢゃない。(^^;;

標高を下げると見えてくるスキー場。
下山すると晴れているは、お約束♪ かな? と思っていたけれど、
ゲレンデも、本降りの雪となっていました。
DSC03241_20190116205904fde.jpg

パフパフの雪遊び、バンザイだね。(^^)
DSC03247_20190116205905ee0.jpg
カラマツ霧氷にもあえたし、スノーモンスターにも会えたし。
これで今シーズン、思い残すことなく、けが人生活再び(^^;に
なれそうです。(^O^;
スポンサーサイト
2019/01/08

白い屏風を見に行こう②

・・・私、しつこい。(^○^;
DSC02995_20190107230252b51.jpg

でも、今度こそ♪
あこがれていた、霧氷の付いたカラマツの、真っ白な屏風が広がる
湿原の景色。。。に、会うことができました。\(^o^)/
DSC03000.jpg

や~、もう、今日は1日、ここの景色を堪能して過ごそうか。。
そう思っちゃったほど、美しい景色でした。
DSC03002_2019010723025593e.jpg
もぉ、ホント。ノルウェーの森のようだよ。

行ったことないけど。ε===へ(;^^)ノ
ついでに、読んだこともないけど。( *´艸`)

フィールドに出たら、1日一生懸命遊ぶ♪ は、お約束。
さて、次は、どんな景色に会えるかな~♪と、先に進みます。
activitymore-97C4B7F1-6540-4378-A7DC-557D763D3A4B.jpg
いや、、、繊細な霧氷がくっつく景色に、いちいち足を止めてばっかりなんだけどね。(^^;

シシウドも
DSC03010_201901082146382ab.jpg

万歳したウルトラマンも、みーんな、霜でコーティング。
DSC03012_20190108214640e3d.jpg

山頂が見えてきたっ☆
DSC03028_20190108214641ed2.jpg
前を歩いていたグループにのーダーさん。
「さぁ、いよいよここからが山登りですよ」って。

確かに~。(^○^)

山の斜面では「ほら、木によって、こんなに霧氷の付き方が違うんよー」
と、黙って教えてくれているようです。
DSC03035_20190108214643917.jpg

ぼくちゃんも真っ白け。
DSC03041_2019010821464480d.jpg

あたりの景色も真っ白け。(^▽^;)
ちょうど、日食の一番大きく欠けてたであろう時間の空は
こんなでした。(^^;(^^;(^^;
DSC03046.jpg

うっすらと青空が広がって見えてくると、「をぉぉ、やっぱり私は持ってる女?」
な~んて思ってしまったんだけど・・・
DSC03059_20190108214647950.jpg

こちらの真っ白な屏風は、真っ白なスクリーンの向こう側でした。
DSC03066_20190108214649a27.jpg

髪の毛にも霧氷がくっつきはじめ、あたりは相変わらず真っ白。
だ~めだこりゃ。もぉ、今日はここで帰ろかな?
DSC03071_201901082146516c8.jpg
・・・と思いながら、前へ進みます。(よくわからん奴だ。(^^;)

振り返ると、いろんなところから見える富士山。
南の方から、ガスが切れ始めてきました。
activitymore-BBBB3A4C-7F41-45CE-B773-77369D936100.jpg
山頂手前の岩陰の休憩スポットには、さっき前を歩いていたグループさんが
ランチ中。
仕方ない、、山頂で1枚写真を撮ったら、今日は、おとなしく帰るか・・・

・・・と思ったんだけど、あらら、山頂へ着いた頃、急に風がやみました。
バックにくっつけている温度計は-15度を指していたけれど、風が吹かなきゃ
それほど寒くありません。
DSC03073_20190108214830367.jpg
流れるガスを見ながら、山頂ランチにしました。

それにしても、、、
山頂の柱の上に、メーテルが帽子を忘れて行ってしまったようです。(^▽^;)

妙高、火打が見える方には、広がる雲海。
DSC03075_20190108214831d77.jpg

ガスが流れると、蜃気楼のように見えてくる、後立山連峰。
DSC03077.jpg
あまりにも一面、白っぽすぎて、ピントが合ってるんだか合って
ないんだかもわかりません。

ザックに外付けしておいたペットボトルの中では、夏なら嬉しい
フローズンソルティライチが出来上がっていました
DSC03101_20190108214834171.jpg

をぉ、槍ヶ岳もくっきり見えるようになってきたよ~。
青空にそびえる槍ヶ岳がかっこよく見えるのはもちろんなんだけど、
鉛色の空を背負った景色も、なんか、冬の厳しさを物語ってるみたいで
かっこいいね。
DSC03106.jpg

ガスが切れてくると、下山するのも惜しくなってきて、あっちでウロウロ、こっちでウロウロ。
こんな時は、寒さなんてちっとも感じないんだから不思議です。
DSC03116_20190108214837f9d.jpg

結局、山頂で30分以上を過ごし、振り返りながら下山です。
今日は、カラマツ白屏風も、北アルプス白屏風も見られたことだし、、、
おとなしく帰ろう。
DSC03128_201901082148396fc.jpg

・・・と思いながら歩いていたんだけど、やっぱり1時間のアルバイト。(#^^#)
DSC03135_20190108214840dcf.jpg

山頂まで、一直線での登り。
疲れたら、後ろを振りければ、男前がずらり♪
DSC03148_20190108220813c99.jpg
さっきまで、あのピークに立っていました。(^^)

穴の中を覗けば、モケモケちゃんがいっぱい。(^^)
activitymore-D6632BE2-D0F9-4370-92C0-470D750DDECA.jpg

草津や、尾瀬、南会津のお山たちは、雲の中。
でも、遠くに日光白根は真っ白に。日光連山も見えています。
DSC03161_201901082208146df.jpg

さて、もひとつおまけでアルバイト。
ここで、妙高火打が見えちゃったら、完璧に持ってる女を名乗れるんだけどねー
DSC03162.jpg
さすがに雲の中でした。
四阿山も見えたり隠れたり。

「山」
そうですねっ。
DSC03163.jpg
やっぱりやってることがしつこいです。私。(^^;

ミラクルは起きなかったので、下山。

標高的にはほぼ同じ位置なはずなのに、霧氷の残るカラマツと
すっかり消えちゃったカラマツと。
まだら模様になってるのが面白い。
DSC03170_201901082208183ba.jpg

朝の、、、感動の湿原に戻ってきました。
もう、見える景色は、普通のカラマツの森です。
朝見たのは、幻だったのかな? 一瞬、そんな気持ちになってしまいました。
DSC03175.jpg
風の足跡が、あちこちに。

そういえば、ペットボトルはどうなったかな?
約3時間でフローズンドリンクが完成。
約6時間で、ほぼ全部凍りました。傾けても、飲み物は出てきません。
DSC03178_20190108220821955.jpg
ペットボトルをぎゅっと押したら、中身が噴き出たけどね~。(^^;(^^;(^^;

霧氷のカラマツ屏風。。。
予想通りの美しさでした。(#^^#)
2019/01/06

月食ちゃうよ

日食よ~。
DSC03043_201901062138315db.jpg

せっかく日食グラス持参で挑んだってのに、
お天道様は、ガスの中~。(ノД`)・゜・。
DSC03054_20190106213833d93.jpg
見えた~♪\(^o^)/って、カメラを引っ張り出してるうちに
お隠れあそばしちゃうのよね~。

ついでに、一面ミルキーでピントなんて、合わないし。(^○^;



まぁ、そんなことに振り回されてるのが、楽しいんだけどさ。(^^;





おまけ。
activitymore-FBB8111D-2CF9-4DF1-A8E1-6C722B74907A.jpg
今にも歩き出しそうな気がしてならない・・・

2019/01/06

没ネタ救済  秋はメセンの季節なり

多肉にはまってもう数年。。。
「好きな多肉植物はなんですか?」と聞かれたら、
迷わず「メセン!」って答える私ですが・・・

このへんてこな植物を見たときには「まぢないわ~」
と思っていました。(^^;
DSC_2127.jpg
なんか、脳みそを思い起こさせる模様。
そして、ある季節、ぱか~~~んと割れて、中から未確認
生命体が出てくるような感じ。
う゛~~~~ん。(-_-;)

が、はまってしまえば、もう、それが魅力だったりして
「プリケツ~(^○^)」とか言わせてしまう、変態ゴコロを
刺激する、かわいらしさ。(^○^;;;
activitymore-375DD5B6-FBB3-4925-8154-3D685D28226D.jpg
とは言っても、1年のうち、半年は休眠中。
成長期でも、その姿には大きな変化はなく、
水をあげすぎると、溶けてなくなっちゃう。。と
とにかく、栽培には、華やか~~~な、動きは少ない。(^^;

がっ!!!
暑い夏を過ぎると「育てててよかった~♪」の季節がやってきます。(^^)
activitymore-196D9FA6-6D48-4D64-A3E8-C14ED463454D.jpg

かわいいな~。
昼咲きのモノたちは、会社に連れて行って眺めていたほど。(^^;
で、夜咲きのモノたちは、ほんのりジャスミン系のいい香り。(^^)
activitymore-1261255A-4361-44DC-8C82-7AF61216A198.jpg

しわしわな姿で売られていた稚児桜ちゃん。根出しの様子はこちら→小じわをのばす♪
うまく根っこが出るのかな~。って思いながら育てて、
一株は枯れちゃって残念。
でも、残った子は、ぱっか~んとかわいい花を咲かせてくれました。
DSC_0353.jpg

かわいいので、横顔も♪
DSC_0352.jpg
そして、この稚児桜ちゃん。
今、我が家で一番のメタボちゃんになってます。(^^;(^^;(^^;

太陽の光が当たると、花びらがピカピカ。
DSC_0709.jpg
これ、元祖メタボちゃんの紫雲殿さん。
いつも私の愚痴を黙って聞いてくれる、癒しの一株~。
えぇ、メセンにはまるきっかけを作ってくれたのがこの子です。(^^;

オフタルモさんは、葉っぱの先っちょが透明。
割れ目のところに花を咲かせて、なんか、カッパみたい。(^○^)
DSC_0574.jpg

楽園は、オレンジ色。
葉っぱの形は足袋みたい。
すべすべの葉っぱは、思わず撫でたくなっちゃいます。
DSC_0365.jpg

はじめ3つだったのが、分頭して6つに増えたエカリナタムちゃん。
なんと、、、
植え替えをしたら、全滅してしまいました。(ノД`)・゜・。
DSC_0089.jpg
うっすらとモケモケしていてかわいかったんだけどなぁ。(ノД`)・゜・。


今年は、リトープスは一つも咲かなかったな。。って思っていたら、
12月に入って動きが見えました。
つぼみが見え始めて約1か月。
待ち待ちに待って、リトちゃん、ぱっか~~~ん。(^○^)
DSC_1414.jpg
これからリトープスたちは、脱皮の季節。
そして、コノフィツムたちは、着々とメタボになる季節。
メセンコーナーが一気ににぎやかになる季節。(^^)
2019/01/04

お正月だョ! たから登山!!

ここでゴロゴロしてたら、ホントに寝正月になっちゃうからね~。

・・・と、渋々布団から抜け出す。

あっ、気球だ♪
DSC_1983.jpg

上から見下ろすお正月の景色って、どんなののかな~。
DSC_1985.jpg
子供たちが小さかった頃、一度、観光牧場で乗せてもらった気球。
籠の足元から、下がスースー見えて、一番乗りたがっていためぐやんが
ビビりまくってたのがおもしろかったんだよね~。(^O^;

この日は、赤城も日光のお山もみ~んな雪雲の中。
冬型が緩んだ日だったら、絶景が広がってるんだろうな~。

梅一輪 一輪ほどの あたたかさ
DSC_1989.jpg

いやいや、もっとたくさん咲いてるぞー。
なのに寒いぞー。
DSC_1992.jpg

冷たい風に、思わず手袋をして、上着のファスナーを上まで上げて
すっかり日当たりのよくなっている散歩道を登っていきます。
DSC_1998.jpg

おや、あれは、繭か、蛹か、風船か???
DSC_2008.jpg

点々をくっつけたら、フクロウに見えてきた~。
activitymore-95C3DA2B-ADE4-4280-ABE0-9A5C156763A7.jpg
で、こっちに点をくっつけたら、魚に見えてきた~。

なんて、遊びながら登っていきます。
DSC_2011.jpg

をぉ、もふもふ。
DSC_2012.jpg
やっぱりモフモフちゃんと日の光は仲良しだね~。

うひゃひゃ~、こっちはいっぱいだぁ~。\(^o^)/
DSC_2018.jpg

山頂直下の階段を、うへぇ~、って言いながら登って行って、
ふと見ると、咲き残りの冬桜。
DSC_2030.jpg
残りもの・・・とはいえ、なかなかきれいです♪

大小山から見る今日のサンセットは、両神山のどのあたりに沈んでいくのかな?
DSC_2031.jpg

佐野から見る武甲山は、奥の山並みと重なって見えにくいけれど、
ココから見ると、ど~~んと、立派。
DSC_2032.jpg
初めて武甲山を見た時は、山を削り取った縞々模様をみて、
この山は、こういう模様のある山だぁ…って、心の底から信じていました。(^O^;

今年2回目の初詣。(^^;
DSC_2039.jpg
引いたおみくじは「中吉」
唐沢山神社でも、引いたおみくじは「中吉」でした。
大吉引きまくりだった去年、それでも怪我してるんだから、
今年は気をつけなさいよ。って、神様からの忠告かな?

お参りすんだら、お昼にしましょう~。
わ~、おいしそう♪(^^)
IMG_2793.jpg
おいしかった~。
冷食、クオリティー高い♪

ただねぇ、、、早めに調達しとかないと、温めるの、、、大変。(^_^.)
夏は、保冷剤代わりにちょうどいいんだけどねぇ。(^^;(^^;

歩いていた時は、冷たい風に縮こまりながらだったけれど、南東斜面は
風も当らず、あたたか。
ちゃんぽんすすってたら、ふわっとロウバイの香りが漂ってきました。(^^)
DSC_2043.jpg

透き通った黄色い花。。。いっぱい♪
DSC_2045.jpg

まだ、咲きたてほやほやで、花弁の色もとってもきれい。(^^)
DSC_2060.jpg

・・・一部分だけね。(笑)
DSC_2077.jpg
全体的には、まだまだ、こんな感じです。

おひとりさまのかわいらしさに、思わず口元が緩む。
DSC_2078.jpg

咲きたての八重咲の紅梅もかわいいね。(^^)
DSC_2089.jpg

なんだかつぼみがたくさん。
今年は、梅の実。豊作なのかな?
そうだったらいいな~。(^○^)
DSC_2092.jpg
で、足元には、ヨモギが顔を出していました。
去年は、ヨモギ摘みに行けなかったから、草餅、作れなかったんだよねー。
今年は、草餅、作るどー。(^○^)

ホントはね、奥宮脇の売店で売っている干し柿がとってもおいしかったので
今年も母へ差し入れしよう。。って思ってたんだけど、今年はまだ
上がってきてないんだって。残念。(T_T)
DSC_2096.jpg
でも、朝の冷たい風を忘れちゃうような、陽だまりお花見ハイクでした。(^^)