FC2ブログ
2019/09/09

ヤマオトコに会いに行く

おかしいなぁ。
ホントは、この真っ白な稜線がピンク色に染まるのを
眺めながら至福の時間を過ごすはずだったのに・・・ (^O^;
DSC_0937.jpg
なんか、トウヤクリンドウが咲く山へ行きたいな。
・・・と思っていた。
前日のお昼休みまでは、白錫尾根を歩いて白根隠山まで。
か、天狗岳でも行こうかね。。。と思っていたんだけど、
3時の休憩の時にふと、テント泊に拘ってたら、きっと今年は
無理だぞ。。。と、変なスイッチが入って、日帰りで燕岳。

途中PAで30分くらいの仮眠で、安曇野へ着いたのは1時過ぎ。
中房温泉へ向かう県道を走る車は全くなく、あれ、駐車場、余裕?
な~て思ったんだけど、コンビニに寄ったら店員さんに「11時ごろ
じゃんじゃん車が登って行ってたから、おそらく上の駐車場はいっぱいだよ」と。
DSC_0862.jpg
まさかのコンビニで、駐車場争奪戦に完全に乗り遅れたことを知る。

真夜中だってのに、有明山神社にある登山者用駐車場(無料)の前の
県道には誘導員さんが立っていて「こっちに停めて~」と。
1時半、神社の駐車場、5台目でした。
真っ暗な駐車場。見上げると満天の星空。
フロントガラス越しでも見えた流れ星にオリオン座。
シュラフを掛布団に、おやすみなさい~。

始発のバスは5時26分。
周りが明るくなるころには駐車場はほぼ満車。
登ってきた車たちは、もっと町中にある駐車場へ向かうよう
声をかけられていました。
DSC_0864.jpg
始発のバスは、穂高駅で、たくさんのお客さんを乗せてきて満員。
増発便が出て、2台目に無事乗車。最初の予定よりも15分くらい
遅れての登山口着。。となりました。(片道1200円です~)

う~ん、バスで登山口へ来た。。。ということは、バスで駐車場へ
戻らなきゃならない。
最終バスは、中房温泉16時15分。
大丈夫か私。。。(^O^;
DSC_0867.jpg
大体みんな8時間くらいでピストンしてくるんだよね。
もちろん、私にはその時間で登って降りてくるのは無理。
It’s chikoタイムがあるからねぇ。
1日の行動時間、10時間くらいかな?って思ってたんだけど・・・
あらら、どうしましょ。(^O^;

バスに乗り遅れたらどうする?
さすがに下山後、12キロを歩いて戻るのは無理。
だれか親切そうな人に声をかけて、駐車場まで乗せていってもらう。
仕方ない、タクシーで帰るか。。。
DSC_0869.jpg
登り始める前から、かなり弱気なことを考えています。

ただ、笑っちゃうのは、山頂を諦める。
その選択肢はありませんでした。(^O^;;;;;;

登山口付近は、人人人。
この人たちに流されるように歩かなきゃならないのかな?
相当ビビっていたけれど、ひたすら道を譲りながらゆっくりゆっくり
登っていきます。
また吐き気がしてきちゃったり、足が攣っちゃったりしたら
もっともっと時間がかかっちゃうからね。(^^;
DSC_0874_20190909205159a8c.jpg
ほれ、小屋までたかが5分。
されど、、、、、5分。(^^;

合戦小屋では、かわいいスイカののぼり旗が迎えてくれました。
DSC_0876_20190909205201487.jpg
スイカは食べないけどね。(^^;(^^;(^^;

にぎやかな合戦小屋の、端のほうにあったベンチに座って
2度目の朝ごはん。

さて、ここまで登ってくれば、燕山荘まであと1時間半。
空がぐ~~~んと近くなり、日差しがまぶしい。
DSC_0878_20190909205202498.jpg
槍ヶ岳だっ。見えてうれしい♪
今日は、きっと槍ヶ岳祭りだね~。
今までは、ほぼシルエット状態の槍ヶ岳のお姿を見るばかり
だったけど、山肌がくっきり見えるくらい近い槍ヶ岳。
かっこいい。

富士山のお隣には八ヶ岳。
反対隣りには、南アルプスのお山たち。
どれがどれだかわかりません。(^^;(^^;(^^;
DSC_0882_20190909205204cb2.jpg

ようやく燕山荘が見えてきました。
まぁ、見えてるけどなかなか着かないなぁ。。。と、
この先何度も感じるんだけどね。(^^;
DSC_0884_2019090920520670b.jpg

稜線へ登りきる直前の急登で足が攣るのは、もう、お約束。
仕方ないな。。と、漢方薬のドーピング。
DSC_0891_201909092053311c3.jpg
漢方薬飲んだって、痛いものは痛いんだけどね~。

仕方ないな。。と、登山道の端に座ってひと休み。
これで、山頂は無理だな。ちょっとだけ弱気になる。
DSC_0896.jpg
鹿島槍が見えた~♪

でも、やっぱり今日の主役は、槍ヶ岳。
みんな、足を止めてそのかっこいい姿に見とれてしまいます。
DSC_0897.jpg

ここまで来たんだもん、燕山荘からの北アルプスオールスターズは
何としても眺めて帰りたいよな。。。
DSC_0899_201909092053353b5.jpg
最後の階段は、キクねぇ。
とか思いながら、ゆっくりゆっくり登っていきます。
それにしても、午前中に着けば何とかテントは張れる。
と、聞いていた燕山荘のテント場。
もう、たくさんのテントが並んでいます。
やっぱり私にゃ、週末のテン場争奪戦は無理だ。。(T_T)

で、小屋の近くではトウヤクリンドウ。どっちゃり♪
DSC_0900.jpg

で、登りきると目の前には、北アルプスのお山がずらっと。
ここで涙腺崩壊します。もぉ、美しすぎっ!
DSC_0903_20190909205338496.jpg
んで、やっぱり気になる、この真正面のあたり。
のっぺりとした稜線に登山道が槍ヶ岳へつながるように一直線。
・・・行ってみたひ。(#^.^#)

北アルプスの女王様へ、ゆっくりゆっくり歩いていきます。
足元には、コマクサの葉っぱがポツポツと。
コマクサも草黄葉、、はじめました。(^^)  って感じ。
DSC_0908.jpg

いるかにタッチ☆
DSC_0914_2019090920534264a.jpg

ホシガラス。
なんか、すっとぼけたような顔をしています。(^^)
DSC_0920 (2)

振り返れば槍ヶ岳。
もぉ、この日、何枚槍ヶ岳の写真を撮ったでしょ。って感じの、
絶賛槍ヶ岳祭り。(^^)
DSC_0922_20190909205505859.jpg

目の前にも素敵な山並み。
お山見ても、どれがどこなのかさっぱりだけど(^^ゞ
とにかく今まで見たことのないようなお山の景色にいちいち
感動しながら山頂を目指します。
DSC_0933.jpg
う~ん、帰りのバス。。大丈夫か私。(^O^;

花崗岩のオブジェと、一瞬、ここは南の島? って思っちゃうような
白いトレイル。
いや~、ホントに来てよかった♪と思った瞬間です。(^^)
DSC_0935.jpg

メガネ岩。
穴越しに槍ヶ岳が見られないかなぁ。なんて、ちょいとあたりをウロウロ。
DSC_0938_201909092055092a1.jpg

あはは、結局なんだかんだ言いながら山頂まで来ちゃった。(^^ゞ(^^ゞ
DSC_0940.jpg
無事燕岳、到着~♪

ランチは北燕と立山・剱岳を見ながら。
DSC_0943_2019090920551298e.jpg
ホントにいい眺め~。下山したくないな。
いっそのこと燕山荘、、泊まっちゃう? 半分、マヂで思ってしまいました。

まぁ、そんなわけにはいかないので、下山します。
DSC_0954_20190909205514d0c.jpg
ハイマツの緑と白い砂~。
どこまでも歩いて行けそう。(^^)

帰りは、花の写真を撮る余裕もちょっとだけ出てきました。
花咲く山の景色はやっぱり素敵だな~。
DSC_0957_201909092055158b1.jpg

ホント、立ち去り難い。(^O^;
DSC_0958_20190909205516390.jpg

イルカさん、ばいばい。
DSC_0967_201909092055187fd.jpg

コマクサがちょぴっとだけ咲いていてくれました。
なんか、今年は、思いがけずあちこちでコマクサに会えちゃったな。(^^)
DSC_0973_20190909205634462.jpg

トウヤクリンドウが咲き揃うと、いよいよ夏も終わりだねー。
DSC_0974.jpg
いやいや、私の夏は終わらないっ!←まだ言ってる。(^^;;;

って、この日の燕岳で、ホント、満足いたしました。(^^)

そして、会いたかったぶちゃかわいい山男~。(^O^)
その日によって、山男の居場所が違ってる。なんて話を聞いていたので
あれれ、見つけられるかな? ってちょっと心配でした。
なにしろ、下山の時間も迫ってるし。
DSC_0976_20190909205637449.jpg
燕山荘の入口にちょこんと座っていてくれました。(^^)
満足♪ 満足♪

いよいよ下山~。この景色も見納めです。
DSC_0979_201909092056385d2.jpg

ささ、、次は、ここに私の別荘も建てるよ~。
DSC_0980.jpg

その時は、ちょこっとだけ、こっちにお散歩、行ってみよう♪
DSC_0982.jpg

午後になってもすっきりとした青空は変わらず。
木の枝先は、ほんのり秋色。
DSC_0983.jpg

暑い暑いって言ってたけれど、山の上では、もう、秋が
始まってました。(^^)
DSC_0986.jpg

順調に下山できて、どうやら、バスで帰れそう。
先が見えてきて、ようやく登山道わきの花たちに目を向ける
余裕ができました。
DSC_0989.jpg
中房温泉発の最終バスは2台。居眠りしながら30分で
有明山神社の駐車場まで。

途中PAでラーメン食べて(^^;、ソフトクリーム食べて(^O^;;;
また仮眠をしながら帰宅しましたとさ。
そして、帰ってきてからは、地獄の筋肉痛。
気が緩むと、何もしてないのに、一人で膝カックン。。と。(^O^;
スポンサーサイト



2019/09/03

那須岳 いつもと反対側

「南月山でイワインチンが咲いてるよ~♪」の計画に乗っかる。
ちょうど湯の丸山でイワインチンを見てこようかな~。って思ってたし
なんて言っても、那須って言うと、熊見曽根から三本槍岳付近の景色が
大好きすぎて、一人じゃ茶臼岳より南はおそらく行かないものね~。(^O^;
DSC_0541.jpg
この日、下界では、最高気温が30度越えの予報。
まぁ、寒いってことはないでしょ。。と、山をなめた格好で来てしまったけれど
いやいや、空気はひんやり。
先月のアイコマ以来の山登り。
足が上がらない~。と、嫌な汗が出てくるけれど、立ち止まると
瞬く間に体が冷えてくる。

避難小屋前で2度目の朝ごはんタイムにしたけれど、
のんびりするには寒すぎる。
「早くいこいこ~」と、まずは茶臼岳に登ります。
DSC_0559_201909022351047d2.jpg
「早く」とか言ってる割には、全くペースが上がらず
おいていかれてるんだけどね。(^^ゞ
挙句には、「頭が痛い」とか「吐き気がするかも~」とか言い出す始末。
高山病になるには、標高、低いですよ~~。(^O^;;;

登山道のところどころには、誰かが積んだケルンが。
爆風那須で石が飛ばされることなく積まれた状態キープなんだから
絶妙な積み具合なんだろうな~。。。などと、感心してしまう。(^^;
DSC_0557_20190902235101d96.jpg

あちこちでモリモリ咲いていたのがシラネニンジン。
DSC_0573_20190902235105e38.jpg
白い花からピンクに変わって濃いピンクの種の姿に変わって。
咲いてる花は1種類だけど、なんか、色とりどりのお花畑のよう。

このくらいにピンクに色づいたシラネニンジンが好き~☆
DSC_0558_20190902235102b8b.jpg

お花畑の奥の方を覗き込むと、わっ、リンドウが咲いてた~。\(^o^)/
DSC_0569.jpg

雨に降られなきゃ御の字。。と思っていたけれど、見えてきた青空。
こりゃ嬉しい♪
青空に向かって、、、ゆっくりゆっくり登っていきます。
DSC_0585_20190902235107ac6.jpg
いやぁ、、、トレランの方々。尊敬します。(・・;)

カメラを向けられれば、にっこり笑ってポーズしてみるものの・・・
結構へばってます。(^O^;
IMG_1358.jpg

ようやく山頂。
のろのろ過ぎて、一面真っ白になってたらどうしよう。。って
心配してたけど、とりあえず、周りの景色が見られてよかったよ~。(^^;
DSC_0602.jpg

一通り茶臼岳山頂からの景色を楽しんだら、いよいよ
お初の南月山へ向けて、いったん山を下ります。

をぉ、咲いてるのにドライフラワーだ。(^O^)
DSC_0617_201909022351101be.jpg

茶臼岳の山肌では、ちょっぴり早い秋の彩。
そうだ、、去年、ここを歩いたら、右見ても左見ても紅葉が
とってもきれいだったんだっけ~。(^^)
DSC_0627.jpg

牛ヶ首のベンチ近くでは、ひっそりとネジバナ~。
すぐ近くでは、ザレザレの火山の景色なのに、ちょっと
離れたところには草むらの花が咲いているのがなんか不思議な感じ。
DSC_0638_201909022353084f1.jpg

日の出平から南月山へ向かう尾根は、トリカブト祭り。
トリカブトの、ド派手な紫色と、マルバタケブキのド派手な黄色が
なんとも鮮やか。
DSC_0655_201909022353101f1.jpg

ホツツジも、派手さはないけれど、あちこちでポツポツと。
ホツツジのツボミ。繭みたいな形とピンク色はかわいいな~と思います。
で、花が開くと、パオ~~~ンと、ゾウさんみたい。(^O^;
DSC_0648.jpg

あっ、ヒメシャジンが咲いてた。
嬉しいな~。
DSC_0660_201909022353126d8.jpg

草むらではダイモンジソウも♪
DSC_0661_201909022353140b6.jpg

南月山手前の、溶岩がガラガラの登山道脇では、咲き始めのイワインチン。
いやいや、これで、十分頑張って花を開いているようです。(^^)
DSC_0700.jpg

南月山への最後の登りの途中で振り返る。
いつも見ている茶臼岳とは、反対側から見る山の景色。
今、歩いてきたトレイルは、火山の道。そのお隣は、緑が
たくさんのたおやかな尾根。なんとも素敵です。
DSC_0713.jpg
いや~、南月山。気に入りました♪

山頂の祠は、ちょっとだけ奥まった茂みの中に。
DSC_0716.jpg

で、目の前には、雄大な茶臼岳。
いやいや、今まで「登ってみよう」って思わなくて、ホントに
ゴメンナサイね~。と、ココロから思ってしまいました。
DSC_0717.jpg

那須岳って、あちこちにお地蔵様がいらっしゃるのねー。
お地蔵様の脇で、ちょっと(いや、かなりか??)早めのランチ。
DSC_0720.jpg

頑張って咲いているイワインチンでは、虫さんもお食事中。
この小さな花の中には、どれだけの蜜が入ってるんだろうね~。
大きなお世話なことを考えてしまいました。(^^;;;
DSC_0730.jpg

登山道脇では、コキンレイカがちょっとだけ。
DSC_0740.jpg

花咲く山の景色を楽しみます。(^^)
DSC_0737.jpg

いやいや、それにしてもド派手な紫色のトリカブト。
なんか、ヘルメットをかぶった、外国の兵隊さんみたい。
トリカブトの花にも、頭を突っ込んで一生懸命蜜を吸う虫がたくさん。
う~ん、花の蜜には毒はないのかな?
DSC_0750.jpg
また、大きなお世話なことを考える。(^^;

帰りは、茶臼岳を巻いて戻ってきました。
DSC_0774.jpg
せっかくだから~、剣が峰のトラバース付近に咲く
リンドウの花を見に行ってみましょう~。

ぶんぶんぶん ハチが飛ぶ♪
DSC_0792 (2)
さっきまで歩いていた南月山への尾根と比べて歩く人はたくさん。

そんな中で、茶臼岳とリンドウの景色が切り取れないかな~と、
登山道に倒れこむことしばし。(^O^;
DSC_0796.jpg

数は少なかったけれど、鮮やかに花咲くリンドウに会えました~。(^^)
DSC_0797.jpg

今日のこちら側のゴールは、恵比寿大黒様。
このあたりの景色は、お気に入りです♪
DSC_0803_20190902235449b64.jpg

かっこいいな~。
それにしても、青空が出てくるの、遅いぞ~~~~~~!!!!
DSC_0805.jpg

広がる青空に、やっぱり熊見曽根あたりまで行っちゃう???
な~んて思ったけれど、東の方には、黒い雲が広がっています。
DSC_0812.jpg
やっぱり、三斗小屋温泉でもテント泊してみなくちゃね~。
な~んて思いながら、来た道を戻ります。

ようやく梅雨が明けて、暑い暑い。。なんて言っていたのが
もう、ずいぶん前のように感じられます。
今年の夏は、濃かったけれど、あっという間に過ぎていっちゃったな。
DSC_0821_20190902235604605.jpg

帰りも剣ヶ峰のトラバースの所のリンドウの花、一つ一つに
足を止めながら。
DSC_0824_2019090223560663a.jpg

どっちがエゾリンドウで、どっちがオヤマリンドウだか、
ど~もごっちゃになる私ですが・・・(^^ゞ
DSC_0828_20190902235607da5.jpg
リンドウの花と那須岳はやっぱりいいコンビ♪

ホントに久しぶりに山歩きができました。
雨季(笑)が終わった頃には、きっと、草紅葉の山の
景色になっちゃってるんだろうな~。
DSC_0832.jpg
いやいや、私の夏は、まだ終わらないっ。(^○^)
・・・終わせない。(^O^;





今シーズン、もう一度テント背負ってお山に行きたいな。

大丈夫、行ける、行ける♪
そんな強気な気持ちも萎んじゃうような、ここ最近(;_;)
2019/08/30

かわいこちゃん はじめましてっ!!

かわいい かわいい ひなきんちゃん。
会いたかったよ~♪
DSC_0225.jpg
師匠様のブログでこのかわいい子の存在を知り、会える日が
巡ってくるのをずっと楽しみにしていました。(^^)

いろいろ検索してみても、アップで写されていたり
思い切りトリミングされていてどぅ~んと写っている
写真が多くて「小さい花だよ」と言われても、その小ささ
具合が、イマイチイメージできずにいたけれど・・・
DSC_0230.jpg
いやいや、ホントに小さな花でした。
虫眼鏡でも持ってくりゃよかったよ。って、
ホントに思ってしまいました。

知らなかったら踏んでしまいそう。
DSC_0229_20190829235622905.jpg
その昔は、栃木県でも咲いていたそうだけど、
残念ながら、栃木県に咲いていたひなきんちゃんは
絶滅してしまったそうです。(T_T)

色と言い、形と言い、、、ホントにかわいい。(*^_^*)
地面にひれ伏すことしばし。
傍から見たら、相当怪しい人だったことでしょう。(^O^;
DSC_0238.jpg
かわいこちゃん。
いつまでも、この地で~。


ダメだ。。。
かわいくって、また見に行っちゃうかも。( *´艸`)´艸`)クスクス



ありど~さんも、はじめまして~~~。(^O^)
あなたの存在を知ったのは、尾瀬が大好きな方のブログで。
なんか、そこに咲いているのが当たり前のように紹介されてたから
その季節の尾瀬を歩けば、ごく簡単にご対面できるんだろう・・・って
思っていました。
DSC_0056.jpg
そんなに甘くはないよ。。と思ったのはそれから2年くらい
経ってから。

もう、見つけることすら、諦めていたところで、、、
DSC_0049.jpg
うひゃぁ~。嬉しい。
この子もちっちゃい。
葉っぱの形は覚えたぞ。
でも、、、花が咲いてなかったら、見つけられないな~。

いや、花が咲いていても、宝物を探すように歩いてなくちゃ
見つけられないかも。
DSC_0053.jpg
ちっちゃくって、かわいい。(^^)

さてさて、尾瀬ブログで仕入れてみてみたいと思った
小さなランの花は、まだまだあと数種。
どこかで「はじめまして」をする機会が巡ってくるといいな~。(^O^)

横綱 アケボノ~。(^O^)
って、ちゃうちゃう。
でも、かわいらしさは、横綱級♪
DSC_0853.jpg
ずっと見てみたいなぁ。と思っていたアケボノさんの
咲く場所を、リンゴさんが知っているらしい。

「いよしっ! 開花確認業務。ご苦労!」と、上から目線を送り
「いいなぁぁぁぁぁ」と、羨望の眼差しを送り
「いいなぁぁぁぁ。私も見たいなぁぁぁぁ」と、懇願の眼差しを送り付ける。
DSC_0856_201909012048135c4.jpg
かわいい子に会えました。( *´艸`)

じめっとした森の中に、ポツンと一株だけ花をつけていた
かわいい子。
一生懸命花を咲かせているその姿にキュン☆キュン☆しちゃいました。
DSC_0855_201909012048128f8.jpg
周りを見ると、小さい株がたくさん。
あと数年すると、ちっちゃな群落ができてるかもね~。
かわいい子。
静かな森で、いつまでも。(^^)



で、二度目ましての、みやふたさん。(^^)
去年は、時期を逃して、もう、残り花。。って感じだったからね。
今年は、気合を入れて探しに来ましたよ~。
DSC_1974.jpg
今年は、ばっちり。
地味で目立たない花だけど、やっぱりきれいだな~。

空飛ぶ妖精って感じ?( *´艸`)
DSC_1982.jpg

まだつぼみが残っていたものから、すっかり満開のものまで。
山に咲くランの花って、一つ一つの花期は短いからね、
いいタイミングで会えたことに感謝!
DSC_1983_20190831104309234.jpg


コイチヨウランは、かくれんぼ上手。
登山道のホントに足元、よ~~く見える場所で咲いているのに
誰も足を止めません。
DSC_1993.jpg
丸見えなのに、周りの景色と一体化。
忍者のようだ。( *´艸`)

今年は、いろんなところで会えたコイチヨウラン。
また来年、、わ~、こんなところでも咲いてるのぉ???
なんて、驚きのご対面ができますように。(^_-)-☆
DSC_0064_20190829235942922.jpg



我が家のかわいこちゃんも、元気いっぱい♪
いよいよメセンの季節がやってくる~。\(^o^)/
DSC_0220.jpg
今年も先陣を切ってサマーレッドさん。
お盆直撃だった台風の日。
だ~れもいない会社の事務所で留守番。
話し相手に、サマーレッドさんを連れて出勤しました。(^O^)

おかげで、ベランダ留守番中だったほかのコノフィツムたちは
南から吹き込んだ雨にずぶぬれだったけど、この人だけは無事~♪

まだ、咲いたのはこの子一つだけ。
でも、あと1か月もすると、ベランダのメセン棚は
黄色とピンク色で華やかになってるはず~。
DSC_0297.jpg
この夏、いくつか枯らしましたけど。(ノД`)・゜・。

去年処分棚からお連れした、夏咲きのデンドロビウム
「ヒビキ」さん。
DSC_0291.jpg
無事に満開~。
夏に咲く花は花もちが悪いって言われるけれど、
満開になってもうすぐ2か月。
今でも窓辺を鮮やかに飾ってます。いい子だ~。(^O^)

で、今年もいい子なのが、パープルジェムさん。
なんか、ついこの間まで咲いてたかと思ったんだけど
花茎再びで、1日に1つずつ花が開いていってます。
DSC_0294_201908300001398c8.jpg
ちょっと背高のっぼになっちゃったのが、残念。
毎日カーテンの開け閉めの時に鉢をひっくり返してるので
ついに、会社に連れていかれてカウンターの上に
飾られてしまいました。
(あっ、うちより環境いいから、そのほうが幸せかも~)

で、、、葉っぱばかり茂って、ちっとも花の咲く様子がなかった
ベビーサンローズ。
DSC_0532.jpg
ようやく一つ、咲きました。(ノД`)・゜・。

花を見ることができたら、幸運が舞いこむと言われているこの花。
つぼみがあと2つ確認できてるから、、、
3つの幸せがやってくるな。

・・・とらたぬ・・・


2019/08/26

戦場ヶ原、ほんのり秋色。

なんとなくやる気スイッチが入らず、のんびり起きて奥日光。
国道沿いから覗く戦場ヶ原。
ちょっとだけ秋の気配が感じられる色だね~。
DSC_0300.jpg

ホザキシモツケが咲き誇り、ピンク色の花園になっている景色が
見てみたいなぁ。と、毎年思うんだけど、結局今年も、その季節には
来られなかったな。
DSC_0301.jpg
もふもふに咲いているものもあるけれど、もう、すっかり茶色くなっているもの
が大部分。

でも、茂みの奥を覗くと、をぉ、ピンクと茶色が混ざって、、
これはこれで素敵な色の組み合わせかも~。(^O^)
DSC_0304.jpg
季節的には大丈夫だと思ったんだけど、「こんにちは」攻撃に遭遇
しないように、三本松に車を停めて、赤沼ー戦場ヶ原ー泉門池手前から
小田代が原に向かい、泉門池に戻るー北戦場ー光徳ー三本松で
のんびり歩いてみたいと思います。

ゆっくりとした湯川の流れ。
川沿いのホザキシモツケがもうちょっと咲いているかな~と
思ったけれど、ほぼ、終わってしまってました。
DSC_0305_2019082621150794c.jpg
なんてったって、今年の夏も暑かったものね~。

今日、最初の目的は、夏の終わりのウルトラマン。
DSC_0312.jpg
ワタスゲデッキの所から咲いているものがポツポツあらわれて
戦場ヶ原のあちこちで。
カエル沼付近が一番たくさん咲いていました。(^^)

見上げれば、小さい秋、み~つけた。
DSC_0315.jpg

木道脇では、リンドウが咲き始め、いよいよ夏が終わりなんだな~。
ってな気持ちになりました。
DSC_0319.jpg

シジミチョウには、散々遊ばれる。(^^;;;
羽の色がきれいだな~。って、カメラを向けると、くるっと向きを
変えられちゃったり、羽を綴じられちゃったり。
DSC_0326_201908262115138ff.jpg

まさに開き始めましたよ~。ってな、アケボノソウ。
この、だんだん花びらが開いていく感じは、たまらなく
わくわくします。
DSC_0332_20190826211514afe.jpg

もう咲いてないかな? と思っていたクサレダマが
あちこちで咲いていて、嬉しかったな~。
DSC_0346.jpg
クサレダマ…ちょっと、かわいそうな名前だけど、
別に、腐っちゃってるわけじゃありません。(笑)
優しい黄色。。かわいいね。(^^)

アキノウナギツカミもあちこちで。
花が終わって、もう少し季節が進むと、いい色に紅葉するね。
草紅葉の頃には、きっとすごくいい仕事をしてくれると思います。(^^)
DSC_0352_2019082621164556a.jpg

アカイワバナもあちこちに。
DSC_0354_201908262116460d5.jpg

ヒョウモンチョウ。
ヒョウ紋・・・
あっ、なるほどね~。
DSC_0359.jpg
今更気づきました。もぉ、遅すぎっ!!!(^O^;

始めましての小っちゃな子。
雀瓜かな、何瓜かな?
花がしぼんだその付け根には、小さな実ができ始めていました。
DSC_0361.jpg

キツリフネもあちこちに。
何を隠そう、しばらく、この花の名前は「キツネフリ」だと思っていました。
植物図鑑に書いてある文字列が、、、そう読めちゃったんだも~ん。(^O^;
DSC_0364.jpg

もふもふ~。(^O^)
DSC_0374.jpg

今年はツリガネニンジンに会えないまま夏が終わっちゃうかな?
と思っていたけれど、ここで会えました。(^^)
DSC_0382.jpg
ベル型の花は、やっぱりかわいいな~。

小田代ヶ原へ向かう木道。
カラマツからミズナラの森。
木々の葉っぱは盛夏の青々とした感じじゃなくて、
少しずつ色が抜け始めてきてますよ~という感じ。
それでも、日が差し込むと、キラッキラ☆
DSC_0383.jpg

コオニユリが鮮やか。
その周りには、、、、
この夏、ノアザミがたくさん咲きましたよ~の名残たち。
DSC_0385.jpg

そういえば、貴婦人に会いに来たの。
ものすごく久しぶりなような気がする。
DSC_0393.jpg
去年もこの週、日光に来てるんだけどね、泉門池でランチして
そのままお帰りだったからなぁ。(^^;

よ~く見ると、小田代ヶ原はうっすらとパッチワーク。
鮮やかな草紅葉になるのはもうちょっと先だけど、秋色ほんのり。
DSC_0396.jpg

スポットライトを浴びたゲンノショウコ。
DSC_0401_20190826211832003.jpg

で、お昼は、ここのベンチで。
13時近くになってしまったので、とっても静か。
DSC_0421_201908262118330b0.jpg
そうそう、ここの近くのサラシナショウマは、まだ、つぼみでした。

ランチを済ませたら、北戦場を通って、光徳を目指します。
DSC_0438.jpg

うっ、、コガラだかヒガラだかに睨まれた。(^O^;
DSC_0440_20190826211836696.jpg

やっぱりここから見る男体山ファミリーの姿は大好きだ~。
DSC_0445_201908262118384e9.jpg

湿原をのぞくと、あちこちで咲き始めのウメバチソウ。
いよいよ夏の花の最終ランナーです。
DSC_0447.jpg

白樺ゲートを過ぎると、湿原の景色はおしまい。
森の中を通って国道まで。
DSC_0450_201908262118410bd.jpg
そして、逆川沿いを歩いて、光徳まで。

ちょっぴり色づき始めた谷地坊主。
かわいいな~。
DSC_0466.jpg

で、会えるのを楽しみにしていたバイカモ。
たくさん咲いてるかな~?
DSC_0470_20190826211844642.jpg
咲いてた、咲いてた♪
でも、みんな、水の中に水没して咲いてたので、
ちょっとだけ石の力を借りて、かわいい顔を見せてもらいました。

かわいい子とのご対面に満足して、駐車場まで。

車道を歩いて戻るのは面倒だな。。。と、地図の通り
歩いて。。。。歩いて・・・(*_*;
DSC_0475.jpg
面倒がらずに車道を戻ればよかったな。
ちょっと後悔。(^O^;

駐車場に戻ると、をぉぉ、かっこいい車がずらっと。
DSC_0477.jpg
いい目の保養ができました。(^^)



さてさて、、
今シーズン、あと1回は、別荘にお泊り行きたいんだけどな。
日本は、また、雨期をむかえちゃうのかしらん。
DSC_0498.jpg
それにしても、もふもふの、、、いい滝だ♪

テントの中に雪が降るような季節がやってきちゃう前に
安定した青空。。待ってます♪
DSC_0503.jpg
水面に顔を出して咲くバイカモ。
やっぱりかわいい。(^^)
2019/08/22

暑さ逃れて鍾乳洞 ・・・と

まさかの、お盆に台風直撃?
と騒がれた、台風一過の8月17日(土)
佐野では、最高気温が40度近く??? な予報に
そりゃぁ、ダメでしょぉ~。と、またまた母を連れだし、あぶくま洞。
DSC_0256.jpg
帰りはUターンラッシュの渋滞にばっちり嵌るかな?
って思ったんだけど、まぁ、福島からなら下道でも帰れるしね。

なんて言っても、洞内、この気温。。。
暑い時には洞窟に限る♪
DSC_0245_20190822231750b3c.jpg

入ってしばらくは、全身鳥肌。
うわぁ~~~寒いっっ。って、久々感じる冷たい空気に
ココロウキウキ。
DSC_0247_20190822231402b43.jpg

涼しさに体が慣れて、人の流れに乗って歩かされてるうちに
結局は、だんだん暑くなってきちゃうんだけどね。(^^;
DSC_0250_201908222314047af.jpg
この前来たのは、子供たちが小学生の頃だから、、、
もぉ、15年以上前か??

確かその時は、なおやんがお隣にある天文台へ夜になったらまた来るっ!
と言い張って、時間をつぶして夜にあぶくま洞、再びだったんだっけ。
天の川も見えたんだよね~。なつかしいな~。

最近、あっちにこっちに恋人の聖地ができてるね~。
DSC_0254_201908222314055b4.jpg

何万年もかけてできた鍾乳石。
時々、頭のてっぺんに水が垂れてきて「ひゃぁ~」なんて
言ってみたりして、
DSC_0261.jpg
鍾乳洞から出ると、暑さでジリジリかな~?
なんて思ったけれど、日差しは強かったけれど、吹く風は
心なしか爽やか~。でした。

さてさて、鍾乳洞の後は、海にする? 山にする?
と聞いてみたら、久しぶりに裏磐梯へ行ってみたいと。

私自身もホントに久しぶりに五色沼~。
DSC_0267_2019082223141004b.jpg
磐梯山はすっかり雲の中だったけれど、水の色はとってもきれい。

で、標高1000メートル足らずの場所だったけれど、下界の暑さは
嘘のように、こちらも爽やか。

沼のほとりでは、ちょっぴり気の早い子ちゃん。
DSC_0278.jpg

ハートの模様がある錦鯉が泳いでいるそうですが
見つけられませんでした。
DSC_0272_2019082223141159c.jpg
それにしても、人間から餌をもらいなれてる鯉たち。
みんな~、近すぎっ!!!

沼のほとりでは、キンミズヒキとか
DSC_0274.jpg

ヌスビトハギとか・・・
DSC_0275.jpg
夏の終わりに咲く花たちが色とりどり。

さてさて、母と一緒に檜原湖まで歩くのは無理。
と、少し歩いたところで戻り、車で檜原湖まで。

母上、60年くらい前、伯父とそのお友達と、みんなで檜原湖の
ほとりでキャンプをしたことがあったそうな、
父がワンゲル部であちこち歩いてた。って話はよく聞いてたけど
母よ。。あなたも実は、山で過ごすのが好きだったのか~~い。
・・・と、ちょいとびっくり。
DSC_0283_20190822231743ff1.jpg

ツリフネソウを見ると、なんか、カメレオンを思い出す。
DSC_0279_2019082223175334a.jpg
後ろのくるんとしたところが、カメレオンのしっぽみたいなんだも~~ん。



---------
おまけ。
家に帰った時、クサハナビがたくさん咲いていると、ほんとにうれしい。
DSC_1434_201908222317464f2.jpg

紫がかったピンクの花。
かわいいな~。
DSC_0296_20190822231755b16.jpg

そして、今年もパイナップルリリーさんがたくさん咲いてくれました。
DSC_1437.jpg

植木鉢に飢えっぱなし。
ほったらかしておいても勝手に芽を出して、勝手に育って
勝手に花茎をのばしていってくれるいい子ちゃん。
DSC_1442_201908222317491f5.jpg

ピンク色のひらひらちゃんも、花が咲きました。(^O^)
なんか、、やっぱり、、、つぼみとお花なんだけど、、、
DSC_1446_2019082223175298e.jpg
イメージ的には、お爺さん。(^O^;;;


----------
も一つおまけ。
今年知ってしまった大人味。
DSC_1399_2019082223193072a.jpg
バター醤油ご飯に、おひたしにしたコシアブラを刻んで混ぜ混ぜ。
念願のコシアブラご飯。
おいしかった~。

そして、写真を撮り忘れるくらいおいしかったのが、コシアブラの
ペペロンチーノ。
オリーブオイルとニンニクとコシアブラ。
この組み合わせ。サイコ~♪
5月末から6月頭は、、、南会津でまたまたコシアブラ採り、頑張ろう♪

そして、もう一つ知ってしまった大人味。。。
ある日、部長が買ってきてくれました。\(^o^)/
私、プリン、大好きなのです。主食でもいいほど。
IMG_4476.jpg
大きい口を開けて食べたら、ほんとに2口分くらいの小さなプリン。
瓶の底のほろ苦カラメルをくっつけて、少しずつ少しずつ・・・
ひゃぁ~、おいしぃ~~~!!