2017/11/13

今週も朝寝坊からの・・・鳴神山・・・からの(^^;

お布団が「どーしても出ちゃだめだ!!!」っていうので、ゆっくり起きて・・・(^^;
久しぶりに鳴神山。
R50を西に向かうと、左手に真っ白な富士山がど~~ん。
正面に、浅間がど~~~ん。
で、右手に粉砂糖をまぶされた黒檜がど~~~ん。
お布団と仲良くしすぎたことをちょっと後悔しながら、ツツジの時に
登りそこなった中尾根から♪
DSC06592_20171113200219fcf.jpg
岩々~~。(^O^)

出だしの急坂を上り切れば、あとは、気持ちのいい尾根の登り~。
DSC06594.jpg

足元には、斑入りの菫の葉っぱ。
さて、この子は、春にはどんな花を咲かせるのかな?
DSC06597_20171113200223eb9.jpg

同じツツジの葉っぱでも、黄色っぽいものから
DSC06599.jpg

オレンジ色に染まるもの。
DSC06600_201711132002257ac.jpg

で、オレンジから赤へのグラデーション。。と、その木によって見せてくれる
表情は様々。
いや~、この木のグラデーションは、ホントにきれいだったな~♪
DSC06603.jpg

お天気の良かったこの日、路駐が出るほど盛況だった鳴神山。
でも、この尾根は貸し切りです♪
シジュウカラを追いかけながらまったり、ゆっくりと。
DSC06607.jpg

落ち葉もふかふか。
宝探しのように、この落ち葉の中にどんぐりがたくさん隠れていました。
DSC06608.jpg

場所によっては、思わず足を止めたくなっちゃうような場所も。
DSC06617_201711132002317a7.jpg

そして、この日も、アブラツツジに楽しませてもらいました。(^^♪
DSC06618_201711132002323d0.jpg

ツツジの森~。
来春は忘れずにアカヤシオとミツバツツジのコラボを見に来なくちゃな♪
DSC06621_201711132003330b7.jpg

お昼過ぎても、赤城の霧氷は山頂付近に残っていました。
DSC06624.jpg

静かな展望台で冷たい風に吹かれながらランチ。
歩いているとほんのり汗ばんできたけれど、休憩モードに
突入と同時に寒くなってきました。
DSC06626_2017111320033888e.jpg

山頂~。
日光連山はすっきり。
南のほうは、ちょっとだけ霞んできてしまっています。
DSC06630_20171113200339292.jpg
鳴神山。
次は、シモバシラの氷の花が咲いたらだね☆

帰り道、道路沿いのもみじに日が当たってとってもきれいだったな~。
DSC06643.jpg
ホントは、帰りにお寺の床紅葉を見て帰ろうと思ったんだけど
びっくりするほど駐車場空き待ちの車の列。
こりゃだめだ。。。

・・・と、あははは。(^^;(^^;(^^;
今日は、妙義コースから。出だしの急登に「うわっ、失敗!」と思いながら・・・(^^;
DSC06648_20171113200345814.jpg

ヒイラギの花、見っけ♪
きんもくせいに似た花の形。香りはどうかな~。って、クンクンしてみたけれど
私には、わかりませんでした。
DSC06646.jpg

おや、カモノハシに見つめられちゃった。(^^)
DSC06649_20171113200347990.jpg

山頂に集まってた皆さんに「こんにちは~」と声をかけると、
なぜか起こる「笑い」(^O^;

さて、今日の夕景は~~~♪
DSC06654.jpg

肉眼では槍ヶ岳も見えてたんだけどね~、ついにピントが合いませんでした。
DSC06659.jpg

うねうねっとした雲が妙にきれいだった西の空。
DSC06662.jpg

久しぶりにお金払ってイルミネーション、見に行くかな。(^^;
DSC06667_2017111320044630d.jpg


スポンサーサイト
2017/04/18

スミレは咲いたか  ヤシオはまだかいな♪

仙人ヶ岳を降りたのが11時半。
このまま家に帰っても、ぐだぐだ過ごすだけだからな。。。と、
もうひと遊び♪

駒形登山口から山頂→赤柴の、いつもの周回です。

何台か路駐の車もありましたが、さすがお昼過ぎ。駐車スペースは空いていました。

登山口に着く前からスミレに引っかかる。(^^;
白くてかわいいマルバちゃん。
このくらいのコンパクトな咲きっぷりが好きかも。
DSC01156.jpg

あちこちで、エンゴサク。
仙人ヶ岳の沢沿いでは、ようやく咲き始め・・・って感じでした。
ほんの数十キロしか離れていないけれど、標高とか、日当たりとかで
植物の成長ってずいぶん違うのね~。なんて思いながら歩いていくと・・・
DSC01159_20170418212341d42.jpg

わぁ、フイリヒナスミレ!!
優しいピンク色に、きれな葉っぱの模様。
猛烈にテンションあがります。\(^o^)/
DSC01160.jpg

その近くには、大好きなトウゴクサバノオ。
コロンとした形と、黄色いハート型の蕊。
かわいいんだよなぁ。(*^_^*)
DSC01164_20170418212344f2a.jpg
仙人ヶ岳では、まだ日が差し込まなかった沢沿い、みんな花を閉じて
いたので、ちょっと寂しかったのさ~。

で、楽しみにしていたアケボノスミレポイントでは、かなり真剣に探した
けれど、かわいいアケボノちゃんは、まだお目覚め前。。でした。
この時は、探すのが下手だったのかな? なんて思ったんだけど、
今年の鳴神山では、春の妖精たちは寝坊助揃いのようです。

第一石門付近で見上げると、アカヤシオ。。咲いてました。
標高にして550~600メートルくらい?
ちょうど、仙人ヶ岳と同じくらいです。
DSC01166.jpg

日当りのいい沢沿いでは、咲きそろったニリンソウ。

あらあら、「間違い探しだよ~。1つ違うのど~れだ」なんて
すごく山に遊んでもらっている気持になりました。
DSC01172_20170418212435954.jpg

ヒトツバエゾスミレ。咲きたてほやほや。
花はエイザン、葉は単葉。
ところがね、葉っぱの形がいろいろなのよ。で、、、悩むのよ。(笑)
DSC01174.jpg

こちらはヒナスミレ咲きたてほやほや。
もぉ、かわいい。
DSC01177.jpg
後ろから登ってくる人も、すれ違う人もいない登山道で
もぉ、倒れっぱなしです。

あぁぁ!! オオヤマカタバミが咲いてるっ!!
DSC01179.jpg
赤柴の杉林の中では何度も見つけたオオヤマカタバミ。
駒形の登山道では、お初のご対面です。こりゃ、嬉しいな~♪

ミヤマカタバミと比べて、濃いピンクの模様。そしてぱっと開いても
ずっとうつむいているそのお姿が、とってもかわいい~。
DSC01182_20170418212441373.jpg
開ききる前の花の中の模様も、濃くて、とってもきれいです。(^^)

そして、葉の先っちょは、すごく直線的。
初めてその葉を見た時は、ちょっとだけ不気味に感じたけれど
かわいい花のお姿見てからは、もう、そう思ったのは帳消し~~!!!
って感じ。(^^;
DSC01183_20170419191423ca4.jpg
出会えてうれしい春の花の一つです♪

もう一つ咲き始めのヒナスミレちゃんと目が合って、思わずにっこり♪
DSC01187_20170418212550391.jpg
二つ目のポイントでは、咲いてるかな~? と思ったアケボノスミレちゃん。
結局、この日の鳴神山では、1つも見つけられませんでした。(T_T)

第二石門を過ぎると、フレッシュなカタクリがあちこちに。
まだ、つぼみもポツポツありました。
DSC01191.jpg

仙人ヶ岳の後の鳴神山。。。さすがに疲れました。(^^;(^^;(^^;
肩の広場でちょいと一休み。
ところが、風が冷たくて、汗が一気に冷やされてきました。
DSC01194.jpg

さて、山頂のアカヤシオはどうかな???
登ってみましょう~。
DSC01196.jpg
いちお、アカヤシオの咲きっぷり偵察だからさ。(;^ω^)

山頂南の、アカヤシオ越しに筑波山。。の写真が撮れるところでは
1つだけ開花。
つぼみはずいぶん膨らんで、ピンク色になり始めています。
DSC01195_20170418212555c6d.jpg

で、山頂の、、、みんなが写真を撮るあのアカヤシオは、
まだツボミ。
DSC01197.jpg
ようやくつぼみが膨らんで、ピンク色が顔を出した。
そんな感じでした。

春霞の中、、谷川の稜線もうっすらと見えましたよ~。(^^)
DSC01199_2017041821272544d.jpg

仁田山岳から第二展望台までのアカヤシオトンネルの場所は
まだまだこれから。
「あれ、今年、ホントに咲くの?」って、心配になっちゃうほど
つぼみたちは、まだ、縮こまっていました。
DSC01202_20170418212726940.jpg
いちお、4月16日(日)の様子ですよ~。
その後、気温が上がって、どうなったかしらね~。(^^♪

・・・順調に開花が進んでいるそうですよ~・・・ヽ(^o^)丿

さてさて、、、順調に赤柴登山口まで下山して、最後の林道は
楽しい楽しいスミレロード。(笑)
DSC01207_20170418212728685.jpg

立ち止まって、葉っぱを裏返して、毛が生えてるか確かめて・・・
なんてことをやってみるものの、だんだん、何がなんだかわからなくなってくる。(^^;
DSC01212.jpg
あ~、楽しいっ。(^O^;

沢沿いのチドリノキは、ようやく芽吹いてきたばかり。
鳴神山周辺では、4月になっても雪が降った日もあったしね。
DSC01213.jpg

ハッとするほどさわやかブルーのエンゴサクに足を止め・・・
DSC01225.jpg

ヒナスミレのだれけっぷりに妙にツボる。
DSC01227.jpg

あれれ、あなたはずいぶんスリムな花びらを持ってるのね~。
なんて、またまた立ち止まり・・・
DSC01229.jpg

コガネネコノメソウのお花畑に思わずにっこり。
DSC01231_20170418212929828.jpg

そして、最後に、もしゃもしゃ咲いてたハナネコノメ。
もう、すっかり緑色。
DSC01233_20170418213024787.jpg
今年も楽しませてくれてありがとね。また来年。(^^)/

帰り道、傾き始めた太陽の光が当たって輝く黄緑色の葉っぱ。
桜の花とのコラボがとってもきれいだったな~。
DSC01235.jpg
で、足利のお山に寄り道して帰宅。(笑)

久々に、絶賛筋肉痛~。(^O^;
2017/03/28

「おね」で行きましょう

とは言っても、北政所のコスプレしていったわけじゃないのよ。
(誰もそんなこと聞いてないってか(^^;(^^;)

先週ちょいと下見に行った、尾根。
「一人じゃ、、、危ないよね」と思いながらも、見ちゃったからには、行ってみたい。(^^;
あれこれ調べまくっていたら、あらあら、、、見たことのある方の山行レポに到着。
群馬の山のことは、やっぱり群馬の人に聞けっ! で、あれこれアドバイスをいただいて
地形図片手に、鳴神山~。

今日は、この尾根伝いに登ります。
DSC00627_2017032619582505c.jpg
迷う可能性のある危険ポイントは2か所。
迷ったら右だよ~。と。

出だしは「カモエダズンネ」のお題目(^^;を思わず唱えたくなっちゃうような急登。
足を滑らせたら、流血事故は確実です。
DSC00629.jpg

ひとまず登りきったところでコンパスを合わせましょう。
まぁ、ちょいとずれているのはご愛敬。(^^;(^^;
DSC00630.jpg
この時はねぇ、「いよしっ、お守り持ったし、これで大丈夫!」って信じて
疑わなかったんだけど、実際のところは、コンパスを合わせただけじゃ
ダメなんだなぁ。。。なんてことを、知ることになるのです。(^O^;
ほら、コンパスはあっちを指してるけど、どこを歩いてそこを目指したらいいの??? って。

目の前には大きな岩! さて、どこからよじ登ろう。。。
この岩の両側は、急な斜面です。
DSC00631.jpg
自分の身幅を考えず、ど真ん中から、強行突破。(;^ω^)

あっ、ダンコウバイが咲いてる!
DSC00633.jpg

春は、やっぱり黄色い花が似合うね。
DSC00634_20170326195212276.jpg

日当りのいい気持のいい稜線が続きます。
いつも歩いていた杉林の上の方には、こんな景色が広がってたんだね。
DSC00638_20170326195253927.jpg

この季節、天敵の杉林だって、今日は素敵な森に思えてきてしまいます。
で、急登が終わるたびに、地形図広げて自分の場所確認。
踏み跡がトラバース気味についているところでは、ふむふむ、ここをこう通るのね~。
なんて思いながら、ちょっぴり山屋さんになった気分。(笑)
DSC00640_20170326195255e87.jpg
いやぁ、、、大きな声じゃ言えないけれど、踏み跡はくっきり。ピンクリボンもあり。
それでも、なんか、このワクワクした感じは、とっても新鮮~。(^O^)

1か月後の再会を楽しみにしてるね♪
DSC00644.jpg

ずんずん進むと、つつじの木がだいぶ多くなってきました。
あぁぁ、残念ながら、花がついていないつつじの木を見ても、
この枝先に何色の花が咲くのか、私にはわかりません。(^^;
DSC00645_20170326195258511.jpg
でもさ、黄緑色の葉っぱに暖色系の花が咲きまくるこの場所の風景を
思い浮かべるだけで、なんか、口元が緩んできてしまいます。(怪しい…)

おや、、、誰かのお面だよ。
DSC00646.jpg

どこの世界でも、せっかちさんっているものだえぇ。
DSC00648_20170326195345743.jpg

朝、ちょっぴり冷え込んだこの日、足元は霜柱でザクザク。
まだ芽吹きを迎える前の、日当りのいいこの森の中で、一人
過ごせてしまうのが嬉しくて仕方ありません。
DSC00649_20170326195347c5d.jpg

稜線を挟んであっちとこっち、半分こ。
下から見上げた時、杉林の向こう側がものすごく明るく見えていた
理由が、よ~~~くわかりました。
DSC00653_20170326195348058.jpg

アカヤシオが育つ場所って、なんか、雰囲気、似てるね。
さて、ここはP734の隣のピーク。ここで、思い切りルートミスをやらかします。
DSC00657.jpg
前日、自分で書いたルートは、そのままピークを越えてまっすぐ進む。。。
なんだけど、えっ、、まっすぐって、、激下りでね? 稜線、、繋がってなさそうだよ。
じゃ、こっちだ。。。と、北に向かって進みます。
迷ったら右!!  そう言われていても、右。。という選択肢は、その時点では見つからず
もぉ、吸い込まれるように、おかしいなぁ。赤柴の林道見えるのになぁ。。。と
思いながら、進むこと150メートルくらい。
あまりの激下りに、やっぱりここは違うな。と、登り返すときには、ココロが折れそうでした。

さて、もう一度ピークに戻って、落ち着け~。そんな時は、お菓子を食べるんだっけ。
お菓子を食べながら、あたりをキョロキョロ。
見つけた~~~。ちょっと下ったら、鳴神山方面へ延びる尾根発見♪
DSC00659.jpg

痩せ尾根を過ぎると、穏やかに広がるつつじの林。
さて、もうすぐ前週下見をした、あの松の木の展望台付近です。
DSC00662.jpg
間もなく、ドキドキの稜線歩きのゴール。
そうなってくると、もう、名残惜しくて仕方ありません、

あっ、ポンポンがくっついてる!
DSC00663.jpg

ヒメイワカガミの大群生。もう、足の踏み場がないほど。
ココよりもうちょい上は、もっと大きな群生地。。となっていました。
葉っぱは、まだ、寒さに耐えるモードで、アントシアニンをたっぷり
ためた色になっていました。
DSC00668_20170326195433acf.jpg

振り返ると、谷川~。(万太郎山付近?)
DSC00673_20170326195435833.jpg

上州武尊~。まだまだ真っ白です。
DSC00674_20170326195436949.jpg

今日は、この景色の中でランチにしましょう。
風もなく、いくらでもまったりできそうです。
DSC00680_201703261955259a9.jpg
珍しく、丁寧にコーヒーなんぞを入れて、日向ぼっこ。
こんないい眺めだけど、貸し切りです。(#^^#)

昼寝タイムに突入できそうだけど、片付けして、ひと登りしたら
ゴールの小さな祠が見えてきました。
DSC00684.jpg
無事、仁田山岳付近に到着~。やった~。\(^o^)/

山頂のアカヤシオ。
今年もたくさん花を咲かせてくれるかな?
DSC00685_201703261955280e9.jpg

駒狼さんにもご挨拶。
「まったく、危なっかしいったらありゃしない」
そんなことを言いたげな表情に見えてきてしまいました。
DSC00688_20170326195529e80.jpg

下山は、もぉ、ずっと歩いてきた稜線の方を見上げながら。
どこから取り付けば、おいしいところだけいただけるかな?
そんなことを考えながら・・・(^O^;;;
DSC00693_20170326195531e0d.jpg

第一石門付近でカタクリのつぼみ!!
先週は、ようやく芽が出てきた感じだったので、ゆっくりゆっくり
花を咲かせる準備をしているようです。
DSC00697.jpg

ハルトラノオも、ようやくつぼみ。
DSC00698_20170326195611906.jpg
花の多い駒形登山道だけど、ニリンソウもスミレもようやく芽が出てきた。
そんな感じでした。
春の訪れ、今年も早いのかな? って思ってたけれど、どうやら、足踏みのようです。

さて、先週はまだツボミだった駒形のハナネコノメは目覚めたかな?

目覚めてました。パッチリと。\(^o^)/
DSC00703.jpg

花をつけるほど大きな株にはなっていないけれど、よく見ると
小さなハナネコノメの芽もいっぱい。
DSC00709_20170326195613dd5.jpg
あと数年後には、赤柴の群生に負けないくらい大きなハナネコノメの
わしゃわしゃポイントになっていることを祈ります。

おや、今まで気が付かなかったところでも花を咲かせてるよ~。
早春の寄り道ポイントがまた増えてしまいました。
DSC00716.jpg
あぁぁ、でも、先週から探している愛しの君はまだ見つかりません。
季節がまだ早いのかな? それとも、コツナギの方かな?
鳴神詣でのお楽しみは、まだまだ続きます~。

今日も1日、たっぷり鳴神山に遊んでもらいました。
DSC00719.jpg
登山口近くでは、ようやく咲き始めたアオイスミレ。
今年もスミレちゃんと仲良くしたいな~。(^O^;



そして、ところ変わって、またまた大小山。
滝コースから。

咲いてる、咲いてる♪
DSC00720.jpg

数時間前は、あっちの方で遊んでました。
・・・でも、どれが鳴神山かわかってません。(^O^;;;
DSC00723_20170326195658236.jpg

上空に広がる薄い雲。
今日は、あの雲たち、オレンジ色に染まるかな?
DSC00728.jpg

お昼頃、谷川もばっちり見えていたから、天気の崩れ、遅れてる???
なぁ~~~んて、ちょっぴり期待したけれど、どうやら、今日も雲の中に
太陽は沈んでいくようです。
DSC00726_201703261956593eb.jpg

夕焼け空グラデーション。
今日も1日、よく遊びました。(^^)
DSC00733_20170326195827c03.jpg
2017/03/19

鳴神山でプチお花見

つつじの季節、アカヤシオ三昧のバリルートがある。。と知ったのは
去年、ある方のブログから。
どこから取り付くのかな?
ある程度、目星はつけてあったんだけどホントにそこでいいのかな?
ちょっと偵察に行ってみましょう。
プチお花見も楽しみに♪

いつものように、駒形~赤柴の周回です。

駒形のハナネコちゃんポイント。
日当りがあまりよくない沢沿いのハナネコちゃんたちは、
まだまだおねむなようです。
DSC00541.jpg

風が強くて、花粉もMax。
顔にシューってする花粉除けのスプレーとマスクの二重ガード。
第一石門付近では、カタクリの芽がたくさん出てきていました。
紫のくるりんちゃんの花が咲くのが楽しみです。
DSC00545.jpg

あと1か月もするとアカヤシオが咲くんだよね。
そのころは、きっとここを見上げて、うひゃひゃ~ってなっちゃうんだよね。
DSC00552_20170319200029952.jpg
ココへ上ってくる途中、下山してくる方たちに
「今日は寒いですね~」って声をかけられる。
えっ、私、暑くて上着脱いでるんですけど・・・って思いながらも
「風が冷たいですね」なんて答えていたけれど、肩の広場が
近づくにつれて、冷たい風がビュービュー吹いています。
一気に体が冷えてきました。

第二石門付近から、まぁ、あと数日で消えるだろうな。。。
って量の雪が登山道上へ。
凍っている上に葉っぱが積もっていて、凍った雪が見えない
場所も所々に。
油断すると、つるっと滑ります。
DSC00551.jpg
緊張感のかけらもない私は、つるっとしました。(^O^;

肩の広場直下は、数メートル凍った階段。(@_@;
DSC00553.jpg
でも、安全に登れるように、トラロープが設置されていました。
いつでも整備の行き届いた登山道。本当にありがたいことです。(^^)

肩の広場は風の通り道。
冷たい風が吹きまくっていました。
手袋を持ってこなかったのを後悔したほど。
DSC00554.jpg
ココと、椚田峠付近は、爆風でした。

山頂~。
いや~、見事に360度。どっちを見ても真っ白です。(笑)
DSC00556.jpg

DSC00557_20170319200334dd0.jpg

ランチは、仁田山岳の祠の向こう側のいつものベンチで。
DSC00559_20170319200337d7b.jpg
この辺りは、それほど風が強くないので、ランチをしている方がたくさん。
おいしそうなにおいの漂う仁田山岳でした。(^^)

ホントなら、アカヤシオの木の向こう側に男体山が見られる場所なんだけど・・・
DSC00564_20170319200610d5a.jpg

あっ、マンサク!!
錦糸卵のようなひらひらちゃんの中は、花の形をしてるんだね。
そういえば、マンサクの花の中をまじまじと見たのって初めてかも。
DSC00563.jpg

第一展望台でもマンサク。ここのは花がおっきい!!
空気が澄んでいれば、この奥に、まだ雪の残る赤城山が見えるんだけど
その影すら見えないね。
DSC00566_20170319200611da2.jpg

さてさて、、、
アカヤシオルート。。。。ここから取り付けばいいのかな?
この先、しばし激下り。地形図を見ても、等高線混みあってます。
おそらくここからルートを取ると、いつも見上げているあのあたりに
続くんじゃないかな。。。と。
DSC00567_20170319200613681.jpg
まぁ、一人ではいかないと思うけれど、それでも、
ちょっと、秘密の展望台を見つけてしまったようで、うっしっし♪
それにしても、あの木。赤城おろしの爆風っぷりを物語っています。

さて、赤柴までの杉林の中。
オオヤマカタバミは、まだ目覚めていないようです。
これは、次回のお楽しみだね。

初冬に歩いた時に、あれれ、すごい荒れてる。
って思った林道は、工事の車が通るのに不自由ない程度に
整備されていました。
そして、今日、一番のお楽しみ~。
DSC00575.jpg
沢、上流のポイントのハナネコちゃんは、二度寝ですか?
「目が開かないよ~」って声が聞こえてくるようです。

あらら、花びらを食べられちゃったアズマイチゲ。
後姿がほんのりピンク色だったので、ニリンソウかと思っちゃったよ
DSC00580.jpg


そして、いつもの、もしゃもしゃポイントでは・・・

かわいい~~!!!
DSC00587.jpg

今年も、たっぷり、もりもり。花を咲かせてくれました。(^^)
DSC00588_20170319200732308.jpg

こんなかわいい子たちがつぶらな瞳でニコニコ~。
DSC00589_201703192007343b7.jpg

来年も再来年も、、、
ここでもりもり花を咲かせて、楽しませてね。
DSC00591_20170319200735b31.jpg

道端でも元気に咲くハナネコちゃん。
DSC00597.jpg

駒形登山口では、まだまだようやく咲きはじめだったユリワサビ。
赤柴方面では、たくさん花をつけていましたよ。
DSC00601_201703192008329bc.jpg



さて~~っ、本日の大小山サンセット。
すっきり青空じゃないし、風は冷たいし、ホントに太陽出てるの? ってな空に
行くの、やめよかな? って思ったんだけど、今日はどんな色が見られるかな?
と、気を取り直して、今日は、男坂から。

をぉぉ、寒緋桜だ。色っぽいピンク~♪
DSC00602_201703192008333e8.jpg

タチツボスミレはあちこちに。
DSC00603_201703192008358a7.jpg

鮮やかピンク。きれいだな~。
DSC00605_20170319200836361.jpg

モフモフちゃんも、芽吹きの準備が整ったようです。
黄緑色の新しい葉っぱが顔を出すまでもうちょっと。
DSC00607_20170319201004dea.jpg

本日の夕景~。
とっても優しい景色です。
DSC00608_20170319201005073.jpg

どうやら、今日は雲の中に沈むのかな?
DSC00610_20170319201007124.jpg

をぉぉぉ、太陽の中にウサギがいるよっ。
DSC00612.jpg

太陽、アップ。
まるで、日食グラスを通してみたような色です。
太陽の黒点でも見られたら楽しいのになぁ。なんて思ったけれど
さすがに、それは無理ね。(^^;
DSC00613.jpg

今日の太陽は、よどんだ空気の中に沈んでいきました。
太陽の姿は見えなくなったけれど、その上だけがピンク色。
ちょっぴり不思議な色な夕景でした。
DSC00616.jpg
今日は、暗くなる前に下山。
2016/12/17

今年もシモバシラの霜柱   そして(^^;

飽きもせずに、今年も鳴神山でシモバシラ。
鳴神山が大好きな方のブログによると、今年の霜柱は大きくて、
なんでも、40センチくらいの長さの物もあったとか。(@_@)

さて、行ってみましょう~。
赤柴→山頂→駒形の周回です。

しばしの林道歩き。
へぇ、こんなちっちゃな3段の滝みたいなのもあるんだぁ。
DSC09118_201612171918331b8.jpg
いつも通る林道も、逆回りだと、見える景色も新鮮です。

あっ、幸せの青い鳥だっ!!
DSC09119_20161217191835d12.jpg

沢を覗くと、しぶき氷。
DSC09122.jpg
鍾乳石みたいな形のものから

膜みたいに凍ったものまで。
DSC09123_201612171918372a5.jpg
どうやって凍ると、平たく凍ってくんだろ。。。
なんて思いながらずんずん行くと、草の根元にラップがひっかかってるよ。

じゃなかった、よ~く練った水あめ色に光る、氷の花。登場~。
DSC09126.jpg

私には、長さ40センチの長~いシモバシラは見つけられなかったけど
DSC09130.jpg

こちらも、平たいものから、くねくねとカーブしたものまで
DSC09133.jpg

この姿になるまでには、どんなドラマがあるんだろう。。。
DSC09136_2016121719193321e.jpg

そんなことを考えながら、霜の華撮りスクワット。
DSC09138_20161217191934012.jpg

一晩で、こんなにず~んと成長するのかな?
DSC09141_201612171919360eb.jpg

それとも、毎日少しずつ?
じゃ、1日にどのくらい成長するんだろな
DSC09142.jpg

氷の花が咲いていく過程は、ホント、興味津々。
DSC09148.jpg

11月の初めに来た時には、まだ、緑色の森だったこの場所。
もう、すっかり明るい森になっていました。
DSC09155.jpg
たくさんの落ち葉をカサカサ踏みながら、頭の中をぐるぐるめぐるのは
あぁ、このたくさんの葉っぱが枝から落ちる瞬間、風に吹き飛ばされて葉が散る
その瞬間じゃなくて、木が自分の意志で葉を落としたその瞬間、どんな音が
したんだろう。(^^;(^^;(^^;  そんなことばっか。

第二展望台から赤城山。
黒檜山にはびっしり霧氷がついてるのが見えます。
DSC09158.jpg

浅間山。
こちら側はゼブラ模様になっていないのが、なんか不思議な感じです。
DSC09159.jpg

春にはアカヤシオのトンネルになっていたところを登っていくと・・・
DSC09160.jpg

山頂~。
予想通り、北側の山々は、み~~~んな雲の中。
DSC09165.jpg
でも、空に浮かぶ雲が、なんか、かわいらしい感じです。

そして、大好きな、連なる山々の向こうに、ぽっかりと浮かぶ筑波山。
DSC09169_20161217192145da1.jpg
今朝、気球が飛んでるのが見えたから、山頂についたとき、筑波山をバックに
気球が飛んでたら素敵なのになぁ。なんて思ってたけど、もちろん、強い風に
どこかへ飛んで行っちゃったね。(笑)

山頂にいる、小さな駒狼ちゃんたち。
肩の広場の駒狼たちとおそろいのマフラーをしてました。
DSC09171.jpg
山頂の気温は4度。
思ったほど風が強くなかったので、ここでちょいと早いランチタイム。
そしたら、下山~。
さ。。さ。。今日は、ちょっと早く帰って、大掃除しよ~~~っと。

と、下り始めたところで、ラブちゃんだ~~~!!!(^^)
DSC09179.jpg
落ち葉が吹き溜まったところで、せっせとここ掘れわんわんのラブちゃん。
ラブちゃんのお父さんの話では、せっせとモグラを見つけているそうです。

ラブちゃんがお仕事している間、ラブちゃんのお父さんといろいろ
お話をさせていただきました。

ラブちゃんとお父さんに会えることは、ここへ来る楽しみの1つになっています。
DSC09182_20161217192231ff6.jpg
今日もありがとうございました。
また会えたらいいな~♪

朝は、キーンと冷えた空気に包まれていた鳴神山だったけど
下山の頃には、すっかり寒さもゆるので
DSC09184_20161217192232831.jpg

ほんのり汗ばみながら下山~。
DSC09185.jpg
そうそう、駒形登山口に会った、工事用のトイレは、もう撤去されています。
登山口にはトイレ、ありませんから、途中のコンビニで済ませてきてくださいねー。



それにしてもさ、これ、ダメぢゃん。
DSC09188.jpg
数年前、桐生では大規模な山火事があったんだよね。
この、火を消さずに捨てられたであろうたばこの10センチ横には
落ち葉が吹き溜まってたんだよね。







さて、家に帰って、せっせと窓ふきして、、、

あはは、来ちゃったよ。本日、ダブルヘッダー。(;^ω^)
DSC09192.jpg

大小山サンセットを楽しみに・・・
DSC09197.jpg
家の屋根に反射して、光の帯がこちらに向かってきているのに、
なんか、それだけで感動してしまいました。

昼間は、霞んでうっすらとしか見えなかった新宿のビル群。
DSC09199_2016121719232205c.jpg

スカイツリーもくっきり。
DSC09200_2016121719232436b.jpg

鳴神山から見た、連なる山の一番東側から見る筑波山~。
相変わらず、鳴神山から見て、どれが大小山なのか、分かってません。私。(^^;
DSC09201_20161217192325cd2.jpg

日没の時をまもなく迎えます。
DSC09206.jpg

ヘリコプターが、大小山の上空を旋回しています。
フラワーパークの取材にでも来たのかな?
DSC09214.jpg

太陽が沈んでからも、輝き続ける雲。
めちゃめちゃきれいです。
DSC09225_201612171924589ff.jpg
なんか、きっと、明日もいいことがあるんだろうなぁ。って思えるような
輝きでした。

空の色がだんだん変わってきます。
シルエット富士山から、丹沢方面。空の色がとっても素敵です。
DSC09232.jpg


で、もう一つ、楽しみにしていたのが、足利フラワーパークの
イルミネーションを山の上から見るっ!!
DSC09230.jpg

栗田美術館の前の通りは、渋滞中。
DSC09235.jpg
帰宅が逆方向でよかったよ。。。なんて、ほんとに思っちゃったよ。(^^;

山頂で一緒にサンセットショーを楽しんだおじさんも下山。
「ここからなら、タダで見られるもんね~」って。(^^;
DSC09236_20161217192609ff8.jpg

ヤー、こりゃ、クリスマスの日の夜、ここでイルミネーションを見るのも悪くないかもね~。
DSC09237.jpg
なんて、超寂しいことを思いながら、すっかり暗くなった
森の中を、ヘッデンつけて下山。

さぁ、大小山サンセットの下見完了♪
私も、でんさんみたいな大展望に出会えるのが楽しみになってきたぞ~。