2017/02/25

三岳らへんで地形図遊ばれ

2月18日(土)
かっこよく「地形図遊びをしたよ~」と言いたいところだったけれど、
完全に、遊ばれてきました。(^^;

この方に案内をしていただいて、三岳横断。

山歩きの楽しさって、その時、その場所でいろんな方たちに教えていただいたけど
フィールドに出たら全力で遊びましょう!と教えてくださったのは、
間違いなく、この人でしょう。
どんな条件のもとでも、きっちりと楽しく山歩きができるのは、
ベー太さんに撒いてもらった種のおかげ♪だと思っています。

で、冬が来る前から、とっても楽しみにしてました。
6時に家を出たら、8時前には中禅寺湖畔。。。(^O^;
さすがに早すぎたっ! と、寄り道しながら湯元まで。
DSC00034.jpg

前日は春の嵐~。
からの、この日は、冬型が強まって、湯元では、雪が降ってるんじゃないかな?
って、心配したけれど、素晴らしい青空が広がっていました。
DSC00039.jpg
まっ白な金精山がかっこいい♪

まず、集合場所のホテルに着いたら、出発前に事前勉強会。
地形図に、今日歩くルートを書いてみましょう~。
「どこを通ったら、楽に目的地に着けるかな~?」とか、
「積雪期は急な斜面のトラバースは避けましょう。なんで?」
なんて話をしながらルートを書いて、その地図を持ったら、いざっ!!

金精道路に入ったところで、スノーシューを装着。
そして、相撲を取ります。。。じゃなくて、ストレッチ。
最近、頑張りすぎるとすぐ足が攣るからさ、上手なストレッチの
仕方を教えていただきました。
がっ!!  ストレッチにならないほど体が硬い私。(^^;
02181620(2)金精道路

一般的には、三岳へは、林道経由で取りつくそうですが、
雪つむりがたくさんお散歩中の金精道路をしばし登って、
元料金所の辺りから、森の中へ。
DSC00041_20170222232234ffd.jpg
今ではすっかり忘れられつつある、湯元から光徳へ抜ける登山道が
あるんだそうです。

「古の人の行き来を思いながら、静かな針葉樹の森を・・・」
なんて、一瞬思ったけれど、いきなり目の前には、急な斜面~。(^O^;;


いやね、この日のために、スノーシューを新調してしまいました。
そのくらい、気合入りまくり。
今までのスノーシューだったら、ずるずるしちゃいそうな斜面も、
ガシガシ上っていけます。
DSC00044.jpg
ついでに「なんでもない日おめでとう~」と、めぐやんにプレゼントしてもらった
ザックも、使い初め。ピカピカの1年生の気分です。(笑)

動物の食痕のお話を聞いたり、雪の脱力ちゃんの出来方の
お話を聞いたりしながら、ゆるゆる~~~っと。
02181620(6)サルの食痕


三岳は昔は火山だったんだよ~。の面影を残す森のなかで、、、

「さっ、先にどうぞ♪ 安全に林道へ出てね~」と言われ。。。

ココロの準備はできていたはずだけど、、、、
さて、どっちへ行ったらいいのやら。
たどり着きたい場所は、点でなく、林道を目指せばいいんだから・・・
時間は11時。太陽の位置から、東はこっち。えっ、東はどっち?(^O^;;
コンパスの使い方も、マスターしてたつもりだけど、あれれ、磁北線って
どっちに傾いてたんだっけ?    完璧、思考回路。フリーズです。(^O^;;;;;;;;
DSC00048_2017022223223758b.jpg
困ったときの助け舟。。。
数十メートル先に、林道の、、、ルートマーカーの青リボンのありかを教えてもらいました。
がっ、目の前の大きな石とか倒木を避けて歩いてたら、あっさりとそれを見失う。(^^;

直線距離300メートルを進むのに1時間。(^O^;
DSC00056_20170222232335fdf.jpg
モフモフちゃんとかはすぐに見つけられるんだけどね、地形図とか、
その場所の様子をじっくり見て、ルートを見つけましょうは、もっと
がんばれ! だな。

貸し切りの森の中。
こんな森の中を、心の声とお話ししながら歩けるようになったら
楽しいだろうな~。
DSC00057_20170222232337ee9.jpg

さて~、そのためには、よく地図を見て~。
今いる場所はどこ?
どっちに進んだらいいの?
ひとまず、峠を目指します。
あっ、私は戦線離脱。次回は先頭で頑張りますんで。(^^;(^^;
DSC00067.jpg

さっきまでは、アスナロの森だったのが、明るいダケカンバの森に変わりました。
そして、さっきまでだだっ広い雪原だったけど、北三岳と南三岳の斜面が
だんだん近づいてきました。
目指す峠がだんだん近づいてきているのがわかります。
DSC00072_201702222323409e5.jpg

で、(庭)さんのスノーシューは、絶好調。
今までは、できるだけ避けていたトラバースが、楽しくて仕方ありません。(^^;
そして、わかんで参加の(岩)さん。
私よりもはるかに体重の軽い彼女の足元は、うんと雪に沈み込んでいました。
ところが、急な斜面を下るのは、かかとから足をついてひょいひょいと。
スノーシューとわかんとの違い、で、それぞれ得意、不得意なこと
なんかも教えていただきました。
IMG_4526.jpg

あっ、フォトジェニックなモノが落ちてた♪
せっかくだから、日向にもってこよっ。。っと、うっしっし♪なところが
見つかってしまいました。(^^;
IMG_4540.jpg
山アジサイの影が雪面に映ったら素敵だろうな~。と思ったのに、
太陽、、、隠れちゃうし。(T_T)

でも、木の枝は、誰も踏んでいない雪面に素敵な模様を描いてました。(^^)
DSC00074_20170222232341b8b.jpg

大きな岩だ~!!
これは、噴石として吹っ飛んできたものなのか、地中から出てきたものなのかは
わからないけれど、独特の雰囲気です。このあたり。
そして、大きな岩の上からしっかり根を下ろす木たち。
生命力の強さを感じます。
DSC00076_2017022223244989b.jpg

峠まで登ってきました。ここでお昼!
時間は13時過ぎ。(^^;(^^;
広がる青空に、刷毛でなぞったような雲がとっても素敵です。
DSC00090_201702222324505ed.jpg

あっという間にその雲も消え、インクを流したような色な、快晴の空!
普段の心がけの良さだよな。。。なんて馬鹿なことを言いながら
オプションの。。。。。
ダケカンバの急斜面で、スノーシューの練習。
ベー太さんの歩いた足跡は美しい。全然ズルッとしてないの。

急な斜面は、「カモエダズンネ・カモエダズンネ」と、心で唱えながら(笑)
登りきると。。。
DSC00093.jpg

わぁ、優しい尾根。もちろん、誰も歩いていません。
DSC00101_201702222324530ed.jpg

そして、振り返ると、大好きな日光の景色♪
DSC00130_20170222232634446.jpg
やっぱり男体山が見える景色は、特別だな。。。そう思ってしまいます。
中禅寺湖も、高山も、社山も見えてます♪
そして、家から見る日光の山並みは、男体山の右側に
大真名子山や女峰山が見えるんだけど、ここからだと、それらの山は
男体山の左側に。。。ちょっぴり不思議な感じです。
ちょうど佐野の逆側から男体山を見ていることになります。

いや~、ちみのおかげで、ここまで案内してもらえたよ~。
技術のなさは、道具でカバー。(^^;;
DSC00118_20170222232455f77.jpg

「奥白根も見えてるよ~」と教えてもらった方へ行ってみると、
山頂だけがちょこんと。(^^)
DSC00122_2017022223263106f.jpg

そして、金精山は、やっぱりかっこいい。(^O^)
DSC00127.jpg

いつまで眺めていても飽きない景色です。
心地いい空間に、穏やか~~な時間が流れていきました。
IMG_4616.jpg
光徳牧場の奥の斜面の上にはこんな景色があったんだね。
南三岳の山頂付近には、中国の桂林にあるような岩峰があるってのは
誰かの山行レポで見たことがありました。
あのあたりが、その岩峰ですね~。って教えていただきました。
どんな景色が広がってるのかな~。それは、ココロの目で。
複雑な地形&倒木にゴロゴロ岩に、微妙に育った針葉樹の幼木に・・・
のエリアなんだそうです。

あまりの居心地の良さに、お約束の寝っころがり。(^^;
IMG_4642_CR2.jpg
「地形図が読めれば、自由に遊べるフィールドが増えるよー」と、言われ、
そだよね、地形が読めれば、大好きな静かな山歩きが楽しめるんだよね。
がんばろっ。

名残惜しいけれど、ぼちぼち下山です。
男体山の爆裂火口に向かって、急な斜面をおっかなびっくり。
DSC00133.jpg

峠付近のダケカンバの幹には、グルグルにまかれたスズランテープ。
初めてその光景を鳴神山で見たときは、かなり衝撃的でした。
で、、をいをい、こんな山奥でもかい。。そんな気持ちになるほど、
シカの食害を防ぐために、木の幹には、スズランテープが巻きつけられていました。
鹿避けネットよりも効果があるんだとか。
しかも、視覚的な効果があるそうで、巻いてあるテープは、みんな白!

そして、あちこちに鹿の足跡。
しかも、おなかを擦りながら歩いている様子がよくわかります。
DSC00134_20170222232637e3c.jpg
厳しい自然の中で生きていくのは大変・・・だね。

そして、その厳しい中で「疲れたよ」と、うなだれた羊。(笑)
DSC00138.jpg

それと、宇宙人が手を振って見送ってくれました。(^O^)
DSC00143.jpg

「ゆっくりしすぎると、日が暮れるよ~~!」と、声をかけられ、、、
楽しかった三岳横断は、間もなくおしまい。
DSC00146_20170222232812e00.jpg

川を渡れば、光徳牧場までもう少し。
DSC00148_2017022223281325c.jpg
や~、この川、光徳沼まで続いているのか・・・と思うと、なんか、
ちょっとだけ不思議な感じです。

名残惜しくて振り返る。。。
あの谷間を抜けて、湯元から歩いてきました。
距離にしたら4㎞+α。。とってもこゆい時間でした。
DSC00149.jpg

ホテルに戻ったら、反省会。
さて、地形図に、今日歩いてきたルートを書きましょう。
DSC00159_20170222232906167.jpg
赤ペン先生の添削付き。
ざっくりは見られたけれど、登った谷、歩いた尾根。。
細かいところはまだまだだな。(^_^.)
これからの山歩きで、地形図見ながらの遊び方のヒントをもらったりして、
充実の1日は終了♪

のぼせるほど温泉につかったら、ライトアップ♪
DSC00153_2017022223290248d.jpg

春の陽気に、溶けちゃったかな? って、心配だったけれど、
まだまだきれいな氷の彫刻に会えてよかった~♪
DSC00156_2017022223290421d.jpg
この冬、一番のイベントが終わっちゃったな。
ちょっぴり寂しい気持ちと、楽しかった1日を振り返りながら帰宅。


今回も、べー太さんには、興味の種をたくさん撒いていただきました。
なぜか、この人に種をまいてもらうと、せっせと水やりをして育てたく
なっちゃうのよね。
たくさん芽が出て、おっきく育つかな~?
あっ、、来年は、先頭行きます。(ホントかな?(^^;)

今回のツアー。
「子供ぢゃないんだから・・・」のわがままにも対応していただき
ありがとうございました。
で、私が映っている写真は、ベー太さんと(岩)さんから頂いたものです。感謝。m(__)m


」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」
奥日光小西ホテル ネイチャーツアー
http://www.okunikko.co.jp/naturetour/
「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「
スポンサーサイト
2017/01/24

雪の奥日光徘徊

荒れ模様の天気になる。。。というあいにくの天気予報だった土曜日。
風の影響を受けずに遊べる場所。。。。真っ先に浮かんだのがココでした。(^^;
DSC09595_20170123212541483.jpg

朝の日光道。
北上するにつれて、道の両脇の木は、霧氷で真っ白。
雪のいろは坂を登り、赤沼茶屋の駐車場に車を置かせてもらいました。

9時少し前の戦場ヶ原への入り口。
庵滝を目指す。。というグループが出発してからは、とっても静か。
準備を整え、のんびりスタート。
DSC09550_201701232132002f1.jpg

ゆらゆらと揺れるサルオガセに癒され~
DSC09551.jpg

水鏡になっちゃうほどゆったりとした湯川の流れに癒され~
DSC09555.jpg
えっ? 私、、病んでる??
いやいや、そんなはずはないけど、雪の森の中は音のない世界。
そんな静かな時間を楽しみながら歩いて行って、ふと上を見ると

をぉぉ、木の上に、白い蛇だっ!!
DSC09556.jpg

こっちは、杭からぶにゅ~~~って絞り出てきたよう。
DSC09557.jpg
で、この脱力した感じが妙にツボって、あちこちで脱力ちゃんを見つけては
大喜び♪

思ったほど風も強くなく、広がる青空に、これからの天気も期待♪
笹もほぼ隠れ、葉っぱがないミズナラの森はとっても明るい。(^^)
DSC09558_201701232132511a5.jpg

あらら、こっちでは、雪の脱力ちゃんが、細い枝にかぶりついてるよ。
DSC09559_20170123213252609.jpg

小田代ヶ原を抜け、夏、低公害バスが通る市道を逸れて、カラマツ林を進みます。
この日は、トレースはばっちり。
行きは、ちゃっかり、ありがた~くトレースを使わせていただいちゃいます。(^^)
DSC09563.jpg

この下は、何が埋まってるのかな?
ちょいといたずら書きなんぞをして遊んで
DSC09566_20170123213255a7b.jpg

山ブドウの木の蔦ブランコまでやってきました。
今日は、まだ、誰もブランコでは遊んでないようです。
一番乗り~~♪ と、カメラをセットして、タイマー押して、ダッシュ!!
DSC09568.jpg
無事乗れました。(^^♪

そして、大好きなダケカンバの木。
この木の足元は、まだまだまっさらな雪原。
DSC09570.jpg
み~~んな、トレースを忠実にたどって歩いているようです。

…なので、無駄にエネルギーを消費してみましょう。(^○^)
DSC09571_20170123213338490.jpg
ぐるぐるぐる~~~~~っと。

誰の落とし物?
DSC09575.jpg

赤沼をスタートして2時間半。
今年も、来ちゃいました。庵滝。
DSC09582_201701232133426f0.jpg
このお天気でも、たくさんの人たちが氷瀑を楽しみに歩いてました。

滝の裏側に回れば、ソーダ色。
DSC09583_20170123213343f86.jpg

主爆もほぼ凍っていて、その奥は、ツララがたくさん。
DSC09586.jpg
こちら側も、もしかしたらかぶりついたらしゅわしゅわするんじゃない?
って思うような、きれいなソーダ色。
透明な氷が青く見えるんだから、光って不思議なものです。


氷のカーテン越しの景色を楽しんだら、ザワザワしてて何となく
落ち着かないので戻りましょう。
DSC09589_20170123213422942.jpg

沢にもたくさんの雪が積もっていました。
DSC09600.jpg
ここから見る景色は大好き。
同じように雪の積もった景色でも、もっとモコモコしている年もあれば
今年のようにのっぺりした年も。
その年、その時の表情を見せてくれます。(^^)

太陽。。出てこないかな。
DSC09601.jpg

そして、いつもの場所で振り返って。
DSC09602.jpg
ランドマークの、こんもりとした2つのピーク。
こんなお天気の時は、水墨画のようです。

さて、この先は、ひろ~~~い雪原が広がってるので、誰も歩いていない
森の中で、遊びたい放題。

ベタなところで、寝っ転がって、こんなことをして、、、
DSC09608_20170123213511169.jpg
ふかふかな雪で、1人だと、起き上がるのに一苦労。(^^;

思っていた以上に風が吹かなかったので、ゆっくりランチ。
お湯を持ってきて、カップラーメンにすればよかったな。
DSC09612.jpg
コメツガの木に積もった雪は、葉っぱの上で素敵な模様を作っていました♪

ドライフラワーが落ちてたっ。
DSC09613.jpg

風の足跡が見えるようです。
DSC09616.jpg

気ままな雪原遊びも、今日はここまで。
なので、一筆書き~。
DSC09626.jpg
ほぼ、雪原、踏み荒らし。(^○^;;

小田代ヶ原まで戻ってきました。
木道の上にもたっぷりの雪。戦場ヶ原を回って帰りましょう。
DSC09630.jpg

杭の上には、かわいい白いスライムもいたしさ。
DSC09636.jpg

青空も広がってきました。
いよしっ、それなら、北戦場まで行っちゃおう~。
DSC09637.jpg

森を抜け、湿原に出ると、大好きな山並みがど~~~~~ん。。。。。(@_@;
DSC09643_20170123213609afe.jpg
・・って、あらら、男体ファミリーは、雲の中。残念。


次は、青空だといいな。
この先には、、、どんな景色が待ってるのかな?
DSC09645_20170123213610e99.jpg

だんだん、くっきりと影も見られるようになってきました。
雪原に木の陰。。。この季節のお楽しみの一つよね。
DSC09649.jpg

そして、泉門池まで戻ってくると、顔を出してた男体山。
DSC09652_20170123213651668.jpg
あらら、もうちょい北戦場で粘ればよかったかな?

その後、だんだん広がってきた青空。
真っ青な空に、はっきりくっきりの山の景色も素敵だけど
やわらかい空の色に浮かぶ男体山も素敵だね♪
DSC09655.jpg

小さいカラマツの木の根元がポコポコって、、かわいい。(^^)
DSC09657.jpg

ん? ちみは、キバシリかい?
もぉ、木の幹をあっちにこっちに、とっても忙しそう。。
DSC09659.jpg

をぉぉ、今度は、杭の上にタコがいた。
DSC09661.jpg
置くと(試験に)パスできる、オクトパス。
ん~、縁起物だ。(笑)

ずっと雲の中だった太郎山も姿を見せてくれました。
山頂付近には霧氷がびっしり。きれいだな~。
DSC09671.jpg
・・・と、影で遊んでみる。バランス崩して、よたよた。(^^;(^^;(^^;

今日も、無駄にふらふらと、よく遊びました♪
初めて庵滝に連れて行ってもらった時には、往復するだけで
もう、へとへとだったのに・・・
DSC09673.jpg
遊びまわるって、、すてき~。(^○^)
2016/11/25

晩秋の奥日光徘徊

季節外れの大雪が降った翌朝、北の窓から。
DSC08847.jpg
わぁ、11月の景色じゃないみたいだね。

そして・・・
DSC08848.jpg
車の屋根に毛が生えたっ。(@_@)



そんな冬の使者がやってくる前日、すごく久しぶりに奥日光。
いや~、赤沼自然情報センターのトイレが洋式になっていた。。。
ってのに驚いた。(^O^;

ちょっとずるして、小田代ヶ原までバスで行こうと思っていたんだけど
前のバスが出た直後。

さて、歩いて行くか。。。

国道は、歩道と車道を分ける鎖が取り外され、、もう、すっかり冬支度。
DSC08742.jpg

ふと振り返ると、森の向こうに太郎山。
結局今年は行けなかったな。また来年ね。
DSC08745.jpg

湖上山の山頂付近には、霧氷。
あぁぁ、ちょっとだけ頑張って、標高の高いところを目指せばよかったかな?
な~んて思ったけれど、「今日は、あなたには無理よっ」って言わんばかりに
冷たい風が強く吹いています。
DSC08746.jpg

小田代ヶ原の展望台から。。。
太郎山&貴婦人。
1か月くらい前なら、金屏風の前に立つ貴婦人に会えたんだよね。
DSC08750.jpg
あっ、その姿は、心の目でちゃ~~~んと見えるから大丈夫♪

こちら側は、すっかり小麦色になった草原のパッチワーク。
DSC08749.jpg
そんなのを眺めながら木道を歩き、

葉っぱを落としてすっかり明るくなったミズナラの森を抜け
DSC08753.jpg

いつものヘアピンカーブのところから、カラマツの小道を進みます。

・・・って、ここも、スズランテープ巻き巻きぢゃん!!!(@_@)
DSC08755.jpg
やっぱり、シカの食害を防ぐための対策。。。でしょうかね。

この辺りでは、初夏はシロバナヘビイチゴが咲いてたっけな。
で、盛夏の頃はキオン。秋にはシロヨメナが咲く広場は、もう、
それぞぞれのモフモフの種も飛ばし終え、すっかり寂しくなっていました。
DSC08760.jpg

でも、そのおかげで、にぎやかな季節だったら気づかないような子が、
呼び止めてくれました。

う~ん、あなたは、誰???
DSC08759.jpg
見回すと、地面に張り付くように、あちこちに。
この状態で、冬を越すのよね。
約4か月くらい、雪の下で過ごすんだよね。

暖かくなったら、どんな姿になるのか、春になったら、ちょっと会ってみたいな。
そんな気がしました。

山ぶどうブランコ~。
雪がないと、私には乗れません。(^^;(^^;
DSC08763_201611242022535f5.jpg
でも、ぶら下がってみたり、引っ張ってみたり、ひと遊び。(^^)

そして、大きく枝を広げる、大好きなダケカンバの木。
立ち姿といい、大きさといい、、、ここを訪れるたびに会いたい
お気に入りの1本♪
DSC08767.jpg

あっ、シカの落とし物!
DSC08769.jpg

今日は、外山沢と一緒です。
でも、つかず、離れず、程々にね。
DSC08771.jpg

ランドマークの、こんもりとした2つの山も随分近づいてきました。
がっ!!!
なぜか、私はここでいつも悩みます。(^^;
DSC08772.jpg
ココはどこ?
私は誰?(^^;(^^;

で、無事、庵滝~♪
DSC08774.jpg
滝を眺めながら、しばし休憩。
雪の季節は賑やかだけど、この季節はとっても静かです。

滝の裏側に回ってみようかな?
でも、なんか、どこを渡っても滑りそう。
実は、過去に2回、ここでドボンしてるので、今日はやめておきましょう。(^^;

こちら側は、染み出てきた石清水で、繊細なツララができるところ。
今年は、どんな氷瀑の姿を見せてくれるのかな?
DSC08777_20161124202417d6e.jpg
また、その頃、会いに来ようっと♪

この沢に転がる石たちに雪が積もると、石たちが綿帽子を
かぶったように見えます。
DSC08776_201611242024163fa.jpg
新緑の頃は、とってもすがすがしい景色になってるし、
真夏の頃は、沢音がとっても心地いいし、今は、ちょっぴり物寂しい
中で、普段ならあまり目につかない物たちが、しっかり自己主張してるし。
同じ場所でも、季節季節で違った表情を見せてくれます。(^^)

をぉ、苔のモフモフちゃん、展示会だ♪ヽ(^o^)丿

モフモフしてたり
DSC08782.jpg

ツンツンしてたり
DSC08785.jpg

トゲトゲしてたり
DSC08797.jpg
・・・って、このトゲトゲちゃんは、初めて見たよ。\(^o^)/
葉っぱの部分は見たことあるみたいだから・・・
きっと、秋にトゲトゲを伸ばしてくるんだね。

どれも、ふわふわっぽく見えるけど、触るとちょっとだけカサカサっと
してました。

コメツガの森に光が差し込んで、モフモフちゃんが光って見えました。
この場所も、お気に入りの一つです。
DSC08786.jpg
氷瀑の季節には、この石たちは、み~んな雪の下。

わ、枝がいい感じにささって、巨大アゲハチョウの青虫状態になってる~。
DSC08787.jpg

根っこが石をガシッとつかんで持ち上げてる!
DSC08789.jpg

ホコリタケ軍団を見つけると、落ちてる枝で思わずツンツン。
DSC08790_20161124202502c54.jpg
・・・と、行きは目的地にたどり着くのに精いっぱいで、必死に歩いていたけれど、
帰りは、あっちにフラフラ、こっちにフラフラと寄り道しながら。(^^)

大好きなダケカンバまで戻ってきました。
見上げると、まさかの快晴。\(^o^)/
DSC08791.jpg
翌日に、雪の予報が出ているなんて、嘘のようです。

調子に乗って、目の前の斜面を登ると、男体山~。
DSC08794.jpg

振り返ると、前白根の稜線。
DSC08795.jpg
あの稜線上から、この扇状地って見おろせるんだよね。
来年は、また、久しぶりに白根山も行きたいな♪

すっかり葉を落として風通しのよくなったカラマツの小道を歩いて
ひとまず小田代が原まで。
もう、ここまで戻ってくれば、安心の、まったりハイキング~。(^^)
DSC08796.jpg

小田代が原の気持ちのいい白樺の散歩道♪
空が青いと白樺の幹の美しさも3割増くらいに見えるね。
DSC08801.jpg

なんか、白樺が立ち並ぶ景色を見るのは、すごく久しぶりなような
気がするな。
DSC08805.jpg

その後、ちょいと足を伸ばして、北戦場~。
木道が広くなっている場所に腰を下ろして、ちょっぴり遅いランチタイム。
DSC08817.jpg
ココから眺める景色も、とっても好き~。

で、振り返ると、ヨシの穂先に光が当たってキラッキラ☆
DSC08811.jpg
もうちょい日が傾くまでいられれば、もっと輝きそうだね。
でも、13時頃でも十分きれい。
風が吹くと、穂先が揺れて、さらにきらっきら。

歩いている間は、ほんのり汗ばんでくるんだけど、座って休憩すると
肌寒くなってきます。
ぼちぼち戻りましょう~。

戦場ヶ原に戻ってきたころには、空に広がる薄雲。
それでも、この空からは、翌日の雪は、想像できなかったなぁ。
DSC08820_2016112420264266e.jpg

大好きな景色をまったりと堪能したら、
DSC08822_20161124202644a19.jpg

湯川と一緒に赤沼まで。
DSC08826_20161124202645367.jpg
気ままに奥日光を徘徊しまくった1日でした。(^^♪




おまけ♪

めぐやんから「なんでもない日、おめでとう~」と。(^^)
DSC08846.jpg
もったいなくて使えません。(^^;(^^;

いやいや、大事に使いますわよん。
こりゃ、たくさん入りそうだ~。
ありがとう~。\(^o^)/
2016/06/25

日光deニッコウキスゲ

いつも1人で遊んで歩いていては申し訳ないので、母を誘ってニッコウキスゲ。

本当は、雄国沼に連れて行ってあげようと思っていたんだけど、
(いえ、正直に白状します。私が行ってみたかった(^^;)
天気もイマイチだし、夕方用事ができちゃったし・・・で、手近なところで霧降高原。
1445段、歩いていただきましょう。(^O^;
DSC06349.jpg

朝9時半少し過ぎ。第一・第二駐車場とも満車。
第三駐車場は20台くらい停まっていました。
DSC06350.jpg
湿気たっぷりの空気の中、空気はほんのり冷たいんだけど、
階段を登り始めると、たちまち噴き出してくる汗。
振り返ると、雲と山が作りだす景色が何とも素敵です。

ふぅ、疲れたね~。
お花見しながら、のんびり階段を登っていきます。
DSC06354.jpg

ふりかえると、、、、
やっぱり素敵~。
雲が作る水墨画のような景色は、振りかえるたびに違った表情を
見せてくれるので、ちょっと歩いちゃ、何度も振り返っちゃいます。
DSC06355.jpg

で、さぁ、ここからがきついよ~。(^O^;
DSC06356.jpg

広大な斜面に咲くニッコウキスゲのお花畑と周りの
景色も、もっともっと素敵になってくるけどさー。
DSC06358.jpg

DSC06363.jpg

で、いよいよゴール!!
後期高齢者。頑張りました♪\(^o^)/
DSC06369_20160625201533516.jpg

展望台に着いた時には、うっすらと日もさしてくるほど。
あっちも見える。こっちも見える~。と、展望を楽しみましょう。
DSC06367_20160625201531ab9.jpg

青空も覗いてきたことに気をよくして、じゃぁ、オノエランも見に行っちゃおうか。
と、キスゲ平まで。
ふぅ~、咲いててくれてよかった~。
DSC06376.jpg

で、オノエランを探していた、ほんの15分の間で、あたり一面、乳白色
になってしまいました。
DSC06378_20160625201613475.jpg

下りの階段も、靄の中に吸い込まれていくようです。
DSC06379_20160625201615b4f.jpg

ガスの中に浮かぶ、鮮やかな黄色い花を楽しみましょう~。
DSC06381.jpg

DSC06382_201606252016181f2.jpg

DSC06384_20160625201619ec3.jpg

DSC06386.jpg


遊歩道わきに、ものすごくいい感じに咲いてたニッコウキスゲ。
1日でしぼんでしまうその花は、きれいな状態の花を見つけても、大体
その隣にはしぼんだ花がくっついてる。でも、この株、すごい!!!
DSC06390.jpg
・・・と思って、写真を撮ってふと根元を見たら、しぼんだ花殻は、ご丁寧に
摘み取られ、根元に捨ててありました。
ふふ~~んん。(=_=)



展望台から下るときにかかり始めてしまったガスは、駐車場に着いても切れることは
ありませんでした。
ホントにいいタイミングで行けてよかったね~。
お昼は、大笹牧場で、生ラムちゃん。ソフトクリームのデザート付き♪
ごちそうさま~。(^O^)
2016/01/31

庵滝 2016

ほぼ、年中行事となっている、「青い氷瀑 庵滝」
マイブームだった頃は、シーズン中に2度3度と足を運ぶほど、
お気に入りの場所。(ちなみに、芽吹きの季節もお勧めです(*^^*))

今年は、もう、いいかな??? って思っていたけれど、
やっぱり、今年も1月27日に行ってきました~。\(^o^)/
DSC02589.jpg

前日の、赤城の雪遊びの疲れもなんのその。だって、スイッチONだもん~♪
赤沼茶屋の駐車場から小田代ヶ原まではツボ足で。
DSC02551.jpg
あぁ、真っ青な空に太郎山。かっこいいなぁ。
あの山頂からは、どんな景色が広がって見えるんだろう。。。

小田代ヶ原付近は、超強風。時々地吹雪状態になるほど。

小田代ヶ原から弓張峠のヘアピンカーブまでは、凍結した市道を歩きます。
夏場は、低公害バスでひゅんとひとっ走りだけど、スノーシーズンは自分の足で。
途中休憩をはさんで1時間半。まずは、大好きなカラマツロード。
DSC02552.jpg
前を見ても。。カラマツの木を見上げても、その見える景色は大好きなんだけど、
ここ、地味に上り坂。
第一へこたれポイントだったりもします。(^^;

気象観測所跡で一休み。
見上げると、雲一つない空。
山陰に入り、風もおさまってきたので、フリースを1枚脱ぎます。
DSC02554.jpg

山ブドウブランコで、今年も遊びましょう~♪
DSCF5332.jpg

乗っかったり、ぶら下がったり。
DSC02559.jpg
ここで全力で遊んじゃったら、たどり着く前に燃料切れになっちゃうんじゃね?
なんて、自分に問いかけながらも、やっぱり一生懸命遊びましょう~♪

山ブドウブランコのちょいと先には、ダケカンバの大木。
この1本。大きさ。立ち姿。周りの雰囲気も合わさって、とっても素敵♪
大好きな1本だったりします。(*^^*)
DSC02560.jpg

森の妖精さんは、お昼寝中。
DSC02562.jpg

ほぼ、ランドマークのように思っている、2つのこんもりとした
お山が、ずいぶん近づいてきました。
DSC02564.jpg
ここまでくれば、庵滝までもう少し。

そして・・・
2016年の庵滝。
暖冬でどうかな~?って心配していたけれど、去年並みに凍っていました。
主瀑の内側を流れる水もごくわずか。
DSC02586.jpg

正面から見ると、流れる水は、ほとんど見えません。
そして、流れ落ちる水の音もほとんど聞こえないので、完全結氷? って思ってしまったほど。
DSC02565.jpg

迫力の主瀑もいいけれど、私は、岩肌から沁み出た水がじんわり凍った
滝のこちら側が好き~♪
DSC02568.jpg

そして、滝の裏側に回れば、うひゃひゃひゃひゃ。
青い~~~~。(*^^*)
DSC02569.jpg

そして、トゲトゲの、氷柱・ツララ・つらら。
DSC02570.jpg
ニョロニョロのようなモフモフちゃんは、気温が高くてぶら下がって
いなかったけれど、この日の庵滝の裏っかわは、氷柱祭りだね。

やっぱり、今年もここに来られてよかったな~。(^^)
DSC02571.jpg

今年の庵滝も、迫力満点でした♪
DSC02593.jpg

さて、帰りも、モフモフの景色を眺めながら。。。
DSC02585.jpg

庵滝がお気に入りな理由の一つが、そこへたどり着くまでの森の中を
歩くのがとっても気持ちよくて楽しいから。
DSC02596.jpg

あっ、ロールケーキが転がってきたっっ!!!
DSC02598.jpg

だんだんお腹が空いてきました。
DSC02601.jpg
岩陰に腰を下ろしてお昼ご飯を食べたら・・・

ダケカンバの前で、喜びの舞をしちゃいましょう~~!
DSC02609.jpg
ぐるぐるぐるぐる・・・・
目が回る~~~~。(@_@)

・・・
小田代ヶ原まで戻ってきました。
空の青さと雪の白がとっても美しい景色が待っていました。(*^^*)
DSC02612.jpg

いっぱい遊んでいたら、いつの間にか、ずいぶん影が伸びてきちゃったね。
DSC02613.jpg

黄昏る ムーミン。
DSC02614.jpg
                                            かわいい。(*^^*)

しまった。雪原ダイブをするのを忘れてたっっ!!!
。。。っと、見上げると、青空に枝を伸ばすミズナラ。
DSC02617.jpg
ミズナラの枝も繊細で、青空ととっても良く似合うんだね。(^^)

湯川を渡れば、間もなく赤沼の駐車場。
DSC02619.jpg
今日も、とっても楽しい1日でした。
やっぱり庵滝。。と、そこにたどり着くまでの雪原歩き。好きだわ~☆


でっっ・・・

この日、一番驚いたのが、気象観測所を過ぎ、森の中へ入っていくと
新しいルートマーカーが随所についていたこと。
数年前、ノントレース、ソロで歩いた時、ここで沢に降りるの?
ホントに、こっちに進んでいいのかな? って
ふと迷ったような場所には、親切な程、たくさんのピンクリボンが。。。
安全に庵滝まで導いてくれると思えるルートマーカーだったけれど、
誰が、どういう意図で付けたものなのかはわからないので、そのあたりは
自己責任で。。。と思います。
なんて言っても、モフモフの雪の下は、実は川だった! って場所もありますから~。(^O^;

ただね、地形図見ながら、あっちかな~。こっちかな~。って悩みながらようやく
たどり着いた庵滝。
その時に見た滝の美しさが一番印象に残っているし、すごく楽しい1日だったなぁ。。。
と思っています。
そういう経験は、もうできないのかな? と思うと、ちと残念。



その、迷ったときのレポはこちら~。
トレースチェイサー まっさらな雪原で迷う@庵滝
庵滝貸切♪ んで、1人反省会。