FC2ブログ
2020/03/19

おさぼり隊は行く 春は新潟!

2020.3.19. 雪国植物園
DSC_0714_2020032323221763a.jpg
大展望日和に休暇を取って、雪の谷川へ行くど~。
と勇んでた割には、やる気スイッチ入らず、母を連れて
のんびりお花見。
雪国植物園、一度、行ってみたかったのよ。

なにがすごいって、園芸種や外来種の植物は入れず
里山をそのまま保存した植物園なのです。
歩いていると、そこが植物園だってことを忘れてしまいそう。
完璧に里山歩きです。
ペットNGってところも、とっても嬉しい♪

暖冬だった今年、南魚沼が小雪だったってのは聞いていたけれど
関越トンネルを抜けた先の山の斜面では、木々の芽吹きが始まってました。
もぉ、季節の進みがあまりに早くてびっくり。

そりゃぁ、長岡直行したらモッタイナイ。
高速途中離脱でカタクリ下見♪
DSC_0614_202003232322132d3.jpg
駐車場脇では、こんもりとアオイちゃんのブーケが迎えてくれました。

ちょっと歩くと、、、咲いてた~。\(^o^)/
DSC_0592_20200323232207471.jpg

お祭り状態で、あちこちに咲いてたコシノコバイモに
ひたすらひれ伏します。(^^;
DSC_0609.jpg

あはは、葉っぱに邪魔されて、上向いて咲いてるし。( *´艸`)
DSC_0604_202003232322086a5.jpg
かわいいな~。

ミチノクエンゴサクも咲いてた~。
ピンク色も青色も紫色も。( *´艸`)
DSC_0608_202003232322099cb.jpg
この先、まだまだあるんですけどぉ・・・と思いながらも
小一時間。(^^;(^^;

その後、道の駅に寄り道したりして、長岡に着いたのは12時ごろ。
平日だってのに、正面入り口に近い駐車場は、なんと満車。
別の入園口に近い駐車場には空きがあり。
まぁ、園内で母にがっつり歩いていただくために、しばし駐車場の空き待ち。

園内のあちこちで、オクチョウジザクラが咲いてました。
DSC_0616_20200323232214624.jpg

小ぶりの桜。かわいいな~。
DSC_0637_20200323232215f3d.jpg

あっ、シラネアオイが咲きそう。
DSC_0617_20200323232546fa6.jpg

咲いてた~。\(^o^)/
DSC_0618_20200323232547ae7.jpg
なんか、シラネアオイって6月ごろ咲くイメージがあったけど・・・
そっか。。里山では、雪が溶けた早春に咲くんだね~。

足元では、咲きたてほやほやのカタクリがピカピカ。
DSC_0630_20200323232548b2e.jpg
みかも山公園で見るカタクリよりも一回りくらい小ぶりです。

ナガハシスミレちゃん。ひさしぶり~。(^O^)
DSC_0632_20200323232550e54.jpg

白いショウジョウバカマが整列。(^O^)
DSC_0638_20200323232552e9a.jpg

小高いピークからは、雪をかぶったお山。
もちろん、どれがどれだかわかりません。(^^;(^^;(^^;
DSC_0640_202003232325536b3.jpg
あっ、遠くには、飯豊山が見えてましたよ。(^^)

かわいいイワウチワちゃん、咲いてるかな~?
DSC_0646.jpg
頑張って、頑張って探して歩いて、この子が一番大きな
つぼみでした。
きっと、気温があがったこの連休中で、ぱかっと開いたかもね。

あちこちで咲いてた春蘭に紛れて、オウレンも咲いてた~。
そのたび立ち止まって、花撮りスクワット。
DSC_0657_20200323232556e34.jpg
「何がそんなに面白いん?」と、冷たく言い放つ母上。(^^;(^^;

だって、コシノカンアオイがごろっと咲いてたら、
なんか、嬉しくなっちゃうじゃんねぇ。
DSC_0664_2020032323285104f.jpg
このへんてこな花は、母上の心をつかんだみたいだけど。

プチハイキングコースの脇には、ずっと咲いてた雪割草。
「もう、おなか一杯」って思っちゃうほど、ずらっと。
DSC_0694.jpg
一緒に歩いていた母上なんぞは「雪割草ばっかりで、もう飽きた」
とか、言い出す始末。(^O^;

あはは、プチ盆栽みたい。
かわいい~。( *´艸`)
DSC_0698.jpg
もちろん「飽きた」とかいう戯言は無視して、連れまわします。(^^;

をぉ、キクザキイチゲのお花畑だ♪
DSC_0701.jpg
園内では、ボランティアさんがぼんやり歩いていたら見逃して
しまうような、小さな花が咲いているのを教えてくださったり
時間が合えば、無料のガイドツアーもあるんだそうな。

エチゴルリソウ。
ヤマルリソウより濃いブルー。(^^)
DSC_0704_20200323232856550.jpg

キスミレは、ちっちゃいブーケになって、あちこちに。
DSC_0705.jpg
湿原エリアでは、咲き始めのミズバショウ。
池を覗けばサンショウウオの卵に小さなオタマジャクシ。
一番の見どころのユキワリソウ咲く丘を前に、母上はギブ。
なので、ベンチで日向ぼっこをしていてもらって・・・と。

わ~~、いっぱい咲いてる~。\(^o^)/
DSC_0718.jpg

もう、十分満開と思ったら、まだ、満開前なんだそうで・・・
DSC_0721.jpg
じゃ、ピークの時は、どうなっちゃってるの?
そう思ってしまった、雪割草のお花畑でした。(^^)

優しい鳴き声に、あちこち探すと・・・
キレンジャク、見つけた~。久しぶり~♪
DSC_0723 (2)

青色のキクザキイチゲ。
この青色は、とっても好き~。
DSC_0740_20200323232904443.jpg

ちょっぴり薄暗い森の中では、ショウジョウバカマが
花火のように咲き並んでいましたとさ。
DSC_0742.jpg

おや、こんなところで、キバナノアマナ。
DSC_0750_20200323233048e2e.jpg

そして、ラッキーなことに、コチャルメルソウにも会えました。
近所の里山で、見つけなきゃ~。。と思っていながら、そういや
見つけることすら忘れてたな。。私。(^^;;
DSC_0748_2020032323304696a.jpg

で、こんなのが自然の山の中で咲いてたら、あっという間に
誘拐されちゃうね。
売店で一鉢3000円くらいで売られてそうな、八重咲きの子とか
普段見る雪割草とは、色が反転してるカラフルな子とかが、惜しげもなく
あちこちに。
IMG_5825.jpg
早春の遊び場が増えました。
もぉ、1日中、遊んでられそうです。(^O^)

で、帰りには、こんな素敵なお店に寄れるし。
IMG_5761.jpg
ココに寄るために、雪国植物園で雪割草にした!
・・・と言っても、過言でないかも。(^O^;

暖かい春の風に、目も、お口も、お腹も大喜びの
1日でしたとさ。
DSC_0753_2020032323304966b.jpg
次は、甘味処へも寄らねば。‥…━━━ΣΣΣ ≡ヘ(*-ω-)ノ
スポンサーサイト



2019/11/06

山ニ泊マル♪  巻機山

あっ、サイクルマシーンがあるよ。
さ、筋トレ、筋トレ♪
DSC05174.jpg
・・・って、ちゃうちゃう。(^○^;

11月2日~3日。巻機山。
DSC05120_201911122243056bc.jpg
この文化の日を挟んだ3連休。
泊まりで山へ出かけられる最後のチャンスだな。。と思っていました。
ホントは、どこかに小さな別荘を建てて。。って思っていたんだけど、
寒くない、快適な別荘ライフを送るためには、何をどれだけ持って行ったらいいのか
何となく想像もできず、あれこれ考えるのも面倒になったので、なら
避難小屋泊だっ。と。

そんな計画に乗っかってしまった相方氏を車に乗せて、一路新潟へ。
水上ICを過ぎると、目の前には谷川岳。
大展望日和が期待できます♪
DSC05125.jpg
5合目より下では、ブナの黄葉も盛りだったしね~。(^^)

東洋のマッターホルンがツンとかっこいい♪
DSC05131.jpg

水たまりを覗くと、水の中には、落ち葉と一緒に秋の景色がありました。
DSC05135_20191112224309266.jpg

ヌクビ沢の上部の紅葉は、もうすっかり終わっちゃってたけれど、
下の方を覗き込むと沢沿いの木々は、まだまだ鮮やか。
きれいだな~。
DSC05142.jpg
・・・と思いながら、見上げる割引岳。
う゛~、あのあたりまで登るのか。。。遠い。などと思ってしまいます。

振り返ってもいい眺め。(^^)
DSC05152_20191112224312cc8.jpg
どこがどの山なんだか、さっぱりわからないけどさ~。(^○^;

米子沢も、下の方はとっても鮮やか。
DSC05156_201911122243146e4.jpg
そういや、数年前巻機山へ初めて来たときも、こんな秋の終わりの頃だったんだよねー。
山頂付近には雪があって・・・なんて思い出しました。
その時よりも1週間遅く来てるんだけど、季節の歩みは遅く、、、
「名残の紅葉」なんて言葉を使っちゃったら申し訳ないような
きれいに色づく木々を見ては、思わず口元が緩みます。

ニセ巻機まで延々と続く階段~。
この山でも、毎年少しずつ登山道が整備されているようで、
前回の時よりも格段に登りやすい。
DSC05164_201911122243158e3.jpg
こうして整備されることで、登山道わきの植物たちが、早く
再生されるといいな~♪

展望のいいところで一休み。
思わず「ひゃぁ、朝日岳が近いっ」とお喜びの声が出ちゃいます♪
DSC05165_20191112224317700.jpg

遠くには妙高・火打がぽっかりと。
で、その横には後立山連峰がずらりと。(^^)
DSC05171_20191112224442514.jpg

ニセ巻機まで登ると、ようやく本峰がどっしりと。
さ、、、、おなかすいた~。ここでお昼にしよう~。
DSC05173_201911122244445c8.jpg
・・・と思ったんだけど、なんか、のんびりしすぎると
寝る場所がなくなっちゃうような気がしたので
「おなかがすいて力が出ない~」とか言いながら
ひとまず避難小屋へ。

幸い、窓際の角位置をキープすることができました。
やったねっ☆( *´艸`)

小屋前のベンチでお昼を食べて、食事用の水を
水場の沢で汲んで、そしたら、山頂へお散歩~。
前回は時間切れで割引岳まで行けなかったから、
今回は、牛が岳&割引岳。。両方行きますよ~。(^O^)
DSC05182.jpg

振り返ると、連なるお山たちがほんとにかっこいい。
もぉ、万太郎さん。オトコマエすぎよっっ!!
DSC05195_20191112224446f3a.jpg
志賀高原方面のお山たちもよ~く見えています。

今シーズンは、ほぼ、ユニホームのように着ていた駒T。
「あれ~、先週の駒の小屋ラストナイト、泊まってたんだよ~」って
方たちに声をかけられました。
P1230241.jpg
私は日曜日日帰りしたから、きっとどこかですれ違ったね~。
なんて話をしながら、ふと思う。。。
選ぶ山が、、、同じだ。
のんびりゆるゆる。お仲間お仲間♪( *´艸`)

喪黒福造的池塘
DSC05198_2019111222444832c.jpg

燧ケ岳が近いっ。
会津駒ケ岳は、平ヶ岳と重なって一つのお山のようになって見えました。
DSC05206.jpg

さ、中ノ岳からの稜線を目で辿って、辿って~~~。
大草原の小さな家、見つけた~~~~。\(^o^)/
DSC05213_2019111222445270d.jpg
ホントは、今シーズンは、巻機の避難小屋じゃなくて、丹後山の
避難小屋へ泊りに行きたいと思ってたんだよね。
どこまでも歩いていけるような気持ちになっちゃう笹の稜線。
「もう二度と来るもんかっ!」って、文句言いながら、また、登りに行かなきゃね♪

牛ヶ岳の山頂のチョイ先には、小さな祠。
巻機山の山頂からここまで、ゆるゆるっとたおやか~な
笹の稜線が続いていました。そして、この先にも♪
DSC05217_20191112224454186.jpg
で、割引岳の山頂には、大きな祠がありました。
こちらは、360度の大展望。(^^)

エチコマさんに中ノ岳もど~ん。
手前の山並みは、真っ赤~。
DSC05221_20191112224455b27.jpg
私としちゃ、やっぱり中ノ岳から利根川源流のお山へ続く
尾根を、ついつい目で追っちゃうんだけどね~。(^^;(^^;(^^;

山頂からの展望を楽しんだら、ゆっくり小屋に戻ります。
15時を過ぎて、日が傾き始めると、山並みはほんのりピンク色。
とっても優しい表情です。
DSC05242_201911122246102e7.jpg

で、さらに日が傾くと、すっかりドライフラワーになったイワショウブが
キラキラと輝きだしました。
DSC05272_20191112224611b7b.jpg

振り返ると巻機山はオレンジ色。
DSC05273_20191112224612f71.jpg

で、太陽は、後立山連峰方面に沈んでいくようです。
DSC05277_2019111222461334f.jpg
日没を待たずに小屋へ戻ると、、、、
あらららら、避難小屋は大盛況。
人があふれ、土間にまでシートを広げシュラフが並んでいました。(^○^;

2階も人だらけ。
もぉ、他人にの荷物をまたいでいかないと、自分の寝床へ
戻れないくらい。

ちまちまと一人鍋と煮込みうどんと食べきれなかったおにぎりで雑炊と・・・
と、食事を済ませたら、さて、どしよかな。
人を跨いで外に遊びに出るのは面倒だな。
よし、寝よう。前日の今頃の時間は、まだ仕事してたけど。。。の18時。(^○^;

日が暮れると、外は満天の星空。
窓際キープできてよかったよ。靴を履くことなく星空見物♪
DSC05280_2019111222461427a.jpg
久しぶりにカシオペア座を見た~。(^^)

・・・隣3人、、いびきうるさい。(-_-;)
耳栓を持ってこなかったことを激しく後悔しながら
結局全く眠れない一夜を過ごす。

明けて朝。
雲の上にぽっかりと仙ノ倉山とか鳥甲山とか苗場山とか。
冷え込みも弱めで穏やかな朝。
DSC05291_20191112224616c1f.jpg

太陽は雲の中で登ったようです。
DSC05300_20191112224617f2e.jpg

キーンとした冷え込みではなかった朝。
それでも、コケの上にはうっすらと霜。
もう少しで、雪の下になっちゃうね。
DSC05304_20191112224619983.jpg

食事を済ませ、なぜか荷物は減らないけれど
ちょっぴり軽くなったザックを背負って戻ります。
DSC05307_2019111222462075a.jpg
さ、下山したら、お楽しみの南魚沼のコシヒカリランチ~♪

高曇りだった2日目の朝。
太陽は出ていなくても、遠くの山々もよく見えています。
仙ノ倉山の隣には、うっすらと富士山。
DSC05308_20191112224622ad3.jpg
でも、やっぱり大きな朝日岳に萌えるねぇ~。

連休中日。曇り空でも続々と登ってくる人たち。
下山するのがもったいないような眺望に、足を止め
周りの景色を眺めます。
DSC05325_201911122248380ca.jpg

5合目から麓までの紅葉を楽しみながらね~♪
DSC05329_20191112224840625.jpg

でも、直立しているツルリンドウには、ちょっと笑えた。
そんないい姿勢で立っていなくても・・・(^○^)
DSC05331_20191112224842fdc.jpg

金城の里で2日間の汗を流したら、お楽しみの新米ランチ♪
「大盛りにしますか~?」と聞かれ「いえ、普通盛で」と受け取ったごはん。
うわっ、、これじゃ、普段の2食分だよ。。と思いながら、あっという間に
お腹に吸い込まれていきました。(^○^)
IMG_4916.jpg
・・・大盛りでも食べられたな。(爆)

って、おなかがいっぱいになったら、そりゃ、たまらなく眠い。
でも、同乗者様を安全に集合場所に送り届ける任務がまだ私には・・・
関越トンネル走ったら、確実に居眠り運転だな。と、月夜野ICまで下道三国峠越え~。
止まらないあくびと格闘しながらの帰宅となりました。

さ、次は、蚊取り線香ぶら下げて、のんびり別荘ライフを送りにここに来よう。
人気の避難小屋は、ぶったまげるくらい大混雑で窮屈でした。みんな、同じこと考えてたのねん。
口々に「こんなに混んでるとは思わなかった」って。(^◇^;)
2019/04/24

銭淵公園観桜会と六万騎山

てんやわんやのお花見会場って、ちょっと苦手なんだけど、
ココは、なんか地元の方と一緒に「春が来てよかったね~」って
気持ちになれるので、好きかも~。
DSC_0644.jpg
銭淵公園の観桜会。
ソメイヨシノは満開でした。(^^)

ソメイヨシノだけでなく、5分咲きくらいだったシダレザクラ。
ミツバツツジの濃いピンクに、レンギョウの黄色に、ユキヤナギの白。
池の周りはとっても華やかです。(^^)
DSC_0658.jpg

坂戸山から、どうして高所作業車が何台も停まってるのかな?
って思いながら見てたんだけど「桜の景色を上の方から見てみよう!」
ってなイベントをやっていました。
DSC_0655_20190422223706ecd.jpg
並ぶのが面倒だから並ばなかったけど、ちょっと乗って見たかった高所作業車。(^^;

満開のハクモクレン。
佐野でハクモクレンが咲いたころは、ちょうど寒気で霜が降りて
満開になりました~。茶色になりました~(-.-)ってな、残念
ハクモクレンだったからね、このゴージャスな咲きっぷりは嬉しい♪
DSC_0659.jpg

ミツバツツジは、太陽の光が当たって透けるよう。(^^)
DSC_0660.jpg

シダレザクラは、、、かわいい~~~~~!!!!!(*^_^*)
なんか、ホントに今年は桜Yearになっちゃったな。
その時その時に出会う桜たちに、あなたが一番かわいい!!
って思っちゃうんだけど、やっぱり、あなたもかわいい。(^^;
DSC_0664_20190422223712503.jpg

さっきまで、あそこのお山で遊んでいました。(^^)
DSC_0668.jpg

で、下から見上げる感動の桜並木。
きっと来年も、桜の便りが聞こえてくる頃、ここを
訪れることでしょう。(^^)
DSC_0673.jpg

で、車でひとっ走りで、六万騎山。
民家の庭先に立つ1本の古木。
DSC_0674_20190422223717f9e.jpg
もぉ、ここに来るまでの間でも、山間のお宅って、どこの家でも
桜や花桃の木が植えてあって、庭先で春のおとずれを喜び合える。
そんな感じです。(^^)

登山口近くでひっそりとオオミスミソウ。
今年は、結局佐渡が見える花園へは行けなかったからね、、、
会えてよかった~。
DSC_0679.jpg

いやいや、、三毳山でも会ってきたけどさ、
やっぱり、雪解けを待って、それで一斉に花を咲かせる
オオミスミソウはきれいでたくましい。(^^)
DSC_0681_2019042222392998a.jpg

あら~、、、かわいい子は、すっかり実を結んでいました。(^O^;
DSC_0685_20190422223930c48.jpg
噂通り、今年は、あっちでもこっちでもコシノコバイモ祭りって程
咲いていたようで、あっちにもこっちにも、コシノコバイモの実!!

いやいや、かわいい子は、種になってもかわいいね。(^^)

山頂までの急な階段の登山道。
カタクリもすっかり実を結んでいて、ちょっぴり寂しい。
でも、その代わり賑やかだったのが、いろんなスミレ~。
DSC_0693.jpg

色は、みんな紫色系だったけど、形もいろいろ。
DSC_0696.jpg

あっちでもこっちでも、スミレのブーケ。
DSC_0697.jpg

それと、賑やかに咲いていたのが、ピンク色のイカリソウ。
DSC_0712.jpg

この色の葉っぱを見ると、春色だな~。と思ってしまいます。(^^)
DSC_0708.jpg

で、見上げると、ポツポツ咲いてるチョウジザクラ。
控え目な咲きっぷりがかわいい。
DSC_0715.jpg

でも、やっぱり今日はオオヤマザクラだよね~。
赤い葉っぱに、ピンクグラデーション。
DSC_0739.jpg

登山道の、すっかり花の終わったカタクリたちを見た時、
今日は、修行の六万騎山かな??? って思いながら
歩いていたけれど、山頂付近では、またまたのカタクリの大群落。
DSC_0722.jpg

そして、カタクリに紛れて、ミチノクエンゴサク。赤バージョン。
DSC_0727.jpg

こっちは、紫バージョン。
DSC_0745.jpg
他にも、青っぽいのや、白っぽいの。
関東じゃ会えないお花だものね。
ひとつひとつのお花が、なんか飛んでる人や、飛び込みをしてる人
のように見えてきたりしてちょっぴり楽しい。

六万騎山でも、桜とコラボして咲くカタクリに会えました。(^^)
DSC_0749.jpg

満開のオオヤマザクラの向こうには、真っ白な巻機山。
久しぶりに巻機山へ行きたいんだよね~。
今度は別荘背負って。(^O^;
DSC_0760.jpg

たくさんの桜とカタクリにサヨナラしたら、下山です。
ココロは、道の駅のソフトクリーム♪
DSC_0762_20190422224139f9c.jpg

あっ、帰り道にかわいい子が咲いていれば、もちろん、立ち止まっちゃうけどさ。
DSC_0765.jpg

春の新潟。たくさんの花たちに囲まれて
春の訪れを喜び合える1日になりました。(^^)
DSC_0772.jpg

ようやく芽吹いた葉っぱには、傾きはじめた太陽の
光が当たってピッカピカ☆
DSC_0771.jpg

ティッシュが枝先に引っ掛かってるようにタムシバは満開。
DSC_0775.jpg
春は新潟。
お花見山行はやっぱり楽しいな。

下山すると、真正面に巻機山がど~~~ん。
DSC_0778.jpg
さ、道の駅でソフトクリーム♪


・・・って、着いた時には、店内から蛍の光が流れてて、
あ゛~、ソフトクリーム、食べそこなった。(ノД`)・゜・。
2019/04/22

満開のオオヤマザクラ 坂戸山

心が震えるほど感動したピンク色の桜並木に会いに
今年も坂戸山。
もう、六日町市内を走っていて、坂戸山が見えてくると
山肌がピンク色。
期待が膨らみます。

まぁ、おいしいものは、最後にとっておいて、例年通り
城坂コースから。(暑くて薬師尾根を登りたくないともいう(^^;)

日当たりのいいところでは、満開のソメイヨシノ。
そして、足元には、こちらも満開のカタクリ。
DSC_0410.jpg
早々に足を止め、しゃがみ込みます。

だってさぁ、、、
まだ、咲きたてのアオイさんたちがあちこちでブーケになってたら
嬉しくなっちゃうぢゃん♪
DSC_0414.jpg

青いキクザキイチゲもあちこちに。
去年は、会いたくても会いに行くことができなかった、
かわいこちゃんたちです。(^^)
DSC_0418.jpg

スキー場跡まで登ってきました。
うひゃぁ~、満開のカタクリだよ~。
DSC_0422.jpg
バックに新緑を背負って、爽やか系。(^O^)

で、その場で回れ右をすれば、ソメイヨシノを背負って
かわいい系。(^O^)
DSC_0430.jpg
あのぉ、、、、
最後にお楽しみが取ってあるんだからね。
バッテリー切れちゃったら、アウトなんだかんね。。
と、自分に言い聞かせてみるものの、やっぱり、青空の下
カタクリと桜のコラボの景色は、もぉ、たまらん! と、
あっちでウロウロ、こっちでウロウロ。(^^;;;

芽吹いたばかりのまぁるい葉っぱも、キラッキラ~。
ココから、ようやく登山道らしくなります。
DSC_0439.jpg

で、カタクリロードは続きます。
DSC_0443_20190421221302e15.jpg

延々と、、、6合目付近まで。
DSC_0448_20190421221303cb2.jpg

ぽってりとしたスミレに足を止め~
DSC_0450_20190421221305f1f.jpg

芽を出したばかりのスギナの先っちょで
水滴きらりんちゃんが光っていれば、思わずしゃがみこみ~
DSC_0459_201904212213065ce.jpg
もぉ、山頂を目指す気、、放棄してるでしょ? と、自分に
突っ込みを入れながら、登山道の端でスクワットに励みます。(^^;;

本当にいいお天気だった20日。
山頂へ着くまでで、十分日焼けして、首筋、痛~い。
とか言いながら、ようやくサンチョ~♪

田んぼの雪は、もう、すっかり消えています。
仙ノ倉-平標の稜線は、真っ白。(^^)
DSC_0474_20190421221433dac.jpg
「昔の人は、桜が咲いたから、そろそろ田植えの準備を
始めなきゃね。って、お花見を一つの農作業の目安に
してたんだよ」って、前週の桜守のオッチャンの話が浮かんできました。

それにしても、ぐるっといい眺め。
をぉ、あれってもしかして、妙高ぢゃね?
DSC_0476.jpg

雪山を背負ったカタクリ咲く景色は、やっぱりきれいだな~。
うちの方じゃ、絶対に見られない景色だものね。(^^)
DSC_0485.jpg

ランチは、大城で、中ノ岳&利根川源流のお山を眺めながら。
DSC_0496.jpg

激登りのカモエダズンネを目で追っていくと・・・
をぉぉぉぉ、あれに見えるは、ライオンさん。
避難小屋も見える~~!!!
DSC_0499 (3)

満開のタムシバは、中ノ岳とコラボ~。
DSC_0518.jpg

お社の下では、ショウジョウバカマがぽんぽんと。(^^)
DSC_0527.jpg

下山路のお楽しみは、もちろん、かわいいかわいいイワウチワちゃん。
それにしても、薬師尾根。。暑いです。(^▽^;)
DSC_0531.jpg

かわいいな~。
これから開きますよ~。って子たちは、濃いピンク色。(^^)
DSC_0548.jpg

イワナシがどっさり。
嬉しいな~。去年は会えなかったからね。
毎度ながら思っちゃう。
イワナシのピンク色って、、、なんか、とってもおいしそう。(^^)
DSC_0551_20190421221447bb3.jpg

咲きたてのタムシバは、純白。美しい~♪
DSC_0552.jpg

赤い葉っぱのイワウチワちゃんたちがたくさん。
DSC_0559_20190421221823481.jpg

葉っぱがピカピカ。
じ~~~~~っと見ていたら、花が開いていく様子がみえるかな?
DSC_0561.jpg
濃い目のピンク色が、もぉ、たまらん♪

麓の銭淵公園、大盛況。
ソメイヨシノが満開のようです。
もちろん、下山したら寄りますよ~。(^○^)
DSC_0573.jpg

で、楽しみにしていた桜並木が見えてきました。
まずいっ。。
涙腺が崩壊しそうだ。(^▽^;)(^▽^;)(^▽^;)
DSC_0576.jpg

オオヤマザクラの咲くピンク色の桜並木。
春色いっぱいです。
DSC_0583.jpg

春の訪れを喜んでいるようです。
DSC_0584_201904212218319a9.jpg
***
桜モードで撮ると、青空とピンクの桜がきれいに撮れるんだよね~。
ピンクのイワウチワちゃんも、きっと桜モードで撮ると・・・と、張り切って
いたんだけど、実は、紅葉モードになっていたことに、ここで気づく。(^▽^;)
あはは、アイコンが似てたのよ。(爆)
やっぱり機械が使いこなせていない。
せっかくの手ブレ補正機能がオフになってたり。(^^;
意識しないで、いじっちゃうんだよねぇ。(-.-)

でも、気づいてよかったよ~。
オオヤマザクラのピンク色。大好き~。( *´艸`)
DSC_0585_20190421221832e49.jpg
花弁のピンクグラデーションが、ホントにきれい。

で、カタクリとオオヤマザクラのコラボ。
この景色を見るのを楽しみに、坂戸山へ来たのです。
DSC_0601.jpg

満開のカタクリを前に、ひたすらひたすらひれ伏します。(^^;
DSC_0611.jpg

で、見上げて、またまたピンクのかわいこちゃん。
しつこい。(^^;(^^;(^^;
DSC_0626.jpg

今年は無事にこの景色に会うことができてよかったな。
来年も、きっとまたこの時期に来ちゃうんだろうな。(^^;
DSC_0632.jpg

桜並木を歩いて下山。
DSC_0641.jpg
桜巡りは、まだまだ続きます~。
2018/08/20

平標山まったりキャンプ

きれいなミントアイス色に一目ぼれして、思わずポチっと。(^^;
荷物が届いてルンルンしていた数日後、足首の骨が折れ~、
まさかの使い初めは、入院グッズを詰めての病院でした。
手に荷物を持たずに運べる。。。
まさかの、入院するために買ったんじゃね? ってなおニューのザック。
DSC01213_20180827223907a5b.jpg
お山での使い初めは、7月の会津駒。
40リットルザックだけど、なんか、容量以上にたくさん荷物が入る感じ。
こりゃぁ、行動時間も短く、水場があるテン場ならテント、、入るかも。
入りました。\(^o^)/
重さを量ったら12キロ。いゃ~~ん、やればできる子ぢゃん。わたし♪

朝、5時には家を出ようと4時に目覚ましをセットする。
目は覚めたんだけど、なかなか起きられない。
起きても、のんびり植木に水やりして、多肉を眺めて・・・

あはは、久しぶりのテント泊に、ビビってました。相当。(^O^;
ぐずぐずしてた分、高速使うか・・・と、高速に乗ってみたものの、関越で事故渋滞。
その後、日焼け止めを持ってくるのを忘れたことに気づいてコンビニで無駄遣い。
(実は、今年2度目の日焼け止め忘れ~。もぉ、どうしましょ。(^^;)

今回は、まずテントを張らなくちゃね。と、平元新道で。林道歩きが長い・・・
うへぇ。。。って思っていたら、あら、足元に水滴きらりんちゃん。
DSC01207_20180827224010540.jpg
ノウゴウイチゴにくっつく水滴きらりんちゃんのかわいらしさは
やっぱり最強だな♪

平元新道も、とってもよく整備されていて、延々と続く階段。
やっぱり平標山は修行の山だな。。。
DSC01210.jpg
なんて思い始めたころ、ようやく空が近くなり、振り返ると苗場山がドーン。
そこからひと登りで、平標山の家。

テン場は一人500円。
受付をしたら、小屋のお母さんが「さっき着いた子たちがあっちに張ったから
展望台の方に張ってもいいよー」と言ってくださったので、別荘はここに建てました。
DSC01214.jpg
近くにベンチがあるので、食事をするのに便利~♪

のんびりランチをしてたら平仙鞍部はガスの中~。
仙ノ倉山も見えなくなってしまいました。
なら、、、昼寝だっ!!!   と、ひと眠り。

ホントはね~、1日目に軽い荷物で仙ノ倉山まで行ってしまおう。
って思ってたんだけど、予定変更。
大源太山までお散歩に行きましょう~。
DSC01220.jpg

今年お初のウメバチソウ。
咲きたてピカピカ。つぼみもまだたくさん。(^^)
DSC01221.jpg

でっかいイワショウブ。。。普通サイズの3倍はありそうです。
確か、チシマゼキショウ。。って教えてもらったような。。。
DSC01228_20180827224018c9a.jpg

大源太へ向かうブナの森も、とっても素敵です。
去年来たときは、この足元にツバメオモトがわんさか咲いていたんだっけ。
DSC01234_201808272240191a7.jpg

そして山頂~。
あはは、見事にミルキー。(^○^;
DSC01235_20180827224020450.jpg
ガスが晴れないかな~。ってしばらく待ってみたものの、男前な
姿はなかなか出てきそうにありません。  さて、戻るか・・・

アカモノの実がどっさり。
この春は、ホント、いろんな花たちが絶好調で咲いたみたいだねー。
DSC01238_2018082722402237b.jpg

稜線上、スノキの葉っぱが真っ赤。
やっぱり秋に来てみなくちゃな。(^^♪
DSC01240.jpg
仙ノ倉山にかかっていた雲も切れてきました。
良き眺め~♪

エビス大黒様も顔を出してくれました。
DSC01243_20180827224146ff0.jpg

足元にアカモノの花~。今年最後のアカモノだね。
DSC01247_20180827224148ec1.jpg
なんか、、、、
私の知ってるアカモノの花より、大きく開いてるような気がするんだけど・・・

テン場に戻って水を汲みに行ったら、小屋のお母さんに声をかけられる。
「ねぇ、スイカ食べる?」って。
30年ぶりくらいに食べたスイカ。(^^;(^^;(^^;
甘くておいしかった~。
DSC01252.jpg
もう何年も、スイカを食べると口の中がピリピリしちゃうので
ずっと避けていたんだけど、この日は全然ピリピリしませんでした。

久しぶりにメスティンでご飯。
ご飯が炊けるまでの間に漂うあの香りは、幸せ感じるな~。
DSC01254.jpg

ご飯を半分よそって、レタスを乗せて、オイルサーディン丼♪
イワシのイキが良すぎちゃって、お皿の上で暴れまくるイワシたち。
オイルもたっぷりご飯にかけて、カロリーもたっぷり。(^○^;
DSC01256_20180827224152d84.jpg
ご飯の後、小屋のご主人と、もう一つのテントの女の子たちとおしゃべりタイム。
ツェルト泊のお姉さんは、西黒尾根から歩いてきて、翌日は白砂山を目指すと、
早々に休まれてました。
この日、テン場は3張り、み~~んな女子でした。

「このころは苗場山に沈むんだよ」という夕日は、残念ながら雲の中。
夜中は、ガスで星空は残念(T_T)でした。

明けて朝っ!
数日前が、ダイヤモンドエビス大黒だったんだよー。って嬉しそうに話してた
小屋のご主人。(今年は、その日は雨だったそうです(笑))
日の出直前、ほんのわずかな時間、空が茜色に染まりました
DSC01266.jpg
で、日の出はまたまた雲の中~。でした。(^^;(^^;(^^;

朝ごはんは、前の晩、半分残しておいたごはんに、フリーズドライのスープご飯の元。
キャベツがシャキシャキで、ほんのり甘くって~♪
玉子を持ってこなかったことを激しく後悔。(^^;
DSC01273_20180827224155b7d.jpg
ご飯がこびりついちゃってたメスティンがきれいになりました。\(^o^)/

爽やかな朝~、6時半には、小屋のご主人たちは、外に出て揃ってラジオ体操。
いやいや、お二人ともすごく体が柔らくてびっくり。
DSC01274_2018082722415759f.jpg

ほどほどに朝露を吸って重くなったテントを撤収。
家で荷物を詰めた時は、上手に入ったんだけどねー、途中、荷物をデポしやすいように。。。
なんて思いながら荷物を積めたら、今まで入ってたものが入りきらない。(^O^;
DSC01277.jpg
無理やり突っ込んで、山頂を目指します~。

延々と続く階段わきには、こちらもとっても大きなイワショウブ。
DSC01279_20180827224200160.jpg

で、振り返れば、朝の清々しいいい眺め~。(^O^)
DSC01281.jpg

リンドウがたくさん咲いていました。
DSC01288_201808272243358d7.jpg

ようやく山頂~。
ホントは、いつも気になっていた平標新道の、、、あの、池塘のあたりまで
行ってみたいな~。と思っていました。
DSC01293.jpg
山頂直下の激下りを見て、やっぱ、今日はや~めた。と。(^^;;;

花の時期は、人だらけのお花畑だけど、この時期は、歩く人もまばら。
でも、なんか、このおおらかな景色は、花が咲いていなくても、やっぱり素敵だな~。
DSC01295.jpg

平仙鞍部のお花畑は、イワインチンとリンドウがひっそりと咲いている。。
そんな感じでした。
DSC01301.jpg

お花畑を過ぎて、平標山を振り返る。
空はもう秋の空。
そして、草原も、ちょっとずつ秋の色に変わり始めていました。
DSC01303_20180827224341222.jpg

更に進んで、東芝ランプの所で振り返ると、をぉ、苗場山の向こうには白馬方面のお山たち。
DSC01307.jpg

鮮やかな色のトリカブトに思わず立ち止まる。
DSC01312_2018082722434425b.jpg

で、まだハクサンイチゲが咲いてたよ~。
なんか、会えてうれしい♪
DSC01313.jpg

仙ノ倉山からは、待ってましたの大展望。\(^o^)/
主脈稜線も、日光方面も尾瀬方面も、新潟方面も、、、よき眺め~。
DSC01327_20180827224619ac7.jpg
キリンソウとかヤマハハコなんかの、晩夏のお花も咲いてるし、色づき始めた
紅葉もとってもきれいだし。
いやいや、帰りたくないなぁ。。。(^O^;;

とはいっても、下山に猛烈に不安を感じているので、戻ります。(^^;
足元に咲いてる子に足を止めながら~。
DSC01336_20180827224620c3e.jpg
どのみち、ちっとも前に進まない。。と。(^^;

やっぱり、おおらか~~~な、だだっ広い場所は大好き。
大きな荷物は、山頂に置いてきちゃったので、スキップもできそうです。(^O^)
DSC01339_20180827224622494.jpg

でかザックを背負って、下山~。
初夏、オノエランが咲くあたりは、ハクサンフウロにリンドウにアキノキリンソウに
ツリガネニンジンにいウメバチソウにコゴメグサ。。。
夏から初秋のお花たちが咲くお花畑になっていました。
DSC01347.jpg

で、顔をあげれば正面には苗場山。
お昼近くになっても、白馬方面のお山たちもよ~~~く見えていました。
DSC01349_201808272246241eb.jpg

今年は、テントを背負ったら、尾瀬が精いっぱいかな? なんて思ってたけど
ちゃんとお山に泊まれてよかったな。
6月の人だらけのお山とは全然違う場所のような、、、静かな時間が過ごせました。
DSC01353_20180827224626429.jpg

鉄塔の手前で振り返り~
DSC01355.jpg
・・・また来ます

後は、黙々と下山。
急なところは、すっかり板についてしまった、横向き歩き♪
DSC01361_20180827224629b05.jpg
おやおや、ホトトギス祭りだ~♪

2日間、元気に歩いたけれど、今回は足は痛くならずにすみました。
DSC01362.jpg
ただねぇ、帰ってから1週間。
をいをい。。って程の、全身筋肉痛。
2週連荘でお山へ行けていた1年前が、嘘のよう~。
1週間で疲れを取って、次の1週間でパワーをチャージして・・・(^O^;

やれやれ。(^_^.)