2012/05/21

金環日食



nissyoku.jpg

写真はいただきもの。(^_^;)
我が家のお嬢が大学の寮のベランダから撮った、東京都清瀬市で見えた日食。

せっかくの天体ショーを写真に収めたいと、あれこれもがいてみたけれど
そんなことに時間を費やしていたら日食が終わっちゃう。
と言うことで、私は見るだけに徹しました。(*^^)v

私の住むあたりでも、7時を過ぎたころから、外がだんだん暗くなり始め…
「あれ、ついに曇ってきちゃったのかな?」と思って外を見ると、ちゃんと
太陽が出ている。
晴れているのに暗い。そんな不思議な感じを味わいつつ、7時15分頃からは
部屋に明かりをつけないとなんとなく薄暗い。という感じ。

そういえば、朝は元気にさえずっていたスズメの声がしない…。

テレビのニュースで、四国で金環日食が始まりました。
という声で、日食グラスを持つ手に力が入り…
時計を見ながら空を見て、7時33分。このあたりも太陽の輪っかができました。

近所の小学生も「うわ。やばっ。ちょーすげー」なんてはしゃいでいます。
太陽の光がさえぎられている数分間の間に、ずいぶん風が冷たく感じます。
やっぱりお天道様の力ってすごいんだなぁ。

天体ショーの時っていつも思うんだけど、流星群にしても日食にしても、
たとえ誰も見ていなかったとしても、音を出すわけでも、なんの自己主張を
するわけでもないのに、こんな素敵な現象が起きている。
言葉では言い表せない神秘な世界を感じるのでした。
スポンサーサイト
2012/05/20

三度目の正直 三本槍ヶ岳

ここのところ、公休日のたびに雨にたたられて、伸びきったゴムのような休日。
でも、、、久々に晴れの予報。
どこへ行こう。

那須へ行こう。

三本槍を目指したのはこれで3回目。
1回目は体調不良と雨が降ってきて、でとっとと挫折。
2回目は紅葉を見に行ったはずなのに、猛吹雪で挫折。
よしっ。三度目の正直!
・・・ふと、二度あることは三度ある?
なんて浮かんできたので、雪渓を横切らなきゃならない朝日岳経由じゃなくて
マウントジーンズ那須のゴンドラ利用にしよう♪
あと10日も待てば、満開のシロヤシオのトンネルを抜けて…
なんて図柄もあったのかもしれないけれど、とにかく今日、行きたかった…。


秋の時は、完全に真っ白で、何も見えなかった那須連山。
2012.5.20.nasui 001
今日は見えました。\(^o^)/

空は青空。
芽ぶきの季節まではもうちょっとって感じだけど、残雪と青空で満足♪
2012.5.20.nasui 002

ずいぶん高度があがってきたところで振り向くと、
中ノ大倉尾根の尾根道がくっきり。うれしぃ~☆
2012.5.20.nasui 003

10月の吹雪ですっかり心が折れたスダレ山からは、こんなきれいな景色が見えました。
2012.5.20.nasui 004
「ニセ穂高」って言われてるらしい、朝日岳。
紅葉の季節には、ぜひ♪♪
2012.5.20.nasui 005

スダレ山を過ぎると、ようやく本日の目的地。三本槍ヶ岳が…
2012.5.20.nasui 007
とんがってないけれど、槍ヶ岳。
360度の景色が待ってるらしい。うひゃひゃ。楽しみぃぃ。

ゴンドラを降りて2時間半。
三度目の正直で、三本槍ヶ岳に到着しました。
2012.5.20.nasui 008

楽しみにしていた燧ケ岳とか会津駒ケ岳は見えなかったけれど、どっちを見ても、
お山がいっぱい。
2012.5.20.nasui 009

山頂で、朝、あわてて作ったサンドイッチと、保冷材の代わりに凍らせたみかんゼリーを
食べて、のんびりのんびり。

マウントジーンズのスキー場まで下りてきたら、ミネザクラが咲いていました。
2012.5.20.nasui 010


大満足で車に乗って、う~ん、八幡のつつじはまだ早かった。
それなら南ヶ丘牧場でソフトクリームぢゃぁ。
新商品で「プレミアムソフト」なるものがあって、それを注文。
普通のソフトクリームも十分おいしいけれど、プレミアム。さらに美味♪

いつものミルクジャムを買って、休日の「那須高原 ドット 混む」にめげながら、帰りましたとさ。
2012/05/17

GWの筑波山

筑波山…
ロープウェイやケーブルカーを使って手軽に山頂に立ててしまう。
そんな山に、わざわざ歩いて登るなんて、しなくていいぢゃん。
ずっとそう思っていました。

・・・が、ほんの気の迷いで、登ってしまいました。

なめてかかっていてすみませんでした。ホントにごめんなさい。
そう思ってしまった、素敵な山でした。

自宅から車で1時間半で登山口着。
GW合間の平日だったけど、それでも、結構な人が。
筑波山神社では、小学校低学年くらいの男の子とお父さんがお参りしてました。
「ゴールデンウィークがもうちょっと長くなりますように」ってお願いしたんだよ。
と、男の子。
もぉ、微笑ましい♪

ケーブルカーの駅の脇から登り始め。
なかなか急です。
足元には、ニリンソウやスミレがたくさん咲いていました。
2012.5.1.tukuba 001

杉やブナの大木もあり、ケーブルカーに沿った登山道なはずなのに、
ケーブルカーの存在はほぼ気にならず、登ること2時間弱。

視界が開けました。
2012.5.1.tukuba 002
もっと空気が澄んでいれば、まぁるい関東平野を感じることができたり、
肉眼でもはっきりとスカイツリーを確認することができたりするそうです。

この日はときどきにわか雨の降るあいにくなお天気。
下界が見えただけで良しとしましょう。

女体山から、遠足の小中学生の集団とのすれ違いにうんざりしながら下山。
途中、大仏の形をしていたり、ガマガエルの形をしたりした岩が・・・

弁慶もこの岩の下をくぐるのを躊躇し7回も戻ってしまったという
「弁慶の七戻り」
2012.5.1.tukuba 007