2012/06/22

ルピシア 2012夏 お茶の福袋 ネタばれ~☆

今年もやってきました。
ルピシアの夏の福袋。
アイスティーにぴったりのお茶がたくさん入っているはずです。

では、さっそく…

4 バラエティー    5000円

アッサム・カルカッタオークション
ルバーブ&ストロベリー
深蒸し煎茶「祭」
楽園
キャラメル&ラム
白桃
生姜な紅茶
ルイボスティー・ウメ
シャンパーニュロゼ
鹿児島新茶2012
あまなつ烏龍
ハニーブッシュ
セ パフェ!
焙煎豆々茶
茉莉春毫

以上15点 と、ハンディークーラー。

を~、シャンパーニュロゼが入ってる。
それから、茉莉春毫に、楽園。



7 バラエティー    3000円

黄金桂
ブレックファスト・アールグレイ
津軽りんご
トキオ
カシスブルーベリー
ダージリン・ザ セカンドフラッシュ
タラジャン
いちご
エルダーフラワー&カモミール
頴娃 あさつゆ

実は、3000円の福袋は、ティーバッグのつもりで注文してました
(思い込みって、恐ろしい…(笑))
箱を開けて「なんだぁ~い。リーフティーかぁ~い」って、ちょっとびっくりしたけれど
3000円の福袋もかなりあたりです。
頴娃 あさつゆ は、水出しにするとホントにおいしい♪


正直言って、福袋って「う~ん、これはちょっと…」
って言うのが、2つくらい入っているけれど、今回は、どれもこれも「いいじゃん♪」
ってものばかり。

ついに、「福」到来???(笑)




スポンサーサイト
2012/06/20

古都・鎌倉のアジサイ

まだ6月だってのに、まさかの台風4号直撃の翌日。
台風一過の青空のもと、アジサイを見に行ってきました。

駐車場の鎌倉価格。これは、びっくり。
なんとかいい方法はないかな。と思って調べたらありました。
江ノ電利用の、パーク&レールライド♪
駐車場6時間と、江ノ電のフリーパスが2人分ついて、1800円。(稲村ケ崎駅利用)
憧れの江ノ電にも乗れて、駐車場の心配もなく…
次回、鎌倉に行く時も、ぜひこれを利用しなくては…♪

まず行ったのが、成就院。
kamakura 001
相模湾を望む、アジサイの坂。
なんでも、ヨン様がここで写真を取ったってのがもとで、ものすごい人気スポットになったんですって。

そして、長谷寺。ここの観音様は感動的。
で、本堂の裏山全体にアジサイが植えてあって、海も見渡せて…
ってなところで、休みの日は整理券を配って、しかも2時間待ちくらいなんだとか…
kamakura 007
海が見えると、やっぱりうれしい♪

kamakura 009
それにしても、立派なアジサイたち。

kamakura 010
びっくりするほど、人もいっぱい。
さすがに今日は整理券の配布はなく、すぐに見ることができました。

kamakura 008
暑さも吹き飛ぶ、きれいな水色。

散策路に、こんなかわいらしいお地蔵さまがいました。
kamakura 003

今日一番行きたかったところ。アジサイ寺こと、明月院。
kamakura 013
山門からして、雰囲気良すぎ♪

そして、ウサギとカメが、仲良く並んで川の流れを見ていました。
kamakura 014

ここのお寺のアジサイは、ブルー系のお花が多い。
kamakura 018

kamakura 019

そんな中、目を引いたのが
kamakura 015


そして、枯山水のお庭。
kamakura 017
ずっと憧れていたアジサイ寺は、ウサギが迎えてくれる、参拝の人は多かったけれど
それでも静かな、ざわついた心を落ち着かせてくれる素敵なお寺でした。


それにしても、強い紫外線で…
日焼け止めを忘れてしまったがために…
わたしの腕は、ツートンカラーになっています。

江ノ島で買った釜あげシラス。うまし♪
2012/06/15

奥日光で愛でたのは白いものだけじゃないぞ♪

6月11日の朝。
東北道上空は曇り空。
ところが…
いろは坂を登っていくと、ぽつぽつと雨が。げっっ。
明智平辺りでは、ガスで真っ白。げげっっ。
でも、明智トンネルを抜けると空の色が変わって、中禅寺湖辺りまで進むと
霧がぱぁ~~~っと晴れて青空が…♪

今から10年以上前、まだまだ息子が「なんで? なんで?」の質問魔だった頃
低公害バスが来るのを待っている間に、自然博物館の職員さんに
「奥日光はね、標高が高いから雨雲の上に出ちゃって、下は雨でも晴れてるんだよ」
「梅雨の時期でも、晴れてることが多いんだよ」
な~んて教えていただいたのを思い出します。
奴が覚えてるかどうかはわからないけれど、これは、子供と一緒にハイキングをした
母の思い出♪



さてさて、西ノ湖入り口で低公害バスを下りて、落葉松の新緑の林をぬけ、
着いたところは西ヶ浜。
ホントは、ズミの花が満開…なんて図柄を期待していたんだけど、今年はつぼみも少なめ。

でも、西ノ湖越しに見える男体山はいつも通り。いいねぇ。
2012.6.okunikko 001

そして、湖畔の新緑もホントにきれい。
2012.6.okunikko 002

誰~~~もいない西ヶ浜。
ぶらぶらと歩いてみると、足元にはたくさんの鹿の足跡が…
きっと、夜は、動物たちの楽園なんでしょう。
2012.6.okunikko 003
それにしても、きれいな緑。
やっぱり、1年で一番好きな葉っぱの色だ…。


2012.6.okunikko 011
千手の森の「山神」さま。
時代を感じるこの石の祠は、やっぱりなんか、、、、、温かみを感じます。

そして、千手の森の新緑。
このやわらか~~~い緑。ホントにきれい。きれい\(^o^)/
2012.6.okunikko 012


千手から高山を目指していくと、高山から千手を目指す人たちとたくさんすれ違います。
この時期。千手が浜を目指している人たちに声をかけられると、確率100%で
「クリンソウはどうでしたか?」と。(笑)

「あっ、いい感じでしたよ~~~☆」と言っておきましたが…
ごめんなさい。私はクリンソウは見てきませんでした。(^_^;)

お礼の質問に「高山のシロヤシオはどうでしたか?」と、あるおじさんに聞いてみると、
「白いのも、紫のも、なかなか見事だったよ」と。
あっ、おじさん。その表現。なかなか好きです。
一瞬にして、ツツジのトンネルがイメージできました。

そして、高山の霧。(笑)
2012.6.okunikko 017
霧の中に、ほわぁ~~~んと浮かぶ、トウゴクミツバツツジの紫色。
ちょっと幻想的。

しばしお花見を楽しんだら、小田代ヶ原の方へ降ります。
去年の台風で、湿原(草原?)に水がたまって小田代湖ができた小田代ヶ原。
冬の間にすっかり水は引いて、いつものように、新芽のパッチワークが。
2012.6.okunikko 034
よかった。これで、きっと夏にはきれいな花が咲くことでしょう。

そして、小田代ヶ原の木道には、1匹のオス猿が…
2012.6.okunikko 041
近づけば逃げるだろう。そう思いながら、後を追っていると、全然逃げる気配はなし。
どうしようかなー。
猿に襲われたら、かなりカッコ悪いなー。と思いながら、猿を追い抜き…

ついでだから、追い抜いたところで、お猿さんの顔も見ちゃお~~☆
2012.6.okunikko 042

無駄に人間になれてしまったこの猿。
人の食べ物を奪い取ったりとかの悪戯をしてるとのこと。


戦場ヶ原に戻る途中で、いつも目につく。勝手に名前をつけてしまった
「ポンデライオンの木」(笑)
2012.6.okunikko 043


戦場ヶ原で一番見たかったもの。
是非咲いているところを見たかった「ヒメシャクナゲ」
2012.6.okunikko 047
あ~~~、私のおバカなカメラでは、これが精いっぱい。
でも、ドウダンツツジに似たかわいらしい形、かわいらしいピンク色。
本で見るよりももっと優しい色に、とっても感動。ホント、かわいい。かわいい!!!

そして、大好きなズミの花。
硬いつぼみは、赤い色。
2012.6.okunikko 027

つぼみが膨らむと、ピンク色。
2012.6.okunikko 029

そして、完全に開花すると、真っ白。
2012.6.okunikko 053
1日で、こんなにズミの花の色の違いを感じられたなんて・・・
Lucky!!!




さてさて、アブラナ科の植物をよーく調べてみると、きっと謎が解けてすっきりできるんですって。
幸せ目指して、さて、検索してみよっと♪

2012/06/11

奥日光で白いものを愛でる

2012.6.okunikko 006
大好きなズミの花

2012.6.okunikko 005
シロハナノヘビイチゴ

2012.6.okunikko 007
西ノ湖 西が浜の白い砂浜

2012.6.okunikko 008
道端に咲いていた白い花

2012.6.okunikko 013
高山のシロヤシオ

2012.6.okunikko 018
霧(笑)

2012.6.okunikko 028
ちょっとクリーム色だけど、かわいかったから、おまけ☆
クロミノウグイスカグラ(たぶん)

2012.6.okunikko 030
みんなに「しつこい!」って言われるけれど、でもやっぱり大好きな、高山鞍部を下りたところのシラカバの小道

2012.6.okunikko 038
木道の隙間にいっぱい咲いていたスミレ

2012.6.okunikko 039
これまた木道の脇にいっぱい咲いていたかわいい花

2012.6.okunikko 056
戦場ヶ原のワタスゲ






朝のうちは太陽も出ていたのに…
途中から、ガスガス。最後は小雨。。。だった、久々の奥日光。

ふわぁ。歩いた歩いた。
明日はお嬢とカオスなディズニーランドデート。



・…雨だよ(´・ω・`)
2012/06/06

人力車

yamaguchi.hirosima 058

初めは全く乗る気はなかったけれど…



お兄さんの熱いトークに引き込まれ、思わず2区間。
宮島は厳島神社だけじゃないっ! ってところを案内してもらいました。



20分で6000円。
決して安い観光ガイドではなかったけれど、
でも、なんか、幸せ~な20分でした。



細マッチョな俥夫。稲ちゃん。
元々お笑い出身だというNiceなトーク。ありがとう~☆
2012/06/03

すぐ足もとにアオゲラ!

安芸の宮島。
厳島神社の裏手にある「弥山」に登った時のこと…

宮島のほとんどが世界遺産に指定されているとのことで、
深い深い緑の原生林の中、ふと足元を見ると野鳥が一心に
木の根元のアリを食べている。
すぐ後ろに私が立っているのにも気づかずに、夢中になって…

yamaguchi.hirosima 065

顔をあげた瞬間に1枚。

アオゲラは、シャッターの音にびっくりして飛んでいってしまいましたが、
その羽の色の美しかったこと…

バードウォッチングに夢中になる人たちの気持ちがちょっとだけわかったような気がしたきれいな野鳥との出会い…

2012/06/03

3つの橋

山口~広島への旅行で、印象的な橋を3つ渡りました。
まずは、関門橋。
せっかく本州の一番端まで来て、あと数キロ先は九州だもの。
これは渡らなくては。。。♪
yamaguchi.hirosima 028
壇ノ浦PAは、わざわざ立ち寄る価値ありのPAでした。

あまりに空いている高速道路だったので、運転しながら1枚。(^_^;)
yamaguchi.hirosima 034
この写真を娘のところに送って「さて母は今どこにいるでしょう?」とメールをしたら
「横浜!?」「それともお台場?(笑)」と返事が来たので、思わず笑ってしまいました。

せっかく門司まで行ったので、名物焼きカレーを食べましょう。と、門司港レトロへ…
「ブルーウイングもじ」と言う、歩行者専用の跳ね橋。
yamaguchi.hirosima 033
1日6回開くそうですが、それがもとに戻って最初に渡ったカップルは幸せに結ばれるとか。
そんなわけで「恋人の聖地」に指定されてるんですって。
(で、なぜかこの旅行で、もう一か所の「恋人の聖地」も訪ねることに…。全くなぁ(笑))

そしてもう一つの橋は、岩国の錦帯橋。
yamaguchi.hirosima 035
8年くらい前に掛け替えてあるので歴史の重み!はちょっと薄れちゃってるけれど、
それでも橋を渡るとほんのり檜の香りが…

橋を裏側から見ると、ち密に組まれた木材。
yamaguchi.hirosima 040
芸術です。
今のように、コンピュータを使ってどの方向にどのくらいの重さがかかるから…
なんて計算はせずに、職人さんの心意気と技で組まれた木の橋。
新しい橋からも歴史を感じることができましたとさ。
2012/06/02

秋吉台と秋芳洞

社会科の教科書で見てひそかに憧れていたカルスト台地。
機会に恵まれて、自分の目で見てきました。
yamaguchi.hirosima 003

イメージ的には美ヶ原に石灰岩がゴロゴロ転がってる感じ?(笑)
靄がかかってしまって、はっきりくっきりの景色ではなかったけれど、でも、その広大な土地
に広がるその景色は、思った通りでした。

yamaguchi.hirosima 007

ただ「植生回復中・立入禁止」の看板があちこちに。
そして、「石には3億年の歴史があります。化石を見つけても石を割らないで」との看板も…

そこには、人間が、自然を壊している。その現実が見えてしまいました。
この広大な景色を後世にまで残し伝えていってほしいものです。


そして、この地。
何がすごいかって、このカルスト台地の下には大きな鍾乳洞があるってこと。
yamaguchi.hirosima 008
この杉の林を抜けると鍾乳洞の入り口があって、これまた石灰岩からの贈りのものの
鍾乳石が石筍となって、これまた長~い時間をかけて成長している。ってこと。

yamaguchi.hirosima 011
水の流れ落ち方。その場所の傾きなどで、いろいろな形を作る鍾乳石。

yamaguchi.hirosima 014
普段、せかせかしている時間は、ホント、なんて一瞬のことなんでしょう。
そんな、不思議な気持ちとなりました。

洞窟の中の静かな水たまりは、きれいな水鏡となって、壁面を映しています。
yamaguchi.hirosima 023
水が流れ出すと、その鏡に映った者たちは一瞬に消えていってしまいます。
地球の奥深さと、時間の雄大さを感じました。