2012/10/31

お疲れ~


雨が降って来ちゃった。

弓木さんの天気予報。
当たり~
スポンサーサイト
2012/10/31

感激


思ってた通りの美しさ
 
 
 
 
コンパス、ありがとう~
2012/10/30

目指せ高山のシラカバ林

中禅寺湖畔に出ました~。
このあたりは、結構風が強くて、じっとしていると肌寒く感じるほど。

でも、そんな寒さを忘れさせてくれるような湖畔の紅葉~。
2012.10.26.nikko 098

こっちは、赤と黄色の色づき。
2012.10.26.nikko 099

天然の日本庭園がここにもありました。
2012.10.26.nikko 102

そして、こっちも。
2012.10.26.nikko 105

あっちも。
2012.10.26.nikko 108

そっちも。
2012.10.26.nikko 110
紅葉時期の奥日光の大渋滞。
こんな景色が待ってるんだもん。
見に行きたいな~。って思うのは自然のこと。。。。

ってか、こんな景色が待ってるんだもん。みんなにも見てほしいな~。とも思っちゃう。


でも、渋滞は嫌いぢゃ~~~。

中禅寺湖畔から、高山に向かうところに立っていたカエデの大木。
この木が、私の中では、本日の天晴な1本。
シューっと伸びた幹。
木の葉は、やわらかいオレンジから真っ赤までのグラデーション。
ホント、ため息が出ちゃうくらい美しい木の姿でした。
2012.10.26.nikko 111

高山に向かう道のあちこちに天然の日本庭園がありました。
2012.10.26.nikko 116

辺りがちょっと薄暗くても、落ち着いた赤色に発色中。
2012.10.26.nikko 117

それにしても、高山までってこんなにしんどいんだっけか?
早々にへこたれモードに突入。
一度も心が折れずに燧ケ岳に行けたのは、、、、ミラクルだな。
2012.10.26.nikko 122

それにしてもきれいな紅葉だなぁ。。。
2012.10.26.nikko 125

あっ、熊棚発見!!!
(夕方この写真を日光自然博物館の(仲)さんに見ていただいて
「まぁ、熊棚で間違いないでしょう」と太鼓判をいただきました♪)
2012.10.26.nikko 128
熊が木に登って、えさとなるミズナラやブナの枝をぐわしっっっとつかんで
木の実をむしゃむしゃと食べて、残りの枝は自分のおしりの下に座布団のように
敷いておくっと。
そんな、想像するとかわいらしい熊の様子が観察してみたいです。
でも、熊には会いたくありません。(笑)

ずっと見つけてみたかった熊棚。
やっと自力で見つけることができました。\(^o^)/


さて、門扉のように立っているズミとカラマツの木。
2012.10.26.nikko 129
さぁ、この先に、、、、来ますよぉぉぉ。



きたぁぁぁ。
2012.10.26.nikko 130
白樺の小道。

2012.10.26.nikko 132
素敵な小道。

2012.10.26.nikko 133
カラマツとシラカバ林。

ずっとずっとこの道が続いていたらいいのにな。って思っちゃうほど
素敵なシラカバの小道。
2012.10.26.nikko 135
ホントは、シラカバ林を眺めながらお茶にしようと思っていたんだけど…
笹原の奥の方から、何やら、カサッ。カサッ。って音がしてる。
熊じゃないよなぁ。
もしかしたら、のんびりお茶してちゃまずい???
結局、腰を下ろさず、キョロキョロしながら通過~。

でも、音の犯人は、小鳥たちだったようです。

小田代ヶ原の端の方では、ピンク色のマユミちゃんがたくさんぶら下がっていました。
森の中からピンク色の花は消えちゃってるけれど、
なんか、木にパッとピンク色の花が満開に咲いているみたい。
2012.10.26.nikko 136

そして、夕方版。
金屏風の前に立つ貴婦人。
たくさんのカメラマンたちが、何とか日が差すのを待っていました。
「日没まであと1時間」なんて言いながら…
2012.10.26.nikko 137

夕暮れ時のゆったりとした湯川の流れ~。
2012.10.26.nikko 143

夏の終わりに、緑色の葉っぱがなくなっちゃうのは絶対寂しい~。
心からそう思っていたけれど、でも、赤や黄色に彩られた奥日光。
やっぱり素敵なのです。あはは~。
2012/10/29

西ノ湖から千手の森へ~

小田代ヶ原のバス停で、千手ヶ浜行きの低公害バスに乗ります。
庵滝に行くのにバスを降りたあたりのカラマツの木も
いい感じに黄葉していました。

…冬が来る前に、もう一度行きたいな…
まぁ、今日は、その衝動を抑えて、西ノ湖を目指します♪

途中、低公害バスの運転手さんが
「カラマツ林の中に立っているモミジの紅葉が見事ですよー」とか、
「ここからしばらくの区間、道の両側の紅葉が見事です」なんて話をしてくださいます。
ホントにきれい。
車に乗って、ひゅんと通り過ぎてしまうのがもったいないほど。

西ノ湖入り口のバス停でバスを降り、のんびり歩きましょう~。

白樺の白い幹の間から、赤い紅葉が見えている。
きれいなやわらか~いオレンジ色。
2012.10.26.nikko 050

そして、カラマツ林の中に真っ赤なカエデも♪
2012.10.26.nikko 051

そして、西ノ湖へ続くカラマツ林。
すっかり曇り空になっちゃって、カラマツの木は黄金色には輝いて
くれなかったけれど、それでも、風が吹くとハラハラと細かい葉が舞い降りて
ふわっとカラマツの香りが登ってくる。癒されるぅ~。
2012.10.26.nikko 053

足元も、散ったカラマツの葉でイエローじゅうたん。
って、あはは~。黄色くないじゃん。(笑)
2012.10.26.nikko 057
すっと伸びた枝。まっすぐな幹。
かっこいい木たちがいっぱい。

間もなく西ノ湖へ着きますよー。
と言う辺りの見事な紅葉。
まるで、日本庭園の一角に立ってるみたい。
2012.10.26.nikko 061

そして、西ノ湖湖畔の紅葉も、お見事!!!
風も静かだったので、しっかりと水鏡になってる♪
2012.10.26.nikko 065

西ヶ浜方面。
白い砂浜。
こんもりとしたズミの木。
いい感じの山の稜線が、湖に映ってる~。
2012.10.26.nikko 068

9月に来た時は、ホントに湖の水が減っちゃってたけれど、ずいぶん復活してました。
湖畔を歩いて西ヶ浜までは行けません。

ちょいと戻って、分岐の所を…
ん!? 西ヶ浜まで0.6Kmの看板が、隠されてる。
通行止め???
なんて焦ったりもしたのですが、行けました。よかった~☆
(台風の度の大増水や管理などの問題から、正規ルートから外れることになったそうです)

途中、100均で売っていそうな(笑)紅葉の枝がありました。
自らこんなきれいな色を作り出せるんだもん。植物の持つ力って、不思議だなぁ。
2012.10.26.nikko 070

西ヶ浜がずいぶん近付いてきました。
湖畔の木々の色づきもいい感じ。
ってか、良すぎでしょ~~~~。\(^o^)/
2012.10.26.nikko 071


途中、やわらか~いオレンジ色グラデーションの木もありました。
2012.10.26.nikko 073

ついでに、、、、、食べられるキノコだったら、絶対にバター焼きにしたい。
きっと、サクサクの食感がありそう。(笑)
2012.10.26.nikko 075

西ノ湖越しに見える男体山。
お山を眺めながらお昼にしましょ~。
自宅で野菜の下ごしらえをしてきたので…
今日のお昼はトン汁うどん~。
温かいご飯が嬉しい季節になりました。
2012.10.26.nikko 076

…実は、鍋割山荘の鍋焼きうどんが食べてみたいんだよな…(笑)

日が差すと、紅葉の鮮やかさが引き立ちます。
1日いい天気のはずなのに…しつこく雲がかかってるな。ぐすん。
2012.10.26.nikko 081

さてさて。お腹もいっぱいになったところで、千手ヶ浜を目指します。
あらら、川沿いにも100均で売っていそうな紅葉の枝が…(笑)
2012.10.26.nikko 083

千手の森を歩いていて感じたのが、その場所場所で森の匂いがホントに違うの。
カラマツ林の時は、キリッっとした針葉樹の匂いがするし、植生が変われば
ディズニーランドチックな香りがするし、ミズナラの森は、純粋に乾草の香りがするし。
2012.10.26.nikko 085

そして、いつもの山の神様。
2012.10.26.nikko 087

千手の森は、ホントに立派なミズナラやハルニレの木が立っています。
そしてその木々の間にも、鮮やかなオレンジ色が~。
2012.10.26.nikko 092

ダラダラと歩いて、千手ヶ浜に着きましたー。
2012.10.26.nikko 096
左のカエデの木の色づきがホントに鮮やか…

本日の天晴な1本!!!って、この時はホントにそう思っていました。

ところが、この後も「あなたが一番美しい!」って思えるような紅葉の木が次々とあらわれ…
結局、あちこちに天晴な1本が立っていたのです。



まだまだ続きますー。
2012/10/28

戦場ヶ原と小田代ヶ原のカラマツ

戦場ヶ原ハイキングに便利な赤沼の駐車場。
9時半少し前には、ほぼ、満車になっていました。
ちょうどあいた所に車を滑り込ませ~~~~、、、

いざ、戦場ヶ原へ。

今月中旬、戦場ヶ原で熊が人を襲うということがありました。
さすがに熊には会いたくないので熊鈴つけて、周りに人がいないときは、
無駄に歌なんか歌いながら歩きましょう♪
そんなとき、人とすれ違うとちょいと恥ずかしかったりするのよねー。

湯川沿いのカラマツ。黄色~。
ゆったりとした川の流れの中に、ハラハラっと葉っぱが落ちて流れていきます。
優雅だ…
2012.10.26.nikko 026

戦場ヶ原はすっかり茶色になってしまいました。
この時、隣で「草紅葉って、想像してたほどきれいじゃないんだね」と言う方たちが。
う~ん、きれいな草紅葉の時期は過ぎちゃったからね。残念。
2012.10.26.nikko 028

あ~~、で、結局また、のぞきこんじゃったツルコケモモ。
まだ、動物たちのお腹に入ることなく湿原に居残りしてました。
2012.10.26.nikko 029

青木橋の上では、何やら熱心に湯川の中をのぞいてる方がいました。
それにしても、絵のような世界だ…
2012.10.26.nikko 030

ついこの間までは、いろんな色に彩られていた森は、ほぼ、黄色のカラマツを残す
のみとなりました。
大昔の人は、「紅葉」と言ったら「黄葉」を愛でていたそうです。
それが、京都に都が移ってから、赤い葉っぱも愛でるようになったそうです。
(那須平成の森ガイドさんの話から~)京都は、カエデ。多いものね。
2012.10.26.nikko 033

森の中では、オレンジ色に輝くカエデがありました。
2012.10.26.nikko 034

足元には、ミズナラの葉っぱがカーペットのように敷き詰められています。
思わずずり足で歩いて、葉っぱのカサカサっと言う音を楽しみながら歩きます。

う~ん、人気がなかったら、この葉っぱを空に向かって投げて「うひゃ~」と
やりたいところだけど。。。       さすがに我慢(笑)
2012.10.26.nikko 035

小田代ヶ原へ向かう途中のカラマツ林。
風が吹くたびにハラハラと落ちてくるカラマツの葉っぱに日の光があたって
キラッと輝いちゃったりしたら…
2012.10.26.nikko 037
すんごい幸せです。

カラマツの葉っぱの金屏風の前に立つシラカバ。
枝の美しさが、金屏風のお陰で際立ってるみたい。
2012.10.26.nikko 038

そして、小田代ヶ原のシンボル。貴婦人~☆
2012.10.26.nikko 039
男体山をバックに立ってみたり…

後ろの方にちょろっと見えている女峰山。かっこいいねー。
2012.10.26.nikko 041

そして、太郎山をバックに貴婦人。
2012.10.26.nikko 043

カラマツの葉っぱが全部落葉しちゃったらら、彩るものはみんなおしまい。
いろんな表情を見せてくれた小田代ヶ原もやがて、雪に覆われていくのです。
2012/10/27

半月山からのあちらこちら

お天気良さそうだし。
紅葉狩りにでも行きましょう~☆
すっかり早起きダメ子ちゃんになり下がってしまって、5時には出かけようと思っていたのに
布団からやっと出られたのが5時
仕方ない。高速使って目指しましょう。半月山駐車場~。

を~~~~、先月歩いた社山への稜線が見えるぞぉぉ。
「今日は綺麗な景色を用意しておいたよー」そんな、山の声が聞こえてきそう。
一瞬、ここから社山まで縦走?なんて、心が揺れたけれど、駐車場へ戻るための
最後の登り返しができる気がしなかったので、却下。
2012.10.26.nikko 003
…それにしても、稜線だらけ。ウハウハしちゃう

半月山の展望台から、中禅寺湖&向こうに見える男体山。
カメラマンの人たちが、三脚をずらりと並べて日が差すまで待機中。
チョイと端の方から失礼して、写真を撮らせてもらいます。
2012.10.26.nikko 001
中禅寺湖に半島のように突き出ているのが八丁出島。
二荒山神社に向かって伸びているようにも見えます。

NHKのお天気カメラで「今の日光の様子です」って言う時に出る景色ですねっ。

を~~~~、皇海山。
この山も、かっこいいねぇ。
2012.10.26.nikko 005
皇海山は、私の中で「見るだけ」の山に分類されてます。

岩がむき出しになっているのは、足尾の山。
その昔、足尾銅山の鉱毒事件で、木の生えない山となってしまっています
2012.10.26.nikko 006
今は、毎年春に植林をしたりして…
少しずつ、緑を取り戻している。。。。はず。

うちの子たちが植えた木もどこかにあるはずなんだけどなぁ。

せっかく展望台まで登ったから、ついでに半月山にも登りましょう♪
「山頂は展望がきかない」なんてよく書いてあるけれど…

木々の間から見られる中禅寺湖の景色。なかなか絶景です
2012.10.26.nikko 008

青空に向かって伸びるダケカンバ。
ダケカンバの白い幹。そして繊細な枝先。
山の中でたくさんの線を描いているのも好きだけど、一本一本も素敵です。
2012.10.26.nikko 010

駐車場に戻って、足尾方面の紅葉~。
今年も、山肌に毛糸玉をくっつけたみたいにポコポコと紅葉していました。
2012.10.26.nikko 019

そして、ダケカンバの幹と色とりどりの木々。
キレイだなぁ。
2012.10.26.nikko 021

この日は、遠くに富士山が見えました。
幾重にも重なる稜線。
そして「あれ、雲?」と思ったら、頂の白い富士山。
朝から、贅沢な時間を過ごしてしまいました。

奥日光紅葉ツアーはまだ始まったばかり。まだまだ続きます。
夕方ちょっとお話をした日光自然博物館の癒し系(仲)さんに
「某氏みたいじゃないですか?」とからかわれたほど。

いやいや、某氏は情報発信のため歩かれているようですが…
私は、ただ、欲張りなのです~
2012/10/26

念願かなってソースかつ丼

食べ物ネタなんだけど、奥日光のカテゴリに入れてみた(笑)

赤沼の駐車場を出て、間もなく…
ホントに間もなく「高山の登山口のカラマツもきれいだな~」
なんて思っていると、さっそく渋滞にはまる。

CD1枚聞き終わっても、まだ中禅寺湖畔

「あ~、かったるい」

ふと左を見ると、「浅井精肉店」やってる。
行列。。。。できてない。
2012.10.26.nikko 148
揚げたてのとんかつが、とってもおいしいらしい。
ボリュームもあって、でも良心価格♪
ずっと狙っていたんだけど、食事時に中禅寺湖畔にいなかったり、
いても、大行列だったり。。。で、なかなかたどり着けなかったんだけど…


これは、「食べて行きなさいな」と言う、天からの声だな。(笑)

店内は、カウンター6席のみ。

迷わず注文したのが、ソースかつ丼。
800円也~。
2012.10.26.nikko 147

お箸でもちぎれるくらいのやわらかヒレカツが5枚。
ご飯を食べる時は、奥にあるお皿にカツを移してご飯をいただく。と。

ちょっとやわらかめなご飯は、私好み
初め見た時は「こんなに食べられないかも」って思ったけれど、
ぺろりと完食。ごちそうさまでした~☆

ちなみに・・・
隣の席の人は、カツカレーを注文。
どう見ても2人分じゃね? って言うくらいのカレーライスに
厚切りロースカツが2枚ド~~~ンと乗ってました。



結局いろは坂をノロノロと下り、おなかがいっぱいだと眠くなる~。
自宅まであと15分くらいの所のコンビニで力尽き「ちょっと仮眠」が、1時間爆睡。(笑)