2013/01/31

冬の庵滝

2012.1.30.iori fall 001


憧れだった冬の庵滝。
ホントに氷。青いんですっっ!!
久しぶりにガッツリ歩いて、もぉ、ぐったり…

だけど、感動!!!!  すごい!!!!
言葉が薄っぺらに感じられるくらい素敵な滝でした。


さてさて、さすがに冬の庵滝に1人で行くのは自信がありません。
そんなわけで、困った時には、「奥日光の第二の師」と、勝手に仰いでいる
奥日光小西ホテルのネイチャーガイドさんの安倍さんにお願いしましょう。

ネイチャーウォッチングツアーの「As you like」というプランで
いつ頃、どこに連れてってー。と希望をお願いしてプランを組んでいただきます。
私は「だだっ広い雪原を歩いて安全に庵滝に辿り着くために気をつけたらいいことを教えてほしい」
ってなことを一番のメインにお願いしました。
やっぱり雪が積もっちゃうと、グリーンシーズンとは景色が変わっちゃいますからね~。
そのうえで、自分の希望の日を何日か挙げて、その中でおすすめの日を
選んでいただいたのが1月30日だったわけです。

何しろスパルタなガイドさんですから(笑)出発地点で地図を渡され
「じゃ、思った通りに歩いていってください。私は後ろからついていきますから」
そう言われるんだろうな~。あ~、耳元で安倍さんの声が聞こえてくるようだよ。
と、かなりビビりながら(とはいっても、それはそれでいい経験だと思ってたんですよー)
とはいっても、ツアーを貸し切りにできるほどのお財布事情じゃなかったし、
まぁ、平日のスノーツアーだから、、、と、いろんなケースでいろんなことを覚悟をしていたら、
直前になって、思いもよらず、楽しい「オフ会」決定!!!となりました。

いなかの240のyosiさん。
そしてテントをかついて深雪ラッセルをバンバンこなすお姉さま。
みんな「奥日光そぞろ歩き」の読者で、とっても楽しい時間を過ごすことができたんですよ~。




…さてさて、ここで、見たもの感じたものをダラダラと書き始めるわけですが、
なっっ…なんと、デジカメのSDカードが謀反を起こして、1枚も画像が保存されてない。
テキストだけで見たもの。感じたものの感動をお伝えできるボキャブラリーは私にはありませんので、そのうちアップされるであろう皆さまのブログから、ホントにいいお天気で美しい景色をご堪能ください~。(笑)

yosiさんのブログ  いなかの240
べー太さんのブログ  奥日光そぞろ歩き








**おそらく、この下にテキストでダラダラと書く予定(笑)**
**だって、ホントに素敵なところだったんだもん。思いもよらず、ワッフ音も体験~**






さてさて、冬のメインイベント。
冬の庵滝ツアー。
6時半に高速に乗って奥日光を目指します。

いろは坂を登って行くと、青空にチラチラと雪が舞っていて…
いいじゃない。こんな天気、好きよ~~~。と、中禅寺湖畔も通過。
戦場ヶ原入り口で「今日は、ここから歩き始めるのね~」なんて思いな
がら湯元に向かうと、戦場が原沿いの「地吹雪注意」の看板のあたりで
ドンピシャに地吹雪。(^_^;)
前が見えね~~~。

そして、湯滝を過ぎたあたりからは、あたりは吹雪。
…さすが。わたしゃ、持ってるね~。なんて思いつつも、ツアーが始ま
る頃には天気も回復。
やっぱり私は持っていた。(^^♪
風が吹いて、雪がぶぅわぁぁぁぁっ。と吹きあがると、それに太陽の光
があたって、ダイヤモンドダストのように、キラキラと輝いて見えます。

真っ白な雪原で雪が盛り上がっている部分には、何かが隠れている。
でも、もしかしたらそこはただの吹き溜まりでなにも隠れていないかも
しれない(笑)
まぁ、それを見極める目を養っていかなくちゃならない。
う~ん、盛り上がっているとついつい踏みつけたくなっちゃう悪戯心に
は要注意ですね~。

沢を渡るときにも、周りをよーく見て、見えている部分から見えない部
分をイメージしないと、冷たい水の中にチャポンとなってしまいます。

そんななかで、安倍さんが何度もおっしゃっていたのが
「あくまでもスノーシューは、道具ですから」
そうですね~。道具は使いこなしてなんぼです。
まだまだスノーシューに乗せられている私は、青空のもと、みんな
さわやか~に歩いているのに、私1人で全身雪まみれ。(^_^;)

おかしいなぁ。。。
1人で吹雪に遭っちゃったのかなぁぁぁ。(笑)



そして、安倍さんの地図読み教室。
夏のツアーの時には、今いるのは大体このあたり。でOKでしたが、今回は
「もっとピンポイントで自分のいる場所を見極めてください」と。(汗)
地形図には書かれていない小さな沢も、等高線のうねうねと、
今いるところの地形を照らし合わせてみると、、、、
ほら。。見えてくるでしょ? 
…ホントに、不思議なことですが、見えてくるんです。(笑)

滝を見た帰り、素敵なダケカンバ林を歩きながら
「ほら、地形図が読めると、他人のトレースを頼らなくても、こ
んな素敵なところを自由に歩くことができるんですよ~」と。
ホント。素敵すぎです。
たっぷり積もった、そして誰の足跡も付いていない雪原を自由に
歩けるんですから。
はっはっは~。
私は、目の前を歩く人をぴったりマークで楽させてもらっちゃい
ましたけどねっ。(汗)

さて、庵滝に着きました。
安倍さんに写真を分けていただいたので、こっそりアップしちゃ
いましょ~。
IMG_5617.jpg
安倍さんからのいただきもの
yosiさんとのツーショット。。。じゃなくて、
人が入ると、滝の大きさがイメージできるでしょ?
安倍さん、ホントにありがとうございます。m(__)m

正面から見ると、巨大な氷のカーテン。
そして、裏側から見ると、外の光を通して、氷が青く光ってるんです。
岩肌から染み出てきた清水が少しずつ凍って、透明な鍾乳石のよ
うになってる。
IMG_5614.jpg
これも安倍さんからのいただきもの
午前中だと太陽に光が直接当たるから、もっともっときれいなん
だそうです。
う~ん、赤沼7時に出発すればお昼前に着くかな?(爆)

思い思いに滝を鑑賞した後は、お昼休憩です。
な~~にも考えずによいしょっと腰をかけてリュックをごそごそ
していると、安倍さんに「うしろ。いいんですか??」と。
ひょえ~~、そう言えば斜面。崩れてる。
一番休憩に適さない場所で、休憩モード全開となっていました。

さて、帰りも「で、今はどこにいるのかピンポイントで指してく
ださい」と、スパルタ講習会が続くわけですが、突然、自分の足
元の雪が沈み込みました。
まぁ、私の体重の重さに耐えられなかったんでしょう…
                  否定はしません。(^_^;)
その後も、足元から「ズズズン!」と響いてくるような音が。
雪崩の前兆となる「ワッフ音」と言うそうです。
興味本位で「聞いてみたぁ~~~い!」とはしゃいでいましたが、
人が歩くことがきっかけで雪崩を起こすことがある。ってのを身
をもって感じて…
確かに傾斜地で聞いちゃったら、冷や汗ものです。

そして、傾斜地。。。と言えば…
さぁ、もうひと頑張りで弓張峠。。。。。。。
「スノーシューも使い方で、深雪の急斜面も登れるんですよ。登っ
てみましょー」と安倍さん。
「無理そうだったら、あっちを巻いて行ってもいいですよ」と言っ
ていただいたんですが、まぁ、せっかくだし…
1人、欽ちゃん劇場のように雪にまみれ、もがくこと数分。(笑)
10数メートルの斜面を5分以上かけて登った先に見えたのは、
ど~~んと、青空にそびえる男体山。
これも猛烈に感動したので、安倍さんにいただいた写真をアップ
しちゃおう♪
R0026955.jpg
もひとつ安倍さんからのいただきもの
そして、登ったら、降りなきゃならないのです。(泣)

陽が傾き始めた小田代が原。
落葉松林がオレンジ色に輝いていました。

夏だったら鼻歌交じりで歩ける小田代が原から赤沼までの道。
「疲れた~~。もう無理~~」と、へこたれていたら、安倍さん
がラッセルしてくださいました。ホント、感謝。

永遠の28歳。雪道ではおばちゃんモード全開となることが判明。
ツアー時間オーバーで、温泉を楽しみにしていたわかんラッセル
のお姉さま。時間切れとなっちゃって、ゴメンナサイ。m(__)m

あ~。でもホントに楽しかった。
この冬の間に、庵滝。もう一回行っちゃお~。(^^v
スポンサーサイト
2013/01/30

うまし


浅井精肉店
ヒレカツ定食~。
1400円なり

さすがに半分お持ち帰り…





にするつもりだったけど、なぜかパックの中には二切れしか入ってない(笑)
なぜだろう
2013/01/30

すっごく、びゅーてほー


ガイドさんだけでなく他の参加者の方もスパルタすぎぃ(笑)
…って、私がとろいだけか。(汗)



でも、ホントにすばらしい氷瀑でした
2013/01/19

光徳牧場から泉門池まで~スノーシュー~

晴れていたら石楠花平へ行こう。
天気が悪かったらおとなしく戦場ヶ原…

「強い寒気で日本海側は大雪となるでしょう」って言う天気予報の場合
関東地方の山沿いは、割と天気が崩れるのが1日遅れる。って
パターンが多いので、ちょっとだけ期待してたんだけど。。。

無理をせず、安全なところで遊びましょ~。

光徳牧場。一面、まっしろ。
2013.1.18.koutoku 001

薄日が差せば、木の枝の一本一本がきれいな縞模様を映し出す。
2013.1.18.koutoku 004
低い位置から写真を撮りたいんだよね~。なんて膝をついたりすると
立ちあがるのに一苦労(汗)

せっかくのパフパフの雪だもん。
誰も踏んでいないところに「えいっっ!!」っと足を出せば、
ありゃりゃぁ~、スノーシューを履いていても、膝までずぼっっ。(笑)
2013.1.18.koutoku 006
ここでコケると、起き上がるのに、またまた一苦労(汗)

光徳沼では、小鳥が一生懸命水遊び…
2013.1.18.koutoku 007
じゃなくて、きっと餌を見つけていたのでしょう。

小石たちも、雪の綿帽子をかぶっていて…
その様子がなんともかわいらしい。
2013.1.18.koutoku 008

雪原から顔を出したドライフラワー。
あれ、この花は、雪が降る前はどんな姿だったんだろう。
2013.1.18.koutoku 011

木に登る、雪のカメレオン。(笑)
2013.1.18.koutoku 012

静かな静かな雪の森。
2013.1.18.koutoku 013

そして、毎回歩くたびに同じような位置で同じような写真を撮ってる私。
2013.1.18.koutoku 014

ここのシラカバ林も、いつも立ち止まっちゃう場所。
2013.1.18.koutoku 015

今日は、葦原の向こう側は真っ白な世界。
男体山も太郎山も、一度も姿を見せてはくれませんでした。
2013.1.18.koutoku 017

湯川沿い。
なんてきれいなんだろう…
と、立ち止まったら、頭の上にキレンジャクがたくさん。
を~~~~!!!と、カメラを構えているうちに飛んで行っちゃったんだけど(笑)
双眼鏡がやっと双眼鏡らしい仕事をしてくれました。(汗)
2013.1.18.koutoku 018
キレンジャクの羽の色。。。とってもきれい。
レンジャクさん。つるんでました。

を~。蒲鉾か、パウンドケーキか???(笑)
2013.1.18.koutoku 021
いつもの泉門池でお弁当タイム♪
…それにしても、寒し。
ティーバッグを取り出してお皿の上に置いておいたらみるみる凍ってました。
スープDELIも、3分待ってできあがった頃には食べ頃に冷めている。と。(笑)

雪の泉門池。静かだな~。
2013.1.18.koutoku 022

でも、いつものようにカモさんはいるんだなぁ。なんてい見ているうちに、
だんだん雪の降り方が強くなってきました。
2013.1.18.koutoku 023
何年か前にもらった地図では、泉門池から森を歩いて
湯滝に抜けるコースがあるみたいだけれど…
確かに、誰かのトレースはあるんだけれど…

…なんか、戻ってくる頃には自分の足跡すら消えちゃいそうな
雪の降り方だったので、今日は素直に来た道を戻りましょ~。

わぁ、木の上に雪が木を作ってる~。
2013.1.18.koutoku 024

そして、真っ白な木。とってもかわいい。
木の形に雪が積もってる。
2013.1.18.koutoku 025

ホザキシモツケもすっかりドライフラワー。
2013.1.18.koutoku 029
辺りが真っ白になると、ついつい色を思い浮かべちゃいます。

なんだなんだぁぁ???
ミステリーサークルかぁぁ???
2013.1.18.koutoku 030
どうやら、鹿の足跡っぽいけれど…
何を思いながら、あの場所でグルグル回ったんでしょう。

葦の先っちょにも雪が積もってる。
その様子はなんともかわいらしい。
2013.1.18.koutoku 035

ミニミニ氷クラゲ。
この半透明な色の感じが…
ポニョに出てきそう。(笑)
2013.1.18.koutoku 036

さて、、、、
せっかく日光へ来たんだから、湯元へも足をのばし…

「全日本氷彫刻奥日光大会」に向けて作業をする様子を見学~。

かまくらの中に、どうやって氷の彫刻をしまうんだろう。。。って、
ちょっと疑問だったんだけど、謎が解けました。
2013.1.18.koutoku 039

それにしても、猛吹雪の中。猛烈に寒い中。。。
職人さんって、やっぱり凄いです。
2013.1.18.koutoku 040

で、せっかく湯元に来たんだから、湯元温泉の源泉~☆
2013.1.18.koutoku 041
この独特な雰囲気は、とっても好きです☆

すごい氷柱たち。(笑)
2013.1.18.koutoku 043

そして、この源泉から温泉寺の間の湿原には、木道があるんですが…
何も考えずにツボ足で渡ってしまったら…
2013.1.18.koutoku 044
ははは~(汗)
またまた膝まで埋もれるぅぅ。
楽しいわけじゃないんだけど、なぜか笑ってしまう。

いやぁ、もう必死。

温泉寺に続く、この石燈籠が見たかったんだもん。
2013.1.18.koutoku 045
約1時間で車の上には2センチ近く雪が積もっていました。
そして、自分の車のタイヤの跡はすっかり消えてる。
どんだけ降ってるんだい!?!?

この日、いろは坂は麓まで圧雪路。
ひょえ~、かなり楽しみながら山道を下りましたさぁ。

2013/01/18

猛烈に寒い中


有名ホテルの職人さんが氷の彫刻を製作中。

すごいよ~

改めて見に来るのが楽しみだなぁ





湯元の雪    ふわふわぁぁ~~~。
2013/01/17

雪が溶けると…


「雪が溶けると何になる?」


…と言う問に、「雪が溶けると春になる」と答えて大バツをもらったワタクシ(笑)

密かに根に持ってたりするわけだけど、確かにこの間降った雪が溶けても、春は来そうにないやねぇ。
ってか、まだ、春が来たら困るからぁ。(笑)



雪だるまたちはクリスマスからドアにいて、雪だるまを作るキツネ達は、秋頃ドアで紅葉見ながら焼き芋をしてた子たちの再登板(笑)

あ゛ぁぁぁ。
手抜き、再び
2013/01/05

那須平成の森 スノーシュー

今シーズン最初の雪遊びは、那須平成の森~。
2013.1.4.nasuheisei 038
お天気が良ければ、フィールドセンターのテラスから
きれいな那須岳が見えるはずなのですが、今日は1日中、
那須岳は雲の中~。
おまけに1日中吹雪。(汗)

今日案内をしてくださったインタープリターのおじさんは
日光のフィールドにもとても詳しい方で…
那須を歩きながら、金精の森のお話もたくさんしてくださいました。

最初に見たのは、もみの木についた、熊の爪痕。
2013.1.4.nasuheisei 003
もみの木には、熊の餌となる木の実はならないはずなのに
何を血迷っちゃったんでしょうねぇ。
でも、何度も登った跡があるので…
きっと、何かがあった…     はず。

オオカメノキの冬目の根元についていたのは、
かわいい顔。
しかも、それがふたつ続いていて、かわいいトーテムポールみたい。
2013.1.4.nasuheisei 007

「虫眼鏡を持ったついでに、これもどうぞ」
と、貸していただいたのは、黒のフェルト。
雪の結晶がとってもきれいな状態で見られました。
2013.1.4.nasuheisei 013

前の晩にたくさん雪が降ってしまったので、動物の足跡は
このウサギの足跡しか見つかりませんでした。
(って、写ってないじゃぁ~~~~ん(泣))
2013.1.4.nasuheisei 015
足跡をたどると、時々も落ちていました。(笑)

ダケカンバ…
2013.1.4.nasuheisei 017
いろんな木の幹を素手で触ってみます。
同じ-10度の森の中に立っていながら、すごく冷たい木の幹。
ほんのり温かい木の幹があって…  不思議じゃ。

熊棚かな?
と思ったら、これは、ヤドリギだそうです。
お天気が良ければ、この谷の向こうにマウントジーンズのゲレンデが見えるそうですが…
2013.1.4.nasuheisei 018
今日は、この谷から、思いもよらないお年始をいただきました。
お年始。。。って言うより、洗礼を受けた感じだなぁ(笑)

グリーンシーズンは、遊歩道を外れて歩くのはNGだけど…
2013.1.4.nasuheisei 021

どこでも好きなところを歩いていいんですよー。って言われても、
なんか、どこを歩いたらいいのか困っちゃう(笑)
2013.1.4.nasuheisei 022

うわぁ、ブナの木の幹には、たくさんの熊の爪痕。
2013.1.4.nasuheisei 024

キノコが…うろこみたい。
2013.1.4.nasuheisei 026

真っ白な雪原に木の影が長~く映る景色が好きなんですぅ。
なんて、リクエストしたら、おすすめの場所を紹介してくださいました。
2013.1.4.nasuheisei 029

薄日しか射さなかったのがちょっと残念だけど…
細い枝までが影になって、とってもいい感じ。
2013.1.4.nasuheisei 031
あっという間に3時間のツアーは終了。
フィールドセンターに戻った時、ちょうど、午後の部のツアーが
出発準備をしているところでした。
「このまま午後の部に飛び入り参加してもいいですか~?」なんて
冗談を(いや、けっこうマジだったかも(笑))言いつつ、
アンケートを書いていたら、ペットボトルにお湯を入れた
湯たんぽを貸してくださいました。温かい。。。

お弁当を食べたら、午後の部散歩をしようかな~。
と思っていたんだけれど、雪はやみそうにないし、
1人で無事に戻れる自信がなかったので、本日の雪遊び修了~。

下道で矢板まで戻ってきたら、きれいな女峰山と男体山が…
いつもと違う角度から見る日光の山にあまりに感動しちゃって…
2013.1.4.nasuheisei 040
素直に国道4号線でかえりゃいいのに、日光の麓経由での帰宅~。

私の住むあたりから望む日光の山って、男体山が絶対的な存在感を示してるけど
塩谷辺りから望むと、赤薙山と女峰山がドーンと存在感を示し
その奥に男体山が… 


              今度は日光で雪遊びするぞー。\(^o^)/
2013/01/04

寒しat那須


外気温-7℃
風速5メートル以上だなぁ。


おかげで、雪、ぱふ ぱふ
2013/01/03

にょろり

hebi12.jpg


今年の年賀状に使った白ヘビちゃん。(笑)

「chikoやん、すごーい」と、今日会った叔母さんに褒められて
いやいや、私がすごいんじゃないんだけど、でも、自然の力はすご~~い。


この、テロンと、しっぽのたれ方がお気に入り♪(笑)