2013/10/30

尾瀬納めはアヤメ平 1

鳩待峠の駐車場に2500円を払うのがどーーーーーしても
もったいなかったので、富士見下から。
駐車場。無料だし♪
富士見下から富士見峠まで約2時間の林道歩きがあるけど
鳩待峠から横田代までだって1時間半歩くわけだし。
(…と、自分を納得させてる(汗))

天気予報では、午後からは曇り空の予報。
お昼までが勝負だな…
と思いながらも、夏場は全然大丈夫だった3時起きはできず。(汗)
4時ちょっと過ぎに自宅を出発。6時半富士見下の駐車場に到着。
先行者。1台。
2013.10.29.ayamedaira 001
誰もいないだろうな~。と思って来たので、ちょっとびっくり。

準備を整え7時出発。
出発して間もなくはミズナラやホオノキ、カエデの森。
さらに登るとブナやダケカンバの森。
2週間早かったらすごく鮮やかな景色が見られたかも。
2013.10.29.ayamedaira 002
十二曲がりと言われるわりと急な林道歩き。
でも、道幅は広いし、安全に歩けるので、へたれ的にはありがたい♪

日がさせば、まだまだ鮮やかな紅葉は楽しめるし
2013.10.29.ayamedaira 006

足元にも、きれいな葉っぱが落ちてたりするしね。
2013.10.29.ayamedaira 007

出発して1時間足らずで、田代原到着。
急な登りも一段落。ほっと一息。
2013.10.29.ayamedaira 008

ポンポンのようなヤドリギ。
2013.10.29.ayamedaira 009

ほっと一息の田代原を過ぎると、再び急登。
でも、視界が開けてくるので、足取り軽ぅ~。
アヤメ平の稜線が見えてきちゃったら、鼻歌だって出ちゃう♪
2013.10.29.ayamedaira 010

そして、アヤメ平の稜線が見えてきた頃から、日陰には雪が…
2013.10.29.ayamedaira 011
あれれ…
そう言えば、モフモフの苔って、雪の下でも緑のモフモフのままなのかな?
突然湧いて出てきた素朴な疑問。

富士見小屋の下にある水場。
林道沿いに何箇所か水場があるけれど、ここのお水が一番好きかも。
2013.10.29.ayamedaira 014

富士見小屋は、もう、小屋閉め。
尾瀬の山小屋は、ほとんど閉まっています。
荷物を運び出すためにかな?
ヘリコプターもが往復も飛んでましたよ。
2013.10.29.ayamedaira 015
地図にはCT2時間50分ってあるけど、うそうそ。
私が歩いても2時間♪

さてさて、この看板の向こう側。
ちょっと歩いただけで、大好きな景色が待ってます♪
2013.10.29.ayamedaira 016

…が、雪が凍って、それがちょっと溶けた状態の木道。
ツルツル滑る。1人欽ちゃん劇場ができるほど。
そんなところでシェーができちゃうyosiさん。尊敬~。
2013.10.29.ayamedaira 017
おそるおそる登っていって、その階段の先には…

富士見田代~。
さっきまで、顔をひきつらせて慎重に慎重に歩いてたけど
一気に満面の笑みに。
2013.10.29.ayamedaira 019
初夏には、チングルマとかヒメシャクナゲとかイワカガミが迎えてくれる
最初の小さな湿原。

そして、その先には…
大好きな燧ケ岳がとっても素敵に見られる場所。
周りの木々が小沼に映り込んで、その奥には燧ケ岳。
とってもお気に入りの場所。
2013.10.29.ayamedaira 022

ベンチの上にきれいな雪が積もってるから、雪だるまでも作りましょう~。
2013.10.29.ayamedaira 026
お燧サマぁ。
う~~ん。うっとりぃ~。と言う声が聞こえてくるような…
自分の姿を見るようだ。

いつまでも遊んでいたい気もするけど…
アヤメ平に向かいましょう~。
白根山。こんにちは~☆
2013.10.29.ayamedaira 029
赤城山は雲の中。
南の方は雲が発達。東京は朝から雨だったそうです。

さっき下から見上げた稜線上に立つ。
戸倉の集落を見下ろしながら…
笹原に立つダケカンバの繊細な枝先の景色を見ながら先に進みましょう。
2013.10.29.ayamedaira 031

あっ、木の葉っぱがなくなっちゃったから、奥に尾瀬ヶ原が見えるよー。
沼尻川沿いの拠水林までくっきり。
2013.10.29.ayamedaira 032

アヤメ平。到着~。
大好きな、山上の湿原。
で、その先には、大好きなお燧サマ。
2013.10.29.ayamedaira 033

お燧サマとツーショット。
2013.10.29.ayamedaira 036
セルフ撮りして遊んでたら、

南斜面から一気にガスが上がってきて、至仏山もお燧サマもガスの向こうへ。
辺りもだんだん、乳白色の世界へ…
2013.10.29.ayamedaira 040

あらぁ、一気に天気が悪くなってきたみたいだよ。
一気に気温も下がってきたので、上着を羽織って…
2013.10.29.ayamedaira 035
初めの予定では、横田代まで行って戻ってくるつもりだったんだけど
天気。大丈夫かなぁ。
横田代からド~~ンと見える至仏山が楽しみだったんだけどなぁ。

とりあえず、予定通り行ってみましょうか…
スポンサーサイト
2013/10/25

千手の森から中禅寺湖で紅葉狩り~

千手の森はミズナラやハルニレの森~。
2013.10.21.nikko 077

静かな静かな森の中を中禅寺湖に向かって歩いていきましょう。
2013.10.21.nikko 079

もちろん、途中、山神様にもご挨拶♪
2013.10.21.nikko 080

古い切り株にはコケが生えてもっふもふ。
で、覗きこむと、ちっちゃなキノコが生えてるの~。
2013.10.21.nikko 081

一本の木で、オレンジ色から黄色そして黄緑色へのグラデーション。
2013.10.21.nikko 084

日光では増え過ぎてしまって、いろいろ問題のある。シカ。
人を怖がる様子もなく、こちらも静かに見ている分には
余裕で草を食べてるの。
2013.10.21.nikko 088
でも、野生の動物に会えちゃったりするのは、ちょっとだけ嬉しい♪

ずいぶん雲が厚くなってきちゃったなぁ…
雨が降らないか、ちょっとだけ心配。
2013.10.21.nikko 090

中禅寺湖。千手ヶ浜に着きました~。
湖畔の木々の色づき。とってもいい感じ。
2013.10.21.nikko 091
さぁ、中禅寺湖のどっち側に行こうかな♪
右行く? それとも左???

今日は、右に行きましょう~。
クリンソウの時期なら、人の流れがドドド~~~っと行く方。
2013.10.21.nikko 095

この日。この時間。ほとんどの人がバス停に向かって歩いていました。
そんな訳で、お~~っきい中禅寺湖の紅葉。一人占め♪
2013.10.21.nikko 097

一本の木できれいなグラデーション。
ふと思う。
時間がたつと、この木全体が真っ赤に色づくのか。
それとも、上の方から葉は散って行っちゃうのか。
このままの色づきの状態で、風が吹いて葉が散るのか。
あれれ、そう言えば、どうなるんだろ。
2013.10.21.nikko 098

なんだか、絵にかいたような景色だなぁ。
黄色の発色がとってもきれい♪
2013.10.21.nikko 099

湖畔の木々も色づいて、まさに見ごろ。
2013.10.21.nikko 100

そう言えば、こっちの方はあまり来たことなかったし。
見える景色がとっても新鮮。
2013.10.21.nikko 102
一度中禅寺湖一周歩いてみたいんだよねー。
南岸から歩き始めれば、最悪、途中疲れたらバスを使う。って方法もあるし(笑)

遠くに見えていた鮮やかな黄色の木。
やっと近くまで来ました。近くで見てもきれいな黄色♪
2013.10.21.nikko 104

足元を流れる水も、ホントに透明。
なかなか意識してみないけど、実は中禅寺湖の水ってきれいなんだよねー。
2013.10.21.nikko 105

帰りのバスに乗り遅れると悲惨なので、今日の最終目的地。
千手堂跡。
2013.10.21.nikko 106

あとは、来た道を戻り、人がいないのをいいことに
セルフ撮りして遊びまくる。
2013.10.21.nikko 110

あ~、楽しい1日だった。
2013.10.21.nikko 111


最終バスの1本前のバスを待ちます。1人で。
だんだん薄暗くなってきて、ホントにバス。来るのかな?なんて、不安に…(汗)
ふわふわ~~っと飛んできた雪虫なんぞを追っかけまわしながらバスを待つ。
天気のよくない日は日が暮れるのも早いから、ちょっと、心細いやね。
2013/10/22

西ノ湖で紅葉狩り~

庵滝での寄り道がすんだら、紅葉狩りへ出かけましょう~。
季節運行ダイヤで動いている低公害バスは35分おきに走ってるわけだから、
そのうち来るでしょう。そしたらバスに乗って西ノ湖入り口まで行きましょう~。
2013.10.21.nikko 044
…と、舗装された市道をてくてく。

うわぁ。紅葉がホントにきれい。
歩くこと30分。
2013.10.21.nikko 046
バス。来ねぇじゃん。

あっ、来た!!!
2013.10.21.nikko 047
でも、間もなく西ノ湖入り口。
今さらだしな。もぉ、あとちょっとだから歩いちゃお。

あっち、こっちの色づいた木々を愛でながら西ノ湖を目指します。
2013.10.21.nikko 049

さぁ。このつり橋を渡るともうすぐですよー。
2013.10.21.nikko 050

静かな静かな西ノ湖。
湖畔の木々の色づきも、すごくいい感じ。
2013.10.21.nikko 052
9月の頃は水が少なかった西ノ湖。今は、満水。
ここで、ラーメン作って食べたら、もっと素敵な景色に会いに西ヶ浜まで行きましょう~♪

紅葉のトンネル。
いつも思うんだけど、日本庭園みたい。
2013.10.21.nikko 056

そうそう。ここも台風の影響かな?
西ヶ浜へ向かう途中の斜面が崩れ…
2013.10.21.nikko 055

どんだけの水が西ノ湖に流れ込んだの?
って思わせるほどのたくさんの沢筋と倒木の跡。
2013.10.21.nikko 057

でも、場所を選んで歩いていけば、盆栽のような木。
2013.10.21.nikko 058

本当なら、西ノ湖越しに見える男体山。
今日は、ガスの中。Laylaさんの下山してる姿が見えたはずなんだけどなぁ。(嘘)
2013.10.21.nikko 059

湖畔の木々。ホントにきれいだなぁ。
2013.10.21.nikko 061

せっかくだから、もっと近くで見てみよっと。
2013.10.21.nikko 063

なんか、水面からツンツン出ていてとってもかわいいっ。
2013.10.21.nikko 067

そう言えば、今年の初夏。西ノ湖では、ズミの花付きがとっても良かったそうです。
そんな訳で、木全体が真っ赤っか。
2013.10.21.nikko 071

ちょっと離れた所から。
紅葉の木々に負けないくらい、赤い実が彩りを添えてる。
2013.10.21.nikko 074

それにしても、きれいだなぁ…。
2013.10.21.nikko 072

冷たい風が吹いてきた。朝のうちはあんなに青空だったのに
ガスに包まれ始めてる。
2013.10.21.nikko 073
静かな西ノ湖。大好きだけど、今度は中禅寺湖で紅葉狩り。
大好きな千手の森を歩いて、中禅寺湖を目指しましょう♪
2013/10/21

紅葉狩りの前にひと遊び

せっかく天気がいいのに、寝坊した。(汗)
2013.10.21.nikko 027
でも、後ろ姿セルフ撮りがしてみたかったので、絶対に人に会わないところをチョイス。
見ごろを迎えた中禅寺湖近辺の紅葉を愛でる前に、往復3時間の寄り道。

赤沼駐車場に着いた時、低公害バスが発車していきました。
この時期は、季節運行。約35分おきくらいにバスが出ているので、
素直に次のバスを待ちましょう。(汗)

運転手さんに「次のヘアピンカーブで降ろしてください」が言えない小心者の私は
小田代ヶ原で下車。
金屏風を背負った貴婦人なんぞを眺めながら、のんびりお散歩。
2013.10.21.nikko 002

国道に近いところのミズナラの木は葉を落としている物が多かったけれど
このあたりのミズナラはとってもきれいな黄色。
で、時々ドングリが落ちて「ボトッッ!」って音がするの。
2013.10.21.nikko 004

市道から入ったところでお守りのコンパスを合わせ、
あとは、道のない森の中に入っていきます。

辺りが、ディズニーランドチックな甘い香りに包まれたところで
見上げると、カツラの大木。
2013.10.21.nikko 010

もうちょっと進むと、ダケカンバの大木。
ずいぶん葉が落ちちゃったな。
2013.10.21.nikko 011

去年、10月の末に来た時はもう、紅葉も終盤。って感じだったので
ちょっと早めに来てみたんだけど、今年は、遅いかなぁ。
わりと緑の木が多くって、シロヨメナも花はさすがに終わってたけど
葉っぱは、けっこう青々としてるものも多かったの。
2013.10.21.nikko 013

水があまりにきれいだったから、水辺で「シェー」をしてみて…
(ホントは、落ち葉も浮かべてみたんだけど、もたもたしてたら
葉っぱはどこかへ行っちゃったねー)
2013.10.21.nikko 014

ついでに、光のシャワーに包まれるっっと。
2013.10.21.nikko 015

で、無事、庵滝。到着~。本日も貸切♪
2013.10.21.nikko 018

誰もいないのをいいことに、1人、いろんなポーズをして遊んでみる。っと。
2013.10.21.nikko 022

上の方の木々の色づきがとってもきれい。
2013.10.21.nikko 029

岩の隙間からのぞく、前白根の稜線。
ついこの間、あそこを歩いたんだな~。
あのときは、庵滝を思いながら下を見下ろし、今日は、前白根を思いながら見上げる。
なんか、不思議な感じ。
2013.10.21.nikko 030

青空に色づいた葉っぱが映えてとってもきれい。
2013.10.21.nikko 034


2013.10.21.nikko 035

夏と冬は存在感十分な山ブドウの木。
なぜか、秋は見落とす。(今日も、行きは見落としてたの~(汗))
2013.10.21.nikko 037

せっかくだから、試食~。
ブドウの香り。でも…すっぱ~~~~い。
2013.10.21.nikko 039
過去に試食させてもらった時より、一番ブドウの味がしたけどさっ。

きっと次にここを訪れる時は、このあたりが一面雪に覆われた頃。
私の腰くらいの高さまであるキオンとかシロヨメナがみんな隠れちゃうほど
雪が積もるんだよー。
今年の氷瀑は、どんな姿を見せてくれるのか、楽しみっ。
2013.10.21.nikko 042

晴れた日のカラマツ林は、ふわっと針葉樹の香りがして大好き。
寄り道修了。さぁ。湖畔の紅葉を愛でに行きましょう。
2013.10.21.nikko 043
この時は、この数時間後、どんより曇り空になっちゃうなんて、想像もできなかったわぁ。
2013/10/21

曇り空


でも、キレイ~


予定外にがっつり歩きすぎたっ
2013/10/18

ちょっと駒までお買い物♪ ~続き~

さぁ、これから神の稜線を散歩する時間ですよ~。
2013.10.14.aizukoma 051
中門岳まで延々と続く草紅葉と木道。
山の斜面は笹原の緑色。
季節は変わっても、大好きな景色はやっぱり素敵な景色。

わっ、バッタの親子。おんぶしてるよ~。
久しぶりに木道に寝そべって、地面すれすれの景色を感じる。
そうすると、木道は空まで続いているんだ。って錯覚しちゃうんだよねー。
2013.10.14.aizukoma 057

さえぎる物のない山の上の湿原。
それが約2Km、延々と続いているんだよー。
2013.10.14.aizukoma 059

赤い実と、むこっ側の山。(笑)
2013.10.14.aizukoma 064

池糖には、青い空が映り込む~。
2013.10.14.aizukoma 067

そして、大好きな「中門岳 この一帯を云う」
池のほとりのベンチは満員。そんな訳で、先に進みましょう~。
2013.10.14.aizukoma 069

木道は、池糖群をぐるっと一回りしています。
ここの広くなったところで、お昼ご飯にしましょう。
風も静かで、シャツで過ごしていてもOKな程。
ダウンもフリースも持ってきたんだけどなぁ。
2013.10.14.aizukoma 074
隣に座ったがっつり山屋系のお兄さんたちに、越後の山の話を
聞かせていただきました。
あれが浅草岳。あっちが守門…って。

このまま時間が止まっちゃえばいいのに。
2013.10.14.aizukoma 078

そして、山屋のお兄さんがた。
しょーもないお遊びにお付き合いいただき、ありがとうございました。
2013.10.14.aizukoma 080

またまた中門大池まで戻ってくると、誰もいなくなっていました。
オオシラビソの木が池に映り込んでるよー。
2013.10.14.aizukoma 082

御意!
2013.10.14.aizukoma 090

延々と続く木道。どこまでも歩いて行けそう。
2013.10.14.aizukoma 092

稜線上の湿原と木道。ホントに大好きっ。
2013.10.14.aizukoma 096

通り過ぎてしまうのが惜しくて、何度も立ち止まります。
2013.10.14.aizukoma 097


2013.10.14.aizukoma 101

真っ赤に紅葉したチングルマ。
風が吹いて種を飛ばしたら、あとは春までひと眠りかな?
2013.10.14.aizukoma 106

幸せ~な稜線散歩が終わって駒の小屋まで戻ってきました。
2013.10.14.aizukoma 110

小屋のトイレの窓からの景色。
トイレからもこんな素敵な景色が見られちゃうのよー。
2013.10.14.aizukoma 112

駒の大池に映り込む駒ケ岳。
バイバイ。また来年。
2013.10.14.aizukoma 113

名残惜しくて、何度も振り返りながらの下山。
ホント。ちょっと進んじゃ振り返り。。。なかなか前に進みません。
2013.10.14.aizukoma 117

駒ケ岳の稜線。ばいばい。
2013.10.14.aizukoma 126


駒の小屋も。
来年は、また、泊りで来るね~。私の分のお布団。あけといてね~。
2013.10.14.aizukoma 128

小麦色に色づいた湿原と水墨画のような会津の山々。
楽しかったよー。ありがとう。
2013.10.14.aizukoma 134

カラフルに色づいた山の斜面。そして、繊細なダケカンバの枝先。
2013.10.14.aizukoma 135

ちょっとだけ寂しい気持ちで下山途中。。。
2013.10.14.aizukoma 136

「こんにちは~」と挨拶をしたその人たちは…
「山と野と」の矢車草さんと相棒さんでした。
2013.10.14.aizukoma 137
ちょっとお話をさせていただいた矢車草さん。
ブログからにじみ出てくる雰囲気そのままの方でした。
一緒に写真もとっていただいて…
すっぴん女子2人。

確か、以前、すっぴんなら水場で顔をジャブジャブ洗えるし。
なんてことを書いていらっしゃいましたよね?(あれれ、記憶違いかなぁ。)
実は、それ以来、マネしてます。私。(汗)

また、尾瀬でお会いできたらとっても嬉しいです。
ホント、ありがとうございました。m(__)m


またまた幸せな気持ちいっぱいに満たされました~。
2013.10.14.aizukoma 140

水場付近まで下りてくると、広葉樹の木々がいい色づき。
2013.10.14.aizukoma 144

朝と日の当たり方が違ってくるので、紅葉がより鮮やかに見えるのかなぁ。
2013.10.14.aizukoma 145

1日中いい天気。
青空のもと、紅葉した木々も喜んでいるみたい。
2013.10.14.aizukoma 147

ブナやダケカンバの黄色。
カエデとかツツジの赤。ホントにいい色~。
2013.10.14.aizukoma 149

2013.10.14.aizukoma 152

そして、沢の音が大きくなれば、滝沢登山口。
2013.10.14.aizukoma 153
会津駒ケ岳。確かに登りは大変。
でも、幸せな気持ちをいっぱいに満たしてくれる、大好きな山っ。
2013/10/16

ちょっと駒までお買い物♪

会津駒ケ岳に何を買いに行ったかと言うと…

これっ。
2013.10.14.aizukoma 114
夏に手ぬぐいとバンダナしか買わずに帰ってきちゃって、
ずっと後悔してたから。(汗)

小麦色に輝く神の稜線。
秋色に色づいた癒しのブナの森。
もぉ、十分シアワセな気分で1日を満喫。
そして、それだけでなく、下山途中に大好きなブロガーさんにばったり。
山と野と」の矢車草さんと相棒さん。
素敵な山行記録だけでなく、お弁当とかお花の写真とか。
お邪魔させていただくたびにほっこりしちゃう大好きなブログです。
夏には西穂でジャックスパロウに会ったそうですよー。
矢車草さん&相棒さん。突然お声掛けしちゃってスミマセンでした。
お時間をいただき、ホント。嬉しかったですっ。m(__)m


さてさて、ここから、いつものように、ダラダラの記録です。(笑)

三連休中日。はっきり言って職場は戦場のようでした。
21時に帰宅。ご飯食べてお風呂に入って23時少し前。
佐野SAスマートICから東北道に。ところが15分も走ると
…眠いzzz…
大谷PAでしばし仮眠。
これは、会津駒は無理かぁ!?と不安になりながらも何とか復活。
西那須野塩原ICで東北道を離脱。
延々と下道を走り、宿泊先の(笑)アルザ尾瀬の郷の駐車場に着いたのが
2時半頃。ここで車中泊。星がとっても綺麗でしたよー。
国道の向かいの桧枝岐温泉スキー場のきれいなトイレが使えるので
助かりました。常宿になりそ。(笑)

5時半に目が覚め、準備をしたら滝沢登山口へ移動。
6時半。いつもの階段からスタートです。
2013.10.14.aizukoma 001

前日、燧ケ岳で初冠雪。なんて話を聞いちゃったから、
厚手のシャツと、裏起毛のズボンで来たんだけど…
2013.10.14.aizukoma 002
暑い。。。
木の根っこの張り出す九十九折りの登山道。
汗が噴き出してきます。

ん!?
フウリンウメモドキかな?
かわいいっ。花もかわいいんだよね。
なかなか見つけられないんだけど。(汗)
2013.10.14.aizukoma 007

見上げれば、青空と色づき始めたブナの森。
2013.10.14.aizukoma 008

もうチョイ標高が上がると、色づきはますます鮮やかに。
気持ちいいな~。
深呼吸しながら、ゆっくりゆっくり登っていきます。
2013.10.14.aizukoma 010

1時間半で水場に到着~。
ここのお水は冷たくってとってもおいしい。
程良く汗をかいたから、コップを持って水場に降りましょー。
2013.10.14.aizukoma 011

水場を過ぎると、視界が開ける場所が多くなります。
2013.10.14.aizukoma 014
また、ここで立ち止まって写真撮ってるし。(笑)

そして、夏の時は工事中だった階段。
工事もすっかり終わって、歩きやすくなっていました。
へたれ的には、とっても助かります。感謝。
2013.10.14.aizukoma 015

ダケカンバの木も真っ黄色~。
2013.10.14.aizukoma 017

白根山。おはよー。
今日もしっかりとあなたのこと。見つけましたよー。
2013.10.14.aizukoma 018

ツツジの木のグラデーション。
きれいだなぁ。
2013.10.14.aizukoma 019

足元には、アカモノの実。
2013.10.14.aizukoma 020

オオシラビソの木の間から、駒の小屋が見えてきました。
口元が緩むっ。
2013.10.14.aizukoma 021

駒ケ岳へ続く稜線。
2013.10.14.aizukoma 022

駒の小屋が見え始めたところで、ベンチがあるので、
ちょっとだけおやつタイムにしましょう。
で、食べた後は、ひと遊び。
2013.10.14.aizukoma 025
こんなことをやって遊んでいると、後ろのベンチで休憩していた方に
「よかったらシャッター押しますよ」と。
改めて、そんなことを言われると、猛烈に恥ずかしいねぇ。(汗)

いよいよ来ました~~~。\(^o^)/
ハイジの歌を口ずさみながら駒の小屋まで登っていきましょ~。
2013.10.14.aizukoma 029

ここから見るお燧サマ。大好きっ。
2013.10.14.aizukoma 035

朝10時ちょっとすぎの駒の大池。まだ、凍っていました。
朝の駐車場の気温が4度くらいだったけど、駒の小屋付近では、
どのくらい冷え込んだんでしょうね。
2013.10.14.aizukoma 038

駒の小屋入口にいるツキノワグマにご挨拶。
そう言えば、この間泊ったのが8月14日。
ちょうど2カ月ぶりの駒の小屋~。
無事、Tシャツ、購入~。2300円也。
2013.10.14.aizukoma 039

池のほとりの山の神様の周りの木々も、いい色づき。
ちゃんと、今年もう一度会津駒に来られたお礼を言ってきましたよー。
2013.10.14.aizukoma 040

なっ、、なんと、白根山は見えていたけれど、男体山は雲の中。
女峰山の先っちょだけが見える状態でした。
午後には白根山も雲の中。台風の影響かしらね。
2013.10.14.aizukoma 041

夏には、一面咲いていたコバイケイソウ。
今は、こげ茶色の姿になって、草紅葉のアクセントになっていました。
種がはじけた一つ一つの姿は、なんか、かわいかったですよ。
2013.10.14.aizukoma 043

駒ケ岳へ登る途中から。
ここから見える、駒の小屋の景色も大好きっ。
2013.10.14.aizukoma 044

会津駒ケ岳山頂~。今回も青空。\(^o^)/
2013.10.14.aizukoma 047

そして、一番のお楽しみタイムが始まります~。
神の稜線散歩。
木道の所々、凍っているところがあったので滑らないように気をつけて…っと。
2013.10.14.aizukoma 049
続きはまた今度。