2014/01/30

キラッキラの霧氷と眺望いただき♪ 赤城山~黒檜山から駒ケ岳ぐるっと一回り~

軽アイゼンを買っちゃったら、そりゃぁ、使ってみたいよね~。
どこなら行けるかな?
日光の社山?
赤城の黒檜山?
会津地方と水上地方の天気予報は…   天気。回復傾向。
赤城山に決定~。

家の窓から見える黒檜山の山頂。雲がかかってる。(-_-;)
眺望は無理だったとしても、霧氷は見られるかな?
期待をしながら6時半出発。
黒檜山にかかる雲は、しつこくなかなか切れない。
こりゃ、外したかな?
と思いながら大沼の駐車場8時半着。
家の辺りの気温5℃。普段よりずっと暖かい朝だったのに、
大沼の駐車場についた時の気温-8度&半端ない強風。
体感温度は-20度くらい。とにかく寒くて車もガタガタ揺れてる。
思い切り萎える。
気持ち的には地蔵岳でいいかな。
いや、登らず帰ってもいいかな。(汗)

30分くらい車の中でぐずぐず。
すると…
2014.1.29.akagi 006
うひゃぁ~。山頂付近の枝が真っ白。
行きます!! 

これ飲んでから。(汗)
2014.1.29.akagi 005
ここ1週間くらいずっと風邪っぽくて、いよいよ悪化の予感。
遊べば治るかと思って。(爆)

黒檜山登山口でさっそくアイゼン装着。
2014.1.29.akagi 007
さっそくの急登のはじまり~。
初めのうちは、サクサクの雪の感触を楽しむ余裕もあり…

30分も登ると大沼とこの間登った地蔵岳がいい感じに
見えるようになってきました。
2014.1.29.akagi 008

急登。続きます。
10本爪軽アイゼンにしてよかった。
6本爪だったら私には登れなかったわ。
2014.1.29.akagi 009
ずるずる滑りながら、ひたすら1歩ずつ。

たまに上を見ると、真っ青な空に広がるダケカンバの枝。
そして、その枝先には、キラキラ光る霧氷。
風が吹くたび、キラキラ舞い落ちてくるの。
2014.1.29.akagi 012
で、ボ~~~っと見上げてると、足がズルっと滑る。と。(汗)

ツツジの枝先も霧氷でモフモフ。
2014.1.29.akagi 016

稜線に出るとこんななだらかな感じ。こういう雰囲気は大好き。
霧氷のトンネルだよ~☆
2014.1.29.akagi 018

振り返ると、地蔵岳の向こう側に富士山。
2014.1.29.akagi 019

霧氷のトンネル第二弾。
そして、雪庇も成長中
2014.1.29.akagi 022

標高が上がってくると白いモフモフもだんだん大きくなってる。
きれいだな~。
2014.1.29.akagi 026

なんだけど、最後の一登りに大苦戦。
足元はずるずる滑るし、ストックは刺さらない。
って言うか、力が入れられない。
もぉ、しょうがないから手をついて雪をよじ登る感じで…
2014.1.29.akagi 027

ようやく黒檜山と駒ケ岳の分岐に到着。
ここまで1時間半。コースタイムよりしっかりオーバーだけど
私にしては頑張った♪(自己満足)
2014.1.29.akagi 028

後は、なだらかに登っていくと…
2014.1.29.akagi 030

黒檜山山頂到着~。嬉しぃぃぃ。
2014.1.29.akagi 031
けど、山頂はそのままスルーして、先のビューポイントへ行きましょう。
北西に開けたビューポイントは風をさえぎるものがないから猛烈に
強い風が吹きまくり。
でも、期待を裏切らない眺望が待ってたよ~。

左に皇海山。右側は男体ファミリー。
2014.1.29.akagi 032

上州武尊と至仏山
2014.1.29.akagi 034

山頂にぺったりと雲が張り付いている谷川連峰。
でも、平標と仙の倉山はよく見えてましたよ~。
2014.1.29.akagi 049

浅間山。その奥には北アルプスも見えていました♪
2014.1.29.akagi 036

そして、見えるとやっぱり嬉しいお燧サマと会津駒ケ岳。
2014.1.29.akagi 041

日光白根。ア~~~ップ。
2014.1.29.akagi 043

遠くにうっすらと筑波山。
2014.1.29.akagi 044

ビューポイントのツツジの木には、エビのしっぽ。
2014.1.29.akagi 039

あまりに寒くてリュックを降ろしたくなかったから、
お燧サマに向かって影の「シェー」
2014.1.29.akagi 051

かなり猛烈にお名残り惜しいんだけど、ぼちぼち下山しましょう。
地蔵岳を見下ろしながら…
2014.1.29.akagi 053

途中、黒檜山大神。
鳥居は、3分の1くらいが埋まってました。
2014.1.29.akagi 054

黒檜山から駒ケ岳への下山は、夏場は延々と続く木の階段。
冬は、雪のスロープ。怖いんだわ。これが…
2014.1.29.akagi 059
へっぴり腰に降りていたら、「アイゼンを使った下山はこんな風に…」って
知らないお兄さんに教えていただきました。感謝。m(__)m

振り返って…
あの山の向こうに大展望が広がる場所があったんだよね。
2014.1.29.akagi 060
また登りに来よう。

一瞬、通過点のように思っちゃう駒ケ岳。
ここでお昼にしましょう♪
2014.1.29.akagi 063

久々に山シュー。
風が冷たくて手を出したくなかったから、シェラカップに入れて♪
谷川連峰にかんぱ~~~い。
2014.1.29.akagi 070

いつの間にか、ぺったり張り付いていた雲もとれて
谷川岳もピカピカ輝いて見えました。
2014.1.29.akagi 071

駒ケ岳からは延々と鉄の階段が続くけど…
階段わきにトレースがあったり
2014.1.29.akagi 072

スロープ化した階段を気をつけて下りて行くと
2014.1.29.akagi 073

駒ケ岳登山口に到着~。
2014.1.29.akagi 074
楽しかった~。
スノーシューで歩くのとは違う楽しさが雪のお山で待ってることを
知ってしまったのですぅぅ。



ところで…
さぁ、思う存分遊んで、風邪は治ったでしょうか。
残念~。鼻水滴るいい女よっ。
大丈夫。この冬のメインイベントウィークが来るんだもん。
根性で治すわっっ。


スポンサーサイト
2014/01/29

らんでぶー

2014.1.29.akagi 004

日の出30分前。東の空。




朝が来る直前の空で三日月と金星の密会。うふっっ


ん!?
ルナとヴィーナス…
夜明け前の空で静かな女子会か。
















いや、何がどうしたってわけぢゃないんだけどさ
空がとってもきれいだったから。
2014/01/28

結局…


買ってしまった(汗)



そしたら使いたくなっちゃうやんねぇ。
どこ行こっかな~。
2014/01/26

赤城 地蔵岳  景色見ながら一人鍋パ♪

チェーンスパイクを買ったので、どこか雪のお山に登ってみたいな~。と、
ずっと考えていました。
どこなら行けるかな???

見つけてしまいました♪
赤城の地蔵岳。
八丁峠の登山口なら、登り30分!!
決まりですっっ!
2014.1.24.akagi 001
私は小沼の駐車場に車を停めましたが、八丁峠にも駐車スペースがありました。
登山口から、しっかり山頂は見えてるし♪

登山口から山頂までは、なんと!!  600m
2014.1.24.akagi 002

足跡はスノーシュー。ワカン。アイゼン。長靴まで。
2014.1.24.akagi 003

青空に向かって…
なんて気持ちがいいんだろう~。
2014.1.24.akagi 004

登山口からホントに30分で山頂着。
地蔵岳の山頂には、国交省の雨量レーダーや、テレビ局のアンテナが
たくさん並んでいます。
麓から眺めることはたびたびあった景色が目の前に~。\(^o^)/
2014.1.24.akagi 006

地蔵岳には、お地蔵さんが並んでました。
2014.1.24.akagi 037
なぜか、みんな頭がないけど。(汗)

目の前には、赤城山の最高峰の黒檜山から、駒ケ岳。
そして、大沼。
2014.1.24.akagi 014

大沼では、氷に穴をあけてワカサギ釣りをしている人がたくさん。
2014.1.24.akagi 011
一度やってみたいんだよね。

そして、遠くには、、、、、、うわっっ。鼻血出そっ。(汗)
2014.1.24.akagi 007

愛しのお燧サマ。その右奥には大好きな会津駒ケ岳。
2014.1.24.akagi 008

ど~んと存在感十分の上州武尊山。その右側には笠ヶ岳~至仏山。
2014.1.24.akagi 009

真っ白に輝く谷川連峰。
2014.1.24.akagi 010

大好きな尾瀬の山。お燧サマと至仏山の間の平らなところは
これまた大好きなアヤメ平があるんだろうな~。
その奥にちょこんと見える景鶴山。
2014.1.24.akagi 018

今年は絶対行くね♪ の、苗場山。
さらに志賀高原から草津白根山。
2014.1.24.akagi 021

どどんと存在感十分の浅間山。
2014.1.24.akagi 034

南に開けているところまで出てみようかな~。
森の中は雪が深くて、太ももまでズボッと嵌りまくり。
もぉ、楽しすぎるっ!!!
2014.1.24.akagi 022

奥秩父の山々の向こうに、富士山。
2014.1.24.akagi 024

富士山。あ~~~っぷ。
2014.1.24.akagi 031
そのほか、八ヶ岳。南アルプス。北アルプスまで見えちゃいました。
30分しか登ってないけど、、、(笑)

山頂のあちこちに立ってるアンテナたち。
不自然な人工物すら絵になってるように思えてきちゃう。
2014.1.24.akagi 032

雪が深いところでねっ転がったら絶対起きられそうにないから
雪の薄いところでまたまた千手観音♪
2014.1.24.akagi 033

広い山頂をぐるっと一回りして、お地蔵さんのところへ戻ってきたら
お燧サマに向かって、ポーズ♪
2014.1.24.akagi 035

さて、絶景をおかずに一人鍋パ。締めはうどん。
「鍋キューブ」が密かなマイブーム。
2014.1.24.akagi 043
気がつけば2時間以上山頂でまったり。
片付けを始めた13時ごろ、団体さんが登ってきました。
結構ご高齢な方々、20人くらい。
一通りシャッターを頼まれてしまうのが単独の悲しいところ。
それがすんで、片付けをしながら、人間ウォッチング。
2014.1.24.akagi 038
30代と思われるガイドのお兄さんを捕まえて、真っ正面に武尊山が見えてるのに
「武尊山はどれですか?」「あれが武尊山ですか?」と。
ガイドのお兄さん。
「いやぁ、あれは武尊山ではないですね。武尊は、あっちです」と
真っ白な谷川岳を指している。
おばさま「じゃ、谷川岳は?」
ガイド「こっちですね~」と、仙の倉。平標を指している。
おばさま。武尊山の右隣に見える白い山を指して「あっちの白いのは?」
ガイド「日光白根ですね」  …なんだそうです。(笑)  
おばさま「じゃ、男体山は?」
ガイド「黒檜岳の後ろです」    …当たりです。(笑)


新しい知識を仕入れたところで(汗)下山しましょう。
2014.1.24.akagi 044

関東平野はかすんでしまってるけれど、街にダイブする感じで…
2014.1.24.akagi 045

ぽかんと口を開けたように小沼。
全面凍ってます。
2014.1.24.akagi 046

せっかくだから、小沼にも寄ってみましょう。
小沼から見上げた地蔵岳。
2014.1.24.akagi 047

湖の上で…
2014.1.24.akagi 049
時々ズボッと嵌ると、うわっ、落ちた!?  ってかなり焦ります。
犬たちを雪遊びに連れてくる人が多いみたくて、人の足跡と一緒に
犬の足跡もいっぱい。

雪から顔を出したモフモフ。
かわいいっ。
2014.1.24.akagi 062
小沼で、黒檜岳に登ってきたという人としばしおしゃべり。
黒檜岳の絶景ポイントからも、いい眺めが楽しめたそうです。
いつか、、、あっち側にも行ってみたいな~。

新しい楽しみを知ってしまいました。
雪のお山。最高♪
2014.1.24.akagi 050

帰りに赤城神社でお参り。
赤城神社は女性のお願いをかなえてくれるそうですよ~。
2014.1.24.akagi 063
もちろん、今年も元気に山歩きができますように。。。
ってお願いしてきました。(*^^)v






ちなみに、赤城山までの道路。標高1000メートルを過ぎたあたりから
完全に凍結路です。場所によっては、光り輝いてました。
小心者の私は20㎞/hキープででしたよ~。
2014/01/22

金精山の神様に感謝! の雪遊び♪

今日の天気予報は午前中は日本海側で雪。
夕方から関東地方平野部で雪!?
お昼前ならお天気大丈夫かな??? と思いながら、
今日のスタートも湯元温泉源泉から~。
2014.1.21.konsei2 001
雪降ってきてるし。(-_-;)

冬季閉鎖になっている金精道路を登っていきます。
2014.1.21.konsei2 004

足元に…
2014.1.21.konsei2 003

風がつくった模様
2014.1.21.konsei2 009
きれいぢゃ。

見下ろしても
2014.1.21.konsei2 007
きれいぢゃ。

スノーシューを履いていてもひざ下まで潜っちゃうような所もあれば
雪がついていないような所もある。
2014.1.21.konsei2 008

で、本日の目的地。
鉛色の空に聳える金精山。人を寄せつけないような
荒々しさを感じる雪の壁。
2014.1.21.konsei2 020

さて、ここで…
ん!? まさかの三脚忘れ???
じゃ、リュックの上にカメラを乗せて。と。
2014.1.21.konsei2 025

わぁ、なんか、青空がのぞき始めてる~\(^o^)/
2014.1.21.konsei1 012

ひゃぁ、すっかり青空だぁ~\(^o^)/
2014.1.21.konsei1 030

山頂。あ~っぷ♪
2014.1.21.konsei1 029

嬉しくって手をバタバタ。
2014.1.21.konsei2 028
そしたら、天使ができました♪

もっともっとズームしてみると…
2014.1.21.konsei1 031
険しい岩肌にくっつく雪。
そして樹氷。神だよ…

金精さま。ありがとうございます。
2014.1.21.konsei1 034

2014.1.21.konsei2 033


後は、道路を離れて、森の中で宝物でも見つけましょう。

でんでんむしむし カタツムリ
2014.1.21.konsei2 042

かわいいな~。
2014.1.21.konsei2 046

2014.1.21.konsei2 053

きのこちゃん。
2014.1.21.konsei2 064

2人そろって、バンザ~~イ。
2014.1.21.konsei1 040




そして、今年も『全日本氷彫刻奥日光大会』
2014.1.21.konsei1 043

職人さんが一晩中かけて作った氷の彫刻
2014.1.21.konsei2 067

こんな繊細な作品も、時間がたてば溶けてなくなっちゃうけれど…
2014.1.21.konsei1 041

それが氷でできているのを忘れちゃうほど透明な作品たち。
2014.1.21.konsei2 066
夜には、ライトアップされるそうですよ~。
2014/01/17

全力お母さんWEEK

なおやんの成人式のお祝いコメントをくださった皆様。
本当にどうもありがとうございました。
まとコメでごめんなさい。m(__)m

無事に成人式を終え、彼は、大好きな「いもフライ」を食べてから、
あっという間に東京へ帰っていきました。
なんだか、しっかり者なんだけど、相変わらずのすっとぼけな
笑い話を残して…(汗)


確かに子供たちがこのくらいの頃は全力でお母さんやってたっけ。
もう、かれこれ15年近く前のお話。(chikoやん13歳(爆))
odaiba 001
その時と同じくらい全力でお母さんしようと思ってたけど
あえなく撃沈~。(笑)
まぁ、もう、親としてやってあげられることっていくらもないんだな~。
そして、ここでこうやって3人でご飯を食べる機会なんて
もしかしたら数えるほどしかないのかな~。なんて思ってしみじみ。

ただ、2年前、東京へ行った頃には、「別に」と「普通」しか
喋れなくなっちゃったのかと心配になる程(嘘)言葉少ない息子
だったけど、久しぶりに会った彼と、会話が成立してる!(笑)

観覧車の窓の外に見えるビルの中でのバイトは、調布からお台場までの
移動時間を考えたら、お給料的には良くないけど、すごく楽しいらしい。
そして、将来の夢まで語るようになるとは…
                    そりゃぁ、びっくりだわ。

身長差20センチ。
でも、体重はほぼ同じと言うかなり残念な(汗)我が家の姉弟。
2人が揃って一番喜んだのは、ばぁちゃんかな。
私に内緒で、こっそりお小遣いを渡してたらしい。
それをペラペラしゃべるめぐやん。(汗)
img1389935772832.jpg
4月からのお勤め先の近くのアパート探しが楽しくて仕方ないめぐやん。
彼女も東京へ戻り、戻ってきた静かな時間。




とりあえず母は、毎日を元気に生き生きと過ごしますわん。
2014/01/10

嬉しいメール


我が家には去年の9月に二十歳になった息子がいるらしい。
ってことは、今年、成人式。
調布市に住民登録してある彼が、佐野の式典に参加するためには、
申し込みをしなきゃならない。

10月のある日、成人式はどうするのかメールしてみると
「予定が入らなければ帰ります」と。

ふ~ん。と思いながら、時間は過ぎ…

「成人式に新しいスーツを作る?」

…シカト(汗)


「成人式の式典の案内が来たよ。時間は…」

…シカト(泣)


一応、コートとYシャツとネクタイは準備して、



「で、どんな予定で考えてるの?」

3日後
「土曜日の昼過ぎに調布を出ます」と。

飛び跳ねて喜ぶ母
息子よ。ゴメン。
母的には「大学、受かってました」のメールより、
今度のメールの方が嬉しかったかも(笑)





あんまり嬉しかったので、「めぐやんも帰ってくれば~?」
と、調子に乗ってメールしてみると…
こちらは、即レスで
「わかった。私も土曜の昼ごろ清瀬を出るわー」と。

同時に2部屋使うってことは、物置部屋を片づけなきゃ。

てんやわんやな連休の予感。(#^.^#)
2014/01/07

ほぼ360度の展望台♪ 鳴神山で感動の再会!?

鳴神山。
桐生市の中心街から車で20分くらい山間に入ったところにある山です。
春には「カッコソウ」「ナルカミスミレ」他、たくさんの花が咲きます。
カッコソウを見に行った時の記事はこちら。→鳴神山のカッコソウ

今日は、雪をかぶった山々を愛でに出かけましょう~☆

スタートは、春に歩いた時と同じ。
大滝登山口から。
2014.1.7.narukami 001

歩き始めて間もなく「大滝」
で、滝の近くには、お不動さんがいらしたので、手を合わせ…
2014.1.7.narukami 002

地面から染み出た水が凍って、氷柱がキラキラ光ってました♪
2014.1.7.narukami 003

まっすぐにのびた杉林の中をのぼっていきます。
2014.1.7.narukami 004
この後、2回。リスに遭遇。
野生のリスが姿を見せてくれることはまずないだろう。って
ずっと思っていたからもうびっくり。
初めは、鳥かな?って思ったんだけど、枝先に移動する姿は
野生のリスさんでした。感動~☆

時々、まぁ、ほぼ沢みたいなところを登っていきます。
2014.1.7.narukami 005

おじいちゃんと一緒に山登りの男の子。
枯れ葉滑り台で遊んでましたよ。
彼はこの後、穴と言う穴を覗きこんで「熊が冬眠してないかな~」
「ここはリスの巣穴かな~?」とじっくり観察しながら登ったそうです。
2014.1.7.narukami 006

ようやく空が近くなってきた~。
葉っぱの落ちた明るい森。空がとっても青い。
2014.1.7.narukami 008

マフラーを巻いた狛狐。
2014.1.7.narukami 011

地元の人の手作りなんだそうです。
2014.1.7.narukami 012

さらに一登りで鳴神山山頂~☆
2014.1.7.narukami 021

2014.1.7.narukami 030

さぁ、雪をかぶった山々を愛でましょう~☆
まずは、男体山。その横にちょこんと太郎山。
左前の白い山々は、どうやら半月山~社山~黒檜山っぽいね。
2014.1.7.narukami 013

八ヶ岳
2014.1.7.narukami 019

富士山
2014.1.7.narukami 020

右の真っ白な山が白根山。
そして、皇海山。袈裟丸山が近いっっ。
2014.1.7.narukami 025

上州武尊山の頭がちょこんと。
2014.1.7.narukami 027

筑波山
2014.1.7.narukami 028

浅間山。
2014.1.7.narukami 034

赤城山
2014.1.7.narukami 041
鳴神山の山頂からは、赤城山はほぼ見えなかったので、お隣のピークから。

鉄塔の向こうに真っ白に輝く谷川連峰。
2014.1.7.narukami 042

そして、運命の再会をしたのは、この子っ。
ラブちゃん。
おとなしくって、とってもなつっこいワンちゃん。
ラブちゃんのお父さんは、年が明けてもう6回も鳴神山に登っているそうです。
今日、、、、7日です~。精勤賞!?
地元の人に愛されてる山なんだな~。って改めて思いました。
2014.1.7.narukami 029

早お昼を食べたら、名残惜しいけど下山しましょう。
山の北斜面には、雪が残っていました。
2014.1.7.narukami 043
滑らないように気をつけて…っと。

氷のオブジェ
2014.1.7.narukami 045

沢の横をずんずん歩いて…
2014.1.7.narukami 046

小さい滝なんぞを見ながら、山頂から1時間ちょっとで
2014.1.7.narukami 048

コツナギ橋登山口。
2014.1.7.narukami 049
お花の時期も素敵だけど、山頂からの眺めもとっても素敵な鳴神山。
また、ラブちゃんに会えるかな~?