2014/02/28

4年間ありがとう  そして…

4年間お世話になった大学の寮。
いよいよ引っ越しも完了して、鍵を返してきました。
2914.2.27.nobinobi 001
「もちろん、自宅から通う~」と言っていた大学は
センター試験の失敗が響いて残念な結果に。
思い切り心細そうな表情のめぐやんを後ろ髪引かれる気持ちで
寮においてきたのは、ついこの間の話のよう。
初めのころこそ、半ベソで電話をかけてきて、弱音を吐くから
新大宮バイパス飛ばして会いに行ってみたり、佐野で夕食食べて
夜中に送って行ったり。。。なんてこともあったけど、
半年もすれば、ちょっとだけ不自由な寮生活も楽しむ余裕ができて
それはそれは楽しい4年間だったそう。


まぁ、これからはお仕事しながらの1人暮らし。
めぐやんなら大丈夫だろ。っていう妙な安心感。
母は田舎で遊び呆けていますさ。















そして…
4年間ずっと気になっていた「のびのびロール」
いよいよ初対面。
2914.2.27.nobinobi 002
お店に入ると、ショーケースの中にドーンと鎮座する(笑)
長~~いロールケーキ。
思わず、店員さんを前に「でかっっ」っと言ってしまいました。
その後も、妙に笑いが止まりません。
その笑いは、車に戻ってからも…。


新座市野火止の交差点近くにあるからのびのびロールなのかと思っていたら
どうやら、のびのびと長いロールケーキだからなようです。

で、どのくらい長いのかと言うと…
2914.2.27.nobinobi 004
CD3枚弱。
「子供10人が満足できる大きさ」が、キャッチコピーのよう。
恵方巻きを食べるように食べてみたいね~。なんて言いながらも、
もちろん、めぐやんと2人で食べるわけにもいかず、
彼女の大好きなバイト先の店長&お仲間におすそわけ。

清瀬に行くはもおそらくあと1回。いよいよ卒業式だけ。。。かな。
秋津駅ー新秋津駅間にあるケーキ屋さんも一度行ってみたかったんだけどな~。
こちらは、どうやら幻となりそう。
スポンサーサイト
2014/02/20

切込・刈込湖のちょいと先 涸沼

ちなみに、グリーンシーズンはこんな。
2012.8.19.karikomi 042
切込刈込湖ハイキングコースの中で一番好きな場所。

さぁ、冬は、どんな景色を見せてくれるんでしょう~。

湖を離れ、ちょいと森の中を歩く。
こういう雰囲気はホントに大好き。
おそらく夏道とはそう離れていない場所を通ってるはず。
2014.2.12.karenuma 035

この日、あちこちで見かけた虫。
セッケイカワゲラとは違うけど、きっと雪の上で生活するのに適した虫なんだよねー。
クモにも似てるしザトウムシにも似てる。お名前は不明~。
2014.2.12.karenuma 037

そして、気持ちのいい斜面を走り降りて、途中でコケて、
目の前に広がってきたのは、北欧みたいな景色。
2014.2.12.karenuma 039
ホント、シカがトナカイに見えてきちゃう。


山王帽子山。ホントだ、改めてみたら、帽子みたいな形してるね。
去年の秋、この山を越えて太郎山へ行ったんだよねー。
また、男体山の後ろ姿を眺めに太郎山。行きたいなぁ♪
2014.2.12.karenuma 040

静かな静かな涸沼。貸切~。
2014.2.12.karenuma 042

涸沼の中。
夏場は立ち入り禁止になっている場所にトレースたくさん。
もぉ、ダメぢゃん。なんて思いながらよく見たら、その犯人はシカ達でした。
2014.2.12.karenuma 046

再び、ぐるぐるぐるぐる。
2014.2.12.karenuma 048
たのすぃぃ。

グリーンシーズン大好きな場所は、冬も素敵な場所でした。
2014.2.12.karenuma 049
ただ、刈込湖経由で1人で来るのは、危険すぎ。
名残惜しくって、景色を何度も眺め返しちゃう。

駆け下りた斜面をヨロヨロ登って、森を抜けたら切込湖。
湖の端を気をつけて歩いて…
2014.2.12.karenuma 051

所々、前日歩いたと思われる足跡からは、水が染み出てきている。
うひゃぁ、落ちたくないよぉぉ。
2014.2.12.karenuma 052
どこを通って帰ろうかなぁ。
自分会議の結果…

切込湖 刈込湖のくびれの部分で湖を横断。怖し。((+_+))
2014.2.12.karenuma 054

そして、刈込湖の北岸を通って戻りましょう。
こっちなら、最悪森の中を歩けそうだからさ。
2014.2.12.karenuma 055

湖の北岸は日当たりがいいから、あちこちで氷が緩んでいたり、
雪が腐っちゃってたり…
2014.2.12.karenuma 056

朝の休憩地点まで戻ってきました。
青空の向こうに太郎山。きもちいい~。\(^o^)/
2014.2.12.karenuma 058

大好きなドビン沢上部の景色なんかを眺めつつ
2014.2.12.karenuma 059

日が傾いてきたから、ちょっとだけ急いで帰りましょ~。
それでも、やっぱり日が伸びてきたなぁ。
12月だったら3時過ぎたら心細くなりそうだもんね。
2014.2.12.karenuma 060

小峠では、抜けるような青空。
2014.2.12.karenuma 061

蓼ノ湖の端を歩くのも、氷が緩んでヒヤヒヤ。
足を一歩出すたびに、近くの水面が揺れるんだもん。
私の体重に耐えてくれ~。って祈るような気持ちで通過。(汗)
2014.2.12.karenuma 063

気温が下がってくると、源泉からの湯気の白さも増してきて…
2014.2.12.karenuma 064

反対側の斜面では、お猿さんがお食事中♪
2014.2.12.karenuma 065

ブルさんも推奨。
五色山の斜面にいい感じに立つ木。1本。
2014.2.12.karenuma 066
今度あの稜線を歩くのは、前白根に女王様が咲いた時♪
ぜひ、淡いピンクの奥白根の女王様と濃いピンクの前白根の女王様。
2人の女王様にあってみたいなぁ。やっぱ、ひとまわり。。。か。頑張れ。私♪

夕日に照らされた男体山。かっこいい~☆
と、ちょっとだけ寄り道。
2014.2.12.karenuma 068
2014/02/18

刈込湖のちょいと先まで

大人の雪遊びで燃え尽きた庵滝ツアーの4日後。
まだまだ筋肉痛が残る中、奥日光再び♪
リハビリハイキングの目的地は、涸沼。
切込・刈込湖ハイキングコースの中で一番好きな場所です。

ただ、冬はあまりメジャーなコースではないので、ちょいと不安は残るけれど…

今日も湯元温泉源泉から元気にスタート。
2014.2.12.karenuma 002

第一難関。源泉から金精道路まで。
笑顔でクリア。遊び歩いてる成果をここで発揮♪(笑)
2014.2.12.karenuma 003

冬道をたどって森の中に降りて行きます。
ほんの4日前はフカフカの新雪だったけど、この日はもうザクザクの春の雪。
2014.2.12.karenuma 007

初っ端から、誰も踏んでいない雪原に寝っ転がり
「阿修羅~」とかやって遊んでみる。
2014.2.12.karenuma 008
で、手の数が多すぎちゃったことに後で気づくと。(汗)

森を抜けるとパッと視界が開けて蓼ノ湖~。
手前のまっさらな雪原の下は湖。凍ってます♪
2014.2.12.karenuma 009

風がないので、凍ってない部分はとってもきれいな水鏡。
2014.2.12.karenuma 010
湖の端を歩いて行くんだけど、ドボンしないかヒヤヒヤもの。

前日はたくさんの人が入ったみたいだけど、今日は貸切♪
2014.2.12.karenuma 011

木に残るドライフラワーなんぞを眺めつつ、
2014.2.12.karenuma 013

小峠まで一登り。
初めて登った時は口から心臓が飛び出るんじゃないかと思ったけど
遊び歩いた成果がここでも。\(^o^)/
あれよあれよという間にヒロハカツラの大木♪
2014.2.12.karenuma 016

緑のモフモフ。かわいいっ。
2014.2.12.karenuma 019

そして、小峠着。
12月の末に歩いた時より10センチ以上は積雪が増えてるかな?
2014.2.12.karenuma 020

振り返れば、木々の向こうに凍った湯の湖。
2014.2.12.karenuma 022

ちょっと進んで、ここでトレースが二手に。
右は夏道。左は冬道。
もちろん、冬道を選択♪
2014.2.12.karenuma 023

まっさらな雪原を見つけたら、さっそく仕入れた新種のお遊び開始♪
外側から中心に向かって…
で、真ん中まで行ったら逆方向へ地ならし。地ならし♪
そしたら、きれいな蚊取り線香\(^o^)/
2014.2.12.karenuma 026

地衣ちゃん、かわいい。なんて見上げながら、静かな森をずんずん進み…
2014.2.12.karenuma 027

ドビン沢下部。
暮れの時は、雪が薄くて、思わず踏み抜き。勝手に縦埋めになっちゃった
場所も、雪がしっかりついて、これなら安心して下れます♪
2014.2.12.karenuma 028

そして、ちょっと歩くとパッと視界が開けて、刈込湖。到着♪
この、突然視界が開ける感じは、ホントに大好き。
2014.2.12.karenuma 029
刈込湖。貸し切り~。
ここでお茶を飲みながらしばしのおやつタイム&自分会議。
この先に進むのに、どうしよう。
湖横断のトレースはあるけど、わたし的には渡りたくない。
夏道は、きっと片斜面なんだろうな~。
湖の南側を辿るトレースは、どこへつながってるんだろ。

そして、ここで、お財布を車の中に置いてきたことに気づく。
涸沼から光徳へ抜けてバスで帰る計画は崩れ落ちる~。
ってか、涸沼から山王峠へ上がれないだろうからいいんだけどさっ(汗)

自分会議の結果、夏道をたどっていくことに決定~☆
でも、どこが夏道か。。。わからん。
進んで戻ってまた進んでまた戻って、、、
とりあえず、刈込湖と切込湖のくびれの部分までは無事到着。
2014.2.12.karenuma 032

延々と片斜面。時々踏み抜いてはまること数回。
これ以上夏道は進めない。
諦めて斜面を降りて切込湖の上を歩くことにしましょ。
2014.2.12.karenuma 033

グリーンシーズンは湖になっている場所から振り返って温泉ヶ岳方面。
でも、精神衛生上、あまりよろしくないわな。
場所によっては、前日歩いた人と思われる足跡。水がしみてるところもあるし。
2014.2.12.karenuma 034
でも、ここまでくれば、大好きな涸沼までもう少し♪

2014/02/13

20年に1度の大雪の日。がっつり大人の雪遊び。

冬の庵滝ツアー。
湯元のドSネイチャーガイドのべー太さん。
そして、参加の皆様。楽しい時間をホントにありがとうございました。
今回「はじめまして」の方もいらして、とっても楽しみにしていました。
Layla隊長
Y子さん
山狸さん
yosiさん&naoさんご夫妻
晴れさん&晴れ夫(はれおっと)さん→ご夫婦の力関係が垣間見られる?(笑)
ブルさん
そして、私。


…が、、、、
私の中で、ブルさんが「はじめまして」であるってことをすっかり忘れてました。(笑)
早朝の散歩を終えて車の中でシュークリームを食べていると
何やら大きい人がニコニコしながらこっちを見ている。えっと・・・???
思考回路がつながるまでに、数分かかりました。(汗)
朝っぱらから魂が飛んでました~。(笑)

自己紹介の後は、さっそく出発です。
しばらくはスノーシューを手に持って森の中を歩いて、
太鼓橋を渡ったところでスノーシューを装着。
2014.2.18.ioritaki 006

足元だけを見て夢中に歩いてると思わぬ危険があるよ~。
なんて話も聞きつつ…
2014.2.18.ioritaki 007
サクサク歩くnaoさんの歩き方なんぞを研究させてもらいながら

大好きなダケカンバの大木まで登ってきました。
2014.2.18.ioritaki 008
お天気が良ければ、この木の向こう側に目標となる二つのピークが
見えるんだけどこの日は乳白色の世界。

ここまでくれば、庵滝までもう少し♪
2014.2.18.ioritaki 009
なんだけど、私の中では、ここまではどう歩いてきたらいいか
イメージできるんだけど、この先がどうしてもイメージできないのよね。

・・・そうすると、変な尾根を登っちゃうのよねぇ。(汗)


庵滝。到着~☆
やっぱり凍った滝の姿。美しいです~。
2014.2.18.ioritaki 013

太陽の光が入ると氷が蒼く輝くのかと思っていたけれど
思った以上に蒼い氷柱。感動~。
2014.2.18.ioritaki 015

1月末の温かさで主瀑の一部が崩れちゃったけど、
それはそれでこの時しか会えない滝の姿。
なかなか味があります。
2014.2.18.ioritaki 016

滝の裏側に回って覗きこむと、、、
2014.2.18.ioritaki 017
ソーダ色♪

主瀑の裏側も
2014.2.18.ioritaki 018
ソーダ色♪

主瀑の裏側にぶら下がる「逆さニョロニョロ」に大喜び♪
2014.2.18.ioritaki 019

ダイモンジソウが咲く岩壁には、真っ白なもっふもふ。
2014.2.18.ioritaki 020

神秘的な光景をしゃがんで覗いてると…
2014.2.18.ioritaki 023
誰だぁ「背中を押したらおもしろいかもぉ!」とか言ってるのは!?!?

滝の裏側から外の世界を覗きこむ
2014.2.18.ioritaki 025
大雪(^O^;

名残惜しいけど、滝とサヨナラして、帰ります~。
2014.2.18.ioritaki 029
豪快に雪遊びをしながら…

誰も踏んでいないまっさらな雪原を思い思いに歩いたり
2014.2.18.ioritaki 030

日光4人娘。
手をつないでバタッと倒れて4人のスノーエンジェルを作ったり
(正確には3人の天使と1人の千手観音!?)
DSCN1184.jpg DSCN1185.jpg
ベー太さんからのいただきもの
そうそう。その前に、リュックのチェストベルトが凍りついちゃって
外そうとしても外れなくて大慌てだったり…

Layla隊長の「走るよー」の一声で、リュックも持たずに走りだし
またまたリュックまで走って戻り、急いで背負ってまた走る。(汗)
フライングしてたのは、誰だぁ!?

急な斜面をよじ登り…
(いや、ごめんなさい。最後は引っ張り上げてもらって)
絶叫と共に斜面を滑り降りる。
DSCN1190.jpg DSCN1194.jpg
ベー太さんからのいただきもの


yosiさんの雪原へのいたずら書き。
蚊取り線香型ミステリーサークル
の発展版。
みんなで手をつないでグルグルまわろう。
・・・から、ロープを使おう。みたいな話になって、共同作品。
ミステリーサークル。(^O^)
2014.2.18.ioritaki 038
この制作過程は、y子さんのブログをご覧くださいね~。
大雪の庵滝〈遊び倒し編>

歩いて、笑って、埋もれて、叫んで、、、
リュックのポケットいに入っていた「やさしい麦茶」は
麦茶フラペチーノになっていました。
そして、ほら。キャップの内側には内キャップが…。
2014.2.18.ioritaki 040

小田代ヶ原の東屋で最後の休憩。
まだ走りまわるパワーが残ってるっ。(^^v
日々、無駄に遊びまわった成果が出てる?(笑)
2014.2.18.ioritaki 041
そして車の待つ赤沼まで最後の力を振り絞り1時間。

ホントに楽しかったぁ。
ベー太さん。日光に集う変人の皆様。ありがとうございました。
もう、冬の定番イベントだよねっ??ねっっ?
また遊んでくださいね~\(^o^)/
2014/02/10

20年に1度の大雪の日の雪遊び。…の前と後。

その日の前日…

ニュースで「昨年の成人式の日よりも大雪になるでしょう」
「外出は控えるようにしましょう」と、盛んにアナウンスされている。

・・・どうするよ!?

この冬一番のイベント。「欠席」は絶対にあり得ないので、作戦を練る。
いろは坂を登れちゃえば、あとは何とかなるだろう。
時間天気を見ると6時過ぎから雪マーク。
これは、降りだす前に行くしかないな。
4時半出発。7時着予定。。。かな?
すでに、馬返しで大雪だったら、日光駅からバスで行こう。
一応、チェーンも積んで。っと。

そんな訳で、3時少し前起床。
オリンピックの開会式を見ながら準備をして、3時半にゴミを出しに
外に出た時にはまだ雪は降っていませんでした。
開会式が終わって、4時のニュース。
「都内では1時半頃から雪が降り出し…」
ん!? と、外を見ると、すでに白い。
やばっっ!! と、急いで出発。

東北道。すでにシャーベット状の雪が積もり始めて、60キロの速度規制中。
さすがにこんな天気。走ってる車も少ない。
私にしてはホントに珍しく、80キロキープで(おいっ)北上。

さすがのいろは坂。すでに1回除雪が入っているようで、
これならチェーンを巻かずに行けるかな?
これまた私にしてはおとなしい運転で無事奥日光着が6時半。
高速使って2時間半。雪のない時の所要時間+1時間。ってところ。

さぁ、今日の集合時間。9時。
それまで何して過ごしてるよ。と、とりあえず光徳へ行ってみる。
光徳沼でも散歩しようかな。と思って。
駐車場に車を停めてみたけれど、ふと思う。
ここに1時間いたら、車が出せなくなるな。
せっかく来たけど、逆戻り。集合場所の赤沼茶屋へ。

時間まで寝てるかな。とも思ったんだけど、7時過ぎて明るくなってきたので
戦場ヶ原までお散歩~。
フカフカの雪が積もってるけれど、ツボ足で何とかなるだろう。

静かな静かな湯川沿い。
歩いていると、突然カモさんが鳴きながら飛び立つ。
うひゃぁ、びっくりしたぁ。
2014.2.18.ioritaki 002

どうもカンボクの実は鳥たちには人気がないようで、
まだまだたくさん残っていました。
でも、モノトーンの景色の中で赤い実を見つけるとやっぱりとっても嬉しい♪
2014.2.18.ioritaki 004

グリーンシーズン中、みんなに触られまくってつやつやしていたオブジェ。
雪をかぶって冬眠中。
2014.2.18.ioritaki 005
このちょっと先で、Uターン。

そして、この冬のメインイベントでは、絶叫あり。爆笑あり。
で、こ~~~んなのを見て
2014.2.18.ioritaki 018

こ~~~んなことをやって
2014.2.18.ioritaki 038
17時。後ろ髪をひかれながら解散~。

10時間ぶりにエンジンがかかった愛車。
まずは、発掘して、凍りついたフロントガラスを溶かして
最後は、べー太さんに車を押してもらって駐車場から脱出。

龍頭の滝付近はいい感じに走れてたから、これならいける!?
と思ったけれど、中禅寺湖畔へ出ると、うひゃぁ、こりゃがっつり。

とんかつ 浅井さんがまだやってる。寄りたい~。
でも、寄ったら、車、動かせなくなるかも。。。で、後ろ髪引かれながら通過。
あ~、ソースかつ丼。さようなら~~~。(泣)

ひと冬に何度も奥日光へ来るけれど、こんなに雪の積もったいろは坂に遭遇は珍しい。
どんなに後ろに車がついてたって、ゴメン。マジ怖っっ。で、20キロキープ。

日光市内。コンビニに寄りたい。でも、駐車場。大丈夫か!?で、通過。
杉並木街道。風が吹くと、突然気に積もった雪がぶぅわぁぁぁっと
落ちてきていきなり前が見えなくなる。
鹿沼市内まで戻ると、まぁ、なんとか帰れそうだな。

…ここ油断して、で重大な判断ミスをする。
こんな天気の時は、ちょっと遠周りでも、絶対栃木市を抜けて
R50で帰るべきだったんだけどR293で行けるだろう。。。。と。

西方から都賀付近では、猛烈な地吹雪。
ここ…戦場ヶ原ではないんですけどぉぉぉ。

佐野まであと40分のところで、完全に(泣)が入る。
ハザードたきながら30キロキープで無事佐野市内へ。
日光から下道4時間。(普段なら2時間半)
やっと家に着いたよ~。駐車場。雪だよ~。

自分の駐車場を前にして、まさかの最後の雪かき。



そして、只今、絶賛、筋肉痛中。



えっ、滝はどうしたって?
ほぼ、写真をとる余裕がなかった(遊び過ぎてたとも言う)ので
みんなにお写真恵んでもらってからアップします。多分(笑)
2014/02/08

大雪


家から日光までずっと雪道(笑)

今日、ちゃんと帰れるんだろか。
朝からちと心配。
2014/02/03

早春と冬。欲張る。

  梅一輪
2014.2.2.hodosan 017

          一輪ほどの
2014.2.2.hodosan 019

                     あたたかさ
2014.2.2.hodosan 016


いつも一人で遊び歩いていたのでは申し訳ないので
たまには母を誘ってお出かけしましょう。
最初、週間予報では2日(日)は曇り一時雨。
でも、前日の予報を見たら、曇りのち晴れに変わってる♪
私、もしかしたら最強の晴れ女かも!? なんてバカなことを思いながら
秩父まで。

まぁ、母と出かけると、ほぼ決まって半分買い物ツアーになる。
朝からルート上の道の駅に片っ端から寄って、新鮮な野菜やら甘いものまで。
朝一で深谷ネギなんぞを仕入れちゃったものだから、1日中、車中ネギ臭。

宝登山でロウバイが見ごろになったらしい。
さぁ、行きましょう。
2014.2.2.hodosan 001
これ乗って。

ロープウェイから降りると、さっそく福寿草がお出迎え。
2014.2.2.hodosan 003

マンサクの花も開き始めてました。
2014.2.2.hodosan 004

宝登山神社にお参りして、更にそこでもお買い物をして(汗)
2014.2.2.hodosan 007

早春のお花見。辺りには、ロウバイの甘~~~い香りが漂ってます。
2014.2.2.hodosan 009
黄色い花を見ると「あ~、春が来たんだなぁ」って思ってしまいます。
ロウ細工のように薄く透き通ったような花びら。
結構好きな花の一つです。

まだ、満開ではないけれど、それでも枝の先が黄色く色づいてると
それだけでニコニコしてきちゃう。
2014.2.2.hodosan 013

遠くの山々はかすんでいて…
2014.2.2.hodosan 011
ホント今日は春の陽気。

お休みの日なので本物の山ガールから本物の山おばちゃんまで。
大賑わい。
2014.2.2.hodosan 021

そして、秩父と言ったらみそポテト。
2014.2.2.hodosan 022
串に刺したジャガイモがてんぷらの衣で揚げてあって
甘辛い味噌がかかってるの。

そして、午後は、三十槌の氷柱へ…。冬です。
こちらは斜面に水を流して作った人工の氷柱。
おっきさはばっちりです。
氷でできたシャンデリアみたい。
2014.2.2.hodosan 025

こっちは、岩の間から染み出て来た石清水がじんわり凍ってできた
天然の氷柱。
大きさは人工のものより小さいけれど、でも、雰囲気とか、全体の形は
絶対自然が作り上げたものの方がいい感じ。
2014.2.2.hodosan 030

今日は節分。明日は立春。
さぁ、立春過ぎたらお雛様を飾ろう。
そしたら、桜もち~☆