2014/09/29

とんでもない隊は行く!@1度で2度おいしい会津駒ヶ岳

2週連続の会津駒ヶ岳。(笑)
お盆の時に、とんでもないトリオで富士見林道経由キリンテまで
歩いた時に、「次は、草紅葉の頃の会津駒だね」と。

前の週の草紅葉は、まだ、根元に緑色が残る感じ。
1週間たって、きっと、完全に金色に輝く草原が待ってるはず。

まだ薄暗い滝沢登山口に集まったのは、リンゴさんyukoさん
DSC03687.jpg
じゃじゃ馬娘の操縦。もとい、じゃじゃ馬娘に操られることには
すっかり慣れたリンゴさん。
日光3人娘の長女。yukoさんには、どんなふうに操られるんだろうと
猛烈に怯えていた。。。
と言うには、ないしょの話。(笑)

歩き始めて間もなく日が登り…
あれれ、なんだか、周りの木がすごく鮮やか♪
DSC03692.jpg

水場に降りていく途中の、向かい側の斜面。
DSC03704.jpg
色づき始めた木々が、ちょっと初々しい紅葉って感じ?

朝のうちは雲がかかっていた空も、青空が広がり始めると
木々の鮮やかさも増していく。
もぉ、うれしくって、上ばかり向いて歩いちゃう。
DSC03706.jpg

ピンクのモフモフ。。。な花。(笑)
DSC03707.jpg

遊びながら、ゆっくりゆっくり登っていきます。
こんなにきれいな紅葉の登山道。
急いで登っちゃったらもったいない~。
_1790552.jpg
                          yukoさんからのいただきもの

赤いトンネル~
DSC03708.jpg

黄色とオレンジ色のトンネル~
DSC03709.jpg

だんだん視界が開けてきます。
うわ~、向かい側の山の斜面がすごくきれい♪
ポコポコの毛糸玉がくっついてるみたい!
DSC03712.jpg

あっ、駒の小屋が見えてきた!
ただいま~。また帰ってきたよ~~。(^^)
DSC03713.jpg

いつものテラスで一休み。(いや、、山頂まったり並みのペースで休憩~(笑))
DSC03717.jpg
なんとなく新鮮さを感じる、大人コンビ。

毎度ながらのお子ちゃまコンビ。
_1790613.jpg
                                  yukoさんからのいただきもの

はいはい。リンゴさ~~ん。
鼻の下が伸びてますよぉぉぉ。
DSC03721.jpg

そして、ベンチを過ぎると、ますます足が止まる。。と。
DSC03718.jpg

まぁ、予想通りだけどさ。
DSC03730.jpg

空へ続く階段。
DSC03733.jpg

そこを登って振り返る。
DSC03735.jpg
朝のうちは雲の中だった奥白根も顔を出してました。
そして、日光連山は、朝からくっきり。(^^)

進む方には、ハイジの丘~。
さぁ、ゆっくり登って・・・
DSC03737.jpg

行けませんでした。(笑)
DSC03739.jpg
地味に遊び…

いつものようにも遊ぶ。と。
DSC03740.jpg

_1790667.jpg
                         yukoさんからのいただきもの


yukoさん提案の、新ポーズ!
DSC03741.jpg
リンゴさん。ホントに嬉しそう~。(#^.^#)

あっ、嬉しそうなのは、リンゴさんだけじゃなかったね。(照)
_1790668.jpg
                              yukoさんからのいただきもの

ここから見えるお燧様。最高にかっこよく見える♪
DSC03744.jpg

大津岐へ続く稜線。
あ~、今歩いたらどんな景色を見せてくれるんだろう。
キリンテのブナの森も色づいてるのかな?
DSC03749.jpg
すっかり富士見林道の虜になってしまった私。
登りに使うのは無理だけどさ。(^^;

たっぷり3時間半かけて、駒の小屋。到着~。
賑やかすぎる話し声に、駒の姉さんが出てきてくださいました。
1週間ぶりのさゆり姉さん。会いたかったよ~(*^^)v
DSC03752.jpg

そして、先週と同じ位置に座ってるリンゴさんを見て
「また いるし!」と大爆笑のさゆり姉さん。
DSC03753.jpg
リンゴさん。やっぱり、ホントに嬉しそう。(笑)

三度登場のチングルマさん。
DSC03756.jpg
今日は、快晴の空を背負いました。(^^)

さぁ、中門岳方面へ続く神の稜線散歩に出かけましょ~。
DSC03758.jpg
普通に歩いたら約50分。さぁ、どれだけ時間がかかるでしょう。(^^;

会津駒ヶ岳。山頂直下から~。
もぉ、小屋の周辺が箱庭みたい♪
DSC03764.jpg

もぉ、サイコ~。
DSCF2645.jpg

山頂で、普通に記念撮影。
DSCF2646.jpg
                上2枚 リンゴさんからのいただきもの

山頂で、私たちにとっては普通の記念写真。
DSC03767.jpg

さぁ、神の稜線散歩。スタートだよ~。
DSC03768.jpg

DSC03783.jpg

草紅葉を楽しみに出てきたのに、こんなに鮮やかな紅葉まで一緒に
楽しめちゃうとは思わなかったわぁ。
DSC03776.jpg

お~~~おぃ!!(^^)/
DSC03785.jpg

ようやく中門岳が見えてきたよ~。
DSC03788.jpg

あっ、大変!
柱が倒れちゃう!!!
DSCF2677.jpg
リンゴさんからのいただきもの

とことん後ろ姿にこだわる私たち。だって、ザック背負ってると、名文が隠れちゃうんだもん。
DSC03791.jpg

駒の小屋周辺では冷たい風が吹いてたけど、すっかり穏やかになった
この日のお天気。
DSC03797.jpg 
                               

時間の許す限り、神々の遊ぶ庭でまったり過ごしましょう♪
DSC03795.jpg

                                                   続く♪
スポンサーサイト
2014/09/25

お燧様を見ながら稜線散歩@会津駒からキリンテへ

ずっとずっと駒の小屋前のベンチでのんびりしていたいところだけど…
その場所を離れたくない気持ちでいっぱいだったけど…
DSC03600.jpg
さぁ、お燧様を見ながらずっと歩いていける稜線散歩に出かけましょう~。

さゆり姉さん曰く、「みんな、バスの時間を見ながら急いで歩いていっちゃうけれど
ホントは、ゆっくり歩いてほしいコースだよね~」って。

ゆっくり歩き・・・
任せてください。(*^^)v

さっそく、ツツジの木の紅葉のお出迎え。
出だしは、ちょっと足下が危ないところもあるけれど
ゆっくり…慎重に♪
DSC03602.jpg

そして、まだ、ちょっとしか歩いてないのに、名残惜しくて振り返る。(笑)
わぁ、ハイジの丘の真っ黄色な様子がよく見える~☆
DSC03603.jpg

8月の時、ほぼお花畑状態だったコゴメグサ。
まだまだたくさん咲いてました。
DSC03605.jpg
この株なんて、もしゃもしゃ♪

美し~~い木々の色付きに、リンゴさんも絶好調♪
DSC03607.jpg

中門岳へ続く稜線。
名残惜しくて、何度も振り返る。
DSC03612.jpg

梯子を上って、つんととがった岩峰を過ぎれば、あとは、
ルンルンの稜線歩き♪
DSCF2477.jpg
                                     リンゴさんからのいただきもの
この梯子を上ったさきに、もう1つ、不思議な梯子があります。
「なぜに?」って感じで。(笑)

お燧様を見ながらの稜線散歩をあんなに楽しみにしてたのに…
DSC03614.jpg
なぜか振り返って撮った写真ばかりだったりする。(笑)

いやいや、前を見れば、お燧様がどど~~~ん。(#^.^#)
DSC03615.jpg

気持ちのいい草原が広がる稜線に延々と続く木道。
DSC03617.jpg
風が吹くたび「気持ちいいね~」なんて話ながら、のんびりお散歩~。

進む先には、ずっとお燧様。
いつか、御池まで歩いてみたいな~。
DSC03625.jpg

そん時も、よろしくね。(笑)
DSC03627.jpg

DSC03629.jpg

うわぁ、斜面が、まっきっ黄~~。(^O^)
DSC03630.jpg

こっちは、真っ赤っか~。(^O^)
DSC03631.jpg


DSC03632.jpg

連なる越後のお山。
ずっと見えそうで見えなかった景色。
DSC03633.jpg

笹原と草原の色のグラデーション。
DSC03635.jpg
ホントにきれいだよぉぉ。

空まで続く階段を上ったら、、、
DSC03636.jpg

やっぱり振り返っちゃう。(笑)
DSC03639.jpg

あそこから、ずっと歩いてきたんだね~。
DSC03641.jpg

小さな池糖を赤く縁取るモウセンゴケ。
ハート形・・・
DSC03642.jpg
に見えたんだけど、あれれ、ハート形じゃなかったね。(^^;

金色に輝く草紅葉。
こりゃぁ、シェーするしかないっしょぉ。
DSCF2493.jpg
                                     リンゴさんからのいただきもの
そこに広がる草紅葉は、今まで見た中で一番きれいな、、、
輝く草紅葉でした。(#^.^#)

そして、「えっ?もう着いちゃったの?」
ってくらい、あっという間の1時間半。
大津岐峠に到着~。
DSC03644.jpg
今日は、じらされることなく、そこでお燧様が待っていてくれました~。

御池へ続く稜線。
なかなかアップダウンもあるし、この先、約7キロの道のり。
歩けるかなぁ。かなり不安になる。
DSC03648.jpg

さぁ、ここでお昼にしましょ~。
DSC03651.jpg
振り返ると、駒さんも見えます。

日帰りでも十分こっちに回れるね~。
このコース。定番になりそうだね~。
でも、中門岳へ行けないね~。
じゃ、お花の季節は中門岳。で、紅葉の時期は???
な~んて話をしながら、まったり1時間。

貸し切りの大津岐峠かな?って思ってたけど、思っていた以上に賑やか♪
DSC03657.jpg

また来るね☆
DSC03658.jpg

お名残り惜しいけど、そろそろ下山しましょう~。
DSC03661.jpg

モフモフタイム。
DSC03663.jpg

DSC03674.jpg

紅葉に、萌え萌えタイム。
DSC03675.jpg

DSC03676.jpg

「あ~、大きな立派な木があるね~」しか、わたしゃ言ってないよ。
自らポーズをするリンゴさん。(笑)
DSC03679.jpg


DSC03680.jpg

一番最初に大津岐峠を出発したのに、一番最後にキリンテに到着。(笑)
途中、どんだけ遊んでたんだか。。。(^^;
DSC03684.jpg
・・・・とはいっても、地図に載ってたコースタイム通りにほぼ下山。
尾瀬の地図は、やっぱりコースタイムがかなり緩めに書かれてる。。。ってことよね。

予定通りに14:47キリンテ発のバスに乗って、滝沢登山口まで戻り、
そのあと、燧の湯でさっぱり。
「30分後に集合!」なんてのは、すっかり無視して、お待たせしちゃいましたね~。

で、最後に、道の駅たじまで山ブドウミックスのソフトクリームを食べて
コンプリート♪
DSC03685.jpg
リンゴさん。
毎度ながらお付き合いいただいて、ありがとうございました~。(^^)
2014/09/24

みんなで楽しく「シェー」祭り@会津駒ヶ岳

小屋前のベンチで、まったり、賑やかにおしゃべりタイムを
満喫しているところに、Legendおやぢ。リンゴさん登場。
「今から行きます~」とメールをもらてから2時間半後。
この日、一番最初に登ってきた人でした~。

「きゃぁー、リンゴさん!!」(#^.^#)
とすっ飛んで行くと、百名山達成のお姉さんたちに
「なに? 彼氏?」と突っ込みを食らう。

「あっ、言えない関係です(笑)」

そんなやり取りをしている間に、ベンチに座って
大福を食べ始めるリンゴさん。
それが食べ終わるかどうか…というところで

「ほら、上着を脱いで!!」
「こっち。こっち!!!」と引っ張り出す、鬼のような私。(笑)

まず一発目~。
DSC03577.jpg
姉さん。足。かわいい(#^.^#)

そして、せっかくだもん。前を向いて…
DSC03578.jpg

背中。アップ・・・
DSC03579.jpg
なんともおちゃめな、さゆり姉さんです。

「とんでもない 私は山に 行きますよ」
DSC03580.jpg
さゆり姉さん、何回もお付き合いいただいて、ありがとうございました。(^^)

あまりの盛り上がりっぷりに、百名山達成のお姉さん。
買ったばかりの駒Tを着て、思わず「シェー!」
DSC03581.jpg
同行のお姉さん、「ほら。手が逆!」とか、なかなか厳しい。

百名山のお姉さん。ピンクのロンTに緑色の駒T、
それにピンク色の帽子。
さながら、ハクサンコザクラコーデ。とってもかわいい。
次回の駒詣の時は、これ、いただきます♪

さて、ちょっとだけ余裕があるから、山頂方面にお散歩に行きましょう。
おデート散歩(#^.^#)・・・らしい。
DSC03583.jpg

そして、山頂で記念写真。
さぁ、今年は、ここで何回写真を撮ったんでしょう。(笑)
DSC03584.jpg

中門岳へ続く稜線の草紅葉もほんとにきれいだったよ~。
来週は、みんなでワイワイ。楽しく歩こうね~(^^)
DSC03585.jpg

ホントは、このままずっと歩いていきたかったんだけどさ。
DSC03587.jpg

冷たい風もやむと、日差しの温かさを感じる爽やか~な朝。
DSC03589.jpg

池糖の周りのモウセンゴケも真っ赤に色づいて、池の周りを縁どる。
DSC03590.jpg

帰りは山頂を通らず、巻き道を通って駒の小屋まで戻ります。
ツルツル滑る木道。ここまでくれば、もう大丈夫だね。なんて言ってた
数秒後に、すってんころりんな私。(^_^;)
DSC03593.jpg

目が覚めたときは、あたりが真っ白だった・・・
それがウソみたいに広がる真っ青な空~。
Legendおやぢが青空を背負ってきてくれたんだね~。
DSC03594.jpg
ありがと(#^.^#)

前の日、ねずみ色の空を背負っていたときよりも何倍も
うれしそうに見えるチングルマの果穂。
穂がぴかぴか光ってるんだもん。
DSC03596.jpg

さぁ、花撮りおやぢは、満足の1枚が撮れたんでしょうか…?
DSC03597.jpg

駒の小屋まで戻ってきて、掃除が一段落したとおっしゃる
さゆり姉さんとしばしのおしゃべりタイム♪
もぉ、ずっとずっとここにいたい。そんな気持ちでした。
DSC03598.jpg
もうちょっと待っていれば、駒の兄様も登ってくる。って仰るし…

でも、こっちの美しい稜線も待ってるし…
DSC03599.jpg
さぁ、お燧様を見ながらの稜線散歩に行きましょ~。

さゆり姉さん。楽しい時間をありがとうございました~。
また、泊りに来ますね♪
DSCF2470.jpg
                                  リンゴさんからのいただきもの
あっ、その前に、とんでもない隊でワイワイガヤガヤと
遊びに来ます~。

その時は、また「シェー!」にお付き合いくださいませ~。(*^^)v

2014/09/22

草紅葉@会津駒ヶ岳 ~静かに中門岳~

とんでもない隊と歩いたお盆の会津駒からキリンテへ続く
富士見林道。
ここの稜線に点在する湿原の草紅葉。
めちゃめちゃきれいだろうな…。

9月の中旬、連休が取れそう。
勤務が確定する前に、見切り発車で駒の小屋の予約を入れました。(^^;
静か~~~な2日間を過ごすつもりで…

2日前(17日)、ホントに1人でキリンテまで歩いて行けるかな?
突然不安になる。
月末のとんでもない隊の集合時間などの相談のメールを
リンゴさんからいただいたとき思い切って、同行をお願いする
一文を添えてみる。

「日帰りで参戦してもいいよ」
相変わらず、上から目線。(^_^;)(^_^;)
…でも、二つ返事でOKをいただき、ほっと一安心。

またまた来てしまいました。
DSC03425.jpg
ただ、いつもと違うのは、普段は、この階段になるべく近いところに
車を停めるけれど、明日、バスで登山口へ戻ることを考えて
国道からちょっと入ったトイレの近くの路肩に駐車。
そんなわけで、ほぼ、国道から歩いてここまで来ました。

普段なら車で走るところを歩く。。。
頭で考えてた時は「うわぁ、大変だぁ」って思ってたけど
思っていたより早く到着。

あとは、ストイックに登る・・・

わぁ、ミズナラの葉っぱの上にイクラ。
DSC03424.jpg

こっちは、赤い真珠。
DSC03428.jpg
。。。なんて。
タマバチの仲間が作った虫こぶなんだそうです。

夜中。雨が降ってたけど、上空はすっかりいい天気。
DSC03430.jpg
木々の葉っぱの色も、少しずつ抜けてきたかな?

どうしても荷物が減らせなかった重いリュックを背負っているので
なるべくスクワットはしたくなかったんだけど…
DSC03434.jpg
リンドウ。きれいだね。

マイヅルソウの実って熟すと半透明。
花はあんなに小さいのに、実は、異様にでかい。
DSC03435.jpg

ぐふふっ。(#^.^#)
DSC03436.jpg

水場を過ぎた階段付近で、駒の兄さんと遭遇。
二言三言お話をして…
DSC03437.jpg
元気注入♪

DSC03439.jpg

森林限界を過ぎると
DSC03440.jpg
あららら。真っ白。(^O^;

風も強くて、寒いっ。
DSC03444.jpg
え~~っ、登山指数、今日1日Aだったはずなのに。。。

キンコウカの花の残骸&色づき始めた葉先。
DSC03442.jpg
とってもいい色♪

ガスがかかる大池。
嫌いじゃない。こういう雰囲気。
DSC03445.jpg
寒くなければねっ。(^^;

また来ちゃいました。駒の小屋。
さゆり姉さんにご挨拶。
7月の時に、取り付きの階段近くでおしゃべりをしたことを
覚えていてくださいました。嬉しぃ~。(#^.^#)
DSC03446.jpg
ここ数日、午前中はガスがかかり、お昼頃から急に
天気が良くなっているそうです。
荷物を置かせていただいて、中門岳までお散歩に行きましょう~。

わっ、ミヤマリンドウ。
DSC03448.jpg

そして、やっぱり山頂。真っ白。
風の当たらないところに座って、お昼ご飯を食べて・・・
DSC03449.jpg

中門岳方面に歩き始めて何気に振り返ると…
DSC03450.jpg
わぁ、ガスが晴れてきた!!

日も差してきてるし♪
DSC03452.jpg

DSC03453.jpg

DSC03457.jpg

ワタスゲ回廊もすっかり秋の装い。
DSC03459.jpg
ほんの2か月前は、ぽわぽわのワタスゲがわんさか揺れてたのにね。

みるみるお天気が回復。
DSC03460.jpg

風がやむと、ぽかぽかと暖かい。
DSC03466.jpg

神々の遊ぶ庭でまったりタイム。
な~にも考えず、ただ目の前に広がる景色を見ながら
ただただぼんやりと過ごす時間。
DSC03468.jpg

眠くなってきた・・・
うとうとうと…zzz…
DSC03470.jpg
それでも一人で3時間まったりは無理でした。(笑)

帰り道、1人遊ぶ。
DSC03478.jpg

DSC03482.jpg

あっ、至仏山のふもとに尾瀬ヶ原が見えるっ!
DSC03506.jpg

さぁ、帰りも山頂を通って戻ろかな?
DSC03510.jpg

7月の時、私の心をぐわしっっとつかんだベニバナイチゴ。
すっかり、大きな実になっていました。
DSC03513.jpg

今年、何度もみた山頂からの駒の小屋。
DSC03516.jpg
大好きな景色。

8月に私たちを楽しませてくれたチングルマ。
種を飛ばす準備も整いました。
DSC03523.jpg

そうだ。朝、真っ白で見えなかったハイジの丘にも行ってみよう!
明日は、こっちに下山じゃないから。。。ねっ。
DSC03528.jpg

DSC03535.jpg

2時半を過ぎると、駒の小屋周辺は、すっかり静かになっていました。
そこにいるのは、この日お泊りの人たちだけ。
DSC03537.jpg
夏場の2時半なら、まだまだ人はたくさんだったのにね。

ランプのお明かりがともるころ…
さゆり姉さんが、自炊場兼談話室にストーブをつけてくださいました。
DSC03542.jpg

星空も期待できそうにないので、おとなしく就寝。

翌朝4時に目が覚めて外へ出たら、あたりは真っ白。
うわぁ、リンゴさん、日帰り参戦していいよ。なんて言っちゃったけど
ホントにごめんね。。。と思いながら、二度寝。(^_^;)

窓の外が明るいような気がして外をのぞくと、
ガスが晴れてるじゃないですか!!
急いで上着を羽織って外に出る。

6時少し過ぎ。
もうすっかり太陽は上がってるけれど、姿は見えない。
DSC03560.jpg

お天気が良くなってホントによかった♪
これなら、安心して富士見林道。歩けるね。
DSC03561.jpg

刻一刻と変わっていく空の色をしばし楽しんだら
DSC03566.jpg
小屋へ戻って朝ごはん。

さゆり姉さんのコーヒーをごちそうになりながら、しばしのおしゃべりタイム。

会津駒ヶ岳で百名山を達成されたそうです。
おめでとうございます~。(ご本人様にブログ掲載OKをいただいてます)
DSC03572.jpg
御年、、、、、、私の母の4歳下。すごいです!
何年かかったって言ってたかなぁ。
途中で心が折れることなく達成されたって、すごいことだな。って。

百名山を登っていた時のエピソードをいくつか教えていただきました。
幌尻岳で渡渉するときに流された(それも2回も)話。
黒部五郎ではガイドさんが先にへばってしまった話。
旦那様との思いで登山の話。。。などなど。

そうそう。炊事場に飾ってあるこの絵。
写真にとると、きらきら光って見える。っていうのを、一緒にお泊りした
駒中さんに教えていただきました。

さっそく撮ってみると・・・
DSC03574.jpg
ホントだ。星がきらきら光ってる!

金箔と銀箔を張りあわせているんだそうです。

外でみんなで記念写真撮ろ~~~!!
DSC03575.jpg
はいぽ~~ず!

なんて、わいわいがやがやしていたところで、Legendおやぢ。
青空を背負って登場♪
2014/09/19

Mt. NORIKURA

パソコン通信(ほぼ、死語)だった時代からお付き合いのあるお仲間から
キャンプするんだけど、たまには出てくれば~?
ってか、いい加減に顔を見せなさいよ。みんな来るから。

と、メールをもらったのが6月の末。
予定を合わせて休みを入れて、さぁ、いよいよ・・・
ってところで、熱を出す。(^_^;)
DSC03346.jpg
さすがに、夜勤明け。4時間運転して現地に行く自信がなかったので
「無理。やっぱりキャンセル」と連絡を入れる。

来た返事は「這ってでも出てきなさい」(ドSだなぁ)
どうしても無理そうなら、今から迎えに行く。と。
DSC03353.jpg
そうやって言うと、しぶしぶ私が動くことをよく知っている。(^^;

なんとか、乗鞍高原発9時のシャトルバスに乗って、10時ちょっとすぎの畳平。
鶴ヶ池の向こう側に、槍ヶ岳。その左の方には笠ヶ岳。
槍ヶ岳の右の方には、穂高連峰。

あっ、熊だ。
DSC03355.jpg


DSC03357.jpg

この道を自分で運転してみたい。。。って夢があったけど
叶う前に、一般車両は通行できないことに…
DSC03359.jpg

コロナの観測所。
子供のころ、ものすごく憧れてた場所。
今でも、ちょっとだけ胸が躍る。
DSC03363.jpg


DSC03370.jpg

剣が峰までもうちょっと。
手軽に登れる3000メートル峰。
DSC03372.jpg

太陽の周りに、丸い虹っっ!
DSC03379.jpg

乗鞍岳。山頂~。
ホントは、この奥に御嶽山が見える。。。らしい。
DSC03381.jpg

槍サマ 穂高サマは、すっかり雲の中。
でも、感動の景色だわ。
DSC03383.jpg

DSC03382.jpg

DSC03384.jpg

スキーの皆さんは、板を持って、えっちらおっちら。
DSC03389.jpg
みんなでスキーオフも毎年やったねー。
人見知りなうちの子たちも、お兄ちゃんお姉ちゃんに遊んでもらえて
すごく楽しみにしてたんだぁ~。

熊。再び。
DSC03392.jpg











今から10ン年前。
「カラ元気も出し続ければ、いつか本物の元気になるから」と父。
DSC03351.jpg

「お母さんはいつでも笑ってなさい。嘘でもいいから笑って」
DSC03393.jpg

「子供たちは、嘘をあっという間に見抜くけど、それでも笑って」
DSC03396.jpg

「絶対に、本物の笑顔の日が来るから」と姐。
DSC03399.jpg




父より、姐の方が年上。。。と言う。(笑)
DSC03401.jpg

ずいぶん時間がかかっちゃったけれど、両方ともホンモノになりました。
DSC03410.jpg



あたりは真っ白。何も見えない。
DSC03409.jpg

でも、ぱぁ~~~っとガスが晴れていく瞬間があって、それが
たまらなく嬉しいし、美しい瞬間だったりするのです~。
DSC03397.jpg
父。姐さん。二人ともここを見てないのは知ってるけど…
それでも、やっぱり言いたい。
ありがとう~。
それを言われた頃は、こんな毎日が来るなんて全然信じられなかったけど
今は、でっかい元気印が付きました。


帰り道、渋滞にはまり、退屈しのぎに信州の蕎麦畑~。(^O^)
DSC03411.jpg


コメント欄は閉じてあります。
で、予約投稿。
これがアップされる頃は、はじけ飛んで遊んでる…はず。(笑)
2014/09/15

結局…


来ちゃった。

這ってでも来いっっ
って言われた意味が来てわかった。




帰りは号泣だな。こりゃ。


絶景見ながらの独り言…