2014/10/29

近すぎて行ったことのなかったお山

脳みそが腐るほど寝て起きた朝。
北側の窓のカーテンを開けると、雪をかぶった奥白根が…

遊びすぎて、懐にも木枯らしが吹き始めた月末(^^;
今日は引きこもりの1日にしよう!と思っていたけれど、
こんな天気の朝。家にいたらバチがあたる!

どこに行こうかな?
そうだ!! と、やってきたのが、ここっ。「大小山」
DSC04671.jpg
家からは見えないけれど、通りに出れば、どど~んと見える
山の上に「大小」の文字。

車のエンジンをかけて、コンビニに寄っても、駐車場まで15分。

阿夫利神社前の駐車場は、満車になってました。
そして、停まってる車を見ると、関東圏内。あちこちから。
神社にお参りをしてから・・・
DSC04672.jpg

気持ちのいい森の中を登っていきます。
DSC04673.jpg

迷わず、女坂を選択~。(笑)
DSC04674.jpg

なんか、かわいい。(^^)
DSC04675.jpg

里山でも深まる秋~。
DSC04678.jpg

歩き始めて20分で、東屋のある展望台。
DSC04679.jpg

見上げると、をぉ~、麓からもよく見える「大小」の文字。
DSC04681.jpg

これからすべり台を滑りま~す! って言いたくなるような階段を上って
DSC04683.jpg

あれれ、かわいい花が咲いてる♪
DSC04684.jpg

気持ちのいい木漏れ日の中を歩いていくと・・・
DSC04685.jpg

大小山の山頂~♪
DSC04688.jpg
ここは、ほぼ、展望が効かないので、お隣の妙義山へ行きましょう~。

かわいらしい登山家さんの通過待ち~。
DSC04689.jpg
年少さんくらいだよね。
みんな、頑張ってる~。(^^)

車のエンジンをかけて、ちょうど1時間で、360度の展望を
いただきました♪
こりゃ、すごいや。(^^)
DSC04692.jpg

赤城山方面
DSC04694.jpg

日光連山
DSC04695.jpg
かすんじゃってるね~。
朝見たときよりも、奥白根の白さが薄くなってる。
まだまだ、雪は降っても溶けちゃってるんだね~。

さて、山頂で、セルフ撮り~。
DSC04697.jpg
そろそろ「シェー」から卒業しようかと・・・
新しいポーズを研究中。(笑)

風が出てきちゃったけれど、ぽかぽかと気持ちのいい山頂。
DSC04698.jpg

水筒に温かい紅茶を入れてきたけど、冷たい飲み物でも大丈夫だったかも。
DSC04699.jpg

ちょっぴり早いけど、山頂でまったりランチタイム。
DSC04701.jpg

震災の時、山が割れた岩船山。
DSC04704.jpg

お家が見えるかな~?と思ったけど、ちょっとだけ撮る
方面が違っちゃった。
中央のおっきい建物は、病院。
DSC04705.jpg

田んぼがモザイク模様になってる~。
DSC04707.jpg

モザイク模様の奥に見えるのが三毳山。
関東平野って広いんだな~。ってしみじみ。
DSC04711.jpg

トラロープが張ってあるところをずるずると下山~。
DSC04712.jpg

こうやってお花を撮りながら歩けるのも、今年はもうわずか。
DSC04713.jpg

眺めるだけだった近くのお山。
さて、この冬はここでトレーニング?
目指せ、平が岳。(笑)
スポンサーサイト
2014/10/26

新潟の駒が岳にキュン♡

母と叔母を連れて、奥只見湖~。
叔母は足が悪いので、周辺散策はナシ。
DSC04647.jpg

船に乗って~、あとはドライブ&道の駅巡り。(^O^;
DSC04623.jpg

真冬は、スキー場がクローズするほど雪が積もる豪雪地帯。
厳しい冬が来る前に、ブナの森は一斉に色づく。
DSC04625.jpg
きれいだな~。

日がさして、透き通るように輝く黄葉の木々もステキだし、
逆光の中、シック~な色を出す紅葉もステキだね~。
DSC04633.jpg

ん!? あのゴツゴツした稜線は…?
DSC04629.jpg
かっこいいぞ~~。(^O^)

荒沢岳~。(^^♪
山頂まで登り切れば、アップ ダウンのある魅力的~な稜線散歩が楽しめるそうです。
DSC04634.jpg
会津駒ヶ岳から中門岳への稜線上でそのお姿は何度もみてたけど…
こうして間近で見ると、男前だねぇ。(#^.^#)

奥只見湖周辺の紅葉は、ばっちり見頃。
DSC04651.jpg

なんて言っても、ブナの木の黄葉。
きれいだな~。
DSC04657.jpg

朝は、シルバーラインのトンネルを通ってきちゃったので、
帰りは枝折峠経由で・・・
DSC04659.jpg

なんて言っても楽しみにしてたのが、越後駒が岳がどど~~~~んと
見える場所がある。って聞いたからさ。
DSC04662.jpg
山。。。でかい。
山深い中に、ひときわ大きな存在。
ほれちまうがな。

見下ろすと、合掌集落。
なんて素敵なところなんだろ。
DSC04663.jpg


枝折峠では、越後駒が岳の登山口を確認。
山肌に雪の残るころ、登ってみたいな~。
来年は、こちら側の駒が岳かぁ!?と、心の中で思ってしまう。
DSC04665.jpg
で、登山地図を広げてみる。うわぁぁ、私には日帰りは無理だ~。

あ~、それにしても、よそ見運転をしたくなってしまう景色だねぇ。
DSC04666.jpg

帰りは、リンゴ狩り~。
さっそく食べちゃった。おいしぃ~~♪
DSC04668.jpg


2014/10/23

とんでもないコンビは(駒以外のところも)行く!  三本槍ヶ岳@那須

今年最後の駒詣でも終わり・・・


ハイテンション、とんでもないコンビの山行は、まだまだ続く~。(^O^)

中ノ大倉尾根から三本槍ヶ岳を目指しましょ~。
360度の大展望。
で、流石山へ続く美し~~い稜線が手に取るように見える。
そして、何となく山深い雰囲気が漂うところが結構お気に入りです。三本槍♪

昔々、中ノ大倉尾根は、マウントジーンズのゴンドラ利用で
歩いたことがあるけれど今日は、北温泉から入り静かな静かな
山歩きが楽しめそうです。(^^)
・・・ホントに静かかな? 自分に突っ込みを入れてみる(笑)・・・

スタートは、こちら♪
駒止の滝。
平成の森から歩いてきたことはあるけれど、車でくねくねと来られるんだね。
どうも、那須の道はわからん。
自分がどこにいるのか、ちんぷんかんぷん。(^^;
DSC04513.jpg
朝から、カメラマンがたくさん。
ここの駐車場に車を停めて、歩いて延々と下ります。

北温泉まで。。。
雑誌とかで見たことのある、この古~~い感じの温泉。
一度来てみたいな~。と思っていたところ。
DSC04516.jpg

そして、庭先にある、大露天風呂。。。っていうか、温泉のプール。(^O^)
こりゃ、そのうち、1人でこっそりと来るしかないな。(*^^)v
DSC04517.jpg

北温泉を過ぎ、森の中へ入っていくと・・・
黄色く色づくダケカンバ~。
DSC04519.jpg

ブナとカエデ~。+青空
DSC04520.jpg
なかなか急登でございます。(^_^;)

前日の、ヘレンとの鎌倉おデートの話を涼しそうな顔をして話すリンゴさん。
「へい。へい。そりゃぁ、ごちそうさま」と、すでにヘロヘロな私。
DSC04522.jpg
駒様で鍛えたはずなんだけど・・・
そのパワーは、檜枝岐じゃないと発揮されないのかな?(^^;

うわぁ、ダケカンバの巨木だ~。
近すぎちゃって、その大きさはカメラには収まらなかったほど。
DSC04523.jpg

あはは。なんか、おもしろい形をしたブナの木。
DSC04525.jpg

木々の間から茶臼岳も顔を出すようになってきました。
DSC04527.jpg

そして、尾根まで上がっちゃえば、あとは気持ちのいい風に
吹かれながら、眺望を楽しみながら、ルンルンと♪
DSC04530_20141022133347773.jpg
なぜか踊りだす、Legendおやぢ。

青空に枝を伸ばすダケカンバ。
やっぱり大好き。
DSC04532.jpg
冬場は、これと同じような写真を撮りまくり・・・になる予定。(^^;

朝日岳があまりにもかっこいいので、同じような写真を何枚も。
DSC04536.jpg
そういえば、5月のシロヤシオオフの前日は、こっち側から登って
三本槍ヶ岳を目指したんだよね~。
もぉ、ずいぶん前の話のような気がするけれど、、、
まだ、半年も経ってなかったわ。

赤い実とスダレ山(でいいのかな?)
DSC04534_20141022131932dfd.jpg
目指す三本槍ヶ岳は、この山の向こう側。

紅葉を楽しみに登ってきたリンゴさんは
「あちゃぁ~、すっかり終わっちゃってたな~」とちょっと残念そう。
DSC04537.jpg

緑大好きな私的には、笹の黄緑色&マツの濃い緑。
このグラデーションに、1人大喜び。
DSC04541.jpg
ん~、でも、確かにここに赤の紅葉がポコポコと加わったら、
すごくきれいだろうね~。
また来ようね~。(*^^)v

振り返ると、遠くに奥久慈の山々。
お隣の茨城県の山。とはいっても、佐野からは割とアクセスしにくいから
竜神大吊橋と袋田の滝しか行ったことないや。
DSC04545.jpg

うわあ、すっかり置いていかれたよ~~。(^^;
休憩プリーズ!!
DSC04548.jpg
。。。笑いながら撮ってるし。(^O^;

ここを登り切った先の大岩で、しばし休憩~。
椅子みたいな岩があったので、そこに座って、、、
日差しが暖かくて気持ちいい~♪ と、寝そうになってた私。

なぜか、その横で、風に吹かれて寒そうにしている人が1人。(^O^;
座った場所の、ほんの違いで、まったり休憩タイムの明暗を分けました。(^^;

私、、、、Lucky♪(*^^)v
あはは~。
のんびりしすぎちゃって、ごめんね~。

シュールに並んだザックたち。
DSC04549.jpg

三本槍への最後の登り~。
笹原に並ぶ、白いダケカンバ。萌え萌え~☆
そして、つんと頭を見せるのが、旭岳。
DSC04551.jpg

で、無事山頂到着~。
平日族の私にとっては、びっくりするほどの大混雑っぷり。
DSC04553.jpg

山頂からは、360度の大展望。
ツンととんがった旭岳。その奥には磐梯山。
DSC04552.jpg

うっとりするほど美しい流石山方面の稜線。
来年は、ここのお花畑だなっ。(*^^)v
DSC04555.jpg
ぐるっと展望を楽しんだら、愛しのお燧様と駒様が
見られる場所に腰を下ろして、まったりランチタイム。
風が吹かなければポカポカ陽気だけど、吹いてくる風は
やっぱりもう冷たい。
もう、温かい飲み物と食べ物がうれしいやね。

午後になっても、青空は変わらず。
この日の空も、普段思い浮かべる青空の色よりも、
もっと、もっと濃い青でした。
DSC04564.jpg

延々と続く、中ノ大倉尾根。
ふもとの街にダイブするような気持ちで、下山~。
DSC04567.jpg
実は、金網敷きの登山道にビビって、おっかなびっくり
歩いてたんだけどね。(笑)

マウントジーンズのゴンドラ乗り場でお手洗いを借りて、
北温泉まで帰ります。

さぁ、見上げた先には・・・
DSC04568.jpg

輝くカエデ~。
DSC04571.jpg
日本って、四季のある国でホントによかったな~。って、しみじみと思ふ。

上を見て、萌え萌えしながら、無事、北温泉着~。
傾き始めた太陽の光が当たった紅葉。
とってもきれいだったね~。
DSC04577.jpg


今日も楽しかったね~。
次は、どこへ行く?(^O^)
2014/10/20

ちょっと訳あり。じゃない(^^; ちょっとズルあり半月~社山縦走(再び)

バカ台風(T_T)のおかげで、駒の小屋で気持ちのいい朝を
迎えようと思っていたのに、それが叶えられなかった15日。
せっかく有休取ったんだから、どこかで遊びたいよな。

・・・で、浮かんだのが、紅葉時期の社山。
色づく八丁出島を眺めながらの稜線散歩。
いつかは♪ と思いながら、つい、後回しになっちゃってたから。(笑)

出発は、こちら~。
半月山第一駐車場。車でひゅんとここまで。(笑)
DSC04408.jpg
車は、後で回収~♪

去年の5月。ちょうどアカヤシオの頃同じズルをして…(^_^;)
その時は、半月山第2駐車場まで登っちゃったら、半月山に登ることを
忘れてしまったので、今回は、ちょいと学習♪
DSC04409.jpg

青空に映える木々を眺めながら、ゆっくり ゆっくり…
急登なのです。((+_+))
DSC04410.jpg

「ふぅぅ(-.-)」とか言ってる割りには、ダケカンバ萌え萌えルートに
口元だけは緩みっぱなし。
すれ違う人がいたら、絶対怪しい人だって思われちゃいそう。(^^;
DSC04411.jpg

ずっと、こんなゆるゆるとしたトレイルだったらいいのに…
なんて思いながらも、アップダウンを繰り返しつつ、、、
DSC04414.jpg

ようやく半月山~。(^O^)
ここまで、誰にも会いませんでした。(^O^;
DSC04415.jpg

その後、半月山の展望台。
ここは、三脚広げたカメラおやぢたちで大混雑。
とりあえず、人の隙間から八丁出島を1枚だけ。(^^;
DSC04417.jpg
で、もう一回人の隙間から、携帯でもう1枚。(^O^;

目指す社山方面。奥には、奥白根~。(#^.^#)
DSC04418.jpg

足尾方面の山々。
松木渓谷方面。かっこいいね~。奥には、皇海山。
DSC04420.jpg
。。。でも、実は、足尾の山々は、何となく怖さを未だに感じてる私。
栃木県の小学生が社会科の時間に学習する足尾鉱毒事件。
そこに出てた衝撃写真がインプットされてるのよね~。(^_^;)

戦場ヶ原~。もう、初冬の景色。だね。
DSC04423.jpg

さて、ごった返した展望台から、社山を目指しましょう~。
ピカピカの笹原&繊細な枝先を見せてるダケカンバ~。
やっぱり とっても大好きな組み合わせ。(#^.^#)
DSC04426.jpg
この後、激下り。

八丁出島の先っちょが見えた♪
DSC04429.jpg

で、半月峠。
ここで、中禅寺湖畔から登ってくる登山道と合流します。
DSC04430.jpg

カラマツと青空も最強だな。(笑)
DSC04431.jpg

青空に思い切りのバスダケカンバの枝先。そして、たくましくたつブナの木も、最強だな。(笑)
DSC04433.jpg
結局、青空が出てるとどんな木々も美しく見えてしまうってこと~?

手作り感いっぱいの中禅寺山の看板。
DSC04435.jpg
この先も、阿世潟峠目指して、激下りです~。

アカヤシオが咲くころ、このあたりで、アカヤシオのトンネル。
その先に、まだ雪をかぶった奥白根が見られたんだよね~。
DSC04442.jpg

足尾側の斜面に日が当たってとってもきれい♪
DSC04444.jpg

そして、ようやく阿世潟峠。
半月山から300m下って、これから社山まで400mの登り。
DSC04447.jpg
頭じゃわかっているけど、、、
                    

さぁ、がんばろ。
DSC04449.jpg

足尾方面の斜面には、毛糸玉をくっつけたような木々。
もぉ、なんともかわいらしいっ。(#^^#)
DSC04451.jpg

手前の斜面と奥の斜面。
同じ紅葉の景色だけど、この違いっておもしろいね。
DSC04454.jpg

見上げれば、青空に映えるモミジの赤い葉っぱ。
DSC04458.jpg

なんだけど、ありゃりゃぁ~。
広がりつつある、なんか、不穏な雲。
DSC04460.jpg
風も強くなってきたよー。

あちゃぁ。男体山も山頂付近。隠れちゃった。
だんだん、風も強くなってきたし…
DSC04462.jpg

でも、社山へのお楽しみは、なんといっても稜線散歩♪
時々立ち止まって、振り返って、あちこちの景色を楽しみながら…
DSC04473.jpg
実は、急登で、ヘロヘロだったりもするのです。(^^;

時々スポットライトのように日がさすと、毛糸玉のような紅葉が
光って見えちゃったりして~。
かわいい~。(#^.^#)
DSC04474.jpg

ようやく山頂着~。久しぶりの社山です~♪
DSC04479.jpg

風ビュービューで激寒だけど、とりあえず山頂の先の展望ポイントまで偵察~。
をぉ~、光のカーテンができてるよぉ。(*´ω`)
DSC04480.jpg

黒檜岳へ続く美しい稜線。
ガスがかかっちゃって、見られないかと思っていたけど、
見られてよかった~☆
DSC04481.jpg

山頂でお昼ご飯を食べたら、下山しましょう~。
ホントは、山頂でのんびりしたかったんだけどさ、あまりに寒かったから…(^_^;)
DSC04482.jpg

毛糸玉ポコポコ紅葉が、あまりにも可愛くって、同じ場所の写真だけど
見る位置を変えて、何枚も撮っちゃう。(^_^;)
DSC04483.jpg

そして、社山の一番のお楽しみ。
中禅寺湖を見下ろしながら、楽しい下山~。
DSC04484.jpg

途中、雨に降られるんじゃないかって心配もしたけれど大丈夫みたい。
八丁出島付近も、鮮やか~に色づいてるのが見える♪
DSC04489.jpg

そして、青空も帰ってきました~。
DSC04490.jpg

いつも思うけど、、、
社山は、やっぱり下山を楽しむために登る山だな~。(^^)
DSC04497.jpg

阿世潟峠からは、カラフルに彩られた森の中を降りていきます~。
DSC04498.jpg

へっ!?
カタツムリがいっぱい!? って思ったら、おもしろい形のキノコでした~♪
DSC04501.jpg

そして、そのお隣には、かわいい~。
モフモフ。ツンツン♪
DSC04502.jpg

中禅寺湖畔は、ちょうど紅葉の見ごろ。
DSC04504.jpg

落ち葉をけって、カサカサ音を立てながら帰りましょう~。
DSC04508.jpg

途中、台風の大雨の影響で、普段は涸れ沢になってるところも
水が流れていました。その水が、ハイキングコースを横切ってるところが3か所。
そこをじゃぶじゃぶ歩いて(^^; 子供だな。。。と、自分に突っ込みを入れてみる♪
DSC04510.jpg

さて、、、最後に車の回収~。
今年は、真夏と紅葉の時期にバスが出ているので、それを利用。
そうすれば、歩く時間と距離をちょっぴり(いや、かなりだな)短縮~。
(去年は、アカヤシオの時期も出てたんだけどね、今年は出なかったんね~)
車を2台使えば、回収は、もっと楽々~。(^^)

検索すると、半月山駐車場を起点にして社山までピストン。。。なんてレポもあるね。
もちろん、私には無理だけどさ。(笑)
2014/10/17

会津駒ヶ岳 **ブナブナ萌え萌えと、ちょっぴりうれしい再会と 2 **

駒の小屋前のベンチ。
立つのがものすごく惜しくて、、、
しょーじき言って、ここから離れたくない気持ちいっぱいでした。
でも、この日、もう1つのお楽しみが待ってるから~。
促されて、ベンチから立ち上がります。
富士見林道の、ウハウハの稜線歩き。そして、キリンテのブナの森の黄葉を
楽しみに、下山、、、いや、出発しましょう~。
DSC04323.jpg
今日も、お燧様をずっと眺めながらの稜線散歩が楽しめそうです♪

奥只見湖方面に広がる雲海。
山々が連なる景色。吸い込まれそう。
DSC04325.jpg
いや、、、吸い込まれたい。。。ともいう。(笑)

ここをずっと御池まで行けば、お燧様まで歩いて縦走ができるのか…
そだ。ヨーキ様は、あそこから走ってきたわけだものね。
DSC04335.jpg
会津駒ヶ岳~燧ケ岳縦走。。。な~んてことは、やってみたいとは思わないけど
来年は、御池までのロングコースを歩いてみたいな~。。。と、ふと思ふ。

そして、、、お燧様を見ながらずっと下山できる! の、富士見林道。
でも、どうしても振り返って、大好きな駒様の稜線を眺めちゃう。
DSC04336.jpg
ホントに夏から秋まで、楽しいこと尽くしだったからさ♪

斜面を見下ろすと、ポコポコ毛糸玉のような黄葉。
先月見た紅葉とは違って、とってもやわらか~~~い色調。
そして、葉っぱを落とした繊細な枝先がアクセントになってる♪
DSC04344.jpg
きれいね~。かわいい~。
と、まぁ、いつものように前へ進まなくなる。(^^;

つい2か月前まで濃~い緑色だった葉っぱ。かわいいお花をつけて
楽しませてくれて、その後、こんな鮮やかな赤になって、、、
そして、間もなく葉っぱを落とすんだよね。
DSC04349.jpg
8月に初めてここを歩いた時、あなたには気付かなかったけれど、、、
今日は主役です~。(#^.^#)

針葉樹の森からちょこんと顔を出すお燧様。
このコースは、ホント、湿原あり、樹林帯ありで、とっても楽しい~。(^^)
DSC04350.jpg

見上げると、とっても鮮やかなカエデの木があったけれど、
ほら、足元にも、こんなに鮮やかな木があったんだよ~。
DSC04352.jpg

先月は、金色に輝いていた湿原。
すっかり小麦色に変わっています。
それはそれで、深まりゆく秋の景色~。
DSC04354.jpg
木道に腰掛けて、ちょっとだけ休憩しましょう~。

・・・ちょっとのはずが、かなりまったりしてたんだけどさ。
まぁ、それも想定内だったでしょ?(笑)

のんびり写真を撮りながら歩く人。マウンテンバイクを抱えて歩く人。
ほぼ、トレランのように走り去っていく人。ヘトヘトになって歩く人。
この日、富士見林道は、大賑わい。

「おつかれさまです~」と、小屋前で再会したお姉さん再び♪
彼女も、このコースがお気に入りで、下山時はいつもキリンテへ降りているそうです。
そして、足元は、なんと、長靴履き!!
先月会ったときも長靴を履いていて、きっと、小屋のものなのかな?って
思っていたんだけど、なんと、マイ長靴でした。(^^;
地元の方。って仰ってたけど…
新潟方面では、長靴で登山する方が多いって聞いてたけど…
すごいっっ!(笑)
DSC04365.jpg

大津岐峠に到着。楽しい稜線歩きは、ここでおしまい。
そして、大好きな駒様。。。もう、あんなに遠くなっちゃった。
DSC04369.jpg
ここで、お昼にしましょう♪

ちょうどお昼時の大津岐峠は、休憩する人で大賑わい。

ご飯を食べて、まったりと再び。
ド~ンと存在感十分のお燧様。その右には、至仏山。さらに右には
ツンととんがった、景鶴山。
お燧様から見下ろす景鶴山。。。とってもかっこよかったんだよ~。(^O^)
DSC04371.jpg

御池へ下山は、今年はかなえられなかったけれど、それは、来年のお楽しみ♪
DSC04374.jpg
どんな景色が待ってるんだろうな~。
さて、下山しましょ。

もぉ、上を向きっぱなし。
DSC04377.jpg

青空とダケカンバは、やっぱり最強。(^O^)
DSC04378.jpg

午後になっても、快晴の空は変わらず。
DSC04380.jpg

そして、ブナブナ萌え萌えルートに突入します~。
DSC04384.jpg

きれいね~の連発。はじまり・はじまり~。
DSC04390.jpg

1本のブナの木でも場所によって色づき方が違うから
その木1本でもやさしい色のグラデーションを楽しめるし…
DSC04394.jpg

標高が下がってくれば、まだまだ色の抜けきらない、
黄緑色の葉っぱも楽しめるし
DSC04400.jpg

カエデとの鮮やかなコラボも楽しめたし~
DSC04405.jpg

大満足の1日となりました。
DSC04406.jpg
無理な出動要請にこたえてくださったリンゴさん。
ホントにありがとね~。

来年も、駒さんに引っ張り出しますので、ご覚悟を~ε===へ(;^^)ノ
DSC04407.jpg
7月からの4か月の間に5回の会津駒ヶ岳。
お花に草紅葉に木々の紅葉に。。。素敵な景色を見せてくれて
ホントにありがとうございました~。
そして、素敵な出会いも、ありがとう。(#^.^#)
2014/10/15

会津駒ヶ岳 **ブナブナ萌え萌えと、ちょっぴりうれしい再会と 1 **

秋の夜長を、駒の小屋でまったりと過ごそう。
これで、今年の駒詣ではおしまいっ!
きっとその頃には、ブナの黄葉も見頃になってるよ~~。(^O^)

そう思って、駒の小屋の予約をしたのが9月の中旬。
先月お泊りしたときには、すでに10月の予約がしてあったと。(^^;
静かに静かに、楽しみにして、その日が来るのを待っていました。

…なのに、台風19号のばかぁぁ。(T_T)
おそらく、予報よりも早く台風は行っちゃって、お天気回復だろう。と
思っていたのに、予約を入れた14日に関東から東北直撃の予報。

それでも、ミラクルを信じて待ちたい自分。
山は逃げないんだから…と、自分に言い聞かせてみる。
で、しばし考える。

燧ケ岳の帰りに見た七入りのブナの森を思い出す。
・・・残念だけど、小屋泊はあきらめて、日帰りでブナの黄葉を見に行こう・・・
どうせ行くなら、楽しくいこう!
うしし。次の私の公休日は土曜日♪
青空を運んできてくれる、Legendおやぢにメールをしてみる。

今回は、上から目線ではなく「ほんの思いつきなんですが…」と
私にしては、おとなしく…(笑)

車を1台、キリンテにデポして、やってきました~。
今年5回目の、会津駒ヶ岳。滝沢登山口~。
DSC04258.jpg
6時ちょっと前。階段下の駐車スペースはすでにいっぱい。
竜ノ門の滝へ曲がるところ付近の駐車スペースに誘導されました。

2週間ぶりの会津駒ヶ岳。(笑)
登り始めて間もなく、黄色く色づいた木々が迎えてくれました~。
DSC04261.jpg

ブナの黄色だけでなく、カエデのオレンジ色やコシアブラの薄緑。
この柔らか~い色調が、心まで温かくしてくれる♪
DSC04265.jpg

もう、すっかりおなじみになった登山道。
今年歩くのは、もう最後なんだな。
DSC04266.jpg

そう思ったら、ちょっとだけ、寂しい。
DSC04273.jpg
7月のハクサンコザクラ祭りがきっかけで広がった、山友の輪。
それまでは、1人で山歩きをするのが最高に楽しいと思っていた私。
新しいきっかけの種をまいてくれた駒様。
おかげで、新しい山の楽しみ方を知ったし、心から楽しい時間が過ごせました。

今年最後の駒詣。
快晴の空と、輝くブナの黄葉が迎えてくれました。
DSC04277.jpg

そして、水場を過ぎ、視界が開けるようになってくると
南会津に広がる雲海。
DSC04281.jpg

ただいま~。また帰ってきたよ~。(^^)
DSC04288.jpg

ベンチのところまで登ってきても、まだまだ広がる雲海。
さっきよりも、ちょっとだけ薄くなってきて、広がる水墨画の世界。
DSC04293.jpg

さぁ、この丘を登れば、駒の小屋~。
今年5回の駒詣。フル参加、ありがとう~。(^^)
DSC04296.jpg

今日は、朝からキリンテへ続く稜線もばっちり。
お燧様を見ながらの稜線散歩。思い切り楽しめるね~。
DSC04301.jpg

この位置で、今年4回目の「シェー」なり。
まっ、、、まさか、1人で登ってきてくれた時、セルフ撮りで、やってないよね(^^;
DSC04303.jpg

なんだか、すっかり心のよりどころとなった駒の小屋。
接客が一段落したところで、駒の兄様に声をかける。
「14日の宿泊。台風が来るのでキャンセルします」
「わざわざ ありがとねー」と、駒の兄様。
DSC04306.jpg
もちろん、電話1本でキャンセルできるけど、、、
でも、どーしても来たかったんです。(^^;

オコジョたち~。また来年♪
DSC04307.jpg
来年は、本物に会わせてね♪

小屋番を引きずり込んで「シェー」をさせる客。
。。。として、覚えていてくださった駒の兄様。
私の顔を見るなり「で、シェーってするんでしょ?」と。
DSC04308.jpg
仕事の手を止めて、外まで出てきてくださいました~。

その様子を見ていた、前日お泊りだった方が
「シャッター押しますよ」と言ってくださったので、お言葉に甘えて…♪
DSC04310.jpg
7月の時はまだまだぎこちなかった駒の兄様。
完璧です♪

その後、ベンチを立つのが名残惜しくて、ぐずぐずと座っていると、
小屋から出てきた見たことのあるお姉さん。
お互いに顔を見合わせて「あれぇ!?!?」と。

先月お泊りしたときに、同じように単独で登ってきていた駒中さん。
前日、お泊りをして、最高の星空と、雲海の広がる朝を迎えたそうです。
先月のお泊り後、たまには日帰りで登って来ることもあるし、
お泊りのこともあるそうです。この日、今年最後の小屋泊かな~。
そんなことをおっしゃってました。
ホント、うれしいバッタリでした。
来年の再会を約束しました。また会えるといいな~♪

その後、時間的に余裕がないから山頂は踏まずに、
駒の大池の周りをちょっとだけお散歩しましょう~。
DSC04311.jpg

奥白根。そして、日光連山もくっきり♪
DSC04312.jpg

山の神様付近の紅葉は、まだ鮮やかに残っていました。
DSC04315.jpg
もちろん、お参りしてきましたよ~。
お賽銭は入れなかったけど。ε===へ(;^^)ノ

ほぼ、定点観測のようになっちゃったチングルマ。
ボリュームは減っちゃったけど、青空を背負って、まだまだ輝いてる~。
DSC04319.jpg

花撮りおやぢも、屈んで。屈んで~~。
DSC04318.jpg

駒の小屋まで戻ってきました。
大好きな、ここの場所の景色をもう一度眺めて、
キリンテのブナの森を目指して下山を始めます~。
DSC04320.jpg
2014/10/14

週刊檜枝岐@沼尻のヒツジグサ

柴安嵓を出発して2時間。
ようやく、尾瀬沼の畔に出ました。
DSC04200.jpg

さっきまで、あのてっぺんに立ってたんだね。
そう思うと、なんか、ちょっぴり不思議な気持ち。
DSC04202.jpg

沼の反対側に、長蔵小屋。
あそこのベンチからなら、尾瀬沼越しのお燧様を見られるんだよねー。
DSC04204.jpg

燧ケ岳の紅葉はすっかり見頃を過ぎちゃってたけれど
尾瀬沼周辺の紅葉はまさに見頃~♪
DSC04207.jpg

ダケカンバの黄色&ツツジやカエデの赤。
DSC04208.jpg

帰りの時間もちょいと気になるところだけれど、それでも
急いで通りすぎちゃうのはもったいない。(^^)
DSC04210.jpg

次は、この木道を進んで、ナデッ窪から燧ケ岳に登るぞー。
振り返れば、いつも尾瀬沼が見えている。。。
燧ケ岳へ直登。ドMルート。(笑)
DSC04214.jpg

大好きな、沼尻の風景。
ほとんどの人が、休憩所に寄ってそのまま戻ってしまうけれど
ホントは、この池糖越しに見える休憩所。。。これがすごく素敵♪
DSC04215.jpg
・・・と、私は思ってます。(*^^)v

で、そこの池糖には、たくさんのヒツジグサ。
今年は、お花が咲いている時期に来られなかったけれど、
葉っぱたちは、真っ赤に色づいてました~。
DSC04218.jpg

池糖には、秋の空が映ってるし。
DSC04222.jpg

もぉ、大好きすぎちゃって、同じような写真を何枚も撮って
DSC04224.jpg

同じような写真を何枚もアップしてる。(笑)
DSC04226.jpg

休憩所で2回目のお昼ご飯を食べたら、沼山峠を越えて
帰りましょ~。
DSC04229.jpg

もちろん、湖畔の紅葉に萌え萌えしながら。(^^)
DSC04231.jpg

華やかな色に葉っぱの色を変える紅葉もステキだけど、
実は、コシアブラみたく、色がどんどん薄くなる色づき方も
とっても好きなのよねー。ほら、緑色大好きだから。私♪
DSC04232.jpg

三本カラマツの葉っぱの色も、だんだん金色に変わってきてました。
DSC04233.jpg

DSC04234.jpg

うふふ。どんな話をしてるんでしょうね♪
DSC04238.jpg

お燧様。今日も楽しい1日をありがとうございました。
DSC04240.jpg

尾瀬沼周辺では、古くなった木道の整備がどんどん進んでいて
撤去した古い木道をヘリコプターでどんどん運び出していました。
DSC04242.jpg

さぁ、帰ろう。
DSC04244.jpg

名残り惜しくって、何度も振り返っちゃうんだけどさ。
DSC04247.jpg

ダケカンバも、木の先の方には葉っぱが残ってるけど、白い幹が
よく見える。。。とっても好きな状態。(笑)
DSC04250.jpg

で、ダケカンバには、やっぱり青空がすごく似合うと思う!
DSC04252.jpg

御池の駐車場に向かうバスの中から、七入りのブナの森。
この色づき具合を見て、キリンテのブナの森の色付きも期待
しちゃってたのです。
DSC04253.jpg
えぇ、予定してた日程。
まさか台風の直撃をくらうなんて、、、、
ミラクルを信じてたのですぅぅ~。(´・ω・`)