2014/11/29

雪をかぶった駒様に会いに行こう。再び♪

運がよければ、青空に輝く霧氷が見られるんじゃないかな?
と、目指す先は、赤城山。

朝6時。空はどんよりと曇り空。
それも、結構厚い感じで。テンションが下がる。

桐生市内に入っても、まだ赤城山は雲の中。
今日、大丈夫なんだろか。かなり不安になる。

「おのこ駐車場」に着いても、あたりは乳白色の世界。
もぉ、泣きそうになる。

ゆっくり準備をして、黒檜山登山口へ・・・

大沼に浮かぶ赤城神社。
朱塗りの橋まで水鏡にくっきり。
DSC05264.jpg

車道を歩いているうちに、どんどんガスが晴れてくる。
やった☆
DSC05266.jpg

あれれ、登山口の看板が、なんか、すごく立派になった気がする。
DSC05267.jpg
ここから黒檜山へ登って、駒が岳経由で下山~。の予定。

稜線へ上がるまで、結構な急登だったりしますが…
大沼がもうあんなに下に。
DSC05268.jpg
20分くらいしかまだ歩いていないけど、もう、雲の上の人なんだな~。
なんて思うと、ちょっぴり、にんまり♪

さすがに昨日暖かかったから、雪は溶けちゃったかな?
なんて思っていたところに現れる雪!
しかも、雪に見えるけれど、実は凍ってたりします。
ツルツル滑るっ!
DSC05269.jpg
みんな、そのまま登っていってるけれど、ビビりな私はここで秘密兵器
チェーンスパイクを装着♪
これで、雪の上を、サクサクと。楽しぃ~。し、気持ちいい~♪

さぁ、青空の山頂が待ってるよ~。
DSC05271.jpg

登山口から1時間ちょっとで、黒檜山山頂~。
膝の靱帯。順調に回復♪だなっ☆
DSC05320.jpg
帰りに撮ったので、あたりは真っ白だね。

山頂からは、こ~~んな山々が見えるそうです。
DSC05272.jpg
実際のところ、黒檜山の山頂からは、皇海山くらいしか見えないんだけどさ。

そんなわけで、ちょっと奥のビューポイントまで移動~。

ん!? ルートマーカーまでクリスマス仕様ですかぁ!?(笑)
DSC05273.jpg

小さな祠に手を合わせてから・・・
DSC05274.jpg

きゃぁ~。お燧様&会駒様~。
DSC05277.jpg
雪をかぶったそのお姿は美しすぎますっ!

奥白根も真っ白~。
DSC05278.jpg

右から、お燧様~アヤメ平の稜線~至仏山~上州武尊山
DSC05281.jpg

着いた時には、かろうじて見えていた谷川岳は、
駒様に萌え萌えしてる間に、雲の中。
筑波山方面も、一面の雲・雲・雲。
DSC05282.jpg

風もなく穏やかな山頂。
あまりに気持ちがいいから、とりあえず、ジャンプしとく♪
その後、前日に仕入れたパンジュウを食べながら、しばしまったり。
DSC05308.jpg
せっかく、水筒にお茶を入れて準備したのに、持ってくるのを忘れたっ。(泣)

ガスがわいてきちゃったので、下山しましょう~。

黒檜大神にもご挨拶。
DSC05321.jpg
ここで、デジカメのバッテリーがいよいよピンチになる。(^^;

振り返ると、まだまだ青空の黒檜山。
DSC05322.jpg

でも、進む方は、乳白色の世界。
本当だったら間近に見える地蔵岳すら見えません。
DSC05323.jpg

そして、やっぱり、、、どうしても、、、、
この文字列には反応してしまう。(笑)
DSC05324.jpg
そして、ここでバッテリー切れ。(^_^;)

楽しみにしていた霧氷はできていなかったけれど、愛しの駒様&お燧様に会えて
大満足♪



黒檜山登山口9:00-黒檜山山頂10:10-(ビューポイントで休憩)-
黒檜山山頂11;00-駒が岳11;40-駒が岳登山口12:15

で、15時には自宅。。。
お山で遊んで明るいうちに帰宅してる。。。なんて、すごく久しぶりだ。(笑)
スポンサーサイト
2014/11/27

近くにあるのに行ったことのなかった「もみじ谷」

塩原にある「もみじ谷」には行ったことがあるんだけどね。(^^;

小春日和の穏やかな午後。
足利市にある「もみじ谷」に行ってみましょう~♪

その前に、織姫神社にお参り~。
DSC05218.jpg
足利市的には「足利学校」や「鑁阿寺」に並んで、観光名所らしいですが、
実は、お初の訪問だったりします(笑)

朱塗りの立派な神社。で、境内もモミジで真っ赤~☆
DSC05222.jpg

DSC05228.jpg

ここへ来ても、モフモフに目が行ってしまう。と。(^^;
DSC05223.jpg

足利市内を一望できます~。
DSC05221.jpg

そして、織姫神社は、縁結びの神様。
DSC05220.jpg
なるほど。おっしゃる通りです♪

さて、その後は、もみじ谷へ~。
DSC05233.jpg
昨日、おとといの雨でずいぶん葉が散ってしまったみたいですが…

まだまだ、鮮やか~~~なモミジたち。
DSC05235.jpg

お散歩を楽しむ人たちもたくさん。
DSC05234.jpg

立派なカメラを構えた人たちもたくさん。
DSC05231.jpg

思い思いに、鮮やか~~に色づく紅葉を楽しんでました。
DSC05236.jpg

レッドカーペット。
DSC05241.jpg

で、雨上がりだから、落ち葉の甘~~い香りがふわっと漂ってるんだわ。
DSC05242.jpg

黄色やオレンジに色づく木々。
日が当たってとってもきれい~♪
DSC05245.jpg

写真クラブの皆さんは、しゃがんで、寝っ転がって・・・
DSC05247.jpg
素敵な1枚が撮れたかな?

展望のいい広場から望む足利市内~。
DSC05252.jpg

やっぱり関東平野は広いね。
DSC05253.jpg

そして、足利へ来た一番の目的(笑)は、
「岡田のパンヂュウ」(^_^;)
DSC05255.jpg

久しぶりに食べたかったからさ。
DSC05256.jpg

塩味の効いたこしあんがたっぷり入っていて、3個100円。
これも、いくつでも食べられちゃう、危険な食べ物。(笑)
DSC05257.jpg
いつの間にか、値上がりしてたね。(^^;

ご近所さんでも、いつの間にか、木々が色づいてきていました♪
DSC05215.jpg

木枯らしが吹いたら、あっという間に散っちゃうだろうね~。
DSC05216.jpg
車の足回りも冬仕様になったし♪
お山に降る雪も楽しみになってきた~。(*^^)v
2014/11/25

奥久慈再び

奥久慈男体山へ登った帰りに連れて行ってもらった「月待の滝」が
あまりにも素敵だったので、母を連れて再訪~。(11月21日)

アラ古希にも優しい紅葉狩りです♪

せっかく奥久慈まで行くんだから、ここにも寄らなくちゃ!
竜神大吊橋
DSC05169.jpg
歩道橋としては、本州一の規模なんだそうです。

吊り橋に一番近い有料駐車場に行くためには、長~~い車の列。
DSC05168.jpg
ほれ、、歩くよ~。
ドウダンツツジが、真っ赤っか♪

あっ、バンジージャンプの人が飛んだっ!!
DSC05171.jpg
楽しそうだなぁ。1回やってみたいんだよねー。
普段の行動は、年中バンジージャンプみたいだ。って言われるけどさ。

岩肌の紅葉は、まさに見頃~。
DSC05173.jpg

吊り橋の通行料。。。310円なり~。
DSC05183.jpg


DSC05186.jpg


DSC05187.jpg

帰りに振り返ると・・・また飛んだっ!
DSC05190.jpg

駐車場付近にあったモミジ。ものすごくいい色付き。
DSC05192.jpg

竜神大吊橋から車で約30分。
メインの月待の滝。
DSC05197.jpg
1週間ぶりの訪問。(^^;

紅葉はちょっとだけ進んだようです。
もともと赤がきれいな場所だったけど、更に…♪
DSC05198.jpg

さすがに平日。滝の裏側を歩く人もほとんどいません。
半分貸切の滝を満喫~♪
DSC05201.jpg

そして、最後に、奥久慈の名所。
袋田の滝~♪
へ行く手前の行列に並ぶっ!
DSC05205.jpg

待つこと30分。いよいよその「ブツ」とご対面となります。
DSC05208.jpg

ずっしりと奥久慈産のリンゴが入った、アツアツ、焼き立てのアップルパイ。
せっかくなので、その場で一切れいただきます~。(*^^*)
DSC05209.jpg
ちなみに、2時には売り切れとなってました。
私は、ギリギリでありつけました。よかった~♪

そして、袋田の滝。
DSC05210.jpg
冬には、この滝が凍っちゃう。っていうんだから、どれだけ寒いんでしょうね。

袋田の滝の紅葉は、すでに見頃すぎ。
DSC05213.jpg
確実に冬の足音が近づいてきています~。
2014/11/22

とんでもないトリオのミラクルの続き

8月14日
とんでもないトリオで訪れた、ミラクル盛りだくさんの会津駒が岳。
IMG_8710santyoucccc.jpg

大津岐では、お燧様が顔を出してくださるのをひたすら待った1時間。
「キタ~~~!!!」と、お燧様との感動の対面。

その後、グレートトラバース~日本百名山一筆書き踏破~
の、田中陽希さんとバッタリ。
2014.8.14. koma 174

2014.8.14. koma 173

まさかね。。。とは思ってた。
っていうか、もう、すっかり過去のことになっていた。

が、、
11月22日の放送。
第5集 最終回で、なんと、とんでもないトリオの後ろ姿が映ってたらしい。
夏のミラクルに、こんな続きがあったとは♪

あっ、テレビはほとんど見ない私。
そんなわけで、BS契約してないから、見られてないんだけどさ。(^O^:
NHKオンデマンドの会員登録しちゃったよぉ。(笑)
     ↑
ブルさん、教えてくださって、ありがとうございました。
2014/11/21

とんでもないコンビ☆奥久慈de紅葉巡り~

奥久慈男体山 下山後・・・
はるばる奥久慈まで来たんだから。。と、案内していただいたのが、ここっ。
「月待の滝」   もぉ、なんて素敵なネーミングなんでしょ。
DSC05104.jpg
奥久慈と言ったら「袋田の滝」が有名で、こちらは何度か
行ったことがあるけれど「月待の滝」とは、初対面となります。

通り沿いのモミジの木。鮮やか~。
DSC05102.jpg

竹林と紅葉の木に囲まれたお食事処。
とってもいい雰囲気。
DSC05108.jpg

そして姿を現したのが「月待の滝」
DSC05106.jpg

簡単に滝の裏側に入り込むことができます。
DSC05109.jpg
あっ、虹が見える!!

滝のしぶきには、マイナスイオンがたっぷり~。(^^)
DSC05111.jpg

イメージ的には、夕立の時、軒先で雨宿りをさせてもらってる。
そんな感じが、ぴったり・・・かな?(笑)
DSC05112.jpg

太陽の光がきらきら当たってキレイ♪
DSC05114.jpg

み~~んな、滝行のマネごとをして、びっしょびしょ。
DSC05116.jpg
な~んてことはないけどね。
希望すれば、滝行の修業ができるそうです。

さて、対岸に渡って滝を見てみましょう♪
それにしても、鮮やかなモミジ♪
DSC05117.jpg

青空にも感謝。
DSC05118.jpg

わぁ、こっち側からも虹が見えるよ~。
DSC05126.jpg

そして、「どうぞぶらさがってください」と言わんばかりのところに
山ブドウのつる。
DSCF1606.jpg
わぁ、枝が折れなくてホントによかったぁ。       
                       (リンゴさんからのいただきもの)

紅葉の木々に囲まれたお休み処。
DSC05127.jpg

そして、鮮やかな紅葉。
DSC05128.jpg


DSC05130.jpg


DSC05132.jpg


DSC05134.jpg


DSC05137.jpg
素敵なところを紹介してくださって、ありがとうございました~。

たくさん実ったリンゴたち~。
一袋、お買い上げ♪
DSC05139.jpg
ほれ、私、リンゴが大好きだからさ。(*^^)v

そして、もう1か所、寄り道。
もみじ寺こと、永源寺。
DSC05140.jpg

高台にあるお寺。斜面一面にモミジが植えられていました。
日が陰ってしまったけれど、赤やオレンジや黄色。
ホントに鮮やか。
DSC05144.jpg

紅葉と同じくらいたくさんあったのが、かわいらしい石仏たち。
DSC05146.jpg

まっかっか。
DSC05147.jpg

かわいい。
DSC05151.jpg

真っ赤っか。(笑)
DSC05153.jpg

DSC05156.jpg

中腹に、休憩所みたいな小屋がありました。
そこから見下ろすと・・・
DSC05157.jpg
なんか、ちょっとだけ贅沢な気分になれそう。

すごい。繊細。
DSC05160.jpg
私も切り絵。やってみたいんだよねー。
あきっぽいからすぐ挫折するだろうけど。

青空と笑顔と紅葉に包まれた1日。
DSC05161.jpg

ホントに楽しかった。
DSC05165.jpg

最後は、大好きなかえるちゃんとハイタッチ。
DSC05167.jpg
また、とんでもない隊。出動できますように~♪
2014/11/19

災い転じて男体山(まったり山頂と、念願の・・・)

奥久慈男体山  654m
DSC05037.jpg
山頂では、数組の人たちが休憩中。

「よかったら撮りますよ~」と言ってくださったお兄さんにお願いして
山頂での記念撮影~。(*^^)v
DSC05035.jpg
それも、図々しくそれぞれのカメラで2枚ずつ。(^O^;

高原山Loveのリンゴさん。
再度、高原山の撮影にチャレンジ。
さぁ、満足の1枚が撮れたかな?
DSC05038.jpg

一足お先にまったりモード突入の私。
岩に深~~く根を下ろし、日差しの温かい、穏やかな山頂を満喫~♪
DSC05039.jpg

ふと足元を見ると、ドングリの帽子がおっこちてる~。
その形は、まるでベレー帽みたい。
それなら。。。っと、ボールペンを取り出し、ちょいといたずら書き。
DSC05045.jpg
「こんにちは~♪」

空を見上げると、快晴の空にひこうき雲。
このまま、ずっとあったかい岩の上でゴロゴロしてられそうです。
DSC05046.jpg
でも、着いた時は数えるほどの人しかいなかった山頂。
時間とともに、大賑わいとなってきました。
さすが、人気の低山です。(^^)

ちょっぴり名残惜しいけど、下山しましょう。
帰りは、一般コースで・・・

途中、スカイツリーと同じ高さ。。。という看板がありました。
スカイツリーから見下ろす都心の景色は、決して嫌いじゃない。
(というか、好き)
DSC05048.jpg

でも、連なる山々を見下ろす景色は、もっと好き~♪
DSC05050.jpg

健脚コースとは対照的に、なだらかに ゆるゆると下山。
場所によっては、麓の方から暖かい風が吹きあがってくるところも。
DSC05051.jpg
ホントだったら、こういうところは「高速下山~」と行きたいところだけど
どんなになだらかなところも、慎重に。慎重に・・・(^_^;)

見上げると、はっとするような色付きの紅葉。
DSC05054.jpg
太陽の光が当たると、さらに鮮やかに見える。(^^)

さぁ、どんな景色が見えたのかな?
DSC05063.jpg

をぉぉ、こりゃ、かっこいい♪
DSC05065.jpg

見下ろすと、紅葉した木々に光が当たってとっても鮮やか。
ふもとの山里の風景。
なんとも、心が温かくなるような景色。
DSC05060.jpg

「そろそろ封印して、新ポーズを・・・」 なんて話してたけど、
結局、今年も「シェー」で締めくくりになりそうだね。
DSC05066.jpg

DSC05072.jpg


きれいな紅葉だなぁ・・・
DSC05069.jpg

途中のベンチで、待ってました♪のお昼ごはん。
姥ヶ平のオフ会の時ray mariさんにごちそうになったブタブタミソミソ。
と~~ってもおいしかったので、レシピを参考にさせていただきました~。
DSC05077.jpg
あたりに漂う香ばしい匂い。おいしぃ~。
おにぎりじゃなくて、温かいご飯がほしくなるなぁ。
今度ブタブタミソミソをするときは、おにぎりじゃなくて、フードコンテナで
あったかいご飯を持参だな♪

色づき始めた、柔らか~い色の紅葉を見ながらランチタイム。
近くにいた人たちともちょっとだけお話を楽しみながら
ゆっくりとした時間が流れていきます~。
DSC05081.jpg

見上げれば、葉を落とした木の枝先がとっても美しい~。
もうちょっと経つと、明るい森の陽だまりハイキングが楽しめるね。
DSC05078.jpg

コース全体を通して、モミジの木がとにかく多い。
全体が真っ赤に色づいたら、ド迫力の紅葉が楽しめそうね。
DSC05083.jpg

赤い実がかわいい。(*^^*)
DSC05090.jpg

無事下山完了。
見上げると、さっきまで絶景を楽しんでいた山!
楽しかった~。(*^^*)
DSC05093.jpg

朝は逆光でくすんで見えた木々の色。
日の光が当たると、こんなに鮮やか~。
DSC05097.jpg

遊んでるときは、膝の痛さなんてすっかり忘れてた私~。
膝のリハビリになったか? って聞かれたら「???」だけど、
心のリハビリは十分すぎるくらいできました~。(^^)
DSCF1567.jpg
                             リンゴさんからのいただきもの

岩登り&展望の山。楽しかった~。
今度は、膝がいたくないときに再訪したいじょ~~☆
DSC05099.jpg

リンゴさん。
1日、とっても楽しかったです。
また誘ってくださいね~。(^^)
2014/11/18

災い転じて男体山(気合と根性で山登り~)

男体山。。。
と言っても、奥久慈男体山。
茨城県にある、紅葉の美しいお山です♪
DSC04985.jpg
今月のシフト票を見ると、ことごとく週末は出勤。
今月のとんでもないコンビの出動は、ナシか…(泣)


11月のある日、ちょっぴり寂しい気持ち(だったかどうかは置いといて)で
「高速下山の練習~」なんてふざけたことをやっていた三毳山。
何にもないところで転んで(^^;膝をひねって、靱帯を傷めてしまう。(爆)
寝返りするたびに痛くて目が覚める。もともと太いおみ足は、腫れてもっと太く(^^;
「歩く」という動作すら不自由な状態だったので、仕事を休むこと2日間。

DSC04999.jpg


そこでシフトの交換。その後、巡りに巡って、
なっ、、、なんと、私に日曜日の休みが巡ってきたのです~♪\(^o^)/
DSC04986.jpg
あっ、、、
整形外科の先生は「3週間はおとなしくしててね」って言ってたんだけどね。(^^;

日曜日。Legendおやぢが奥久慈に行く情報はキャッチしてたので
無謀にも「私も行く~」と、乱入宣言。
ちなみに、未だに階段は足を互い違いにして下りられない状態です。(^_^;)

DSC04988.jpg

いや、この季節話題に上る奥久慈。
地味に遠くて、興味はあってもなかなか足が向かなかったからさ。
DSC04989.jpg
最近、すっかり使わなくなったトレッキングポールも
お守り代わりに持っていくことにしましょう。

キーンと冷えた空気。足元は、霜で真っ白。
DSC04994.jpg
でも、30分も歩けば、汗がじんわり。
前日の寒さにビビって、ニットの帽子なんかかぶってきたけど、
暑くて、結局いつものように手ぬぐいにチェンジ。
どうやら、小春日和の1日になりそうです♪

そうそう。もう晩秋だっていうのに、スミレの花が咲いていて
ちょっとだけびっくり♪

なんだかんだ言っても、やっぱり晴れた日がいいよね~。
・・・と、見上げた先には・・・
DSC05001.jpg

紅葉した木々。
きれいね~。ホント♪
DSC05004.jpg

DSC05005.jpg


で、、、登るんですか? 
まぢで。。。(^_^;)
DSC05006.jpg
一応、、、全治3週間。。のうちの、まだ1週間なんですが。。。

顔は笑ってますが、かなり(泣)が入ってます。
どっちの足から登れば痛くないかな~。
どこに足をかければ大丈夫かな~。って。
DSCF1478.jpg
                      リンゴさんからのいただきもの
スーパー鈍足に輪がかかって、1日を通してお待たせしてしまいました。
ごめんなさいね。m(__)m

そう。。。きっとリンゴさんなら 「じゃ、今日は無理しないで一般コースで」
なぁんて言ってくれるんじゃないかなぁ。なんて一瞬思ったけど、、、
にっこり笑って「あっ、健脚コースって言っても、たいしたことないから」って。(^^;
やさしい やさしいリンゴさんは、実は、スパルタンでした。(T_T)

でも、、、実は、岩登り。ちょっと楽しかったりしたのです~。

で、頑張って登ったご褒美には、山肌を彩る木々~。
DSC05007.jpg

そして、山々を見下ろす、自然の展望台~。(^O^)
DSC05009.jpg

んで、笑顔のリンゴさん。
DSC05008.jpg
もぉ、これで、十分でしょ~。
喉元過ぎれば熱さを忘れる・・・典型的なタイプな私♪
楽しければ、痛さも忘れちゃうのです~。(*^^)v

展望を楽しんで、一息入れたら、山頂を目指しましょう~。

あ゛~、なんか、垂直に見えるんですけどぉぉ。(T_T)
DSC05016.jpg

それにしても、紅葉と青空。やっぱり最強だな~。
DSC05017.jpg
・・・なんて、現実逃避をしたら。。。

さぁ、長~~い鎖場。登りましょう~。
DSC05022.jpg
どうせ、登山道。渋滞してるから、ゆっくり登れますよ~。

ってな話だったんだけど、前に人はいなく、渋滞はなし♪
後ろからもついてくる人がいなかったので、ゆっくり。ゆっくり。

それでも、ほとんど岩をよじ登る。。。なんてルートを歩いたことのなかった私。
緊張の一瞬。
DSC05025.jpg
いや、、、ホントに楽しかったー。(^^)

山頂直下の東屋でもう一度休憩をして、ひと登りで
奥久慈男体山山頂に到着~。

山頂にある祠のわきからは、360度の大展望♪

遠くに日光連山 高原山 那須岳まで。
DSC05026.jpg

キラキラ光ってた霞ヶ浦も見えました~。
DSC05028.jpg

見下ろすと、麓の家。
DSC05032.jpg

鮮やかさを増してきた、奥久慈の紅葉。
DSC05033.jpg
眺望を楽しんだら、まったりタイム。突入となります~☆
2014/11/11

ボツにするにはちょいと惜しい紅葉の景色

10月1日  栂池自然園。
DSC03879.jpg
数年前の夏、白馬大雪渓が見たくて訪れたことがありました。
晴れの天気予報に、ワクワクしながら来のに、ロープウェイを降りたら、
まさかの雨だった。と。(^^;
その時、写真を撮りながらお話をしたおじさんに
「ここの紅葉はホントに見事だから、次は秋に来なよ~」
と、猛プッシュされ、お財布を持った(笑)母を連れて再訪です~♪

この日も、確か、晴れの予報だったんだけど、ガスの取れない1日でした。
本当なら、この紅葉の山の向こう側に、白馬岳が見えるはず。(T_T)
DSC03882.jpg

まぁ、ロープウェイを降りた時点で標高約1900m。
山の天気だから、仕方ないやね。
DSC03885.jpg

一周 約5.5キロ 
栂池自然園をぐるりと一回り。3時間半のハイキング。
DSC03888.jpg

ここへ来る数日前、駒様で、これでもかっ!っていう、最高の紅葉狩りを
楽しんじゃったので、はじめは「ふ~~~ん」って感じだったけど(^^;
DSC03892.jpg

とにかく色が豊富!
ガスがかかってほんわかした、やさしい色が楽しめたり、
時々日がさすと、鮮やかなオレンジ色が楽しめたり。(^^)
DSC03898.jpg

園内は、木道&階段。時々ゴロゴロ石ころ。
よく整備されているので、アラ古希の母でも、途中
休みながら、気持ちよく、のんびりハイキング♪
DSC03900.jpg
「きれいね~」と、足が進まない。。。って方が、正しいかな?

秋の栂池自然園を猛プッシュされたのは、ここの景色を見ながらだったっけ。
「ここのナナカマドはきれいだよ~」って。
DSC03904.jpg

ナナカマドだけじゃなくて、カエデにツツジにダケカンバ。
どれもこれも、きれいな色付きでした~。
DSC03907.jpg

葉を落としたダケカンバも、とってもいいアクセントになってる~☆
DSC03910.jpg

をぉぉ、山肌にまだ、雪が残ってたよ~。
DSC03916.jpg

4時間かけて白馬まで来て、、、よかったね♪
DSC03917.jpg
お財布持ってきてくれて、ありがとう~。(笑)

さぁ、いよいよ、栂池自然園の一番奥。
展望湿原に到着~。
DSC03923.jpg

この真正面に、白馬大雪渓が見えるはず。
天気がよければ、雪渓を登っている人も見えるそうです。
DSC03928.jpg
あはは。今年も真っ白。(^O^;

ここから、じれったい「待ち」に入ります。
とりあえず、お昼ご飯を食べて、、、お茶を飲んで、、、
DSC03931.jpg
30分も過ぎると、隣から「どうせ見えないよ」「もう行こうよ」と。

聞こえないふりをして、ひたすら待ち~~。

何となく見えた~~~!!!
DSC03936.jpg
すっきりはっきりとは見ることができなかったけれど、何となく大雪渓の
雰囲気だけは感じ取って・・・

下山です~。
DSC03940.jpg

ちょっと湿った木の階段は、ツルツル滑って怖い。
足元を見ながら1歩ずつ。
DSC03943.jpg

黄葉した木々の間に、滝の白い線が一筋。
DSC03948.jpg

ポスターやパンフレットに出てくる景色。
旧ヒュッテの赤い屋根が、なんともかわいらしい。
DSC03953.jpg
やっぱり、赤い屋根の山小屋。
私の好みかぁ!?(笑)

あのピークが白馬乗鞍岳かな?
あそこを越えて、白馬大池でキャンプがしたい~。。。は、
叶うかな?
DSC03955.jpg

DSC03956.jpg

帰り、小川村の道の駅でおやき~。
皮にそば粉を使っていない!っていうので、大人買い。
信州のおやきは、そば粉を使ってるものが多いので、いつも泣く泣く
諦めてたけど、、、うれしいっ。(*^^*)
いっとき、我が家の冷凍庫。おやきだらけでした。(笑)
DSC03958.jpg
朝、野沢菜入りのおやき~。
おやつに、あんこのおやき~。
夜食に、切り干し大根のおやき~。



あ~~~ぁ、これで「痩せない」って悩んでる私は、いったい・・・(-.-;
2014/11/07

雪をかぶった駒様に会いに行こう♪

雪化粧の駒様に会いたいな~。
どこで会えるかな~?
真っ先に浮かんだのが赤城山。
でも、赤城は、これからの季節も行けるからなぁ。。。

で、目指すことにしたのは、ここっ。
去年の11月も、訪れています。 その時の記事はこちらっ。DSC04857.jpg
どうしても確認したかったこともあるし。
7時50分。出発~。

太郎山手前の山王帽子山まで。。。
急登です。かなり。
わぁ、もふもふ。かわいいな~。なんて、現実逃避をしつつ、ゆっくり1歩ずつ。
DSC04858.jpg

登山道は、立派に成長した霜柱がびっしり。
そして、数日前に降ったと思われる雪も残っていました。
DSC04859.jpg

苔の鮮やかな黄緑色の上に積もった真っ白な雪。
きれいだな~。
DSC04865.jpg
寒いな~。
ガスで辺りは真っ白だなぁ~。(T_T)

ガスの通り道になっているところのでは、木々の枝先が何やら白い。
うわぁ、霧氷だ~。\(^o^)/
DSC04861.jpg

それも、もっさ、もっさと。(嬉)
DSC04862.jpg

霧氷 苔Ver.
DSC04870.jpg

繊細な、繊細な霧氷。
息を吹きかけたら、あっという間に溶けてしまいました。
DSC04871.jpg

8時40分。山王帽子山。
この柱の根元に視線を落とす。あるかな~?
DSC04872.jpg

その石は、地面に半分埋もれる感じで落ちていました。
去年の秋、さるやさんが置いた、さるやの石。
2個目。Getなり~。(^^♪
DSC04876.jpg
去年、その記事を読み落としていて、去年登ったときは、
探さずに通過。
ずっと気になってました。

この後、ようやくご対面できたさるやの石を、笹原に落としちゃって
半泣きで、大捜索。
この寒い中、何やってっかなぁ。。。って自分に呆れながらも
15分後、ようやく発見。
これで、心おきなく太郎山を目指せます~。

冷たい風がビュービュー。
去年の太郎山のミラクルがなかったら、絶対山王帽子山で
引き返してたと思う。
今年もミラクルを信じて先に進んだけど、相変わらず真っ白。
霧氷もすくすくと成長。
DSC04877.jpg

DSC04878.jpg

鞍部まで下りてくると、ダケカンバの枝先。
そして、登り返す山の斜面も、素敵な感じになってる。
DSC04879.jpg

DSC04881.jpg
なんか、日本の山じゃないみたい。
一瞬、そんな気持ちになってしまいました。

もう一頑張りで、小太郎山の山頂かな?
そんな頃、覗く青空。
DSC04882.jpg
ちょこんと見えてるのは、金精山かな?

広がる青空。うわぁ、こりゃ、今年もミラクルいただきだな~。(^^)
DSC04884.jpg

真っ白だった会津方面。風が吹いて、一気に視界が開けてくる。
駒様。会いたかったよ~。
DSC04885.jpg

。。。が、小太郎山の頂上に着いた時には、
またまたあたり一面、真っ白。
太郎山へ行くには、この先、岩峰を越えて、さらにやせ尾根を越えて・・・
この強風。無理はできないな。。。
と言うことで、本日の山頂は、小太郎山~。10時20分。
DSC04886.jpg
風の当たらない岩陰に腰を下ろして、ミラクルを信じて待ち。。。に入る。
けど、5分もすると、寒い。。寒すぎる。
駄目だ。今日は帰ろう。記念写真だけ撮って。。。

せ~~~~の
DSC04888.jpg

あらよっと。
DSC04901.jpg

ほいっ。
DSC04905.jpg
なんて遊んでみたものの、ガスが晴れる気配もないので、下山~。

・・・と、50メートルくらい下ったところで、突然顔を出す太陽。
もう一度、山頂へ駆け上がる。
その頃は、またガスガス。

持ってきた服。ぜ~~んぶを着こんで、待ち。再び。

突然ガスが切れて、顔を出す男体山と大真名子山のてっぺん。
DSC04909.jpg
あっという間にガスに隠れちゃうんだけどね。

渦を巻くように、ぱぁ~~~~っとガスが切れていって、顔を出した駒様。
DSC04910.jpg
こちらも、一瞬のうちに隠れてしまう。

おぉぉぉぉぉ。お燧様だぁ。\(^o^)/
DSC04911.jpg
渦巻くガスが作り出す景色に鳥肌が立つほど感動。
その鳥肌は、寒いから立ったんじゃない。。。そう思う。

一面の雲海に、もう一度、頭だけが見えた男体山。
DSC04914.jpg
また、あれよあれよという間に隠れちゃうんだけどさ。
もう一度大真名子山の山頂が見えるまで。。。なんてちょっとだけ
待ってみるけど、その気配はなく・・・

残念だけど、今日はここまで。
下山しましょう~。11時。
DSC04915.jpg
さようなら。また来年も来ます。きっと。

下山すると決めたら、早い、早い。(^^;

モフモフちゃん。かわいいっ。
DSC04916.jpg

枝先にびっしりくっついてた霧氷は、すっかり落ちてしまってました。
DSC04919.jpg

そして、下山するといい天気。は、お約束。(^^;
DSC04921.jpg

もちろん、寒い中登ったから見られた景色にご対面できたんだけど、
この快晴の空を見ると、ちょっとだけ癪に触ったりもするのです。(^^;(^^;(^^;
DSC04923.jpg
12時50分。車に到着~。

ぽかぽかの車の中でお昼ご飯を食べたら、金精峠を越えて
片品経由で帰りましょう~。
花豆とリンゴとこんにゃくが買いたかったからさ♪(笑)

あ~~、男体山もすっきり見えてるしぃぃ。(T_T)
DSC04925.jpg

金精峠の向こう側も紅葉がとってもきれい。
紅葉ドライブを楽しんで、お買い物も完了。

園原ダム
DSC04927.jpg

DSC04929.jpg

南郷の曲屋
DSC04930.jpg

尾瀬詣での時にいつも通る県道62号線。
ちょうど、赤城山の北側を走る道路です。
根利付近も紅葉が見ごろ。
DSC04935.jpg

普段なら、取り締まりしてませんように・・・って祈る気持ちで
通りすぎちゃうこの通り。
今日は、ゆっくりゆっくり…
DSC04937.jpg

最後に、にわか撮り鉄になってみたりする。(^O^;
DSC04939.jpg

昭和チックな駅。。。
DSC04941.jpg
山の上はもう冬。里は、まだ、秋、真っ盛り。
2014/11/05

2個目~


それは1年間ここで待っていてくれました♪

もぉ、帰ってもいいや(笑)

寒いっ。