2014/12/31

今年もありがとうございました(^^)

DSCF2505.jpg
      2014.9.20. 大津岐峠  (リンゴさんからのいただきもの)


間もなく2014年が終わります。
この1年。笑顔いっぱい。元気いっぱいに過ごすことができて
ホントにありがたいことだな~。と思っています。

テレビで「今年の漢字は?」なんてのを見ると、じゃ、私にとっての
「今年の漢字」一文字は何だろう。。。ずっと考えてました。

まず浮かんだのが「楽」
でも、これって、なんだかんだ、毎年、今年の漢字になるな。。。で、ボツ!
次に浮かんだのが「輪」
これは、去年、清水寺に飾られた一文字だよね。。。で、ボツ!

で、浮かんできた、私的、今年の漢字は・・・
       「会」
会津方面に通いまくり・・・
中でも、会津駒が岳では、次々に起こるミラクルに大興奮。
で、出会いが出会いを呼んで、ネット上でもリアルでも
素敵な出会いに恵まれました。
この先もずっとずっと大切にお付き合いさせていただきたいな~。
と思っています。
皆さま、これからもどうぞよろしくお願いいたします。m(__)m
見捨てないでねぇ~。(^^;

そして、来年も新しい出会いがありますように♪

さぁ、ここで、年のはじめに立てた今年の目標。
どのくらい達成できたでしょうか~。(^^;

(1)癒しの山上の湿原。苗場山。  
  会津駒ラブ~にて、早々に行くことを断念。(笑)
  おかげで、楽しい駒詣の1年になったので、まっ、いいか♪

(2)今年も、大好きな会津駒ケ岳。今年も駒の小屋に泊りに行きたいなー。  
  目標達成250%くらい?(笑)
  今年の山歩きは、会津駒ヶ岳なしでは語れない1年でした。(^^)
2014.7.22.koma 135

(3)「去年は行けなかったから、久々にお燧サマに会いに行く~。
  お燧様。。。。やっぱりあなたはかっこいい~♪
DSC04144.jpg

(4)お花の咲く頃、尾瀬の笠ヶ岳。
  小笠の斜面いっぱいに咲くチングルマには感動♪
  360度の眺望は、ガスってていただけなかったので、再訪決定!
2014.7.13.kasagatake 183


(5)燕山荘に泊って、憧れの燕岳へ♪
  あはは。こんな目標を立ててたことすら忘れてた。(^^;
  そんな訳で、ブッブー。(´・ω・`)

(6)憧れの女峰山
  志津から登って女峰山~帝釈山の稜線散歩。
  男体ファミリーを眺めながら歩いた稜線。 
  ガレ場のトラバースの怖さも忘れて、また行きたい~。(*^^*)
2014.7.28.nyohohsan 046

(7)そして、最後の目標。あと2キロ。体重を減らす。(爆)
  あ゛~、山の上で食べるごはんって、なんておいしいんでしょ。
  しかも、食欲の秋に、一大あんこブーム到来。(笑)
  来年こそ頑張ります。ダイエット。(-.-)
  あっ、でも、シワが増えない程度にねっ。(すでに逃げ腰)


では、今年、心に残った山歩き。ベスト3を上げてみましょう~。

第3位♪
風邪薬と解熱剤を抱えて参戦。
人生初の3000m峰。乗鞍岳~。
DSC03383.jpg

DSC03382.jpg
実は、超悲しい話を聞いて、号泣しながらの登山でした。
まぁ、それはそれで心に残ったかな。。。と。

第2位♪
数年越しの願いが叶って、残雪期の至仏山~。
小至仏山のトラバースに、ドッキドキ☆
2014.4.26.sibutu 036

2014.4.26.sibutu 046
真っ白な尾瀬ヶ原の向こう側には、雪をまとったお燧様。
新潟方面の雪の山々の景色にも大感動♪

そして、第1位♪
文句なしっっ!!出会いと奇跡の会津駒が岳シリーズ。
これをバラバラにすると、どれを1番にする? って真剣に悩んじゃうし
トップスリーは間違いないので、シリーズ。。。ってことで。(^^;
2014.7.22.koma 062
満開のハクサンコザクラ祭り~

2014.8.14. koma 174
初めての富士見林道経由キリンテへグルリップで、グレートトラバースの
ヨーキ様にバッタリ。

DSC03579.jpg
金色に輝く草紅葉を堪能しつつ~の、駒の姉さんを「シェー」に引きずり込み

DSC03814.jpg
ドンピシャのタイミングで、鮮やかな紅葉を楽しんで

DSC04265.jpg
ブナブナ萌え萌えの黄色いトンネルをくぐって、滝沢登山口からキリンテへグルリップ。
ホントは、駒の小屋泊を予定してたんだけど、台風で
日帰りに変更しちゃったんだよね(T_T)

もぉ、この1年。全力で遊びました。
いつも自己満足ブログにご訪問いただき、また、ネット上でも、リアルでも
お付き合いいただきありがとうございました。
おかげでホントに楽しい1年を過ごすことができました。
皆さま。どうぞ、よい年をお迎えくださいね。
そして、来年もよろしくお願いいたします。m(__)m
スポンサーサイト
2014/12/29

南高梅のジャム


冷凍室の掃除をして気がついた(正しくは今まで見ないフリをしていた)冷凍の南高梅。
梅のジャムを作るのに、1日冷凍するって工程があるんだけど、なにしろ、その頃はお山で遊ぶのが忙しくて、冷凍室に放置(笑)
半年の時を経て、トロトロに煮込んで夕焼け色のジャムになりました♪

ヨーグルトにも合うし、お料理にも使える実は優れもの♪
2014/12/27

リトルミッシー

密かなマイブームのセダム。
DSC05518.jpg
葉っぱの縁にピンクの刺繍をしたみたいなところがとってもかわいい。
この縁は、間もなく消えちゃうんだけどさ。

暖かくなると咲くお花が今から楽しみ~。




で。。。。
DSC05617.jpg
モフモフ。大増殖中。(笑)
2014/12/25

Merry Christmas♪


良いおぢちゃん おばちゃんにはサンタクロースが来ました。


私はよい子ぢゃないからさ、
来なかったよぉ(T_T)
2014/12/25

シモバシラ再び

12月22日 鳴神山 de シモバシラ
DSC05598.jpg

某氏がシモバシラを見るためにはるばる2時間以上かけて鳴神山へ来るという
情報を掴み、邪魔しに向かう~。(^^v

数日前、歩いた時には、植林地を抜けると、一面の雪。
DSC05528.jpg

山頂を過ぎ、椚田峠までの激下りの稜線上も雪。
DSC05559.jpg
それが、雨が降って、その後1時的に寒さが緩んで、すっかり
解けていた。

シモバシラ。。。見られるかな?

正直、ものすごく不安だった。

・・・でも、、、
キタ~~。(^O^)
DSC05607.jpg

時間も早かったので、しっかり凍っていたシモバシラ。
DSC05608.jpg

その輝く色は、やっぱり飴細工を思い出させる。
DSC05610.jpg

地中の根が完全に凍ってしまうと見られなくなってしまう
氷の花。
DSC05611.jpg
この時期だけのお楽しみ♪
2014/12/20

冬に咲いた氷の花

シモバシラの霜柱。
DSC05587.jpg

1年待って、ようやく会えました。(*^^*)
DSC05585.jpg

繊細なガラス細工のような・・・
DSC05582.jpg

はたまた、飴細工のような・・・
DSC05580.jpg

手で触れると、あっという間にパラパラっと壊れてしまった。
DSC05579.jpg

期間限定
DSC05567.jpg

自然の造形作品展。って感じ。
DSC05563.jpg




昨日までは冬の嵐。
でも、冬型が緩んだ今日は、山頂からは雪をかぶった山々が見えました~。

日光連山
DSC05536.jpg

奥白根~
DSC05547.jpg


皇海山。袈裟丸山方面。
DSC05537.jpg

浅間山
DSC05539_20141219225014ca2.jpg

ぽっかりと浮かぶ筑波山
DSC05541.jpg

どどーんと聳える赤城山
DSC05553.jpg

地蔵岳のアンテナ群
DSC05554.jpg

この間思い切り楽しんだ黒檜山
DSC05555.jpg

高圧鉄塔の向こうには谷川連峰。
DSC05556.jpg



アカヤシオの季節ぶりのこちらのお山~。
DSC05544.jpg

花の季節は終わってしまっても、しっかり自己主張をしてましたよ~。
DSC05552.jpg
2014/12/19

栗の入ってない


栗まんじゅうができるのを、カステラ饅頭を食べながら待つっ。(笑)


あんこがめちゃめちゃおいし~い♪
2014/12/17

新とんでもないトリオdeキラッキラッ☆&もっふもふの霧氷~赤城山~(2)

CIMG3409.jpg
                                kazuさんからのいただきもの
黒檜山頂。
お天気がよければ、ここから皇海山や袈裟丸山。遠くに筑波山も
見えるけれど、この日見えたのは、鉛色の空だけ。

さぁ、展望は期待できないけれど、この先にあるビューポイントに行ってみましょう~。

猛烈な風。。。を覚悟していたけれど、思ってた以上に静か。
でも、予想通り、なぁ~~~んにも見えません。(笑)。
いちお、山頂からの眺望は、過去ログ参照~(笑)→こちらから


普段、猛烈に風の強いビューポイント。雪のつき方も半端じゃありません。
DSC05470.jpg

この大雑把でワイルド~~な雪のつき方。
名付けて「O型的エビのしっぽ」
DSC05469.jpg

嬉しくなっちゃう、もっふもふ。
DSC05468.jpg

お約束の千手観音。(笑)
DSC05472.jpg

そして、思わず喰らいついてみる。(笑)
DSC05475.jpg
ちょっと、埃の味がした。。。かな。(^^;

決して「スリスリしてみれば~?」なんて、わたしゃ、言ってないよ。
自ら進んで・・・
DSC05476.jpg
「写真、撮れ!」って言うからさ。ε===へ(;^^)ノ

思ったほど寒くなかった山頂。
天気の回復が期待できるなら、もうちょっとここで
粘ってみたい気持ちもあったけど、どうやら天気の回復はなさそう。
DSC05478.jpg
そんなわけで、駒が岳経由で下山しましょう~。

今シーズン初の雪だるま。
サラサラの雪で、いくら握っても固まらない。(^^;
CIMG3422.jpg
                                  kazuさんからのいただきもの

お行儀の悪い雪だるま君。
ようやく看板の上に座ってくれました~。
DSC05480.jpg

下山も、また、モフモフを楽しみながら~♪
DSC05481.jpg

途中、黒檜大神にお参り~。
この冬の大雪で、この鳥居は埋まってしまったそうです。
DSC05482.jpg
ここで、アイゼンを装着~。

あっっ、祠のわきに、かわいいモフモフ。(*^^*)
DSC05484.jpg

白いトレイル
DSC05487.jpg

白いお山
DSC05490.jpg

白いトンネル
DSC05492.jpg
始まったばかりの冬の景色を思い切り楽しみます~。

駒が岳山頂で、新とんでもないトリオ。勢揃い。
DSC05498.jpg
もぉ、「はじめまして」のkazuさんに対してまで「おやぢ」とか言っちゃってて
すみませんでした~。(^^;
でも、霧ケ峰や至仏山で、さりげなく「シェー」をしてしまうあたりから
しっかりその素質は見抜いておりました~。(^O^)
もぉ、抜けられませんわよ~。(笑)

水墨画の世界を眺めながら、お昼にしましょ・・・
DSC05500.jpg

あっっと、その前に、もう一遊び♪
CIMG3446.jpg
                                kazuさんからのいただきもの

kazuさんには、とちおとめロールのほか、あったか~いおしるこ。
私的、大好きな群馬のお菓子。トップ3に入るガトーフェスタハラダの
ラスクなんぞをごちそうになってしまいました~。
DSC05501.jpg
ありがとうございました。(^^)

のんびりしていたら、いつの間にか降ってきた雪・・・
DSC05503.jpg

階段を延々と下って、駒が岳登山口へ到着~。
DSC05505.jpg

期待以上の霧氷の景色を見せてくれた赤城山。
そして、運転からガイドからおやつまでkazuさん、。。。何から何まで
ありがとうございました~。
DSC05506.jpg
これに懲りずに、また遊んでくださいね~。(^^)
この冬、またまた赤城詣での予定です。(*^^)v




そして、おまけ。。。
道の駅 どまんなか田沼のイルミネーション
DSC05507.jpg

世間では、もうすぐクリスマスだね~
DSC05510.jpg

クリスマス・・・
DSC05511.jpg

なにそれ おいしいの?
DSC05513.jpg
2014/12/16

新とんでもないトリオdeキラッキラッ☆&もっふもふの霧氷~赤城山~(1)

そして、新とんでもないトリオは、去年の6月23日に登った平標山で
ニアミスしてる♪という、ご縁がありました~。(^^)

ブログでやり取りをさせていただいていた、「週刊赤城」(笑)のkazuさんとは
今年の冬は、どこかのタイミングでバッタリがあるんじゃないかな~?と
思っていましたが、なんと、一緒に歩いていただけることに♪
ちなみに、kazuさん。前日も赤城(黒檜山)に登っていたそうです(笑)

さて~、当日の朝、麓では冬晴れ。
朝のうちは雲に隠れていた赤城山も、時間の経過とともに姿を現し
青空&霧氷の景色が期待されます。
が、、、赤城道路に入って間もなく雪が降りだし、昔、料金所があった
あたりからは、圧雪路になる。
待ち合わせ場所の姫百合Pに着いたころには、雪は本降り。(^^;
お言葉に甘えて、kazuさんの車に乗せていただいて、おのこ駐車場へ。
車中、永遠の28歳の秘密なんぞをバラしつつ、駐車場へ着くころには
雪もやんで、だんだん、空が明るくなる気配♪
地蔵岳。鍋割山の代案もあったけれど、予定通り黒檜山~駒が岳を
目指すこととします。(^^)

3週間ぶりの赤城神社。
すっかり冬景色。大沼が全面凍るのもあと少し。
DSC05392.jpg

踏みしめると、キュッキュッって音がする新雪の感触を楽しみながら
黒檜山。登山口。
雪は積もってるけど、凍ってないのでツボ足で登り始めます~。
DSC05393.jpg

朝からノリノリのお二人~。
DSC05394.jpg

出だしからなかなかの急登だけど、ひと登りで大沼&地蔵岳が
かっこよく見える稜線に出ます~。
DSC05397.jpg

ポールは邪魔だからか片付けよ・・・

はい。ポーズ♪
CIMG3316.jpg
                                kazuさんからのいただきもの

見上げれば、わずかに広がる青空に、太陽の光が当たって
輝く、キラッキラの霧氷。
DSC05408.jpg

稜線上を進んでいくと、少しずつ地蔵岳と大沼の
景色が変わって見えてくる。
DSC05416.jpg

前みて、上みて・・・
ちっとも前へ進みません。
DSC05418.jpg

前を見れば霧氷のトンネルだもん。
急いで通りすぎちゃったら、もったいなさすぎる。(^^;
CIMG3361.jpg
                                kazuさんからのいただきもの


DSC05420.jpg

景色のいいところで小休止~。
DSC05421.jpg

向かい側の斜面は、水墨画の世界。
DSC05422.jpg

枝先は、まるでグラニュー糖でも吹きつけたみたい。
DSC05423.jpg

またまた霧氷のトンネルの中を歩いてきます。
DSC05425.jpg

そして、向かい側は水墨画。再び~。
DSC05426.jpg

二人そろってカメラ向けてますが、何か面白いものでも??(^^;
DSC05427.jpg

DSC05428.jpg

またまた霧氷のトンネル。入りま~す。
DSC05430.jpg

でも、やっぱり景色がいいから撮りま~す。
DSC05431.jpg

たぶん、お二人が撮ってたのは、こんな景色。
DSC05434.jpg

薄日も差してきました。
CIMG3366.jpg
                                   kazuさんからのいただきもの

で、上を見たら、青空~。
DSC05438.jpg

もぉ、キラッキラ。
DSC05439.jpg

DSC05440.jpg

もっもふ。
DSC05441.jpg

うわっっ! モンスターあらわるっっ!
DSC05442.jpg

立派に成長した霧氷たち。
DSC05444.jpg

DSC05445.jpg

赤城に通い慣れてるkazuさんですら、「こんな立派な霧氷は、
なかなか見られないですよ」と仰るほど。
DSC05456.jpg

DSC05457.jpg

DSC05459.jpg

DSC05460.jpg

CT大幅にオーバーで黒檜山と駒が岳の分岐まで登ってきました。
DSC05461.jpg

あとは、山頂までゆるゆるとほぼ平行移動。
CIMG3405.jpg
                                kazuさんからのいただきもの

DSC05462.jpg

DSC05464.jpg

登山口からたっぷり2時間かけて黒檜山山頂~。
DSC05466.jpg

私、、、操ってないからね~。
kazuさん、自ら進んで「シェー」(^_^;)
DSCF1930.jpg
                               リンゴさんからのいただきもの
この先、ビューポイントで、さらに遊びます~♪