2015/04/30

レンゲ畑でつかまえて♪(笑)

逃げ足が遅いので、すぐに捕まって、いつも鬼になっちゃうんだけどさ。(^^;(^^;


子供のころ、この時期の遊び場所はレンゲ畑でした。
DSC08183.jpg
首飾り作ったり、レンゲ畑に寝っ転がってみたり、カエルつかまえたり。

肥料にするために植えられたレンゲだったなんて知らずに、
田植えの前に耕されてしまうのが、どーにも納得できなかったのよね。

毎年、当然のように花を咲かせていたレンゲ。
最近見なくなっちゃったな・・・
と思っていたけれど、久々に出会ってしまいました。レンゲ畑。
DSC08190.jpg

そういえば、ミツバチを捕まえると、手のひらを刺される。。。
ってことを学習したのも(^^;レンゲ畑だったっけ。
DSC08186.jpg
お尻の先から針が出てくる様子をまぢまぢと観察して、
最後は「いてっ!」って、やられちゃったのよね。(^^;(^^;(^^;

それにしても、ぷりちーなお尻だなぁ。(*^^*)

懐かしいレンゲ畑。
しばし眺める。
DSC08191.jpg

スズメノテッポウの草笛も、定番のお遊びでしたとさ。
DSC08185.jpg
スポンサーサイト
2015/04/28

祝!快晴  今年も雪の至仏山♪

去年、思い切って登って、大感動だった残雪期の至仏山。
去年の記事はこちら → 期間限定 残雪期の至仏山
今年も、その大展望をいただきに参りましょうぞ。(*^^)v

戸倉第一駐車場に車を停め、7:50発のバスで鳩待峠へ。
8:30 アイゼンをくっつけて、大展望の山へいざっ。(^^)/
DSC08244.jpg

朝から快晴。
やっぱりダケカンバの繊細な枝先は、青空と仲良し♪
DSC08246.jpg

ブナの木も。(^^)
DSC08247.jpg
あれれ、今年はブナの実が少なかったのかな?
パックンフラワーのようなブナの実の殻(?)を、ほとんど見かけませんでした。

夏道は1869mピークの南側を巻いていくので、なかなか尾瀬ヶ原の
眺望は現れないけれど、北側を巻いていく冬道では、40分も歩くと
どど~~んと現れるお燧様。(*^^*)
DSC08252.jpg

これから、ずっとこの景色を見ながら歩いていけるってのに、
何度も立ち止まって、久しぶりの間近で見られるお燧様と会駒様に
思わずにっこり♪
DSCF3398.jpg

それにしても、なんてきれいな青空なんだろう。
DSC08254.jpg

どど~~んと近づいてくる至仏山。
もう少しだ~。という気持半分。まだまだだなぁ~。と言う気持ちも半分。(^^;
DSC08257.jpg

オヤマ沢田代付近。このあたりで森林限界を超え、一面の
大雪原となります~。(*^^*)
チングルマやハクサンイチゲのお花畑は、深~い雪の下。
DSC08262.jpg

遠くに巻機から谷川の眺望~。
今度こそ、笠ヶ岳から、この眺望をいただきたいなぁ。。。と。
DSC08266.jpg

鳩待峠を出発して約3時間。至仏山到着~♪
今年も大展望、いただきました。\(^o^)/
DSC08270.jpg

新潟のお山たち。
ド~ンと平ヶ岳。その隣は、中の岳と越後駒が岳。
DSC08272.jpg

尾瀬ヶ原を見下ろす景色は、やっぱり何度も眺めちゃう。
DSC08273.jpg

そして、やっぱり大好き会駒様。
この時期の会津駒ヶ岳へは、まだ、自分にGoサインは出せないけれど
いつか、残雪期に登って逆側からこの景色を眺めたいな~。(*^^*)
DSCF3420.jpg

DSC08275.jpg
クリックで拡大

下山は、山の鼻へ。
グリーンシーズンは、登りのみの一方通行なので、雪の時期限定コース。
DSC08280.jpg
「もうやだ~~~!!(T_T)」と半ベソで登った高天原の階段を
尾瀬ヶ原目指して降りていきます。

DSC08283.jpg
クリックで拡大

階段を降りて、再び雪が現れたところで、、、
秘密兵器登場。
こ~んな斜面を、大絶叫とともに滑り降りてきました。
DSC08284.jpg

滑っても滑っても、まだまだ斜面は続いて…
お燧様に向かっていざっっ!!!
DSC08285.jpg
な~んて、実は、相当なビビりな私。
ちょっとスピードでると怖くって、すぐにブレーキかけてたんだけどね。(^^;(^^;

そんなわけで、普通に歩いて降りてきた人たちに途中で抜かされてた。。。と。(^O^;

樹林帯が近づいてきました。
大展望も、もうすぐ見納めです。
DSC08288.jpg
登るときは、振り返りながら、この景色に背中を押してもらいながら
山頂を目指したんだよね~。

久しぶりに山の鼻から至仏山、登りたいな。お花の時期に。(*^^*)

ようやく尾瀬ヶ原にたどり着きました。
大展望の至仏山に大満足。
ヒップソリパラダイスでは、叫びすぎて、喉、カラカラ~。
DSC08290.jpg

湿原も木道も、まだまだ雪の下。
でも、あと10日もするとアカシボが現れ始めて、1か月後には
満開の水芭蕉が迎えてくれるんだよね。
DSC08291.jpg

お疲れ様でした。じゃ~~んぷ。
S0013436.jpg
うっ、体が重い。(-.-;

リンゴさんは、華麗にじゃ~~~んぷ。
DSC08298.jpg
・・・してたのに、人物がちっちゃくなっちゃってごめんね。

下山後、さっきまでいた山を見上げる。。。
シュプールがくっきり。気持ちよく滑ったんだろうなぁ。
DSC08305.jpg

さようなら。また来ますね。
DSC08308.jpg
クリックで拡大

ぼちぼち帰りましょう。
最後の試練。鳩待峠まで、小1時間の登りが待ってます。
DSC08309.jpg
ホントはね、テンマ沢の湿原で、水芭蕉が顔を出してるんじゃないかな?
な~~んて、かすかな期待もあったんだけれども、まだまだ深い雪の世界でした。

そして、鳩待山荘の三角屋根が見えてきたときには、心からホッとしました~。
鳩待峠から駐車場までのバスでは爆睡~。
DSC08313.jpg
戸倉からの帰りは、山肌に咲くかわいいアカヤシオに萌え萌えしながらの
帰宅となりました~。(*^^)v
そして、帰宅後は、片付けもそこそこに、爆睡~。
翌朝は、地獄の筋肉痛。(^^;


2015/04/24

春の訪れを喜ぶ新潟の山  六万騎山Ver.

坂戸山を下山後、車で10分くらい移動。
六万騎山を目指します。
駐車スペースは、ホントに数台分。あとは、路駐です。
田んぼ際の道路には、ズラリと車の列が。
CT1時間ほどの小さな里山。
そこに、マイクロバスを利用した団体さんまでもが。
その人気っぷりが伺えます。

登山口には、さっそくスミレ。えぇ。もちろん、名前はわかりません。(^^;
DSC08010.jpg

そして、カタクリが咲き乱れる斜面には、かわいい雪割草。
DSC08014.jpg

また雪割草に会えるとは思っていなかったので、ホントに嬉しい。
DSC08018.jpg

あっちにも、こっちにも。
まだ、10歩くらいしか歩いていないのに、すでにお花畑♪
DSC08019.jpg

真っ白なキクザキイチゲも♪
DSC08027.jpg

そして、、、

愛しの君。み~~~~つけた。(*^^*)
DSC08011.jpg
コシノコバイモ
会ってみたいお花、No1でした。
先月の角田山でも咲いていたらしいんだけど、どうしても見つけられなくて・・・

うつむいて咲くその姿。
もぉ、かわいい!!! かわいすぎっ。(*^^*)(*^^*)(*^^*)
DSC08015.jpg

カタクリに混じって、あちこちに。
控えめに咲く花だけれども、その存在感は十分。
もぉ、ホントにかわいい。
我を忘れて、地面に張り付くこと。しばし・・・(^_^;)
DSC08026.jpg

登山道(遊歩道?(笑))の両側は、これでもか!ってくらいのカタクリたち。
DSC08031.jpg

山肌いっぱいに咲き乱れるカタクリ。
その向こうは、まだ雪をかぶった田んぼ&白い山々。
DSC08032.jpg

DSC08035.jpg

ひとつひとつの花は小さいけれど、どの子も飛び切りの美人さん。
DSC08040.jpg

きっと、ついこの間まで雪に覆われていたカタクリ。
雪が溶けた途端、一気に芽を出して春を楽しんでるんだね~。
DSC08042.jpg

ミチノクエンゴサク。
関東では見られないお花。
DSC08046.jpg
角田山の時は、エゾエンゴサクなのか何なのか「???」
だったけれど、花の形。葉っぱの形。インプットされました~。(*^^)v

咲き始め。花の色も微妙に違うね。
DSC08050.jpg

この子も、カタクリに混じってあちこちに。
DSC08052.jpg

紫カーペット&雪景色。
もぉ、この組み合わせに、何回にっこりしちゃったことでしょう。
DSC08054.jpg

見上げれば、桜。そして、その奥の景色は、まだまだ冬。
DSC07958.jpg

チョウジザクラ。かわいいね。(*^^*)
DSC07960.jpg

お花いっぱい。幸せ~な気持ちで、下山しましょう。
DSC08059.jpg
山全体が花に包まれてるの?
そう思えてくるくらい、コース上、ずっと咲き乱れるカタクリ等々。
新潟の里山。
完璧にはまってしまいました。(*^^*)

あっ、イカリソウが咲いてる!
DSC08065.jpg

鮮やかな、そして、ピカピカな雪椿。
DSC08068.jpg

間もなく下山~。って頃、待っていてくれたのは、
かわいいかわいいイワウチワ。(*^^*)
DSC08072.jpg

それも、とびきりかわいくねっ。(*^^*)
DSC08074.jpg

春の訪れを山全体が喜んでいるように、そして、そこを訪れる人も
みんなが喜んでいるように思えた新潟の里山。
ここのところ、気温の高い日が続いて…
あの雪の斜面は今頃どうなってるのかな?
心は、もう、すっかり関越トンネルの向こう側。(*^^)v
2015/04/22

春の訪れを喜ぶ新潟の山 坂戸山Ver.

お花の咲く山の情報を交換していたある日・・・
「雪が解けたところから次々といろんな花が咲くんだよー」
「一度行くと、はまるよー」と、kazuさんから。
検索すればするほど、魅力的~。
お勧めはGW頃だそうですが、愛しの君に会いに、GW前に新潟。再び。

日の出直後。
足利の田んぼ道では朝靄がたちこめてました。
あまりに幻想的だったので、車を停めて・・・
あはは、そうでもなかったね。(笑)
DSC07867.jpg
渡良瀬川の橋の上ではもっと素敵な感じだったんだけど
いつになっても進まないので、スルーして、いつものように
赤城ICから関越道に乗ります。

水上ICを過ぎ、いつもの場所から運転しながら谷川岳。
DSC07879.jpg
角田山へ行ったときから1か月たってないのにずいぶん雪も溶けました。
3月26日はこんな感じ。→こちら

土樽PAから見上げる谷川岳。黒いっ。(笑)
DSC07880.jpg
3月26日の様子→こちら

六日町ICで高速を降り、すぐに登山口。
ホントは、城坂コースで登り薬師尾根コースで下山。
の予定だったけれど、沢筋の城坂コースは雪がたくさんすぎ。
薬師尾根コースピストンとなります~。

新潟の山の登山口には、心が温かくなる詩の看板が立ってるんだね。
DSC07881.jpg
この看板の奥に、とってもきれいなトイレがあります。

薬師尾根コースの入り口。
さっそく雪が…
DSC07882.jpg

朝露に濡れたカタクリ。まだ、お目覚め前。
でも、水滴がキラキラ光ってとってもきれい。
DSC07891.jpg

桜が咲いてるっ!
そして、眼下にはまだまだ雪をかぶった田んぼ。
そしてまだ白い山々。
DSC07895.jpg

咲きたてピカピカのショウジョウバカマ。
DSC07896.jpg

そして、キタ~~っ!
かわいいかわいいイワウチワちゃん。
話には聞いていたけれど、新潟のイワウチワはでかいっ!
思わず笑っちゃうほど。
DSC07897.jpg

かわいい子は蕾もかわいい。(*^^*)
DSC07898.jpg

一面に咲くイワウチワに、さっそく笑いが止まらなくなる。
もぉ、どの子もこの子もかわいくて、ちょっと進んでは立ち止まり
で、ちっとも前へ進まない。(^^;
DSC07899.jpg

延々と続く階段に、現実逃避をしてる。。。ってのも事実。(笑)
地元の人たちは、ペットボトル1本もって、長靴履いて
軽やか~に登っていきます。もぉ、ほぼ、散歩コースのようです。
DSC07901.jpg

雪のないところでは、咲き始めのピカピカのイワナシ。
DSC07905.jpg

コース上は、残雪半分。泥濘階段半分って感じ。
で、マンサクのアーケードが迎えてくれます。(*^^*)
DSC07912.jpg
今年は、マンサク。あたり年なんだそうです。
山肌全体が黄色く見えるほどの咲きっぷりでした。

そして、猛烈に憧れていた景色がこれっ!
タムシバ咲く登山道。そして、その先には、まだまだ雪を頂く山々。
タムシバ。初見です。確か・・・
テンション、猛烈に上がりまくり。
DSC07923.jpg
急登に、ヘトヘト。。。なんだけどね。

でも、足元には、かわいい子が♪
DSC07916.jpg

それも、どこまで咲いてるの~~??? って言いたくなっちゃうほど
急な斜面にびっしりと。
この時期の坂戸山。イワウチワパラダイスです。(*^^*)
DSC07930.jpg

そして、坂戸山山頂。634m。
DSC07935.jpg

東京スカイツリーと同じ高さです。
DSC07936.jpg

おいしいコシヒカリが取れる田んぼはまだ雪の下。
雪解け水を集めて流れる魚野川と関越自動車道のカーブが、
なんか、ゆったり流れる時間を感じさせてくれます。
DSC07937.jpg

八海山。その奥には中ノ岳。
山頂からの展望にも大満足。
DSC07938.jpg

山頂からさらに先に進んで、大城まで行ってみましょう。
上杉景勝と直江兼続が幼少期を過ごしたお城跡。。。らしいです。
このあたりも、雪が溶けるとびっしりカタクリが咲くそうですが、
まだ一面雪~。
DSC07941.jpg
山頂は大賑わいだったけれど、ほとんど人のいない大城でしばし休憩。
ちょっと早めのお昼ごはん。

坂戸山に戻ります。
いやらし~く雪庇が出ていたり、足元、細いところもあって
ちょっぴりドキドキの10分間。
DSC07949.jpg

下山も、かわいいイワウチワちゃんに萌え萌えしながら。
DSC07964.jpg

DSC07970.jpg

そして、目の前に広がる景色に、いちいち「をぉぉぉ~」と感動しながら
足元を気にしつつ下山します~。
DSC07971.jpg

手の届くところにタムシバっ!
別名「ニオイコブシ」どんな匂いがするのかな~?と思って
クンクンしてみたけれど、よくわかりませんでした。
DSC07972.jpg

朝はまだうつむいていたカタクリ。
下山したころには、すっかりお目覚め。
その美し~い姿を見せてくれました。
DSC07985.jpg

・・・でも、楽しみにしていた愛しの君には、まだ会えていません。

はるばる来たのに、空振り?
かわいいイワウチワに大喜びをしてたけど、心のもやもやは取れません。

下山後、ちょっと田んぼのあぜ道の方へ回り道。
斜面いっぱいに咲くカタクリの花。
すごいな~。ホントに、民家のすぐ裏にカタクリのお花畑。
DSC07996.jpg

青いキクザキイチゲも、並んで、ニコニコ。
DSC08000.jpg

そして、青いキクザキイチゲのお花畑。
DSC08003.jpg

青だけじゃなくて、白もっ!
DSC08006.jpg
新潟の里山。
雪が解けたら、もっともっと広がるお花畑。
こりゃぁ、はまりました。毎年、ちょっとずつ時期をずらしながら
歩いてみたいお山に決定です。
kazuさん、素敵な情報をありがとうございました。m(__)m



でも、まだ、愛しの君には会えていません。(T_T)
時間は、まだ12時半。
ダブルヘッダー行きますか。。。
2015/04/19

今年も鳴神山DEアカヤシオ  それと・・・

花の山。
鳴神山でたくさんのお花との出会いと眺望を楽しみに~♪

アカヤシオピークと思われる週末。
車を停める場所があるかな? と、ちょっと心配だったので
私にしては珍しく7時半、駐車場着~。
ギリギリで駐車スペースに車を停められました。
その後の人たちは、みんな路駐です。

準備をして歩き始めると、さっそくヒトリシズカ。
ケン坊さんを真似して、真上から撮ってみます。(^^;
DSC08075.jpg

沢沿いの木々は、ようやく芽吹き始めて、ピカピカの黄緑色。
DSC08078.jpg

沢の音も、心地よく感じます。
DSC08083.jpg
えぇ、急登で、早々にヘトヘトですけど。(^^;(^^;(^^;

ニリンソウパラダイス♪
DSC08089.jpg

そして、咲き始めのニリンソウは、後姿。ほんのりピンク。
DSC08092.jpg

仲良くカタクリ♪
前の日「もう、お腹いっぱい!」って程カタクリの花を見てきたはずなのに
それでも見つけるとやっぱりうれしい。(*^^*)
DSC08106.jpg

こちらは仲良くヒゲネワチガイソウ。
DSC08108.jpg

山頂は、かわいいピンク色。
にっこりアカヤシオ。(*^^*)
DSC08112.jpg

写真には写らなかったけれど、武尊山~奥白根~日光連山。
奥白根の雪も、ずいぶん少なくなりました。
DSC08115.jpg

山頂ベンチ脇のアカヤシオは、とっても濃いピンク色。
ぐふふ。やっぱりかわいい♪
DSC08117.jpg

去年のように、もっさり。どっさりピンク色♪
ではなかったけれど、まだまだ色の少ない山肌を彩るピンク色。
春が来たんだな~。ってしみじみと。
DSC08120.jpg

お昼にはまだ早かったので、アカヤシオの隣のベンチで
柏餅と、長野で仕入れてきた栗のお饅頭を食べ(甘いものばかりぢゃん(^^;)
DSC08122.jpg

ピンクのトンネルを抜けて下山しましょう~。
今年は、ちょっぴり風通しの良いトンネルだったけどね。(^^;
DSC08127.jpg

第一展望台から望む赤城山。
ついこの間、モフモフの霧氷祭り、たっぷり雪遊びができたお山も
すっかり雪が消えてました。
DSC08132.jpg
こちらのお山でアカヤシオが咲くのは、まだまだ3週間くらいあとかな?

あ゛~、青空だったら、どんなにかわいいピンク色が見られたんでしょ。
と、相変わらずのないものねだりなんぞを。(^^;
DSC08137.jpg

赤柴登山口へ下山途中、第二展望台付近で、嬉しいバッタリ!
鳴神山のアイドル。ラブちゃん。
DSC08144.jpg
去年の1月に山頂で会って以来です。その時の記事は、こちら。
登るたびに「今日はラブちゃんいるかな~?」っていつも思っていたので
このバッタリは、ホントに嬉しいっ!

ラブちゃんのお父さんとしばし立ち話。
カッコソウの芽もたくさん出てきているそうです。
ショッキングピンクのお花畑。楽しみだわ~。(*^^*)
DSC08147.jpg
ラブちゃん。カッコソウの時期にもまた会いましょうね~。(^^)/

恥ずかしそうにうつむくミヤマカタバミ。オオヤマカタバミ。
(鳴神山愛する会さん。ありがとうございました)
めちゃめちゃかわいい。パッと開いてなくてもかわいいよぉ。(*^^*)
DSC08151.jpg

このあたりは単調な林道歩きなんだけど、ついつい沢沿いに
何か咲いていないかな~?と、覗き込む。
そして、上を見ると、芽吹いたばかりの柔らか~い緑色の葉っぱたち。
DSC08160.jpg

足元には、かわいい かわいいトウゴクサバノオ。
コロンとした形に、やさしいクリーム色。やっぱり大好き♪
DSC08168.jpg

きれいなブルーのヤマエンゴサク。
DSC08163.jpg

駐車スペース近くには、ちっちゃなカテンソウ。
う~~ん、おもしろい花の形をしてるんだけど・・・
何しろ細かいものを見るのに猛烈に不自由しているここ最近。(^^;
DSC08172.jpg
この日、見つけたかったお花は見つけられなかったんだけど、
上を見て下を見て・・・
楽しいお花見の1日となりましたとさ。(*^^*)






さぁ、鳴神山と言ったらスミレ!

どうも、スミレを見分ける目を持たない私には、何がどれだか相変わらずさっぱり・・・
諦めずに、ちょいとスミレちゃんにはまってみましょうか。

エイザンスミレ。これはわかる。
DSC08094.jpg

む・む・む?? 早くもくじける。(^^;
DSC08096.jpg

ヒトツバエゾスミレ
花はエイザンスミレなんだけど、葉っぱは単葉。
これで、花の色が白くて、茎が緑だったら、ナルカミスミレなんだそうです。
DSC08098.jpg

フイリフモトスミレ  これもわかる。(^^;
DSC08149.jpg

あぁ~、道路の真ん中に咲かなくても。(^^;
DSC08157.jpg

ダメだ。みんな同じに見えてきてしまう。
かわいいすみれちゃん。奥が深い。(-.-)
DSC08170.jpg


2015/04/18

k様ご推奨


めちゃめちゃ気に入りました♪
お隣も♪



ありがとね。


明日も来たいかも(笑)
2015/04/16

7年待って御開帳

本堂の前に立つ「回向柱」をしっかり撫でて、
ご利益をちょうだいしてきました~。(^O^)
DSC07827.jpg


7年前の善光寺の御開帳。
「行くよー」と計画を立て、その前日に熱を出した私。(^^;
その時の善光寺参りは実現できず。(T_T)
その時は・・・
「あ゛~、7年後、もう、長野まで運転していけないだろうな」と
思っていたけれど、確実にその時よりパワーアップしてるという。(^O^;

で、なんでも、うちの両親。
結婚して間もなくの頃、美ヶ原でおデートして、その足で
善光寺にも寄ったんだって。
そんなわけで、母上。ン十年ぶりの善光寺。
美ヶ原で夕立に追いかけられた話は何度も聞いたけど
善光寺おデートの話は初めて聞いたよー。

まずは内陣参拝。その後、お戒壇めぐり。
あとは、門前をプラプラと散策~。
DSC07840.jpg
おやきを食べーの、甘いものを買いーの、かわいい小物を見て
テンションを上げーの、こういう時間が楽しかったりするのです♪

宿坊の庭先では、見ごろを迎えた枝垂桜。
DSC07839.jpg

平日にもかかわらず、たくさんの人。
DSC07844.jpg

10時を過ぎると回向柱を触るための行列ができていました。
DSC07846.jpg

牛たん。かわいい。(*^^*)
DSC07829.jpg

境内は花盛り。
DSC07831.jpg

ホントは、満開の桜の向こうに見える後立山連峰。
そんな景色が見たくてこの時期に善光寺! って決めてたんだけど、
朝、上信越道を走っているときには見えていた北アルプスから白馬の峰々は
長野ICに着くころには、すっかりもう雲の中。
DSC07849.jpg
でも、春いっぱいの善光寺さんに、大満足。



場所は変わって、別所温泉にある北向観音。
善光寺が来世の利益、北向観音が現世の利益をもたらすということで
善光寺のみの参拝では「片参り」になってしまうと言われてます。
DSC07864.jpg
来世よりも、まず今が大切だしさ。(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

ほんのりと硫黄の香りがする温泉で手と口を清めたら、参拝~~。
DSC07854.jpg

こういう雰囲気の場所。実は大好きだったりするのです。
DSC07859.jpg

DSC07857.jpg

愛染かつら。
DSC07862.jpg

そして、「ゆうやけこやけ」の歌碑がありました。
DSC07863.jpg

山のお寺の鐘が鳴る~♪ この鐘がモデルになったのかな?
DSC07865.jpg
2015/04/15

衝動買い


長野の帰りに本屋で…

「今度はどこ行く~?」と言われ、
お悩みなう。