2015/07/31

見えた~


かつちょええ♪




週刊上信越道の私。

明日は筋肉痛の予感。
スポンサーサイト
2015/07/31

操ってお花見♪ 五竜高山植物園から小遠見山

7月27日
「ついに後期高齢者の仲間入りだぁ~」と、新しい保険証を前に
地味に落ち込む母を連れて、白馬でお花見~。
ずいぶん前「五竜高山植物園に行ってみたい」と言っていたのを思い出し
調子がよければ、そのまま小遠見山まで展望ハイキングと、5日ぶりの
上信越道~。(笑)

五竜とおみスキー場のゴンドラを降りると、もう、そこは植物園の入り口。
で、目の前には、どど~~~んと、白馬のお山。
どれがどれだか、、、、、、わかりません。(^^;(^^;
DSC00426.jpg
そうそう。ゴンドラに乗る前に、登山計画書を提出します。
係員の方がいらっしゃるので、記入もスムーズ♪

ゴンドラを降りたところで、すでに高山のお花畑♪
DSC00428.jpg

ササユリが咲いていました。
日本特産のユリなんだそうです。やさしいピンク色~♪
DSC00430.jpg

そこからリフトに乗って、楽して登ります~♪
DSC00432.jpg

空は青空。。。暑いです。
涼みに来たはずなのに、強い日差しで、じっと座ってるだけで
汗が出てきます。まだ8時前だけど・・・(^^;
DSC00433.jpg

リフトを降りたところからも、白馬のかっこいい山が
どど~~んと見えてます。(*^^*)
DSC00434.jpg

でも、どうしても探してしまうのが、くるっと後ろを向いて反対側。
この間登った火打山。
まだ行ってきたばかりだけど、また行きたいなぁ・・・
そう思いながら、そのお姿を目で追ってしまったりするのです。(*ノωノ)
DSC00438.jpg

手前の緑の稜線が八方尾根。
ってことは、その向こう側に見えるのが白馬三山。
DSC00439.jpg
…と言うことは、八方尾根をず~~~っと登っていったピークが唐松岳?
じゃ、一番左の、とんがりは???

地蔵ケルンにつきました。
白馬の山に立つ三角ケルンは、むか~し父が撮った山の写真で見た
ものすご~く印象的な光景だったりします。
DSC00443.jpg
んな訳で、今でも、ケルンの立つ景色には、ワクワクします。

母的には、ここで戻ってもOKだったんでしょうが、せっかくのいい天気。
大展望を楽しみながら、もうちょい先に進みましょう~。
DSC00445.jpg

ところどころには、こんなかわいい鉄のプレートがぶら下がっていて、
見つけるたびに、思いっきり「カ~~~~ン」なんて、鳴らしながら進みます。
DSC00446.jpg

ハッポウタカネセンブリ  初めて見ました。
ちっちゃくて、爽やか~なブルーの花。かわいいです。(*^^*)
DSC00448.jpg
必死に写真を撮っていたら、アームカバーの上から毒虫に
刺されてしまいました。(T_T)

急な階段をひーこら登って、見返り坂というところで振り返ると、
さっきまでいた地蔵ケルンが、あんなにちっちゃい。
そして、ついつい、火打山を探してしまいます。(^^;
DSC00451.jpg

登山道の脇には、かわいくお花が咲いてるんだけどねー
ミヤマママコナ
DSC00453_20150728132803fc4.jpg
「もぉ、そんなの見る余裕ないよー」と母。
そうだよねー。ごめんね~。(^^;

五竜岳。かっこいいな~。
DSC00456.jpg

ミヤマホツツジ&五竜岳。
ミヤマホツツジの、まゆみたいな蕾は、ホントにかわいいっ。
DSC00461.jpg

無事、小遠見山、到着♪ 頑張りましたー。\(^o^)/
360度の大展望。。。と言うわけにはいかなかったけれど、
八ヶ岳~南アルプス~富士山まで、ぐるっと見えました。
DSC00462.jpg
山頂で、炭水化物を補給。
そしたら、下山は、足元に注意しながら、ゆっくりゆっくり。

麓では見ない蝶に、地味に喜ぶ母。
DSC00467.jpg

あ~、私も空を飛びたい。
DSC00469_20150728132854963.jpg

植物園エリアに戻ってくると、これでもかと咲きそろう
シモツケソウ。濃いピンクから薄いピンクまで。とってもきれい♪
DSC00474.jpg

湿原エリアでは、季節の湿原の花。
DSC00476.jpg

草原エリアでは、まだまだ頑張っていたニッコウキスゲ。
DSC00478.jpg

アサギマダラは、上昇気流を上手につかまえて、ふわり、ふわりと
優雅に飛んでいました。(*^^*)
DSC00477.jpg
あっ、羽を開いてくれたっ。
ブルーがとってもきれいね~♪

1本で咲いていたら「ふふ~~ん」ってな反応のクガイソウだけど、
たくさん咲いて、他のお花たちと一緒に揺れていたら、あらら、素敵~。(*^^*)
DSC00480.jpg

白いコマクサもあちこちに
DSC00485.jpg

私が楽しみにしていたのが、シコタンソウ。
小さな花びらの中に、カラフルな水玉模様。
かわいいな~。きれいだな~。
DSC00486.jpg

そして、母が楽しみにしていたのは、ヒマラヤの青いケシの花。
きれいなブルーだね。
DSC00490.jpg

お花見を楽しんで、今年も帰りに道の駅でおやきを購入~。
やっぱり野沢菜のおやきが一番好きな私。(^O^)
DSC00492.jpg

ん~、標高1600mの五竜高山植物園。なんか、暑かったね~。
でも、帰りのゴンドラに乗ったときに手渡された冷たいおしぼり。
もぉ、これで汗だくの顔を拭いてさっぱり。すごく嬉しいサービスでした♪
DSC00494.jpg
標高の高いところでこれだけ暑かったんだから、下界のことは、考えたくないなぁ。(^^;(^^;

この日、佐野の最高気温は38度弱。
帰ってきた途端、山の上の爽やか~な風が懐かしい。(^^;
DSC00497.jpg
2015/07/25

今年は新潟っ! 5年待ってようやく火打山♪

もう何年も前、山雑誌に載っていたある写真。
湿原の前に立つ、とんがり屋根の山小屋。
「ここ、行きたい!!!!」

いつ行く? 花の時期? 紅葉の時期?
やっぱり、高谷池に咲く、ハクサンコザクラでしょぉ。と、
ワクワクしながら、高谷池ヒュッテを予約しました。

ホテル青い車は、「道の駅 しなの」に停車。
4時半には登山口へ移動開始。
妙高杉ノ原スキー場付近で、日の出となりました~。
DSC00234.jpg
眼下には野尻湖。

笹ヶ峰登山口。
ここが、お花畑が広がるお山への入り口になります。
登山届を出して、いざっ。
DSC00237.jpg

豊かなブナの森をだらだらと登ること1時間。
最初の休憩ポイント。黒沢橋。
DSC00240.jpg
ここを過ぎると、いよいよ登山道っぽくなってきます。

ひーこら登っていくと、木々の間からは白馬連峰。
テンション、上がります♪
DSC00242_20150725014720710.jpg

んふふ。もふもふ。
かわいい。(*^^*)
DSC00247.jpg

富士見平分岐を過ぎると、ゆるゆると稜線歩きになります。
そうそう、富士見平分岐付近からは、黒姫山の向こうに
富士山が見えました~。\(^o^)/
DSC00248.jpg
オオバミゾホオズキが咲きまくる登山道を歩いていくと、、、

わぁ、朝露でスケスケになったサンカヨウ。
きれいだな~♪
DSC00250_201507250148249c9.jpg

正面には、どど~~んと火打山。
すごい!
すごすぎるよ。
なんか、すご~~く山奥に入ってきたような気分です。
DSC00252.jpg
さぁ、高谷池ヒュッテを探せっっ!


み~つけた。(*^^*)
憧れ続けていた、、、あの場所です。(*^^*)
DSC00253.jpg
嬉しいっ。
ここに来ただけで、もう、気分は山頂へ着いてしまった。
そんな気分です。(笑)

アルプス展望台からは、どど~~~んと白馬岳。
大雪渓も見えています。
DSC00258.jpg

鹿島槍。かっこいいな~♪
DSC00260_2015072501493566a.jpg

登山口から3時間半。
高谷池ヒュッテにつきました。
DSC00262.jpg

荷物だけ置かせてもらおう。。。と思ったら、「受付できますよ~」
と言っていただけたので、受付を済ませ、角位置のお布団をキープ♪
DSC00263.jpg

山小屋のテラスからは、こんな景色。
この2日間、この中に包まれながら過ごすことができるなんて
もぉ、幸せすぎます。(*^^*)
DSC00266.jpg
さて、雨具と飲み物とお昼ご飯だけを持って、お散歩しながら
火打山へ行きましょう~。

まずは、小屋前の高谷池から。
DSC00267.jpg

もぉ、庭園のようです。
で、池糖の周りには、まだ咲き始めのハクサンコザクラ。
DSC00268.jpg
はい。大好物な景色です。(*^^*)

急いで通りすぎてしまうのがもったいないような景色の中を
ゆっくり、ゆっくりと歩いていきます。
DSC00270.jpg

そして、雑誌に載っていて、私の心をぐわしっ!っと掴んだのが
この光景。
もぉ、これを見るためにここに来た! と言っても過言ではありません。
DSC00273_20150725015222a73.jpg

天狗の庭の手前に、残雪がちょっとだけ。
ひんやりと、気持ちいい~。
DSC00274.jpg
雪が解けたら、このあたりは、素敵なロックガーデンになっていそうです。

天狗の庭につきました~。
咲きまくる湿原のお花畑に期待が膨らみます。(*^^*)
DSC00276.jpg

そして、もう一つ楽しみにしていたのが、逆さ火打。
DSC00281.jpg
ちょっと歩くだけで、どんどん変わってくる景色に、同じような写真を
何枚も撮りまくりました。(^^;

かわいい・かわいいハクサンコザクラちゃん~。(*^^*)
DSC00283_20150725015450bc1.jpg
これから、お山へ登るんですが・・・
延々と、木道寝そべりタイムが続きます。(^^;

天狗の庭を過ぎると、がんばりどころ。再び。
でも、見たことのない景色に、振り返りながら登っていきましょう~。
DSC00289.jpg
マルバタケブキ&白馬連峰。

振り返ると、天狗の庭~高谷池。
DSC00294_20150725015453d22.jpg

をぉぉ、木が、斜めって立ってるよ。
それだけ、風が強い。。。んでしょうね。
DSC00295.jpg

ヤマオダマキ&妙高
DSC00297.jpg

天狗の庭&妙高。
DSC00298.jpg
妙高山はまだ、残雪トラバースがあるそうなので、今回はパス。
でも、いつか、あちら側から火打山を眺めてみたいな~。

クルマユリが鮮やかな登山道♪
DSC00300.jpg

で、キンポウゲが咲きまくる登山道。
DSC00302.jpg

へぇ。。。階段。きつ~~~い。
でも、お花畑に励まされながら1歩ずつ。
DSC00303.jpg

ウサギギクの黄色いお花畑もかわいいな~♪
DSC00308.jpg

な~んて、のんびりしすぎていたら、あたりはガスに包まれ始めて
しまいました。(^^;(^^;
でも、遠くには日本海。おそらく、直江津の港も見えました♪
DSC00309.jpg

あはは、山頂についた時には、あたり一面、真っ白~。
写真を撮ってくださったお姉さん曰く、10分前くらいまでは、富士山も
見えていたそうです。(^O^;
DSC00313.jpg
まぁ、山頂につく前に素敵な景色は楽しめたから、、、いいや。
おそらくまだ来るだろうし。(笑)

影火打から焼山へ続く稜線も雲の中~。
DSC00315.jpg

ん? 初めて見る花だな。
ヒメイワショウブ。。。かな?
DSC00322.jpg

ミヤマカラマツは、もっふもふ。(^^)
DSC00325.jpg

それにしても、なんて、やさしくて、穏やかな時間が流れていく
場所なんだろ。
DSC00326.jpg

もぉ、下山しちゃうのがもったいなくて、岩に座ってひと休み。
DSC00327.jpg
・・・からの、岩の上に寝っ転がってのお昼寝タイム少々。(^^;

エゾシオガマ。初見です。
DSC00331.jpg

天狗の庭まで下りてきました。
すっかり青空は消えちゃったけれど、ワタスゲがモフモフ。
DSC00335.jpg

そして、池のほとりには、かわいいハクサンコザクラちゃん~。
DSC00343.jpg

それも、わんさかと。(*^^*)
DSC00348.jpg

ツガザクラ。かわいいな~♪
DSC00354.jpg

そして、登るときには全然気が付かなかったけれど、なんじゃこりゃぁ!!!
って程、咲きまくる、キヌガサソウ。
DSC00362.jpg
こんなにたくさんのキヌガサソウを見たのは、初めてです。
こんな群生が、あちこちに。もちろん、テンション、上がります~。

で、やっぱりハクサンコザクラちゃん~。
DSC00365.jpg
あらあら、雨が降ってきちゃったので、小屋の中に入りましょう。

自炊室にはガスコンロや鍋や食器が置いてあって、自由に使うことができます。
DSC00369.jpg
コーヒーでも入れて、何もしない時間を楽しみましょう。

でも、雨が止むとじっとはしていられなくて、徘徊再び。
今度こそ、、、今年最後の桜かな?
DSC00373.jpg

アオノツガザクラは、ツンとおちょぼ口。
DSC00379.jpg

モミジカラマツももっふもふ。
DSC00390.jpg

でも、やっぱりハクサンコザクラちゃん~。(笑)
DSC00392.jpg

夕食は17時半から。
カレーとハヤシライスのhalf&half。デザートには、缶詰のパイナップル。
DSC00393.jpg
腹八分目、、、なんて言葉は忘れて、おかわりしちゃった♪(笑)

夜、月も見えたんだけどね、
DSC00395.jpg
翌朝、雨の音で目が覚める。と。
それも、笑っちゃうほどの大雨。(^O^;

朝ごはんは5時半。メニューは中華丼。
もぉ、この雨の中じゃ、下山するまでお昼休憩はお預けだな。
と、しっかり朝食をいただいたものの・・・
DSC00400.jpg

あまりの雨の降りっぷりに、コーヒー飲みながら、山バッジを仕入れて
まったりタイム、再び。
DSC00401.jpg
なんてしてたら、外が妙に明るい。
急いで支度をして外に出る。

雨が上がって、薄日も差してるよ。
焼山から上がる水蒸気もはっきりと見えました。
もぉ、こんなことってあるんだね。

テント泊だった若いお姉さんは、
「もぉ、昨夜はプチ鬱になりそうでしたよ。なんでテント張っちゃったんだろって。
 でも、これがあるからやめられないんだよねー」って、とっても嬉しそう。
DSC00402.jpg

うんうん。わかります~。
でも、雨の止み間に見えたこんな景色。ホントにきれいだよねー。
DSC00405.jpg

さようなら。また来ます。
一面のイワイチョウが黄色く色づくころ?
それとも、ナナカマドが赤く色づくころ?
それとも、、、ブナの森が黄色く染まる頃??
DSC00408.jpg
おそらく、また来るだろうな。

下山は、黒沢池経由で・・・

茶臼山を過ぎると、水墨画の世界。
うっすらと青空も見えたんだけどね
DSC00409.jpg

やっぱり妙高は雲の中でした。
DSC00411.jpg

イチヤクソウ。かわいいな~♪
DSC00412.jpg

黒沢池ヒュッテが見えてきました。
DSC00417.jpg
雨も強くなってきたけどね。(^^;(^^;(^^;

黒沢池の周りの湿原も、お花畑。
チングルマは、すっかり果穂になっていました。
DSC00419.jpg

モフモフのワタスゲロード。
DSC00421.jpg

コバイケイソウロード。
DSC00447.jpg

今年はじめまして! の、ハクサンフウロ。
初物に会えると、やっぱりうれしい♪
DSC00452.jpg

ん・・・ ちょっぴり渡るのを躊躇した丸太橋。
ここで滑ったら、、、笑い話にもならないよね。(^O^;
DSC00453.jpg

ただでさえ、ぬかるみの多い登山道。
登山道で、水鏡になってるよ。
DSC00457.jpg
昨日ひーこら登った岩岩の登山道&十二曲。
足を滑らせないように気を付けながら下山。

深夜、結構雨が降ったんだね~。
轟々と流れる黒沢。
DSC00466.jpg

黒沢を過ぎると、あとは延々と木道歩き。
緑に埋め尽くされたブナの森を歩き、
DSC00469.jpg

笹ヶ峰登山口まで戻ってきました~。
ホテル青い車が待っていてくれました♪
DSC00472.jpg


その後、お風呂に入って、「道の駅 しなの」でお昼ご飯を食べて、、、
ふと思う。時間はまだ1時半。
ここから佐野まで200キロか。。。
下道、アリだな。途中あきたら高速に乗ればいいんだし。

そ~~んな訳で、火打山登山口から7時間かけて下道で帰ってきた
おバカ~~な私でした。(*^^)v


えぇ、約4000円の節約です。(笑)
2015/07/15

花&大展望の至仏山

今月3回目の尾瀬詣。(^^;
10日前に一目ぼれをしてしまったチシマアマナにまた会えればラッキー。
今回は、山の鼻から東面登山道を登り至仏山を目指します。

GWに絶叫とともに滑り降りた大斜面は、一面、お花畑になっていました~。

7時少し前の尾瀬ヶ原。
朝露に濡れて、湿原は、キラッキラ。
DSC00011.jpg

振り返ると、どど~~んと至仏山。
山肌には、山頂に向けて登山道が一直線。
ワクワクします。(^^)
DSC00013.jpg

ニッコウキスゲは咲き始め。
きっと、海の日ごろには、一面、オレンジ色のカーペットを敷いたように
咲きそろうことでしょう。(^^)
DSC00020_20150714224420468.jpg

湿原の中を覗き込むと、クルンとかわいらしくツルコケモモ~。
DSC00022.jpg

鮮やかなピンク色のサワラン。
DSC00023.jpg

山頂まで直登の急登な東面登山道。
「暑いよ~~!!」と言いながら、1歩ずつ。

ナメクジさん。ラブラブ中を、盗撮っ。ε===へ(;^^)ノ
DSC00028.jpg

快晴の空。
見上げると、葉っぱの緑色がまぶしいっ。
DSC00032_2015071422452232d.jpg

登山口から40分も歩くと森林限界を超え、大展望が開けてきます。
DSC00038.jpg
うわぁ、またBSにっぽん百名山のロケ隊にバッタリだよー。(^^;(^^;

2日・7日と、バッタリしちゃった尾瀬のガイドさん。
「毎日来てるわけじゃないんでしょ??」なんて言われてしまいました~。(^^;

まぁ、3回連続でばったりしてしまったのも何かのご縁。
とか言いながら、ロケ中にもかかわらず、快く撮影に応じてくださいました~。
DSC00040.jpg
あっ、今回はホント、テレビには映ってないからね。私。(^^;(^^;

標高が上がるにつれて、花の数も増えてきました。
日差しは強いけれど、かいた汗がすぐに乾く爽やか~なお天気。
さぁ、頑張って登りましょう~。
DSC00042.jpg

チングルマ&ユキワリソウ
DSC00051_20150714224613eb8.jpg

ハクサンイチゲ&ユキワリソウ
DSC00054.jpg

上の方までタカネシオガマ。
そして、風が吹くたびに、あたりには、ふわっとイブキジャコウソウの香りが
漂います。(^^)
DSC00057_20150714224616957.jpg

空まで続く階段
DSC00061_201507142246186cb.jpg

天空回廊
DSC00063_2015071422461968c.jpg

うへぇ、疲れたよぉ。
・・・なんて時は、後ろを振り返れば、大好きな尾瀬の景色。
DSC00064.jpg

お花畑の向こう側には、まだまだ雪の残る越後三山。
ちょこんと頭を出す八海山が、なんともかわいらしい♪
DSC00065_20150714224710c58.jpg

シブツアサツキ。初見です。
ハーブのチャイブの花ととっても良く似ている。
ネギ坊主みたいでとってもかわいい~。(*^^*)
DSC00068.jpg

ロックガーデンには、タカネシオガマ
DSC00075_20150714224713333.jpg

ホソバヒナウスユキソウ
DSC00076_2015071422471455e.jpg

上~の方まで、ハクサンイチゲ
DSC00086.jpg

このあたりの斜面を、ヒップそりで叫びながら滑り降りたんだよね。
さぁ、ここまでくれば、山頂までもう少し。(*^^)v
DSC00087.jpg

チングルマが咲いていると、やっぱりうれしい~♪
DSC00088_20150714224811170.jpg

DSC00098.jpg

山頂からは、ぐるりと360度大展望。
でもでも、やっぱりまだ雪の残る新潟の山々。。そして、美しい稜線がくっきりの
谷川連峰に目が行ってしまいます。(*^^*)
DSC00102_201507142248145b4.jpg

山頂での記念撮影は、順番待ち。
DSC00107.jpg

山頂は、人。人。人。
シュールな光景に、ちょいと笑えてきてしまいます。
DSC00111.jpg
山頂からちょっとだけ外れた場所で、雪の残る山々を眺めながらお昼ごはん。
見飽きることなく眺めてしまいます。

そして、下山~。
こちら側は、鳩待峠から直接登ってきた人もいらっしゃるので
登山道渋滞も時々。

寄り添うように咲くジョウシュウアズマギクがかわいい~。(*^^*)
DSC00124.jpg

ハクサンシャクナゲ。咲きまくり。
DSC00130.jpg

至仏山-小至仏山間は、高天ヶ原に負けずと劣らないお花畑。
DSC00131.jpg

この間は、ガスガスの中に咲くお花たちだったけれど、今日は、
青空&絶景を背負って生き生きと咲いていました。(*^^*)
DSC00136.jpg
ならまた湖の奥は、谷川岳。更に奥には苗場山。

10日前は、まだ咲き始めだったタカネシオガマ。
ほんの少しの間に、満開~ピーク過ぎのものまで。
山の上では、季節は駆け足で過ぎているようです。
DSC00141.jpg

小至仏山へ続く稜線。その右奥には、この間登った笠ヶ岳。
一番奥には、上州武尊山。
DSC00148.jpg

ホソバツメクサは、あちこちにブーケを作っていました。
DSC00151_201507142249583fb.jpg

まだまだ登って来る人、下山する人。混雑の登山道だけど、
人の切れ間を狙って、花撮りスクワットは、まだまだ続く~。
DSC00153.jpg

だって、お花の咲く山の景色は、あまりにも美しすぎるんだもぉ~ん。
DSC00159.jpg

元気いっぱいに咲いてるホソバヒナウスユキソウ。
そっと触ると、ふわふわ。モフモフ。(*^^*)
DSC00160_20150714225048876.jpg

そんな可愛い花が咲く景色。黙って通り過ぎちゃったらもったいない~。
相方さんはずんずん先に行っちゃってたけれど、しばし登山道に倒れ込む私。(笑)
DSC00167_20150714225051100.jpg

いつまでも、こんな景色の中で過ごしていたかったんだもん♪
DSC00166.jpg

オゼソウも、あまりにもさりげなく、でも、あちこちにお花を咲かせてました。(*^^*)
DSC00183.jpg

小至仏山を過ぎると、登山道は山の東側に。
今度は、日光連山や燧ケ岳を眺めながら歩きます。
DSC00184.jpg

DSC00187.jpg

小至仏山の斜面にも、シナノキンバイがいっぱい。
DSC00194.jpg

この間はまだ雪が残っていた木道上。
すっかり雪は消え、木道も乾燥していました。
さぁ、あのベンチで、最後の休憩タイムといたしましょう~♪
DSC00199.jpg

午後になっても青い空は変わらず。
花咲く山歩き。楽しかったね~。
DSC00204.jpg

オヤマ沢田代で振り返る。
オヤマ沢田代のワタスゲは、ようやくモフモフし始めたところ。
イワイチョウもようやく咲き始め。
でも、それよりなにより、青空のもと、たくさんのお花に囲まれて過ごした
至仏山の1日。大満足~♪
DSC00205.jpg

ノウゴウイチゴ。かわいいね。
DSC00207_20150714225248ea6.jpg

そして、樹林帯に入り、とっても楽しみにしていたのが、、、
タケシマラン。
ちょいと失礼して、裏側を見ると、ちゃ~んとお花。。になってるんだね。(^^;
DSC00209.jpg

そして、オオバタケシマラン。相方さんが見つけてくれました。
ちょっとだけ細長い実は見たことあったんだけど、花が見てみたかったのよー。
DSC00216_20150714225251931.jpg

この子も、花びらの先っちょ、クルリンちゃん。
DSC00219.jpg

裏っ返しにしてみると、きれいな花。。。だね。
DSC00220.jpg

そして、無事、鳩待峠着~♪
もちろん、着いたら、花豆ソフト。
ソフトクリームもたちまち溶ける暑い1日。。でした。
DSC00227.jpg

帰りは、日帰り温泉「ほっこりの湯」に寄り道。
露天風呂はないけれど、大きなガラス張りの清潔な内湯。
気に入りました~♪
DSC00230.jpg

で、湯上りに・・・(笑)
DSC00229.jpg
2015/07/11

天空のお花畑 アヤメ平

7月7日
本当は、草津の「チャツボミゴケ公園」に行ってみようと家を出る。
湯治もしたいしねっ。(^^;

・・・が、しょうもない事情で、車はR122を日光方面へ。
どうしよう。どこで遊ぼう。しばし考える。
丸沼から白根山?
大清水から尾瀬沼?
鳩待峠から尾瀬ヶ原?
ん~~~~、一番コスパがいいのは・・・
富士見下から、アヤメ平にしよう~。

朝、7時半。富士見下の駐車スペース。
先行車、2台。静かなものです。

7:50 準備を整えてスタート♪
DSC00147.jpg
ここから約2時間の林道歩き。

をぉぉ、まだ、ヤマツツジが咲いてるよ。
約2か月、季節が遡ったようだね。
DSC00151.jpg

歩き始めて1時間を過ぎると、だんだん、足元に咲くお花も
増えてきて立ち止まる回数が増えてきます~。
DSC00155.jpg

そして、アヤメ平の稜線が見えてきました~。\(^o^)/
DSC00156.jpg
あっ、もちろん、まだまだ先は長いってことはわかってるよー。
でも、単調な林道歩きで、一気にテンションが上がる瞬間です♪

振り返ると、中腹に雲のかかる武尊山。
麓に見えるのは、戸倉の集落かな?
DSC00160.jpg

去年は、どこのお山でもお休みだったコバイケイソウ。
どうやら、今年は当たり年再び。のようです。
DSC00162.jpg

富士見峠まであと1キロ。。。の看板を過ぎた頃から、花撮りスクワットが
超忙しくなります。

林道わきに咲くリンドウ。
DSC00164.jpg

をぉ、なんて鮮やかな色なんでしょう。(^^)
DSC00165.jpg
今は、まだ、だらだらと林道歩きの最中だってことを、忘れてしまいそうです。

ベニバナイチヤクソウ。ようやく咲き始め。
蕾だけの株を見つけたときは、一瞬、、、、
ん!? イワカガミのつぼみ?なんて思っちゃったよ。(^^;
DSC00167.jpg
テンション、上がり~。でも、帰りにゆっくり寄るね。

テガタチドリ。。。でいいのかな?
DSC00172.jpg
…と思ったけれど、葉っぱの端がヘレヘレしてるから、ノビネチドリ。。かもね。

9:50 富士見小屋。
ん~、こりゃ、2時間かからずに着けるかな? なんて、途中思ったけれど、
やっぱり2時間の林道歩き。だったね。(^^;
DSC00175.jpg
まぁ、ここまでくれば、あとは、楽しい楽しい湿原とお戯れタイム~。(^^)

さぁ、ここから200歩も歩けば、イワカガミとチングルマの咲く小湿原が待ってます~。
DSC00176.jpg

その先の富士見田代の小沼。
ここから見える燧ケ岳は、会津駒ヶ岳の駒の小屋直下から見える燧ケ岳
と同じくらい、かっこよく見えると思う。かなりお気に入りの場所。(^^)
山頂付近だけ、逆さ燧になってたよ~♪
DSC00180.jpg

コバイケイソウ&燧ケ岳。気持ちのいい稜線散歩♪
DSC00188.jpg

ついついかわいらしくって視界に入っちゃう、シマシマ模様のクルリンちゃん。
ホントに、今までは、どうして気が付かなかったんだろう。
もぉ、気づくようになってからは、逆に気付かなかったことが
不思議でならないんだよね。(^^;
DSC00191.jpg

さっき下から見上げた稜線の上を歩いてます。(^^)
とっても気持ちのいい時間~。(*^^*)
DSC00192.jpg
ここだけは、風が強かったけどね。

で、アヤメ平の端っこに出ました。
木道脇に、チングルマ。
やっぱり、なぜかチングルマが咲いてるととっても嬉しい♪
DSC00193.jpg

イワカガミとチングルマは、最初に覚えた高山植物。
DSC00195.jpg

木道は、空まで続いています♪
DSC00196.jpg

そして、振りかえると、木道は燧ケ岳まで続いています。
DSC00198.jpg
な~んて、錯覚を起こしちゃうほど、開放的なアヤメ平。
人が多い尾瀬ヶ原に比べ、静かな湿原。ゆっくりと時間が流れていくようです。

木道脇には、ムシトリスミレがたくさん咲いてました。
DSC00200.jpg

中原山を越え、その後、小湿原を過ぎ、横田代まできました。
いつの間にか、至仏山が近いっっ!!
しかも、雲がかかってなくてすっきり晴れてるし。
あ゛~、至仏山再びにすればよかったかな? と、ちょっぴり後悔。(^^;
DSC00207.jpg

笠ヶ岳。あ~~っぷ。
あの斜面に、たくさんのハクサンイチゲが咲いてたんだよね。
右にちょこんと出ているのが小笠。
こちらの斜面は、きっと今頃はチングルマのお花畑♪
DSC00208.jpg

至仏山のお隣に見えていたのは、巻機山。。かな?
DSC00210.jpg

横田代では、静かに静かにワタスゲが揺れてました。
そういえば、この間会った、尾瀬のガイドさんが「アヤメ平のワタスゲが見ごろ」って言ってたっけ。
DSC00211.jpg

な~んて思っていたら、そのご本人、登場!!(笑)
BSにっぽん百名山のロケ中でした。(あっ、今回は、私は映ってないかんね~)
DSC00213.jpg

ロケ隊の人たちが通りすぎたら、あとは、木道に寝っ転がりたい放題。(笑)
DSC00216.jpg

11:00 本日の終点、横田代。
ここを下っちゃうと、鳩待峠まで行っちゃうからね。(^^;
DSC00218.jpg
あとは、のんびり木道に倒れながら富士見峠まで戻りましょう~。

モウセンゴケの先っちょに水滴きらりんちゃん。(*^^*)
DSC00224.jpg

中原山を過ぎると、燧ケ岳がだんだん近づいてきました。
ここを往復して見える景色。近づく至仏山、遠ざかる燧ケ岳。帰りは逆。
その景色を見るたび、歩くって、すごいんだな~。って思っちゃうんだよね。
DSC00231.jpg

オノエラン。咲き始め♪
DSC00235.jpg
横田代に向かってるときには、全然気が付かなくて、今年は会えないのかな?
って思ってたけど、咲いていてよかった。(*^^*)

白のコラボ。
DSC00239.jpg

コバイケイソウ&日光白根山
DSC00242.jpg

タテヤマリンドウの蕾は、見るたびにソフトクリームを思い出しちゃう。
味は、、、ん~、巨峰ミックス。。。ってところかな?
DSC00245.jpg

11:50 田代山程ではなかったけど、ワタスゲぽあぽあが揺れる
ゆっくりと時間が流れていくアヤメ平。
DSC00249.jpg
歩く人も少なく、木道に寝っ転がりたい放題。(^O^;

朝のうちはすっきり見えていた燧ケ岳。
戻ってくるころには、山頂付近には雲がかかり始めてしまいました。
DSC00250.jpg

アヤメ平にもオノエラン。(^^)
DSC00257.jpg

ウラシロヨウラクは今年は当たり年だね。
ここでも、鈴なりに花をつけていました。(^^)
DSC00259.jpg

チングルマは、あちこちでもう果歩になっていました。
ここに水滴きらりんちゃんがくっついてキラキラしてるのもきれいだよねっ。(*^^*)
DSC00260.jpg

ミズバショウも、ちらほらと。
DSC00269.jpg

12:30 富士見小屋の前は、ちっちゃなお花畑。
DSC00273.jpg

華やかな子から
DSC00275.jpg

小さな子たちまで。
DSC00277.jpg

帰りも延々と林道を。
朝見つけたベニバナイチヤクソウ。時間が経って、ちょっと開花が進んだかな?
DSC00283.jpg

それより、朝はちっとも気が付かなかったけど、なんじゃこりゃ~!!
って程、群生してました。その一角だけ。(^O^;
DSC00286.jpg
写真の密集度×8くらい。

朝は気が付かなかったムラサキヤシオ。
DSC00291.jpg

14:00 駐車スペースに停まる車は結局3台だけ。
朝、停まっていた2台と同じ車だから、、、尾瀬ヶ原まで下りられたのかしらね。
林道歩きでは誰とも会いませんでした。
DSC00294.jpg
富士見下から入って尾瀬ヶ原へ下るクラシックルート。
いつか歩いてみたいなぁ。。。と思いながら、やっぱりアヤメ平へ行ってしまう私。(^^;
パッと開けた山頂湿原は、やっぱりお気に入り~♪
2015/07/10

ベランダのパイナップル

この間、アヤメ平へ行った帰りに寄った直売所で衝動買い。(^^;
DSC00002.jpg

「パイナップルリリー」
このパイナップルがにょきにょきーっと伸びて、そこに花が咲くんだそうな。
何色の花が咲くのかは・・・
咲いてからのお楽しみ♪
2015/07/06

花の至仏山は「ユキワリソウ」祭り♪

笠ヶ岳と至仏山の分岐まで戻ってきました。
さぁ、ここから至仏山まで1時間15分。
もちろん、CT通り歩けないのはわかってるけど~(^^;
やっぱりオゼソウは見たいし…
元気に行ってみましょう~♪
DSC00020.jpg
分岐を過ぎると、至仏山からぞろぞろ下山してくる人たちの列。

オヤマ沢田代のちょいと上に雪渓。
あっ、でも、去年は雪はありませんでした。
DSC00025.jpg
スリップと踏み抜きに注意!

雪解け直後の場所には、可愛らしくミツバノバイカオウレン。(^^)
DSC00026.jpg

お花畑では、ハクサンイチゲとハクサンコザクラ。
分岐を過ぎて間もなくだけど、一気にテンションMAX。(^^;
DSC00029.jpg
このあたりで、朝一緒だった駒中のお兄さんとスライド。
「オゼソウもいっぱい咲いてましたよ~」と。
楽しみ。楽しみ。(*^^*)

笠ヶ岳から見た至仏山方面は、ガスで真っ白だったけれど、
なんと、尾瀬ヶ原も、至仏山も、ばっちり見えていました。(^^)
DSC00032.jpg

ハート形の花びらのユキワリソウ。
かわいい~~~。(^^)(^^)
DSC00033.jpg

それも、あちこちで。
やさしいピンク色は、私のをぐわしっ!っと掴んでしまいました。(*^^*)
DSC00035.jpg


DSC00041.jpg

登山道わきのいたるところで、ホソバヒナウスユキソウ。
ユキワリソウと一緒に、エーデルワイス祭も開催中♪
DSC00048.jpg

12:40 小至仏山
DSC00050.jpg
あれれ、そういえば、オゼソウに会わないまま、小至仏山まで来ちゃった。
ん!? 去年見た場所では、咲かなかったのかな?
でも、朝会った尾瀬のガイドさんは、たくさん咲いてるよ。って言ってたよなぁ。。。

まぁ、この先、会えるでしょ。。。

咲き始めのコケモモ。かわいい。(*^^*)
DSC00051.jpg

ガスがかかることが多かったけれど、風が吹いて、パ~~っと視界が開けると
至仏山へ続く、蛇紋岩ゴツゴツの稜線。
DSC00055.jpg
ツルツル滑る蛇紋岩。足元に気を付けて、、、

あちこちに咲きまくるエーデルワイス。(*^^*)
もぉ、花撮りスクワットが止まりません。(^^;(^^;
DSC00057.jpg

DSC00060.jpg

この花。。。なんだろ。
DSC00046.jpg
「チシマアマナ」と言うそうです。
くにさん、ありがとうございました。(^^)/

横向き。葉っぱはこんな感じ。
DSC00061.jpg
もぉ、私。この子に一目惚れでしたっっ!!(*^^*)

マルバヘビノボラズ。初めて見ました。
DSC00062.jpg

至仏山直下に、オゼソウ。
会えてよかった~。
DSC00063.jpg

もぉ、今年は会えないのかと思って、泣きそうだったんだよー。(^^;
DSC00065.jpg

13:30 至仏山山頂。
なっ、、なんと、貸切~♪
DSC00070.jpg
とは言っても、さすがにこの時間に山頂へいるのって、まずい?
ちょっぴり焦りながら2回目のお昼ご飯を食べて、早々に下山~。

あらら、こんなところにもユキワリソウ。
なんか、生け花をいけたよう。(*^^*)
DSC00074.jpg

うわぁ、まだまだ咲き始めだよー。
咲き始めは、濃いピンク色なんだね。
ホントにかわいいな~。
DSC00076.jpg

イワハタザオ。
咲き過ぎでしょぉ~。
DSC00075.jpg

モフモフ咲いたタカネシオガマ。
DSC00079.jpg

エーデルワイスは、シルバーのブーケになってました。(*^^*)
DSC00081.jpg

ガスが晴れるとあらわれる、至仏山の斜面。
ここもきっと、雪が作り上げた景色なんだろうな。
DSC00083.jpg

そして、小至仏山へ続く蛇紋岩の稜線。
つるっと滑るから怖いし苦手な蛇紋岩だけど、でも、その岩が作り出す景色は
何とも素敵だったりするのです。
DSC00085.jpg

咲き始めのハクサンシャクナゲ。
鮮やかなピンク色のラインがとっても素敵♪
DSC00088.jpg

ジョウシュウキバナコマノツメ。ジョウエツキバナコマノツメ。
黄色いブーケ♪
DSC00090.jpg

ミヤマダイモンジソウもあちこちに。
DSC00095.jpg

ツルっと滑って、やっぱり尻もち。(^^;
・・・オゼソウ。小至仏山の直下でも咲いてたぢゃん。(^^;
DSC00096.jpg
どうやら、団体さんとすれ違ったり、ミツバノバイカオウレンに夢中で
気が付かなかったようです。(^^;

お花畑の上の方でも、咲きまくり~! ってほどのオゼソウ。
DSC00099.jpg

鮮やかなシナノキンバイ。
DSC00100.jpg

そして、やっぱり、かわいい、かわいいユキワリソウ。(*^^*)
DSC00101.jpg

DSC00102.jpg

ちっちゃいユキワリソウの花をたくさん見てからハクサンコザクラを見ると
妙にでかい! と思ってしまうのです。(^^;
DSC00103.jpg

さぁ、あの雪渓を過ぎたところにあるベンチで、最後の休憩にしましょう~♪
DSC00104.jpg

滑らないように気を付けて・・・っと。
DSC00105.jpg

想像以上に展望のいい1日でした。(^^)
至仏山の山頂は真っ白だったけれど、尾瀬ヶ原~燧ケ岳の景色を
楽しむことができました。(^^)
DSC00106.jpg

12時ごろは、ガスガスだったオヤマ沢田代。
まだ、お花は咲いていなかったオヤマ沢田代だったので、ホントに
「今日は、はやまった!」と思ったけれど、花・花・花の笠ヶ岳&至仏山でした♪
DSC00110.jpg

朝は蕾だったシラネアオイ。
パッと大輪の花を咲かせてましたよ~♪
DSC00115.jpg

最後に、燧ケ岳の景色を楽しんだら、あとは、樹林帯をひたすら歩きます~。
DSC00116.jpg

オオバキスミレ。
ホントに、葉っぱがでかい。
DSC00118.jpg

フキノトウの綿毛。
朝はしっとり濡れて縮こまっていたけれど、もっふもふ。(^O^)
DSC00120.jpg

15:50 鳩待峠まで戻ってきました~。
DSC00121.jpg

登山口近くでは、前日の山開き神事の名残りが・・・
DSC00122.jpg

大満足の1日。
そして、〆は、やっぱり花豆ソフト。(*^^*)
DSC00123.jpg
うまし♪
2015/07/04

お花の山歩き (尾瀬の)笠ヶ岳

去年一目惚れをしてしまった「ミヤマムラサキ」に会いに、
今年も、尾瀬の笠ヶ岳。(*^^)v
最近の私にしては、超珍しく2時起床。3時前に出発~。
5時少し前に鳩待峠の駐車場に着きました。。。。。。。。が、

ミズバショウの季節が過ぎ、ニッコウキスゲにはちと早い。
そんな中途半端、しかも梅雨の季節の戸倉駐車場は、しーーんとしていて、
すぐに乗り合いタクシーに乗れると思っていたのに30分くらい待つことに。(^^;

6:10。梅雨の晴れ間の青空がのぞく鳩待峠。
ほんの2か月前には、2メートルくらいの雪が積もっていた登山口。
前日は、山開きが行われたようで、紙吹雪がたくさん落ちてました。
DSC09835.jpg

アカフタチツボスミレ。
葉脈が赤いのは、厳しい寒さを耐えるためにアントシアニンで守られている。
って言うのは、去年、でんさんに教えていただきました。
DSC09842.jpg
まぁ、そうすると、じゃ、こっちの花は??? 
なんて、あれこれ葉っぱを裏返してみる単純な私~。(^^;

ノウゴウイチゴの水滴きらりんちゃんは、やっぱりかわいい~。(*^^*)
DSC09844.jpg

展望が開けてきたところで、笠ヶ岳。
う~~ん、きれいな三角形。やっぱりかっこいい♪
DSC09845.jpg
このあたりで、「BSにっぽん百名山」のロケのための下見に来たという
尾瀬のガイドさん。
それと、宇都宮から来たという「駒中」さんと一緒になり、尾瀬の
マニアックな話をしながら歩く。

あっ、ムラサキヤシオ。
DSC09846.jpg

いったん樹林帯を抜け、パッと視界が開ける。
この瞬間、大好き~。
DSC09848.jpg

クモイイカリソウ。
蛇紋岩特有の植物なんだそうです。(^^)
クリーム色がかった白。やさしい色♪
DSC09851.jpg

登山道の両脇には、シラネアオイ。
この子は、下山するころには、パッと開いていましたよ~♪
DSC09854.jpg

オヤマ沢田代を過ぎ、笠ヶ岳分岐のところでお二人に見送られて
いよいよ、ぬかるみコースに突入。
途中、残雪、倒木あり。
でも、悪沢岳の樹林帯を抜け、視界が開けると、大好きな笠ヶ岳へ続く稜線~。

で、、、
をぉぉぉ~~~い。笠ヶ岳はどこ行ったぁ!!!! (T_T)
DSC09862.jpg

登山道の脇に、普通にイワイチョウが咲いてたりして、、、
湿原状態の登山道だけど、やっぱり好きかも。(笑)
DSC09865.jpg

雪解け直後の場所には、オウレンがあちこちに。
花びらの先の水滴きらりんちゃん。かわいい。(*^^*)
DSC09870.jpg

小笠が見えてきました。
このあたりの登山道は、ほぼ、小川状態。
DSC09871.jpg

雪の上も歩きます。
滑ります。
尻もちをつくと、お尻が濡れます。(^O^;
DSC09872.jpg

小笠まで来ました。
見上げると一面のチングルマ・・・
DSC09873.jpg
には、ちと早かったけれど、(^^;

登山道の脇は、チングルマロードになってました。(^^)
DSC09876.jpg
1時間くらい前は、ガスがかかっていた笠ヶ岳。
また、姿を現してくれました。嬉しい~~♪

さぁ、また、ガスがかかっちゃう前に、頑張って歩こう~!

とはいっても、あっちにふらふら。こっちにふらふら。(^^;

だって、あっちこっちにかわいい子たちがいっぱいなんだもん。
DSC09879.jpg

DSC09883.jpg

あらら、まだ、ヒメイチゲも咲いてたよ。
DSC09894.jpg

ようやく笠ヶ岳直下まで来ました。
見上げると、山頂付近までハクサンイチゲ。
DSC09896.jpg

見下ろしても、ずっと下までハクサンイチゲ。
DSC09899.jpg

登山道のすぐ脇も、ハクサンイチゲ。
DSC09901.jpg
もぉ、口元緩みっぱなし。

タカネバラ。
ホントにいい香り~。
鼻を近づけなくても、風が吹くたびにふわっと香ってくるほど。(^^)
DSC09905.jpg

タカネシオガマを真上から。
なんて、精巧な作りになってるんでしょう~。
DSC09912.jpg

山頂への最後の登り。。。
ガスがかかってきちゃってるんだから、急がなくっちゃ!
の気持ちはあるけれど、う~~ん、ミヤマムラサキちゃん。
かわいい。(*^^*)
DSC09917.jpg
尾瀬では、笠ヶ岳にしか咲かない、、、
朝、会った尾瀬のガイドさんに言わせると「マニアックだねぇ~」な
お花なんだそうです。(^^;

で、結局、かわいい子たちを見つけるたびに、そこで立ち止まり、
相変わらず、あっちにふらふら。こっちにふらふら。
ホソバコゴメグサ。
DSC09937.jpg

9:40 笠ヶ岳 山頂~♪
雲の上の人になってるんだな~。を実感。
ならまた湖が近いっ!
DSC09938.jpg
雲が多くて、平ヶ岳や越後のお山がうっすらと見える程度だったけど
雪の残るお山を見ながら、ちょっぴり早いランチタイム♪

貸し切りの山頂。
風が吹くたびに、イブキジャコウソウの香りがふわふわっと♪
DSC09941.jpg
あ~、今日は、至仏山へは行かずに、このままここでまったりでもいいかな?
一瞬、そんなことも思ってしまう。(^^;

ムラサキタカネアオヤギソウ
DSC09946.jpg
この子も、アントシアニン族だよね。
葉っぱの裏側の色は何色だったんだか確かめてくるのを忘れたっっ!!

岩の隙間では、コケモモがまだまだ咲き始め。
DSC09950.jpg

イワシモツケも花盛り♪
DSC09952.jpg

去年は、もう、見頃すぎだった笠ヶ岳のホソバヒナウスユキソウ。
今年は、ばっちり見頃で、ピッカピカ。
背筋をぴーーんと伸ばして咲いていました。(^^)
DSC09957.jpg

ロックガーデンが、あちこちに。
下山も、超ゆるゆるな感じ♪
DSC09963.jpg

ホソバツメクサ
厳しい環境の中でもしっかり根を下ろして咲いてるちっちゃな花。
好きだよ~。(^^)
DSC09965.jpg

片藤沼が見えてきました。
あそこからは、至仏山と燧ケ岳が並んで見えるそうですが、
今日は行かず、上の方から眺めるだけ。
DSC09964.jpg
雪深い環境が作るこの景色。
静かに、ずっと眺めていたい。そんな気持ちになりました。

そして、待ってました!! の、かわいいかわいいミヤマムラサキ。
DSC09973.jpg

かわいいな~。
DSC09975.jpg

今年も会えて、うれしいっっ!!
DSC09972.jpg

登山道わきに咲くお花を眺めながら、とりあえずオヤマ沢田代まで
戻りましょう~。

キンロバイ
DSC09976.jpg

ヨツバシオガマ
DSC09983.jpg

コバイケイソウ。
今年は、あちこちでお花をつけてくれそうだね♪
DSC09984.jpg

ジョウシュウアズマギク
このピンク色は、ホントにかわいい。(*^^*)
DSC09987.jpg

お花の山。笠ヶ岳。ばいばい。
今度は、季節を変えてまた来るよ~。
DSC09992.jpg

小笠の下を巻いて、悪沢岳を登り返して、オヤマ沢田代まで。。。
遠いなぁ。(^O^;
そして、至仏山は雲の中。
DSC09993.jpg

名残惜しくて振り返る。
今年最後の桜だね。
DSC09998.jpg

ヨツバシオガマは元気いっぱい。
DSC00001.jpg

朝のうちは、花を閉じてたコミヤマカタバミ。
日がさしてきてからは、あちこちで花を開かせていました。(^^)
DSC00010.jpg

んふふふ。モフモフ。かわいい。(*^^*)
DSC00014.jpg

12:00 オヤマ沢田代まで戻ってきました。
DSC00019.jpg
さてっと、ここから至仏山まで、CT1時間15分。
ピッカピカのオゼソウとホソバヒナウスユキソウに会いに、行ってみましょう~♪