2015/08/30

夏の終わりのウルトラマン  

「今度こそ、那須岳のリンドウが見たいね~」
なんて予定をしてみたものの、またまた点る雨マーク。(T_T)

いったんは、戦場ヶ原でウルトラマンでも見てくる~?
なんて提案してみるものの、前日、お昼の天気予報では朝から雨の予報。
今回は中止にしよ~~。って、相方さんにメールをする。
帰ってきた返事は「雨でもいいぢゃん。カッパ着れば」(@_@;)

梅雨の時期、南岸に前線があるような日。
こんな日は、奥日光では割と晴れていることが多い。
今回は、北東気流の影響で天気がぐずついている。
こんな日は、どうでしょう。
麓は、小雨~ガス。う~ん、やっぱりね。(-.-)

お天気ががらりと変わるポイント、いろは坂を登り切った
明智第2トンネルを抜けてもあたりは乳白色。
やっぱり駄目だったね。。。と、がっかりしながら車は中禅寺湖畔へ。
ん? 奥の方は妙に明るい???
竜頭の滝を過ぎ、戦場ヶ原が近づいてくると、明るい曇り空。\(^o^)/

まだ、停まってる車も少ない赤沼駐車場から出発です~。

駐車場には、まだまだきれいなホザキシモツケ。
DSC00473.jpg

そういや、うちの母にとって、ピンクのシモツケの形はこの形。
白馬で丸く咲くシモツケを見た時に「なんか、この形、変ね」って言ってたっけ。(笑)
DSC00475.jpg
いえいえ、ホザキシモツケは、北海道。奥日光。霧ヶ峰の
地域限定!! なんですよ~。(^O^)

本日のコース。
赤沼-戦場ヶ原-泉門池-小田代ヶ原-赤沼の、王道コース。
DSC00476_2015082920174408c.jpg
こっち周りを選択したのは、朝のうちなら、小学生団体もまだ少ないだろう。。と。
やっぱり、小学生の「こんにちは」攻撃。私は苦手です。

森の木々の葉っぱは、盛夏の頃の青々とした葉っぱから、ちょっぴり
色が抜けてきた。着実に秋は近づいてるな~。と感じる、そんな色。
DSC00488.jpg

ほら。ちっちゃい秋、み~つけた♪
DSC00479.jpg

戦場ヶ原。ほんの2か月前、ワタスゲの果穂が揺れていたはずだけど、
もう、あたり一面、草紅葉が輝く、、、直前。ほんのり色づいてます。
DSC00485_201508292017472ec.jpg
お天気がよければ、正面に太郎山が見える。。はずです。
今年も、冬が来る前に太郎山。登りたいな~♪

「やっぱり持ってるねぇ」と、絶好調の相方さん。
DSC00489.jpg
最近、おふざけキャラが逆転しつつある。。ような気がする。(^^;

湿原を覗けば、あちこちにリンドウ。
DSC00492_2015082920185236a.jpg

ミヤマアキノキリンソウでは、たくさんのちょうちょがお食事中。
DSC00501.jpg

ほんのりピンク色がかわいいアキノウナギツカミ。
気の早い子の葉っぱの先は、もう、赤く色づき始めていました。
DSC00502.jpg

ちょうど見ごろだったのが、ウメバチソウ。
あちこちで、真っ白な花を咲かせていました。
DSC00504_2015082920185610b.jpg

そして、この日、一番会いたかったのが、ウルトラマン!(笑)
DSC00510_2015082920195984c.jpg
アケボノソウ・・・とも言う。 (いや、普通の人は、アケボノソウと呼びます(笑))
初めて見た時から、この花びら1つ1つが、ウルトラマンの顔に見えて
仕方のない私。で、一度そう思ってしまうと、次もそう見えてきちゃうのよね。

黄色い目の部分は、蜜腺。蟻が一生懸命、蜜をなめてました。
DSC00507.jpg
この黄色いポチポチ。そして紫のポチポチの模様。
それを、夜明けの星空に見立ててつけられた名前なんだそうです。

もぉ、あちこちに咲きまくるアケボノソウ。
DSC00516_20150829202001e56.jpg

ズミの木のトンネルを抜けると、湯川に架かる橋を渡ります。
DSC00521_201508292020039bc.jpg

斜面の上の方では、試験管ブラシのようなサラシナショウマ。
この花の匂いは、割と爽やか系。私は、、好きです。(*^^)v
DSC00530.jpg

その先は、静かな泉門池。
ここへ来るの、久しぶりだな~。
お天気がよければ、正面にド~ンと男体山が見えるはずだけど
この日は、雲の中にかくれんぼ。
DSC00531_201508292021076d2.jpg

池の畔のベンチに座って、ちょっと一休み。
DSC00532_20150829202108765.jpg

小田代ヶ原周辺の木道が、新しくなっていました。
さぁ、カラマツ林を抜けると、小田代ヶ原ですよ~。
DSC00542.jpg

小田代ヶ原のお花畑でも、ワレモコウがいい仕事をしていました。(^^)
DSC00548.jpg

あぁぁぁ、もふもふ。かわいいな~。
DSC00549.jpg

モザイク模様に色づき始めた小田代ヶ原。
DSC00555.jpg
今年は、ノアザミがたくさん花をつけたそうです。
今はその残骸しか見ることができなかったけれど、それでも
それはそれはたくさん咲いたんだろうな~。って、想像できる程。

今は静かにシロヨメナが咲いていました。
DSC00565_20150829202228b17.jpg

あっ、まだきれいなノアザミ見っけ♪
DSC00561_20150829202227d6c.jpg

んんんん~、もふもふ。かわいいっっ。
DSC00567.jpg

モフモフ。。と言えば、緑のモフモフ。最強~。
で、そこにキノコなんかが生えてれば、思わず立ち止まっちゃうのです。
DSC00574.jpg

で、木の幹からにょきっと顔を出すきのこちゃん。
もぉ、「かわいい~!!」を連発。(^^;(^^;
DSC00577.jpg

お昼くらいには雨が降ってくるんじゃないか。。。って思っていたけれど、
なっ、なんと、薄日がさしてきました。
DSC00572.jpg

それも、影ができるくらいしっかりと。\(^o^)/
DSC00582.jpg

見上げると、雲が多いながらも広がる青空。
やったね☆
DSC00583.jpg
日がさせば、ほんのり汗ばむ陽気。
迷わず、赤沼茶屋でソフトクリームをいただきましょう♪

その後、車で光徳へひゅんと移動。
DSC00607.jpg

かわいいこの子に会いたかったからさ~。
DSC00589.jpg
バイカモ。好きなお花の一つです。

浅いところでは、川面から顔を出して花を咲かせていました。
DSC00598.jpg

流の速いところでは、おもいきり水没した状態で。
DSC00601.jpg
澄んだ水の中でキラキラと咲かせている小さなお花たち。
光徳沼の水量が減ってしまってからは、バイカモもずいぶん減ってしまったそうです。
でも、いつまでもこの景色の中で咲き続けてほしいな~。と思います。(^^)

澄んだ水の中で、アカイワバナさんも。(^O^;
DSC00592_2015082920244453c.jpg

静かな光徳沼でのんびりとした時間を過ごし、晩夏のお花見、終了~。
DSC00599.jpg
帰りは、中禅寺湖畔から、いろは坂途中まで、一面の乳白色。
日光市内は小雨の降るお天気でした。いやいや、今回も、超ラッキー♪



でも、、、
あぁぁぁ、そろそろ、青空のもと、気持ちのいい稜線散歩がしたいなぁ。
スポンサーサイト
2015/08/25

茨城の宝篋山は、関東平野の展望台~♪

「那須岳のオヤマリンドウが見たいね~」

ところが、週末が近づくにつれて、雨マークの点る天気予報を見て、
どうやら、それは絶望的。(T_T)
引きこもりの週末か… と思っていたところ、
「茨城方面なら大丈夫かも。筑波山とか、宝篋山とか」と、相方さんからメール。

「行く行く~♪ 宝篋山。行ってみたーい」と、行先が決まったのは土曜日の午後。

朝のうちは、はっきり見えていた筑波山。
近づくにつれて、すっかりガスの中。目指す宝篋山も、ガスの中。
雨に降られないだけ、ラッキーか…
と思っていたら、駐車場に着くころには、上空すっかり青空。\(^o^)/

どうやら、電波塔の立つあのあたりが山頂のようです。
DSC01102.jpg
遠いなぁ。(^^;(^^;(^^;

一面、実りの季節を迎え、金色に輝く田んぼ。
それはそれは、見事な田園風景です。
風が吹くたび、草のいい香りが漂ってくるし。(^^)
DSC01103.jpg

あっ、かわいい花が咲いてる。
でも、名前は、、、、かなり、、、相当、かわいそうな感じだよね。
DSC01101.jpg
ヘクソカズラ。だもんねぇ。(^O^;

登りは、常願寺コースで。

朝の清々しい風の吹く中、時々足元に咲く花を眺めながら
ゆるゆると登っていきます。
DSC01108.jpg

まっすぐに伸びた杉の木。
気持ちのいい林だね~。春先は近づきたくないけどさ。(^^;(^^;
DSC01110.jpg

あれれ、ちっちゃい子が咲いてるよ。
DSC01112.jpg

急に朝晩涼しくなったな。と感じたこの日だけど、歩けばやっぱり汗だく。
でも、時々、風が抜ける場所があって、清々しい風が吹き抜ける場所で
立ち止まっては「ひゃぁ、涼しい~」と。(*^^*)
DSC01114.jpg

ひぃぃぃぃ。(^O^;;
DSC01117.jpg
「ながなが坂 勘弁~」って言ってたら
ちょうちょう坂 ってフリガナがふってあるぢゃん。(^^;(^^;

メガネにポタポタと汗が垂れてくるなんて、久しぶりだなぁ。
そんなことを思いながら、一歩ずつ。
DSC01118.jpg

ようやく最初のピーク。尖浅間山頂。
IMG_0574.jpg
木々の間から、広~い関東平野を見渡すことができます。

で、広場には、手作りのイスとテーブル♪
DSC01120.jpg

わぁ、水玉模様の登山道だよ。かわいいな~。
DSC01121.jpg
で、風が吹くたびに、その水玉模様がゆらゆらと揺れていました。(^^)

見上げれば上空快晴。
雨の予報にがっかりしていたのが嘘のようです。(^^)
DSC01123.jpg

このあたりは、山桜が多く、ベンチも設置されていました。
桜の咲くころ、ぜひ、来てみたいな~♪
DSC01124.jpg

宝篋山山頂手前に、超きれいなバイオトイレ。
縞枯山荘のバイオトイレも感動的だったけれど、その上を行く感動。。だったかも。
DSC01125.jpg
ホント、ありがたいことです。(*^^*)

そして、爽やか~~~な風が吹きまくるようになってきて、
ようやく山頂~♪
DSC01126.jpg
たくさんの方たちが休憩中。。でした。

まずは、山頂からの展望を楽しみましょう~♪
霞ケ浦方面。霞ケ浦。でかいっっ!!!
お天気がよければ、余裕で太平洋まで見渡せそうです。(*^^*)
DSC01128.jpg

おそらく佐野方面~。
一面に広がる田園風景。もぉ、たまりません。(*^^*)
こちらも、お天気良ければ、日光連山。上越国境の山々も見渡せそう。
DSC01131.jpg

お隣の筑波山。この時点では、山頂にはしつこく雲がかかっていました。
どうやら、ホントに宝篋山上空だけが晴れてる。そんなお天気でした。(*^^*)
DSC01132.jpg

山頂の草むらには、ちっちゃな、かわいい子たちが咲いていて
うきゃきゃ~♪な気分に。(^^)
DSC01133.jpg

DSC01136.jpg

一通り山頂からの展望を楽しんだら、得意のまったりタイム突入。
まずは、背中の汗を乾かさなきゃ。(^^)
IMG_0595.jpg

で、ごろりとしながらも、目の前に広がる霞ケ浦。
DSC01140.jpg

で、空はまだまだ夏。
でも、吹いてくる風は、すっかり秋。
DSC01141.jpg

ZZZZZ・・・
DSC01145.jpg

なんてのんびりしていたら、しつこくかかっていた筑波山山頂の雲も
取れはじめていました。(^^)
DSC01148.jpg

下山は、極楽寺コースで。
明るい林が気持ちいい。(^^)
DSC01152.jpg

そして、沢沿いのコース。
小さな滝がありました。
DSC01158.jpg

途中、急なところもあって、腰引け引け~。で、よっこらしょ。。と。(^^;
DSC01159.jpg

でも、きれいな水の流れを見つけては、ついつい立ち止まってしまうのです~。(^^)
DSC01161.jpg

そして、無事下山~。
きっと、途中でカッパを着なきゃならないんじゃないかな~。なんて思っていたけれど
今日も青空の美しい1日。になりました。ホント、ここだけ。(^^)
DSC01164.jpg

楽しい里山だったな~。
DSC01167.jpg
毎日、暑い、暑い。って思っていたけれど、里でもしっかり
秋は近づいてきてるんだねー。


そして、帰り道。小貝川の河川敷に咲く、ひまわりたち~。(^^)
みんな、一斉に筑波山を見ています。
DSC01172.jpg

そして、今度は、ひまわりたちに見つめられる。(*^^*)
いや、、なんか、、ホントに、一斉にこっちを見ているひまわりたちに
妙に照れるって言うか、しどろもどろになる。って言うか・・・
DSC01173.jpg
いやぁ~~ん。そんなに見つめないでぇぇぇ。と言いたくなっちゃうほど。(^^;

河川敷に植えられた10万本とも言うひまわりたち。
圧巻です。
DSC01176.jpg

ちょうど、人の背丈くらいの大きさのひまわり。
生き生きと咲いていました。
DSC01178.jpg

草むらには、ちっちゃい子も。
DSC01181.jpg

アゲハチョウがお食事中。
もぉ、これだけ咲いていれば、どんなに食欲の秋が来ても怖くない! だね。
DSC01184.jpg

2015/08/19

暑さのがれて塩原付近をぐるり♪

ガタガタの砂利道。帰り、私の車でここ、登れるのかな?
と、不安になりながら慎重に運転。
ふぅ。ようやく着いた。(;´Д`)

朝の水辺の空気はひんやり。肌寒く感じるほど。
DSC01049.jpg
う~~~ん、清々しい~。(^^)

で、寄り道の目的は、ここっ!
小太郎ヶ渕にあるお茶屋さん名物の草団子。
あさイチだったので、受け取ったときには、まだほんのり温かく・・・
DSC01050.jpg
10時過ぎに頂いた時にも、できたてお団子はとってもやわらか~。でした。(^^)

この日、休みだよ~。と、お出かけのお誘いをしたら、ハンタマゆりパークの
タダ券があるから行こう! と、母。
夕方には用事があるとかで、ちょっと駆け足でお花見。
DSC01053.jpg

近くで見ると、う~ん、見頃。。。過ぎだよな。と思うようなユリたちも
まぁ、遠くから見れば、きれい。きれい♪
DSC01058.jpg

朝のひんやりした感じは、どこへやら??? 
日差しはまだまだ強くって、日焼け止めを塗ってくるのを忘れ思いきり後悔するほど。
でも、吹いてる風は爽やか~。
DSC01059.jpg

で、お次は、上三依水生植物園。
夜中とか、夕方、前を通ることはあったけれど、入園は初めてです。(^^;

キレンゲショウマがぼちぼち見ごろになるらしい。。。と言うことで。
DSC01071.jpg
レンゲショウマのあの形で、黄色い花なのかと思っていたら、
咲いてるお姿はずいぶんと違う。
でも、コロンと丸い形のつぼみは、レンゲショウマと同じよう。。でした。

あっ、サギソウ!
DSC01073.jpg
「鉢植えで買ってきても、いつの間にか枯れちゃうんだよね」と母。(^^;
確か鉢植えになってるのを見た気がする。。。のは、気のせいじゃ
なかったんだね。(^O^;

池の中には、たくさんのスイレン。
DSC01078.jpg

ミツバチは、花粉にまみれてものすごく嬉しそうにぶんぶんみつ集め。
DSC01083.jpg

ほんのりピンク色。今日一番のお気に入りの色♪
DSC01085.jpg

花びらの端がヒラヒラ。
アサザ  はじめまして! のお花でした。
DSC01081.jpg

園内は、ちょうど花の端境期。残念な感じのものが多かったけれど
ミソハギは園内のあちこちでいい感じに花をつけていました。
DSC01088.jpg

まだまだ暑い毎日だけど、もう、秋の花が咲いてるんだよねー。
DSC01087.jpg

植物園入り口近くにあった七滝。
ものすごく水が透明で、写真を撮ろうと歩いていたら、実は、もう、足元に
水があった。。。そのくらい澄んだ水が流れ落ちる滝でした。
DSC01092.jpg

帰り際、道の駅 「湯の香 しおばら」近くで、田んぼアート。
初めて見ました。(^^)
斜めから見た時にちゃんとした形になるように計算されて植えつけられた稲で描かれてます。
まぁ、こんなにカラフルな稲がある。。。ってのに、まずびっくり♪
DSC01096.jpg
途中、東北道では工事渋滞。
予定していた帰宅時間の10分前に到着~。
今月のお出かけは、近場で済ませちゃいました。(^^;


<おまけ>
パイナップルリリーちゃんが咲きました♪
ピンク色の花が咲くのかな~。と思っていたら、なんと、グリーンがかったクリーム色。
かわいい。(*^^*)
DSC00917.jpg

<もひとつおまけ>
この間ひょっこり帰ってきためぐやんが、「おかーさん。お土産~♪」と
ディフューザーを買ってきてくれました。ありがとう~。(^^)
DSC00729.jpg
2015/08/16

モフモフの森に咲くプリンセスぅぅぅ???

8月14日。
麦草峠から茶臼岳-縞枯山-雨池-麦草峠を歩いてきました。

ずいぶん前の方を歩いていた相方さんが立ち止まりニコニコしながら
「かわいい花が咲いてたよ」と。
DSC00956.jpg
1cmにも満たない、黄色い小さな花。「コイチヨウラン」と言うらしいです。

やさしい黄色。。。その花の色を見た時に、パッと浮かんだのが
美女と野獣のプリンセス。ベルでした。(^^;
いやね、ディズニープリンセスの中で、ベルが一番好きなのよ。私。(^^;

とっても嬉しいお初のお花との出会いでした~♪


朝6時半の麦草峠。
白駒池入口にある有料駐車場には、かなりの台数の車が停まっていました。
ん!? まさか、無料駐車場は、すでに満車??? なんて不安になりましたが
朝の時点での駐車場は、こんな感じ。
DSC00924.jpg
ペルセウス座流星群を楽しみに、大きな天体望遠鏡をセットして車中泊をされた方も
いらっしゃったようです。(^^)

茶臼岳への登山口は、国道を挟んで、麦草ヒュッテの反対側。
さっそくモフモフの森の中へ入っていきます。(^^)
DSC00930.jpg
苔の森って、周りの音を吸収されちゃったかのように、すごく静かだと思う。

で、コケはコケでも色もさまざま。
白っぽい、サンゴを思わせるようなモフモフちゃんも。(*^^*)
DSC00931.jpg

朽ちた木に、モフモフちゃんときのこ。
最強の組み合わせだな。
DSC00934.jpg

ん? 卵が孵化した???
DSC00937.jpg

どこまでも続く、モフモフの森。
空気はひんやり。それまで続いていた、下界の猛暑がウソのようです。
DSC00939.jpg

一面乳白色の世界。(^O^;
まぁ、コケたちは生き生きとしてたから、まっ、いいか♪
DSC00940.jpg

ガスガスだったおかげで、あちこちに水滴きらりんちゃんもくっついてたしさ。

クモの巣も、キラッキラ。
DSC00943.jpg

コケの先っちょもキラッキラ。
大きな水滴を覗くと、そこには、逆さまの世界がありました。(^^)
DSC00946.jpg

登山道の両側には、オサバグサ(葉)がたくさん。
実が落ちた茎の先っちょにも、水滴きらりんちゃん♪
DSC00948.jpg

縞枯れエリアに突入~。
でも、ちゃんとオオシラビソの幼木が育っています。
森は再生してるんだな~。って感じられると、ちょっぴり「ほっ」
DSC00960.jpg
「根名草山へ行く途中と雰囲気似てるね~」と話なしがら。

あ゛~、それにしても、モフモフちゃん。かわいすぎっっ!!!
DSC00963.jpg

もぉ、リアル「コケ丸」って感じ。
DSC00965.jpg

偽ピークから縞枯山へ続く稜線散歩。
いやぁ、晴れていたら、最高に気持ちのいい稜線だったのかもね~。
DSC00967.jpg

縞枯山を通過~。雨池峠も通過~。
縞枯山荘へ寄り道。
DSC00981.jpg

山小屋と同じ、青いとんがり屋根の中にいらっしゃるお地蔵様に会いたかったのよ。
奥に見えるのが、さっき通過してきた縞枯山。
DSC00982.jpg

使用料300円のバイオトイレは、感動するくらいめちゃめちゃきれい。
臭いもありませんでした。
DSC00984.jpg
ただ、喫茶を利用しないと座って休む場所がなかった山荘前は用事がすんだら退場~。
雨池峠で一休み。。。としましょう。(^^)

をぉ、、、、なんて華やかな。。。。幸福のシンボルなんでしょう。
食べたくはないけどさ。(^^;
DSC00986.jpg

雨池に向かって下っていくと、どんどん広がってくる青空。
DSC00987.jpg

そして、日がさしてくると、さっきまでのひんやりとした空気がウソのように、暑い。。。
DSC00990.jpg
暑すぎる。(^O^;

でも、日の光を受けると、モフモフちゃんの緑色は、一層鮮やか♪
DSC00991.jpg

ようやく、雨池に到着。何ともいい雰囲気です。
DSC00994.jpg
雨池上空だけ、ぽっかり青空が広がっているかのよう。(^^)

水量は少なく、池の半分が干上がっちゃってる感じでした。
DSC00996.jpg
「ヤッホー」と叫んで、木霊が返ってくるのを楽しんでいるグループ。
追いかけっこをして遊んでいる幼い兄弟。
思い思いに池の畔で休憩~。

ん、あっちのピークは、冬にkazuさんに連れて行ってもらった三つ岳かな?
DSC00998.jpg
あそこから見下ろした雨池は、真っ白な雪原に見えたんだよね。(^^)

空を見上げると、絵に描いたようないわし雲。
ヴィーナスフォートの天井のようだ。(笑)
DSC01002.jpg

えっと、、、私たちは、どっちに進んだらいいんですかぁぁぁ!?!? (笑)
DSC01004.jpg
素直に矢印の方に進みます。

もちろん、帰りも、モフモフちゃんに萌え萌えしながら。
DSC01006.jpg

そして、モフモフちゃんが作り出す、緑色のグラデーションを楽しみながら
麦草峠まで戻りましょう~。
DSC01017.jpg
お天気の崩れが心配だから、ちょっと急いで~。

でも、ついつい立ち止まりながら。。。(^^;

これもコケの仲間なんだね。
DSC01018.jpg

モフモフちゃん。また来るね。
DSC01021.jpg

麦草峠まで戻ってきました。
国道を渡って、麦草ヒュッテ前の山野草園にちょっと寄り道。
募金箱が置いてあったので、チャリンと入れて、、、

離れたところから見たときには、それほど期待していませんでしたが・・・
DSC01034.jpg
いやいやいやいや、
ハクサンフウロにミヤマアキノキリンソウ。ウツボグサにギボウシにシモツケなどなど。
決して珍しい花ではないけれど、それがたくさん咲きまくって、それは素敵なお花畑。

特に、ワレモコウがこんなに素敵に見えるとは思いもしませんでした。(^^)
DSC01030.jpg

最後に思いもよらず、お花畑に入りこんで大盛り上がり。
大満足の1日となりました♪
DSC01041.jpg

そして、朝はまだガラガラだった麦草峠の駐車場。
カオスな感じに車が停まり、路駐も出るほど。
DSC01043.jpg
そして、帰りは、横川SA-甘楽PA間で断続的な渋滞。
下道で帰っても同じぢゃね? って程、たっぷり時間をかけての帰宅となりました~。
藤岡ジャンクションあたりでの渋滞は覚悟してたけど、、、何だったんだろ。(^O^;
2015/08/10

今年もハクサンコザクラ祭り 会津駒ヶ岳

高谷池の周りに咲くハクサンコザクラを見ながら、
あぁ、、、駒の大池のコザクラちゃんはどうしただろう。。。と、
気になって仕方なかった私。(^^;
行きたかった行きたかった火打山にようやく行ったのに、会津駒を
思い出してる私って一体なんなん? って、自己嫌悪になってた程。(笑)

もう、ホントに、愛しの君に会うような気持ちで出かけましょう~♪
DSC00881.jpg

連日、会津地方では午後からは夕立の予報。
あの稜線上で雷には遭いたくないよね。
私にしては、超早立ち。4時に一番上の駐車スペースを確保。
この時点で9割がた埋まってました。そして4時半にはほぼ満車に。

へぇ、こんなに小屋泊の人がいたんだね。と思ったら、明るくなると
それぞれの車から動き出す人々。みんな、早すぎです。(^O^;

ヘッデンつけなくても歩けるくらいになった4時半。スタート。
営林署の看板のあたりで朝日が登ってきました。
DSC00733.jpg

そうすると、ブナの森は、オレンジ色に。(*^^*)
DSC00734.jpg

ヘリポート跡で振り返ると、もう、山の中。キラッキラ。
DSC00736.jpg
最高に素敵な1日が始まりそうです。(*^^*)

九十九折りの登山道。普段なら「疲れた~」を連発なんだけど
異様に足取りは軽い。もう、嬉しくて仕方ない。これにつきます。(^^;

2つ仲良く並んで咲いてる、ツルアリドオシ。
ホント、いつも一緒だよね。(^^)
DSC00740.jpg

7時少し前。森林限界を超え、駒の小屋が見えてきました。
ここのベンチに座って2度目の朝ごはん。
DSC00748.jpg
吹いてる風は、めちゃめちゃ爽やかで、背中の汗が乾いてくると
ちょっと肌寒く感じるほど。

をぉ、山の斜面が、コバイケイソウで白く見えるよ~。
DSC00749.jpg
今年は、コバイケイソウは、どこでも花盛り。。。のようです。

で、反対側の斜面は、ずっと上の方までキンコウカ。
DSC00752.jpg
ここまでは、「もしかして、私ってやればできる子?」なんて勘違い
しちゃうほど、いいペースで登ってきた。ってのに、それが、ガタガタと
崩れ始めます。(^O^;

見慣れたこの景色。。。
もう、朝っぱらからテンションはMaxとなります。
DSC00756.jpg
頭の中では、ハイジの歌がぐるぐる巡りだすし。(^O^;

そして、燧ケ岳が最高にかっこよく見えるポイントでは、
思わず立ち止まり、同じような写真を何枚も。。。(笑)
DSC00758.jpg

ただいま~♪ 
そんな気持ちで駒の小屋の前に立ってしまう自分がちょっとおかしい。(^^;
DSC00761.jpg
駒の兄様にご挨拶。
「この時間に登ってくれば、まだまだ静かな中門岳を楽しめますよ~」
なんて話をして、コーラを1本飲んだら、大好きな稜線散歩に出かけましょう♪

いつもの場所に、もっさりとチングルマ。
DSC00765.jpg

去年、ほぼ、定点観測をした(笑)チングルマたちも、まだまだ元気いっぱい。
DSC00767.jpg

DSC00768.jpg

池のほとりにある小さな祠の傍には、まだ咲き始めのピカピカのコザクラちゃん~♪
DSC00769.jpg

南会津方面に広がる雲海。
ホント、ひょいっと乗っかったら、雲の上を渡っていけちゃうんじゃないかと思うほど。
DSC00772.jpg

で、朝露に濡れてピッカピカのチングルマの果穂。
DSC00775.jpg

まだこの時間、山頂付近にいる人間は30人以下。
もぉ、木道寝そべりたい放題。
DSC00776.jpg

山頂直下で振り返れば、大好きなこの景色。
もぉ、斜めってる木道も、ツルツル滑る木道も、その全てが
愛おしい~。あぁ、、、私は、やっぱり病気だぁぁ。(^^;(^^;
DSC00779.jpg
あっ、いつも湿ってツルツル滑る山頂付近の木道。。
この日は、乾いてたからそう思ったのかも。(笑)

で、とりあえず山頂~。ここは、写真を撮って通過~。(笑)
DSC00780.jpg

山頂を過ぎて、中門岳方面へ。
ここでも、いつものようにニッコウキスゲが咲いてました。
まだまだ蕾もたくさん。しばらくは楽しめそうです。(^^)
DSC00786.jpg
5月に来た時、左側のピークまで行って展望を楽しんだんだよね。
で、雪渓の残るあたりに大きく雪庇が張り出し、クラックがあったんだね。
真っ白だった稜線は、穏やかな緑に囲まれた散歩道になっていました。(^^)

で、やっぱり大好き。ハクサンコザクラのお花畑。(^^)
DSC00790.jpg

DSC00791.jpg

逆さ燧になるかな?
いや、絶対にならないってわかっていても、ついつい写真を撮ってしまう。(^^;
それも、立ったりしゃがんだり、いろいろな角度で。
DSC00792.jpg

安定の居心地の良さだな。
もぉ、中門岳への稜線を歩きながら、何度思ったことでしょう。(^^;
DSC00795.jpg

ぽあぽあのワタスゲたちは、旅立ちの準備も整って、風が吹くと
その綿毛がふわっと舞い上がりました。
もぉ、夢の中にいるみたい。
DSC00805.jpg

静かな中門池には、夏の朝の爽やかな空が映っていました。
「中門岳 この一帯を云う」 このアバウトな感じが好きなんだよね~。
DSC00807.jpg

キンコウカ回廊を歩いていくと、木道終点までもう少し。
DSC00822.jpg

イワショウブが咲いていました。
DSC00826.jpg

こっちは、赤っぽいバージョン?
DSC00829.jpg

で、こちらはチャボセキショウ。→チャボセキショウ
う~~ん、よくわからん。(^▽^;)

足元には、ちっちゃなモウセンゴケの白い花♪
DSC00831.jpg

DSC00900.jpg

木道終点付近の広くなってる場所に腰を下ろし、3度目の朝ごはん。(^^;
南会津方面に発達する積乱雲。その盛り上がりっぷりが楽しくてしばし眺め・・・

上空は青空。筋を書いたみたいな白い雲もきれいでしばし眺め・・・
DSC00841.jpg

で、大好きな稜線を飽きるほど眺め・・・
DSC00843.jpg

リュックを置いて、池糖群の周りを3周くらい歩きます。(^^;(^^;
DSC00845.jpg

さて、ずいぶん人も増えてきたので、ぼちぼち戻りましょう。
DSC00847.jpg

ワタスゲは、中門池付近が超見頃。
もう、ぽあぽあ。もふもふ。撫でたい放題♪
DSC00848.jpg

どーして、こんなに穏やかな時間が流れていくんでしょ。
DSC00849.jpg

とにかく、静かに、、ゆっくりと流れていく時間。
たまらなく居心地がいいのよね。
DSC00857.jpg

ハート形の池糖にも夏空が映っていました。
DSC00864.jpg

会津駒ヶ岳の山頂が見えてきました。
楽しい稜線のお散歩のゴールまでもう少し。
DSC00866.jpg

ハクサンコザクラちゃん。また来年。
DSC00869.jpg
来年は、もうちょい早く会いに来るね。(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

名残惜しくって、今、歩いてきたところを振り返る。
DSC00875.jpg
絶対、またすぐ来るんだろうけどさ。(笑)

コバイケイソウがわんさかと。
去年は、全然花が咲かなかったのが、なんか、不思議な感じです。
DSC00878.jpg

さて、駒の大池まで戻ってきました。時間は、まだ10時。
この後、キリンテへ下山しても、余裕で14時台のバスに乗れそうです。
どうする?
行っちゃう?????
DSC00880.jpg
あ゛~、、、車がいちばん上の駐車場なんだ。
バスを降りて30分歩いて車の回収は嫌だな。
仕方ない、ピストンで戻りましょう。ってことは、まだまだ時間はたっぷり。

まったりタイム再び♪

まだ咲き始めのイワカガミ。ピカピカ~☆
このあたりは、ついこの間まで雪が残ってたんだろうしね。
DSC00885.jpg

見るものがみ~んな懐かしくって嬉しくって、そろそろ下山しよう。
と思ったときには、ちょっぴり泣きたくなっちゃうほど。(^O^;
DSC00893.jpg
いや、、、あの。。。  また、すぐ来るんだろうけどさ。(^O^;

もう、ホントに下山しよう。そう決めながら、池の周りを最後にひと回り。
DSC00897.jpg
また来るね。。。

朝はすっきり見えていた燧ケ岳も、霞んで見えるようになってしまいました。
下界はどれだけ暑い1日になっていたんでしょう。
DSC00898.jpg

今日見た青空と同じくらい鮮やかなブルーのミヤマリンドウ。
ホントに、空の美しい1日でした♪
DSC00899.jpg

樹林帯に入る前に、もう一度振り返って・・・
DSC00904.jpg
今月、、、連休、、、、あるんだよなぁ。
泊りで、、、来ちゃおうかな?
来月でもいいなぁ。再来月でもいいなぁ。(笑)

樹林帯に入ってからは、ひたすら歩いて歩いて歩いて…

あぁ、着実に秋は近づいてきてるんだな…
DSC00910.jpg

葉っぱの上には、ピカピカな虫こぶ。
DSC00912.jpg

燧の湯で汗を流してさっぱりしたら、今日のお楽しみ第2弾~♪

ミニ尾瀬公園で、栃みつジェラート。400円。
DSC00915.jpg
栃の木のはちみつで作った、甘ささっぱりのジェラートでした。(*^^*)
で、アイスの真ん中には、とろ~りとはちみつのトッピング。もぉ、最高♪

次は「蜂さんありがとうパンケーキ」ジェラートトッピングにしよっと。
はちみつ、かけ放題だって。決めたっっ!!!!
さぁ、次はいつ行こうかな~? ひ・の・え・ま・た♪
じゃなくて、あ・い・づ・こ・ま♪




で、ミニ尾瀬公園のジェラートに、、、サンショウウオ。。。ってのがありました。
しかも、+300円(だったかな?)で、サンショウウオの燻製丸々1匹のトッピング。
ん~、どんな味なんだろう。。。


2015/08/04

唐松岳 大展望とお花畑に感激~♪

数年前、母を連れて八方池へ行ったことがありました。
八方池に映る白馬三山。これが見たかったので。
で、その時から、ずっと、その先にある景色が見たいな~。と思っていました。

平日だったこの日、黒菱第3ペアリフトの運転開始は7時半から。
リフトが動くまであと1時間。。。
まぁ、全長400mちょっとのリフト1本分。元気に歩きましょうか~。
DSC00560.jpg
ホテル青い車並みの青空を、頼みますよ~~。(^O^)

歩き始めて数分後。あまりの急登っぷりに、ヘロヘロになる。
「アキレス腱が伸びるな~」って思わず言いたくなっちゃうほどの急坂。
DSC00561.jpg
駐車場が、あんなに遠くなりました。

ちょうどタイミングよく、グラートクワッドリフトの運転が始まったので、
それに乗って、ひゅんと八方池山荘まで。
そこからは、まず最初のお楽しみポイント。八方池まで登っていきます。

あっ、ハッポウタカネセンブリが咲いてるっ!
この間、覚えたばかりだから、見つけるとめちゃめちゃうれしい~。
DSC00564.jpg

しかも、あちこちに、もしゃもしゃと♪
DSC00565.jpg

あたり一面、真っ白な世界。
でも、漂うガスの上に青空が感じられる。。。そんな雰囲気なので
ガスが漂う、柔らか~い色の世界を楽しみましょう~。(^^)
DSC00581.jpg

かわいい~。
イワショウブかと思ったけれど、チャボセキショウって言うの?
まぁ、そんなのどうでもいいや。(^^;(^^;
赤い蕊と、パッと開いた花の形がとってもかわいい~。
そのお姿に、キュンとしちゃった。(*^^*)
DSC00585.jpg

あ~、顔のような八方ケルンに着いちゃった。
ここまで来たってことは、八方池までもう少し。
ガスはまだ晴れてきません。
DSC00588.jpg

・・・ん???
DSC00584.jpg

・・・をっっ???
DSC00590.jpg

キタぁ~~~~~~~!!!!
DSC00591.jpg
「えっ? 朝から八方池に寄ってくの?」と、不満そうな人がいたけれど
朝から寄り道しちゃいましょう~♪

だって、やっぱり、池に映りこむ、この景色が見たかったんだも~ん♪
DSC00594.jpg

池の畔では、ミヤマアズマギク。
ジョウシュウアズマギクとの違いが、私にはわかりません。(^^;
DSC00592.jpg

で、かわいい、かわいいミヤマムラサキちゃ~~ん。(*^^*)
DSC00596.jpg

あ~~、やっぱりかわいいなぁ。
DSC00604.jpg
八方池周辺では、登山道に倒れっぱなし。(^^;(^^;

前回も、同じような時期に来ているはずだけど、咲いてる花には
ちっとも気が付きませんでした。(^^;
知らないと気が付かない。。。んだよね。

さぁ、ここからは初めての景色になります~。
DSC00605.jpg
それにしても、かっこいいなぁ。(*^^*)

ダケカンバの林を抜けると・・・
DSC00606.jpg

一面、ニッコウキスゲが咲いてました~。\(^o^)/
DSC00609.jpg

日差しが強くて「あぢぃぃ~」と言いながら歩くことが多かったけれど、
雪渓わきでは、冷たい風がぶわぁ~っと吹き上がってきます。
「気持ちいいぃ~」けど「あぢぃ~」なんて言いながら、歩いていくと・・・
DSC00610.jpg

オオサクラソウが待っていてくれました♪
DSC00614.jpg

しかも、キンポウゲとコラボして♪(*^^*)
DSC00619.jpg

「扇雪渓についたらチョコレート休憩ね!」と、目の前にニンジンをぶら下げたけど
案外遠かった扇雪渓。ようやく到着~。
涼しい風に吹かれながら、しばしの休憩。

雪の上では、中学生たちが、豪快に雪遊び中。
そんな様子を見ながらひと休み。パワー充電。
DSC00622.jpg

そして、中学生が出発したらば、大人の雪遊びタイム♪
IMG_0328.jpg
まずは、背中を冷やそう~。\(^o^)/

雪渓わきでは、チングルマやアオノツガザクラなどのプチお花畑。

そこで、私の心をぐわしっ!っと掴んだのが、ヒメクワガタ。
DSC00623.jpg
うすいブルーの花が、かわいいっっ!!
はじめまして。またどこかで会ったらよろしくね♪

扇雪渓を過ぎるとあらわれるチングルマロード。(*^^*)
DSC00635.jpg

をぉ、まだミネズオウが咲いてるよ!
2か月くらい季節を遡ったかのようです。
DSC00636.jpg

チングルマのお花畑の向こう側には、どど~~んと五竜岳。
もぉ、口元が、、、、緩んだまま、、、、平常に戻れなくなっちゃったよー。(^^;(^^;
DSC00638.jpg

斜面いっぱいに咲くチングルマ。
DSC00640.jpg
ふと思う。
チングルマとの初めての出会いは、尾瀬の湿原。
それまで、チングルマって湿原に咲く花なのかと思っていたけれど
こんな乾燥した、岩岩のところにも咲くんだよね。
適応能力が高いのか。
はたまた、いろんなことを気にしないタイプなのか。。。

扇雪渓を過ぎ、ひと登りで、丸山。
ここからも十分すぎるほどの大展望。(*^^*)
DSC00642.jpg

山頂には、ケルンが立っていました。
ケルンの立つ景色は、、、
やっぱり、ワクワクしちゃいます。
DSC00645.jpg

妙高・火打山方面。
山頂だけがちょこっと顔を出してました~。
また会えてうれしいよ~~!!! (^^)
DSC00643.jpg

丸山を過ぎても、まだまだ続くチングルマロード。
DSC00647.jpg
空の色も、すっかり、青い車並みのブルーになってました。

登山道わきにこれでもかって咲くチングルマ。
もぉ、スクワットが忙しいったらありゃしない。(笑)
DSC00648.jpg

ピッカピカのチングルマの果穂とミヤマリンドウ。
このあたりから、スクワットじゃなくて、再び登山道に倒れ込む。(^^;
DSC00652.jpg

そして、顔を上げれば、白馬三山
DSC00653.jpg

不帰ノ嶮   かっこいい
DSC00654.jpg

タカネヤハズハハコ
うっすらピンク色。(^^)
DSC00655.jpg

あらら、ハクサンイチゲが咲いてたよ~。\(^o^)/
DSC00660.jpg

そして、ようやく、唐松岳頂上山荘が見えてきました。
DSC00661.jpg

山荘前まで来ると、ど~~んと見えてくる唐松岳。
DSC00665.jpg

そして、正面には存在感たっぷり。剣岳。
DSC00666.jpg

頂上山荘前では、中学生の団体がお昼休憩中。
なら、団体さんよりも先に、山頂へ行ってしまいましょう~♪

今年はじめましてのトウヤクリンドウ。
DSC00669.jpg

そして、小屋を過ぎると、コマクサがたくさん咲いてました。(^^)
DSC00672.jpg

あっ、槍ヶ岳が見えたっっ!!!
DSC00678.jpg

山頂からは、大展望。いつまで見ていても飽きないほど。
DSC00682.jpg

で、白馬三山をバックに写真なんか撮ってもらう♪
DSC00686.jpg

黒部湖も小さく見えました。
もぉ、どこがなんて山なのか、、、いまいちよくわからないけど、でも
行ってみたい雲ノ平方面は、あっちの方。
来年は行ってみたいぞ~! の、針の木岳は、そっちの方。
なんて、ざっくり眺めながら、休憩タイム。
DSC00690.jpg
クリックで拡大

あ~、今、雲の上の人になってるんだな~。を実感。
DSC00695.jpg
さぁ、頂上山荘まで下りて、お昼にしましょう~。

で、雲の上のお花畑。
クモマミミナグサ
DSC00696.jpg

チシマギキョウ などなど。
DSC00698.jpg

ツガザクラ。やっぱりかわいいね♪
DSC00700.jpg

下山を始める頃、あたりはガスに包まれ始めてしまいました。

イワオウギ。この子もはじめまして♪
DSC00705.jpg

下山しながらも、もちろん、お花畑ではついつい立ち止まり。
キバナノカワラマツバ・タテヤマウツボグサ・マルバシモツケのコラボ。
とにかく、ウツボグサの紫色の鮮やかさが、とってもきれいでした。
DSC00708.jpg

そして、帰りも、八方池付近で、ミヤマムラサキちゃん~。(*^^*)
DSC00714.jpg
たくさんのミヤマムラサキちゃんに会えて、大満足♪

白馬三山は、すっかり雲の中。
DSC00715.jpg

帰りは、展望コースで。
ようやく雪解けした場所では、かわいいユキワリソウ。(*^^*)
DSC00718.jpg

さぁ、八方池山荘まで下りれば、ソフトクリームが待ってるよ~。(*^^)v
DSC00723.jpg

帰りは黒菱第3ペアリフトも使って楽ちん下山。
初めての唐松岳。楽しかった~。
DSC00724.jpg
今度は、絶対泊りで来よう。。。
日帰りできるけど、それでも、ゆっくり流れる時間を楽しみたいな。
次のプランを練り練りしながらの帰宅~。となりましたとさ。(*^^)v
2015/08/02

初めての花 初めての山

はじめまして~。
DSC00526.jpg
ノギラン

決して珍しい花ではないらしいんだけど、お初のご対面でした。
もぉ、ネバリノギランって、実は、しっかりと花を咲かすのかと思っちゃいました。
もちろん、ネバリノギランではありませんよ~。
DSC00527.jpg
いやぁ、なんで気がついたか。。。。って、ぼちぼち花を咲かせ始めた
ベランダのパイナップルリリーちゃんと花の形が似てたから。

きっと、これからは、どこかの登山道で花をつけていたら、きっと目に入るね。(^^)

もひとつはじめまして~。
イワインチン
DSC00522.jpg
この黄色い部分がにょきーっと伸びて、その上に花が咲くのかと思ったら、
これでOKなんだね。
烏帽子岳の山頂付近にたくさん咲いてました。(^^)

イブキジャコウソウと並んで、とってもきれい。
DSC00523.jpg

はじめましての湯の丸山&烏帽子岳。
昔々、峰の原高原スキー場は1度だけ滑りに来たことがあったけれど、
自分で運転してきたんじゃないと、ほぼ記憶にはなかったりするのです。(^^;

湯の丸山と言うと、レンゲツツジの印象が強いけれど、お隣の烏帽子岳と
合わせて、お花の山らしい。
連日猛暑の下界を抜け出して、ちょっとだけ秋の風を感じに、、、
登ってみましょう~。
DSC00504.jpg

紫色の花がたくさん咲くようになってくると、あ~、秋が来るんだな~。
そんな気持ちいなっちゃいます。
DSC00505.jpg
いや、、、
秋の「あ」の字も感じないほど、汗びっしょりなんだけどね。(^^;

ヤナギランは、青空に向かって思い切り背伸びをしていました。
DSC00508.jpg

コキンレイカもあちこちに♪
DSC00510.jpg

この間五竜へ向かったときは、佐久ICからずっと、槍ヶ岳が見えていた程なので
今回も山頂からの展望は期待してました~。
DSC00516.jpg
・・・が、残念でした~。(T_T)

青空のもと、南峰と北峰を結ぶ気持ちのいい稜線を歩けたら、
それだけで上機嫌だけどさー♪
DSC00520.jpg

岩の上に座ってひと休み♪
結局、この日は、遠くの山々は一度も姿を現してはくれませんでした。
DSC00521.jpg

湯の丸山から鞍部までは、約30分の激下り。
もぉ、膝が笑っちゃうほど。
その後は、ゆるゆると烏帽子岳へ向かって上っていきます。

稜線に上がれば、そこは、大好きなお花畑♪

ナデシコ&湯の丸山
DSC00531.jpg

烏帽子岳まであと700mの看板を見た時は、いよしっ、あそこが頂上だ~。
なんて、かすかな期待をしたけれど、そこは残念偽ピーク。
目指す烏帽子岳は、、小烏帽子岳の、その向こう側でした。(^^;
DSC00532.jpg

ピンクの花園&湯の丸山
DSC00533.jpg

カラフルな花園&烏帽子岳
DSC00534.jpg

烏帽子岳の山頂からも、この日は、心の目でしか北アルプスを眺めることは
できませんでした。
時々、雲の切れ目から、山の麓の街並みが見えました。
DSC00537.jpg

イブキジャコウソウの香りの漂う山頂で、お昼ご飯を食べたら、
ソフトクリームを励みに下山。
DSC00539.jpg

をぉぉぉぉぉ!!!
この家の屋根の右半分に落ちた雨のしずくは太平洋へ。
左半分に落ちた雨のしずくは日本海へ。
DSC00559.jpg
なんか、壮大なロマンを感じてしまいました~。