2016/02/28

今年シーズン最後のガトーショコラ!? 黒斑山~蛇骨岳

今年も、ゼブラ模様の浅間山に会いたくて、黒斑山。
予想以上に、春が駆け足でやってきているので、美しい霧氷の森を
歩くのは無理かな~? と思っていたけれど、美しい景色たっぷりな1日
となりました♪

高峰高原ホテルでトイレを借りたら、景色を楽しみながら表コースで。(^^♪
穴の中を覗くと、ひらひら。もふもふ~。
DSC03028.jpg
みんな、サクサクと登っていくってのに、初っ端からゆるゆると。

車坂山まで来ると、目の前に、霧氷の森!!!
しかも、大好きなカラマツの繊細な枝先に、びっしりと霧氷。\(^o^)/
DSC03031_2016022922420126b.jpg

黒斑山の斜面には、びっしりと、やさしい雰囲気で
クリスマスツリーが並んでます。(^^)
DSC03034.jpg
去年は、霧氷ゼロだったので、もう、この景色だけで十分
テンション↑↑です。

どこまでも続く霧氷の登山道。
もう、口元緩みっぱなし。(*^^*)
DSC03043.jpg

振り返ると、湯の丸山&烏帽子岳。
北アルプス眺望日和の時に、登りに行きたいな~。(^^)
DSC03044_20160229224204707.jpg
ホントは、この方向にど~んと北アルプスの山並が見えるはずだけど・・・
この日は、春霞の1日。
北アルプスどころか、八ヶ岳も見えませんでした。

でも、このモフモフの登山道。
ちょっぴり感じていた残念な気持ちは、どこかに吹っ飛んでました。
DSC03050.jpg

まだ着かないのかな~。と思い始めた頃、ど~んと見えてくる浅間山。
思わず「わぁ!!!」と声が出てしまう瞬間です。(*^^*)
DSC03052_20160229224344a37.jpg

槍が鞘まで来ました。
浅間山の展望台です。
DSC03054_20160229224345092.jpg

思わず、喜びの舞をしたくなっちゃうような展望。
IMG_0038.jpg
強風を心配してきたけれど、ここまでは、風も静か。
さて、一休みしましょう~♪

粉砂糖をたっぷりまぶしたガトーショコラのような浅間山を眺めながら、
粉砂糖をたっぷりまぶしたガトーショコラをいただく。
DSC03055_2016022922434771c.jpg
ガチで節制中ですが・・・(^O^;

でも、どーーしても、コーヒーゼリーのような浅間山になる前に、
これがしたかったのさ。(^^;

さて、トーミの頭まで登りましょう。
DSC03056.jpg
トーミの頭は、お約束のように強風。
でも、雄大なその景色を眺めている間は、寒さなんて、感じな~い。


山頂までは、もうちょっとだけど、その前から、うひゃひゃ~な、大展望♪
DSC03063_20160229224728a1d.jpg

霧氷のトンネルをくぐって、山頂を目指します。
DSC03070_20160229224731662.jpg

もう、鼻歌でも歌いたくなっちゃう気分だね。
DSC03074.jpg

秋には、あのあたりを歩いたんだよな~。。。
また、草すべりを降りて、あのカラマツ林を歩きたいな。
DSC03079_20160229224734d0d.jpg

黒斑山の山頂では、たくさんの人が休憩中。
写真を撮ったら、その先に進みましょう。
DSC03081_20160229224839e32.jpg

黒斑山を過ぎると、歩く人はぐっと少なくなります。
雪の多い年(いや、例年は・・・かな?)は、ワカンやスノーシューがないと厳しい
黒斑山から先。。だけど、この日は、アイゼンだけで十分、
豪快にくっつく霧氷の森を抜けると・・・
DSC03085_20160229224841c24.jpg

めちゃめちゃ気持ちのいい雪の稜線。
DSC03090.jpg

そして、ずっと、ずっと浅間山と一緒。
DSC03093.jpg

黒斑山から約30分。
蛇骨岳の山頂が見えてきました。
DSC03097.jpg

蛇骨岳まで来ると、ど~んと広がる嬬恋側の眺望。
お隣の四阿山・根子岳も霞んでいます。
DSC03099.jpg
秋の時は、嬬恋側は一面雲海だったので、こんな風に見えるんだぁ~。と、
またまた感激。

山頂で一緒になった、ノリノリなお兄さんたちに写真を撮っていただいたら・・・
DSC03103_20160301004403655.jpg
そのお兄さんたちお勧めの、眺望ポイントに行っていましょう~。

あっ、富士山!!!
DSC03105_20160229224941567.jpg







のような雲。(^O^;



めちゃめちゃ風が強かったけれど、その雄大な景色に、同じような写真を何枚も撮って、
ノリノリだったお兄さんたちを見習って、大撮影会。(^O^;
DSC03109.jpg

DSC03111.jpg
                      我ながら…アホだねぇ。(^^;(^^;

蛇骨岳からの眺望に大満足。
往復1時間だけど、足を伸ばしてみてよかった~♪
DSC03119.jpg

雄大な景色を楽しみながら、気持ちのいい雪の稜線を戻りましょう。
DSC03121.jpg

途中、景色のいいところでランチタイム。
今日のおかずは、こんな景色でした。(*^^*)
DSC03126_20160229225211248.jpg
風が当たらなければ、氷点下の気温でも、寒さは感じないほど。

立ち枯れた木が目立つこのあたり。
北八ッの雰囲気。
DSC03129_201602292252132c5.jpg

そして、モフモフの森再びで、黒斑山までは、あっという間。
DSC03130_20160229225215cf3.jpg

下山は、中コースで。
ずっと樹林帯を下って、一瞬だけ視界が開ける場所が。
DSC03135.jpg
いやね、過去2回は、下山も表コースだったので、中コースを歩くのは
はじめて。。。でした。(^^;

途中、、、雪がないっっ!!
DSC03136.jpg
中コースでの下山は、あっという間。
霧氷の森と浅間の眺望に大満足の1日となりましたとさ。
スポンサーサイト
2016/02/26

梅は咲いたか 桜はまだかいな

。。。って、桃の花にすごく失礼だな~。と思う。(笑)

那珂湊のお寿司に釣られて、偕楽園~。
2月20日から梅まつりが始まってます。
満開・見頃の頃に行かないところが、なんとも私らしいな。(^O^;;
DSC03007_20160226014246133.jpg
でも、白から濃いピンクまで。
まだまだボリュームは足りないけれど、古い木にたくさん蕾をつけた
梅の木をぐるっと見て回る。

八重咲きがかわいいね~。
DSC03009.jpg
とか、

色は、こんなのがいいよね~
DSC03010.jpg
とか。

形は、こんなのがいいな~
DSC03011.jpg
とか

枝垂れ梅ってよくね?
DSC03024_20160226014251464.jpg
なんて話をしながら。

それにしても、この日は、とっても空気の冷たい1日でした。

せっかくなので、好文亭にも。
DSC03015_20160226014353b0b.jpg

立派な建物と、そこから見える素敵なお庭を楽しみながらぐるりと。
DSC03017_2016022601435424e.jpg

ひとつひとつのお部屋にあった、立派な襖絵もステキだったな~。
DSC03019.jpg

ちょっとだけ、心落ち着く空間でした。(*^^*)
DSC03020_201602260143574fe.jpg

あたりに漂う梅の香り。
まだまだ春爛漫。。。には、早すぎるけれど、でも、春。先取りの1日~。
DSC03023.jpg
夜には、雪が降ったけどさ。(^O^;;

あぁぁ、宝登山で「大吉」のおみくじを引いたから、
今年は、もう、おみくじはひかないぞ!って思っていたのに、
トンボ玉に惹かれて、思わずおみくじ、、また引いちゃいました。(^^;
DSC03004_2016022601444216c.jpg
どうやら、今年は、やっぱり周りの人に恵まれていい年になり
思いがけない金運に恵まれる。そんな年ならしい。(*^^*)
2016/02/23

超うれしいメール

あぶない。あぶない。
うっかり、見落とすところでした。(^^;(^^;(^^;(^^;
DSC02947.jpg
BUMPさんのスタジアムツアー。
1次先行でチケット、手に入っちゃいました。(*^^*)
あ~~~、これで、この先しばらくは、何があっても元気に過ごせそうだわ。(^^;

これで、この夏のフジロックは、回避できたな。(笑)
海の日絡みの三連休初日。ライブに行ってる場合なんだろか。。。って気はするけど。(^O^;





それにしても、寒暖の差が激しいなぁ。。。と思いながらも、お出かけついでに花見。
ピンクと黄色の組み合わせって、思いっきり春っぽいなぁ。って、
勝手に思っています。(*^^*)
DSC02982.jpg
空気はひんやりでも、日差しは日に日に強くなってきてるね。

まんずさく。
DSC02950.jpg
マンサク

かわいく咲きまくるセツブンソウ。
DSC02986.jpg

をぉぉぉぉ、水滴きらりんちゃんだ。ヽ(^o^)丿
DSC02970.jpg

おやおや。まだ2月だってのに、アズマイチゲ咲いてるしっ。(@_@;)
DSC02991.jpg

次は、新潟で会いましょう。(*^^*)
DSC02997_20160222135028028.jpg


天気も気温もめまぐるしく変わるってのは、春が着々と近づいてきてる
証拠なんだよね。
DSC03001.jpg
春は、始まりの季節~♪
2016/02/19

春が来た~ は~るが来た  どこに来た~♪ 

三毳山公園に来た~♪  (2月18日)
DSC02881.jpg

湿性植物園では、ザゼンソウがにょきにょきっと顔を出し
DSC02879.jpg

林の中では、可憐にセツブンソウ
DSC02878.jpg

福寿草は、ばっちり見頃
DSC02891.jpg

水仙は、甘~い香りがしました。(*^^*)
DSC02894.jpg

小鳥たちのさえずりも賑やか。(^^)
DSC02884.jpg
                     ジョウビタキ?

でも、この子たちが、なんて名前かは、知らないのよねぇ。(笑)
DSC02890.jpg
ツグミ だそうです。
               mimozaさん ありがとうございました♪

1月22日には2株しか咲いていなかった雪割草。
DSC02899.jpg

この日は、花数もずいぶん増えていました。(^^)
そして、色も、カラフル~♪
DSC02900.jpg
・・・って、白×ピンクしか撮ってないぢゃん。。。と、自分に突っ込みを入れる。(^^;(^^;


柿平に来た~♪  (2月19日)
DSC02910.jpg

びっしりと敷き詰められた落ち葉をかき分けて、にょきっと顔を出すセツブンソウ。
ひゃぁ、かわいすぎっ!!!
DSC02907.jpg

目覚めたばかりの春の妖精。
思いきり地面にひれ伏して、そのお顔を覗き込んじゃうよ~。
DSC02912.jpg

パッと開ききるまでもうちょっと。
DSC02925.jpg

開いたっっ!!\(^o^)/
DSC02915.jpg

柿平のセツブンソウの群生地のいいところ~。
ロープで囲われた中だけでなく、すぐ足元にも、当たり前のように
セツブンソウが咲いているところ~。(*^^*)
DSC02916.jpg

まだまだ咲き始めなのかな? って思っていたら、ロープの中では、
たくさん咲いていましたよ~。
DSC02924.jpg

こんなわしゃわしゃ咲いていたら、嬉しくなっちゃうね。(^^)
DSC02934.jpg

平日のお昼前だってのに、ひっきりなしに、たくさんの人が訪れ、
そして、地面に倒れ込んでいました。(^^;
DSC02933.jpg

顔を上げれば、青空に梅の花~。
甘~い香りが漂ってました。(*^^*)
DSC02937.jpg

そして、帰りには、新井屋の「味噌プリン~」(*^^*)
DSC02941.jpg
しっ、、しまった。
今、ガチで節制生活を送っているんだった。(^O^;
                                 


               まぁ、食べちゃったものは、仕方な~い。ε===へ(;^^)ノ


私の鼻にも~ 来た~♪(ノД`)・゜・。
これからしばらく続く、憂鬱な毎日。(T_T)



ついでに、こんなんも来ました。(*^^)v
DSC02875.jpg
2割引きセール中に、思わずポチッとしてしまった、ワンルームの別荘。(^^)

部屋の中で立てて、その中でお昼寝をしてしまう。
まるで、子供だなぁ。(^^;(^^;(^^;
DSC02874.jpg
さぁ、白馬大池の畔で、ハート形の雪渓を見ながら、チングルマに囲まれて眠る夢。
花咲く季節か、紅葉の涸沢で、朝焼けに輝く山々を眺める夢。
雷鳥沢で満点の星空を眺めて、翌日は立山再び♪の夢。
高谷池の畔で、ハクサンコザクラに囲まれて眠る夢。   叶うかな~♪

「いよしっ、今年のフジロックは泊りで参戦だぁ!!」 と、妙に盛り上がってるめぐやん。
夏フェス仕様にされてしまうのは、嫌ぢゃぁぁ。(^O^;;;

2016/02/11

雪をかぶった火打山を見に行こう♪ @根子岳

文句なしの晴天予報。
BUMPの新しいCDも仕入れて、約3時間の熱唱タイムの後、
菅平 奥ダボススキー場の駐車場へ。
今年も、リフトに乗って、楽々北アルプスの展望台。根子岳へ~♪

リフトから降りると、、ぐるっと北アルプス。
スキー教室に来ていた中学生たち。
インストラクターのお兄さんに「あの山々は、北アルプスだよ」と教えられると
「へぇ。北アルプス山脈だって~」と。
DSC02731.jpg
そのやり取りが、妙にかわいかった~。(*^^*)

目指す、根子岳はこっち!
今年は、スノーシューで。
DSC02733.jpg
私のスノーシューは、山岳モデルではないけれど、
それで、ほぼ、問題なく行けちゃいます♪
山頂直下、数メートルだけ、頑張れ私! で。

スノーキャット(雪上車)が、スキーヤーを乗せて登っていきました。
例年は、山頂の手前まで運んでくれるスノーキャット。
今年は、雪不足で、中腹まで。
DSC02741.jpg

パフパフの雪の上を、わし わし わし・・・と歩きます。
踏み跡をたどれば楽なのに、わざわざ新雪の上を。(^^;
DSC02766.jpg
えぇ。さっきまでは、BUMPさんの曲を熱唱だったけど、
なぜか、今度は、水戸黄門の歌を唄いながら・・・。

                 人生楽ありゃ 苦もあるさぁ~♪ と。(^^;(^^;(^^;

時々、笹が茂っているような場所では、思い切り雪を踏み抜いて
膝くらいまで、ズボッとはまります。

あぁ、モフモフちゃん。かわいいな~。
DSC02743.jpg

見上げれば、青と白の世界。
DSC02745.jpg

振り返れば、白い峰々。こちらは、穂高方面。
DSC02762.jpg

槍ヶ岳。あ~~~っぷ♪
DSC02747.jpg

白馬方面は、ひときわ白いっ!!
DSC02763.jpg

そして、すご~~く楽しみにしていた、頸城山塊。
一番左の高妻山がかっこいい!
そして、その右の白い山が雨飾山?
手前に黒姫山。
焼山からは登る水蒸気もくっきり。
その右に、真っ白な火打山。あ~、あの美しい景色は、今頃は白一色の世界なんだろな~。
一番右が、妙高山。今度は、火打と妙高。セットで登りたいな~。
DSC02764.jpg
真っ白なお山を見ながらも、心は、高谷池の畔のハクサンコザクラちゃん~。

足元には、風の足跡。
風の足跡は、いろんな形。
DSC02768.jpg

真っ青な空に、リトルモンスター。
スキーの人も、登山の人も、誰も急いでいません。
目の前に広がる景色。そして、振り返って見える景色を楽しみながら
の~~んびり登っていきます。
DSC02771.jpg

だって、振りかえれば、この展望だものね。(*^^*)
DSC02758.jpg
蓼科山~南アルプス~霧ヶ峰~美ヶ原(その後ろに中央アルプス)~御嶽山~乗鞍岳~霞沢岳~穂高連峰~大キレット~槍ヶ岳~双六岳~燕岳~水晶岳とか薬師岳とか~針ノ木岳~立山~剣岳~鹿島鎗ヶ岳~五竜岳~唐松岳~白馬槍ケ岳~白馬岳~小蓮華岳~雪倉岳~乗鞍岳~朝日岳~戸隠~高妻山~黒姫山~焼山~火打山~妙高山
・・・と並んでいるらしい

今日も、ホテル青い車並みの青空には、感謝だな。(^^)
DSC02776.jpg

リトルゴジラは、何を見てるんでしょう。(^^)
DSC02778.jpg

山頂直下は、モンスター一族。
DSC02779.jpg

ストックでちょんとつつくと、ハラハラと雪が落ちてくるほど、
モフモフ。パフパフのモンスター君。
DSC02782.jpg

そして、リフトを降りて3時間。ようやく山頂。
途中、どれだけ遊んでたんでしょう。(^^;(^^;
(ちなみに、去年は2時間で山頂についてます。そんな距離です(笑))
DSC02784.jpg
それにしても、山頂の雪。少ないです。
去年、3月の中旬に登ったときは、祠の土台部分は雪の下。→こちら

鐘の向こう側は、志賀高原から草津白根。
DSC02785.jpg

左の白い頂が、日光白根。右のド~ンと大きいのが男体山。
やっぱり日光のお山が見えると嬉しい♪
DSC02787.jpg

鹿沢とか湯の丸スキー場の向こうにうっすらと富士山。
肉眼では、もっとはっきり見えました。
思ったより近くて、思ったより白くなくてびっくり。
DSC02790.jpg


四阿山の脇から、ちょこんと見える浅間山。
時間によって、ほとんど噴煙の上がっていない時間もあれば、モクモクと
噴煙が立ち上る時間も。
DSC02801.jpg
そんなのがおもしろくて、まったり。のんびり。

四阿山の山肌もとってもきれいだしね~♪
DSC02805.jpg

草津から志賀高原も、雄大な感じ~。
横手山のアンテナも見えました。(^^)
DSC02806.jpg

左の白いお山が谷川。右が武尊。
そして、その間っこには、至仏山と燧ケ岳。
DSC02807.jpg
見える。見える。あっちもこっちも~。

そして、セルフ撮り。
スノーシューを履いていると10秒間での移動はちょいと慌ただしい。(^^;(^^;
DSC02794.jpg


で、名残惜しいけれど、北アルプスを見ながら、下山~。
DSC02811.jpg

それも、またまた、踏み跡のないまっさらな雪の上をバフバフと。
DSC02812.jpg

午後になっても、快晴の空は、変わりませんでした。(^^)
名残惜しくて、何度も振り返りながら…
DSC02824.jpg

で、程々のところまで下りてきたら、北アルプスめがけて、一気に。。ねっ。(^^;
DSC02822.jpg

ずずずずず~~~~~~っと。
DSC02827.jpg
ビビリな私は、あっちで転んで、こっちで転んで。
歩いて降りた方たちの方が、よほど早く下山していた。。と。

去年は、ゲレンデの中もヒップそりで降りたけれど、今年は、お子供さんの
視線が痛かったので、リフト脇を歩いて下山。

大展望の根子岳。今年も、とっても楽しい1日でした。(*^^*)
DSC02828.jpg
帰りは、軽井沢の「沢屋」でジャムを仕入れて下道で帰宅。
碓井バイパスでは、バスの転落事故の現場がまだ、生々しく。
犠牲になったのが、息子と同年代の子たちだ。。と思うと、やっぱり胸が痛むね。
2016/02/04

雪をかぶった会津駒が岳を見に行こう♪ @ 黒檜山

愛しの会駒さま~。真っ白になってました。(*^^*)
DSC02687.jpg

志賀高原~苗場山~仙の倉山~万太郎山~谷川岳~白毛門~朝日岳~巻機山~武尊山~至仏山~景鶴山~燧ケ岳~会津駒が岳~黒岩山~奥白根~皇海山~男体山


そう言えば、今シーズン。雪をかぶって、真っ白になった会津駒が岳を見てなかったな。。と、
赤城の黒檜山へ。
標高1000mを超えた頃から、道路は所々で凍結。
ビビリな私は、途中でチェーンを巻きました。

スタートは、おのこ駐車場から。
今日も、黒檜山-駒が岳周回です。
DSC02623.jpg

黒檜山登山口は、こんな。
大雪が降った直後は、股下ラッセル。。なんて話も聞いていたけれど、
もう、すっかり雪もしまって、サクサクと伝わる感触がとっても気持ちがいい。(^^)
DSC02625.jpg

途中、穴を覗くと、トゲトゲ~。
DSC02630.jpg

そして、ヒラヒラ~。
DSC02634.jpg
初っ端から、こんな感じで引っかかり、ちっとも前へ進みません。(^^;

顔を上げると、地蔵岳の隣に富士山!!
雲の上に、富士山のてっぺんがちょこんと。(^^)
DSC02638.jpg
頭を雲の上に出し~♪
・・・富士は日本一の山~♪ と、地味に、頭の中をぐるぐると。(^^;(^^;

大沼。そして、赤城神社が、ずいぶん下の方に・・・
どうやら、地蔵岳よりも高いところまで登ってきたようです。
DSC02639.jpg

あれあれ~。
真っ白な黒檜山を見ながら、霧氷のトンネルをくぐり行く予定だったのに
霧氷の「む」の字もありません。(^^;(^^;(^^;    (ノД`)・゜・。
DSC02640.jpg

をぉぉぉ~~~~い。霧氷はどこ行ったぁぁ???
DSC02642.jpg
足元を見ると、そぼろ状の霧氷の欠片がたくさん落ちていました。
あぁ、、早起きできた人だけが見られたのね。。。と、いつもながらの朝寝坊を
ちょっぴり後悔。

でも・・・
駒ヶ岳との分岐から先。山頂に向かって広がるのは、とっても優しい雰囲気の
霧氷の森~。(*^^*)
DSC02652.jpg

真っ青な空に、繊細な枝先。あぁぁぁ、きれいだなぁ。
DSC02654.jpg
山頂まではもうちょっとだってのに、すっかり立ち止まってしまいました。

うひゃひゃひゃ~って、笑いが止まらなくなっちゃう。。そんな感じでなく、
静かに、静かに、そこにいる時間を大切に感じたいなぁ。って思うような
素敵な霧氷の森。
DSC02660.jpg
もぉ、たまりません。(*^^*)

そして、山頂♪
空にかかる薄雲までもが、白い霧氷のアクセントになっているかのようです。
DSC02662.jpg
さてさて、お楽しみのビューポイントに行ってみましょう♪

中央に皇海山。
その右に、大真名子や女峰山&男体山。
DSC02663.jpg

ここ最近の、すっかりお気に入り。
連なる山々の向こうに、ぽっかりと筑波山。
DSC02664.jpg

山頂から、普通に歩けば2分で着くというビューポイントまで、
なかなかたどり着きません。(^^;
DSC02665.jpg

あぁ、ズボズボと雪原を歩いて、霧氷の森の中に入ってみたいな~。
でも、離れたところから見るだけで、そっとしておきたいな~。
これは、いつも悩むところ。
DSC02668.jpg

今日も、青空に感謝!!
DSC02671.jpg

良く晴れた日。
さぁ、ビューポイントからの展望を楽しみましょう♪

真っ白な、谷川連峰。
DSC02676.jpg

で、楽しみにしていた、燧ケ岳&会津駒ケ岳。
着いた時には、ちょっと雲がかかっていた会津のお山。
お昼ご飯を食べ終わる頃には、すっかりその姿を見せてくれました。(^^)
嬉しいぃ~☆
DSC02686.jpg

左から、笠が岳~至仏山~景鶴山~アヤメ平~燧ケ岳
花の笠ヶ岳。かわいいミヤマムラサキちゃんは、今頃、雪の中~♪
DSC02688.jpg

浅間山~浅間隠山~湯の丸山~雲がかかってるけど、北アルプス。
DSC02698.jpg

青空グラデーションもとってもきれい。
DSC02694.jpg

風もなく、ホントに穏やかな山の上。
雪面ヒラヒラ~。
DSC02699.jpg

霧氷の森の奥は、雪化粧の山々。そして、その奥が日光のお山。
きれい。きれいすぎです!
DSC02702.jpg
いつまでも眺めているだけで楽しい気持ちになっちゃう、大展望台。
気が付けば、1時間以上まったりしてしまいました。

枝先、もっふもふ。
DSC02710.jpg

猛烈に名残惜しいけれど、ぼちぼち下山しましょう。
DSC02713.jpg

帰りも、霧氷の森に癒されながら。
DSC02715.jpg
ホント、名残惜しくて仕方ありません。(^^;(^^;(^^;

黒檜大神。
今年は、鳥居はこんなに出ています。
大雪だった年は、この鳥居が埋まってしまったそう。
周りの山もそうだけど、やっぱり今年は雪は少なそうです。
DSC02717.jpg

木々の陰も、ずいぶん伸びてきました。
DSC02721.jpg

雪庇の稜線を歩いて、駒が岳経由で下山~。
DSC02727.jpg
のんびり雪遊びをしつつ~の、5時間のお遊びタイムでした♪