2016/05/31

尾瀬でお花見 極楽キャンプ (つづき)

風もなく、静かな夜。
フクロウの鳴き声でも聞こえてきたら最高なのになぁぁぁ。なんて
思う間もなく、爆睡。(^_^;)

ちょっぴり肌寒くて何度か目が覚める。
1時頃、テントの外に出てみると、びっくりするくらいの星空。
しばし外で過ごすけれど、やっぱり寒くてテントの中へ。
シュラフにくるまりながら、しばらく星空を眺める。。。

がっ、すっかり冷えてしまったので、くにさんに恵んでもらったカイロを
腰に貼って、またまた爆睡。
カッコウの鳴き声で目を覚ます、贅沢な朝~♪

DSC05647.jpg
空は、思ったほど焼けませんでした。

見晴休憩所の前に設置されていた温度計。
3度を指していました。
DSC05649_20160531221248c41.jpg

霜が降りるほど冷え込んだ朝。
日の出後には1度まで気温が下がったそうです。
DSC05655_20160531221250505.jpg
テントに戻って朝ごはん~。
あったかい飲み物がしみるわぁぁ~。
せっかく飲もうと思って持ってきた野菜ジュースは、さすがに飲む気には
なれませんでした。

朝食後、再び、湿原を徘徊。(^^;

をぉ、水滴きらりんちゃんだぁ。\(^o^)/
DSC05656.jpg

漂っていた朝もやは、どんどん晴れていき、青空が広がります~。
DSC05660_201605312212538fc.jpg

まるで、先導してくれてるみたいに、ずっと私の前を歩いていた鳥っ!
DSC05664_201605312213500cf.jpg
ところが、なかなか、そのかわいい顔を見せてくれないのよねぇ。

水も滴るワタスゲ。
DSC05666.jpg

振り返ると、湿原は、きらっきらに輝いていました。
DSC05669.jpg
う~ん、すがすがしい朝だ♪

テントを撤収。7時にテン場出発。
微妙に荷物が増えたような気がするのは、なぜだ!?
ちっとも、荷物が軽くならないのは、なぜだぁ!? (^_^;)
DSC05674.jpg

開き始めたズミの花。ピンクの蕾のかわいらしさに、
「うひゃぁ、きれい~」と、盛り上がり。再び♪
DSC05676.jpg

途中、温泉小屋に泊まった人たちとすれ違いますが、赤田代付近は
静かなものです。
DSC05684.jpg

美し~~い新緑の森の中で、休憩~。
DSC05688.jpg

ツバメオモトロードが始まると、森の貴婦人のお住まいまではもうちょっと。
DSC05693.jpg

咲いてた~~~~っっ!!
DSC05697.jpg
トガクシショウマ。

おととしは6月初めにフレッシュ貴婦人に対面。
6月中旬ごろまで咲いていたレコを見ていたので、まさか、
5月下旬には、もうほぼ終盤。。。というのは、想像すらできませんでした。
DSC05706_20160531221448b0a.jpg
斜面いっぱい・・・
葉っぱは巨大化。種がたくさん。(笑)

でも、とりあえず、見られてよかったよぉぉ~。
…と、歩いていくと、トガクシショウマ。再び♪
DSC05718.jpg
ひゃぁ。こちらは、さっきよりも花がたくさん!!!

どうやら、おととし訪れた時は、手前に咲いていたトガクシショウマに
大満足で、もう一つの大きな群落まで見に行かなかったようです。(^^;
DSC05721.jpg
尾瀬沼ヒュッテですっかり終わっていたトガクシショウマには、ビビったけど、
森の貴婦人に会えて、ほんと。よかった~。\(^o^)/

大満足で、御池に向かいます。
それはそれは、美しい森の中を歩いて・・・
DSC05725.jpg

シボ沢大橋からは、まだ雪をかぶった平ヶ岳がよ~~~く見えました♪
DSC05728.jpg

深い森の中に、ちょっとだけ人工物。
とっても立派なつり橋です。少しだけ揺れるけどね~。(笑)
DSC05730.jpg

をっ、マンモスだっ。(@_@;)
DSC05742_20160531221618bef.jpg

花の少ない森の中では、ただ黙々と歩いていた二人。
花咲ロードが始まると一気にテンションが上がる。(^^;
DSC05746_201605312216206ea.jpg

燧裏林道は、樹林帯と小さな湿原が交互に。
その小さな湿原では、それぞれ雰囲気が違う美しさがありました。
DSC05754.jpg

ぷっくりチングルマもかわいくたくさん。
チングルマ大好きな私。
15キロ背負ってたって、思わず木道に倒れこんじゃいますよ~。
DSC05758.jpg

燧裏林道で一番大きな湿原。上田代で最後の休憩。
いや、御池まで休まずに歩けちゃう距離だけど、どうしても、
やりたかったことが・・・
DSC05767.jpg

越後のお山を眺めながら・・・
DSC05769_201605312217125ce.jpg

じゃがりこピザ~♪
DSC05771_20160531221714176.jpg
なかなかチーズが溶けずに、でも、じゃがりこが焦げてきちゃって焦ったけれど
おいしくできました~。!(^^)!

最後まで、花撮りスクワットを楽しみ
DSC05772_20160531225903eef.jpg

DSC05773.jpg
で、上田代は、びっくりするほどヒメシャクナゲが生えていました。
花が咲き揃ったら、それはそれは見事だろうなぁ。

平ヶ岳。。。。鬼のように延々と続く稜線。(@_@;)
DSC05775_20160531221718c1a.jpg


御池の駐車場についてしまうのがすごく惜しかった帰り道。
DSC05776_20160531221804600.jpg

花たちと、すがすがしい景色に囲まれたテント泊デビュー。大成功。
くにさん。ありがとうございました~。
DSC05777.jpg
もぉ、尾瀬で一番コスパのいい、富士見下in-outで、
毎週見晴テント泊でもいいかも~。(笑)
スポンサーサイト
2016/05/30

尾瀬でお花見 極楽キャンプ

テントを買った。
ザックも買った。                    満足した。(^^;(^^;(^^;

放っておいたら、そのままテントがお蔵入りしそうな気がしたので(^^;
くにさんに同行をお願いして(引きずり込んでとも言う)尾瀬でお花見~♪

御池-尾瀬沼-白砂峠-見晴(テント泊)
見晴-燧裏林道-御池    そんなプラン。
最大の目的は、まぁ、テントでお泊り。なんだけど、
お楽しみは、森の貴婦人。トガクシショウマに会うこと~。
はじめ、三条の滝にも行く!なんて、欲張りプランもあったんだけど
遊びすぎて、三条の滝巡りはパス。

前日、車中泊の予定で21時過ぎに家を出る。
駐車場で会った近所のおじさんに「何。夜逃げ?」と、でかザックを見て
からかわれる。(^O^;

山王トンネル手前で・・・
をぉぉ、ぞろ目だっ。(@_@;)
DSC05453.jpg

で、祝10万キロ。
まだまだ、これからもいろんな所へ行こうね~♪
DSC05454.jpg
0時40分。御池着。駐車場で車中泊。
車載の温度計で、外気温3度でした。
う~ん、シュラフカバー持ってこなかったなぁ。カイロも持ってくれば良かったなぁ。と
ちょいと夜が不安になってくる。

30分おきに出ているものだと思っていた、沼山峠行のシャトルバス。
この日は40分おきでした。
そんなわけで、予定より早く準備が整ったところで、6:40のシャトルバスで
沼山峠へ~。

それにしても、尾瀬でテント泊。これから同じ行動をしますよ~。ってのに、
この荷物の量の違いは、何っ!?!?  (翌朝、テン場で撮影)
DSC05673_20160530232617f37.jpg
くにさん、30Lザックで、荷物8キロ。余裕があったから、サーモス持ってきたと。
私60リットルザック。荷物15キロプラスα。もぉ、パンパン。(笑)

まぁ、尾瀬だから・・・(^_^;)

おそらく、ずんずん歩かないだろうぁ。とは思っていたけれど、案の定
さっそく引っかかる。
これ、な~~~んだ。(^^?
DSC05455.jpg
あまりにかわいらしい葉っぱたち。
広げて、中をのぞいて、引っ張って・・・

へぇぇ!! の、大発見。
もぉ、プライスレスのネイチャーガイドさんと歩いているかのようです。(笑)

今年お初のミツバオウレン♪
DSC05458 - コピー

フレッシュなサンカヨウ。
DSC05459_20160530231105df9.jpg
NGワードに「きゃぁ、かわいいっ!」と「ひょえ~~!!」が入っていたら、
確実に罰ゲームのオンパレードになれそうです。

初めて15キロの荷物を背負って歩いて、、、
どうなることかと思ったけれど、割と順調に大江湿原。
まぁ、尾瀬だから。(笑)
DSC05470_20160530231158d47.jpg
モフモフ直前のワタスゲは、ちょっぴり汚れたうさぎのしっぽみたい。

長蔵小屋のお庭には、シラネアオイ。
「ちょっと遠いなぁ」なんてぶつぶつ言いながら写真を撮ってたら
「こっちの方がよく咲いてるよ~」と、小屋のお兄さんが教えてくれました。
DSC05481_20160530231159b99.jpg

さて、今回の尾瀬行の目的の一つが、トガクシショウマを見ること。
保険をかける意味で、尾瀬沼ヒュッテのウッドデッキを見に行くと・・・
咲いてないっ。終わってるっ。(@_@;)
尾瀬ヶ原よりも標高の高い尾瀬沼で咲き終わってるって。。。
大丈夫なのか? と、相当不安になる。(^O^;

まぁ、気を取り直して、尾瀬沼越しの燧ケ岳~。
対岸の浅湖湿原もだんだん緑色に。周りの木々もとってもきれいです♪
DSC05486.jpg

をぉ、スミレなのに、妙にでかいっ!
オオバタチツボスミレ。
花の中の紫色のラインが何とも素敵な感じ~。
テンション、、上がります。
DSC05489.jpg
荷物背負ってると、花撮りスクワット。
しゃがめるんだけど、立ち上がるのに一苦労。(笑)

夏になると一面ニッコウキスゲが咲くあたり。
今は、ホントに木々の新緑が美しい。(^^)
DSC05493.jpg

今年は、雪解が早く、ミズバショウの開花も早かったそうですが、
その後の遅霜で、湿原に咲くミズバショウは大打撃。
でも、林の縁では、真っ白に並んでいました。
DSC05497.jpg

撮ります。撮ります。
こ~~んな感じで。
DSC05499.jpg
時には、ザックを放り投げて。(笑)

足元には、ミヤマスミレ~。
私には、わかりません。(^^;(^^;(^^;
DSC05502.jpg

コミヤマカタバミ。かわいいね~。
なんて言いながら、たまには歩きます。
DSC05504.jpg

ムラサキヤシオの子のピンクは、大人のあでやかさよね~。
銀座のおねーちゃんかぁ!? とか言いながら、楽しくお花見。
DSC05508.jpg

ナデッ窪に雪がないっ! って燧ケ岳を見上げ
DSC05509.jpg

ちょこんと至仏山が見えてきたら、、、
DSC05512.jpg
大好きな沼尻までは、もうちょっと。

ただね、、大好きな、この池糖越しの景色の先に、
沼尻の休憩所がないのは、ちと寂しい。
DSC05518_20160530231543d61.jpg

休憩所跡では、たくさんの人たちが休憩中だけれども、
この池糖周辺を歩く人はほとんどいません。
実は、お花がたくさん咲いてるんだけどね~♪
DSC05520.jpg
咲き始めのヒメシャクちゃん。色。濃いね~♪

で、実は、ここから見える景色って、休憩所跡から見る景色よりも
ちょっぴり素敵な感じなのよ。(かなり、推しポイント♪)
DSC05521.jpg
新緑に囲まれたトイレの建物すら、素敵に見えてきちゃう♪

で、足元は、チングルマのつぼみ。
手毬みたい。(*^^*)
DSC05523.jpg
ぐふふ。かわいい。(*^^*)

沼尻で、お茶タイムをしたら、白砂峠経由で尾瀬ヶ原まで。

歩く人も少なく、たくさんの緑に包まれ~
ムラサキヤシオとオオカメノキのコラボ。
DSC05527.jpg

で、ものすごく鮮やかなムラサキヤシオが咲いてれば、立ち止まり~の
DSC05530.jpg

穏やかな白砂田代で、その景色を楽しみ~の
DSC05540.jpg

ミツガシワが咲いてれば、またまた「かわいい~」を連呼。(^^;
DSC05541_2016053023163644c.jpg

静かな湿原に響く、異様なテンションな女子2人の笑い声。(^^;
DSC05543.jpg

門扉の様に立つミネザクラも、と~~ってもステキだったんだもん♪
DSC05547_2016053023174405b.jpg

樹林帯に咲くお花たちを愛でながら…
DSC05548.jpg

DSC05550.jpg

DSC05553_20160530231749f3c.jpg

DSC05567_20160530232157fa3.jpg

広大な湿原にどこまでも続く木道。
そんな、尾瀬とは一味違う尾瀬の景色を堪能~。
DSC05555_2016053023215411b.jpg

ピンク色のコミヤマカタバミ。
私のカメラでは、そのかわいらしい色を写してあげることは
できなかったけれど、パッと開いたピンクちゃんは、少女のような
美しさ~。
DSC05560.jpg
この花は、銀座には似合わないよね。。。なんて言いながら・・・

サンリンソウ。
単体で見ると、あれれれれ??? って感じだけれど、ニリンソウと
並んで咲いていたので、その違いをよ~~~く見分けることができました。
DSC05575.jpg
をぉ、ちっとお利口になった気分。(^^;(^^;

ブナの美し~~い森。
そろそろ疲れてきたな~。お腹が空いたな~。って頃、見晴着。
DSC05578.jpg
普通に歩けば12時前には着くくらいなCTですが・・・
14時少し前になっていました。(^^;(^^;
やー、楽しかったなぁ。

で、皆様のおかげで、無事、別荘が立ちましたー。
思った以上に地面の硬いところがあって、ペグが刺さらず苦戦してたら
隣のテントのお兄さんがハンマーを貸してくださいました。ありがとう~♪
DSC05582_2016053023230441a.jpg

100張張れるという見晴キャンプ場。
この日は、60張以上のテントが並びました。
花が咲いたみたいだね~。(^O^)
DSC05583.jpg
木陰とか、草地とか、、いい場所から埋まっていくので、早いもん勝ちですね~。
@800円。受付は燧小屋です~。

お茶を飲んで、お菓子を食べて、私は散歩に~。
DSC05598_20160530232306c66.jpg

見晴-竜宮十字路-ヨッピ吊り橋-東電小屋-見晴と。
散歩の域を越えてます。(笑)
DSC05601.jpg
尾瀬沼周辺では、まだまだ蕾だったヒメシャクナゲ。
尾瀬ヶ原では、ぷっくりかわいく咲いていました。(*^^*)

振り返って竜宮小屋&燧ケ岳。
う~ん、尾瀬の。。。風景だね。(^^)
DSC05603.jpg

尾瀬ヶ原では、ワタスゲもぽあぽあになって、風に揺れていました。
穏やか~な時間が流れていきます。
DSC05613.jpg

ヨッピ吊り橋て前のベンチでは、なんじゃこりゃぁ!? って言いたくなっちゃうほど
もっさりと咲いたオオバタチツボスミレ。
DSC05614.jpg

紫の筋がとってもきれい~。
DSC05616.jpg

ニョイスミレのピンク版。
ミヤマツボスミレ。葉っぱは丸っこくって、とにかくピンク色が
かわいい!
こんな子が、あちこちに。
重たいザックを背負ってないもん。何度スクワットしたことでしょう。
DSC05618.jpg
脛。攣りまくるし。(^^;(^^;

東電小屋付近の湿原では、まだまだきれいなミズバショウ。
DSC05630.jpg
ただねぇ、シカが湿原をこねた跡があちこちに。。。(T_T)

東電小屋前の休憩所のミネザクラは、もう、すっかり終わってしまってました。
DSC05631.jpg

テン場に戻って晩ご飯。
お菓子を食べ過ぎて、それほどお腹も減ってなかったので、
意気込んでいたじゃがりこピザは翌日に持ち越し~。
満腹。満腹。。。っと。(^^;(^^;

で、日没ショーを楽しんで、、、
DSC05640.jpg
7時には、シュラフへGo!
そのまま爆睡。風もなく、とても静かな夜でした。

収拾がつかないので、続きます。(^^;(^^;(^^;



で、4枚目の、可愛らしくならんだ緑の葉っぱ。
ゴゼンタチバナたちでした。
てっきり、赤い実が落ちて、それが発芽して…っていう
流をイメージしていたのに、なんと、根元が繋がっていました。
地下茎でどんどん増えていくんだねー。
赤い実を鳥たちに食べられてしまっても、安心。安心♪
2016/05/29

尾瀬ニ泊マル

ダケカンバの林の中に立った、ワンルームの小さな別荘。
DSC05581.jpg

翌朝は、霜が降りるほど冷え込んだけれど・・・
DSC05655.jpg

朝日を浴びた湿原は、キラッキラでした。
DSC05671_20160529200249161.jpg

鮮やか~~~~な緑と、花々に囲まれて過ごした2日間。
DSC05746.jpg
キャーキャーはしゃぎすぎでしょぉぉ。って、自分にツッコミを
入れたくなっちゃうほど、最高に楽しいテン泊デッビューとなりましたとさ♪
くにさん、感謝!!

じゃがりこピザ。おいしかったね~。
DSC05771.jpg
花より、食いもん。(^^;(^^;(^^;
2016/05/24

高原山でこの世の極楽の景色に出会う!?

同じタイミングでこの景色を見ていた隣のおじさん。
「こりゃぁ、この世の極楽だな」って。
DSC05392_20160524234216fce.jpg
水色とみどりと、白と紫。
色味はとっても華やかだけど、それでも、なんか、心穏やか~になれる
この花園は、ほんと、この世の極楽なのかもしれないな。なんて、妙に
共感してしまいました。

今年も、高原山。大入道でシロヤシオを愛でるオフ会に参加させて
いただきました~。   (trekker-kさんからの頂もの写真)
DSC_0010.jpg
今年のツツジは、めちゃめちゃいいらしい♪
しかも、文句なしの晴れ予報。
ネビルさんが、なんか、写真を撮ってくださるらしい。う~ん、嬉いねぇ。

・・・・・去年に引き続き、集合時間ギリギリに到着。駆け込みセーフ。
皆様、お待たせいたしました。<(_ _)>

1年ぶりにお目にかかる方がほとんどだってのに、それを感じさせないというのが
なんとも不思議な感じです。
おしゃべりをしながら、ピカピカの新緑に彩られたダケカンバの林の中を抜け・・・
DSC05286.jpg
途中、ワラビ採りなんぞで盛り上がり・・・

並んだセミの抜け殻。なぜか、並んでいる。それだけで、かわいらしさ2倍♪
DSC05289.jpg

をぉ、羽化したばかりのセミがいたよぉ。
DSC05300.jpg
透き通った緑色の羽が何とも美しぃ~♪

rayさんが、なんとも貴重な瞬間を見つけました!
羽化なう。
DSC05305.jpg
その直前、さなぎのセミって、羽を上手にたたんでいて、まるて
天使の羽みたいだよねー。なんて言っていたところ。
まさに、その、天使の羽をみせてくれました
それにしても、抜け殻大きさに対して、セミの体が大きいこと。(@_@;)
どうやって入っていたんでしょう。

こんなにそっくり返りながら殻から抜け出てきたってのに、この状態から
どうやって木の幹に止まるんだろねー。ちょっと興味津々。
まぁ、それをずっと観察しているわけにはいかないので、先に進みます。

ひーこら歩いて、ようやく景色のいい場所に来ました。
広~い関東平野。遠くには筑波山。
DSC05318.jpg
強い日差しで、汗だくだく。
そんな中でも、トレランの方たちは、さっそうと走り抜けていきました。
あぁぁ、、、山道だってのに、私が平地を走る時よりもずっとずっと速いなぁ。
あっ、私の場合は走っても、歩いてもほぼ変わらないスピードだけどさ。(^^;

八海山神社では、いつものように、笑顔の記念撮影~。(リンゴさんからの頂もの写真)
この頃、ネビルさんは、逆回りで一足お先に花園の撮影タイムに突入♪
DSCF3764.jpg

木陰で、mariさん手作りのチーズケーキ。
とってもおいしかったぁ~~~。\(^o^)/
DSC05322_20160524235329273.jpg
ヨーグルトが入っていて、カロリー控えめなんですって。
「おいしいものは、なんでもカロリーが高いんだよね」って開き直らないで(^^;
ちゃ~~んと見習わなければっ!!

こうちゃとももちゃ。かわいいね♪
DSC05324_2016052423533119e.jpg

真っ青な空に、みずみずしい葉っぱと真っ白な花。
もう、こりゃ最高。!(^^)!
DSC05338.jpg

DSC05342.jpg

剣ヶ峰付近は、まだまだつぼみだったシロヤシオだけど、遠くに
まだまだ雪の残る会津のお山を眺めながら標高を下げてくると、
出てくる。出てくる。シロヤシオ。花回廊~♪
DSC05351.jpg

もっさりと花がついてたら、思わず立ち止まって見上げ、
カメラを向けちゃうね。
DSC05352.jpg

DSC05354.jpg

DSC05363_20160524235428c1a.jpg

DSC05368_201605242354296af.jpg

真っ白な花園も、もちろん素敵なんだけど、ミツバツツジの鮮やかな
紫色が加わると、一層素敵な感じ。
DSC05369.jpg
そうそう。ここが、この世の極楽♪ です。(^^)

枯れた木の幹.
それすら、景色の一部となっています~。
DSC05372_20160524235538e44.jpg

青空のもとに咲くシロヤシオ。
みんなでお花見。楽しいな~♪
DSC05373.jpg

ミツバツツジが加わると、一層豪華♪
DSC05376_20160524235541bb8.jpg

仲良したん。(*^^*)
DSC05380.jpg

素敵な花回廊に、カメラをしまう間もなく、いやいや、電源を切る間もなく
って感じで、ちょっと歩いては立ち止まって写真を撮る。その繰り返し~。
DSC05382.jpg

だって、どこを見てもきれいなんだも~ん。ヽ(^o^)丿
DSC05386.jpg

DSC05387.jpg

DSC05398.jpg

DSC05400.jpg

DSC05401.jpg

2代目縄文ヤシオのところで、ランチタイム。
お漬物に、味付けゆで卵に~、フルーツに~。
ごちそうさまでした~。
DSC05405.jpg
次回こそは…と思いながら、食べる人に徹する私。
                         ε===へ(;^^)ノ

こんな素敵なツツジの園で、ネビルさんに写真を撮っていただきました~。
DSC05411.jpg
ご夫婦さんかの皆さんは、ツーショットで。
どこのお宅も、旦那様の方が嬉しそうな表情をされていたのが
とっても印象的でした。(*^^*)

で、trekker-kさんの持つ、かわいい箱の中には・・・
食べるのがもったいない~。(^O^)
DSC05413.jpg
あ~、そんなつぶらな瞳で見つめないで・・・(*^^*)
やー、ひと思いに。。。ぱくっ。      
            中には、チョコクリームが入っていました♪

見上げれば、ものすごくゴージャスに咲いているシロヤシオ。
こんな素敵な景色の中でランチタイム。幸せだぁぁ。
DSC05416_20160524235853b0e.jpg

ブナの葉っぱも、光に透けて、とってもきれいだしねっ。
DSC05417.jpg

わ・わ・わ・・・
こんなにたくさん花をつけちゃって大丈夫???(笑)
DSC05423_201605250001146a0.jpg

で、光に透けるシロヤシオの葉っぱもステキだね。
DSC05430_201605250001148e9.jpg

今年は、どこもミツバツツジの花つきもとっても良くて・・・
DSC05432.jpg

ミツバツツジの木がそこにあるだけで、あたりは、一気に華やかな感じになりました。
DSC05435.jpg


大入道まで来ると、シロヤシオの花回廊はおしまい。
もぉ、大満足のお花見タイムでした。
DSC05441_20160525000302a74.jpg
あとは、ひたすら下ります~。
沢沿いで一休み。。。。。
休んで元気回復。にはならず、「足が重~い」なんて
言いながら、小間々まで。

小間々付近では、鮮やかなヤマツツジが迎えてくれました。
DSC05447.jpg

で、見上げれば、青空のもと、カエデの葉っぱも鮮やか。
DSC05450.jpg


楽しい1日はあっという間に過ぎ、ちょっぴり名残惜しく駐車場でしばし立ち話。
その後、次回を楽しみに、解散となりました。

取りまとめをしてくださったリンゴさん
ひっそりと何度も下見をしてくださったネビルさん
yamasanpoさん・yosieさん。
のんびり夫婦の山遊びさん・奥様。
ray・mariさん
trekker-kさん。 ホントにありがとうございました。
次は紅葉狩りですか~?
またの機会を楽しみにしています。



・・・日付が変わると、急にサクサク動き出す、我が家のネット回線。
ようやくアップするところまでたどり着けました。(^^;(^^;
2016/05/20

日曜日の恐怖を味わう(^O^;

5月15日 京成バラ園
DSC05247_20160518233748851.jpg

毎年、この時期になると「行ってみようよ」と話題にはなるんだけど
なぜか直前になると行先変更でなかなか機会に恵まれませんでした。
今年こそは行ってみましょう~。

レンゲ咲き。かわいくって好き~♪
で、この子は、とってもいい香り。(^^)
DSC05235_20160518233835e59.jpg
地図で検索すると、八千代市まで110キロ位。
まぁ、2時間もあれば着くだろうな。と思って、9時に母を迎えに行く。


をぉ、牡丹のような咲きっぷりだなぁ。(@_@;)
DSC05237.jpg
東北道から外環と順調に走り、さぁ、目的地もだんだん近づいてきましたよ~♪
道路の端には、工事渋滞を知らせる看板。
まぁ、知らない街だから、ここはナビに従って・・・と。


わぁ、この色すごいきれい!!!
咲きはじめから、どんどん花の色が変わっていくみたいです。
1本の木だけど、黄色・オレンジ・赤・ピンクと、とってもにぎやか。
DSC05239.jpg
目的地まであと6キロ付近で、車の流れが、完璧にノロノロになる。
まぁ、工事個所を過ぎれば・・・ねっ。と、渋滞にはまる。


わわわ・・・
なんか、初夏のクリスマスツリーみたい♪
DSC05242_20160518233840e50.jpg
ノロノロ運転にはまって約1時間経過。
いつになっても工事個所までたどり着かない。
う~ん、都会を車で移動するのは、やっぱり大変ね。などと
話をしながら、ひたすら耐える。


一つ一つの花に鼻をくっつけてクンクンしていると、だんだん、どれが
どんな香りなのか、だんだんわからなくなってきちゃうけれど、でも、
大きく咲いてるからって、香りのないバラのはあもあるわけで、
「この香好き~」とか「イマイチ~」なんてしまくり、母に呆れられる。(^^;
DSC05243.jpg
さすがにいつまでたっても進まないでいると、ぼちぼちUターンをしだす車も
出てくるわけで・・・
「もぉ、せっかちねっ」なんて言いながらも、ひたすら耐ええる。
(実は、猛烈に渋滞嫌いな私。(-_-)/~~~ピシー!ピシー!)


もっさりクリーム色。かわいいな~♪
DSC05245_20160518233920649.jpg
ちょいと退屈しのぎに京成バラ園のWEBページを見てみる。
「周辺道路は混雑しますので公共交通機関を・・・」と出ている案内。
ひょえ~、これって、工事渋滞でなく、バラ園渋滞だったんだぁっ。(T_T)



「昔、こんな色のバラが植えてあったよねー」なんて、庭をきれいに直すのに
抜いてしまったバラの花の思い出話などをしつつ、広い園内をプラプラと。
DSC05250.jpg
目的地まではあと3キロ以上。どうするよ。
別のところをちと観光してから、バラ園チャレンジする?? 
なんて、作戦会議。
佐野を出て、すでに3時間がたっていました。(笑)


ピンクのウツギの花もかわいいね~♪
DSC05255_201605182339239c9.jpg
「とりあえず、お昼ぢゃぁ~」と、道路の反対側にあったお店で
腹ごしらえ。
ずっと座ってたから、腰も痛くなってきちゃうし、たまには外の
空気も吸わなきゃね~。


バラの植え込みの中に入って1つ1つのお花をクンクンしながら見て
回るのも楽しいけれど、ちょっと離れたところから園内全体を見ても
やっぱり素敵だね~。
DSC05256_20160518233924673.jpg
ご飯を食べていると、それまで延々と続いていた車の列が切れ始めた。
あぁ、ちょうどお昼時で、午前中バラ園を訪れた人たちが帰り始めて、
一気に駐車場があいたのかもしれないね~。


あっ、ピンクのバラに、テントウムシ!! って思ったら、つぼみでした。(^^;
別の花では、げげっ、カメムシがくっついてる! って思ったら、これまた
つぼみだった。。と。(^^;(^^;
DSC05258.jpg
いよしっ、チャンス!! と、急いでお会計を済ませ、駐車場から出た頃には、
再び長~~~い車の列。(^O^;


実は、今年も直前になって、やっぱり西武ドームのガーデニングショゥにしようかな?
なんて思ったんだけど、こんなにたくさんのバラの花に囲まれて過ごす半日は
はるばる来てよかったな~。。。と思いました。(^^)
DSC05259.jpg
バラ園まで、あと1キロちょっと。
ご飯を食べたファミレス近くのスーパーの駐車場に車を停めて、歩いてる
人たちもいました。
確かに、歩いた方が早そうだわ。


こ~んなにたくさんの中から、お気に入りの1本を決めなさい。なんて言われたら、
迷っちゃうね~。
母的には、こんな牡丹色の、で、咲きっぷりもちょっと和風な、こんなバラが
いいんだそうな。
DSC05261.jpg
「どうする? 歩いちゃう?」って、お伺いを立ててみると、
もちろん、「歩くのは嫌だ」と。
待ちま~~~す。(^▽^;)


こんな、賑やかで、華やかなバラの花が1本植えてあったら、きっと
毎日眺めていて楽しいだろうね~。
DSC05262.jpg
交差点は、すごくカオスな状態で、青はすすめ。赤は止まれ。
なんて信号のお約束は、あってないようなもの。
もちろん、直進車優先。なにそれ。おいしいの? って感じで、
右折の車もガンガン交差点に進入。こわ~~~っっ。


でも、絶対私はこれっ!!  ジュビレデュ・プリンス・ドゥ・モナコ
数年前、ピンクのプリンス・ドゥ・モナコ を、「頼むっ、お世話してやってください」って
1鉢買って、実家の庭に植えさせてもらったのが、もう、ずいぶん大株になって
今年もたくさん花を咲かせてます。
さぁ、次は、赤だな。(笑)
去年までは「もう、植える場所、ないからね!」ってずいぶん拒否ってた母。
今年は、まんざらでもなさそう。
気が変わる前に、買ってきて植えてしまわねばっ!!
DSC05263.jpg
住宅地を走る対面通行の細い道路。
右折車が続いて、なかなか進めない直進車。思いきり歩道を
走り抜けていってました。
そこを生活道路として使ってる方たちからしたら、もぉ、たまったもんじゃないよね。


京成バラ園と言えば、ベルサイユのばらシリーズ。
あっ、私はベルばらって、あまり好きじゃなかった(興味がなかった)んだけどさ。
DSC05266_20160518234010ac9.jpg
足利フラワーパークのフジの季節、渋滞にはまっている車の列を
冷ややか~に見ていた私だったけど、今回は、そんな渋滞の列に
思いきりはまってしまいました。(^O^;;


アンドレ グランディエ
最後まで愛するオスカルに暖かく寄り添った、アンドレの強く深い愛を
秘めた心を表現してるんだとさ。
確かに、温かみのある色だね~。
DSC05269_20160518234102ee8.jpg
駐車場に入ってからは、スムーズに誘導されて、よくやくバラ園へ。
朝9時に佐野を出て、着いたのは14時すぎ。(1時間弱のランチタイムを含む)
予定の倍の時間がかってしまいました。(^O^;


ピンクと黄色の花の組み合わせって、私の中では最強の組み合わせ
となってます~。う~ん、幸せカラーだわ。
DSC05270.jpg
チケットかって、ひとまずトイレ~。
・・・って、トイレも渋滞でした。(^O^;


バラの花じゃないみたいなバラの花。
真っ白な花びらもとっても素敵♪
でも、真ん中の部分も、とっても素敵♪
DSC05271_201605182341051c8.jpg
立派なカメラを抱えたどこぞかの方が、仲良くお花見を楽しむ
老夫婦の方に向かって「今私が写真を撮ってるんだから、そこに立たないでよ」
と、ドヤしかけてる声に、思い切り「イラッ」っとしたけどさ。


5月のバラ園めぐりは、やっぱり外せないなぁ。と。
西武ドームと神代植物園と京成バラ園のローテーションかな?
来年は、もっと早起きして来るね。(^^;
DSC05272_20160518234107ce2.jpg
広い園内は、人・人・人。
まぁ、それでも、まさに見頃~だったバラ園は、それまでかかった時間を
帳消しにしちゃうほど、見事な咲きっぷりでした。


ディズニーランドローズ。
開花が進むにつれ、オレンジ色の花びらにピンク色の花が咲いてくる
まるで「花のパレード」のようだと言われています。
うんうん。見てるだけで、幸せ~になっちゃったよー。(^^)
DSC05275.jpg
せっかくだから、バラのソフトクリームを食べよう~。と、またまた行列。
次は、絶対に電車で来よう。。と、固く心に誓った、憧れの京成バラ園でした。
ホント、向かいのマンションに住んでる方がうらやましかったわ~。(笑)


やー、私プランの中では、この日は、バラの花見&千葉市動物園&成田山。
の予定だったのに、動物園はまったくもって、無理。成田山へ着いたのは
もう17時過ぎでした。
すっかり静かになったお寺をお参りし~、ここでも、両親のおデート話を
聞かされて~の・・・
DSC05277_20160518234156d1e.jpg
着いたのが17時を過ぎていたので、駐車場は無料でした。(笑)
鉄砲漬けに栗蒸羊羹~♪
と思ったら、お土産やさん、どこもしまってるし。(^O^;


三重塔の鮮やかさに、思わず見上げちゃったよー。
実は私、初めての成田山。。。でした。(*^^*)
DSC05279.jpg
1つだけ、まだ開いてるお店がありました~。
よかった~。(^^;
家の母上様。お土産を買わないと、どーも、お出かけした気が
しないらしくてさ。(^^;(^^;(^^;


利根川沿いを走りながら、沈んでいく太陽を見ながら帰宅~。
帰りは、順調に走って2時間。
久しぶりに羽生PAでミニワン買って、つまみ食い~。
やっぱり花より団子か。(^^;
DSC05284.jpg
利根川の土手沿いを「取り締まりしてませんように~」と祈りながら
走り、柏ICから常磐道へ。
帰りはスイスイ~~~。って、三郷JCTで、車が燃えてるし。(@_@;)
爆発しませんように~。って、祈るような気持ちですぐ脇を通過。
外環に乗ってから聞いた交通情報で、あの直後、常磐道が通行止めに
なったことを知りました。ふぅ、危機一髪。
やー、週末のお出かけには、時間の余裕って必要ね。って、心から思った
1日でしたとさ。
2016/05/19

お山の上でお昼寝しよう~♪ @三本槍岳

5月14日(土) 三本槍岳

山の上でお昼寝するために早起きするよりも、朝寝坊の方が
わたしゃ好きだけどね。(^^;(^^;

那須岳の中で、峠の茶屋から朝日の肩経由三本槍岳は、とっても
お気に入りのコースです。(^^)
週末だってことをがすっかり抜け落ちていた朝8時。
駐車場は、ほぼ満車になっていました。そだ。これから人気のお山へ
登る時は、早起きして来なきゃならないんだね。((+_+))

日の出平でミネザクラが咲いた。。。と、ロープウェイ会社のブログに
出ていたので、行先は、最後の最後まで悩んだんだけど、初志貫徹で。(^^;

あっ、歩きだして間もなく、桜が咲いてた!\(^o^)/
DSC05130_20160518205213f6d.jpg
ぷっくり花びら。すごくかわいいピンク色。
みんな、ずんずん歩いてるってのに、さっそく立ち止まり~♪

あっという間に樹林帯を抜け、景色が変わりました。
風が強いことの多い那須岳。でも、この日は、そよ風~。ってくらいのやさしい風。
安心して、那須の稜線散歩を楽しめそうです。(^^)
DSC05132_20160518205214557.jpg

剣が峰のトラバースに備えて、念のため、チェーンスパイクを持ってきたけれど、
ルート上には、全く雪がありませんでした。
DSC05135.jpg
.やー、雪の残る流石山から三倉・大倉山のかっこいい稜線を眺めようと
思っていたのに、あらあら、あちら側のお山にも雪がないっ。

見下ろすと、ダケカンバの幹や繊細な枝先がとっても美しぃ~。
で、その枝先は、芽吹きの直前で、ほんのり赤い。
DSC05137_20160518205218459.jpg
春を迎える直前の、、赤い枝先の状態。とっても好きなのよー。
もぉ、やったねっ!! って感じ。(*^^*)

また周りの景色が変わってきました。
樹林帯から岩の稜線。湿原にハイマツ帯って、少しの歩きで
いろんな景色に会えるから好きなんだわー。
DSC05139_20160518205337606.jpg

隠居倉の稜線もとっても素敵。
紅葉もとってもきれいだったんだよねー。
DSC05143.jpg
でも、やっぱりその奥に見える稜線がとっても素敵~。

振り返ると茶臼岳。
DSC05144_20160518205340d0a.jpg

ウハウハの稜線散歩。行きま~~~す!!
DSC05146_20160518205342aba.jpg

で、足元に目を落とすと、ツンとおちょぼ口。
DSC05148.jpg
コメバツガザクラ。
剣が峰から1900m峰にかけて、ずっと咲いてました。
でも、この日、足元に咲くお花は、この子達だけでした。

ど~んと三本槍岳が見えてきました。
山肌には、ほんの少しの残雪。
DSC05155.jpg

で、その手前は、清水平。
DSC05156_20160518205422f03.jpg
初めて、中ノ大倉尾根から三本槍岳に行ったときは、分岐から
10分歩いて清水平へ行くなんて、絶対無理~。って思っていました。

私には、峠の茶屋から三本槍へ登るなんて、ありえない。と思っていたので、
那須一番のお気に入りルートになる。なんて、夢にも思わなかったわー。
DSC05159.jpg

清水平では、ちょっとだけミネザクラが咲き始めていました。
もしかしたら、今頃は、清水平から三本槍が岳にかけて、
サクラトレイルになってるかもね~。(^^)
DSC05160_20160518205425095.jpg

ひと登りで、山頂。
山頂から、お隣の稜線を眺めるのが、一番のお楽しみでした。
で、うっすらと会津駒が岳も見えてました~。\(^o^)/
さて、ちょっと下がったところで、カップラーメンのお昼ごはん。
DSC05164.jpg
食べたら、あっという間に眠くなり~の、山頂で、旧会津街道について
熱く語るお兄さんの話に耳を傾けながらのお昼寝タイム。
日がさすと、ちょっと暑いくらいの山頂。う~~ん、極楽ぢゃ。

がっ、、日が陰って、風が吹いてきたら、寒い~~~!!!

つんととがった形がかっこいい旭岳。
甲子山や赤面山を眺めたら、下山しましょう。
DSC05167_201605182055070cb.jpg

・・・で、下山を始めたら、晴れてくるんでしょぉぉ。(^O^;
DSC05172.jpg

DSC05173_2016051820551014d.jpg

で、茶臼岳にかかる不穏な雲。
DSC05175.jpg

今シーズン初の積乱雲だな。
DSC05179.jpg

朝日岳から、大好きな那須の稜線を眺めるのも楽しみにしてきたんだもん。
朝のうちに登っちゃえばよかったなぁ。。。なんて、ちょいと後悔しながら
朝日岳に寄り道~。
DSC05180.jpg

あはは。真っ白だし。(^O^;
DSC05184.jpg
仕方ない。。。今日はおとなしく帰るとしよう・・・

あっ、ガスが切れてきた!
DSC05196.jpg
そうそう。この稜線が眺めたかったの~!!
ここを歩いてきたんだな~。って思ったら、やっぱりとっても嬉しい。(^^)

で、下山すると、青空だし。
DSC05199.jpg

あるある!
DSC05201_2016051820560459c.jpg
・・・だけど、ちょっぴり「くそぅ」だな。(-.-)

なんか、あっちもこっちも、とってもかっこいい。
DSC05203.jpg

特に、ここっ!
DSC05204.jpg

タイミング悪すぎ!続きに、ちょっとだけ、頭を抱えちゃうよ~。
DSC05210_2016051820565818e.jpg

1つくらい咲いてないかな~? って、よ~く探してみたけれど、
イワカガミは、どれもこれも、つぼみばかりでした。
DSC05211.jpg
ついこの間まで、雪遊びを楽しんでたのに、もう、あちこちの
山で、花の季節を迎えつつあるんだね~。

茶臼岳も行ってみる? って思ったけれど、今日は、ツツジも
楽しみだから、おとなしく下山~。
DSC05214.jpg

やっぱり同じように桜の木の足が止まってしまいました。
DSC05217.jpg
さぁ~て、那須の素敵な稜線を歩いたら、次は、笹の稜線だな♪
・・・ん? その前に、花咲く稜線か。(^O^)


で、八幡のツツジを楽しみに向かってみたけれど、駐車場はいっぱい。
やめとくか。。。(あきらめは早い(^^;)

だって、道路沿いのツツジも、こ~んなにきれいだったんだもん♪
DSC05219.jpg

DSC05223_20160518205745661.jpg

DSC05227.jpg

DSC05229.jpg
その後、那須高原どっとcomにすっかりはまりながら、下道で帰宅~。
うちの周りでは、まだ水田に水が入ってないけれど、県北では、もう
田植えが済んじゃってるんだね~。



2016/05/13

冬から初夏まで季節をまたいだ欲張り散歩@会津駒が岳

5月8日
今年も、大好きなこのお山のシーズンがやってきました。(^^)
DSC05026_20160509221729d2d.jpg
本当に今年のGWは天気が安定しなくて、この日も強風予報。
「無理せずに、行けるところまでね」と言うことで、やってきました。
(とはいっても、やせ尾根があるわけでもないし、樹林帯が長いから
絶対行けるな。って、行く、気満々だったんだけどさ(^^;)

いつものように、檜枝岐スキー場の向かい側で車中泊。
0時に檜枝岐に着いた時には、満天の星空でした。
1時。車が揺れるほどの強い風で目が覚める。
ちょっと怖いと思うほどの強風。
2時。激しく降る雨の音で目が覚める。かなり不安になる。(^^;
3時。またまた猛烈に強い風。そして、ちょっと肌寒くて目が覚める。
ん~、珍しく、車の中で眠れない夜・・・
4時。携帯のアラームが鳴る。あらら、時間をセットし間違えた。(^O^;

極楽、極楽♪の二度寝。          で、寝過ごす。

6時。滝沢登山口。
例年なら、テニスコート脇の駐車場に車を停めて歩かなきゃならないんだけど
雪の少ない今年は、林道の一番上まで車で入ることができました。
しかも、GW最終日だから? それとも、強風予報だから?
いちばん上の駐車スペースに車を停められ、準備を整えスタート。(*^^*)
DSC04997.jpg
ここを歩けることが嬉しくって「嬉しいなー」「きれいだなー」を連発。(^^;
どんなに寝不足だろうと、急登だろうと、泥濘んでいようと
文句も言わずに私を歩かせる、ここの登山道はすごいと思う。

あぁぁ、出だしから会っちゃった。
シマシマ模様のクルリンちゃん♪(*^^*)
DSC04998.jpg

青空&タムシバ。最強だな。
DSC05004_201605092215517eb.jpg

で、鮮やかな黄緑色の葉っぱに紛れて、これまた鮮やかなムラサキヤシオ。
DSC05003.jpg
そのほか、咲きたてピカピカのムシカリ。
で、新緑の色も、黄緑色だけでなく、赤っぽい葉っぱもあったりして
森の中はとってもカラフル。
去年の秋、あの、台風の中で見た鮮やかに色づいた葉っぱたちは
今は足元に。で、見上げると、はじめましての葉っぱたち。
ん~、やっぱりここは、私にとって特別な場所だな。。と思う。

あっ、イワナシちゃん、みっけ。
DSC05007_201605092215511e9.jpg

ひっそりと花をつけてるウスバサイシンもみっけ。
DSC05008_20160509221553a8c.jpg
・・・な~んて、ホントは、この手前に、ゴロゴロと連なるように
ウスバサイシンが咲いてたんだけどね。(^^;

水場までずっと夏道で登ってきました。
ベンチも出ていたので、ここで一休み。
DSC05009_201605092216408ea.jpg
この先は、ずっと雪の上を歩きます。

グリーンシーズンは、水場を過ぎると傾斜も緩んで、ホッと一息。
木々の間からチラチラと見える大戸沢岳の稜線に萌え萌えしながら
楽しく歩けるんだけど、雪のシーズンは、ちょっとだけ踏ん張りどころ。
壁のように見える雪の斜面に、立ち止まる回数も多くなります。
DSC05010.jpg
で、見上げると、雲の流れが早い。

間もなく森林限界。
夏、キンコウカが咲くベンチ付近。
まだまだベンチも湿原も雪の下。
DSC05013.jpg

大好きな駒の小屋へ続く回廊。
いやいや、まだ回廊も雪の下だけどさ。
DSC05016_20160509221644129.jpg

私的に、燧ケ岳が最高にかっこよく見えると思うポイント~♪
そして、キリンテへ続く富士見林道は、まだまだ雪の稜線。
ツバメオモトルートになる頃歩いてみたいな~。(*^^*)
DSC05018.jpg

駒の小屋までもうちょっと。
ん?? 見上げると、木の先っちょが白い。
をぉ、霧氷だ~~~。\(^o^)/
DSC05019_201605092217260d5.jpg

大好きな駒の小屋へ到着~。
もちろん、駒の兄さん。さゆり姉さんにご挨拶~。
顔を見るなり「シェー」をしてくださる兄さん。
「声が聞こえたからさ。今年は早いね~」と言ってくださる姉さん。
DSC05025_201605092217272ea.jpg
2人に会えるから登ってきちゃうってのも、理由の1つ。。。だよね。(*^^*)

駒の小屋まで、ツボ足で登ってきちゃいました。
さて、この先の雪遊びに備えて、ちょいと身支度を整えたら、
山頂を目指しましょう~。

雪が溶けると、ぐるっと回りこんで山頂を目指さなきゃならないけれど、
雪の季節は、駒の小屋から直登。

で、今年は、山頂の柱は、このくらい雪に埋まっていました。
去年は、山頂付近には全然雪がなかったんだよね。
雪が少ないと言われていた今年はちょっとだけとはいえ埋もれてるんでしょ~
なんか、不思議な感覚です。

で、アイゼン外して、柱の上に「よいしょ」っと。
DSC05033_20160509221732d19.jpg
いやね、乗ってみたかったのよ。(^^;

山頂のオオシラビソの木も、霧氷でお化粧~。
DSC05038_201605092218101ea.jpg

そして、夏場は、なんか、大戸沢岳~三ツ岩岳まで繋がってるって
あまり感じられないんだけど、雪の季節は、まるで登山道が浮かび上がって
くるように、縦走路がくっきり。
DSC05041.jpg
お天気良ければ、ここを歩くわけだったのか・・・
三ツ岩岳まで遠いなぁ。。。(^^;と思いながらも、でも、来年こそは!
と、思ってしまうのです。

ちょいと中門岳方面に足を伸ばしてみましょう。
をぉぉぉ、霧氷の森だぁ~!!
DSC05044.jpg
そう言えば、去年の初雪の時も、ここはすごい霧氷の森になってたんだっけ。

そして、大好きな稜線は、雪をかぶっていても、とっても
素敵な稜線でした。(*^^*)
DSC05048_201605092218143e5.jpg

振り返って、駒が岳方面。
雪庇が立派。(^^)
DSC05050_201605092218166cf.jpg

一番左のピークのちょいと先。新潟のお山が素敵に見えるところが
今日の終点ね。
DSC05052.jpg
あぁぁ、そんなせかせか歩いたらもったいないぢゃん。
こういうところは、の~~んびりダラダラと歩くに限ります♪
(私は、いつでもの~んびりダラダラだけどさ。(^^;)

ちっちゃなピークから、ぐるりと。
あらら、尾瀬ヶ原に雪がないっ!!
で、やっぱり一度は行ってみたい平が岳。
十字峡から中ノ岳周回、、は、端から「無理~」って思っちゃうんだけど、
その一部は歩かせてもらいたな~。三角雪渓との方か、兎岳への稜線とか、、、(笑)
で、今年は行きたい越後駒が岳。
DSC05053.jpg
はぁ。良き眺めだ。(*^^*)

真っ白な山もステキだけど、程々に雪が溶けて、まだら模様もステキね♪
で、奥のかっこいいお山は未丈ヶ岳?  
DSC05062.jpg

あぁぁ、中門岳まで行きたいなぁ。。。と、ホントに思っちゃう。
DSC05066_20160509221905832.jpg

「中門岳は行かないよ」と、くぎを刺されてるので、戻りましょう。
山頂付近は爆風。
霧氷がトゲトゲ。
DSC05076.jpg

で、さぁ、お楽しみの時間がやってきましたよ~。
駒の小屋目指して、シュ~~~~っと♪
DSC05078_20160509221958630.jpg
相変わらず風が強くて、この写真を撮るのに、ヒップそりが、揺れること、揺れること。(^^;

程々のザク雪だったので、スピードが出すぎちゃうこともなく
楽し~~~く駒の小屋まで。(^^)

一部、木道や湿原が出ていました。
もう、ハクサンコザクラちゃんの芽が出てるかな? って、覗いてみたけれど
葉っぱは、イワカガミとミツバオウレンだけでした。
DSC05080.jpg

小屋前の、雪を掘って作ったベンチに座ってランチタイム。
・・・からの、そこに寝っ転がってお昼寝タイム。
風が吹かなければ、寒くない~。風が吹くと、寒いぃぃ。
「長閑よのぉぉ」って言ったら、小屋前のベンチで同じように
昼寝をしていた駒中さんに爆笑されてしまいました。
DSC05082.jpg
会津駒が岳の困ったところ。
居心地が良すぎちゃって、下山したくなくなっちゃうこと。(^O^;

重い腰を上げたら、後は、樹林帯めがけて一思いに・・・
DSCF3666.jpg

あっ、コケた。(^O^;
DSCF3668.jpg

樹林帯に入ってからは、ヒップそりも片付けて、歩きます~。
時々、顔からすっ転んだり、思いもよらないところで強制尻セード
になっちゃったりしたけどね~。(^^;(^^;

水場を過ぎ、ヘリポート跡くらいまで下ってくると、次第に濃くなる緑色。
ほんの2時間前、霧氷を見て大喜びをしていたのがうそのようです。
DSC05096.jpg

名残惜しくて振り返ると、そこは、緑のトンネル。
この緑がもうちょっと濃くなったら、また遊びに来よう。
DSC05104_20160509222004a3b.jpg
もしかしたら、キリンテから登っちゃうかもしれないけどさ~。(笑)

駒の小屋から約2時間で、登山口。
朝見たときよりも、更に鮮やかになったように感じられるミツバツツジ。
DSC05108_201605092222353db.jpg
お疲れ様でした~。

昨夜、強風の中お泊りした所は、こんな鮮やかな緑に包まれていました。
DSC05114_201605092222360d2.jpg
解散してから、私はいつものように燧の湯へ~。

中土合公園では、まだまだ咲いてた桜の花。
DSC05120.jpg

ゆるゆると寄り道しながら、屏風岩。
DSC05121.jpg
岩肌に咲くミツバツツジが鮮やか~。

そして、南会津に入ってから、をぉぉぉ、なんて鮮やかな岩肌なんだぁ!?
びっしりツツジが咲いていました。ピンクも、オレンジも。(^^)
DSC05126_2016050922224025f.jpg


やっぱり大好き会津駒が岳~。
今年は何回行けるかな~。(笑)
2016/05/07

八溝山 新緑に包まれた沢沿いに咲く花

くにさんに誘っていただいて、八溝山~。
咲き始めのミツバツツジやシロヤシオに、もちろんワクワクだけど
新緑がまぶしい~~~!!(^^)
DSC04927_20160507005208760.jpg

八溝山って言うと、小学校の社会科で「茨城県との境目に、八溝山地ってのがあります」
って習ったくらいのイメージしかありませんでした。
しかも、その頃の私にとっては、栃木と茨城の境目・・・
小山市~結城市。山なんてないぢゃん。と。(^^;(^^;(^^;
DSC04933.jpg
とっても、貴重な機会をいただきました。(^^)


ホントは、長い春休みの最後に、テントを背負って、会津三ツ岩岳から
会津駒が岳まで縦走しよう~。なんて、壮大な計画がありましたが、
今年のGWのいぢわるなお天気で、断念。(T_T)
「テン泊デビューが春山なんてオツでしょ?」と誘ってくださったくにさんも
チャレンジャーだけど、無謀にも乗ってしまった私もチャレンジャー。(^^;
春の雪山テント泊は、次の機会を楽しみにしています~。
無謀すぎないプランの時に誘ってくださいね。(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

で、八溝山。
山頂直下の駐車スペースに集合です。
最初に、、ほぼ山頂。そこから、ずんずん下ります。
(ってことは、帰りは延々と登ります。(笑))

あっ、今年はじめましてのギンリョウソウ。
DSC04922.jpg
さっそく立ち止まります~。(^^)

で、見上げると、咲き始めのシロヤシオ。ピッカピカ。
DSC04928.jpg

もっさりとミツバツツジも、まぶしい~。
DSC04929_201605070052109ed.jpg

集合場所だった八溝山頂付近は、まだ、芽吹きの季節を迎えた
ばかりだったけれど、どんどん高度を下げていくと、緑が濃くなってきます~。
DSC04931.jpg

アケボノスミレちゃん~。
DSC04942.jpg
お喋りしながらでも、しっかりお花アンテナが立ってるくにさん。
「いやー、かわいいねー」と。

道なき道を、笹をかき分けて歩いたり、ぼちぼち育った山菜とか、
木の芽を見て「うっしっし~~(^O^)」となったり。
普段は、できないような体験をさせていただきました~。(*^^)v

あっ、チゴユリ~。
DSC04950.jpg
・・・と、地面にはいつくばってると、その姿にびっくりしてる
くにさんのだんな様~。(^^;(^^;(^^;

沢沿いまで下りてくると、ラショウモンカズラ。
DSC04952.jpg

ヤマブキソウ~。
DSC04961.jpg

で、よく見るとかわいいお花を咲かせているルイヨウボタン。
DSC04962.jpg

パッと開いたシダ。
上から見ると、花が咲いてるよう~。
DSC04964.jpg

・・・実は、それまでくにさんが見てきた八溝山のヤマシャクヤク。
「一昨年はあったけど、去年はなくなっていた」
「去年まではあったけど、今年はなくなっていた」と。
大規模な盗掘で、どんどん見られる株が少なくなっているそうです。

そんな中「咲いてないけど株があったよー」と。
DSC04968.jpg
もうちょっとつぼみが膨らむと、モッツァレラチーズのように
なるんだよねー。
咲いてる姿は、心の目で見ましたよ~。(*^^)v

エンレイソウも咲いてるし♪
DSC04970.jpg
なんてしてたら・・・

こっちにもあった~。と、もう1つ、つぼみがついてる株。
DSC04971.jpg
なんとか、盗掘されることなく、ここで花を咲かせてほしいものです。

ランチタイムは、沢沿いで~。
とっても素敵な雰囲気です♪
DSC04976.jpg

久慈川源流部にあたるこの沢~。
この小さな流れが大きな川になるのね~。
DSC04979_2016050701004434c.jpg

林道わきには、サワハコベミヤコハコベがたくさん。
DSC04983.jpg

豊か~な緑色に囲まれて、しばしの林道歩き。
風が吹くと、山桜の花びらがハラハラと降ってきます。
DSC04987.jpg

その後、やくざな(笑)遊歩道を歩いて、山頂へ。
今までの遊歩道の概念が変わりました。(^O^;

あっ、イワウチワちゃん。
DSC04992.jpg
こ~んな、ちょっとタイミングがずれてる子。好きだよー。
どうも、他人の気がしない。(^^;(^^;(^^;

みーんなサクサクと歩く中、一人、ヒーヒーと。(^^;
DSC04994_20160507010050f3a.jpg
「リンゴさん、早歩きしないなら連れてくよー」とか言ってたけど
ありゃ、今度は「chikoやん、ちゃんと歩くなら連れてくよー」って言われそうだ。(^^;

せっかくだから、八溝山の山頂へ寄っていこうか・・・
と、階段を上り終えたところで、足が攣った~~。
同じタイミングで、くにさんの旦那様も。しかも、同じ場所が。(笑)
悶絶すること、数分間。(^O^;;;

で、ようやく山頂~。
おめでとう~。パチパチ。
DSCF3494.jpg

山頂には、お城の形の展望台。
そして、植えられたシアズマシャクナゲ~。
DSC04996.jpg

やー、お花見と森林浴。
楽しい1日でした♪
2016/05/01

ミツモチ山   紫・白・桃

春の嵐が吹き荒れた翌日、操られてミツモチ山へ~。

ホントは、春休みの最後に一大イベントが待っていたんだけど
さすがに、高いお山は荒れたお天気で、出かけるわけにもいかず・・・(T_T)
天気の回復と果報は寝て、、、いやいや、遊んで待てっ!(笑)

数年前、大間々からミツモチ山へ行ったことはあるけれど、
今回は栃木県民の森から。全国育樹祭会場跡地を起点に、
尾根伝いに周回です。
「なかなかいいコースだよ」と相方氏。


あっ、すごくきれいな紫色のスミレ!
DSC04744_20160430210554053.jpg
駐車場のトイレ脇で早々に倒れてました。私。(^^;

青い空に、まだ、芽吹きが始まったばかりの木。
柔らか~い緑色に、ニマニマが止まりません。
DSC04748_20160430210555bff.jpg

あっ、幸せの青い鳥だっっ!!!
オオルリでいいのかな?
自然界に、こんなきれいなブルーって存在するのね。って思っちゃうほど
鮮やかな青い羽を持った鳥でした。
DSC04752.jpg

林道脇では、咲き始めのトウゴクミツバツツジ。
DSC04754.jpg

登山道に入って、あちこちで目につくのが、ピンク色のかわいいスミレ。
なんか、おすましして咲いてるみたいだよ~。
DSC04755_20160430210600930.jpg

かわいい子1号って名前つけちゃおか。(笑)
DSC04756_20160430210707478.jpg

若葉のやさしい緑色の中で、シロヤシオとか、トウゴクミツバツツジの
つぼみが見え隠れ。
それはそれはすごい量です。
開花したら、もうたまらん!!!の花園になってることでしょう~。
DSC04762.jpg

登山道で見る、今年はじめましてのシロヤシオ。
DSC04764_2016043021071170a.jpg

シロヤシオが咲いている斜面では、トウゴクミツバツツジも満開。
黄緑色の森の中で、紫色の花がとっても映えます。
DSC04766_20160430210712d2a.jpg

青空にも映えるわねぇ。(*^^*)
DSC04771.jpg

トウゴクミツバツツジが切れると、しばらく、まだ芽吹き前の、色の少ない
登山道を登っていきます。なかなか急登で、心が折れるところ。

足元には、フイリフモトスミレ。
知ってる子が出てくると、ちょっとホッとする。
DSC04772.jpg

ふぅ、やれやれ
。。。と思い始めた頃、視界に入るピンク色~。\(^o^)/
DSC04773_20160430210844fb4.jpg

アカヤシオのトンネルだぁ~♪
DSC04777_20160430210846cb6.jpg

アカヤシオの向こう側には、前日の降雪でほんのり白くなった日光連山。
高原山付近でも、雪が降ったようで、吹き溜まりのところには、まだ、
白く雪が残っていました。
DSC04781_201604302108470f6.jpg
そんなわけで、傷んじゃったアカヤシオも少々。

まだ元気なカタクリもあちこちに。
なんか、もう1か月以上前に近くの山ではカタクリが咲いていたので
なんか、不思議な感じです。
DSC04792.jpg

登山口から約2時間。
はぁ、よき眺めぢゃ。
「疲れたからおやつ~~~!!!」
DSC04794.jpg

・・・と言おうとしたら、そこは、もう山頂直下のベンチが並んでいるところでした。

お茶とお菓子で一休みをしたら、展望台に登ってみましょう~。
DSC04795_201604302110361ac.jpg

そしたら、いよいよアカヤシオパラダイス。大丸へ。
DSC04811_201604302110375f3.jpg

咲いてます。これでもか・・・って。
DSC04812.jpg

DSC04816.jpg

DSC04818.jpg

DSC04826.jpg

DSC04830_20160430211204dad.jpg

DSC04836.jpg

帰りは、青空コースで。
をぉ、鮮やかな黄色の鳥。
DSC04842_2016043021120795f.jpg
奥の木に思い切りピントが合っちゃってるけど(^^;、キビタキ?

思いきり囀ってます~。
鳥たちは、恋の季節ねぇ~。(*^^*)
DSC04843.jpg

展望台下のベンチまで戻ってきたら、下山は、登りに使った
お隣の尾根から、展望を楽しみながら。
DSC04852.jpg
正面は那須岳。雪がなくてびっくり!!

足元には、フデリンドウ~。
DSC04855_20160430211319dd5.jpg
どうも、リンドウって、秋のイメージがあるから、今頃咲いてるのは
何となく不思議な感じ。

やっぱり気になる、かわいい子1号。(*^^*)
DSC04862_20160430211321959.jpg

じゃ、あなたは、かわいい子2号ね。
DSC04866.jpg
でも、次に出会ったとき、同じ名前で呼んであげられる自信はないけどさ。(^^;

登山道をショートカットしつつ、踏み跡をたどりながら下山。
間もなく林道へ出る~。って頃、はるか前方で喜びの声を上げてる相方氏。
満開のシロヤシオの大木。\(^o^)/
DSC04868.jpg

しかも、満開のトウゴクミツバツツジとのコラボ~。\(^o^)/
DSC04869.jpg

咲きたてピカピカの真っ白な花。
DSC04871_20160430211425d58.jpg

すごい感激したときって、言葉って出て来ないものだなぁ。(^^;
DSC04873.jpg
.「すご~い」とか「きれい~」とか。そればっか。

1つだけ咲き残っていた、前日の強風を耐え抜いた、根性あるアカヤシオ。
ピンク+白+紫~~。(^^)
DSC04877_20160430211429889.jpg
ヤシオツツジトリオだね。(^^)

誰に見せるわけでもないけれど、ひっそりと、こんなきれいに花を咲かせてるんだね。
DSC04881_201604302116471ee.jpg

トウゴクミツバツツジも、濃い紫から薄い紫色まで、グラデーション。
DSC04883.jpg

で、新緑の黄緑色と、超マッチ♪
DSC04885_20160430211650327.jpg
急登+激下りで「ひーひー」言ってたのなんて、すっかり忘れちゃうほどの
ツツジの園でした。(^^)

でも、足元には、かわいい子1号。
DSC04888_20160430211651f98.jpg
もぉ、、、
そのかわいい咲きっぷりにメロメロよー。

そして、無事下山~。
DSC04893.jpg
麓では、日に日に緑色が濃くなっているけれど、このあたりは、
まだ芽吹きの季節を迎えたばかり。
柔らかい色が広がっていました。(^^)


下山後、県民の森のシロヤシオの園へ~。
もっさり。たくさん。
DSC04899.jpg

でも、気になる足元。(^O^;
DSC04911_201604302118425b9.jpg

お花に囲まれまくった1日となりましたとさ。
DSC04916_20160430211843be4.jpg