2016/07/25

2つの稜線 欲張り散歩~会津駒が岳~

すっかりハクサンコザクラの見ごろを逃してしまった会津駒ヶ岳。
なら、花の富士見林道を歩くか。
10時半までに駒の小屋を出れば、14時台のバスに乗れるでしょう。

・・・と思っていたら、物好きな(^^;同行者が。
この週3回目の檜枝岐だそうな。(笑)

車を1台、キリンテの登山口にデポ。
もう1台で滝沢登山口へ。
朝、5時少し過ぎ。いちばん上の駐車スペースはもちろんいっぱい。
竜門の滝の分岐の少し下の駐車スペースに車を停めました。

水場を過ぎ、だんだん視界が開けてくると・・・
南会津方面に広がる雲海~。
DSC06898.jpg
森林限界が近くなってくると、立ち止まるとちょっと肌寒く感じるほど
爽やか~な風が吹いていました。(^^)

さぁ、緑の回廊を登っていきますよ~。
毎度毎度ながら、最高にワクワクする瞬間です。(*^^*)
DSC06909.jpg

で、いつもの場所から燧ケ岳。やっぱり、ここから見るお燧様は、
最高にかっこいいなぁ。って思う。
DSC06913.jpg
絶好の富士見林道日和になりそうです。(^^)

ここで、長野に住む「もう、北アルプスは歩きつくして飽きてきたから
東北へ遠征に来た」と言うお兄さんと立ち話。
「いやぁ、最高にいいところっすね」って仰るお兄さん。
なんか、大好きなこの山を気に入ってもらえて、なぜか、私まで嬉しくなる。(^^;

振り返ると、日光連山。
今日は、下山の時にはこの景色は見られないからね、ゆっくり楽しみましょう~。
DSC06915.jpg

駒の小屋では、さっき会った長野のお兄さんとまた一緒になり
「あれも買っちゃいなよ」とか、無責任にお勧めしつつ(^^;
駒の姉さんと立ち話。
いつも、明るく元気に迎え入れてくださって、ありがとうございます。(^^)/

「ザック置いていってもいいよ~」と言う、駒の姉さんのお言葉に甘えて
空身で中門岳まで行きましょう~。
DSC06918.jpg
で、本日の山旅のもう一人のお伴は、ヤマナメクジ様。(笑)


駒の大池の反対側では、ハクサンコザクラとチングルマが待っていて
くれました。\(^o^)/
もちろん、白花のハクサンコザクラちゃんも。
DSC06920.jpg
「先週はもっときれいだった」と言ってる同行者。
私を思いきり「イラッ」とさせ「もう、帰ってよ~し」(私の車はキリンテで待ってるし~♪」

・・・とは、さすがに言わなかったけれど(^^; さて、山頂に向かいましょう♪

山頂直下で振り返って・・・
をぉぉぉ、燧ケ岳が雲に飲み込まれたぁぁ。

駒の小屋。そして、周りを囲む山々。
まるで、ジオラマのようです。
DSC06923.jpg

で、山頂を過ぎ、中門岳方面にちょっと下ったところでは、
いつものところに、いつものようにニッコウキスゲ。
DSC06929.jpg

振り返って、駒が岳方面。
例年なら、この時期、このあたりにはまだ雪が残っているけれど・・・
DSC06932.jpg

気持ちのいい草原の景色が広がっていました。
DSC06934.jpg

ぽあぽあのワタスゲの向こうには、ど~んと三ツ岩岳。
DSC06943.jpg

おかしいなぁ。今年こそ、あちら側の山頂からこっち側の景色を見ようと
思っていたのに、結局、今年も、こちらからあちらを見てしまいました。(^^;
DSC06946.jpg

中門岳 この一帯を云う    付近は、大賑わい。
そんなわけで、通過~。
DSC06951.jpg

キンコウカが咲いてるかな? と思ったけれど、まだまだこれからでした。
そのかわり、ここでも、わたすげがぽあぽあ。
DSC06954.jpg
木道の広くなったところで、おにぎりを食べて小腹を満たし、ひと休み。
そしたら、大展望の稜線を目指して戻りましょう~。

モフモフの苔の中に、しゅっと1本、ミヤマリンドウ。
その立ち姿が何とも美しぃ~。
で、周りのモウセンゴケの先っちょには、水滴きらりんちゃん。
DSC06956.jpg
木道上で、ほふく前進なんてしちゃったりして、なかなか進みません。(^^;

ちょっとだけ静かになってた中門ノ池。
なら、お約束のポーズなんぞをしてみたりして。(^^;(^^;
DSC06960.jpg

一面、シラネニンジン(?)のお花畑。
このやさしいい色。純粋に「きれいだなぁ」って思ってしまいました。
DSC06968.jpg

いつものハートの池糖。
すっかり見慣れた景色だけれど、それでも、出会えるととっても嬉しい。
DSC06973.jpg

モウセンゴケの先っちょきらりんちゃん。かわいいなぁ。
DSC06975.jpg

駒の小屋まで戻ってきました。
トイレの窓から外を見たら・・・
豪快に布団干し。ありがたいことです。(^^)
DSC06981.jpg
あぁ、また泊りに来たいな。絶対来るけどさ。(笑)

中門岳への稜線を歩いていたときは、あれあれ、天気、崩れるのかな?って、
ちょっと心配だったけど、だんだん青空が広がってきました。\(^o^)/
DSC06985.jpg
姉さんに挨拶をしたら、富士見林道を通って、キリンテへ下山です。

てるてるちゃん。そろそろ本気パワーで、梅雨を終わらせてね。
DSC06986.jpg

さぁ、ずっと燧ヶ岳を見ながら、気持ちのいい稜線散歩。行きますよ~。
DSC06989.jpg

をぉぉ、こっちもシャクナゲがもっさりだ~。\(^o^)/
DSC06992.jpg

ちょっぴり険しい表情と、湿原のやさしい表情を見せてくれる富士見林道。
このあたりは、険しい表情を、、、かっこよく見せてくれる場所だなぁ。って思う。
DSC07005.jpg

あらら、そんな、岩々の場所に、かわいらしくハクサンシャジン。
思わず、立ち止まる。
DSC07008.jpg

そこを過ぎたら、今度は、白花のハクサンシャジン。かわいい~。
DSC07012.jpg

視線の先には、ずっと、ずっと燧ケ岳。
DSC07016.jpg

足元では、これでもかって咲いてる、ミヤマコウゾリナにギボウシ。
DSC07017.jpg

そのほかには、ハクサンフウロにマルバタケブキにアザミにコゴメグサに
ミヤマシシウドにハナニガナにセリ科の白い花に・・・
DSC07019.jpg
とにかく、とっても賑やかです。

振りかえると、会津駒が岳があんなに遠くなっちゃった
DSC07020.jpg

で、だんだん近づいてくる燧ケ岳。
2本の足って、ホントにすごい! って思っちゃう。
DSC07026.jpg

岩場に稜線に湿原に樹林帯にって、コロコロと景色が変わる富士見林道。
歩いていても、とっても楽しい♪
DSC07027.jpg

足元じゃ、かわいくモウセンゴケの花がたくさん咲いてるしさ。
DSC07029.jpg

そろそろお腹もすいてきたので、こんな景色を眺めながらランチにしましょう~。
DSC07034.jpg
時間が許すなら、何時間でもまったりできそうです。

それまでバックにくっついていたヤマナメクジ様も再び登場で
ワタスゲモフモフの上に乗っかっちゃったりして。
DSC07040.jpg

さぁ、あの森を抜けたら、大津岐峠です。
稜線散歩も、間もなくおしまい。
DSC07043.jpg

大津岐峠まで来ました。真正面には、燧ケ岳がど~~ん。
ここでヨーキ様とバッタリしたんだよね。そんな思い出の地でもあります~。
日光の山山は雲の中。燧ケ岳の向こうにも広がる雲海が見えていました。
DSC07046.jpg
関東より先に東北が梅雨明けしちゃうんぢゃね?
なんて、ちょっと、不安に思っちゃったりして。(^^;(^^;

日差しがぽかぽかと気持ちがよかったので、ちょいと昼寝でもしましょかね。
ちょっと斜めってたから、寝心地は最悪だったけどさ。(^^;
DSC07049.jpg

あぁ、梅雨明けが待ち遠しいなぁ。
DSC07050.jpg

大好きな会津駒ヶ岳も、ここで見納め。
DSC07051.jpg
ばいばい。またね。

で、足元には、立派なミヤマリンドウの株。
花もかわいいけれど、葉っぱも素敵♪
DSC07053.jpg

樹林帯に入ってからは、ふかふかの登山道を元気に下ります。
時々、せっかちな紅葉なんぞを見ながら。
DSC07054.jpg

で、山アジサイの園を抜ければ、ゴールのキリンテまではあと少し。
DSC07059.jpg
2つの違った表情を見せてくれる稜線散歩の会津駒ヶ岳。無事下山~。

で、お疲れ様でした~の、アイスクリームは、絶対、ミニ尾瀬公園で
とちみつジェラート!! って思っていたのに、まさかの売り切れ。

ならこれだっっ!!!!!!!
TS3V0405.jpg
サンショウウオが丸々1匹刺さった、サンショウウオジェラート。(笑)
アイスクリームの中にもサンショウウオの燻製が混ざっていて、
お味は、スモークチーズ系。
サンショウウオの燻製は、、、珍味です。漢方薬です。
おかげで、、、、元気に運転して無事帰宅。そのまま布団へGo!!
スポンサーサイト
2016/07/16

夏の1日

TS3V04010001.jpg
私の夏が終わってしまった(T_T)
夢のような時間だったなぁ…。

アンコールの時の、藤くんのやさしいMCに涙腺崩壊。
あっ、隣の席でノリノリだったうちのお嬢様は、3曲目にしてすでに号泣してたけど。(^^;

ホントに楽しい時間をありがとう~♪
TS3V04030001.jpg
終演後は、規制退場。それでも、新横浜駅まで人の波~。

ようやく駅が空いてきたから帰ろー。

日焼けで腕も首筋も真っ赤。(^O^;


そして、ニコルちゃん。我が家へようこそ~。
TS3V0276.jpg


チャマのTwitterに、ライブの最後にみんなで撮った記念写真がアップされてたー。
アリーナの、、、あの位置で手を振ってたんだよな~。
写ってるはず。。。。なんだよね~。(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;

この日、、、撮影が入って、頭の上をカメラが飛びまくってた。。。
ってことは、この日の公演がDVDになるのかな~♪

きらぁ~~~ん。(° ꈊ °)✧キラーン
2016/07/16

しらす丼

TS3V03960002.jpg

めぐやんがご馳走してくれたどん♪
梅シラス丼。

腹ごしらえをしたら、雰囲気を楽しみましょう~♪

をぉぉぉ、デカニコルだっ!!
TS3V0398.jpg

さ・さ・さ・・ガチャガチャもしなくちゃね~。

フォトスタンドにも長蛇の列。  ここで、、、いいか。(^^;
TS3V0399.jpg
2016/07/16

ニコル〜♪

かわいいニコルちゃんをお迎えに行くためには・・・
スタジアムに着いたら、列の最後尾を目指して歩くこと、約30分。
あぁぁ、ようやく、最後尾に着いたよ。。。

そこから、、、
横浜Fマリノスの非公開練習をみんなで見学しながら・・・

その後、スタジアム上空を飛んでいたブルーインパルスを見て
かっこいい~とか言いながら。。。
TS3V04000001.jpg
2時間半後・・・

ようやく、きたっ☆
ニコル~♪ 会いたかったよ~~!!

この夏最大のイベントまで、もう少し〜。
TS3V0275.jpg

始まってしまうのが、かなり惜しい。(笑)
2016/07/13

おもひで巡るお付き合い(3)

むかぁ~し、昔。
そうさなぁ、今から四半世紀くらい前・・・かな?
父親に「野反湖って、よさげだから行ってみれば~?」とお勧めしたことがありました。
何かのガイドブックに載っていて、私的にはドストライク。

ところが・・・
さっそく出かけたうちの両親。でも、15時前には帰ってきて
「何もなくて、つまらなかった」と。
DSC06842.jpg
そんなはずはないんだけどなぁ。
野反湖の名誉のためにも(^^;行ってみなければ! と思っていて、機会があるたびに
母を誘ってみたけれど、「つまらないからもういいよ」と。(T_T)

ところが、去年、チャツボミゴケ公園でもらったパンフレットで一気に火がついた~♪

さぁ、その昔、野反湖おデートで二人は何を見てきたんでしょう。
の、検証お花見~。.

「登山者・ハイカーの車はこちら」の看板に誘導されて車を止めたら
砂利敷きの階段を登っていきます。
そして、目の前に広がるのは、、、、

あらら、爽やか~~~な、素敵な景色。(*^_^*)
DSC06833.jpg

そして、少し歩くと、目の前に広がる、黄色の世界~。
もぉ、チャツボミゴケ公園でもらったパンフレットと同じ景色が目の前に。
DSC06835.jpg
車を降りて、約10分で、「何にもないつまらな~い場所」から、素敵な
山上の湖がある、爽やかな高原♪となりました。
野反湖。素敵なところだったでしょ~?

じゃ、その昔来た場所、ってのは、一体どこだったんでしょう。(^^;

たしかに、時期は微妙に違ってて、8月中旬。
ニッコウキスゲは咲いていなかったにしても、植物の種類は多そうだから
何かしら、花は咲いていたはず。

イブキトラノオが揺れる中に、鮮やか紫色のノハナショウブ~。
地面近くには、ハクサンフウロやウスユキソウ、ノギランなどなど。
DSC06838.jpg
イブキトラノオ。臭いね~。でも、ついクンクンしたくなっちゃうんだよね~。
なんて言いながら歩いていきます。

足元はちょっとツルツルだったけど、手を伸ばせば、ピカピカに咲いてる
ニッコウキスゲ。
こんなお花畑を歩けたら、鼻歌だって歌いたくなっちゃうよね~。
DSC06841.jpg

何度も立ち止まっては「お父さんにも見せてあげたかったね」と。
DSC06844.jpg

湖畔では、家族連れ、若者グループ。またまた、年配のご夫婦。。などなど。
水遊びをしたり、景色を見ながらまったりしたりと、思い思いに休憩中。

ダケカンバの幼木の根元に腰を下ろして、しばしの昔話タイム。
そう言えば、その夏が、父が元気に過ごした最後の夏だったんだよね。
に始まり、その時の思い出話のあれこれに、話題は尽きることなく・・・
DSC06849.jpg
今、その当時の母親の年齢に自分がなってる。ってのが、なんとも
不思議な感じで・・・

いやぁ、いつまで経ってもちゃらんぽらんですんません。(;´・ω・)
なんて思いつつ、ぼちぼち車に戻ります。
青空のもと、元気に咲くお花たちを眺めながら。
DSC06852.jpg
黄色い花って、見てるだけでも元気になるものね。

あぁ、なんか。。。
ドイツみたいだなぁ。行ったことないけど。(^^;(^^;(^^;(^^;(^^;
DSC06853.jpg

実は、野反湖へ行ったら、カモシカ平のニッコウキスゲのお花畑で
藪漕ぎじゃなくて、キスゲ漕ぎをしたいなぁ。と思っていました。
さすがに、後期高齢者を連れて行くわけにはいかないし・・・
なんて思っていたんだけど、湖周りのキスゲ畑に大満足。
青い水と空。鮮やかな黄色のお花畑はのある場所。
そこは、思いきり幸せ~なひと時を過ごせる場所・・・でした。(^^)
DSC06856.jpg

鮮やかな黄色の中で、コオニユリも、思いきり存在感を示してるしさ。
DSC06858.jpg
ニッコウキスゲでお腹がいっぱいになったところで、車に乗って、ひゅんと
キャンプ場がある方へ移動。

ウッドチップでできた、足にやさしい遊歩道を歩いていくと、
何とも素敵な沢。
水は、、、つめた~~い♪
DSC06865.jpg

をぉぉぉ、センジュガンピだぁ~。
DSC06864.jpg
実は、お初でした。
母は「なぁんだ。ナデシコじゃん」って、冷たい反応で、さっさと行って
しまったけれど、遊歩道わきに惜しげもなく咲いていたら、そりゃぁ、
テンション上がります。(^^)

めぐやんも、なおやんも、小学生の時、子供会のキャンプでお泊りした
野反湖のキャンプ場を偵察。
トイレもきれいだし、水場。炊事場も充実。
テントを背負って歩くのがしんどくなったら、こんな所でのんびりするのが良さそうです。

で、さらにちょっと歩くと、テン場のお花畑。
ヤナギランがピンクのお花畑を作る準備をしていました。
DSC06872.jpg
で、このヤナギランのお花畑。
ふと、足元を見ると、ワラビがいっぱい。(^O^)
無駄に山菜とかキノコに詳しかった祖母と一緒に山菜採りに行った話
なんぞで盛り上がり、ワラビを見ながら「ゼンマイ採りに行きたいね~」と。

その後、ぜんまいの煮物には、油揚げか、さつま揚げ.
どっちがおいしいか!? なぁ~んて、そんな他愛もない話が延々と。

で、最後の仕上げ。ソフトクリームを食べに、最初の駐車スペースに戻ったら・・・
ソフトクリームでなく、コマクサを見にいこ~。(^O^;
DSC06874.jpg
朝のうちは雲がかかっていた、浅間山もくっきり♪

ちょっとだけ急な階段を上がり・・・
DSC06877.jpg
夏空を満喫♪

六合中学校の生徒さんが植えたというコマクサ。
大きな株になって花を咲かせてましたよ~。
DSC06879.jpg

野反湖をバックに・・・
DSC06884.jpg
いよしっ、わたしゃ、次は、白砂山へ行くぞ~~~!!! なんて思いながら、
ちょいと聞いてみましょう。

「で、昔来た場所と同じだった? 」
「どこか、記憶の片隅に引っかかってるような景色があった?」

したら、「まったく記憶にない」んだそうな。(^O^;;

もぉ、二三男さんよぉ。快晴の暑かったあの日。
ちみは、一体どこへ出かけてきたんだい??(^^;(^^;(^^;
DSC06891.jpg
まぁ、今となっては知るすべはないんだけどさ。

で、帰りに腹つづみ~♪
DSC06892.jpg
あの日のお土産も、確か、酒まんじゅうだったんだよね。
ってことは、草津方面へ行ったことは間違いないんだよねぇ。
祖母も草津へ行くと必ず帰りに酒まんじゅうを買ってきてくれたねぇ。
なんて話ながら、車の中で、まだほんのり温かいお饅頭を食べながら
帰りましたとさ。
2016/07/11

またまた☆うれしいお便り

さすがに、今年はディズニーチケット、当たらなかったね。。。

なんて、諦めてたら、嬉しいお便りが来ました~。\(^o^)/
DSC06894.jpg
2度あることは、、、、

3度あった。(*^^)v




も一つ、嬉しいお便り。
母としちゃぁ、ディズニーチケットより、こっちは、ホントにホントぉぉぉぉ~~~に嬉しいっ。
DSC06826.jpg
やっぱり、彩雲は嬉しいことが起こる前触れだったのかな?
いよしっ、母は一生懸命遊んで、また、彩雲を見られるようにするからね、
なおやんは、充実した院生生活を送っておくれ~。

・・・なんてふざけたことばっかり言ってるから、かわいい息子に
しかとされちゃうんだよね。(^^;


でっ、、、
いやね、うちの、ボンビー生活を晒すことないぢゃん。。。と思ったんだけど、
なんか、選挙の云々の話を耳にして「返済不要の奨学金」の話が出ていたけれど。。。
ほとんどの国立大学では、ある程度の金額を、ボンビー学生のために授業料免除予算を
年間予算に計上しているんだそうな。
ただね、学生自身(と、その保護者)は、それを知らないんだよね。
まぁ、知っていたとしても、そのハードルは、ものすごく高いものだと思って
諦めちゃってたんだよね。
家の場合、ゼミの先生が、勧めてくれたんだそうな。「申請出すだけ出してみな?」って。
勧めてくださった先生に感謝です。
もちろん、後期も!!!
・・・って思ったら、やっぱり、院生は論文を上げてなんぼ。の世界になってくるんだってさ。
さぁ、母が遊んでる間に、頑張れなおやん。(笑)←やっぱりそこです。(^^;
でも、、、
せっかく頑張る学生を応援してくれようとしている大学のお気持ちに応えるためにも(^^;
せっせと申請を出しましょう~♪\(^o^)/
2016/07/04

隠居倉の千鳥さん@那須岳

7月2日(土) 那須岳


テント泊の練習をしながら、クロユリでも見てくるか…
と、早々に準備をしたものの「山沿いでは、所により激しい雷雨となるでしょう」
と言う天気予報にビビって、とっとと中止。

家で燻っていても仕方ないので、那須でお花見。
那須ICで高速を降りたときは、あたり一面真っ白。
道の駅 友愛の森付近では、小雨がぱらつく。。と、なんともやる気を
削ぎ落とされるような天気。
あぁぁ、仕方ない。那須で花見するか。。とか、ふざけたこと言ってたからかな?(^^;

でも、駐車場に向かう途中から雲を抜け、あたりはいい眺め~。

狛犬さん。ありがとう~♪
DSC06630_20160703205413090.jpg
駐車場付近ではビュービュー吹いていた風が気になるところだったけど
森林限界を過ぎる頃には、風も弱まり・・・

マルバシモツケ越しの那須岳の景色をゆっくり楽しむことができました。\(^o^)/
DSC06639_20160703205414dd8.jpg

麓を見下ろすと、あたり一面、雲・雲・雲・・・
下界では、どうやら曇り空のようです。
DSC06647_20160703205416a42.jpg

ん、なにこれ。ピンクのお花!?
DSC06650_20160703205417903.jpg

マルバシモツケ越しの茶臼岳。
DSC06660_2016070320541924b.jpg
家に帰って、画像をPCに取りこんでびっくり。
マルバシモツケ越しの山の写真だらけ。
どんだけしつこく撮ってたんだ?私。(^_^;)

ヒメシャジンはまだつぼみ。
これが咲いたら、また、素敵な景色を作りだしてくれるんだろうな~。
DSC06663.jpg

5月に来たときは、まだまだ花の時期を迎える前だった那須岳。
ほんの2か月足らずの間で、すっかり花の山となっていました♪
DSC06669.jpg
ピンクのマルバちゃん。かわいい。(*^^*)

朝日岳のオノエランは、まだつぼみ。
でも、なんとも緑がかった白色がとってもきれい♪
DSC06670.jpg

ぷっくりくるりんちゃんもかわいいね~♪
DSC06671.jpg

朝日岳山頂。
青空ではなかったけれど、ぐるっとひとまわり。
グッド~な眺望です。(^^)
DSC06673.jpg

DSC06679.jpg

朝日岳から見下ろす那須のこの稜線の景色。大好き。
DSC06683_20160703205833b6b.jpg

で、こっち側も。\(^o^)/
DSC06684_20160703205835c9e.jpg

ナナカマド~や、
DSC06685.jpg

シャクナゲ越しに見える山の景色に、にっこり♪
DSC06687.jpg

で、たくさんの緑色の中に、ポツポツと白色が。
遠くからも、ナナカマドが咲いているのがよ~~く見えました。
その向こうには、三本槍岳。
DSC06689_2016070320593529d.jpg

これから向かう、隠居倉方面。
その奥には、会津の山々が見えています。
DSC06690_201607032059361cb.jpg
…今日、会津駒ヶ岳、山開きだったんだよなぁ。。。なんて、ふと。(^^;

熊見曽根から稜線を歩いていくと、さっそく出てくるオノエラン。
開いている時の白さも、それはそれはの美しさ~。
白って、ひとくくりの色じゃないんだなぁって、オノエランに会うたびに
思ってしまうのです。(^^;
DSC06693.jpg

ベニサラサドウダンも、まだまだ元気。
DSC06699.jpg

をぉぉ、おっきな、シャクナゲのブーケ。(^^)
DSC06708.jpg

テガタチドリが登場。さぁ、お花畑ロードのはじまり・はじまり~♪
DSC06713.jpg

まだ咲き始めの、ピカピカなテガタチドリ。
DSC06727.jpg

そっ、、そして!!!
DSC06730.jpg

同じようにお花にひれ伏していた女の子と「これ、ニョホウチドリだよね??」
なんて言い合いながら感動の、はじめましてのご対面~~♪ となりました。
DSC06740.jpg

思ってた以上に鮮やかな赤紫色の花。
思っていた以上に大きかった一つ一つの花。
DSC06746.jpg

緑色の中で、思い切り自己主張をしていました。
DSC06747.jpg

小さなお花畑では、千鳥さんのほかに、ウスユキソウやら、
ベニバナイチヤクソウやら。
で、やっぱり目をひく、ハクサンシャクナゲ~♪
DSC06751.jpg

DSC06753.jpg

いつ見ても美しい稜線だなぁ。。。と思ってしまう、三倉・大倉山方面。
お花の時期に、一度は行ってみたいなぁ。
DSC06755.jpg

本当は、隠居倉から先、三斗小屋温泉方面に下山して、峰の茶屋へ登り返そうかな? って
思っていたけれど、微妙な天気雨。それも、結構な降りっぷり。(^^;
しかも、なんか、素敵な感じに(-.-;雲海も盛り上がってきてるので、来た道を戻ります~。
DSC06759.jpg
1日4張り限定、1泊2000円。温泉入り放題。の、素敵なテン場偵察はまた今度。(^^;

ハナニガナロードを戻ります。
同じ花に引っ掛かりながら。(^^;
DSC06764.jpg

もふもふカラマツソウもかわいいな~♪
DSC06766.jpg

ツボミの妖精ちゃんもいたしさ。(笑)
DSC06765-1.jpg

「お花みたい。なにこれ??」って思ってたのは、何ちゃらウツギ(^^;の花が落ちた
跡だったんだね~。
DSC06770.jpg

コケモモの花は、ちっちゃなベル。ピンク色がかわいい。(^^)
DSC06774.jpg

途中まで戻ってくると、広がりつつある青空~。\(^o^)/
DSC06780.jpg
ん~、このまま三本槍行っちゃう?
・・・と思ったけれど、夕方までに帰宅したいので、今回はパス。
この間行ったばかりだもん、いいぢゃん。と、自分を納得させ・・・

じゃ、こりゃぁ、こっちの山に、行かなきゃな♪
DSC06781.jpg
あぁ、出かけると鉄砲玉だな。。。と、我ながら、そう思ふ。

ちょっとだけ霞のかかる連なる山々が、何とも言えず素敵です。
小雨がぱらついたけれども、ずっとずっと遠くの山々は見えていました。
DSC06782.jpg
燧ケ岳も、会津駒ヶ岳も、平ヶ岳も。。。み~~んな見えてます♪

茶臼岳へ登る途中、ふぅ、日がさすとやっぱり暑いな。。と、空を見上げると
不思議な虹。
左から赤~黄~青と並んでいて、時間とともに色が変わっていきました。
DSC06792_20160703210331deb.jpg
   ↓ 
下レポ参照。


で、茶臼岳~。久しぶりです。
DSC06796.jpg

山でせき止められる雲がなんともステキだなぁ。と見下ろすと、
青いジャージ軍団。
なんだか、元気な中学生のジャージまでもが、景色の一つになったようです。(^^)
DSC06797.jpg

ぐるっと火口の周りを巡って、下山しましょう~。

最後の最後まで、マルバシモツケ越しの那須の景色を楽しみながら過ごした1日となりました♪
DSC06806.jpg

山の神様。ありがとう~。(^O^)
DSC06810.jpg

無事下山後、片づけを始める頃から、だんだんガスが登り始め、
駐車場を出る頃には、ロープウェイ乗り場あたりまでも一面真っ白。
山を下りてソフトクリームを食べてる頃には、ポツポツと雨も。
ホントにいいタイミングで花の那須岳を楽しむことができました。\(^o^)/

で。。。
憧れの、あの池の畔でのテント泊は、、、
練習なしでぶっつけ本番を迎えることになりそうです。(^O^;
あぁぁぁぁ、きっと、行けば登るだろうけどさー
テント、ちゃんと張れるかな~。お天気どうかな~。
無事にご飯にありつけるかな~。
今度は、忘れずにシュラフカバーも持っていくぞー。
ワクワク。ドキドキの、真夏の訪れ~。
でも、早く来い来い。梅雨明け真夏♪
2016/07/02

青い虹

ふぅ、日がさしてきたら、急に暑くなってきたな・・・

と、ふと見上げたら、空に虹。

湿度たっぷりだものね~。
でも、まぁ、1枚、写真撮るか。。。と、カメラを引っ張り出し1枚。
DSC06791.jpg
あれれ、なんか、変?

普通、虹って、外側が赤。内側が紫・・・と並ぶけど、、、
この虹。左から赤~黄~青・・・って並んでる。(@_@)
DSC06792.jpg

そして、この虹。時間とともに、赤い部分は黄色に、そして緑。青と
色が変わっていき、、、
DSC06793.jpg

最後、紫色に変わって消えていきました。
DSC06794.jpg
時間にしたら、ほんの1分ちょっとの間。
でも、大興奮の時間でした。



何かいいことがあるかな~? (*^^*)





・・・あった。\(^o^)/
DSC06811.jpg
なかなか良き席ぢゃ。(^^)
来週、再来週、お山へ行けなくても、目の前にこれがぶら下がってれば、100人力!?