2016/08/30

お山の上で調理実習♪

白馬大池のテント泊大成功に気をよくして「いよしっ! 今度は蝶ヶ岳だっっ!!!」
・・・と、ピンク色に染まった槍ヶ岳を見に行こうと鼻息荒く(^^;準備をし、
あとは、荷物を積んで出かければOKの状態まで整ったものの、天気の変わり目。
稜線のテント場は、強い風が吹くかな?
と思ったら、結局自分にGOサインが出せず、行先変更~。(^^;(^^;(^^;

一回り小さなザックに荷物を詰め替え、歩荷トレだぁ~♪とか言いながら、
余分にペットボトルの水を2L入れてみました。(^^;(^^;

で、スタートは、ここから!
DSC07679.jpg

朝の森の香りって大好き!!! って思いながら登っていきます。
DSC07680.jpg

わぁ、花のようにパッと開いたきのこ。かわいいな~♪
DSC07681.jpg

トチの大木。思わず立ち止まって見上げて抱きついて。(^^;
そこいら辺は、いつも通り。(^O^;
DSC07683.jpg

ん? なにかいたっ。(@_@;)
DSC07684.jpg
はじめは、ワニかな~? って思ったんだけど、駒の小屋へ着いて・・・
数量限定マスコットのヤンバルクイナを見た時、をぉ、こいつ。そっくり!! と。(^^;
ヤンバルクイナの木と呼ぶことにしましょう~♪

かわいいっ。超暖色♪
DSC07685.jpg

木々の間から、燧ケ岳が見えるようになってきました。
至仏山にはすっかり雲がかかっちゃってるけれど、景鶴山の
きれいな三角形はばっちり見えていて、ご機嫌です♪
DSC07690.jpg

登山口を出発してから3時間ちょっとで大津岐峠。
ベンチになってる切株に腰をかけて、お茶にしましょう~♪

笹の中に生えているスノキの葉っぱは、もう真っ赤。
8月だってことを忘れてしまいそうな、秋の彩です。
DSC07693_2016082819132865b.jpg

リンドウも、精いっぱい花を咲かせてるしさ。
DSC07694.jpg

大津岐峠を出て最初の湿原。
真っ先に、スノキの赤さが目に入ったんだけど、その後、思わず
「わっ、黄色いっ!!」(@_@;)
DSC07696.jpg

すっかり秋色に変わりつつある湿原を歩いていきます。
DSC07699.jpg
朝のうちの青空はどこへ行っちゃったの?
な、重~~い雲が広がっちゃったけど、それでも、時々日がさすと
黄色く色づき始めた湿原は、キラッキラ。

湿原から草原へ変わると、足元は、コゴメグサロード。
DSC07703.jpg

大好きな富士見林道。
明日も歩く予定だけど、おそらく展望は期待できないからね、
何度も振り返りながら、そこから見える景色を楽しみましょう♪
DSC07705.jpg

これから進む方~。
駒の小屋も見えてきました。
そして、中門岳には、いやらし~くかかるガス。(T_T)
DSC07709.jpg

振りかえると、燧ケ岳は、まだど~~んと見えています。
日光連山は雲の中。
今まで歩いてきた登山道を、思わず目で追ってしまいます。
DSC07713_20160828191417585.jpg

ツツジやムシカリに葉っぱは、もうすっかり秋仕様。
DSC07715.jpg

先月、岩の上でかっこよく花を咲かせていたハクサンシャジンは
すっかり実を結んでいました。
DSC07718.jpg

足元は、キリンソウロード。
駒の小屋までは、もうちょっとです♪
DSC07722.jpg
ここまでですれ違った人は、わずか3人。
前を歩く人もいなければ、後ろから歩いて来る人もいない。
ゆっくりマイペースで歩けるところもお気に入り♪

楽しい稜線散歩も間もなく終了~。
今回も元気に富士見林道を歩いて駒の小屋まで来られたことに感謝!!
DSC07726_20160828191457cc6.jpg
駒の小屋のお泊りの受付は13時から。
なので、小屋前のベンチで、持ってきたハムとチーズをパンにはさんで
ランチタイム~。

・・・からの、お散歩タイム~。
風で水面が揺れちゃったね。の、逆さ駒が岳。
DSC07728_20160828191458201.jpg

山の神様に手を合わせたら、池の周りを一回り。
DSC07729_20160828191535a64.jpg

チングルマの果穂は、手で触れたら、ふわっと旅立つ子もいました。
DSC07731_201608281915379f6.jpg

まだまだ時間があるので、ハイジの丘方面へ、ちょいと下ります。
大好きな大好きなこの景色。
何回見ても、飽きることがないのが、飽きっぽい私の不思議です。(^^;
DSC07733_20160828191538976.jpg

で、ここから・・・
燧ケ岳、まだかくれんぼしてなくてホントによかった~♪
DSC07735.jpg

今回のお部屋、大池側。ラッキーなことに、窓側のお布団を割り当てて
もらいました。
(いやね、荷物の整理が下手なので、窓側だと、桟のところにずらっといろいろ並べられるのよ(^^;)
DSC07741.jpg
部屋には、とっても素敵な水彩画。
わたしも、景色を見ながら、こ~んなお絵かきがしてみたいなぁ。

荷物の整理をしたら、中門岳までお散歩に行きましょう~。

山頂を越えて、中門岳へ下ったところに、サワギキョウ。
会津駒ヶ岳で咲いているのを始めて見ました。
DSC07746.jpg
サワギキョウの爽やかブルーは、大好きな色♪

ガスが切れたところで、振り返って駒ヶ岳。
日がさすと、湿原の黄緑色が一層鮮やか。
DSC07752_2016082819162202d.jpg

真っ白に咲いていたイワショウブは、実になる直前。ほんのりピンク色。
こんな感じのイワショウブ。大好き♪
DSC07755.jpg

日が射したかな? と思うと、瞬く間に真っ白な世界に。と、天気はとっても不安定。
ガスが晴れたときに見せてくれる景色は、秋の訪れを感じさせてくれるもの。
で、風と一緒に、ふわっと草の香りまで漂ってきちゃいます。(^^)
DSC07756_20160828191625a86.jpg

お約束の、ハートの池糖。
DSC07760.jpg

ついこの間までは、キンコウカのお花畑だったんだね。
花が終わったキンコウカのひとつひとつは、お星さまの形♪
DSC07768.jpg

中門池の手前で、思わず立ち止まる。。。

なんじゃこりゃぁ。かわいい~~~~~!!!!
白とピンクと赤のイワショウブたち。
かわいい色がたくさん。
もう、すっかり花の季節が終わりを迎えつつある会津駒ヶ岳で
小躍りしたくなっちゃうほどの、かわいい花園でした。
DSC07770.jpg

来年は歩いてみたいぞ~の稜線と合わさってもとっても素敵♪
DSC07773.jpg

いつまでも見ていたい。そんなかわいいイワショウブ。
ずらっと並んでるような感じがとってもかわいかったな~。
DSC07777.jpg

で、中門池。
貸し切りでした。やっぱ、平日にのんびり歩けるのっていいなぁ。
DSC07779_201608281917116a3.jpg

キンコウカの葉っぱの先っちょは、ほんのりオレンジ色。
DSC07785.jpg

時々覗く青空に、あれれ、もしかしたら夕焼けが見られるかな?
なんて、ちょっぴり期待をしちゃいます。(^^;
DSC07789.jpg

たくさんのイワイチョウのほとんどは、花が終わって葉っぱも黄葉し始めていたけれど
このイワイチョウさんは、まだ、咲きたてピカピカ。
DSC07797.jpg

水鏡で遊びます。
DSC07801_20160828191755269.jpg

DSC07803.jpg

小屋に戻って、布団に寝っ転がって、しばしの読書タイム。
ぼちぼちお腹も減ってきました。

この日の晩ご飯は、2回戦制。私は後半戦。
5時半にならないと炊事場は使えないので、小雨の降る中
お外でご飯を炊きましょう~。
DSC07813.jpg

10分蒸らしたら、炊き立てごはん~。
半分は、翌朝分に、おにぎりを作ります。
DSC07814_201608281918401f9.jpg

新鮮レタスを乗せて、オイルサーディンを並べて、フリーズドライの
青ネギを散らし、お醤油をかけたら・・・
DSC07816.jpg
豪快オイルサーディン丼!!\(^o^)/

ザクザクっと混ぜて、一口食べたら、、、おいし~~~ぃ♪

えぇ、缶の底に残ったオリーブオイル。
どうしようかな。。。
エイッ。かけてしまえ!。と。カロリーもたっぷり。ε===へ(;^^)ノ

夕焼けも星空もお預けの夜。
駒の兄さんと、スタッフのお兄さん。それと、今月9泊目(@_@;)。と言う
駒中さんと、常連さんのお姉さんと、オ・ト・ナの話題に盛り上がります。
DSC07819.jpg
8時に消灯。
お布団に入るけど、まぁ、なかなか寝付けないのはいつものこと。
音を立てて雨は降ってるし、風は吹いてるし。
やっぱり山小屋って、ありがたいな。って思いながらウトウト。

いつでもどこでも朝寝坊の6時過ぎまでウダウダ。ゴロゴロ。

窓から外を覗くと、やっぱり雨の朝でした。
DSC07821.jpg

しかも、結構な降りっぷりで。(^O^;
DSC07822_20160828191926736.jpg

夜に握ったおにぎりは、真ん中にカマンベールチーズ入り。
そこにお醤油をたらして、スライスチーズを張り付けて、ホイルを敷いた
メスティンの蓋の上でこんがり焼いたら、Cheese rise ball♪
中ノ俣さんのブログからのパクリです。(^O^)
DSC07824_20160828191927f7e.jpg
パリパリチーズとトロ~~りチーズがおいしぃ~♪
お醤油味のチーズ。これ、、、最強だな。

「また来月ね~♪」と、兄さんに挨拶をしたら、キリンテへ向けて下山です~。
兄さんは、滝沢に降りてバスで帰ったら? と勧めてくださったけれど、
風がなかったので、雨降りの山歩きを楽しもうかな・・・と。
DSC07832.jpg

モクモクと歩いて下山しようと思ったけれど、雨に濡れた湿原と、紅葉の葉っぱが
あまりにもきれいだったので、結局写真を撮りながら。
DSC07839_20160828191930212.jpg

大津岐峠では、見えない燧ケ岳の方を見ながらお茶を飲んで
もぉ、どんだけお茶タイムが好きなの私? なんて思いながら
次回こそは、御池に抜けてみたいなぁ。と。
DSC07841.jpg
下山の時にすれ違ったのは1人だけ。
とっても静かな山歩きを楽しむことができました。

大津岐峠からキリンテ登山口までは一気に下山。
DSC07843.jpg
帰り、燧の湯でまったり湯治。
お昼の防災無線チャイムのガボットを聞きながら、のんびりと。
その後、下道を走り、夕方帰宅。

のんびり過ごした会津駒ヶ岳の2日間。
調理実習も、大成功。\(^o^)/
次は、ぽんかす丼だな。(笑)
スポンサーサイト
2016/08/30

5時でも

にじ(笑)
TS3V0418.jpg

なんと、三重の虹でした。
TS3V0417.jpg


台風の被害はありませんでしたか?

東北や北海道。
酷いことになりませんように…



2016/08/20

調理実習のお時間

『山と食欲と私』の1ページ。。。
DSC07678.jpg
ひゃぁぁ、おいしそう~♪

・・・と、すっかり感化され、メスティンをご購入。
「缶つま」のオイルサーディンを仕入れ、何気に裏を見ると、
固形物242キロカロリー。それプラス、オイル分かぁ。
今日は、やめておこう。(^O^;

冷蔵庫にあった舞茸と油揚げで、大好き舞茸ご飯を作りましょう~♪
お鍋でご飯を炊くなんて、計画停電の時以来かも。(笑)

ホントは、お外で真似して作って食べよう! と思っていたけど、
不安定なお天気に、出かける意欲は削ぎ落とされ・・・(^^;(^^;
ベランダにいつものバーナーを持って出て、Let's challenge!

お米を1合。水を、ポチポチの真ん中まで。
本だしと塩と醤油と舞茸と油揚げを投入!

はじめは強火。ププッと吹いたら弱火にして、約15分。
チリチリって音がしたら火を消して、100均のアルミランチバッグに入れて
蒸らしタイム。約10分。
DSC07675_20160820210425d0f.jpg
ふたを開けて、軽く混ぜたら、おいしそう~。\(^o^)/

底の方には、ほんのり「おこげ」さんもできていました。\(^o^)/
DSC07676.jpg
せめて気分だけでも・・・と、シェラカップによそっていただきました♪

や~、次は、焼き鳥の缶詰で、炊き込みご飯だな♪
そして、ぜひぜひやってみたいのが、メスティンで作るポップコーン。



あぁぁぁぁぁ、もしかして、危険なアイテムを手に入れてしまったのかも。(^O^;



次のお休みは、いいお天気になっとくれ♪
2016/08/17

お山の上でお茶しましょ♪

8月14日。  

この間のテント泊があまりにも楽しかったので、お盆休みにもう1回!!
・・・って思っていたけれど、予定が組めず、日帰り。
どこ行こうかな?
真っ先に浮かんだのが、丹後山の笹の稜線♪
でも、暑そうだ。(^▽^;)

それなら!! と、向かったのは麦草峠。
山の上のカフェで、ケーキをいただいてきましょう。(^O^;

家で準備した登山届には、ニュウを回って天狗岳。なんて、たいそうな
プランで立ててみたけれど、麦草峠に着いたのは7時過ぎ。
どう考えても、無理でしょぉ~。(いや、天狗岳へたどり着く自信もない。。と(^^;)
ニュウをちょいちょいっと消して、中山に書き換えて、登山届は
麦草ヒュッテ前にあるポストに入れました。

シラビソとかコメツガの森の中に入っていくと、そこは、モフモフ。苔の森。
DSC07518.jpg

いろんな緑色があってきれいだなぁ。なんて、コケを撫でまわしながら、
石がゴロゴロの登山道を登っていきます。
DSC07525.jpg

なにこれ。かわいい!!!
DSC07532.jpg

薄暗い森の中に、日が射しこむと、その場所の苔だけがスポットライトを
浴びたように照らされて、とってもきれい。
DSC07535_201608161733292a1.jpg

登り始めて約1時間で、最初のピークの丸山。
朝のうちは雲っていた上空には、すっきり青空。
立ち枯れた木のオブジェが青空に向かって伸びていて、とっても素敵です。
DSC07544.jpg
がっ・・・
これから向かう中山方面は、一面真っ白。
もぉ、はるばるここまで来て、何やってっかなぁ。。。って、テンションは下がる。(^^;

高見石小屋を過ぎても、石がゴロゴロ。苔がモフモフの登山道をひたすら登っていきます。

あっ、これ、何の実だろね。3つくっついてかわいい♪
DSC07547.jpg

ようやく空が近くなってきました。
ぽっかりと広くなった登山道。なんか、庭園のようです。(^^)
DSC07551.jpg

そして、やっと中山の展望台。
そう言えば、この間来たときは、ここはガスガス&激寒だったんだよね~。
北八ッの雰囲気バリバリの縞枯れ現象。
今回は、しっかり見られました。
DSC07554.jpg
その奥に見えるはずの茶臼山や北横岳は、まだ、ガスの中。

振りかえると、これから向かう天狗岳。
青空を背負ってます。\(^o^)/
DSC07555.jpg

お腹が減ったな。と、秋の始まりの空を見ながら、2回目の朝ごはん。
DSC07556.jpg

まだまだ遠いなぁ。。。
いったん、中山峠まで下りて、そこから天狗岳へは登り返しとなります。
DSC07561_20160816173501867.jpg
いったん、黒百合ヒュッテで、きれいなトイレ(1回200円)を借りたら、
天狗の奥庭経由で登っていきましょう~。

スリバチ池越しの天狗岳の景色を楽しみにしていたけれど、なんと、
スリバチ池の水は、すっかり枯れていました。(^O^;

なかなかの急登です。
DSC07566.jpg

でも、振りかえると、とってもいい景色~。
さっきまでいた黒百合ヒュッテも、もう、ずいぶん下に見えます。
DSC07567_20160816173504f09.jpg

ようやく天狗の奥庭まで登ってきました。
岩とハイマツが作る景色も、とっても素敵。
岩の傍では、トウヤクリンドウや、イワツメクサが咲いてます。
DSC07568.jpg
それまで、ずっとお花の少ない登山道だったので、思わず
何度もスクワット。

空が青いな。
DSC07579.jpg

こんな色が、八ヶ岳ブルーって言うのかな?
DSC07582.jpg

ふと下を見ると、をぉ、初めて見たよ。
葉っぱの感じから、アザミの仲間よね。
DSC07584_201608161735433ce.jpg

あぁ、なかなか着かないなぁ。
振りかえると、こんな素敵な景色。
もう、ここまで来たから、このまま下山しちゃおかな?
DSC07588.jpg
実は、岩と小石の混ざる歩きにくい登山道。
すっかり心が折れてしまいました。(^^;

あぁ、ようやく山頂が見えてきた。
山頂が見えたから、もう、ここで下りよかな?
DSC07590.jpg
珍しく、弱気だったりします。(^^;

お花咲いてると、元気出るね。(^^)
DSC07594.jpg

ようやく山頂。
4時間以上かかってしまいました。
ホント、ニュウを回って来よう。なんて、無謀なことをしないでよかったよ。
DSC07604_20160816173625333.jpg

振りかえると、歩いてきた稜線がくっきり。
湧いてくる雲が夏山の景色を素敵に作りだしてくれました。
DSC07596.jpg

さて、ここで、Thinkingタイム。(^^;
西天狗へ行くと、行って帰って1時間+α
でも、行けば、気持ちの良さそうな稜線散歩が楽しめそう。
西天狗からの眺望も期待できそうだよなー。
でも、行っちゃったら、ティータイムは無理。。。だよなぁ。
DSC07602.jpg
さぁ、どうしよ。


岩の上に座ってランチタイム~。
目の前には、雪が作った素敵な景色が広がっていました。
DSC07609.jpg
ガスが多かったけれど、赤岳や阿弥陀岳も少しだけ。
硫黄岳の爆裂口もガスの切れ間からしっかり見ることができました。

で、素敵な景色を背負ってトウヤクリンドウ。
根っこが生えてしまいそう。
DSC07616_2016081617370358a.jpg
日差しが強くて、背中の汗も瞬く間に乾いていきました。

さて、西天狗は、次回、泊りできた時のお楽しみにしましょう。
西天狗より、カップケーキの勝~♪

コケモモちゃん。ちっちゃいりんごのようね。
で、カップケーキも、何のカップケーキにするか、、、き~めた♪
DSC07623.jpg

少ない花に足を停めながら、、、
DSC07626.jpg

黒百合ヒュッテに着きました~。
テン場は、とっても平坦。ウッドデッキもあります。
ここでまったり~と過ごして、朝と夕方は天狗の奥庭でピンクに染まる
山を眺める。う~~ん、いいねぇ。
来てみたいねぇ。せっかくなら、やっぱりクロユリが咲く頃??
DSC07632_20160816173707912.jpg

で、今回のお楽しみ~。
Cafe chocolate Lily  で。。。
カップケーキセット。900円なり~。
DSC07633.jpg

待つこと数分。
外のベンチでいただくことにしましょう~。
DSC07635.jpg


コケモモのカップケーキ。中には、コケモモちゃんがゴロゴロ。
これに、甘さ控えめのクランベリーのソースをかけていただきます。
DSC07636_20160816173749e59.jpg
お山で飲むコーヒーもおいしかったな~。

時計を見ると1時半。さてさて、頑張ってもあと2時間半はかかるかな?
気合で下山しましょう~。
天狗岳の奥には、入道雲がモクモク。
DSC07640.jpg

あっ、かわいい子がいたよ!!
DSC07643_20160816173752ad5.jpg

全然逃げる様子もなく、すぐ目の前を、あっちに行ったり、こっちに行ったり。
あまりにもかわいらしくって、しばらく足止め。(^^;
DSC07647.jpg

コケロード。いろんな色の苔が延々と続いていて、とってもきれい。
DSC07648.jpg

あのピークがニュウだね。
テント背負って行く時は、あちらもぐるっと回るよ~。\(^o^)/
DSC07649.jpg

中山展望台は一面真っ白。
ずんずん下って、高見石。
大きい岩を登って、白駒池を見に行ってみましょう~。
DSC07654_20160816173839b4e.jpg

振り返って、中山方面。
何度見ても、針葉樹の森がとっても素敵です。
DSC07655.jpg

さらにずんずん下って、白駒池の畔へ。
間もなく16時になろうとしてるけど、ここでは、まだ、観光の人たちがたくさん。
池ではボートに乗ってキャーキャー楽しんでるグループもたくさん。
DSC07662.jpg

白駒の奥庭を通って、麦草ヒュッテへ。
ここの雰囲気も、国道からちょっと入っただけなのに、山奥の雰囲気がとっても好き。
DSC07667_20160816173922500.jpg

今年も、麦草ヒュッテ前のお花畑では、ワレモコウがきれいに咲きそろって
風に揺れていました。
DSC07669.jpg

ふぅ、疲れたな。。と、駐車場に戻る途中・・・
をっ、、、!!!
DSC07671.jpg

エゾスズランだぁ!
DSC07672.jpg

笹に紛れてひっそりと。
と~~っても嬉しい出会いでした。
DSC07673.jpg

そして、家に帰ると、この間、ポチッとしてしまったコミック本が届いてました。
一気読み。
山でご飯を作って食べたくなっちゃったな。(^^)
DSC07516.jpg
2016/08/15

おもひで巡るお付き合い (4)

8月11日 今年初めて制定された「山の日」
ここのところ、いろいろあって、何となく煮詰まってる母を誘って美ヶ原~。

なんて言っても、美ヶ原と言えば、うちの両親のおデートの思い出の場所。
で、私が子供の頃は、夏休みのお出かけの定番。
で、お母さんになってからは、今度は、子供たちを連れてお出かけした。。と、
家族の思い出いっぱいの場所♪だったりするのです。(^^)

上信越道、佐久平PAから見た八ヶ岳、蓼科方面は、ガスで真っ白だったけれど、
急な山道を、頑張れ軽自動車!!! で登り切ったときには、すっかりガスも晴れ
雲の中から、八ヶ岳が顔を出し始めていました。(^^)
DSC07433_20160815204017c92.jpg

広大な牧場の中の砂利道を歩いていくと、足元には、とっても鮮やかなカワラナデシコ~。
もぉ、クレヨンのピンク色かと思うほど、すごいきれいなピンクでした。
DSC07435.jpg

で、奥~の方には、じゃじゃじゃじゃじゃ~~~~んと並ぶ、北アルプスの山々。
「この間は、あそこに見える白馬岳へ行ってきたんだよ~」と話す私の顔つきは
きっと、ちょっと誇らしく、、、で、ドヤ顔をしていたと思う。(^^;(^^;
DSC07437.jpg

薄雲りの天気だったけれど、日差しは強くて、母は日傘をさしてゆるゆる。
普段、元気にはしているけれど、さすがに最近は、山道を歩くのはしんどいそうで・・・
DSC07440.jpg
ここなら、高原の風を感じながら、ゆっくり楽しめるものね。

あっ、槍ヶ岳。見っけ!!
DSC07441.jpg

美しの塔の周りは、ロープで立ち入りを制限されてるけれど、、
ハクサンフウロやアザミ。ウツボグサやツリガネニンジンが咲くお花畑。
DSC07444_20160815204101ece.jpg

DSC07446.jpg

「寝転び広場」なんてところがあって、そこでは、お花畑で
ゴロンと寝っ転がって、高原のお花畑を満喫。。。
DSC07450.jpg
してる方がいらっしゃいました。(^O^)

美しの塔。
ここの鐘の音は、一面ガスに包まれてしまったときには、きっと心強く
感じられることでしょう。
DSC07451.jpg

足元に咲くちっちゃな子たち。
「これ、なんて花?」 なんて話をしながら・・・
DSC07454.jpg

DSC07455.jpg

DSC07456.jpg

アルプス展望コースを通って、ゆるゆると、山頂の王ヶ頭を目指しましょう。
DSC07459.jpg

真正面に乗鞍岳。その左に御岳山に中央アルプスに南アルプスまで。
DSC07460.jpg

目の前に広がる雄大な景色。足元に咲くかわいいお花。
DSC07465.jpg
だけど、お手軽、標高2000mの散歩道♪

そう言えばここって、標高の高いところまで車でひゅんと走って
高原の風を感じながら歩く、山歩きの楽しさを知った場所の
1つかもしれないな。

コウリンカ。初めて見た~♪
DSC07473.jpg

烏帽子岩まで来ました。
でも、、、、
どう見ても、ゴリラの横顔だよね。そんな話をしながら、ずんずんと。
DSC07474.jpg

で、見えているのになかなか着かない目的地。
でも、登山道の両側は、ずっと何かしら咲いていて、あれがきれい。これがかわいい。と
飽きることなく。(^O^)
DSC07475.jpg

紫色のクルリンちゃん。かわいい~~~~~っっ。
花びらが思いきりクルクルクル~~~~っっとカールしてます。
DSC07479.jpg

アルプス展望コースの最後には、マツムシソウのお花畑が待っていました。
ここもロープで囲われてる。。だけど、たくさんのマツムシソウ。
もう、秋だねぇ。なんて思ってしまいました。
DSC07485.jpg

歩き始めて、約2時間弱。ようやく山頂「王ヶ頭」
標高差100メートル足らず。
大満足の、ゆるゆる展望ハイク。
DSC07487_201608152043154bc.jpg

日々のドタバタなんて、ちっちゃ~い。って、思っちゃうよね。こういう所にいるとさ。
DSC07494.jpg

アサギマダラは、上昇気流を捕まえて、優雅に飛んでいました。
時々止まっては羽を休めてるんだけど、なかなかきれいな模様を見せてくれないね。
DSC07495.jpg

あの時は、あーだった。
このときは、こーだった。 思い出の美ヶ原。
いろんなことがあったね~。でも、楽しいこと、いっぱいだったね。
DSC07499.jpg

で、その後は、美ヶ原高原美術館。

これと・・・
DSC07500.jpg

これっ。「この位置で撮ると、ホントにスリムに見えるねぇ」と。
DSC07509.jpg
実家にあるアルバムには、まるっきり同じことをしている写真が残ってました。(^^;
もぉ、全く成長してない。。。(^O^;

広ーい高原美術館をのんびり見て回り。。。
DSC07506.jpg
前にもこれ、あったね。って、覚えているものもあれば、

あれれ、こんなのあったっけ? って、思い出せないんだか、最近できた
物なんだか。(^^;(^^;
DSC07511.jpg
お土産コーナーでは、信州の、、、甘いものを仕入れ

帰り道、ビーナスラインをドライブ~。
この気持ちのいい景色の中、車を運転するのは、楽しいものね。
DSC07513.jpg

白樺湖畔では、なんと、アカシアの木が黄葉中。
あっ、黄金アカシアって言うそうです。
DSC07515.jpg
でも、紅葉の時期なんて、あっという間にやってくるんだろうな。
もうちょっと夏を楽しみたいよぉぉぉ。(^O^;
2016/08/13

白馬岳 花咲く稜線

景色に見とれていると、足元に咲く小さな花たちを見落としちゃう。
足元ばかり見ていると、雄大な景色を見そびれちゃう。
もぉ、前見て、下見て、振り返って、忙しいったらありゃしない。

でも、そんな忙しさは、とっても嬉しい。
DSC07366.jpg
お花のピークは過ぎてしまった感じの白馬稜線だけど、備忘録として
花咲く景色を振り返りたいと思います。
どうぞお付き合いくださいね。m(__)m

銀嶺水を過ぎてちょっと岩岩の広場に出る頃咲いていた
イワショウブ。
DSC07074.jpg

この花が咲き始めると、もう、夏も終わりだなぁ。って思ってしまいます。
DSC07076_20160812231420351.jpg

今回の山行で唯一見られたチングルマ~。
咲いててよかった~。やっぱりチングルマは、私にとっては特別だったりします。
DSC07080.jpg

そのほかのチングルマは、み~~んな果穂になって・・・
「稚児車」って言葉がぴったりな感じになって、青空に向かって背伸びをしていました。(^^)
DSC07084.jpg

岩陰では、やさしい紫色のヒメクワガタ。
去年、唐松岳へ向かう途中、扇雪渓で見かけて一目ぼれをしていました。
優しい色がほんとにかわいかったんだもん~♪
DSC07082_20160812231423afc.jpg

白馬乗鞍岳の山頂あちこちでは、ヒメシャジン。
DSC07103_20160812231510f27.jpg
実は、この時は、まさに悶絶なう。(^^;(^^;(^^;
休憩中ですよ~。って顔をしながらも、心の中で「いてててて・・・・」

タカネバラ。見つけると、必ずクンクンしちゃいます。
今回も。いい香り~。(^O^)
DSC07104_201608122315122f5.jpg
この後、今年お初のトウヤクリンドウを見つけて、思わず屈んでしまったために
悶絶タイム再び・・・となってしまったのです。(泣)

白馬大池から蓮華温泉に向かう途中、ハイマツの茂みの中に
ベニバナイチゴの実っ。
DSC07127.jpg

池の畔では、仲良く並んでイワイチョウ。
奥に見えているのは、簡易水洗のトイレ。
DSC07135.jpg

白馬大池山荘の周りでは、ヤマハハコとオトギリソウ。
そして、ダイニチアザミがお花畑を作っていました。
DSC07139.jpg
花が下を向いて咲いているのは、別に、しおれているわけじゃないのよ。(^^;
頸城山塊と白馬岳付近にだけ咲くアザミなんだそうです。

明けて翌朝。
日の出を喜ぶ(きっと、そうに違いないと勝手に思っている(^^;)イワギキョウ。
DSC07236.jpg
稜線上のあちこちで、イワギキョウがかわいらしい花を咲かせていました。(^^)

咲きたてピカピカのウメバチソウ。
いや、、、、遠くから見た時は、「あっ、チングルマ?」なんて思ってしまったけど(^^;
DSC07246.jpg
コロンとした形は、やっぱりかわいい~。

タカネナデシコも、惜しげもなくあちこちに。
DSC07253.jpg
空の青さと、葉っぱの緑。で、鮮やかなピンクがとってもきれいだったなぁ。

石の隙間からクモマミミナグサ。こんにちは~♪
DSC07254.jpg

チングルマ&ウサギギクのコラボ。
山の景色を背負ったお花畑。
白馬岳で見たかった景色は、まさに、こんな景色でした。(^^)
DSC07257_2016081223160828e.jpg

エゾシオガマとチングルマのコラボ。
奥に見えるのは、朝日岳へ続く稜線。
DSC07258.jpg

見上げると、ミヤマダイコンソウのお花畑
DSC07259_20160812231705654.jpg
実は、ミヤマキンポウゲとウマノアシガタとダイコンソウと・・・
見分ける自信がなかったりします。わたし。(^^;(^^;

チングルマは、風に揺れてゆらゆら。
もぉ、時間に余裕があったら、いつまでも眺めていたいなぁ。
何度そう思ったことでしょう。
DSC07261_20160812231706b01.jpg

イワオウギもあちこちに。
これも、去年初めて覚えた花。
知らなかったものを新しく知ることができるのはやっぱりうれしい~。
DSC07267.jpg
好きなことなら、億劫がらずにいくらでも覚えようとするのね。(^^;
・・・と、自分に突っ込みを入れることしばし。

む・む・む。。。?
イワベンケイ?    ちと違う気もするが。(^^;(^^;
DSC07275.jpg

白い石が多い白馬岳までの稜線。
たま~~~に、赤っぽい石の場所もありました。
そんなところでも、イワギキョウ。奥には、白馬三山が見えてます~♪
DSC07280.jpg

をぉぉぉ、コマクサ&ウルップソウの残骸!!!
DSC07291.jpg

で、こっちは、トウヤクリンドウ&ウルップソウの残骸!!!
DSC07302_2016081223202365f.jpg
ウルップソウって、一生懸命探さないと見られないのかと思ってたけど
こんな、あちこちに生えてるのかぁ。
こりゃぁ、紫色の花が咲く頃、絶対に見に来たいなぁ。もぉ、次回も来る気満々。(^^;

シロウマタンポポ!!!
タンポポの黄色い色って、なんか、ほっこり温かくって大好き。
DSC07293.jpg
ここで、BUMPのダンデライオンがぐるぐる頭の中を巡りだす。
えぇ、この間のライブで、ダンデライオン聞いて涙腺崩壊したさ。私。(^^;

鼻歌を歌いながら歩いていくと・・・

斜面いっぱいにハクサンイチゲ。
これも嬉しい!!
DSC07294.jpg

そして、もっさりとミヤマクワガタ。
DSC07296.jpg
紫色の模様が美しぃ~。

「これから、まだまだ花が出てくるよ~」なんて、すれ違うおじさんに
声をかけられて、「きゃぁ、嬉しいっ!!!」と、もう、満面の笑みよね。
DSC07300_20160812232021dab.jpg

タカネツメクサの、緑と白の爽やか色のブーケは、あちこちに。
DSC07304.jpg

イブキジャコウソウも、たくさん。で、奥に見えてるのは、妙高・火打。
高谷池の畔でもテント泊しなくちゃな♪ もう、テント背負って行きたいところばかり。
体は一つ。もぉ、どうしましょっ!!!
DSC07334_201608122320269fa.jpg

そして、、、
おぉぉぉ、あれはっっ!!!!    
かわいい、かわいいシコタンソウ!!!\(^o^)/
DSC07335.jpg
それも、こんなワイルドな景色の中で。

かわいいお顔を覗くと、クリーム色の花びらの中に、カラフルな水玉模様。
かわいいなぁ。ホント、きれいだなぁ。
もぉ、嬉しいよぉ。。ホント。嬉しすぎ!
DSC07337.jpg

ホソバツメクサは、お星さまみたい。
流れ星のブーケだな♪
DSC07338_201608122321185f6.jpg
過酷な環境の中でも、しっかり根を下ろして咲いてる、好きな花の一つなのよね~。

花びらに毛が生えてるから、チシマギキョウ。
DSC07339.jpg

こっちも。
DSC07342_20160812232121a45.jpg

イワツメクサ。
DSC07345.jpg
もぉ、どれが何なんだか、だんだんわからなくなってくる。(^^;

で、ちょっと鮮やか紫色が、イワギキョウ。
チシマギキョウと、並べて見比べると、花の形。色の違いがはっきり。
DSC07347.jpg

で、なんか、みんなならんで山の景色を眺めているようで、ちょいと面白い。
DSC07356.jpg

ミヤマコウゾリナも元気いっぱい。
ここで、再びBUMPのダンデライオンがぐるぐる巡りだす。(^^;
DSC07352.jpg

ダイモンジソウ。この子たちは、葉っぱの裏は緑色のタイプでした。
DSC07360.jpg

ミヤマアズマギク&ヨツバシオガマ。
でも、実はこのシオガマさん。葉っぱが4枚でなくて5枚あった。
ん~、イツツバシオガマか!?(^^;
DSC07361.jpg
そう言えば、あちこちに、タカネシオガマも咲いてたな。
しかも、ヨツバシオガマたちは、しおれてるものが多かったけど、タカネシオガマたちは
どこで見かけても、元気いっぱい。(^O^)

白馬乗鞍山頂から、小蓮華山にかけて、あちこちで咲いていたのがコゴメグサ。
何コゴメグサだかは・・・私にはわからん。(^^;
DSC07377.jpg

タカネヤハズハハコ
DSC07384_20160812232406f92.jpg

そして、こんな鮮やかなハクサンフウロたち。もぉ、そりゃ、違反だよ。
・・・って、思わずつぶやく。
DSC07386.jpg

白馬大池近くのハイマツの足元には、もっさりとリンネソウ。
DSC07407.jpg

かわいいな~。
DSC07409.jpg
白馬大池から白馬岳まで、花咲く稜線。
もぉ、こりゃ、たまらん!!
再訪を誓ったのは、言うまでもありません。(*^^*)
2016/08/09

憧れの白馬大池テント泊からの白馬岳♪

この日のためにテントを買った! と言っても過言でないほど
楽しみにしていた山行でした。(^^)

栂池パノラマウェイでひゅんと標高1800mの世界へ。
ロープウェイのお姉さん曰く「今日は、今年5本の指に入るくらいの天気と
眺望ですよ~」と。
そういえば、これまで栂池自然園へ来たときは、ガスガスで白馬のお山は
見えなかったんだよね。
こんな素敵だたんだぁ~。と、長~いゴンドラに揺られ、しみじみと。
DSC07065.jpg

下界には、雲海が広がってるしさ。
DSC07067.jpg

今回もでかざっくに大荷物。減量作戦は失敗で、お荷物15キロ。(^^;
7:30 栂池山荘のわきにある登山口から、ゆっくり登っていきます。
途中、銀嶺水っていう水場で一休み。北アルプスの冷た~い雪解け水でした。
同じタイミングで水汲みをしていたおじさん「この水でコーヒー入れるとおいしいよ~」と。
もちろん、帰りにも寄って、お持ち帰りをしました♪

で、歩き始めて約1時間半。
8:50 最初の休憩ポイント、天狗原につきました。
ずっと樹林帯の中、突然現れる開放的な湿原。
ザックを下して、家で漬けてきたきゅうりなんぞをつまみながら、
甘いコーヒーでひとやすみ。
DSC07085.jpg
見上げると、山肌に登山道が一直線。(@_@;)

ここって、至仏山ですかぁ? って聞きたくなっちゃうような
直登の急登です
DSC07096_20160809212532f69.jpg

でも、振り返れば、いい景色♪
さっき休憩した天狗原も、もうあんな下に。
ガスがわいてきちゃったけれど、妙高も火打もばっちり見えて、思わずにっこり。
DSC07097.jpg
「へとへとだぁ」と言いながらも、時々現れるお花畑に足を止め、
大きな岩を渡り歩くように登っていくと、、、

あっ、ライチョウ!!! \(^o^)/
DSC07102.jpg

10:40 このライチョウを見たくて、ちょいと頑張って急いでしまったがために
乗鞍岳山頂の一角に出たところで、足がつって悶絶タイム。(^^;;
DSC07109.jpg
ようやく収まった・・・さて、歩くか。
・・・と、動き出したところで、今年お初のトウヤクリンドウ。
嬉しくて、うっかり花撮りスクワットをしてしまったら、悶絶タイム。再び。(^^;;

11:20 ホントは、乗鞍岳で、早めのランチ予定だったけれど、テン場の混雑が
心配だったので、白馬大池まで行っちゃいましょう。
DSC07111.jpg
白馬乗鞍岳。ハイマツが茂るだだっ広い山頂。
おおらか~な雰囲気がとっても気に入りました。\(^o^)/

山頂を越えて下り始めると、目の前には真っ青な池&赤い山小屋。
憧れていた、、、あの場所が見えてきました。
ようやく着いたよ~。嬉しぃ~。
DSC07113.jpg
やばい、やばい。嬉しさと、ちょっぴり安堵で涙腺崩壊。(^O^;

夢にまで見た白馬大池。
思った通り、清々しくって、雄大で、そこにいるだけで穏やかな気持ちになれる。
そんな場所でした。
DSC07117.jpg

ゴロゴロの岩の上を歩いて、少しずつ、憧れの場所に近づいていきます。
DSC07119.jpg
11:50 白馬大池山荘。到着~。
受付を済ませたら、さっそく、今宵のお宿を建てましょう♪

お花畑側はもう空いていなかったので、小屋側に。
2回目にしては、そこそこ上手に設営できたかな? と、自己満足♪
DSC07121_20160809212722a54.jpg
荷物を片付けて、お昼を食べたら・・・

あらあら、私にしては珍しく、ぐったり。(^^;
マットを膨らませ、ゴロッとお昼寝しちゃいましょう。

1時間くらいゴロゴロしたら、元気復活。
さて、お散歩にでも行きましょう~。

夢にまで見た白馬大池の畔のチングルマは、み~~んな花は終わって
果穂がゆらゆら揺れていました。
DSC07124.jpg
それにしても、びっくりするほどのチングルマ。
ずっと奥の方まで果穂が揺れていました。

午前中、景色を楽しむ余裕がなかったから、池の畔を歩いて、乗鞍岳まで
行ってみましょう。
DSC07133.jpg
15時近くなっても、小屋を目指して歩いてる方がたくさんいます。
この日の白馬大池山荘は大混雑予想。
1枚のお布団を2人で使用の可能性があり。
なんて看板が出ていました。

乗鞍岳山頂付近で人だかり。その視線の先には・・・

岩の上でポーズをとっている雷鳥!!!
かわいい!!  もぅ、みんな、メロメロ。(*^^*)
DSC07158_20160809212727e37.jpg

人を怖がる様子もなく、登山道の方まで歩いてくる雷鳥。
お腹から足にかけては、もう冬毛に変わっていました。
モフモフの足。かわいい~。
DSC07164.jpg

で、登山道の真ん中で砂浴びを始める親子。
もう、手を伸ばせば届くくらいの距離。
雷鳥が立てた砂埃が飛んでくるくらいの距離に人間が取り囲んでるってのに
全然怖がる様子もありません。
DSC07166_20160809212810cba.jpg
やー、嬉しいなぁ。
もぉ、雷鳥ファミリーに、そこにいた人たち。み~んな足止め。(^^;

テン場に戻ったら、晩ご飯。
しょうが焼き定食~♪
セブン調達。(^^;
ホイルを敷いたフライパンでこんがり焼いたら、めちゃめちゃおいしぃ~。
DSC07182.jpg
生野菜もつけて、なかなかリッチ~。(^^)

ご飯の後は、徘徊再び。
日が西に傾き始めると、チングルマの果穂がキラキラに輝き
はじめました。
DSC07185_20160809212813810.jpg

すごい。。。夢の中にいるようです。
DSC07186_201608092128148da.jpg

テン場には、色とりどりのテントが並んでます。
この日は、池の畔にまでテントが並びました。
DSC07197.jpg
そんな中、自分の影で遊んでみたりして。(^O^;

空は焼けなかったけれど、落日ショーを楽しみ・・・
ガスと太陽が、なんか、素敵な景色を作りだしてくれました。
DSC07200.jpg

マジックアワーの、やさしい光の時間。どこからとなく聞こえてきたアルプホルンの音色。
あっ、、、登山道の方で演奏してる人がいたっ!
DSC07207.jpg
一度生で聴いてみたかったのよ。燕山荘に泊まらなきゃダメかな? って
思っていたけれど、外で生演奏が聴けるなんて、嬉しぃぃ!!

で、一通り演奏がすむと、テン場で再び演奏会。
「よかったら、試しに吹いてみませんか?」 と、声をかけていただき
近くにいた人たち、みんな順番にアルプホルン体験。(*^^)v
ちょっと音を出すだけで「ぜーぜー」
「空気薄いですからね」と笑うお兄さん。貴重で、楽しい体験でした。

あたりが暗くなった頃、一面、ガスガス。
星空は残念。。。と、シュラフにくるまり、早寝!!

うとうとし始めた頃、外で「わぁ、きれい!!」と、子供たちのはしゃぐ声。
テントから顔を出して空を見ると、満天の星空。天の川もくっきり。
音もなく、流れ星がひゅんひゅん飛んでいます。
その後も、目が覚めるたびにテントから顔を出し、星空満喫。

明けて翌朝。3時半には目が覚めました。
さて、今日は白馬岳を目指しましょう~。
いちお、8時を目安に。
カップスープとブドウパンで軽めの腹ごしらえ。
4:20にヘッデンをつけて出発~。

4時半には、山際が赤く色づいてきています。
焼山から登る噴煙もくっきり。その右側には、火打山。
さらにその右の妙高山の右側から太陽が登ってきました。
DSC07221.jpg

穏やかな日の出に、やばっ。涙腺崩壊再び。
なんか、最近、山に来て泣いてばっかだな。
でも、感動の瞬間は、何回味わっても大歓迎。
DSC07228.jpg

白馬のお山。その奥の鹿島鎗までピンク色。
DSC07235_201608092129387f3.jpg

太陽の光は、見る見る強くなってきました。
天気が良すぎて雲海が広がってないぢゃん。
そんな贅沢を言えてしまうほどいい天気の朝。
DSC07238.jpg

これから歩く稜線も、ピンク色。
口元緩みっぱなしです。(^^;
DSC07239_20160809212941523.jpg

朝の光を浴びて咲くお花たちもなんか、とっても嬉しそう。
さて、行きましょう~。
DSC07256_20160809212943b0f.jpg

小蓮華山の山頂は、大混雑。
大展望をおかずに朝食タイムの方が多かったようです。
DSC07268.jpg
あっ、、私は白馬岳のてっぺんで朝ごはんだもんね~。
・・・って訳で、水分だけ摂ったら、進みます~。

鹿島槍の奥につんととがった槍ヶ岳みっけ~。
DSC07272_20160809213034d83.jpg

自分の影遊び再び。(^^;
憧れていたあの景色の中に自分がいる。。って、もう、それが嬉しくって
仕方ないのです。(^^;
DSC07276_20160809213035834.jpg

憧れていた北アルプスの稜線を歩いてる。
見える一つ一つの景色に感謝しながら白馬岳まで。
時計を見ると、どうやら、白馬の山頂で朝ごはんを食べる余裕がありそうです。
DSC07279_20160809213037442.jpg

次はこっちの稜線だな。
三国境では、雪倉岳へ続く稜線を見て、広がる妄想族。
ミヤマムラサキパラダイスの雪倉岳。素敵なテン場だって噂の朝日岳。
五輪尾根のワタスゲパラダイス。。。行ってみたいなぁ。歩けるかなぁ。
DSC07285.jpg

見えてるところが山頂と思うな~。(^O^;;
素敵な白い稜線を歩きながら、いよしっ、着いたぞ!! って思ったんだけど
DSC07301.jpg

さらにその先がありました。(^^;
でも、ここも、、、憧れまくっていた、白馬岳へ続く、最後の登り。
口元が緩んじゃって仕方ありません。
DSC07306_201608092131245ae.jpg

7:30 白馬岳山頂~。
360度。大展望です。\(^o^)/
DSC07307_20160809213126813.jpg

記念写真を撮ったら、展望を楽しみましょう~。
正面には、ど~~~~んと立山&剱岳
DSC07310_201608092131272c6.jpg

白馬三山への稜線。その先には、鎗ヶ岳&穂高
DSC07315.jpg
こんな景色をおかずに、甘いコーヒーとパンで朝ごはん。
もぉ、なんて贅沢なんでしょ。

足元を覗き込むと、大雪渓。
次は、ここを登ってきたいなぁ。葱平のお花畑が見てみたいんだよねー。
DSC07318_201608092131319b7.jpg
そして、予定通り8時には名残惜しいけど下山開始。
白馬大池11時までには到着の予定。

展望とお花を楽しみながら歩きます。
DSC07329_20160809213219c33.jpg

同じ道だけど、でも、見える景色ひとつひとつがステキすぎ。
DSC07331.jpg

あとは下るだけだもん。ゆっくり花撮りスクワットを楽しみながら
まずは、白馬大池を目指します。
DSC07334_20160809213222f06.jpg

あぁぁぁ、こっちの稜線を歩いたら、どんな景色が見られるんだろう。
もう、楽しみすぎちゃいます。
DSC07350.jpg

名残惜しくて何度も振り返る。
9時を過ぎると、ずいぶん雲がわいてきました。
DSC07374.jpg

振り返ると、ついつい今まで歩いた稜線を目で追ってしまいます。
もぉ、名残惜しくて仕方ないのです。(^^;(^^;(^^;
DSC07381_201608092133050b5.jpg

小蓮華山で最後の休憩。
ポコポコ沸いている雲が、夏の空です。
DSC07382_20160809213306ca6.jpg

DSC07387.jpg

白馬大池が見えてきました。
あぁ、もう、夢の稜線散歩、終わってしまうんだなぁ。
DSC07389_20160809213309e39.jpg

栂池自然園が見えたっ!
あそこまで下りるのか。萎えるなぁ。
DSC07392.jpg

小蓮華山と船越の頭間の、緑の中に白い登山道。
この景色も憧れていた景色の一つです。
DSC07395.jpg
夢のような時間だったなぁ。と、もう、しみじみ。

白馬大池があんなに大きくなってきました。
そう言えば、私の別荘は、、、ちゃんと待っててくれたかな?
DSC07398.jpg

10:50 ほぼ予定通り白馬大池まで戻ってきました。
風が強くて、テントが煽られる中、必死に撤収。
飛ばされちゃったら、笑い話にもならないものね。(^^;
DSC07414.jpg
大池の畔でお昼ご飯を食べたら、名残惜しいけれど下山の時間です。

12:00 栂池自然園へ向けて下山開始~。
さようなら。またいつか。
DSC07417.jpg

黙々と下って14:30に無事下山。
DSC07431.jpg
お疲れ様のサルナシソフトをいただいたら、ロープウェイで駐車場へ戻ります。
栂の湯で2日間の汗を流して、途中渋滞にはまりながら帰宅。

ドキドキだったソロテント泊。
思っていた以上に楽しくて、もう、どっぷりはまってしまいそうな予感。
さて、次は、蝶ヶ岳かな~?
それとも????    体の疲れが取れてくると、また、行きたいところがむくむくと
湧いてくるのが、なんともおかしかったりします~。

写真を撮る余裕なんてなかったな。なんて思いながら帰ってきた割には、
膨大な写真データにびっくり。
でも、重たい荷物を背負ってるときの花撮りスクワットは、要注意ね。(^^;
2016/08/08

アコガレていた池の畔

8月6日~7日
山登りなんて、自分には関係のない世界だ。と思っていた頃から
なぜか憧れだったあの場所。
そこで、チングルマに囲まれて眠る夢を叶えてきました♪
DSC07112.jpg
今年は、びっくりするほど季節の進みが早くて、チングルマ(の果穂)に
囲まれて眠る。。。になっちゃったし、楽しみにしていたハート形の雪渓は
まさかの、ハートが割れていた(笑)だったけど・・・

山雑誌や、いろんな方の山レポで見て、「いつかは」。。。と思っていた
憧れの稜線を、自分の足で歩くことができたし
DSC07276.jpg


大展望と、かわいいお花たち。
DSC07362.jpg

そして、こんなかわいい親子にも会えちゃった、心に残る2日間でした。
DSC07175.jpg



詳しくは、ヤマレコでどうぞ♪
・・・って、ダメ???

この夏2度目の灰となっております。私。(^O^;

筋肉痛も、もちろんだけど、日焼けが痛い。(^^;(^^;(^^;
2016/08/04

まぁるいポスト

市内には、今でも現役でお仕事中のまぁるいポストが、知っているだけで7か所。

子供の頃は、東京にあるような、郵便物を入れる口が2つある、四角いポストが
すご~~~く格好良く感じていて、自宅近くのポストが、四角のものに変わったときは
なんか、とっても嬉しかったっけ。
DSC06815.jpg

ところが、街の中からまぁるいポストが次々と姿を消していって、ずいぶんと時間が経つと
今度は、まぁるいポストを見つけると、なんか、とっても懐かしくて嬉しく感じてしまうのは
なんとも、勝手な話だなぁ。って思ってしまいます。(^^;(^^;(^^;
DSC06817.jpg

時間に余裕があるときなんて、わざわざまぁるいポストに郵便物を入れに行ってしまうほど。
DSC06821.jpg
でも、郵便物を投函するその瞬間「ほんとに、ちゃんと郵便物、届くよね」
って、不安になってしまいます。

いやー、一瞬、時間を遡ったところに届けられないよね。。。なんて。
Back to the Futureじゃないっ!! って。(^O^;


改めて思った。
市内には、素敵な場所がたくさんあるな。
DSC06822.jpg

そこにあるのが当たり前。って思って見ていた町の景色。
昭和の匂いがプンプンしたり、素敵な洋館があったり。
DSC06813.jpg



話は変わって・・・

ベランダでスイレンちゃんが咲きました。
むらさきがかったピンク色。かわいい~。
DSC07063.jpg
メダカも買ってこなくちゃな。(^^)