2016/09/29

西吾妻山  緑の中の赤い葉っぱ

9月25日(日) 
落ち着かない天気予報に一喜一憂。
こりゃ、東北だな・・・と、花の時期に行こうと思いながらなかなか
行けてない西吾妻山へ。草紅葉が楽しめるだろうしさ。(^^♪

お気楽ハイカー的には、登山口は、グランデコか天元台から。
天元台までは遠いし、なんて言ってもロープウェイ代が高いから
グランデコからだな。。って、98%くらい心は固まってたのに、
天からの声・・・
「天元台からなら、登り始めですでに標高1800m越えだよ」
                   これには、心は動かなかった。
「30分も歩くと、視界が開けて、気持ちいい景色の中歩けるよ」
                    あっ、天元台からにします♪

7時少し前の檜原湖。
朝もやのかかる景色がなんとも素敵です。
DSC07995.jpg

くねくねと山道を登り、視界の開けたところからは、磐梯山がど~~ん。
磐梯山の向こうには、猪苗代湖が見えるはずだけど、雲海に覆われてました。
DSC07997.jpg

天元台ロープウェイの始発は8時。
ちょうどこの日は、市民ハイキングともう一つ、イベントがあって
小さいロープウェイ乗り場は、人・人・人。
それでも、折り返し運転のおかげで、さほど待たずにスキー場エリアへ。
DSC08005.jpg
振り返ると、米沢盆地は、一面の雲海。
そして、ススキは、朝露でキラッキラ。

ロープウェイを降りたらリフトを3本乗り継ぎます。
このリフト。乗り場のお兄さんがとっても優しくて、乗るとき。降りるとき。
その都度、リフトを超減速or止めてくださります。
なので、乗り降りは全く不安なく。
だけど、乗ってる間は、リフトが揺れること。揺れること。
ロープウェイに乗って、最後のリフトを降りるまでに約1時間かかりました。

今日も1日、安全に♪
DSC08006_20160927205533d5e.jpg
あっ、最初のリフトを降りて2本目に乗ろうと歩いてた時、
コケましたが何か?(^^;(^^;

しっとり湿った石は、つるつる。足元を気にしながら登っていくと
あらあら、針葉樹に紛れて、なんか、とっても鮮やかなんだけど~。(^^)
DSC08012.jpg

そして、本当に歩き始めて30分もたたないうちに、空が近くなり・・・
DSC08014_2016092720562235c.jpg

かもしか展望台。
コケモモが生えてる岩々の、ひろ~~い自然の展望台。
この時間は、蔵王も飯豊も朝日も雲の中。
でも、オオシラビソやハイマツの濃い緑色の中に、ぽつぽつと
赤やオレンジに色づいた木々。
日に照らされてとってもきれい。(^^)
DSC08025.jpg

青空が広がっているところでは、もう、すっかり秋の雲。
DSC08026_2016092720562637e.jpg

全山、燃えるように色づく木々の中を歩くのももちろん素敵だけど
緑色と暖色のコントラストを楽しみながら歩くのもいいね~。
DSC08031_2016092720562705e.jpg

歩き出しで、まだ1時間もたってないってのに、ちっとも足が
進まなくなっちゃったよー。
DSC08037.jpg

大凹といわれる、湿原が見えてきました。
この辺りは、雪解けのころ、一面のお花畑になるそうです。
ヒナザクラの南限なんだとか。もぉ、この雰囲気は、私的にドストライク。
絶対花の時期にも来るぞ~~!! と思いながら進みましょう。
DSC08039.jpg

草紅葉が楽しめればいいや。くらいの気持ちで来たのに、
木々もほんとに鮮やか。
日が差すと、より一層鮮やかに♪
DSC08045.jpg

ここは、会津駒ですか? それとも、苗場山ですか? って
聞きたくなっちゃうような優しい、優しい景色が広がります。
この辺りは、木道のほか、休憩できるような場所が何か所もあるので
もぉ、ほぼ立ち止まり。思う存分まったりしましょう~。
DSC08049.jpg

なんだろ。もぉ、山に包まれてるような感覚になりながら、
ゆるゆる~~っと登っていきます。
この居心地の良さは、、、お気に入りの山に決定です。
DSC08059_20160927205713ea4.jpg

振り返っても、たおやか~な、やさしい山の景色。
DSC08064.jpg

目の前には、圧倒的な緑色の森とその中に、赤とかオレンジとか。
DSC08072_20160927205752342.jpg

見上げれば、真っ赤か~~~だし。
DSC08075_201609272057538c6.jpg

ようやく吾妻神社まで登ってきました。
祠の奥には、飯豊山がど~~~ん。
会津駒から、はるか彼方に見える飯豊山のイメージしかなかったけど、
ここから見る飯豊は、でかいっ!!
DSC08076.jpg
ここも展望広場のようになっていて、たくさんの人たちがランチタイム中。
同じくらいの時間にスタートしたおぢさまグループは、すでに山頂を踏んで
休憩中。
「やっと登ってきたねー。ゆっくり楽しんでいけばいいんだよ」
なんて声をかけていただきました。

目指す西吾妻山は、こっち。
直接登らず、避難小屋のほうをぐるっと回りこんでから登ることにしましょう。
DSC08079.jpg
それにしても、ホントにきれいなんだけど。(#^^#)

真っ赤~♪
DSC08081.jpg

で、足元には、まだまだきれいなリンドウ。
DSC08082.jpg

ミヤマリンドウも、ぽつぽつと、あちこちに。
DSC08086.jpg

苔の赤にネバリノギランのオレンジ。
ど派手エリア。
DSC08089_2016092720584260e.jpg

あぁぁ、きれいだなぁ。
DSC08090.jpg

ツルコケモモちゃん。かわいい赤色だね。
DSC08092_20160927205845b7e.jpg

ようやく西吾妻小屋につきました。
中をのぞくと・・・なかなかきれい。ε===へ(;^^)ノ
DSC08097.jpg

こんな森の中の避難小屋。一度お泊りしてみたいな♪
DSC08098_20160927205932544.jpg
今年予定してた丹後山の避難小屋泊デビューは行けなくなっちゃったから、
来年こそ♪ だな。

樹林帯の中から見える景色は、とってもきれい~♪
DSC08100.jpg

で、うわさ通りの、展望のない、、、まるで通過点のような山頂。
DSC08101.jpg

でも、山頂を通り越して、パッと目の前に広がる景色は、なんて雄大~。
米沢にかかっていた雲も、すっかり取れました。
DSC08110.jpg

お昼ご飯は、こんな景色の中。
あれだけ調理実習をしておきながら、その場でパンを切って、
ハムとチーズをはさむだけのサンドイッチ。VIVAお手軽。
食べかけ。(^^;
DSC08117_20160927210030fcb.jpg

西大巓方面。
ホントは、久しぶりの山歩き。がつがつ歩いて西大巓まで行こうかな~。と
思っていたけれど、もう、そんな気持ちはどこかに吹っ飛んでしまったほどの
ゆったりペース。
DSC08120_20160927210031de1.jpg

思いもよらず見られちゃった真っ赤に色づいた紅葉と、期待通りの草紅葉の
景色を楽しみながら下山です~。
DSC08124.jpg

チングルマの葉っぱは、真っ赤に。そして、ぴっかぴか。
DSC08131.jpg

・・・と思ったら、花が咲いてた~。ヽ(^o^)丿
DSC08133.jpg

きっと、今年、最後のチングルマだね。(^^)
DSC08134.jpg

山頂付近では、ちょっぴり黒い雲が広がって、冷たい風も吹き始めてたから
あれれ、天気が崩れる?なんて心配もしたけれど、戻ってくるにつれて、
だんだん広がる青空。
DSC08143.jpg

秋晴れの日って、ホントに少なかったな~。
DSC08146.jpg

同じ道だけど、見る方向とか、光の当たり方具合で違った景色に
見えてくる大凹。雪解けの頃は、どんな景色を見せてくれるのかな~。
超期待♪
DSC08153.jpg

こんなに鮮やかな紅葉たちにも会えて、大満足♪
DSC08159.jpg

人形石を経由して下山しましょう。
DSC08160_20160927210203a47.jpg

このゆる~~~い感じは、ほんとに、大好き!!
目の前に広がる草紅葉もすてきなんだけど、ぐるっと見渡せば、東吾妻山や
安達太良山までぐるりと。(^^)
DSC08162.jpg

チングルマ再び。やっぱりうれしい♪
DSC08165.jpg

思わず振り返る。
こんなに山に包まれながらここまで歩いてきたんだね~。
DSC08168_20160927210207d8d.jpg

人形石につきました。
この、長方形の岩が人形石と言うそうです。
ここも、ひろ~い、絶好の休憩ポイント。
さっき、大凹でお茶飲みしたはずなのに、またまたお茶の時間。(^^;
DSC08171.jpg

まぁ、大岩はどうでもいい(^^;
楽しみにしてたのが、その先に広がる景色。
藤十郎から東吾妻山へ続く稜線。次はこっちだな。
心は、その先に広がる世界が見せてくれるであろう景色に、
もう、わくわく。
DSC08173.jpg

名残惜しいけど、そろそろ下山です。
15時までに、ロープウェイ乗り場までたどり着いたら、レストハウスで
芋煮だな。。。などと思いながら・・・
DSC08177.jpg

まぁ、コケ&かわいいキノコちゃんなんかを見つけるたびに立ち止まり~
DSC08180.jpg

米沢の町を見下ろしながら樹林帯を降ります。
DSC08179.jpg

で。親切リフトに揺られて50分。
あはは、レストハウス前についたのが15時10分。
芋煮。。。アウト~~~。(^O^;

再訪の楽しみができましたとさ。
佐野から約240キロ。まぁ、白馬へ行くのと同じくらい。
でも、東北の山のおおらかさは、私の心をぐわしっ!と掴んだのでした~。(^^)
スポンサーサイト
2016/09/25

謝謝

青空に感謝!!  
山の空気に感謝!!
DSC08155.jpg

来週も、こんな青空。たのんまっせ~♪
DSC08164.jpg
ここ、会津駒ですかぁ?
苗場山ですかぁ?
巻機山ですかぁ???(笑)
いやいや、でも、やっぱりこんな景色は大好物♪
2016/09/19

引きこもりdeお遊び

冷蔵庫にあった、ちょいと賞味期限が切れちゃった
クリームチーズを救済!!(^O^;
DSC07951.jpg
160度のオーブンで約1時間蒸し焼きにして、

しゅわしゅわぁぁぁ~♪の、スフレチーズケーキ。
表面がちょいと割れてしまったのは、ご愛敬。

よ~~~く冷めたら、型から出して、オーブンペーパーを外して・・・
なおやん。お誕生日おめでとう~~~!!!\(^o^)/
DSC07961.jpg
・・・とは言っても、主役は不在なので(^^;ばぁちゃん家に持っていって
甥っ子たちを巻き添えにする。(^^♪

すっかりお天気に見放された休日。
ゴロゴロしながら、DVD。
DSC07959.jpg
ややっ、正直に白状すると、テレビの前で、
「Oh Yeah Aha!!!」・・・と。(^O^;

そして、時は昼っ。
一度やってみなくちゃな。。。と思っていた、すいすいパスタ。
1時間半、水につけておいたパスタ。
DSC07967.jpg
これを、1分半で蒸発しきるくらいの水で茹でて~、

ピーマンとベーコンを投入。
で、レトルトのパスタソースで、和え和え。
DSC07968.jpg
まぁ、アルデンテにはならなかったけど、ご飯でもパスタでもちょいと
柔らかめな方が嬉しい私。これは、おいしいかも~。
「あらびき肉の贅沢ボロネーゼ」にベーコンプラスしちゃったら、
超贅沢ボロネーゼだな。。なんて思いながら、ベランダに腰かけて
スイレンちゃん眺めながらランチタイム。

せっかく、こんなにかわいく咲いてるのにさ、朝咲いて夕方閉じちゃう
スイレンちゃん。
すっかり日の出が遅くなった最近では、仕事に行く頃は、まだ開き始め。。
で、帰宅したときには、すっかり閉じていて、咲いてる姿が
見られなかったのよ。(^^;
DSC07979.jpg
スイレン鉢の中で泳ぐメダカに癒されて、、、
絶対怪しい人だよね。(^^;(^^;

フランス組曲の中では、これが一番好きっ!!
DSC07965.jpg
学生の頃「インベンションかそれに準ずる任意の曲」って課題の時、
これを練習していったら、思い切り「へそ曲がり~っ」って
言われたっけなぁ。(^^;

こっちは、全然ダメダメ。
DSC07966.jpg
どうせ弾けるようにはならないだろな。って思ってる間は、絶対
弾けるようにはならないやね。

そして、また昼が来た。
オレンジのフレンチトースト。またまたベランダでクッキング。

卵と砂糖とオレンジジュースに浸しておいたパンを、バターでこんがり♪
こんがりしすぎて、ちと焦げた。(^O^;
DSC07976.jpg
メープルとシナモンをかけて、、、
ふわふわ~。(#^.^#)

あれっ、、あんなところに猛禽さんがいるよ。
よく見ると、なんか、かわいい顔してるね。
DSC07974.jpg

目がちかちかしてきた~~~~っ! と言いながら、塗り絵をして
DSC07986.jpg

久しぶりに、消しゴムハンコを作って、、、
あ゛~、ちっちゃいニコルの輪郭が欠けちゃった~。(T_T)
DSC07988.jpg
ってか、ひげが2本分しか彫れてないし。(^O^;

これまた久しぶりに、羊毛フェルトをチクチクと。
おかしいなぁ。ミニチュアダックスの作り方を見ながら作ったはずなのに、
なぜか、ロップイヤーになってるし。(^O^;
DSC07989.jpg
あぁ、目と鼻をつけるのが怖い。
変顔になるかどうかの分かれ道~~~~。(^O^)

あぁ、ほっつき歩いてばかりいなければ、こんないろんなことをして
遊べるのね。
この3日間で歩いた歩数は3000歩弱。(^^;(^^;(^^;

そして、また昼が来た。
ピーマンとベーコンが残っていたので、すいすいパスタ再び。
今度は、カップスープで味付けして、、、コーンスープのパスタ。
DSC07993.jpg
かなり疑惑の目~~~っ。で見てたけど、いやいや、やさしいお味♪
ただ、カップスープがダマダマになっちゃうから、そこは注意ね。

家で調理実習してないで、お山で調理実習がしたいなぁ。
寒くなる前に、あと2回くらい地面の上にお泊りしたいんだけどなぁ。

太陽さんのご活躍を、ココロよりお願い申し上げます。m(__)m
2016/09/06

アヤメ平  草紅葉 はじめました♪

久しぶりに大好きなアヤメ平へ。

その昔、尾瀬に恋しちゃってた私。(^_^;)
地理の時間に、社会科の地図帳を見ながら、なぜに尾瀬エリアなのに、
アヤメ平だけ、ぽつんと離れたところにあるんだよー。しかも、山の上。
行けないぢゃん。(T_T) なんて、真剣に思っていたので、初めて自分の足で
アヤメ平に行けたときは、嬉しかったなぁ。(*^^*)

その時と同じ、富士見下からのピストンです。

歩き始めて1時間弱。最初の休憩ポイントの田代原で見上げると
木々の葉っぱはまだまだ緑色。
DSC07849_20160905215440d80.jpg
ブナの木って、やっぱりいいよねぇ。なんて言いながら、更に登ります。

急な登山道は楽しく登れるのに、急な林道だと愚痴りたくなっちゃうのはなぜ?
とか言いながらも、見上げると、カエデやダケカンバの木が、だんだんいい色に
色づき始めてました。
ツタウルシなんて、もう真っ赤♪
DSC07852.jpg

途中の水場で、冷たい山の恵みをいただきます。
「ここでジャンプしたら、きっとチャプチャプ音が聞こえるよ~」って程。(^^;
DSC07851.jpg
富士見小屋が閉鎖になっちゃって、水場やトイレはどんな具合だろう。って、
ちょっと気になってましたが、富士見下も、富士見峠も、トイレは今まで通り。
元休憩所の水場も、ばっちりでした。
富士見峠直下の水場は、む・む・む???って感じ。
トイレや、飲み水の心配がないってのは、なんともありがたいことです。(^^)

目の前にアヤメ平の稜線が見えてきました。
最高にテンションが上がる瞬間です。
で、この週末、雨降り予報にがっかりしていたけれど、天気はいい方に
ハズレて、快晴の空。そりゃぁ、口元緩んじゃいます。
DSC07856.jpg

振りかえると、雲の上にぽっかりと武尊山。
麓には、戸倉の集落。
優しい色で連なる山々がとっても素敵です。
DSC07859_20160905215446f9a.jpg

富士見峠でトイレ休憩をしたら、約150歩で大好きな景色が待っています。
この階段を登り切れば・・・
DSC07861.jpg

秋色に染まった湿原に出ました。
DSC07862_201609052155368cf.jpg

で、さらにその先。
富士見田代の小沼越しに燧ケ岳。
ここから見る燧ケ岳は、駒の小屋直下から見る燧ケ岳の次にかっこよく見える
ポイントだと思っています。(^^)
DSC07863_20160905215537035.jpg
ここのベンチに座って1日中過ごせるな。そのくらいお気に入り♪

まぁ、その先にもお楽しみが待ってるので、進みましょう。

さっき下から見上げた稜線を歩くことしばし。
振り返ると、奥白根。
ムシカリの木も、いい色に色づいています。
DSC07870.jpg
この後、日光の山たちは、雲のなか。

爽やか~な風に吹かれて稜線散歩。
北アルプスみたいに雄大な稜線散歩ももちろん楽しいけれど、
こんな、優しい稜線の散歩道も、もちろん大好き!!!
DSC07871.jpg

DSC07873.jpg

で、アヤメ平の端にでました。
キンコウカの葉っぱは、中間くらいまでオレンジ色に染まって、
緑の部分とオレンジん部分で、素敵なグラデーションになってました。
DSC07874.jpg

で、湿原全体を見ると、きれいなパッチワーク模様になってるしさ。
DSC07875.jpg

至仏山もほんのり秋色。
紅葉の至仏山~笠ヶ岳。一度行ってみたいのよね。
たくさん咲いていたお花たちは、どうなってるのかな?
季節を過ぎたウスユキソウとか。。。
DSC07882_20160905215647735.jpg
きっと、ハイマツの濃い緑と草紅葉できれいなパッチワーク模様に
なってるんだろな。(^^)

木道は続くよ  燧ケ岳まで~♪
DSC07884.jpg

湿原の向こうにぽっかりと燧ケ岳が浮かんでいるように見えるのは、
山頂湿原だから。こんな、開放的な場所は、ホントに大好き♪
DSC07885.jpg

小さな樹林帯を抜けて、横田代を目指しましょう~。
だんだん至仏山が近づいてきます。
DSC07888.jpg

あちこちに秋の訪れを感じさせてくれる赤い葉っぱ。
下界はまだまだ暑いけど、着実に秋に向かってるんだね~。
DSC07893.jpg

あぁぁ、あっちの平たいお山も行かなきゃな。(^^)/
DSC07895_2016090521573476b.jpg

さ、あのカーブを曲がれば、また素敵な景色が待ってますよ~。
DSC07901_20160905215820bc2.jpg

横田代につきました。
木道脇に立つダケカンバが、なんともステキなアクセントになってました。
いやぁ、素敵だなぁ。。。
と、前に進むのがもったいなくて、しばしここに立って眺めちゃったよ。
DSC07897_20160905215736bbd.jpg


至仏山は、手を伸ばせば届きそう。
その向こうに見える越後のお山を一緒に眺めるのを楽しみにしてたけど、
残念ながら、巻機山たちは雲の向こう側。
でも、大好きな笠ヶ岳は、雲がかかることなくずっと見えていました。
DSC07903.jpg

横田代は傾斜湿原。
一昨年の初夏に歩いた時は、ここでにっぽん百名山のロケ隊の人たちが
ぽあぽあのワタスゲが揺れる景色を写していました。
DSC07904.jpg
さて、こんな長閑な景色を前に、ベンチを陣取ってランチタイムにしましょう~。

賞味期限ぎりぎりだったピザソースを救済!! のじゃがりこピザ。(ゴメン!!(笑))
時間に余裕のあるときじゃないと、こんなお遊びはできないからさ。
DSC07906.jpg
ただ、チーズがトロ~~リとしてくるのを待つ間「お腹減った~」と
またまたチーズとハムのサンドイッチをペロリ。
その後、じゃがりこピザもペロリ。。。で、満腹。満腹♪

その後、ベンチに寝っ転がり、爽やか~な風に吹かれながらの
お昼寝タイム。 至福の時間ぢゃ♪
DSC07908.jpg
で、名残惜しいけど、ぼちぼち戻りましょう。

湿原に咲いていたイワショウブは、ほとんどが赤い実になっていました。
たま~~に、まだまだ純白の美人さん。
DSC07910.jpg

中原山を過ぎると、木々の向こうにアヤメ平が見えてきました。
DSC07915.jpg

稜線上に立つ針葉樹のほとんどは、みんな枝は下向きに。
冬の間、雪の重さに耐えながら立っていたんだね。
DSC07916_20160905215915123.jpg

アヤメ平まで戻ってきました。
天気は下り坂なのかな? って、ちょっとだけ心配だったけど、
1日を通して、ずっと燧ケ岳は見えていました。。
それにしても、雲が近いっ!!
DSC07921.jpg

ピンクと白のイワショウブが合体!  かわいいっ。(*^^*)
DSC07923_201609052159183f1.jpg

お昼を過ぎると、アヤメ平を歩く人もほとんどなく、貸切の山上の楽園。
またまたベンチに座ってのんびり景色を眺めましょ。
DSC07924.jpg

ま、それだけじゃ物足りなくて(^^;、木道に寝っ転がっちゃいましょう~。
地面と一体~。とか、バカなこと言いながら、低い視点から
湿原の景色を楽しみます。
DSC07932.jpg

で、横を向くと、すぐ目の横には、ゆらゆら揺れるイワショウブ。
風が吹くと、ほんのり草の香りが漂ってきます。
DSC07936_201609052200051de.jpg

いつまでもまったりできそうだけど、、、
大好きな富士見田代からの燧ケ岳にもう一度会ったら、後ろ髪惹かれながら
下山です。
DSC07940.jpg

見上げると、色づき始めたカエデ。
DSC07943.jpg

で、プチ黄葉ミルフィーユ。
DSC07944.jpg
アヤメ平の斜面が鮮やかに色づくまでもうちょっと。
そんな景色の森&湿原歩きも楽しみだったりするのです。


で、ホントは、もう1つ調理実習を予定してたんだけど、さすがに
お腹いっぱいで食べられずにお持ち帰り。
では、家で調理実習をしてみましょう。

メスティンにオリーブオイルを入れて、コーンをこのくらい。
DSC07949_2016090522005826d.jpg

ふたを閉めて、ガスにかけて、メスティンを揺らしながら数分後。。。
DSC07950.jpg

クレイジーソルトとブラックペッパーのポップコーン。
今晩の夕ご飯。(笑)
不発だったのは4粒。大成功だな。
おいしかった~♪