2017/05/23

真夏日には雪遊び  会津駒ー三岩岳縦走

好天予報の週末、
またお泊りでどこかに行きたいな。
あれこれ考えていたところに、駒の小屋のブログ
「三岩岳縦走もまだまだOK牧場よ~」 うん、これしかないな♪

雪があるとき限定の縦走路。
一人で行くのはちょっと心細いな。と思っていたところに、棚から
リンゴが落ちてきた。
絶妙なタイミングで「5時出発で会津駒行きません?」とメール。
「9時出発、小屋泊で三岩縦走行きたいのよねー」とお返事したら
リンゴが釣れました。(^O^;

車を1台、小豆温泉の三岩岳登山口駐車場にデポ。
滝沢登山口から、まず、会津駒ケ岳を目指します。
DSC02272.jpg
快晴の空に、新緑と山桜。

今年もここに来ることができました。
そういえば、秋は、キリンテピストンだったから、去年の夏ぶりの階段だね。
DSC02275_20170523204132903.jpg

いつもの場所にムラサキヤシオ。
咲いてるかな~? って思いながら歩いてきて、咲いていてくれると
やっぱりとっても嬉しい。
DSC02276.jpg

ヘリポート跡付近では、ブナの新緑が絶好調。
白と緑と青。この三色が組み合わさった景色を見るのがとても楽しみでした♪
DSC02280.jpg

グリーンシーズンは、水場を過ぎれば、あとは楽勝♪って思えるんだけど
今日は、なかなか足が前に進みません。
何しろ、背中の大荷物。なぜか、テント泊の時より重い。と。(笑)
暑さの予報に、2リットルのペットボトル2本+ポカリ&テルモス これで水分5リットル。
モチベーションを保つために、ピークごとに食べようとおやつをたくさん(笑)
そして、まったくの下戸なくせに、駒の小屋へ泊るとなると、なぜか宴会スイッチが
ONになり、つまみまで。(;^ω^)
受付をしながら、駒の姉さんに「もぉ、いったい何をそんなに持ってきてるの!?」って
言われてしまうほど。(^^;(^^;

「森林限界、まだですか~?」 何度つぶやいたことでしょう。

木々の間から、ようやく大戸沢岳の支尾根が見えてきました。
DSC02290.jpg

そして、燧ケ岳も♪
DSC02293_20170523204306ede.jpg

今度こそ、、ここを登れば、森林限界を超えた、、
あの、キンコウカが咲く湿原のあたりに出るんだよね。
DSC02294.jpg
「ここを登れば・・・」を、もぉ、何回言ったでしょう。(^^;
山頂、遠い。。。
こんなに会津駒に登るの大変。って思ったのは、初めてだったかもしれません。

ようやく森林限界の、、、展望ベンチのある場所まで登ってきました。
もちろん、ベンチはまだまだ雪の下。
DSC02296_20170523204308ef8.jpg
たおやかな稜線。大好きな会津駒ヶ岳も見えてきて、今年もまた
元気に来ることができたなぁ。。。と、しみじみ。

ここから見える燧ケ岳が、私の中では、一番かっこいい姿だな。
そう思っています。
富士見林道の雪庇も立派。
真っ白い雪原に立つダケカンバも、とっても素敵です。(^^)
P1020553.jpg

ハイジの丘の雪面はシマシマ模様。
たくさんの人がヒップそりをしたわけじゃなくて、水の足跡です。
そりゃぁ見事に、稜線のあっち側とこっち側にカーブしてました。
DSC02300_201705232043104be.jpg

小屋の前では、三橋さんがせっせと雪のテラス作り。
「今日はお願いします」でなく、思わず出た言葉は
「今年もお願いします!」でした。(^^;
P1020558.jpg
で、兄さんも、青いゴム手袋だしっ!!!(笑)

受付を済ませたら、山頂方面へお散歩。
ここから見下ろす景色も大好き。
もぉ、同じアングルの写真を、何枚持っていることでしょう。(^^;
DSC02316.jpg

山頂の柱は、、、このくらい出ています。
今年も、よいしょっと乗っかってみました♪
P1020566.jpg

中門岳へ続く、やさしい稜線。
雪庇が豪快に崩れています。
DSC02321.jpg
優しい景色の中に見える、なんか、雪の山の
厳しい1面を見せてもらったようで、なんか、この崩れた
雪の塊に、妙に感動してしまいました。

振り返って、山頂方面。
DSC02327_2017052320481786b.jpg
これが崩れた時、どんな音がしたのかな?
やっぱり雪面、揺れたのかなぁ。
この先、この塊は、崩れ落ちるのか。それとも、静かにここで
溶けていくのか。。。想像は膨らみます。

今日はお泊り。時間もたっぷり。
さて、今年こそは中門岳まで行くよ~~~!!! 
と言ってみたものの、なんか、もう、周りの景色に満足しちゃって
行かなくてもいいかな?と。(^^;
DSC02332_20170523205425936.jpg
まったり座って、明日歩く稜線を眺めたり、平ヶ岳や越後三山方面の
山並みを眺めたり。

そして、下山はもちろん、これっ!!
DSC02358.jpg

ずずずずず~~~~~~~~っと。
P1020602.jpg

この日の駒の小屋は、満員御礼。
初めて案内してもらった1階の部屋。
「今日、ここに泊まる人、全員常連さんですよ~」と、兄さん。
DSC02369.jpg

カモシカ君がちょこんと座ってました。
DSC02365.jpg

空をオレンジ色に染めて、静かに太陽が沈んでいきました。
DSC02371.jpg

そして、ランプの明かりの下、楽しい時間は8時少し前まで。
DSC02386_20170523205813a58.jpg
消灯の後、外に出ると、西の空は、まだまだほんのり明るい。
そして、空には満天の星。
麓の街灯りまで見ることができました。(^^)

そして、明けて朝っ!
4時ちょっとすぎには外に出て、日の出を待ちます。

元気玉が飛び出してきましたよ~。
DSC02400.jpg
やっぱり山で迎える朝っていいなぁ。

いやね、もう、何度も駒の小屋にお泊りさせてもらってるけれど、
夕焼け。星空。ご来光の三点セットが楽しめたのは、初めてお泊り
した時以来。
あとは、夕方からガスってたり、雨の朝だったり、雪の朝だったり。(笑)
DSC02410_20170523205816d30.jpg
5時の気温が約8度。
風もなく暖かだったので、外のテラスで朝ごはん。

荷物をまとめたら、駒の兄さん、姉さんに見送られて、お初三岩岳へ出発です~。
DSC02412.jpg
いつもだったら、ここから離れるのが惜しくて、後ろ髪
引かれながらの出発だけど、きょうは、わくわく。

山頂から、これから歩く縦走路。
三岩岳から、大きくS字カーブを描いています。
DSC02416_201705232059565af.jpg
最初のピークだけは山頂を巻いて、あとは、ピークをつないで歩いていきます。

大好きな駒の小屋が見える景色。
見る場所がちょっと変わるだけで、駒の小屋と至仏山が重なりました。
DSC02425.jpg

まだまだ先は長いんだけど、見える景色が新鮮すぎて
ちょっと歩いては立ち止まって。。。の繰り返し。ちっとも進みません。
DSC02431_20170523205959521.jpg

「よきながめぢゃ~」と何回言ったことでしょう。
まだまだ、たっぷり雪をかぶった新潟のお山たちが
めちゃめちゃきれいです。
DSC02433.jpg

ひときわ白い中門岳。
で、歩くルートがカーブしてるからだ。。って、わかっちゃいるんだけど、
なんか、たくさん歩いた気がしても、いつも隣に中門岳の姿sが。
ちょっとだけ、キツネにつままれたような気持になっちゃいました。
DSC02440_201705232100026a4.jpg

中門岳からいつも眺めていた湿原。
ここは、雪が融けたら来る人はいません。
でも、きっと、雪が融けたらだれに見せるわけでもなく、かわいい子たちが
そこで花を咲かせてるんだろうなぁ。
DSC02442.jpg
この辺りは、尾瀬のように赤シボが見られるようで、雪面の所々が
赤く染まっていました。

青空に向かって伸びるオオシラビソって大好き。
そして、雪の白と、快晴の青空のコンビも。
DSC02453_20170523210056845.jpg

ホントは、三岩岳の山頂で食べようと思っていたゼリー。
ちょいとフライングで、雪で冷やして。
DSC02469.jpg
時間はちょうど10時。
私プランでは、6時半に駒の小屋出発。まぁ、10時には
三岩岳についてるんじゃないかなぁ。。って予定だったんだけど
どう考えても、三岩岳まで、あと1時間はかかりそうです。(^^;

まぁさ、このいい天気。
急いで歩いたらもったいないよねー。
っていうか、まだ、山頂についてないってのに、もう、この稜線から
おりたくないモードが、すでに全開になってます。
DSC02475_2017052321010037a.jpg

「だからもう なんにも考えないで お山に行けばいいんだよ」
DSC02477.jpg
「とんでもない」Tシャツより気に入ってる5時からTシャツ。
ぜひ、ショッキングピンクで。。。待ってます♪

来年は、テントをしょって逆回りだな。
よし、幕営地は、ここにしよう♪
あっ、もうちょっと樹林帯に寄ったところでね。(^^;
DSC02484_201705232102204a3.jpg
な~んて思いながら、重い腰を上げます。

こういう、だだっ広い稜線って、大好き。
やっぱり、とげとげした山よりも、こんもりした山が好きなんだなぁ。
って、改めて。
DSC02495.jpg
もうちょっとで山頂です。

・・・って、山頂までもう少しだってのに、結局、遊びっぱなしで
なかなか着きそうにはありません。(^^;
DSC02496_20170523210223cd6.jpg

肉眼では、会津朝日の向こうにうっすらと見える白い山。
あそこはどこ?
飯豊? 西吾妻? それとも、、、どこよ。
なんて言いながら。(^^;(^^;(^^;
P1020676.jpg

振り返って、ちょうど真ん中が会津駒ケ岳。
こちら側から見ても、稜線は大きくS字カーブを描いています。
DSC02500_2017052321043177a.jpg

会津駒のてっぺんにちょこんと猫の耳。
DSC02501_201705242319377cf.jpg


山頂付近は、藪が出てきてしまっていたので、大きく回り込んで
ようやく三岩岳山頂~。
時間、かかりすぎました。
でも、気持ちの尾根を歩けただけでも満足なのに、あっちを見てもこっちを
見てもの大展望に、もぉ、口元は緩みっぱなしです。
DSC02506_20170523210433cd0.jpg

山頂付近で、しばしのヒップそり遊び。
DSC02511.jpg
それにしても、空が青い。
そして、雲と空が作る景色が、なんとも優しい。

下山したくないな。心からそう思ってしまいました。

まぁ、そんなわけにはいかないので、まずは、オオシラビソの中に立つ
避難小屋を目指して、一気に。
DSC02516_2017052321043651e.jpg
時々ヒップそり。(^^;

名残惜しくて振り返ってばかりなんだけどね。
DSC02517.jpg

駒の兄さんのアドバイス通り、国体コースで。尾根伝いに下山。
なかなかの急斜面。ワンゲル部の高校生たちも、ひーひー言いながら登っています。
DSC02524.jpg
若い子たちだって大変そうなんだから、、、
私にこっち側から登れるのかな? ちょいと不安になります。

いやぁ、それにしても気持ちのいい尾根。
眼下には、芽吹いたばかりのブナの森が広がっています。

見上げると、ブナの、芽吹き直前
DSC02537.jpg

芽吹き直後。
DSC02540.jpg

タムシバも絶好調。\(^o^)/
DSC02551_20170524223926d85.jpg

根明けしたところを覗くと、かわいくイワウチワちゃん。
咲きたてピカピカです。
DSC02547.jpg

森全体が、思い切り春の訪れを喜んでる。って感じだな。
ブナの新緑って、やっぱりいいな~。
DSC02553.jpg

雪が続いている場所でも、ムシカリが咲き始めていました。
咲き始めは、まだまだほんのり緑色。
DSC02554_201705232107165c8.jpg

ずいぶん下ってきました。
ブナの緑が鮮やかになってきた付近から、夏道を歩くことが
多くなりました。
DSC02559_201705232107182e5.jpg

「わっ!、八重咲だよ」の声の方に行ってみると、
DSC02566.jpg
八重咲のイワウチワちゃん。
かわいいな~。
で、それも1つだけでなく、あちこちに。

ブナブナシャワーを浴びているようです。
DSC02570_201705232107212cd.jpg

そして、雪が切れた後も、ずっとイワウチワロード。
それは、沢の音が大きく聞こえてくるあたりまで続きました。
DSC02582.jpg

花の一つ一つも大きいんだけど、花弁がグラデーションになっていて
とってもきれい。(^^♪
DSC02583.jpg

麓から吹きあがってくる風は、すっかり熱風。
それでも、新緑の黄緑色に囲まれた中に咲くピンク色は
とっても鮮やかでした。
DSC02592.jpg

「まだ着かないかな~」と、5回くらいつぶやいたころ、
ようやく三岩岳旧道登山口に到着。
雪が切れてからの下山は、急な斜面は、ほんと、横を向いて
カニ歩きで。(^^;(^^;
最後は、へとへとだったけど、魅惑の白い稜線。
これははまった。心からそう思ってしまいました。
DSC02604.jpg

最後は、小豆温泉にデポした車まで、しばしの車道歩き。
雪解け水で水量豊富な伊南川。新緑の中に咲く
ミツバツツジが鮮やかだったな~。
DSC02606.jpg
地味な登りが効くねぇ。なんて思ったころ、駐車場着。
はじめは、燧の湯で汗を流そう! なんて思っていたけれど、もう、一刻も早く
風呂風呂~~~!!
駒の湯で汗を流したら、ちょいとナチュラル杯状態でルンルンドライブ。
下道で帰宅~。

来年は、絶対テントしょって逆回りで。
初夏のお楽しみの場所が、1か所、増えました。\(^o^)/
スポンサーサイト
2017/05/16

いせあわまつあかひつみそなしふ

休日出勤の代休は、絶対に山へ行くのに使おう! と、大事に大事に
温めていたのに、それが、なぜか海の方に化けてしまいました。(^○^;

「伊勢神宮連れてくよ」と母。じゃ、乗りましょう♪
とりあえず、おいしい海のものが食べたいなだってさ。 あっ、、ぜひ乗りましょう!!

じゃ、他、どこ回る? と聞くと、得意の「どこでもいいよ」
それを真に受けて、熊野古道なんて計画したら、えらい目に遭うことは
長年娘をやっていれば、しっかり学習しています。

そんなわけで、ゆるゆると船に乗って
DSC02108_20170516211804c9f.jpg

鳥羽湾の景色を眺めたら
DSC02109_201705162118058e1.jpg

ジュゴンに思いきり癒されます。
DSC02128_20170516211808ccd.jpg

コブシメは、なんだかいつも眠たそうな顔をしてるね。
DSC02125_20170516211807207.jpg
食べたらめちゃめちゃおいしいらしいよ~。
ついつい水族館で泳ぐ魚たちを見て「おいしそう~」って
話題になっちゃいます。

あはは。「への字」口もかわいいね。
DSC02139.jpg
ハゼもから揚げにして食べたら・・・ε===へ(;^^)ノ

なんだかものすごく親近感がわいてしまいました。
DSC02119.jpg
っていうか、他人を見てる気がしなかったって言うか・・・(^○^;;

夕方の水族館。ラッコたちは、ちょうどお食事の時間でした。
「皆さん、いただきま~~~~す」ってご挨拶。
DSC02153.jpg
で、この飼育係のおじさん。ラッコと似てるし。(笑)

たくさん食べたら「ごちそうさまでした」
DSC02159_20170516211958489.jpg
そのほか、ショーじゃなくても、途中途中、飼育員さんの肩たたきをしたり
ネームプレートを持って自己紹介したり。と、お食事タイムも見ているだけで
とっても楽しかったなぁ~。(^^)

ホテルに着いたら、人間もお食事タイム。
おなじみの野菜も、こんなに素敵に並んでたら、特別なものに
見えてきちゃうね。
DSC02169_2017051621200096c.jpg
そして、母上所望の伊勢海老~。
その横には、私の天敵、サクランボ。
(食べたくても食べられないものの一つ。(;O;))

水菜の下には、も一つ、母上所望のアワビがかくれんぼ。
DSC02170.jpg

「松坂牛」と「熊野牛」は、ぜひ食べ比べをしてくださいね♪と。
DSC02172.jpg
最後の一口を口の中に入れてしまうのが惜しかったわ~。
「どちらがおいしかったですか?」って聞かれても困っちゃう。
だって、両方ともおいしかったんだも~ん。

で、朝。
天気予報がいい方に転ぶことはなく、予報通りに雨!!
しかも、風が強くて、横から、下からも降っています。
「外に出たくない~」そう思うほどの降りっぷりです。
DSC02173_20170516212118127.jpg
でも、ホテルの人に「雨のお伊勢さん、雰囲気いいですよ~」と。
さすがに、雨&強風の二見浦は、おすすめされませんでした。(^^;

駅からは、参道に並ぶお店を眺めながら、外宮へ。
DSC02176.jpg

雨の伊勢神宮。新緑も鮮やかで、雨降りの憂鬱さを忘れてしまいました。
DSC02177.jpg

信心深くないくせに、神様がとっても好きな私。
もぉ、この雰囲気は、たまらないです。(^^)
DSC02182.jpg

遷宮の前までは、こちら側でお参りしてたのよね。
DSC02181_20170516212123227.jpg

「育てる」→「食べる」を祈る外宮。
もちろん、、、
感謝のココロを伝えてきましたよ~。
DSC02185.jpg

で、昼食は伊勢うどん。
見た目は、ものすごくしょっぱそうなたれがかかっているうどん。
でも、おだしの香りがたっぷり。で、麺の食感はふわふわ。
おいしぃ~~~~っ!!!
もちろん、お土産購入♪

で、内宮。
外宮よりも、より、神様~を感じる森。居心地がめちゃめちゃいいです。
DSC02202_20170516212230583.jpg

お茶屋さんも、もちろん居心地いいわ~。(^^;
赤福って、大体、買った翌日にお土産でいただいて食べる。。。
おもちの柔らかさも、こんなものかな? って思っていたけれど、
出来立ての赤福は、おもち。。柔らか~~~い。(^^)
DSC02207.jpg

雨が上がったので、調子に乗って二見浦。爆風。(^^;
母上。60年ぶりの夫婦岩だそうで。。。
DSC02219.jpg
高校の修学旅行以来だよ~。と、なんだかとっても嬉しそう。

おみくじは「小吉」
で、「潔」 そうだね。私にとって、実は、一番必要なものかも。
DSC02221.jpg

カエルさん「おねが~~~い♪」
DSC02223.jpg

その日のうちに、電車で名古屋へ。
ひまつぶしにひつまぶし。
DSC02226.jpg
写真で撮ると、ビジュアル的にはうな丼とほぼ同じ。(^○^;

名古屋駅からは、観光循環バスに乗って名古屋城~。
DSC02232.jpg

光ってます。屋根の上。
あんなに離れていても、きらきらして見えるんだから、やっぱり金シャチってすごい。
DSC02233.jpg

二条城では、400年後の姿を見ることができるけど、
名古屋では400年前の、きらきらな姿を見ることができるそうです。
DSC02235.jpg
なんか、、、ややこしいけど、あぁ、そういうことね。

刻紋。
分の運んだ石を他の大名の石と区別するために刻んだ目印です。
諸大名の印やくさび跡などなど。
たまに、顔みたいな模様もあって、あれこれ見つけるのが楽しい♪
DSC02236.jpg

名古屋城の武将隊を見たかったんだけどな~。
残念。この日は、加藤清正に会えたらしい。(笑)
DSC02250.jpg

バス再びで、徳川園。
緑鮮やかな、素敵な公園でした。
もぉ、日差しが強くて、鳩たちも木陰で一休み
DSC02259_20170516212544e58.jpg

新緑と水辺の景色がとっても素敵でした。
DSC02261.jpg

そして、見てるだけで、とっても幸せな気持ちになったな~。
この日は、3組、、幸せな人たちの記念撮影を見かけました。
DSC02263_201705162127502fb.jpg
さて、名古屋一番のお楽しみ。味噌煮込みうどん~♪
目星をつけたお店に並ぶこと30分。
がっ!!!
メニューをもってやってきた店員さん。
「当店のうどんは、打ち粉にそば粉を使っていて、その粉ごと
提供されますが、そばアレルギーは大丈夫ですか?」と。(T_T)
ダメぢゃん。
知らなければきっと食べた後「なんか、体調悪いな~」で済むかも
しれないけれど、知っちゃったら、、、、無理よねぇ。(;_:)(T_T)(ノД`)・゜・。

新幹線の時間を考えると、別のお店に並ぶ余裕もなく、結局
名古屋でまさかのスープストックトーキョー(笑)
お楽しみだった味噌煮込みうどんは、なしっ!

新幹線に乗ってから、おやつに、麩のお饅頭。
ふわふわで、湯葉みたいな食感。初めて食べたわ~。こんなお饅頭。
DSC02266.jpg
食べた。食べた。お伊勢参り~。
ゴムのスカート、万歳。\(^o^)/。(笑)
2017/05/12

花咲く港町 YOKOHAMA♪

尾瀬で楽しく雪遊びをしてきた翌日。
情けないほど真っ赤に日焼けした顔のまま、母を誘って横浜~♪
DSC01930_20170510200848572.jpg
今年は、西武ドームにお花見に行けないからさ、その代わりに
全国都市緑化よこはまフェア」ってのに。(^^)

行楽地に向かう車でまだまだ渋滞中の東北道下り線を横目に
渋滞なく都心を抜け、これなら、湾岸線も余裕だね。。。
と、調子こいてたら、川崎浮島JCTで、アクアラインに向かう車の
渋滞にどっぷりはまる。(*_*;

中華街近くのパーキングに車を止めたら、さっそく山下公園へ。
咲いてます。(^^)
DSC01855.jpg

あれもこれも。
で、何が素敵って、きれいに咲き誇っている花たちは、みんな
特別な花たちでなくて、どれも、ホームセンターに行けば
すぐに手に入るようなものばかり。
DSC01856_20170510200241cc0.jpg

キャラクターのガーデンベア。
イラストで描かれていた、お花のアフロヘアのクマさんは
とってもかわいらしくて、こんなキャラクター大好きよ~。と
思っていました。
DSC01860_20170510200244038.jpg
いやぁぁぁ、、、、生の花のアフロヘアのクマさん。
すごい、、、、あの、、、、、迫力感じました。(^○^;

ビオラとかデルフィニューム。色をそろえたら、こんなに爽やかな
感じの庭になるんだね~。
DSC01867_20170510200244f4f.jpg

まだ蕾が多かった未来のバラ園。
それでも、咲き始めのバラは、どれも花が大きくていい香り♪
DSC01857_201705102004046aa.jpg

横浜の、、、港の景色って、やっぱりいいなぁ。
DSC01876.jpg

実は初めて。氷川丸。(^^)
DSC01881.jpg

DSC01883.jpg

遠くから見たら、パンかな? って思ったんだけど、チキンでした。
DSC01874.jpg
思わずかぶりつきたいっ!!
そう思っちゃうほど、リアルで、おいしそう~♪

会場は、山下公園の外、象の鼻パークとか、赤レンガ倉庫のほうまで
たくさんあって、強い日差しの下「日焼けの上塗りだぁ」なんて言いながら
プラプラ歩いていきます。
DSC01892.jpg

満開のネモフィラ!!
ひたち海浜公園みたいに、どこまで花でどこから空かわからないほど
一面のネモフィラも素敵だけど、鮮やかな色の花たちと一緒にお庭に
植えてあるのもとっても素敵だね~。
DSC01896_20170510200649e02.jpg

赤レンガ倉庫前のイベント会場は、人・人・人。
DSC01897.jpg

なので、スルーします。
DSC01900.jpg

この先にも会場はあるんだけど、ぼちぼちおなかも減ってきたので
地下鉄乗って、中華街へ行きましょう~。
DSC01907_20170510200653656.jpg

5月5日って、ほんとに青空が似合う日だね。
DSC01909.jpg

ゆっくり着席してご飯を食べられるようなお店は、どこも行列。
ってか、肉まん一つ買うにも行列な、休みの日の中華街。

焼き小籠包で小腹を満たしたら、さて、行列に並びましょう~。
手際よく作られて、じゃんじゃか並んでいってたエビ餃子。
DSC01910_20170510200754c27.jpg

1時間半並んで、ようやく着席。
DSC01911.jpg

いやね、中国のおかゆさん。大好きなのよ。(#^^#)
DSC01912.jpg

おなか一杯。お土産もいっぱい。
そしたら、最後の仕上げに、港が見える丘公園~。
階段、駆け上っちゃいましたよ~。あっ、母は途中でギブでした。
DSC01919.jpg

今回、この花。初めて見たな~。
ピンクも黄色も、造花のように花弁、ぴかぴかでした。
そして、咲き始めと時間がたったものとでは色がすごく違うの。
DSC01925.jpg

途中でギブしてないで、ゆっくり登ってくればいいのに・・・
と思ってたら、やっぱり案の定、やってきました。うちの母上。
DSC01929.jpg
港が見える丘公園のお花畑。ここが一番きれいだったな~。

で、ラビットテイル。大好き。(^^)
DSC01931.jpg

もちろんうさぎちゃんも大好き。
DSC01932_20170510200851067.jpg
そろそろ庭のビオラはおしまいにして、夏の花を植えなきゃね~。
なんて話をしながら、東北道上り線の渋滞を横目に帰宅~。
もちろん、翌日は、庭の手入れと家庭菜園の手入れに駆り出されましたわよっ。(^^;

そして、我が家のベランダでも、ミニバラが咲き始めました~。
DSC01936.jpg

そして、今頃シクラメンが満開。
DSC01851.jpg
4年くらい前に買って、毎年花をつけてくれてたんだけど、
去年の夏越しに失敗して、球根の3分の2くらいが傷んでしまっています。(T_T)
それでも、頑張ってこんなにたくさん花をつけてくれました。
かなりお気に入りのシクラメンの一鉢。
何とか種を取って、また、来年以降もかわいいひらひらちゃんに会えたらいいな~。
うまく受粉するように、せっせと花を揺らしまくる毎日です。(結構ひどいやつ。私)
2017/05/10

ミツモチ山DEアカヤシオ

今度の週末はお山へ行けないので、今シーズン最後のアカヤシオは高原山で♪
矢板の道の駅でトイレから出てきたら、駐車場にはyamasanpoさんとyosieさん。
花咲く山にyamasanpoさんあり!
このお二人が高原山へ向かう。。ってことは、ばっちり見ごろを迎えている!って
太鼓判を押してもらったも同然です。(^^♪

すっかりいい陽気になって、車の窓を開けてルンルンドライブ。
どこからとなく、カモミールの香りが漂ってきました。
あっ、満開のリンゴの花。(^^)
DSC01940_201705092045234d6.jpg
いやね、カモミールってリンゴの香りがする。ってよく言われてるけど、
ずっとリンゴの実の部分の香りがするのかと思っていた私。
「嘘つきぃ。カモミールってちっともリンゴの香りなんでしないぢゃん」
って思っていたけれど、あぁぁぁ、ごめんなさい。
カモミールの花はリンゴの花の香りととってもよく似ていました。(^^♪

スタートは大間々の駐車場から。
6月にはレンゲツツジが咲くところだけれど、まだまだ茶色の世界。
黄砂のためか、遠くの山もかすんで見えます。
DSC01943_201705092045244cd.jpg

今日も、刷毛でなぞったような薄雲がとってもきれいな空。
標高が上がってくると、足元で咲いていたカタクリも、だんだん
フレッシュちゃん勢ぞろい♪になってきました。
DSC01945.jpg

目の前の山の斜面は、ピンク色。
今年のアカヤシオはどうかな~。
数日前に歩かれた人のヤマレコを見ると、まだまだ咲き始めたばかり。
って情報ばかり。
もぉ、これだけピンク色に染まってる山肌見たら、アカヤシオ群生地がが
どんなすごいことになってるんだろう。
DSC01948_2017050920452811f.jpg
思い切り期待をしちゃいます。\(^o^)/

足元には、バイカオウレン。
かわいいな~。オウレン系の花ってその顔を覗き込むと
すごく精巧な作りになってるよなぁ。っていつも思ってしまいます。
DSC01960.jpg

そして、顔をあげればアカヤシオ~。
ピンクのひらひらちゃんがたくさん風に揺れています。\(^o^)/
DSC01965.jpg

まさにこの週末に合わせて花を咲かせましたよ!
って言わんばかりのフレッシュちゃんがいっぱい。
DSC01969.jpg

いくらかつぼみが残っていて、一つ一つの花はすごく濃いピンク
青空に映えてとってもきれい。
DSC01973_20170509204745b39.jpg

少し白っぽい花もあって、お好みのピンクは、濃いの。薄いの。
どっち~???
なんて、アカヤシオに尋ねられているような気持になってしまいました。
DSC01980_20170509204746028.jpg

芽吹きの季節を迎える直前の、まだまだ色の少ない山肌を
鮮やか~に彩るアカヤシオ。
春っていいなぁ。。。って気持ちになる瞬間よね。(#^^#)
DSC01986.jpg

風で花がひらひら落ちて、幹に引っかかりました。
あらあら、なんか、幹から直接花を咲かせているみたいで
めちゃめちゃかわいい!!
DSC01995_2017050920485047f.jpg

大丸のアカヤシオ群生地で「あっちがきれい」「こっちがきれい」と
笹原を歩き回りながら、まぁ、同じような写真を何枚も。
DSC02000_20170509204852720.jpg

だって、ピンクのアカヤシオは、どの木を見てもきれいなんだも~ん。
DSC02004.jpg

笹原の中に隠れて、あちこちにヒメイチゲ。
踏まないように歩かなきゃね。
DSC02007.jpg

県民の森から尾根伝いに登ってらしたyamasanpoさんとyosieさん。
お話をしながら、しばしのお花見タイム
P1020236.jpg

美人さんぞろいで、もぉ、大満足♪
DSC02011_201705092057134d0.jpg

のんびり、まったり過ごしたくなっちゃうよね。(^^)
DSC02016_20170509205716013.jpg

見上げると、花付きのいい木もあれば、数えるほどしか花が咲いていない木も。
すごく個体差があるようです。
DSC02021.jpg

枝先に残り花一つって、ちょっぴり寂しい感じがするけれど、
枝先に、まさに今咲きました! って状態の花が咲いていると
思い切り自己主張をしているように見えてくるね。
DSC02022.jpg

さてさて、お花見を堪能したら、ミツモチ山山頂に向かいましょう。
ピンクの花園に大満足で歩いていくと、「あれ? mikkoさんじゃない?」と。
ずっと展望のいい山の向こう側にいらっしゃってたmikkoさんとだんな様に
ようやくお会いすることができました~。
P1020239.jpg
数年前の平標山でお見かけしてから、ずっと「今度こそお声がけするぞ~」
と思っていたのが、ようやくかないました。\(^o^)/

な、、なんと。お二人にベンチに戻っていただいて、おされな
スイーツタイムに混ぜていただいちゃいました。
ロールケーキに、旦那様トッピングの生クリーム&ベリーたち。
DSC02029.jpg
おいしかったな~。ごちそうさまでした♪
で、お会いできてほんとに嬉しかったです。
またどこかで~。(^^)/

で、のんびりしてたら、広がってきた何やら不穏な雲。
あれ~、今日は雨の予報は全然なかったんだけどなぁ。
DSC02032.jpg

足元、地面すれすれのところにフモトスミレ。
ほんと、高さ1.5センチくらい。かわいいっ。
DSC02039.jpg

下山は、青空がすっかりなくなっちゃったけれど、青空コースで。
アカヤシオフレームの中に釈迦が岳。
DSC02045.jpg
青空コースのアカヤシオの見ごろは、もうちょいさきのようです。
間もなく八海山神社方面との分岐ってところで、ヤマレコのyugoroさんとバッタリ♪
やっぱり、花咲くお山は人を集めますね~。\(^o^)/
私は先月の仙人ヶ岳に続いて2度目です~♪
リンゴさんもバッタリ。よかったね。

まだ咲いていないレンゲツツジを眺めながら(^^;お昼を食べたら、
場所を変えて、八方牧場をお散歩しましょう~。

咲きたてほやほやのハルリンドウ。
色がものすごく鮮やかです。
DSC02060_20170509205935443.jpg

こんなだだっ広い牧場のあちこちに顔を出して、かわいらしく
花を咲かせていました。
DSC02069.jpg

ボケの花もね♪
DSC02062.jpg

なんとものどかな場所です。
雪が積もると、ちょいとヨーロッパのような景色になるそうですよ~。
DSC02067_20170509210105305.jpg


発達してきた入道雲。
遠くで雷の音も聞こえています。
これからの季節は、夕立の心配もしなくちゃね。
DSC02071.jpg

・・・といいながら、もう1ヶ所お花見。
シロヤシオの谷~。
DSC02078.jpg

アカヤシオの季節が終わったら、次の主役はあなただね。
DSC02084_20170509210358b9b.jpg

鮮やか紫のミツバツツジとのコラボも楽しみだな~。
DSC02089.jpg

シロヤシオって、葉っぱもとっても素敵だな。。って思う。
光に当たるとさらに♪ だね。
DSC02096_20170509210401382.jpg

実は、朝からシロヤシオに会ってきてた私。
青空のもとのシロヤシオも、、もう最高~♪
DSC01941.jpg
GW最終日、目も、心も、おなかも大満足なお花見の1日でした。

そして、最後に悩ましのスミレちゃん。
フモトスミレとタチツボスミレはあちこちに。
たま~に、ものすごくきれいなピンク色をしたエイザンスミレ。
そんな中、突然現れるちみっ!!
DSC02050.jpg
一瞬、マルバスミレ? って花を見たときは思ったんだけど、
葉っぱが長い。で、結構ギザギザな葉っぱ。
横顔は・・・
エイザンスミレとも似てるなぁ。ってことは、ヒトツバエゾスミレ?
ん? これもヒカゲスミレ???
タチツボスミレに紛れて3株だけ。あぁぁ、眠れない夜はまだまだ続く。(^○^;
2017/05/08

大展望至仏山と、まったりキャンプ

今年のGWは、天気が良かったらどこかでテント泊を・・・と、
考えていました。
どこなら一人でも行けそうかな?
・雲取山
・富士見平から金峰山
・ミドリ池泊頑張れれば天狗岳
・至仏山からの尾瀬ヶ原。
う~ん、どこも魅力的♪

大展望白根山を下山中、まぁ、こんだけ大展望の雪山を楽しめちゃったから
至仏山はないな。。。と。
ところが、mikkoさんのブログで、み~んな笑顔。幸せ山頂の写真を
見せていただいちゃったら、こりゃ、至仏山しかないな。と。

相変わらず60ℓのでかザックはパンパン。
安定のお荷物15キロでした。(^^;
それでも「冬用のシュラフだし~」「銀マット2枚入れたし~」「アイゼンも入れたし~」と、
夏は、もうちょっとコンパクトにできるかな? なんて自分に声をかけてみたりします。
何しろ尾瀬なので(^^;行動中の水を持てば用が足りる。。ってのはありがたいやね。

3日(水)朝8時。
戸倉第一駐車場は8割くらい埋まっていました。
乗り合いタクシー(@980円。去年より50円値上げ(T_T))で
鳩待峠へ。
今年は、残雪もたっぷりです。
DSC01627_20170506201233ceb.jpg
パトロールの方のお話では、ここ10年、至仏山の雪は少なかったそう。
「今年は雪が多いってみんな言うけど、実は、これが平年並なんだよ」と
おっしゃってました。

翌日は、尾瀬ヶ原を散策しようと思っていたので、スノーシューを持参。
ってか、持って歩くのは大変だから、スノーシューで山頂を目指します。
DSC01628.jpg
久しぶりの超でかザック、あらら、思ったより大丈夫じゃん。
なんて、始めは元気いっぱいでした。(^^;
は・じ・め・はね。(^O^;

夏道は、このピークを左に巻いていきます。
なので、かっこよく三角の笠ヶ岳が目の前にど~~~~~ん!! ですが、
冬は、右に巻いていきます。
DSC01631.jpg

なので、一汗かいた頃には、お燧様&尾瀬ヶ原がど~~~ん!!と。
思わずにっこりしちゃう瞬間です。(^O^)
あちこちでバックカントリーの方たちも休憩中。ツアーの方たちも休憩中。
DSC01635.jpg
その中のガイドさん。
燧ケ岳の標高。語呂合わせで「兄さんご苦労」って覚えてくださいね~。
に続いて、至仏山の標高は、、これも語呂合わせで。。。(間が空く)
「ふぅふぅふぅやっと登った至仏山」です。と。
ちょいと寒々しい笑いが起こる。(^O^;;;
あっ、でも、おかげで、私は二つの山の標高、覚えましたよ~♪

山頂はすぐ近くに見えているけれど、なかなか着かない。
さすがに学習しました。(^^;
登り始めの元気はどこへやら。
背中の重さがじわじわと効いてきました。
DSC01637.jpg

「ふぅ~」と、立ち止まって空を見上げる回数が多くなります。
もちろん、立ち止まって一休み。。もなんだけど、この日は、
青空に広がる薄い雲がとってもきれいな日でした。(^^)
DSC01639.jpg

稜線まで登れば、口元緩みっぱなしになります。
もぉ、あっちもこっちも白い峰々なんだもん♪
DSC01644.jpg

で、振り返るとこちらも大好きな笠ヶ岳。その後ろには上州武尊。
たっぷり雪の積もった今年。きっと笠ヶ岳の斜面にも小笠の斜面にも
たくさんのかわいい子たちが咲きそろうんだろうな~。
小笠の斜面いっぱいのチングルマにまた会いたいな~。
もちろんミヤマムラサキちゃんも♪
DSC01647.jpg
笠ヶ岳の後ろには八ヶ岳も。そして、奥秩父の山々も。(^^)

小至仏山は、もちろんトラバース。
足元はしっかりしてるんだけど、のっぺりとした斜面だから、
ちょっぴり冷や冷や。
DSC01651.jpg

ドキドキの一仕事を終えたら、お昼にしましょう~。
塩パンにベーコンとスクランブルエッグとほうれん草。お気に入りの組み合わせ♪
塩パンって中が空洞だから、具材がたっぷり挟めるのが嬉しい。
DSC01656_20170506201333f2a.jpg
ボリュームたっぷり。カロリーもたっぷり。(^○^;;

枝先にはちょこんとかわいい子♪
カヤクグリと言うそうです。
めちゃめちゃきれいな声で囀っていました。
また会えるといいな~。でも、会っても、私にはわからないだろうなぁ。(^^;
DSC01659_20170506201417c3e.jpg

そして、ようやく山頂。
今年も360度の大展望を準備して待っていてくれました。\(^o^)/
DSC01665_20170506201418265.jpg

平標から谷川。そして巻機。
DSC01666_20170506201420094.jpg

巻機から下津川山などなど。六日町から眺めるとド~ンと連なって
見える白い山たち。
DSC01667_20170506201421223.jpg

中ノ岳&越後駒。そして、、、見えますよ~。今年も行きたい丹後山♪
あとは平ヶ岳。
冬、尾瀬から平ヶ岳を目指す人たちは、あの稜線を歩くのね~。
なんて思いながら、その稜線を目で追ってしまいます。
DSC01673.jpg

大好きな会津駒ヶ岳の向こうにはど~んと飯豊山。
この日は、蔵王まで見えました。\(^o^)/
DSC01674.jpg

眺望を楽しんだら、尾瀬ヶ原に向かって下山です。
はじめはスノーシューのまま。イメージ的には、グリセードっぽく
しゅ~~~っと滑って下山の予定でしたが・・・
DSC01686.jpg
現実は、イメージとは程遠く・・・(^○^;

途中アイゼンに変えて、、、
今回は、忘れずにヒップそり。持ってきたもんね~♪(^○^)

名残惜しくて、振り返ると・・・

ハロ。hello♪
DSC01690_20170506201510263.jpg

3時ごろ、ようやく山の鼻。
げげげっ、テント場、結構いっぱいっぽい。大丈夫かな。
DSC01694.jpg
受け付けは至仏山荘で。@800円。

無事別荘が建ったら、お散歩に行きましょう。
(結局まったりできない私(^^;)
DSC01697.jpg

夕方になっても、刷毛でなぞったような白い雲の美しさは
変わりませんでした。(^^)
DSC01701.jpg

雪の尾瀬で過ごすのんびりした時間。
もぉ、うれしくって、久しぶりにジャンプ!!
DSC01710_2017050620163046a.jpg
・・・って、重たくて体が上がらない。(^○^;

サンセットショーに備えて、早めの夕食。
水でふやかしたスパゲティーで、すいすいパスタ。
ようやくお山の上で実践ができました。
ベーコンにピーマンにマイタケもプラス♪
ただ、お水が多すぎて、スープパスタになっちゃった
DSC01717.jpg

夕暮れ。。。
期待していたんだけど、空はほとんど焼けませんでした。
DSC01720.jpg

テントに戻って、あとはゴロゴロ。
山道具屋さんで仕入れた2ミリの銀マットと100均で仕入れたペラペラの
2ミリの銀マットの2枚敷きで、下からの寒さは感じませんでした。
モンベル#1プラスシュラフカバーで過ごしました。
寝相が悪くて、シュラフカバーは脱皮後の皮のように足元でくちゃくちゃに
なってたんだけどさ。(^^;

夜半過ぎ、月が沈むと満天の星空。
テントのチャックを開けて顔だけ出して、星空満喫♪
ちょうどみずがめ座流星群の極大日直前。流れ星に超期待♪
3時ごろ10分間で6つの大きな流れ星が見られました。\(^o^)/

で、明けて朝!
DSC01728.jpg
日の出を待ちます。

空がだんだん明るくなってきました。
上空の薄雲もオレンジ色に染まって、とってもきれい。
DSC01736.jpg

思っていたほど至仏山は染まりませんでした。
そして、雪原も。
DSC01749.jpg

気温はマイナス6度くらい。寒いので戻ります。
DSC01750.jpg

朝ごはんは、実家の家庭菜園で取れた絹さやと
お弁当に登板機会がなかったウィンナー。
後、すっかり賞味期限の切れてたフリーズドライのリゾット。
あらあら、家にいる時より、ちゃんとした食生活でね?
DSC01767.jpg
ご飯を食べたら、シュラフにくるまり至福の二度寝タイム♪

日差しも強くなってきて、ほどほどにテント内も暖かくなったら、散歩再び。

あはは、この図柄の写真が撮りたかったのよね~。
DSC01773.jpg
雪が硬くてスノーシューが刺さらずに、残念な感じだけど。(^^;(^^;(^^;

逆さ燧の池塘は、まだ凍ってました。
DSC01774.jpg

なので、別のところで逆さ燧。山頂だけ。
DSC01779.jpg

逆さ至仏は、くっきり。
DSC01787.jpg
グリーンシーズン、このアングルでは写真は撮れません。
まだ積雪1メートル以上の尾瀬の湿原。思ったところをばふばふと♪

でも、春の訪れを待つ尾瀬の湿原。
あと10日もすると、赤シボが現れて、湿原のかわいい子たちも
一斉に芽を出して、花の季節を迎えるんだろうね。
DSC01790.jpg

下の大堀川の水芭蕉ポイント。
水芭蕉が咲いていなくても、とっても素敵な景色です。
DSC01795.jpg

白と青の景色はとってもさわやか。
DSC01799_2017050620185975b.jpg

木道を踏み抜いた穴を覗くと、ホワイトアスパラのような姿で水芭蕉が
花を咲かせる準備をしていました。
DSC01804.jpg

雪解けが早かったところでは、かわいい子が、もう、花を咲かせていました。
DSC01810.jpg

今日のお散歩の最終目的地は竜宮小屋。
ここで一休みをしたら、また山の鼻へ戻ります。
DSC01811_201705062019049bf.jpg

ふらふらと寄り道をしながらね。(^^;
下の大堀でも、雪解けしたところから、バンバン水芭蕉が芽を出していました。
DSC01821_20170506201905a34.jpg
そして、水が流れているところでは、リュウキンカも。
もぉ、春よ来い♪  は~やく来い♪ って感じなのかな?

まもなく山の鼻。
ふと空を見ると、虹!!!
DSC01825.jpg

空を見上げながら歩いていくと、その光の帯はどんどん長く伸びて
緩やか~な弧を描いていました。(環水平アーク)
DSC01836.jpg
虹色を見ると、やっぱり幸せな気分になっちゃうねー。

なんてまったりしていたら、すっかり取り残されてしまっていた私の別荘。
12時前で、すっかりご近所さんが変わってしまっていました。
DSC01837_2017050620195331a.jpg
急いで撤収~。
ほんとは、お昼には戸倉に戻っているくらいのつもりだったので、
行動食の柿の種をバリバリ食べて、荷物をまとめたら、最後の仕上げ。
鳩待峠まで、登りましょう。Σ(゚д゚lll)

川上川の橋の上から。
雪解けはガンガン進んでいます。
DSC01842_20170506201955cdb.jpg

雪たっぷりだけど、目の前に広がるのは、もう、雪山の春の景色だね。
DSC01845.jpg

普段だったら、何でもない鳩待峠までの登り。
結構へとへとです。
立ち止まり、空ばかり見上げてしまいます。
DSC01846.jpg
もぉ、ほんとに空が美しかった2日間でした。

頭の中は、もう、花豆ソフトのことでいっぱい。
それを励みに最後のひと頑張り。
DSC01848.jpg
鳩待峠で花豆ソフトを食べると、頭の中は「次は風呂っ!!」
もぉ、人間、欲深いったらありゃしない。

お風呂に入ってさっぱりしたら、また、満開の桜とひらひらのアカヤシオを
見ながら帰宅~。
もぉ、雪原キャンプ。楽しいっ!
さて、次はどこでお泊りしようかな~。
もう、頭の中は、そんなことばかり。
やっぱり、人間、欲深い。(笑)
2017/05/01

ゆるゆる登って大展望 白根山

文句なしの山日和予報の日曜日。
さて、今度こそ残雪の平標!! と思いながらヤマレコを見ていて、
突然気が変わってやっぱり白根山。(^^;

いやね、ヤカイ沢を登るのも不安だし、まだ、夏道は不明瞭だってのも不安だし。(^^;
きっと、自分にGoサインが出せる日がきっと・・・   来ればいいな。(^^;(^^;

で、頑張って早起き。
DSC01520.jpg
5時には太陽が昇るんだね。
いつの間にか実った麦。
ちょっぴり冷え込んだこの日の朝、水滴きらりんちゃんが光っていました。

丸沼高原スキー場のゴンドラ。
始発は8:15
列に並んでいたら、いきなり始まるラジオ体操。
「へっ!?」って、近くの人たちと顔を見合わせながらも、勝手に体が
動き始めてしまうのは、私だけではありませんでした。(笑)
DSC01524_201705011952423e5.jpg

前の日、雪が降ったようで、オオシラビソの木は、粉砂糖を振りかけたように
ちょっぴり雪がくっついていました。
DSC01532.jpg
そんな気持ちのいい針葉樹の森を登って・・・

振り返れば、いい景色。ヽ(^o^)丿
DSC01533_2017050119524529a.jpg

大日如来は、まだまだ雪の下。
初めて白根山へ登った時もこのコース。
その時は、大日如来へ来るまでだって、ずいぶん大変な思いをした気が。」
DSC01538.jpg
遊び続けるって、やっぱり素敵~。そう思ってしまいました。(^^;(^^;

いくつか沢をトラバースしていきます。
ここが一番大きなトラバース。
DSC01543.jpg

小至仏山のトラバースよりも、幅は狭いんだけど、木が生えているし
歩く人も少なく、朝イチならすれ違う人もいないので、思っていたほど
怖くはありませんでした。
DSC01544.jpg

森林限界を超えると、うひゃひゃ~の大展望。
DSC01548.jpg

そりゃぁ、お燧さまが見えたら、テンションはMAXよね♪
DSC01552.jpg

目の前に広がるのは、火山の景色。
DSC01553.jpg

登山道は、ほぼ夏道通り。
最後は、山頂に向けて、正面の雪渓を登っていきます。
DSC01556.jpg

雪渓を登りきったところで、アイゼンを外して、岩をよじ登れば
白根山、山頂~。こちらは群馬県側。
DSC01567_20170501195444254.jpg

そして、栃木県側。
DSC01569_20170501195446457.jpg
いやね、過去2回白根山は登っているんだけど、2回とも山頂はガスガスで
360度の大展望をいただいたのは、今回が初めてでした。

もぉ、神の峰々に囲まれて、めちゃめちゃ幸せだわ~。(#^^#)

狭い山頂は人がいっぱいだったので、1段下がったところでお昼にしましょう~。
DSC01578.jpg

イワヒバリたちは、恋のメロディー奏で中。(#^^#)
DSC01579.jpg

で、まったり休憩してると、何度も、すぐ近くまで遊びに来てくれるのよ。
DSC01580_20170501195612f91.jpg
なのに、なかなかかわいい顔を撮らせてくれない…と。(T_T)

イワツバメも、ひゅんひゅん風を切る音をさせながら、すぐ近くを飛んでました。

ランチのお供は、大展望。
お燧さまの隣には、未丈ヶ岳に守門に浅草岳に大好きな会津駒。
その手前には、ぽっかりと白く鬼怒沼。
DSC01586_201705011956133c2.jpg

で、反対隣りには、真っ白な至仏山。その奥には巻機に、
三国川上流の、、、あの山たちも見えています。
どれがどれだかイマイチよくわかんないんだけどさ。(^O^;
DSC01587.jpg

上州武尊の奥には谷川に苗場。(^^)
DSC01589.jpg

錫が岳の奥には皇海山に袈裟丸。さらに奥には赤城山。
DSC01590.jpg
風が冷たくて、ダウンを羽織っても寒く感じて、手がかじかんでくる程だったけれど
いつまでも眺めていたい。そんな景色でした。

火口の周りを一回り。
DSC01595.jpg

五色沼は、まだまだ雪の中。
それでも、うっすらと、水の青さが透けて見えるようです。
DSC01597_20170501195701cac.jpg

日光方面もすっきりと。そうそう。白根山からこの景色が見たかったのです。(^^)
DSC01599_20170501195702e42.jpg
で、、久しぶりに前白根も行きたいな~。
五色山付近から、五色沼越しの白根山を眺めるの。。もう、最高よね♪

雪渓まで下りてきたら、また、アイゼンをつけます。

あぁぁぁ、1年中車に積みっぱなしだったのに・・・
ヒップそりを持ってこなかったこと。猛烈に後悔。(^O^;
DSC01603.jpg

小至仏山をズームしてみると、トラバースしてるところが一直線。(^O^)
DSC01608.jpg

間もなく樹林帯に入ります。
ここで、大展望とはお別れ。もう、名残惜しいったらありゃしません。
DSC01610.jpg

ちょっぴりドキドキのトラバース。でも、森の雰囲気は最高。
で、前を歩いていたお二人。一緒に行動したわけじゃないんだけど、
下山までずっと一緒でした。
DSC01612.jpg
もぉ、女の子がめちゃめちゃかわいらしくってさ、おばちゃんゴコロをわしづかみ。(^^;

下山するまで、快晴の空は変わらず!! でした。
もぉ、残雪の白根山。サイコぉ~♪
DSC01618.jpg

帰り道、R120沿いの片品村。
民家の庭先では、満開のソメイヨシノやシダレザクラ。
その横で満開のアカヤシオや西洋シャクナゲ。
で、その木の足元では、満開のチューリップや水仙。
春爛漫の景色を楽しみながら、ルンルンドライブ。

老神温泉付近から大間々へ抜ける県道沿いでは、満開のアカヤシオ。
あぁぁ、雪の景色と花咲く景色、両方楽しんじゃった1日でした♪
DSC01624_20170501195751528.jpg