FC2ブログ
2017/10/31

晩秋もアイコマ  

まぁ、よーするに、わたしゃ、1年中、アイコマがいい♪ ってことですが、、、(^^;
今シーズン、ファイナルです。
DSC06359_2017103122445615d.jpg
今回も、桧枝岐の道の駅で車中泊。
0時半に着いた時には、満天の星空でした。
さんざんお世話になった、檜枝岐スキー場のトイレの入り口が
シャッターで閉鎖されちゃってたのが、とっと寂しかったな。

この間、三岩岳のきれいなブナの森を歩いた時に沸いて出てしまった里心。
「キリンテの森を歩きたい・・・」

そんなわけで、トイレの脇のスペースに車を停め、6時半のバスでキリンテへ。
へそ曲がりの逆回りで。
DSC06266_20171031224549959.jpg
6時半のバスには、だれも乗っていませんでした。
一番前の座席には、束になった新聞が。
バスの運転手さんが、檜枝岐まで新聞を運んできました。
そして、途中のバス停で、配達の人に手渡し。

さてさて、登山道は、、、キリンテ沢沿いの紅葉がとってもきれい。
標高1000~1300mくらいがピーク・・・ちょいすぎって感じでした。
DSC06271_201710312245506b1.jpg

木によっては、これから色づく木も。
DSC06273.jpg

この季節、彩りは豊かだけど、ピンク色って見なくなっちゃうんだよね。
なので、マユミちゃんのピンク色に出会えたのはとっても嬉しい♪
DSC06274.jpg

見上げると真っ黄色~。
やっぱりキリンテのブナの森はいいなぁ。なんて、思いながら、
静かな森を歩いていきます。
DSC06276_2017103122455510c.jpg
時々熊鈴の音がするな。。と思うと、ヘルメットをかぶって長靴履き。
背中に篭を背負ったおじさんたち。
登山道を外れた藪の中には、きっとお宝がたくさんなんでしょうね~。

・・・なんて思いながら歩いていたら、
をぉ♪  目の前に、みたらし団子がたくさん落っこちてた!!!(^O^)
DSC06281_20171031224556415.jpg

イワナシちゃんは、どうして雪解け直後にかわいいピンクの
砂糖菓子のような花に出会えるのか、黙って教えてくれました。
DSC06283_2017103122455802d.jpg

もふもふちゃんも、また来年ね♪
DSC06291.jpg

大津岐峠まで登ってきました。
夏の終わりに歩いた大杉林道は、素敵な感じで燧ケ岳まで続いています。
至仏山の山頂付近には雲がかかっていたけれど、ピラミダルな景鶴山はくっきり♪
景鶴山も残雪期限定。ここも行ってみたいのよね~。
DSC06292_20171031224601552.jpg

ずっとずっと横たわっていた大津岐峠の大きな標柱、ど~~~んと立っています。
ここで冷たい風に吹かれながら(^^; ちょいと一休み。2回目の朝ごはん。
DSC06294.jpg

ここから見える景色はお気に入り。
さて、景色を楽しみながら会津駒ケ岳を目指していきますよ~。
DSC06297_20171031224712645.jpg

10月上旬だったら、超暖色に染まる山肌。
もう、すっかりはっぱを落として、ダケカンバの繊細な枝が美しい。
モノトーンの世界になる直前の、晩秋の景色。
DSC06300.jpg

稜線上は冷たい風が吹き抜けていきます。
でも、なんか、急いで歩いてしまうのがもったいなくて、ゆっくりと。(^^;
湿原あり、樹林帯あり、笹原あり。景色がコロコロ変わって楽しぃ~。
DSC06303_2017103122471504e.jpg

振り返ってもいい景色。歩いてきたトレイルがずっと見渡せます。
DSC06307.jpg

駒の小屋も見えてきました。
たくさんの雪が削り取った斜面がモザイク模様のようです。(^^)
DSC06311.jpg

曇り空の割には、遠くの山もよ~く見えます。
真ん中に中ノ岳がど~ん。
その右には、荒沢岳、で、その奥には越駒さん。
中ノ岳の左には、利根川源流の山たち。
今シーズン、もう一度行きたかったんだけどな。また来年だね。
DSC06314_201710312247209f8.jpg
平ヶ岳の奥には、なんと、妙高山も。こりゃぁ、うれしい♪

ここから見る燧ケ岳もかっこいいね~。
花が咲いていなくても、鮮やかに色づく葉っぱがなくても
静かな富士見林道歩きはとっても楽しい時間でした。(^^♪
DSC06316_201710312247215c4.jpg

イワカガミたちは葉を真っ赤にして、寒い冬を乗り越える準備が整ったようです。
DSC06318.jpg

駒の大池まで登ってきました。時間は11時。
冷たい風が吹いていたけど、池の畔のベンチでは、たくさんの人が休憩中。
さて、私は山頂を目指します。
DSC06324_20171031224725e45.jpg

いつものように、山頂直下から。
同じアングルの写真を何枚も持ってるけど、その季節、その季節の
味わいがあるねぇ。
DSC06327.jpg

中門岳へ続く神の稜線。
木道には、いやらし~~くとけた雪が乗っていて、滑ること、滑ること。(^^;
でも、山全体が真っ白になる前の、稜線だけに雪が積もってるこの景色。
いや~、これもたまらんです。(^^)
DSC06331_20171031224854ff2.jpg

雪からちょこんと顔を出す草がなんか、とってもかわいい♪
奥は、この間登った三岩岳。
DSC06333.jpg

今にも雨が降り出すんじゃないかな? っていう空の色と吹いてる風だったんだけど
空気は澄んでいて、遠くの山までよく見えます。
飯豊山も見えました。うれしぃ~。
周りの景色を楽しみながら、ゆっくり歩いていきます。
DSC06335.jpg

DSC06337_20171031224858c80.jpg

自分の中で、リミットは12時。
そんなわけで、今日はここまで。
DSC06344_2017103122490152d.jpg

雪だるま作って~
DSC06347_2017103122490348c.jpg

今年最後のアイコマさんの空気を思い切り吸ったら
DSC06353_2017103122490451b.jpg

帰りは、巻道で。
初めてここへ来たとき、巻道の木道で思い切りコケて笹原に落っこちたことがあるので、
木道が完全に乾いてるとき以外は山頂経由で戻るんだけど・・・
今回は、チェーンスパイクのお世話になりながら。(^^;
DSC06354_2017103122490688d.jpg

定点観測のチングルマ。
真っ赤に紅葉した葉っぱは、もう、カサカサになっていて、
きっと手で触れたら、パラパラ葉っぱが落ちてしまうでしょう。
DSC06356_20171031224908b9c.jpg

山の神様にもご挨拶。今年も楽しい時間をありがとうございました。
DSC06358_20171031225016904.jpg
そのあと、小屋によって、兄さん、姉さんにもご挨拶。
「キャンセル出たから、泊っていけるよ~」の、もぉ、心揺れます。
う~~~~~~。(T_T)

後ろ髪惹かれながら、下山します。
この後、半年先まで、この景色を見に来られないのか。。。と思うと
ほんとに寂しいな~。
DSC06361.jpg
午後まで、お燧さまはよ~~く見えていました。(^^)

もぉ、振り返りながらです。(^^;
DSC06365.jpg

DSC06367_20171031225020266.jpg

展望ベンチでまたまた雪だるま作って~
前に駒のねえさんに教わったまた覗きでストレッチしながら
さかさまの景色を楽しんだら、あとはストイックに下山します。
DSC06372.jpg

鮮やかな葉っぱを見つけると、足を止めながらね☆
DSC06391.jpg

ヘリポート跡あたりから鮮やかになってきた紅葉は、営林署の
看板付近から絶好調。
看板の前でお茶して、そのあとは、最後の激下り。
DSC06395_201710312250243f5.jpg

今シーズンの会津駒ヶ岳詣では、これにておしまい。
今シーズンも、安定の穏やかな景色と、ちょっぴり新たな発見と。
ワクワクドキドキの山行と。楽しい時間を過ごさせていただきました。
ありがとう。また来年ね。
DSC06405.jpg

滝沢ピストンだったら、ここでお疲れさまだけど、国道近くに車を止めたので
林道ショートカットを歩いてまだまだ歩きます。
DSC06411.jpg

沢沿いの紅葉も鮮やか~。
雨を心配して、ちょいと早めに降りてきちゃったけれど
ふもとでは、薄日のさすお天気でした。(^^)
DSC06414_20171031225029fec.jpg

帰りは、またまた古町温泉。
湯舟は赤いお湯なんだけど、ぼこぼこ出てくる源泉は、透明なお湯。
時間に余裕があるときはやっぱり寄りたいお気に入り~♪
DSC06416_20171031225139124.jpg

で、、、、うっしっし♪
今日はおなかの準備もOKよ。
おいしかった~♪
ファイル 2017-10-31 22 19 53
菜華楼は、また今度。
スポンサーサイト



2017/10/26

熊童子

ついつい握手したくなっちゃう、ぷっくりお手々。
ファイル 2017-10-26 19 32 46
でも、真ん中のちっちゃなお手々は、カッパの手みたいだな。(^O^;

青空にハオルチア。透明な窓が、氷砂糖みたい♪
DSC06264.jpg
・・・って、朝っぱらから何やってんだか。



台風。
来なくてよぉぉぉぉ~~~~しっ。(-.-)





・・・他愛もないひとり言。
2017/10/22

雨降りの休日は・・・

台風に備えて、部屋に避難してきた多肉ちゃんの
紅葉を愛でる・・・
DSC06250.jpg
もうちょい寒さに当てれば、もっと赤くなるんだけどな。
しまったら、出すの、面倒だな。(^^;

先っちょがほんのりピンク色。ってくらいの色づきもかわいいのぉ。
DSC06249.jpg
紅葉はしないけど、奥のビアホップのぷりっぷりな感じも好きだ~。

手をかけなくても、なんか、勝手にかわいい子に育ってる。
不器用でも、ごちゃごちゃっと挿しておけば、なんとなく素敵な寄せ植えに見える。
DSC06248.jpg
まさに、ずぼらな私向きな植物~♪

ところが、今年は、葉挿しをしても途中で枯れちゃったり、
元気だった株が、急に元気がなくなって葉っぱが落ちちゃったり
大苦戦の夏でした。
DSC06251_20171022162312eeb.jpg
とりあえず、無事、成長の季節が巡ってきてやれやれよ。

ハオルチアは、しずくちゃんのような透明な窓がお気に入り~。
DSC06255.jpg

こっちは植え替えたら瀕死の状態に。(^^;
DSC06253.jpg
何とか復活しそう。よかった♪ よかった♪

夕方になると花を閉じちゃうコノフィツム。
雨降りのおかげで、今年は花を見られたよ~。
DSC06258.jpg
ぷりっぷりのハートの形。
なんと、この子。初秋には、脱皮をするのです。

秋のミニバラは、まだまだ楽しめそう。(*^^*)
DSC06262_201710221623180ba.jpg
うどん粉病に負けるな~~~!!!
特に黄色!!

今年も無事に夏越しできたシクラメンは、今からこんなに絶好調すぎて大丈夫なの? 
ってほど。
シクラメン薮に突入します~! って感じ。
DSC06244_201710221623077ae.jpg
あ゛~、来週の週末は、晴れれ。(´・ω・`)




うふふん♪
つやっつや~~~~。(^O^)
DSC06243_201710221623052df.jpg

雨降りの休日は・・・


時間を持て余し、、、
妙に、お口だけが忙しい。(^^;(^^;(^^;




2017/10/16

親愛なるお天道様

久しくお姿を見ていませんが、お変わりありませんか?
DSC06216.jpg
前日のウェザーニュースでは、朝からあなたに会えるものだと思って
家を出るときは小雨が降っていても、きっと長いトンネルを抜けたら
空の上でニコニコしてるんじゃないかな~。と思っていました。

なのに、あらら、残念。雲の中にかくれんぼ。
途中のPAでもう一度ウェザーニュースを見ると、お昼前には
会えそうな感じ??
DSC06220_20171016185110cb7.jpg
寝坊しちゃったのかな?

でも、お昼を過ぎても、結局会えなかったね。
DSC06231.jpg

親愛なるお天道様。
今度の週末、南会津の方の空で、元気に再会できるのを
楽しみにしています。(^人^)オ・ネ・ガ・イ
DSC06230.jpg


ちょっとピークを過ぎちゃった感じの参道を歩いていくと
DSC06211.jpg

苗場山以来のオオシラヒゲソウ。
真っ白もしゃもしゃ。かわいい♪
DSC06210.jpg
近くにいた人を巻き込んで「かわいいね~」とやっていたら
またまた母に置いて行かれる。(^^;(^^;

かやぶき屋根の門をくぐったら
DSC06192_20171016185246962.jpg

延々と続く杉並木。
歩いているだけで心が洗われるような気がします。
DSC06196.jpg

なぜか、今年はパワースポット巡りの年になってます。(^^;
DSC06200.jpg


滝音を聞きながらのお参りは、もう、そこに立っているだけで
神様のパワーを受けられたような気がしました。
DSC06204.jpg

でっ!!!
本日メインは、年齢を告げ、自分で引くのではなく、神主さんに選んでいただくおみくじ。
うっかり28歳って言わなくてよかったよ。(^^;
次に並んでいた人が、ご家族の年齢を言ったら「その方は、ここにいらしてますか?
おみくじは、お土産にはできません」と言われていて・・・
恥ずかしい思いをするところでした。(^O^;
DSC06206.jpg
「思立つことは雨のはるるをまたずしてはじむべし」   了解しました♪

残念ながら、山頂は雲の中。
池の水連ちゃんも、つぼみはたくさんあったんだけど、気温が低くて
ほとんど開いてませんでした。
DSC06188.jpg

紅葉にはちょっと早かったけれど、今年は来られてよかったね♪
DSC06185_201710161852444ab.jpg
柱状節理の玄武岩が丸くくりぬかれた感じのところから
豪快に水が流れるこの滝の姿は、なんとも印象的です。

つり橋が入ると、、、
サスペンスドラマに出てきそう。(^O^;
DSC06175.jpg


2017/10/13

会津三岩岳ー窓明山周回 祝♪初避難小屋泊

谷川馬蹄をやるなら、最後のチャンスよね~。の、3連休。
私にしては珍しく、水曜日にはほぼ準備が整いました。
がっ!
土曜日夜の天気予報では、日曜の晩、上越国境ではにわか雨の予報。
どうする!? 清水峠で吹きっ晒しにされる自信ないよぉぉ。(T_T)と、予定変更。
(まぁ、その後、ヤマレコには見なきゃよかったの絶景レコが並ぶわけですが…(T_T))

どこかでテント泊がしたかったんだけど、混んでるだろうしな~。
・・・と言うことで、来年5月のテント泊のための下見っ。
DSC06023.jpg
荷物の減量は諦め、気合と根性勝負で挑みましょう♪

丹後山に負けないくらいの急登。それが、こちらも延々と。
間違って咲いちゃった感じのかわいい子にほっこりしながら
ゆっくり登っていきます。
DSC06026.jpg

木々の間から見えた三岩岳。山肌、きれい~。
DSC06028.jpg
でも、遠い~。(^O^;

標高1000メートル付近は、まだグリーン・グリ~~~~ン。
緑がまぶしい♪
DSC06030.jpg

そういや、八重咲きのイワウチワちゃんが咲いてたのって、このあたりだったかな?
あれ、ここじゃなさそうだな。なんて歩いていて、ふと周りを見回すと、
一気に周りの木の色が鮮やかになっていました。
ここが1200m超えたあたり。
DSC06036_20171012205538abc.jpg

見上げれば、紅葉ミルフィーユ。
あわ~~い緑色、黄色にオレンジに。とってもきれいです。
DSC06048.jpg

標高1500~1600mにかけてのブナの黄葉が真っ盛り。
森全体が、ものすごく明るい黄色に染まっていました。
DSC06050_20171012205542b0b.jpg

足元には、葉っぱのレース。
森と時間からの贈り物。そんな感じです。
DSC06053.jpg
今年5月の時にさんざん眺めた地形図をまたまた眺めながら
はて、ここはどこかな?
当たった~!(^^) とか、外れた~!(T_T)って、一人地形図遊びをしながらね。

ずっと樹林帯。
で、背の高い笹が茂っているので、遠くの景色はあまり見えません。
でも、時々「よき眺め~」の場所があって、思わず足を停めます。
DSC06058.jpg

あら、足元には、またまたかわい子ちゃん。
ちょっと他よりテンポがずれている感じは、どうも他人を見る気がしなくて
妙に親近感を持ってしまいます。(^^ゞ(^^ゞ(^^;
DSC06060.jpg

ぽつんと立ってるダケカンバ。
確か、このあたりを、高校生ワンゲル部の子たちがひーひー言いながら
登ってたのよね。
DSC06063.jpg

確か、これが同じ木。
周りの景色も、雰囲気も、ずいぶん違います。
DSC02523.jpg

標高1700mを過ぎると植生が変わってきます。
そういや、キヌガサソウの群生って、どのあたりにあるんだろな。
あたりをきょろきょろ。もちろん見つかりません。(^^;
DSC06065_2017101220571103f.jpg

その代わり、ゴゼンタチバナの赤い実がずらっと。
DSC06066.jpg

シラビソの木は、黙って、冬の豪雪。厳しさを教えてくれました。
DSC06067.jpg

咲きたてのズダヤクシュは、ほんのりピンク色。
周りの子たちはすっかり種を落としちゃってたってのに、この一角だけ
咲きたてほやほや。
DSC06069.jpg

おかしいなぁ。旧道と黒桧沢コースの分岐の所には、避難小屋まで
あと100分って書いてあったんだけどなぁ。
もちろん100分で着くとは思ってなかったけれど、あれあれ、2時間たっても
まだ避難小屋は見えてきません。(^^;
DSC06070.jpg
でも、湿原と、その周りの木がきれい~。
ガスってるけど。(-.-;

途中すれ違ったおぢさま達に「今日は、高級リゾートホテルにお泊りかい?」
なんて声をかけてもらってました。
そして、ようやく高級リゾートホテル、1泊無料♪ が見えてきました。(^^♪
DSC06073_201710122057193d7.jpg
天気回復だし連休だし、混むかな? と思っていたけれど、この日のお泊りは
3人でした。
着いたときはあたり一面ミルキーだったけれど、ゆっくりお昼を食べてたら晴れてきたので
とりあえず山頂へ行きましょう~。

突然現れる小湿原。
DSC06076.jpg

三岩付近から谷間を除くと、あらあら素敵な感じ。
特に、ダケカンバ!!!
DSC06080_20171012205722094.jpg
笹原と湿原と樹林帯が作るこの景色。
豪雪地帯が作る景色だよなぁ。。。としみじみと。

張り切って一番最初に小屋を出たのに、着いたのは一番最後。(^^;
着いたときは、会津駒の山頂から、猫の耳のように燧ケ岳がちょこんと見えてたけれど
瞬く間に雲の中~。
大きなS字カーブが見られるかな?
稜線の出待ちの間、一人になっちゃった山頂でセルフ撮りして遊ぶ。(^^;
DSC06097.jpg

5月には向こうから歩いてきた、期間限定、会津駒ー三岩岳間の縦走路。
来年のGWに期待を寄せながらしばし眺めます。
DSC06093.jpg
どこにテント張ろうかな~。
やっぱり、最初のピークの向こう側だよね。
浅草岳とか、未丈ヶ岳の展望地~♪

残雪期に、ほぼ同じような場所で写真を撮っていました。
寒い冬が終わって、また、こんな季節が廻って来るのが楽しみだな~。
DSC02500_20171012205848317.jpg

お隣のピークは、山頂に湿原。
お花の季節、そこを訪れる人はいないけれど、きっと、かわいい子たちが
花を咲かせてるんだろうね。
DSC06094_201710122058510a3.jpg

ついに大きなS字カーブは姿を現してくれませんでした。(T_T)

時間切れとなって、下山です。

三岩。
針葉樹の中のつつじの赤がとってもきれい。
DSC06099_20171012205854f52.jpg

山肌もポコポコと色づいていてきれい~。
DSC06100_20171012205856b8b.jpg

風もなく暖かだったので、晩ごはんはお外で。
秋はお鍋よね~♪ と、ゴマ豆乳鍋。
ぐつぐつしながら食べてたら、途中で汗が出てきたほど、あたたかな夕暮れ時。
DSC06102.jpg
夕焼けの「ゆ」の字もないほど、ガスってました。(^O^;

することもないから、18時にはシュラフにIN。
夜中、外に出たら、お星さまいっぱい。\(^o^)/

ちょっと雲の多い朝。
日の出を待ちます。小屋内の気温12度くらい。
暖かな朝でした。
DSC06106_20171012210050b4b.jpg

朝日は、日留賀岳とか男鹿岳とからへんから登ってきました。
すぐに雲に隠れて、また日の出。
2回のサンライズショーでした。
DSC06109.jpg

またまた外のベンチでご飯を食べたら、同泊の二人を見送って
床のお掃除。(これがやってみたかったのよ)
そしたら出発。
DSC06113_201710122100536fd.jpg
で、途中まで下ったところで、帽子を小屋に忘れてきたのを思い出して
取りに戻る…と。(^O^;

さて、今回の山行のハイライトの時間がやってきました。\(^o^)/
窓明山までの稜線散歩。
DSC06118.jpg

新潟側はガスで全然見えなかったのが残念だったけど、でも、
気持ちいいトレイルが続きます。
で、稜線のあっち側とこっち側とでは、植生が違うのが面白い。
DSC06120.jpg

草紅葉は金色。樹林帯の紅葉もとってもきれいです。
DSC06124_20171012210058900.jpg

なんだか、彩品評会をしてるみたいだね。
DSC06126.jpg

真っ赤に色づいたミズナラの木。
旬の短いミズナラの紅葉。
こんなにきれいな色に色づいてるのを見たのは、初めてでした。
DSC06130.jpg
っていうか、こんなきれいな色になるんだね。って、初めて知りました。

三岩岳、万歳だね。
DSC06135.jpg

山肌に、超暖色カーペットを敷いたようです。(^^)
DSC06136.jpg

うひゃひゃ~の時間は、あっという間。
窓明山、到着♪
DSC06138.jpg
これで、御池ー会津駒ヶ岳ー三岩岳ー窓明山と、
南会津の稜線が繋がりました。

下山は、この尾根を下ります。
DSC06140.jpg

こちら側も、1600メートル付近でブナの紅葉が絶好調。
DSC06145.jpg
黄色い森の中を歩きながら、ふと思う。。。会津駒へ行きたい。(^O^;
お隣の山を歩いて、湧き出てしまった里心。(^^;(^^;

気合で降りれば、駒の小屋までなら行ってこられるか!?!?
できもしないことをふと考えてみるけれど~
DSC06155_20171012210241858.jpg

家向山までの登り返しで、そんなことを考えたことは、
なかったことになる。(^^;(^^;
DSC06157.jpg
こちらも、山肌ポコポコとかわいい感じ。

こちら側の稜線も1300m付近まで、色とりどり。とってもきれい。
DSC06164.jpg

をぉ、みたらし団子。
。。。かと思ったら、大きななめこ。
DSC06167.jpg

通過点のような巽沢山。
山行を終わりにしてしまうのがちょいと惜しくて、ここでランチタイム。
朝の残りのパンと、カップスープ。
DSC06168.jpg

木々の間から三岩岳。
朝のうちかかっていたガスは、すっかり取れています。
今頃山頂にいる人たちは、大展望を楽しんでるのかな?
DSC06169.jpg

出だしが急な南会津のお山。
ってことは、最後の最後で、激下りがやってきます。
のそのそ下って、無事国道~。
ついに、避難小屋から国道まで、誰にも会いませんでした。
とっても静かな山行は、やっぱり楽しい。(^^♪
DSC06172_20171012210359f96.jpg

久しぶりに古町温泉で、赤いお湯のお風呂に入って帰ります。
途中、道の駅きらら289で、チーズトマトラーメンののぼり旗。
山の中で、ランチをしてしまったことを、激しく後悔。
その後、田島の中華屋さん。菜華楼さんの前で、後悔再び。(^^;

さて、また、南会津方面へ、、お出かけしなくちゃな♪
2017/10/03

親愛なる山の神様

Dear 山の神様
DSC05933_2017100321262127c.jpg

絶好の山日和だったこの週末。
DSC05940_20171003212623252.jpg

いつになく弱音をはいてる娘様の愚痴を黙って聞いた。
DSC05944_20171003212624d55.jpg

「どっか行こうよ~」という母親を助手席に乗せて、
DSC05949_2017100321262670f.jpg

色づき始めた紅葉を楽しみにお抱え運転手もした~。
DSC05951_20171003212628454.jpg

今度の週末も、どうか、、、、どうか、、、、
DSC05967.jpg

こんな青空。穏やかなお天気をお頼み申し上げます。
DSC05974.jpg

高速代も、ゴンドラ代も出しもらって、ちゃっかり楽しんでるぢゃん。
DSC05971.jpg

なぁ~んて、いぢわるなことを言わないでねん。(^^;
DSC05982.jpg





激混みの八方尾根。
「危ないから、後ろの人に道を譲ってゆっくり行ってね」って言っても
「後ろから人が来てたからさー」と、ガンガン登っていったうちの母親。
DSC05999.jpg

娘よりも、孫よりも、、、
一番パワフルな人なのかもしれない。(^^;(^^;(^^;
DSC06007.jpg

筋肉痛でダウンかな? と様子を見に行ったら
「動けなくなる前に整形行っといた~」と、ケロッとしている。
DSC06019.jpg
受付で「遊びに行ってきて足が痛いって言ってるんだから、しょーもないよね」
って話したら、受付嬢に「行けるうちにあちこち行ったほうがいいですよ」って
言われたのよ~。「次はどこ行く~?」と。(^O^;

見習わなければな。(^^♪


7年ぶりの八方池。感想は???
イベントでふるまっていた「キノコ汁がおいしかったね~」と。(^o^;
DSC06022.jpg
はいはい。(^^;(^^;(^^;