FC2ブログ
2017/12/31

2017年 一人反省会

今年も、気ままな山行レポにお付き合いいただき、ありがとうございました。
2017年は、思わず「そりゃないよぉ。(T_T)」と言いたくなっちゃうような
お天気の日が多かったけれど、ミルキーな景色にもめげず、楽しく
山の空気に遊んでもらいました。
どの山行も、景色と花と空気と人との素敵な出会いがあった
楽しい時間でした。

で、毎年恒例。
2017年、一人反省会をしてみたいと思います。
今年は、私的今年の一文字「初」で、まとめてみたいと思います。

まずは、初めまして♪ のかわいこちゃん。(^^)
ヒナザクラ(西吾妻山)
DSC03707_20171230220158fa8.jpg
おおらかな山の景色の中で、ゆらゆらと揺れながら咲いてる姿に
思い切り癒されました~。

シラユキフモトスミレ(白毛門)
DSC03593_20171230220156ed0.jpg
純白のフモトスミレ。
登山道上、1か所だけ、まとまって咲いていました。
「清楚」って言葉がぴったりなスミレちゃんでした。

クモマナズナ(谷川の朝日岳)
DSC03464_20171230220154154.jpg
The高山植物! って感じのそのお姿~。
あとほんのちょっと登れば朝日岳だったってのに、直下のお花畑の
かわいこちゃんに、思わずひれ伏してしまいました。

カトウハコベ(尾瀬の笠ヶ岳)
DSC03990_20171230220159d1d.jpg
蛇紋岩に咲く花~。
養分なんてほとんどないような岩々の場所に深く根を下ろして
咲く、かわいい姿。
次は、至仏山や谷川でも会えたらいいな~♪

をぉぉぉ、今年はじめましてのかわいこちゃんは、みんな白い子ちゃんだ。(^○^)

そして、気に入った山にしつこく通いがちな私は
(いや、正直に白状すると、それって楽なんだもん。(^^;(^^;)
なかなか出会える景色に広がりがないんだけど、、、

今年「初」で出会った山の景色たち~。

結局、下見だけで本番がなかったけれど、谷川の朝日岳~。
DSC03501.jpg
サウンドオブミュージックのオーバーチェアがぐるんぐるん
頭の中を巡った山行でした。
さて、、、本番は来るんでしょうか。谷川馬蹄形縦走。(^^;(^^;

去年、感動と大反省だった上越国境の丹後山。
今年は、さらにその先の、利根川源流の碑を訪ねることができました。
DSC05847_20171230220204e1f.jpg
笹原につく、1本の登山道。
もぉ、こりゃ、どこまでも歩いていきたい! って思う景色です。
それにしても、この水源の碑。ロケーションよすぎ!!!
どうぞ、ここで写真を撮ってください! って、計算して
建てられたんじゃないかと思うほど。

訪れたのは初めてじゃないけれど、、、
でも、アコガレの高谷池のほとりでテント泊~♪
DSC05608_20171230220202e15.jpg
隣のテントのヒソヒソ話の声がすぐ近くに聞こえて、なんか、悪霊に
憑りつかれちゃったんじゃないか。。。と、ビビりまくった宵の口。(^^;

そして、翌日は、小学生の頃から「一度は行かねば!」と思っていた妙高山。
妙高山から火打山を眺める。ってのが叶っただけじゃなく、360度大展望。
DSC05584_20171230220201c29.jpg
そして、何より感動だったのが、赤城や平標から見る苗場山は、逆への字だけど
妙高山から見る苗場山は、「への字」だったってこと。(笑)
じゃぁ、甲武信ケ岳や角田山からはどんな姿で見えるんだろう。
素朴な疑問。。。でも、絶対見つけられないような気がする。(^^;

そして、忘れちゃいけない。これシリーズ。(^^;(^^;(^^;
今年は、ヨーキさんがおっしゃってた、御池-会津駒ケ岳間。
距離を感じさせない気持ちのいい稜線。。。を歩いて
DSC05239_20171230220449904.jpg

大津岐峠の大きな柱が立ったところを見届け~
DSC06294_20171230220455241.jpg

おなじみの山頂から、その先へ。
P1020566_20171230220456506.jpg
残雪期限定、大戸沢岳を越え~、三岩岳まで、大展望の縦走~。
その時持って行った地形図は、ずっと握りしめていてヨレヨレだけど
大事な宝物となっています~。

で、秋には、三岩岳から~
DSC06091_2017123022045106f.jpg

窓明山を経由して、ぐるりと。
DSC06138_2017123022045282d.jpg
進む方向は、あっちを向いたりこっちを向いたりだけど、とりあえず
R352を桧枝岐に向かって走るときに視界に入る、白いお山の稜線が
ずっと御池までつながりました。\(^o^)/

で、、、最後に、新年の目標達成、できたかな~(^^;(^^;(^^;

*今年は、3回以上テント泊をする~。できたら、テント担いで2泊の山行を♪
思った以上に、年に3回のテント泊のハードルは高かったです。(T_T)
加えて、ビビりな私にとって、2泊の山行って、、、ハードル高かったぁ~。
なぜにって、、、
どんだけの荷物になっちゃうのぉぉ????  ってな恐怖。。だったりして。(笑)

*今年こそ、丹後山のその先の、、、
 奥利根源流の碑を。そして、さらにその先の兎岳のうさぎちゃんを見に行く。

利根川源流の碑までは、無事到着~。
いやぁぁ、ホント、素晴らしかったです。(^^)
聞くところによると、兎岳のウサギちゃんがいなくなってしまったとか。(T_T)
でも、あの気持ちのいい稜線を歩いて、次回は行きますよ~。

*今年も魅惑の上越国境を・・・♪
 と、谷川馬蹄形半周を、何とか射程に入れられるように、せめて下見だけでも…(^^;
 
ついに本番はなかったけれど、無事、下見は完了♪
来年も、また、下見に行かなければ。(^^;(^^;(^^;

*夕食後のジョギングを、、、さぼらずに行くっ!
ホントはね~、週3回走りに行こう! って思っていたんだけど、
週2回。になってしまいました。
でも、1年、頑張りましたよ~。\(^o^)/

今年は、秋の資格試験のため、夏場、ブログは完全放置。
その後、パソコンの電源を入れない毎日がデフォルテになってしまい(^^;
皆様のブログも、ほぼ読み逃げ状態になってしまったご無礼を
お許しくださいませ。

今年1年、本当にありがとうございました。
来年も、どうぞよろしくお願いいたします。
新しい年が、健康と喜びに満ちた年でありますように~。
どうぞ、よい年末年始をお過ごしくださいね。(^^)/
スポンサーサイト



2017/12/30

本日の夕景

大晦日は、あまりお天気よくなさそうだからね。
1日早いけど、おそらく2017年、最後の日の入りの景色~。
DSC07266.jpg

ホントは、午前中、三床山で遊んでこようかな?
と思っていたんだけど、半端なく風が強い。ダメだこりゃ。。。
仕方ないから、おとなしく大掃除をして、15時半過ぎに、のそのそと出動。

それほど気温は低くなく、登り始めるとほんのり汗ばんでくるほど。

新宿のビル群、くっきり。
DSC07247.jpg

スカイツリーも。
DSC07248.jpg

それなら、見えるかな????
DSC07251_20171230212801fab.jpg
あはは。いたいた。
今日も、元気に都心に向かってかめはめ波を打ってました。

オレンジ色に輝く登山道。
さっきまでは寒くない。。。と思っていたのに、尾根に出たとたん、
風が強くて寒いっ!!!
DSC07253_20171230212802926.jpg
妙義山山頂にはサクラマスさんらしき姿が見えたんだけど、もうダメだ~。
本日は、大小山の山頂でリタイヤー(^^;(^^;(^^;

静かに太陽が沈んでいきました。
DSC07272_2017123021280508c.jpg
トンビが鳴きながら輪を描いてました。

日没前は、うっすらだった、山頂がツンととんがってるお山も
浮かび上がるようにくっきりと見えてきました。
DSC07274_20171230212807d3f.jpg
左の方には、穂高のお山たちも。

シルエット富士山。
DSC07277.jpg

夕景を楽しんだら、イルミネーションも♪
DSC07282.jpg

DSC07286_2017123021281056c.jpg

下りながら、ライトアップされたスカイツリーみ~つけた♪
DSC07291_20171230212811324.jpg

じゃ、、、、
見つかるかな???

をぉぉぉ、東京タワー。見えたよ~。\(^o^)/
DSC07293_20171230212813131.jpg
今日は、東京タワーを見つけることを、忘れずに覚えていました。(^^;



2017/12/28

風に吹かれて、雪の(少ない(^^;)社山

久しぶりに社山~。
そういや、笹原に(偽)ピークまで続くトレイルの景色が大好きで
年に何度も登っていた時期もあったけど、ここの所、ご無沙汰でした。
ホントは、茶臼岳へ行く予定だったんだけど、ど~にもこうにも那須の天気が悪いっ!
「赤薙山か社山、どっちにする?」と聞かれて、迷わず「社山!」でした。(^^)

中禅寺湖越しの男体山~。
はじめの週間予報では、穏やかな天気になるはずじゃなかったの~。
湖面、しっかり波立ってます。(-.-;
DSC07152_20171226223244995.jpg

阿世潟から阿世潟峠までは、しっかり雪~。
こりゃぁ、雪の社山が楽しめるかな~。と思っていたら、あらあら、稜線上、雪ないし。
DSC07157.jpg
でも、この景色にあこがれて「社山に登ってみたい!」と思ったのです。
大好きな笹原。
で、ピークに向かってまっすぐ伸びる登山道。
そんな大好き路線は、今でも変わってないな。。。なんて、しみじみと。

キュート☆な登山道を登って、うへぇ、疲れた。って振り返ればこの景色。
まだ、そんなに登ってないのに、ついつい立ち止まっては振り返ってしまいます。(^^;
DSC07158_201712262232470bd.jpg

半月山もど~~んと。
また、ちょっぴりズルして、半月山ー社山の縦走もしたいな~。
DSC07160.jpg
それにしても、びっくりするほど、登山道には雪はありません。
数日前に積もった雪が程々に溶けて凍って、足元はツルツルなので
途中からチェーンスパイクを付けました。

戦場ヶ原も見えてきました。
竜頭の滝と湯滝が、一度に眺められる、なんとも贅沢な景色です♪
DSC07163.jpg

さ~て、青空に向かって、まだまだ登りますよ~。
目の前のピークは山頂じゃないってのはわかってたけど、、、
あれあれ、あといくつ偽ピークがあるんだっけかな?(^^;;;
DSC07165.jpg

疲れたら振り返って、美しい景色に背中を押してもらいます。
DSC07173_201712262232538aa.jpg

半月山の向こうには、ぽっかりと筑波山。
DSC07175_20171226223254d01.jpg
足尾の山の向こうには、富士山も見えていたんだけど、うっすらすぎて
写真には写りませんでした。

稜線上は、冷たい風が強かったけれど、木に囲われている山頂は
風も当らず、思ったほど寒くありません。
DSC07182_201712262232586bc.jpg
ビューポイントが激寒だったら、山頂で休憩かな?
な~んて思いながら、大好きな笹原を見に行きましょう~。

をぉぉぉぉ、よき眺め~。\(^o^)/
やっぱりここ。。好きだよなぁ~。(*^_^*)
DSC07184_20171226223420d0c.jpg

朝のうちは、べったり雲がはりついていた、前白根方面も
雪をかぶった美し~ぃ姿を見せてくれるようになっていました。
ばっちり霧氷がついているのも見えます。(^^)
DSC07189.jpg

一度歩いてみたい、黒檜岳へ続く笹の稜線~。
もぉ、千手まで歩いちゃうと車の回収が面倒だから、途中Uターンでもいいよ。(^^;;
DSC07190.jpg
妄想族。突っ走ります。(^^;

稜線上は、冷たい風がビュービューだったけど、
ビューポイントは日がさせば、ポカポカと暖かい。

そんなわけで、足尾の山々を眺めながら、のんびりランチ。

太陽が隠れると、あっという間に肌寒くなるんだけど・・・
DSC07195.jpg
でも、雲の縁が輝いていて、きれい~。

思いもよらず小1時間のランチタイム。
このまままったりお昼寝タイムに突入できそうだったけど、下ります。(^^;

山頂直下のこの斜面の景色。大好きなのです。(^^)
死んでしまった森と、これからもどんどん成長していく若い森が一緒に。
DSC07198.jpg
すくすく育ってねー。思わず応援したくなっちゃう景色です。

さてさて、社山に登ったらの、一番のお楽しみタイムが始まります~。
素敵な景色を見ながらの下山~♪
DSC07200_20171226223427d74.jpg

男体山。雪が少ないね~。
1日風が強かったけれど、気温高めで、霧氷もつかなかったようです。
DSC07201_20171226223429153.jpg

雪のあるところでは、わざわざ誰も歩いていないところを歩いて
雪の感触を楽しみます~。(^^)
DSC07211_20171226223430b47.jpg

振り返って白根山方面。
今回も、日光の美しい景色満喫の1日でした。(^^)
DSC07213.jpg

青空に感謝だね。
全体的に登山道の雪は少なかったけれど、凍っているところでは
チェーンスパイクつけていても、おっかなびっくり。(^^;;
DSC07214.jpg

うっすら積もった雪面がピカピカ。
なんか、夕方チックだけど、きれいだったな~。
DSC07219_20171226223553a71.jpg

湖畔では、しぶき氷を見つけながら。
DSC07221_201712262235551e8.jpg

かっこいい雪の那須岳には嫌われちゃったけど、
穏やかで美しい日光の景色、満喫の1日でしたとさ。
DSC07225.jpg
2017/12/20

今年も冬の飴細工

今年は、ほんのちょっぴり小ぶりな飴細工。
DSC07105.jpg
これって、氷の花だって、頭じゃわかっていても、白くつやつや光る
この感じ~は、水あめを練ったものなんじゃない? って
ついつい思ってしまいます。(^^;

ショリショリって噛んだら、ほんのり甘いかな?
味見がしたいな~。って思いながら、なんか、壊すのがもったいなくて
いまだにお味見はできていません。
DSC07115.jpg
ほんのり草の香りがしそうな気がするんだけど・・・

この日は、冷え込みが弱かったからか・・・
それとも、今年は冬の訪れが早くて、根がすっかり凍ってしまったからか・・・
例年なら、ティッシュをぶちまけたように白く咲いているシモバシラのシモバシラ。
この日は、ひっそりと・・・と言う感じでした。
DSC07116.jpg
や~、でも、会えてよかった♪ よかった♪

なんか、氷のスミレが咲いてるみたい。
こんな子に会えたら、嬉しくなっちゃうね。(^^)
DSC07118.jpg

すっかり日当たりと風通しがよくなった登山道。
赤城おろしの直撃を受けて、とにかく寒いっ。
DSC07122.jpg
私にしては珍しく、せっせと歩きます。(^^;

第二展望台から赤城山~。
山頂付近は、雪雲の中。
DSC07125.jpg

もちろん、日光連山も雪雲の中。
ってか、すぐ近くは、雪が降ってるようです。
DSC07128.jpg
な~んてしてたら、鳴神山の山頂も、小雪が舞ってました。

山頂の駒狼ちゃんたち。
今年もマフラー。よかったね。(^^)
DSC07131.jpg

朝のうち見えていた富士山も、お昼前にはすっかり雲の中。
新宿のビル群や、スカイツリーはよく見えていました。
DSC07133_201712192128091f9.jpg
さ、、じゃ、カメハメハを打ってる牛久大仏は???

あ~、残念。私には、見つけられませんでした。
次は、双眼鏡を持ってこなくちゃね。

山並み平行線がとっても素敵なこっち方面。
筑波山も、雪雲に飲み込まれていきます。
DSC07134.jpg
さて、寒いから、帰って、窓拭きでもしよ~~っと。

こっちから登るのは、また、春が来てからだね~。
DSC07137.jpg
風の冷たい日だったけれど、大盛況だった鳴神山。
次は、展望日和に来ましょうかね。(^^)   双眼鏡もって。(^O^)

窓拭き。窓拭き~~!!! と、張り切って帰ってきた割には・・・

ジャングル水槽でゆるゆる泳ぐメダカたちに癒され~(^^;;;
DSC06692.jpg

多肉ちゃんの紅葉って、やっぱりかわいい~。と和み・・・
DSC06690_2017121921294460d.jpg

だって、熊童子なんて、爪の先っちょの部分が赤くなってるんだよ~。
もぉ、こりゃ、かわいすぎ!
DSC06874_20171219212947c64.jpg

ブロンズ姫なんて、まさにブロンズ色。
DSC06876.jpg
なんて、ぞうきんは窓際まで到着したんだけど、
窓際で日和っていたら・・・

いつの間にやらサンセット~。
DSC07143.jpg

三毳山あーべんろーと。
DSC07142.jpg
多少窓が汚れていたって、、、
お正月は、やってくる。(^O^)
2017/12/15

真っ白な白根山を見に行こう♪ 湯元から前白根山

あっ、お天気が良ければ、家の窓から真っ白な白根山は見えるんだけどね。(^^;

「那須岳再び。どう?」ってな相方氏を操って、奥日光。
しかも、ちゃっかり足に使ってるという。(^O^;

冷え込んだ朝の戦場ヶ原。
湿原に立つカラマツの木がなんか白いぞ~。と思ったら、
国道沿いは、霧氷街道となってました。\(^o^)/
ファイル 2017-12-11 19 25 46
ところが、湯滝の駐車場へ下る分岐付近から先では、霧氷は無氷。
霧氷ができるのには、ホントにデリケートな条件が必要っぽいです。

スタートは、湯元スキー場から。
どうも湯元からの白根山って、ガチ山屋さんが登るルートってイメージがあって
ずっと敬遠していました。
外山鞍部まで、標高差も距離も、、、カモエダズンネの半分ぢゃん。(^O^;
頑張れ私。(^^;
DSC07021.jpg
スキー場からの金精山&五色山。かっこいい~。

でも、、、遠い~。(^O^;;

登り始めは、まだ雪が薄くて、木の根っこや石がむき出しの所も。
DSC07025.jpg
今年は、白毛門にカモエダズンネに三岩岳に・・・
キュート☆な登山道にたくさん遊んでもらったけれど、登山道の荒れっぷりは
ここが断トツだな。

ふぅ、なんか、やっぱり場違いなところに来ちゃったかな?

でも、振り返ると葉っぱを落としたダケカンバの森がとっても素敵~♪
DSC07024.jpg

わたしゃ、湯元から登って奥白根。で、中曽根で下山ってな
周回ルートで歩く人を心から尊敬するよ。
なんて思いながら登っていくと、木の間から、五色山~。
DSC07026_20171213235007b8f.jpg
まだ遠い。(^O^;

見上げると花の名残。
今年は、アブラツツジの花から紅葉。そして、花の名残でまで
楽しませてもらっちゃった。(^^)
DSC07027_20171213235008ca3.jpg

標高2000m手前からは雪も増えてきて、アイゼンで快適~。
しかも、ふわっふわの雪。
とっても気持ちいい♪
DSC07030.jpg

あぁぁぁ、ようやく視線の先が明るくなってきたよ~。
ようやく尾根に乗るかな?
DSC07032.jpg

イワカガミの茎の影が、なんかとってもかわいらしい。(^^)
DSC07035.jpg

ようやく外山鞍部まで登ってきました。
これにて急登、終了♪  やれやれ。
DSC07036.jpg
視線の先には富士山。やったね☆
思っていた以上に大きな富士山で、ちょっとびっくり。

なかなかniceな雰囲気です。
もぉ、それまでひーこら登っていたことなんて、み~~んな忘れたっ。
ここで3度目の朝ごはん。
DSC07039.jpg
元気が出るようにって、チョコクロワッサンを持ってきて
一思いにパクッっとしたら、チョコが固いっっ!!(^O^;
前歯、無事でよかった。(^O^;;;

しゃくなげがたくさん生えている森の中を、またまた歩きます。
雪はふかふか~。見上げれば青空~。
DSC07041.jpg

天狗平付近を慎重にトラバースして、沢沿いを登れば、前白根の
稜線までは、もう少し。
もぉ、このダケカンバの森は、、、、神の穏やかさだな~。(^^)
DSC07046_20171213235259c18.jpg

振り返ればいい景色。
男体ファミリーに、中禅寺湖。
もぉ、ここでリタイヤでも悔いないよ。
そんな素敵な景色を見ながらまったりと。
_1080577.jpg
お守りとしてわかんも持ってきたけれど、幸い登場機会はありませんでした。
先行者のトレースに感謝っ!!

皇海山の向こうにぽっかりと富士山。
見つけると、やっぱり嬉しい♪
DSC07052.jpg

そして、最後、ひと登りで、白根山がど~~~んと!
「うひゃぁ~。すごいすごい」
もぉ、そればっか。感動のご対面です。
DSC07053_20171213235304376.jpg
雪をかぶった白根山。かっこよすぎ!!(^○^)
避難小屋から白根隠へ続く稜線も。

刷毛でなぞったような雲がとっても素敵~。
上空の風の強さを教えてくれました。
DSC07054_20171213235305bb3.jpg
・・・って、雲が交差してるし。(;・∀・)
上空では、あっち側からとこっち側から風が吹いてるってこと???

歩き始めて4時間以上。
たっぷり時間をかけて(^^;前白根山へ着きました~。
この景色には、もう、感動です。
前週、前々週のように漫才的会話は浮かんでこず
「すご~~い」って、もう、それ連発。
DSC07055.jpg

もちろん、ちょいと進んで、凍った五色沼越しの白根山の
お姿も眺めちゃいます。
DSC07064_20171213235600a01.jpg
稜線上は爆風。
帽子が飛ばされそうで、ネックウォーマーを耳当てにしながら
帽子を固定。
体感温度は-15度以下。。って感じだけど、それでも、もう、神の
白い峰々を何度も眺めてしまいます。

白毛門・朝日岳~巻機山~至仏山~大好きな利根川源流の山々~
中ノ岳~平ヶ岳・越後駒ケ岳らへんがずらりと
DSC07066.jpg

で、大好きな会津駒ケ岳。先週より、さらに白くなったね~。
で、なんと、会津駒ケ岳の左には、浅草岳のお姿も♪
DSC07068.jpg
2週連荘で飯豊山。
磐梯山の奥には吾妻連峰や安達太良山も。

で、さらにぐるっと見ると、お椀を伏せたように、日光の山たち。
こちら側から見ると、男体山と太郎山の姿がなんか似ていて
思わずにっこり。
DSC07073_2017121323560586b.jpg
あ~、今年も11月恒例の太郎山を逃しちゃったな(T_T)
久しぶりに女峰山にも行きたいな。

しつこいほど、神の峰々を眺めたら、後ろ髪引かれまくりで
下山です。
ホントはね、前白根から避難小屋へ続く稜線をちょっとだけ歩きたいな。。。
そんな風に思ってたんだけど、あはは、ダラダラ登りすぎちゃって
時間切れ~。それは、次回のお楽しみとなりました。
DSC07078.jpg
グリーンシーズンだってとっても素敵なあのトレイル。
雪の季節は、どんな景色を見せてくれるでしょ。(^^)

午後になっても快晴の空は変わらず。
急いで下ってしまうのがもったいないほどの、素敵な
ダケカンバの森です。
条件が良ければ、この辺りでは霧氷も見られるとのこと。
次は、そんな機会に恵まれたらいいな~。
DSC07080_20171213235608840.jpg

ホイップクリーム塗りたくりのようだね。
DSC07083.jpg

最後に振り返って、白い白根山を見たら、あとは、中禅寺湖に向かって
元気に下山です。
DSC07088.jpg

私は、もちろん、誰も歩いていない場所をパフパフと。
多いところで積雪は30センチくらい。
吹き溜まりはもうちょっとあったかな?
_1080615.jpg

筑波山の山頂がちょこんと。
なんか、とってもかわいい♪
DSC07089.jpg

天狗平で風をよけてランチにしたら、あとは、ストイックに下りましょう~。
まだ1時ちょいすぎだってのに、なんか、森に差し込む日は
夕方近く・・・って雰囲気です。
DSC07090.jpg
激下りの途中で見上げた五色山なんて、2時ごろだってのに
雪面がもうピンクに染まってるんだもん。
ちょっと焦っちゃうよね。

ネズミさんもおうちに帰ります。
DSC07093.jpg

ようやく湯元のスキー場。
無事に帰ってきました♪
みんな、下山はあっという間。って言うけど、嘘ぉん。
安定の、たっぷり時間をかけての下山です。(^^;
DSC07094_2017121323575390c.jpg
雪をかぶった白根山は、やっぱりかっこよかったな~。
そして、神の峰々。ダケカンバの森。。。
雪の前白根。癖になりそ。
2017/12/06

今年こそ雪をかぶった浅草岳を見に行こう☆霧氷の三本槍岳リベンジ☆

大展望日和だったのに、山頂まであと30分のところで足が攣って
「もぉ、動けない~(T_T)」と、リタイヤだった去年の三本槍岳。→その時のレポはこちら

奇しくも、同じ日に、大展望日和が約束された天気予報。
行くしかないっしょぉ。(これ以上雪が積もっちゃうと、私には無理だしね(^^;)

ここの所、下山の時に膝が痛くなっちゃう。ってのが続いていて、
歩くのにちと不安がありました。
せっかくの山日和。
代案として、無理せず茶臼岳ピストンor赤面山。なんてのも
あったんだけど、行かずに後悔するなら、行ってダメなら今年もリタイヤ。と、
今年も北温泉から。
DSC06878.jpg
駐車場から北温泉に下る、最大の難所は、今年は、ツルツルじゃ
ありませんでした。(^_^.)

キーンと冷え込んだ朝、山登らず、温泉でもいいかな。。。なんて思いながら
中ノ大倉尾根を目指します。

あっ、リスさん。(^^)
DSC06884_20171206000102e3f.jpg
もちろん、姿は見えないけれど、雪の上には、リスにウサギにサルにネズミに・・・
足跡がたくさん。
足跡見ながら、何してたのかな~。なんて、動物の姿を思い巡らすのも
この時期ならではのお楽しみ~。(^^)

c「ひゃぁ~、かっこいい~」
り「・・・・・」
c「かっこいいって言われたら「ありがと」って言わなきゃダメぢゃん」
DSC06887.jpg

c「うわぁ~、かっこいい~」
り「・・・・・」
c「もぉ、ノリ、悪すぎ!!!(-.-) 「ありがと」って言わなくちゃ!!!」

c「で、かっこいい~」
り「ははは。ありがと」
DSC06890.jpg
完全に操ってます。(^O^;

ナゲさんたちは、葉っぱを丸めて寒い冬を耐える準備を整えて
いたけれど、私は、上着を脱ぎ~、シャツを脱ぎ~
ニットの帽子から手拭いに替えて、なんか、季節を逆戻り。
DSC06895.jpg
冬の那須では、もぉ、奇跡的って程、風もなく、穏やかな登山道。
おかげで、期待していた霧氷は無氷。

弧を描く雲がとっても素敵だったな。(^^)
DSC06898_20171206000107363.jpg
西の空は快晴だったけれど、東の方は雲がずいぶん湧いていました。

いつの間にか、赤面山を見下ろすところまで登ってきました。
赤面山の山頂付近も、無氷。
でも、あちらからこちらへ続く稜線も、とっても素敵です。
DSC06903.jpg
あっ、中ノ大倉尾根と合流するところは、激登りだけどさ。

をぉぉぉ、熊見曽根とか1900m峰の北斜面に霧氷がついてるよ~。
いいなぁ。こちらのルートでも、霧氷が見られるかな~。(^O^)
_1080456.jpg
もぉ、今日の主役は、朝日岳!!! ってほど、もぉ、かっこいい朝日岳の
姿に、何度もカメラを向けてしまいます。
そして、笹原のツツジの木。冬芽とか、枝先がほんのり赤くて
ほんの少しだけ暖かさを分けてくれているようです。(^^)

あぁぁ、会津駒ヶ岳も、もう、真っ白だね~。
平ヶ岳~アイコマさん~三岩岳~中ノ岳とかエチコマさんまで
ず~~っと繋がっていて、一つの山塊を作っているようです。
DSC06910.jpg
左には燧ケ岳。さらに左には、真っ白な至仏山。
かわいい子たちは、もう、雪のお布団の中でお休みだね~。

今年は、スダレ山には、エビちゃん、いなかったね。
この辺りは風の通り道。雪は全くついていません。
DSC06907.jpg
いやぁ、この手前でせっかくアイゼンくっつけたのに外します。

外すと、すぐに雪が現れて「えぇぇぇぇ!?!?!」ってなるんだけどさ。(^^;

スダレ山を過ぎたあたりから、ぼちぼち広がる霧氷の海。
で、振り返ると、はるか東の方には、雲海。
もう、雲より上に登ってきたようです。(^^)
DSC06923_201712060000585c7.jpg

去年は、このあたりで、「もう、動けない~」と、悶絶タイムでした。(^^;
今年は絶好調。
もぉ、見渡す景色があまりにも素敵で、あっちをウロウロ。こっちをウロウロ。
_1080482.jpg

もちろん、お山の大将にもなっちゃいます♪
_1080483.jpg

ど~~~んと旭岳。かっこよすぎ。
そして、その奥には、真っ白な飯豊山。
飯豊山の右には、朝日連峰から月山まで見えています。
DSC06924.jpg

霧氷の海を泳ぐ、ヤギヤのたい焼き。
DSC06932_20171206000308d38.jpg
遊びすぎて、たい焼きの皮が、干からびたっ。(^^;;

大岩を過ぎ、清水平の分岐までゆるゆる歩いていくと、一面に
サンゴのように広がる霧氷の海~。
DSC06941.jpg
目指す三本槍岳の北斜面も、霧氷で真っ白です。

で、清水平の向こう側。1900メートル峰の斜面も。
DSC06945.jpg

ハイマツ帯にも、霧氷たち~。いっぱい♪
DSC06948.jpg

振り返って。
こんな、霧氷の海の中を歩いてきたんだね~。
DSC06958.jpg

それまでは、朝日岳が今日の主役だね~。なんて言っていたのが
一気に霧氷たちが主役になってしまいました。
DSC06964.jpg

見上げないで楽しむ霧氷が広がる世界。
今年も、そんな景色に出会えてよかったな~。
DSC06975_20171206000603241.jpg

ちょっと進んじゃ写真を撮って、また登っては立ち止まって。。。
あれれ、清水平との分岐から、山頂までって、こんなに遠いんだっけ??(^^;(^^;
DSC06976.jpg

そして、久しぶりに三本槍岳~。
私ね、三本槍岳。。大好きなのです。(^^)
DSC06977.jpg
なんて言っても、360度の大展望~。\(^o^)/

三倉・大倉・流石山のミニ飯豊山の左側には、大好きな会津駒ヶ岳などなど。
右側には、これまた大好きな浅草岳&守門岳。二つのお山とも白いっ!!
さらにその右には粟ヶ岳。これも白いっ!
DSC06980.jpg

かっこいい旭岳の左に飯豊山。右には朝日連峰。
さらに右には吾妻連峰&磐梯山&安達太良山。
思ったより猪苗代湖が近くてびっくり!(ここには映ってません。(^^;)
DSC06981_201712060006088cc.jpg

冬の那須としては、奇跡的。ってほど、風も穏やかだったので
大展望をおかずにきりたんぽ鍋~。これ、お山でやってみたかったのよ。(^^)
DSC06988.jpg
おいしかったな~。もぉ、これ、くせになりそ。

1時間近くまったりしたら、後ろ髪を引かれまくりで下山です。
程よく溶けた霧氷は、ガラス細工のように、透明で気ラッキラ。
DSC06996.jpg

太陽の光が当たると、七色に光ってます。
まるでサンキャッチャーのよう。
DSC06998.jpg

雪があったら、やっぱり作っちゃうよね♪
DSC07006.jpg
イメージは、飯豊山の。。。石積みに囲われたお地蔵さま。

楽しかったね~。
金網敷きの、、、歩きやすいけど歩きにくい中ノ大倉尾根。
DSC07007.jpg
この日あった人のほとんどは、朝日岳経由での三本槍岳だったようです。
とっても静かな中ノ大倉尾根でした。

で!!!
DSC07012_20171206000721ccf.jpg
熊、、、からかいませんから。(^O^;

出だしが急。。。ってことは、ラストがまたまた急ってことで。。。
ようやく北温泉着~。
DSC07013.jpg
その後、駐車場まで、激登り返し。
ん、、後ろから、北温泉の車が来たぞ~。さぁ、走れ~~~~!!!

それまで、膝がいて~。って言いながら下山してた割には
走る元気が残っていたことにびっくり。
初冬の那須岳。
ちょっとずつ時期をずらして、また、この素敵な霧氷の景色に会いにこよう。(^^)