FC2ブログ
2018/07/31

暑さ逃れて徘徊

よくニュースで、高齢の方が部屋の中で熱中症になる。。。なんてのを
耳にするけど、うちの母も、予備軍。(^○^;
「エアコン使ってねー」って言っても「もったいないから」とか「冷えるから」
とか言って、扇風機しか使わないのよね。(-_-;)

家にいても暑いから、涼しいところへいこー。って、週の中頃に誘った時は
「毎週出かけてると、疲れるしー」とか言ってたけれど、土曜日にちょいと寄ったら
「どこか、涼みに行こうか」と。

よっしゃー。と、標高1300メートルから1400メートルあたりを徘徊。
7月22日のお話です。今更です。(^○^;;
DSC00998_20180731202249db6.jpg

下界、37度。
この辺り、27度。
高原的にはちょいと暑い日だけど、日陰を歩くと風は爽やか~。
DSC01002_20180731202252208.jpg
ラベンダーは満開だったしね♪

ケナーの音って、高原に会うね~。
DSC00999_20180731202250474.jpg
で、ケナーの音って、コンドルは飛んでいくが、ホントにぴったりだよねー。
その他、ジブリの曲なんかを演奏していらっしゃいました。

日陰に腰を下ろして、お弁当を食べながらまったり。

セイヨウノコギリソウの優しい色のお花畑~。
DSC01004_20180731202253acd.jpg
こんなにいろんな色があるんだねー。

ヤナギランが咲き始めると、いよいよ夏も後半戦だな。。。って
気持ちになっちゃうな。
DSC01010_2018073120225513c.jpg
いやいや、まだまだ暑い日が続くし・・・
溶けずに過ごせるんだろうか。私。(^^;

道中、片品村役場の近くに、新しい道の駅ができていました。
もちろん、寄りこんで、花豆ソフト。(^^;

さてさて、ピンクのモフモフのお花。
7月の下旬が見ごろよねー♪
DSC01014.jpg

って、をぉぉ、すっかり満開の時期が過ぎてるしっ。(^○^;
DSC01022_201807312032263df.jpg

川沿いは、やっぱり気温がちょっとだけ低いのかな?
こちらは、とってもいい感じ。(^^)
DSC01016.jpg

ミヤマウグイスカグラの実はちょっとだけ透き通った赤っ。
種が透けて見えるようです。(^^)
DSC01017_20180731202300e09.jpg

ズミの実もほんのり色づきはじめ。
リハビリハイクで歩いたときは、満開だったんだけどなー。
DSC01021_201807312023021ea.jpg
2か月弱の期間で、いつの間にか実を結んで、色づき始めてるんだね。

だって、あとあと2か月ちょいで、紅葉だものね。(笑)

トモエソウがあちこちに。
あらあら、トモエソウって、こんなにたくさん見られるものだったのね。
DSC01024_201807312032277e3.jpg
なんか、イメージ的に、ぐるりと歩いて3つくらい見つけられればラッキー。
って花。って思ってたんだけど・・・(^^;

それにしても、東から西へ進んだ後、迷走しまくる台風の後
またまた猛暑。。。ですねぇ。
DSC01027_20180731203229b46.jpg
夏バテとは無縁だと思っていた私ですが、なんか、すっかり夏バテしてます。(^^;
エアコン効いた部屋でゴロゴロ。。。サイコー。\(^o^)/
スポンサーサイト



2018/07/26

会津駒ケ岳 ピンクのかわいこちゃんいっぱい♪  

ようやく、ここを歩ける時が巡ってきました♪(^^)
日帰りで、、しかも、滝沢登山口に下山できる気がしなかったので、
駒の小屋1泊。会津駒ヶ岳、満喫プラン♪
DSC00701.jpg
いやー、何分歩けば、ここに着いて、その先何分で、あのあたり。
感覚的な目安があるんだけど、いつになっても営林署の看板は出てこないし
いつになっても「正広・朋代のブナ」は出てこないし。(^O^;

水場で2度目の朝ごはんをしていたら、歩荷中の駒の兄さんが登ってきました。
「いやー、昨日飲みすぎちゃって、きっつぅ~。もぉ、コーラ1本1万円で売ったる~!!!」
って言ってる兄さんと途中まで一緒に登らせてもらったんだけど、
途中、結局ついて行けずに脱落。(^^;(^^;

ようやく森林限界。
はぁ、よき眺め~。(^^)
DSC00707_20180725220626099.jpg
まぁ、急ぐ必要もないので、景色を見ながらまったり休憩。
樹林帯では汗だくだったけれど、それまでしっとりとしていた背中の汗は
瞬く間に乾いていきました。

さ、緑の回廊を登っていきますよー。
会津駒ヶ岳へ行ってみたい! そう思ったきっかけの景色。
ここ、好きだわ~。って思う気持ちは、その当時からずっと変わることなく今も。
DSC00717_20180725220628d6a.jpg

燧ケ岳もすっきりと。
明日は、ここを通らないからね。夕方、この辺りを徘徊する元気もおそらく
ないだろうから、景色を眺めながら、超スローペースで登っていきます。
DSC00719_201807252206297a2.jpg

チングルマは、青空に向かって大きく背伸びをしていました。(^^)
DSC00725.jpg

荷物を置かせてもらったら、散歩に出かけましょう~。
毎年、ハクサンコザクラの季節に登ってきてるけど、大池の周りに
こんなにたくさん咲いてるのを見たのは、久しぶりだな~。
DSC00734_20180725220632297.jpg
爽やか~な風のおかげで、逆さ駒にはなりませんでした。(^O^;

そして、山の神様のチョイ先では、をぉぉぉ、たくさんコザクラだぁ!!!
DSC00738_20180725220634f72.jpg
場所によっては、ホントに今朝咲きました。ってな、濃い紫色の
ハクサンコザクラのお花畑になっているような場所もあって、
もう、木道にひれ伏してばかり。(^^;

ん!? なんか、チングルマだけどピンク色。
DSC00743_20180725220635cc7.jpg

こっちも。かわいい~~~~!!!!
DSC00744_201807252206370d2.jpg
夕方、さゆり姉さんに聞いたら「タテヤマチングルマ」って言うそうです。
変種、、なんだそうだけど、しっかりピンク色の花びらのものから、よく見ると
これもうっすらピンクなんじゃね? ってものまで。
ただ咲いていてもかわいいチングルマ。
それがほんのりピンク色に染まってたら、もぉ、かわいさ100倍。
来年以降も、咲いてるかな~? 増えたかな~? って、楽しみができちゃった。(^^)

山頂直下で振り返る。
をぉぉい、燧ケ岳はどこ行ったぁ!?!?
DSC00747.jpg

中門岳へ続く神の稜線のあちこちでも、ハクサンコザクラ祭り。
DSC00770.jpg
あっちでも、こっちでも、ピンクの花が揺れてると、その都度足を止めては
かわいい顔を覗き込む。

今年も、花の季節に来られてよかったな。(^^)
頑張って、草紅葉の頃に来られればいいかな。。なんて、花の会津駒ヶ岳は
ほぼ、諦めの気持ちだったので、緑の回廊を歩くことができてホント、嬉しい♪
DSC00773.jpg

ぐずぐずに崩れていた木の階段の部分は、すっかりきれいになっていましたよ。
私にできるのは、ほんのわずかな募金だったけど、こうやって目に見える形で
使われてたんだなぁ。。。と思うと、なんか、すごく嬉しいなー。
DSC00774_20180725220754026.jpg
返礼品のTシャツはどうやら3色あるらしく・・・
「次回は、別の色のTシャツをいただこうかな~」なんてさゆり姉さんに話したら
「まんまと策に乗っかる人、いるんだねぇ」と笑われてしまいました。(^^;

『会津駒ケ岳の自然を守る寄付のお願い』


さてさて、途中、木道の間では、真っ白なチングルマがもっさりと。
DSC00782.jpg
かわいいな~。
それでなくても歩くペースはゆっくりなのに、立ち止まってばかりでちっとも前へ進みません。

中門池まで来ました。
同じころ、駒の小屋を出発したご夫婦は、ここで戻られたようです。
そんなわけで、その先は、貸し切り。
DSC00793.jpg
いつもの場所で、ちょっと遅めのお昼ご飯を食べた後は、雲がかかる
三岩岳を眺めながら、お昼寝タイム。
1時間くらいゴロゴロしていたけれど、だ~れも歩いてきませんでした。

をぉ、モウセンゴケの先っちょに水滴きらりんちゃん。
DSC00798_20180725220758cab.jpg

で、、、
やっぱりこのTシャツは、リハビリに着ていくんじゃなくて
ここを歩くときに着たいよね~。
やっぱ、、、違う色もか!?(笑)
DSC00808_20180725220800169.jpg
そして、戻るときも誰にも会わず。。。
神の稜線は、完全に貸し切りとなりました。(^○^)

かわいいかわいいハクサンコザクラちゃんの前で、立ち止まりたい放題。
花撮りスクワットしたい放題♪

夕日に照らされたピンクのチングルマ。
うしろ姿も超ラブリ~。(^^♪
DSC00841_201807252208015c0.jpg

外のベンチで夕食を済ませたら、夕日を見に山頂の向こうまで行きましょう。

あっ、木の上にウグイス!
DSC00859.jpg
逃げる様子もなく、ずっと木のてっぺんで囀っていたので
こっち向かないかな~? と、しばらく粘ってみるものの。。。
ブユの猛攻に遭い、私が逃げます~。(^^;(^^;

雲がだんだんピンク色に染まってきました。
そして、そのピンク色の雲に飲み込まれる燧ケ岳。
DSC00866_201807252208055c0.jpg

まもなく日没の時を迎えます。
DSC00870.jpg
ちょっと雲が多くて、新潟のお山たちは見えなかったけれど
優しい色に染まった夕暮れ時でした。

で、発達した積乱雲は、明るいオレンジ色。
DSC00879.jpg

昼間吹いていた風はすっかり静かになり、駒ノ大池には
ランプのともった小屋とお月さまが映りました。
DSC00885_20180725220918818.jpg
その後、小屋へ戻って楽しいおしゃべりタイムは、消灯の20時まで。

さてさて、楽しみにしていた星空はどうかな?
と、もぞもぞ起きだして、外へ出る。寒いっ。(笑)
池には天の川も映っていました。(^^)

私のデジカメは、星空モードがないのよねー。って、せがれに話したら
あれこれ教えてくれました。
早速実践♪
DSC00888.jpg
まだ月明かりがまぶしかったけど、をぉ、飛行機の軌跡も点々と。

天の川も写った~。そして、流れ星も写った~。\(^o^)/
DSC00894.jpg
空では、木星と火星も明るい。
特に、近付きつつある火星の赤さがとってもきれいだったなー。

夕方オレンジ色に輝いていた積乱雲の中では、雷が発生してるようで
雲が光っていました。
山の上から見る遠くの雷って、こんな風に見えるのねー。
DSC00901.jpg
寒さ忘れて、しばしの夜遊び♪

明て翌朝。
4時ごろ周りの音に目を覚ましたけれど、外を見たら、真っ白。(笑)
これ幸いって感じで、至福の2度寝。
DSC00904_2018072522105946b.jpg
ホントは、6時出発。11時台のバスで帰ろうと思っていたんだけど、
何とも、行動開始が6時過ぎでした。(^^;(^^;

朝ごはんの後、ピンクのチングルマ再び♪
DSC00915_2018072522110118a.jpg
って、をぉぉぉ、昨日見たときは、ピンクの隣に咲いていたのは、白い
小さなチングルマだったはずだけど、今日は、ピンクになってる!!!

このピンクのチングルマの周り。よく見ると、ほんのりピンクに色づいているものもあって・・・
数年後は、このエリア、ピンクのチングルマがたくさん咲くようになるのかな?
楽しみがまたまた増えました。(^^)

ガスもすっかり取れたので、朝の散歩。
8時出発、13時台のバスだな。。。
DSC00918.jpg

ばいばい。また来るね。
DSC00922_20180725221103b91.jpg
駒の兄さん・姉さんにご挨拶をして、名残惜しい~。って言いながら出発したのが
30分遅れの8時半。
なんでもない時なら、余裕で下山できるはずだけど、大丈夫か。私。(^^;

帰りは、ずっと視線の先には燧ケ岳。
DSC00948_20180725221105e5a.jpg

こっちの稜線にも、ハクサンコザクラちゃん。(^^♪
DSC00951_20180725221107b47.jpg

中門岳へ続く稜線とは、ちょっとだけ植生が違くて、見られる花の種類が
多いので、歩いていてもとっても楽しい。(^^♪
DSC00955_20180725221108e6e.jpg

ここからの景色。大好き。
この右の岩の上に、お気に入りのハクサンシャジンがあるんだけど、
この日は、まだ、つぼみでした。
DSC00956_20180725221110f6d.jpg

目の前、ずっといい景色♪
ただね~、左斜面がずっと谷になっているので、ここで足を滑らせたら
骨折再びだな。。なんて、ちょっとびくびく。(^^;
DSC00958_201807252211118b1.jpg

名残惜しくて、何度も振り返る。
あ゛~、できることなら、富士見林道は、登で使いたい私。(^^;
じゃないと、振り返ってばかりなのよ。(^○^;
DSC00959.jpg

あっ、先っちょがほんのり赤いアカモノ見っけ♪
今年は見られなかったな~。って、がっかりしていたので、見られて嬉しい。
DSC00961_201807252212298d2.jpg

ナナカマドのちょっとだけ気の早い子ちゃん。
刷毛でなぞったような雲が、とってもきれいだったなー。
DSC00963_20180725221231fb6.jpg

足元にはタテヤマリンドウ。
会津駒ケ岳ー中門岳では、ミヤマリンドウばかりなんだけど、この辺りでは
ミヤマリンドウの姿はなく、タテヤマリンドウばかり。
DSC00970_20180725221232a9e.jpg
植物がその場所を選んで成長するって、なんか、やっぱり不思議だなー。

雪解けがちょっとだけ早い富士見林道では、ワタスゲたちは、旅立ちの時を
迎えていました。
で、こんな素敵な稜線なんだけど、この日は、下山するまで、誰にも会いませんでした。
DSC00971_20180725221234384.jpg

モウセンゴケの花、見っけ♪
でも、ちょっとだけ時間が心配なので、進みます。(^^;
DSC00976_20180725221235963.jpg

さて、あのピークを過ぎれば、大津分岐峠です。
DSC00981_20180725221237da2.jpg

をぉ、標柱が、目立つっ!
まもなく、立ってから1年たつんだねぇ。
DSC00982_20180725221238ff0.jpg

名残惜しくて、またまた振り返る。
あのピークから歩いてきました。会津駒ケ岳。見納め~。
DSC00983.jpg

おかしいなぁ。ホントは10時にここについて30分休憩。。の予定だったんだけど、
まもなく10時半。
急いでゼリーを食べて、チャージをしたら、下山です。
普段なら、2時間で下れるはず。もちろん、今日は2時間で下るのは無理。
バスは13時17分。
乗り損ねたら、15時少し前。。。さて、大丈夫かな?
DSC00984_20180725221241de3.jpg

大丈夫かな? と言いながら、駒の兄さんにもらった宿題を探し、ところどころで
立ち止まる。

沢の音が聞こえてくれば、キリンテまでもうちょっと。
DSC00990_20180725221243e27.jpg

をぉ、私。やればできるじゃん。なんて思ったんだけど、
キリンテまで30分のこの辺りで、大失速。
もぅ、疲れた~。って、ダラダラ歩き。(^^;
DSC00992_20180725221434570.jpg

いつものように、トチの大木の前で立ち止まる。
やっぱりこの木は、素敵だよな~。
DSC00993_20180725221435737.jpg
なんか、バスに乗り損ねたら、歩いて戻ればいいじゃん。。。
なんて気持ちになってきました。(^^;

時計を見たら13時少し前。どうやら、予定通りのバスに乗れそうです。
そんなわけで、沢の水で顔の塩気を洗い流し、ちょっぴりクールダウン。
DSC00994_201807252214378a7.jpg
会津駒ケ岳満喫の2日間でしたとさ。


そして、どーしても駒の小屋へお泊りしたかった理由のもう一つがこれっ!。(^^;
IMG_1411.jpg
去年、タッチの差で売り切れてしまった、ハクサンコザクラ色の5時からTシャツ。(^^;
(夕方5時過ぎに販売を始める、、、お泊りの人、限定品です♪)
今年は、無事ゲット♪  それにしても派手な色だ。(笑)
さて、今度はこれを着て、愛駒詣でをしなければ。(^○^)  ⑳
2018/07/24

那須岳deリハビリ登山

ニッコウキスゲを見ながら涼んできた日の夜。
さてさて、ここでお布団に寝たら、翌朝、絶対に起きないな。と、
荷物を積み替えて、朝は西に向かった高速道路。今度は北に。(^^;

那須友愛の森で車中泊しようと思って止まったんだけど、何しろ連休中日。
駐車場は、キャンピングカーでいっぱい。若者のグループが何やら騒がしい。
そして、何より、暑くて寝てられない~。

・・・と、仕方ない。峠の茶屋の駐車場へ。
1時半ごろ着いた時には、駐車場の3分の1が埋まっていました。
そして、めちゃめちゃ涼しい~。
満天の星空だったんだけど、ゆっくり外で見ていられないほどの涼しさでした。

明けて朝っ。
空の色がだんだん変わってきました。
DSC00571.jpg

山の陰にかかってしまう、ギリギリのところでご来光が見られました。(^^)
DSC00575_20180723233030246.jpg
振り返ると、朝日岳は、ピンクに染まった雲の中~。

のんびり準備をして、出発をする頃には、すっかり雲も取れて、
またまた、いい天気の1日になりそうです。
峰の茶屋避難小屋が近づいてくると、さすが、風の通り道。
爽やか~な風が、ビュービューと。(^^)
DSC00590_20180723233031492.jpg

下界の猛暑を忘れる爽やかな空気の中で、足取りも軽く
・・・なく(^^;、鎖がかかっているところは大丈夫かなぁ。とか
朝日の肩手前の、石がゴロゴロしてるところは大丈夫かなぁ。と、
そろそろと登っていきます。
DSC00592_2018072323303415f.jpg
登りよりも、下りが危なっかしくて仕方ないんだけどね。(^^;

1St.ヒメシャジンに、思わず足を止める。(^^)

恵比寿大黒さま。。。
あ゛~、ごめんね。
私には、どうしても魚の横顔か、鳥の横顔に見えてしまいます。
DSC00593.jpg

考える岩は、今日も茶臼岳の方を見ながら頭を抱えていました。
DSC00597_20180723233036fbb.jpg

かわいいヒメシャジンのブーケ。
もっとたくさん開いてるかな? って思ったけれど、まだまだ蕾もたくさん。
きっと今頃、爽やかな紫色で、登山道を飾っていてくれてることでしょう。
DSC00602_20180723233038a0e.jpg

朝日岳直下のいつもの場所に、ひっそりとオノエラン。(^^)
去年も見られなかったし、今年も諦めていたので、見られれて嬉しい~♪
DSC00603_201807232330396b4.jpg

朝日岳からの景色は、やっぱりかっこいいな~。
石でできた小さな鳥居の向こうの茶臼岳もかっこいい。
DSC00607_201807232330407f2.jpg
振り返って、これから歩く稜線が見える景色も大好き。

ここまでいい感じで歩けてきたので、小さな花園目指します。

熊見曽根から、隠居倉へ向かう稜線上にある小さな花園。
をぉぉ、コバギボウシのツボミの、なんて鮮やかな色~。\(^o^)/
DSC00626.jpg

茶臼岳が見えるところでは、シモツケとニョホウチドリのコラボ。
全体的にはニョホウチドリは見頃過ぎ。
DSC00628.jpg

でもね~、笹原の中で、出会えちゃった~。
咲きたてピカピカちゃん。(^^)
DSC00636_201807232332226b7.jpg
隠居倉のピークまで行くと、戻るの大変なので、お花畑で戻ります。

さて、この後どうしようかな?
はじめは、ニョホウチドリが見られればいいや。の気持ちで出かけてきて
をっ、調子いいぞ。なら、帰りに茶臼岳~。って思ってたんだけど、
なんか、もっともっと歩けそうです。
三本槍岳へ向かうことに、迷いはありませんでした。(三本槍好きな私~♪)

2月の時は、雪の海だった清水平。
今は、緑いっぱいです。
紅葉の時も、霧氷の時も、真っ白な時も…やっぱりここ。好きかも。(^^)
DSC00639.jpg

三本槍岳直下では、コメツツジが満開でした。
そして、このあたりでも、登山道わきで、ひっそりとオノエラン。
DSC00644_201807232332258ab.jpg
嬉しいな~。
もう、花弁が傷み始めてたオノエランだったけど、思わずカメラを向けてしまいます。

山頂からは、やっぱりよき眺め~。
流れ石山方面、今年こそ行きたかったんだけどな。
次回こそは、大峠のお地蔵様に会いに行くぞ~。
DSC00646_201807232332264bf.jpg

旭岳を見ながらまだ10時前だけどランチ。(^^;
風が吹いて、雲が切れると、まだまだ雪の残る飯豊山が顔を出しました。
DSC00649_201807232332287a0.jpg
じっとしていると肌寒く感じる山頂。
上着を羽織ってまったり。。。
だけど、団体さんが来て騒がしくなってきたので下山します。

何しろ、下りは危なっかしいからね。(^○^;
いやいや、困ったときには横向き下山で。(爆)

朝日岳の向こう側には、どうやら雲海が広がっているようです。
雲の中は、、、めちゃめちゃ涼しいだろうなぁ。
DSC00655_20180723233229215.jpg
清水平ー三本槍岳間の樹林帯や、山の東側の風が通らないところで
すれ違う人たちとは、挨拶しながら「蒸し風呂みたいですな」と。

風の通り道になっている尾根上ですれ違う人たちとは、
もぉ、下山したくないですね。と。
那須の強い風のおかげで、下界の暑さを忘れるひと時を過ごすことが
できました。
DSC00660_20180723233233a54.jpg
1900m峰のてっぺんで、一休み。
風は強いんだけど、気持ちいい~。

ベニバナツクバネウツギは、花が落ちても花みたい♪
DSC00656.jpg

熊見曽根でも、またまた休憩。(^^;
下山しちゃうのがもったいないし、風は気持ちいいし、
なんて言っても、足元、怪しいし。(^○^;;
DSC00663_201807232332341a5.jpg

かわいこちゃんが咲いているたびに足を止める。
DSC00665_2018072323340038d.jpg

コキンレイカも、あちこちで咲いてたな~。
DSC00667.jpg

1900メートル峰を越えても、きっと、清水平あたりでギブかな??
な~んて思ってたけど、にっこり笑って三本槍岳、、行けちゃった♪
こりゃ、、、、
大好きな、あのお山も行けるかも。
もぉ、どこで休暇を取ろう。
夏休みの予定が、頭の中をぐるぐる巡ります。
DSC00674_2018072323340382c.jpg
天気もよさそうだし・・・
決めたっ☆

剣が峰のトラバースのところで、ひっそりとモウセンゴケ。
岩がガラガラ崩れているような場所なのに、湿性の植物が
生ええる。ってのが、何とも不思議な感じ。
DSC00679_201807232334043dd.jpg

朝日の肩からの下り。鎖が張ってある岩場。
不安な場所が何カ所かあったけれど、無事、峰の茶屋まで戻ってきました。
もぉ、ここまでくれば、安全に下れそうです。
DSC00680_20180723233406697.jpg
また膝が痛くなっちゃうかな?って心配だったけど、どうやら大丈夫そう。(^^)

雲の中にダイブするように下っていきます。
花咲く那須岳に、大満足♪
DSC00681.jpg

連休中日の大混雑の那須岳。
まもなく駐車場・・・ってところで「久しぶり~」と、駒の小屋の手ぬぐいを
かっこよくかぶるyosiさんに見つけていただきました。
帰り道、別のところで会えるんじゃないかな? って思ってたけど、まさかの
那須の登山道で。。。びっくりでした♪
DSC00682_20180723233409352.jpg
駒てぬパワー、恐るべしです。(笑)
yosiさんのようにさりげなく駒の小屋手ぬぐいをかぶって歩けるようにならねば~。と。(^^;

帰り道、那須高原 どっと 混むにもめげずに、プレミアムソフトを食べて、下道で帰宅。
途中、矢板と西方の道の駅に寄り道。
あれあれ、帰り道、買い物ツアーになってしまうのは、どうやら、一人の時でも、もれなく。。
なようです。(^^;(^^;(^^;
2018/07/21

天然クーラー霧ヶ峰  付近徘徊

猛暑予報が続いた三連休。
暑い佐野にはいたくないよ~~!!! と、母を誘って、涼しいところへ。

連休初日、SAは結構な混雑。そろそろトイレも行きたいよね~。
う~ん、横川。。パス。 佐久平も・・・無理だ。

佐久南ICで高速を降りて、すぐの道の駅。。。
あぁぁぁ、二人でお出かけすると、後半戦はほぼ、道の駅巡り買い物ツアーに
なるんだけど、ついに、朝から買い物ツアーになってしまいました。(^^;
クーラーボックス持っていって、よかったよ。(笑)

さてさて、車山肩のニッコウキスゲはどうかな~?
駐車場空き待ちの車であふれてます。(^○^;
DSC00494_20180721200129fef.jpg
ただ、一面に咲くニッコウキスゲに気をよくした母上。
ちょっとなら、歩いてもいいよ~。とのことで、少し離れた路肩の
駐車スペースに車を停めて、お花見スタート。

気温は、車載の温度計で25度くらい。
ゆっくり歩く分には汗もかきません。
っていうか、かいた汗は、瞬く間に乾いていく爽やかさ。
DSC00492_20180721200127169.jpg
良き眺め~。
その昔は、ここまで来るのにいくつか料金所を通らないと
来られなかったものね。

たおやか~な山の景色の中に広がる黄色いじゅうたん。
DSC00498.jpg

この日のアイドルは、ホオアカさん。
全然逃げなくて、あちこちにカメラ目線を向けてくれてました。
もと、たくさんの人たち、足止め。(^○^)
DSC00500.jpg

雲の上には、雪をかぶったお山たちも見えていて、
あそこ、どこだろね~。なんて話をしながら、ぷらぷらと。
DSC00507_20180721200133f6a.jpg

車道の足元には、イブキジャコウソウがたくさん。
撫でるといい匂いだよ~。なんて、歩きながらクンクンしたり、
道端に咲いてるなでしこに足を止めたりしながら・・・
DSC00512.jpg

をぉ、ミズチドリ見っけた♪
DSC00514_20180721200137d4c.jpg
車山周辺の草むらは、ノハナショウブが咲いてたり、ヤナギランが咲いてたり
ワレモコウが咲いてたり。
いろんな季節が入り乱れてました。


さてさて、場所が変わって、溶岩台地。。
ロープウェイのお世話になって、一気に標高2000メートル越え。
DSC00515.jpg
じっとしてると、肌寒く感じるほど。
う~ん、快適♪
気温17度くらい。。でした。(^^)

キンロバイを見ながら、朝、道の駅で仕入れた山菜おこわとか
ナス・野沢菜のおやきで、ランチ。
DSC00516_20180721200140ca9.jpg

テガタチドリもあちこちで惜しげなく。
DSC00518.jpg

クロマメノキのシマシマ模様でくるりんちゃん。
かわいいな~。
DSC00520_20180721200313432.jpg
今年お初のクロマメノキの花に、地味にテンションが上がります。(^^;

おや、何これ。かわいい~。あっちにもこっちにもたくさん!!!
DSC00524_20180721200314e33.jpg
花の根元はぷっくり。で、先っちょはおちょぼ口。
チョウジコメツツジと言うそうです。
初めて見たよ~。
きっと、秋には、ここの紅葉を、鮮やかにしてくれるんだろうね~。

The 北八ッの景色。
あぁ、久しぶりに雪が降ったら来たいかも~。
DSC00528_2018072120031697d.jpg

せっかく涼しいので、ロープウェイで下りるのがもったいなくて、ちょいと寄り道。
バイケイソウがたくさん咲いていました。
DSC00538.jpg

前を歩いていた親子。
お父さんとお母さんが、花とか、珍しいものを見つけて
子供たちに報告すると「それすごい。+10点」とか「+30点!」とか、
なんか、とっても楽しそう。
お母さんがポツリと「ここ、泊ったことあるんだ~」って言ったら
子供たち。「ずる~~い。マイナス500点」って。
で、それが、お父さんとの思い出のおデートの場所だった。って
話が続いたら、「それなら、プラス100万点」って。
良かったね~♪
DSC00539_2018072120031963d.jpg
楽しそうな親子たちは、雨池の方へ下っていきました。
私たちは、ここで戻り~。



車で移動で、静かな水辺。
DSC00559_201807212005044f5.jpg

そこへ続く遊歩道は、コケの森。
DSC00546.jpg
あれ、駐車場から、こんなにたくさん歩くんだっけ? と、
ちょっとお疲れ気味。(^^;

つんつん。かわいいな~。
と、母に置いて行かれても、モフモフちゃんを前に、ひれ伏します。(^^;
DSC00547.jpg

で、いい感じに生えてるコケは、ひたすらなでくり回します。
DSC00549_201807212003274c4.jpg

やっぱ、コケの森は、楽しいなぁ。。。。

って、をぉぉぉ、コイチヨウランだぁ!! \(^o^)/
DSC00545_2018072120032195e.jpg
それも、あっちもこっちも。

薄いクリーム色の花は、周りの景色と一体化。
足を止める人はほとんどいません。
DSC00553_201807212005010e9.jpg
そんな中、一人ひれ伏す、怪しい人。(^^;

ニッコウキスゲを見に信州へ来たんだけど、まさか、
最後の最後にクライマックスがやってきました。(^^;
DSC00554_20180721200502ea0.jpg

うひゃぁ、コフタバランちゃんも、あちこちに。\(^o^)/
ほぼ、花は終わりな感じだったけど、たくさんのコフタバラン。
今年は、白根山へ見に行こうと思っていたけど、行けなかったな。。と
ちょっぴりがっかりしていたところだったので、もぉ、嬉しすぎ♪
DSC00560_2018072120050677d.jpg
あなた、今日はいったいどこへ行ってきたんですか? ってくらい
膝が泥だらけになっちゃったズボンで、ご帰宅となりました。(^^;
2018/07/13

お山だもの

AR 山1000
IMG_1360.jpg
一応、山だものね。(^^;

こういう遊び心は、大好きよん。
IMG_1359.jpg
クリッターカントリーから、プロメテウス火山までって600メートルくらいなのね。
なのに、こちら側からは、全然見えないってのが、すごいなぁ。

マヂか!? って思ったんだけど、スペースマウンテンも、表示されてましたよ。(^○^;

7月末に期限が切れてしまうけど、引き取り手のいなかったチケット。
勿体ないから、じゃ、行くか・・・と。
DSC00463_2018071321302988e.jpg
夏のディズニーランドは、暑いから、基本的には行きたくないんだけどね。
なんて言っても混むし。(^○^;;;

自ら進んでこういうアトラクションに乗りたがる、母上。
DSC00460_20180713213027f66.jpg
やっぱり、パワーのある人だわ。

日中は大混雑だったけど、日が沈むころには、ちょっと一息。
地面に座ってパレードが始まるのを待つのは、冬より夏のほうが楽だね。(^^;
DSC00476_201807132130301f6.jpg

エレクトリカルパレードは、やっぱり大好き。
最前列で見ると、満足度も高い~。
IMG_1383.jpg
ミッキーが私に手を振ってくれた。。。。と、ココロから勘違いをしています。(笑)

初めて来たのは、高校生の時だったんだけどねー。
IMG_1386.jpg
ディズニーランドで風船を売るお姉さんのバイトがしたい!って、
真剣に思ってたんだっけ。

冥途の土産に、リゾートラインに乗ってみました。
IMG_1388.jpg
いやね、駐車場は絶賛工事中。
10時ごろ着くようにのんびり出かけて行ったら、えらく遠い駐車場に
誘導されてしまいました。
程よくベイサイドステーションに近いところに車を停めたので、なら、乗るか♪と。
車で移動だと、なかなか乗る機会って、なかったのよねー。
次は、ディズニーリゾートクルーザーに乗らねば。(笑)
2018/07/10

( ˘ω˘ )スヤァ…

夏のコノフィツムはちょっぴりみすぼらしい・・・
DSC08826_20180709210454b47.jpg
いやいや、皮をかぶって、眠っています。

愛しのメタボちゃんも。💤
DSC00009.jpg

お豆さんも。💤
DSC00010_2018070921044511d.jpg

うわぁ、しわしわ。
でも、枯れてしまったわけじゃないのよ。(^^;
DSC00011_20180709210448dee.jpg

古い皮の中では、新しい葉っぱが2つに分頭してるはず~。(とらたぬ~)
DSC08827_20180709210456601.jpg

今年は、8個。来年は16個。
鉢からあふれるように花が咲くはず~。(とらたぬ~)
DSC08784_20180709210453e4b.jpg

あらら、メタボさんが起きた。
DSC00434_201807092104505a1.jpg

こっちでも、ぺりぺり♪っと。
DSC00012.jpg

つぶつぶ~。
脱皮した、生まれたてのフレッシュちゃんは、すべすべ。
とってもきれい。
DSC00487_20180709210451da4.jpg

まだ、ほとんどが休眠中のコノフィツム。
その中で、サマーレッドさんが咲きました。\(^o^)/
DSC00440.jpg

朝咲いて夕方には閉じてしまう、昼咲きのコノフィツム。
家に置いておくと、咲いてる姿を見そびれてしまうので、会社に連れていく。(^^;(^^;
DSC00443_20180709210907ed2.jpg
パッカーンと開いたその姿は、見てるだけで元気が出るな~。

こんなしわしわなのに、花芽を伸ばせるほど水分を蓄えておける、、、
その保水力がちょっとうらやましい。(^○^;


一番花を咲かせて1ヵ月後。
あわちどりが満開になりました。
DSC00438_20180709210904ec7.jpg
かわいい。
ついつい窓際に行っては、小さい鉢を持ち上げて思わずにやにや。
2018/07/05

山復帰は、花の山~♪

6月の下旬。
「さぁ、どんどん動いて大丈夫ですよ。もう動いてると思うけど(笑)」
の、担当医からの待ってましたの治癒宣言♪
DSC00335_20180703213959bb0.jpg
・・・って、気の小さい私は「ジョギング再開しても大丈夫ですか?」とは
聞けたけど、「山へ行っても大丈夫ですか?」とは、聞けませんでした。(^^;;
「まだ無理ですね」って言われちゃったら、ショックで立ち直れないぢゃん。

まぁ、そのあたりは、自己責任ってことで。(笑)

どこのお山で再開しようかな。
天元台からの西吾妻方面なら、山復帰の足でも1時間歩いてチングルマ。
1時間半でヒナザクラにたどり着けるかな?
大凹のお花畑でヒナザクラを見たら、人形石へ。様子を見ながら藤十郎で
チングルマだな~。なんて、6月上旬までは思っていました。
DSC00269_20180703213841dda.jpg

登山靴をはいて歩くと、猛烈にくるぶしに違和感を感じるのは、厚さ2ミリとはいえ
体の中に異物が入っているわけですから、まぁ、外すまでは我慢しててください。と。(^O^;
DSC00273_20180703213844a0e.jpg
それにしても、ホントに大丈夫なのかなぁ。
痛くて歩けなかったりして~。
家に帰ったら、猛烈に内出血???
いや、途中で流血してたら、悲劇だよねー。

・・・と、不安は尽きないわけで。(^^;(^^;

でも、ぼちぼち至仏山の山開きが気になりだした頃・・・
やっぱり花咲く至仏山は外せないよなぁ。と。
今年は、山開きの7月1日は日曜日だし♪

いよしっ! 目標、笠ヶ岳分岐のチョイ先のお花畑で、ハクサンコザクラと
ハクサンイチゲ。そのちょい先でチングルマ。
ほぼ、年中行事になっている、花咲く至仏山に今年も行こう♪
DSC00281_2018070321384482c.jpg
あはは、あんなに入念にプランを立ててたのに、あっさり変更。(^^;

もちろん、山の鼻から周回した方が、たくさんのお花たちに会えるんだけど
歩き通す自信はないので(っていうか、笠ヶ岳の分岐までたどり着くのも怪しいし)
鳩待峠ピストンで。(^^;
DSC00284_201807032138469cd.jpg
まぁ、小至仏山の手前までたどり着けて、オゼソウとホソバヒナウスユキソウが
見られれば「たいへんよくできました」
で、小至仏山の山頂から、利根川源流のお山たちの姿が見られれば、
山復帰。大成功♪ そんな感じで。(^^)

赤城山とか戦場ヶ原とか、、、
ぼちぼちハイキングをしながら、どのくらい歩けるのかな?
様子は見ていたけれど、下り坂は完全にダメダメって感じ。
石がゴロゴロしているようなところは、足首をひねっちゃいそうで怖い。
DSC00286_20180703213847ef6.jpg
でも、、、なんか、、、、
わ~~い。今年もオゼソウに会えちゃった~。\(^o^)/

サクサク歩くのには程遠いって感じだけど、どっちにしても、お花が咲いてれば
あっちでひれ伏し、こっちでひれ伏し。ってしてるんだもん。
宝物たちを探すのには、こりゃ、ちょうどいい。ってスピードでゆるゆると。
DSC00295_20180703213849fe2.jpg

例年、最後まで雪の残るところでは、滑る階段が怖くてチェーンスパイクも
持ってきたけれど、今年は、登山道上、雪は全くありませんでした。
オヤマ沢を覗き込んで、ほんのひと塊の雪があった! ってだけ。
ホントに、今年の雪解けは早かったようです。
DSC00296.jpg
で、狭いところで小ぢんまりとヒメシャクちゃん。
もぉ、今年は会えないかと思っていたけれど、会えてうれしいよ~。(^^)

つるつる滑る蛇紋岩。
ここで滑って骨折再び。とかしてたら、もう、二度とお山では遊べないからね。
歩きは、もぉ、ひたすら慎重に。
両手に助けてもらいながら、笑顔で小至仏山~。\(^o^)/
DSC00314_2018070321385145f.jpg
からの、ちょい先には、今年も、大きなホソバヒナウスユキソウのブーケ。(^^)

さて、この先、どうしようかな?

ここから見る、至仏山へ続く景色は、大好きな景色です。
去年は行けなかったし。。
もっともっと歩けそうな感じだし、さて、行きましょう~。
DSC00318.jpg

咲きたてモフモフのシルバーのブーケ。
傷んでいる花は一つもありません。
DSC00320.jpg
かわいいな~。
思わずモフモフちゃんを撫でまわします。(^^;

大好きな、登山道へ落ちた流れ星。
ホソバツメクサは、まだまだ咲きはじめ。
DSC00333_20180703213957ee7.jpg
一所懸命カトウハコベを探してみたけれど、まだ、咲いていないようでした。

マルバヘビノボラズも咲きはじめ。
蛇が登れないって言われるほど、鋭いとげがあります。
DSC00337.jpg
ホソバヒナウスユキソウとか、カトウハコベとか、オゼソウとか、この花とか、、、
み~んな植物がこの蛇紋岩の岩の山を選んで、厳しい環境の場所だけど
ここにいるんだな~。そう思うと、ここで会えてやっぱり嬉しい。

ジョウシュウアズマギクもあちこちで。
真ん中が黄色でピンクの花びら。
子供のころ描いた花の絵は、み~~んなこの組み合わせ。
で、こんな形の花の絵ばかりでした。(^^;
DSC00342_201807032140027d4.jpg

至仏山で会えるのをすごく楽しみにしてたのが、この子たち!!!
木のお家に守られるように咲く雪割草。
なんか、最初に見たころより、増えて、大きくなっているような気がします。
今年も会えて、嬉しいな~♪
DSC00345_201807032140045fc.jpg
2015年7月
2016年6月
あ~、やっぱり私ってやること、しつこい。(^^;

相変わらず、大盛況の山頂。
鳩待峠から、たっぷり4時間かかりました。(^^;(^^;
DSC00348_20180703214005e27.jpg
でも、出発するまでは、あれやこれやと心配のネタはたくさんだったけど
2本の脚。頑張ったぞ~。\(^o^)/

さっきまで雲がかかっていた越後のお山も良き眺め〜。
あ~、今年も利根川源流のお山へ行きたいなぁ。
DSC00360_201807032140065d0.jpg
左には、巻機山。びっくりするほど雪がありません。
巻機山の笹の稜線もまた歩きたいなぁ。

さぁ、行きたいところは、あっちにもこっちにも。
私の足、頑張れよぉぉ。(^○^)

こっちは、The 尾瀬の景色。
朝のうちかかっていたガスもすっかり取れて、見晴らしの山小屋群も、
温泉小屋も、東電小屋も、よ~~く見えています。
DSC00361.jpg
でも、やっぱり…会津駒ケ岳が見えて、嬉しい。

景色を見ながら、ちょっと早いランチタイム。
その後、周りの景色を見ながら、無駄に山頂をウロウロ。(^^;;
そしたら、慎重に、慎重に、、下山です。
DSC00364_20180703214010e68.jpg
もちろん、もふもふブーケを見つけるたびに立ち止まり・・・

ってか、あちこちで咲いているので、ほぼ立ち止まってばかり。(^^;

タカネシオガマが、あちこちで絶好調。
あ~、花咲くお山の景色って、やっぱり素敵だな~。
DSC00375.jpg
新潟・谷川方面は、真っ白になっちゃったけどさ。(^O^;

ちっちゃなコケモモ。
振ったら、チリン・チリンって音がしそうです。
DSC00388_20180703214310cea.jpg

笠ヶ岳&ウスユキソウのコラボ写真が撮れる岩の上に、今年もかわいらしく♪
足場の悪い岩の上で、吹きっ晒しになっていても、毎年ここで花を咲かせてるんだよねー。
DSC00391_2018070321431155b.jpg
今年は、残念ながら、ミルク色をバックにに咲く白い花。(^O^;

ウスユキソウにサヨナラしてからは、チングルマやシナノキンバイの
カラフルコーナー。再び。
朝も立ち止まって写真を撮ったはずなのに、またまた立ち止まります。
DSC00398_20180703214313c1f.jpg

斜面いっぱいにミヤマキンポウゲ。
午前中は雲がかかっていた尾瀬ヶ原も、すっきり見えています。
もちろん、会津駒ヶ岳も。(^^)
DSC00400_20180703214315b29.jpg

ジョウシュウアズマギクもいっぱい♪
近づいて見ることはできないお花畑だけど、花咲く尾瀬の山~を満喫♪
DSC00408_20180703214317968.jpg
だんだん、怪我していないほうの足の膝が痛くなってきて、
ますますゆっくり歩き。。。からの、階段横向き歩き。(^O^;

おかげで、たくさんのクモイイカリソウにも会えましたよ~。
DSC00409_2018070321431805b.jpg
(怪我の功名!?)

ハクサンコザクラちゃんには、やっぱり足が止まる。
あ~、お気に入りのお山のピンク色の花畑。。。。間に合うかな?
DSC00415_2018070321431913c.jpg
行けそうな気もする。。。
いや、、、、行けなそうでも行きたいかも。

オヤマ沢田代でも、かわいいヒメシャクナゲ。
やっぱりかわいいな~。コロンとした形と、優しいピンク色。
もぉ、たまらん♪
DSC00419_2018070321432080d.jpg

朝は、まだまだしっとりしていたワタスゲ。午後には、ぽあぽあになってきました。
まだ、穂が開き始めた感じのワタスゲ。もうちょっとボリュームアップしそうです。
DSC00420.jpg
そして、今年も、オヤマ沢田代のワタスゲは、密集度が高い♪

原見岩で燧ケ岳と尾瀬ヶ原を眺めたら、あとは樹林帯に突入。
黙々と下山です。
ラスト2キロがホントにしんどかったなぁ。
10歩歩いちゃ立ち止まるって感じ。(^^;(^^;
体力と気力はいつも通り十分なんだけど、筋力が落ちてるってのを
実感しました。
DSC00430_20180703214323fd7.jpg
お守り代わりに持って行ったトレッキングポールは、最後まで使わず、
2本の足と2本の手とおっきなお尻をフル動員で歩くことができました。
もぉ、翌日の筋肉痛も嬉しい、山復帰、お花見ハイク。
翌日よりその次の日の方が筋肉痛がひどかった。。。あはは。(^^;;;;;


心配だったプレートの部分は、内出血も(もちろん流血も)せず、うっ血も
むくみも出なくてよかった~。
翌日は、心なしか足首の動きもよくなっていたような…
そして、今までは「ムッリ~」だった、階段を駆け上る。。。これができるようになってたのにびっくり。

やっぱりお山で遊ぶって、素敵ぃ~。

おかげさまで、無事、復活できました。
助けてくれたみんなに感謝!