FC2ブログ
2018/08/26

暑さ逃れて奥日光

帰ってきた猛暑予報に「なにをするでもなく、中禅寺湖畔でお弁当でも食べません~?」
と、母を誘って奥日光。

お昼に着けばいいや。と、のんびり出てきたら、赤沼の駐車場は満車。。
仕方ないな。。と、三本松に車を停めて、北戦場ゆるゆるハイク~。
出だしの森の中は、ジメッとした空気がよどんでる感じだったけれど、
木道へ出れば、吹く風は爽やか~。(^O^)
DSC01364_201809042226262d5.jpg
足元には、ウメバチソウ・アキノキリンソウ・リンドウ・キンミズヒキ。
そして、たわわに実ったツルコケモモ~。

赤い川を越えて湯川沿いまで進んでくれば、森の中でも空気はちょっぴりひんやり。
まだまだ頑張って咲いているホザキシモツケには、思わず足を止めてしまいました。(^^)
DSC01365_20180904222628575.jpg
6月に逆回りで歩いた時には、うへぇ、泉門池から国道までってこんなに遠かったんだっけ?
って思ったけれど、今回は、をぉ、もう着いた♪ と。(^^)

お昼は、夏のごちそう。トウモロコシごはん~。
DSC01391_201809042226398cf.jpg
おかずも、家に会った残り物をちょろっと詰めてきただけだけど、
外で食べればなんでもおいしいね~。

泉門池の近くでは、爽やか~な香りのサラシナショウマがたくさん。
DSC01367.jpg
何気に振り返ったら、アサギマダラが止まってた~。(^O^)

小湿原をのぞきこめば、かわいらしくアカイワバナが咲いていて~
DSC01371_20180904222630448.jpg

盛りを迎えようとしているウルトラマン。。。。
じゃなくて、アケボノソウも、あちこちに~。
DSC01373.jpg

DSC01374.jpg

すっかりきれいになった青木橋。
この後は、戦場ヶ原の木道を「日差しが強いねー」「でも爽やかだねー」と
言いながら歩きます。
DSC01375_2018090422263577d.jpg

見上げれば、ちょっぴり秋の訪れ。
DSC01379.jpg

ワタスゲデッキから見る戦場ヶ原は、ちょっぴり緑色が抜け始め
ほんのり色づき始めたようです。
DSC01380.jpg

まだマダラ模様のズミの葉っぱ。
ふ~~~ん、こんな風に緑色が抜けていって、赤く変わっていくのねー。
DSC01383_201809042227552e8.jpg
まだちょっぴり緑色が残る優しい色味。この色もきれいだねー。

下界の暑さを忘れるひと時でしたとさ。
DSC01389.jpg

その後、湯元のあんよの湯によって、根利経由で帰宅~。
途中の直売所では「今年の早生のリンゴですよー」の言葉に、
買い物ツアー、始まり~。
トウモロコシにトマトにレタスに大根に・・・
実は、それがメインだったかも。(^O^)
スポンサーサイト



2018/08/20

平標山まったりキャンプ

きれいなミントアイス色に一目ぼれして、思わずポチっと。(^^;
荷物が届いてルンルンしていた数日後、足首の骨が折れ~、
まさかの使い初めは、入院グッズを詰めての病院でした。
手に荷物を持たずに運べる。。。
まさかの、入院するために買ったんじゃね? ってなおニューのザック。
DSC01213_20180827223907a5b.jpg
お山での使い初めは、7月の会津駒。
40リットルザックだけど、なんか、容量以上にたくさん荷物が入る感じ。
こりゃぁ、行動時間も短く、水場があるテン場ならテント、、入るかも。
入りました。\(^o^)/
重さを量ったら12キロ。いゃ~~ん、やればできる子ぢゃん。わたし♪

朝、5時には家を出ようと4時に目覚ましをセットする。
目は覚めたんだけど、なかなか起きられない。
起きても、のんびり植木に水やりして、多肉を眺めて・・・

あはは、久しぶりのテント泊に、ビビってました。相当。(^O^;
ぐずぐずしてた分、高速使うか・・・と、高速に乗ってみたものの、関越で事故渋滞。
その後、日焼け止めを持ってくるのを忘れたことに気づいてコンビニで無駄遣い。
(実は、今年2度目の日焼け止め忘れ~。もぉ、どうしましょ。(^^;)

今回は、まずテントを張らなくちゃね。と、平元新道で。林道歩きが長い・・・
うへぇ。。。って思っていたら、あら、足元に水滴きらりんちゃん。
DSC01207_20180827224010540.jpg
ノウゴウイチゴにくっつく水滴きらりんちゃんのかわいらしさは
やっぱり最強だな♪

平元新道も、とってもよく整備されていて、延々と続く階段。
やっぱり平標山は修行の山だな。。。
DSC01210.jpg
なんて思い始めたころ、ようやく空が近くなり、振り返ると苗場山がドーン。
そこからひと登りで、平標山の家。

テン場は一人500円。
受付をしたら、小屋のお母さんが「さっき着いた子たちがあっちに張ったから
展望台の方に張ってもいいよー」と言ってくださったので、別荘はここに建てました。
DSC01214.jpg
近くにベンチがあるので、食事をするのに便利~♪

のんびりランチをしてたら平仙鞍部はガスの中~。
仙ノ倉山も見えなくなってしまいました。
なら、、、昼寝だっ!!!   と、ひと眠り。

ホントはね~、1日目に軽い荷物で仙ノ倉山まで行ってしまおう。
って思ってたんだけど、予定変更。
大源太山までお散歩に行きましょう~。
DSC01220.jpg

今年お初のウメバチソウ。
咲きたてピカピカ。つぼみもまだたくさん。(^^)
DSC01221.jpg

でっかいイワショウブ。。。普通サイズの3倍はありそうです。
確か、チシマゼキショウ。。って教えてもらったような。。。
DSC01228_20180827224018c9a.jpg

大源太へ向かうブナの森も、とっても素敵です。
去年来たときは、この足元にツバメオモトがわんさか咲いていたんだっけ。
DSC01234_201808272240191a7.jpg

そして山頂~。
あはは、見事にミルキー。(^○^;
DSC01235_20180827224020450.jpg
ガスが晴れないかな~。ってしばらく待ってみたものの、男前な
姿はなかなか出てきそうにありません。  さて、戻るか・・・

アカモノの実がどっさり。
この春は、ホント、いろんな花たちが絶好調で咲いたみたいだねー。
DSC01238_2018082722402237b.jpg

稜線上、スノキの葉っぱが真っ赤。
やっぱり秋に来てみなくちゃな。(^^♪
DSC01240.jpg
仙ノ倉山にかかっていた雲も切れてきました。
良き眺め~♪

エビス大黒様も顔を出してくれました。
DSC01243_20180827224146ff0.jpg

足元にアカモノの花~。今年最後のアカモノだね。
DSC01247_20180827224148ec1.jpg
なんか、、、、
私の知ってるアカモノの花より、大きく開いてるような気がするんだけど・・・

テン場に戻って水を汲みに行ったら、小屋のお母さんに声をかけられる。
「ねぇ、スイカ食べる?」って。
30年ぶりくらいに食べたスイカ。(^^;(^^;(^^;
甘くておいしかった~。
DSC01252.jpg
もう何年も、スイカを食べると口の中がピリピリしちゃうので
ずっと避けていたんだけど、この日は全然ピリピリしませんでした。

久しぶりにメスティンでご飯。
ご飯が炊けるまでの間に漂うあの香りは、幸せ感じるな~。
DSC01254.jpg

ご飯を半分よそって、レタスを乗せて、オイルサーディン丼♪
イワシのイキが良すぎちゃって、お皿の上で暴れまくるイワシたち。
オイルもたっぷりご飯にかけて、カロリーもたっぷり。(^○^;
DSC01256_20180827224152d84.jpg
ご飯の後、小屋のご主人と、もう一つのテントの女の子たちとおしゃべりタイム。
ツェルト泊のお姉さんは、西黒尾根から歩いてきて、翌日は白砂山を目指すと、
早々に休まれてました。
この日、テン場は3張り、み~~んな女子でした。

「このころは苗場山に沈むんだよ」という夕日は、残念ながら雲の中。
夜中は、ガスで星空は残念(T_T)でした。

明けて朝っ!
数日前が、ダイヤモンドエビス大黒だったんだよー。って嬉しそうに話してた
小屋のご主人。(今年は、その日は雨だったそうです(笑))
日の出直前、ほんのわずかな時間、空が茜色に染まりました
DSC01266.jpg
で、日の出はまたまた雲の中~。でした。(^^;(^^;(^^;

朝ごはんは、前の晩、半分残しておいたごはんに、フリーズドライのスープご飯の元。
キャベツがシャキシャキで、ほんのり甘くって~♪
玉子を持ってこなかったことを激しく後悔。(^^;
DSC01273_20180827224155b7d.jpg
ご飯がこびりついちゃってたメスティンがきれいになりました。\(^o^)/

爽やかな朝~、6時半には、小屋のご主人たちは、外に出て揃ってラジオ体操。
いやいや、お二人ともすごく体が柔らくてびっくり。
DSC01274_2018082722415759f.jpg

ほどほどに朝露を吸って重くなったテントを撤収。
家で荷物を詰めた時は、上手に入ったんだけどねー、途中、荷物をデポしやすいように。。。
なんて思いながら荷物を積めたら、今まで入ってたものが入りきらない。(^O^;
DSC01277.jpg
無理やり突っ込んで、山頂を目指します~。

延々と続く階段わきには、こちらもとっても大きなイワショウブ。
DSC01279_20180827224200160.jpg

で、振り返れば、朝の清々しいいい眺め~。(^O^)
DSC01281.jpg

リンドウがたくさん咲いていました。
DSC01288_201808272243358d7.jpg

ようやく山頂~。
ホントは、いつも気になっていた平標新道の、、、あの、池塘のあたりまで
行ってみたいな~。と思っていました。
DSC01293.jpg
山頂直下の激下りを見て、やっぱ、今日はや~めた。と。(^^;;;

花の時期は、人だらけのお花畑だけど、この時期は、歩く人もまばら。
でも、なんか、このおおらかな景色は、花が咲いていなくても、やっぱり素敵だな~。
DSC01295.jpg

平仙鞍部のお花畑は、イワインチンとリンドウがひっそりと咲いている。。
そんな感じでした。
DSC01301.jpg

お花畑を過ぎて、平標山を振り返る。
空はもう秋の空。
そして、草原も、ちょっとずつ秋の色に変わり始めていました。
DSC01303_20180827224341222.jpg

更に進んで、東芝ランプの所で振り返ると、をぉ、苗場山の向こうには白馬方面のお山たち。
DSC01307.jpg

鮮やかな色のトリカブトに思わず立ち止まる。
DSC01312_2018082722434425b.jpg

で、まだハクサンイチゲが咲いてたよ~。
なんか、会えてうれしい♪
DSC01313.jpg

仙ノ倉山からは、待ってましたの大展望。\(^o^)/
主脈稜線も、日光方面も尾瀬方面も、新潟方面も、、、よき眺め~。
DSC01327_20180827224619ac7.jpg
キリンソウとかヤマハハコなんかの、晩夏のお花も咲いてるし、色づき始めた
紅葉もとってもきれいだし。
いやいや、帰りたくないなぁ。。。(^O^;;

とはいっても、下山に猛烈に不安を感じているので、戻ります。(^^;
足元に咲いてる子に足を止めながら~。
DSC01336_20180827224620c3e.jpg
どのみち、ちっとも前に進まない。。と。(^^;

やっぱり、おおらか~~~な、だだっ広い場所は大好き。
大きな荷物は、山頂に置いてきちゃったので、スキップもできそうです。(^O^)
DSC01339_20180827224622494.jpg

でかザックを背負って、下山~。
初夏、オノエランが咲くあたりは、ハクサンフウロにリンドウにアキノキリンソウに
ツリガネニンジンにいウメバチソウにコゴメグサ。。。
夏から初秋のお花たちが咲くお花畑になっていました。
DSC01347.jpg

で、顔をあげれば正面には苗場山。
お昼近くになっても、白馬方面のお山たちもよ~~~く見えていました。
DSC01349_201808272246241eb.jpg

今年は、テントを背負ったら、尾瀬が精いっぱいかな? なんて思ってたけど
ちゃんとお山に泊まれてよかったな。
6月の人だらけのお山とは全然違う場所のような、、、静かな時間が過ごせました。
DSC01353_20180827224626429.jpg

鉄塔の手前で振り返り~
DSC01355.jpg
・・・また来ます

後は、黙々と下山。
急なところは、すっかり板についてしまった、横向き歩き♪
DSC01361_20180827224629b05.jpg
おやおや、ホトトギス祭りだ~♪

2日間、元気に歩いたけれど、今回は足は痛くならずにすみました。
DSC01362.jpg
ただねぇ、帰ってから1週間。
をいをい。。って程の、全身筋肉痛。
2週連荘でお山へ行けていた1年前が、嘘のよう~。
1週間で疲れを取って、次の1週間でパワーをチャージして・・・(^O^;

やれやれ。(^_^.)

2018/08/15

会社の胡蝶蘭

去年の6月、会社のお祝いごとでいただいた胡蝶蘭。
渋々お世話を始めたのが、なぜか、すっかり嵌まって、どっぷりと。(^○^;

今年の3月、最初の2番花が開き~、その後、たくさん咲いて6月まで
事務所を飾ってくれました。
IMG_1131.jpg

さて、また来年豪華な花を咲かせていただくために、植え替えをしましょう~。
IMG_1219.jpg
全部で11鉢。
昼休みに1日一鉢ずつ。

はじめは床に直置きだったんだけど、水やりとかで移動するのに
一仕事だったので、キャスター付きのラックを仕入れてきました。
IMG_1220.jpg

にょきにょきっと伸びる胡蝶蘭の根っこ。
IMG_1432.jpg
なんか、植物以上のかわいらしさを感じてしまって、煮詰まるたびに
植木鉢をひっくり返しては根っこを眺める癒しの時間~。(^○^;

チョロんと顔を出すねっこ。
IMG_1440.jpg
あ~~~~~~~~、かわいい。(#^^#)





で、会社でこんだけたくさんの胡蝶蘭を抱えてるんだから、いいぢゃん。。。
って思いながら、HCで、処分価格で売られてたミニ胡蝶蘭を仕入れてくる。

300円の胡蝶蘭を買ってきて900円の流木に括りつける。
なんか、ちがくね???  って気がしないこともないんだけど。。。(^^;
IMG_1574.jpg
でも、流木にうまく活着すれば、自然の中で育つお姿と同じに~。
あ~、根っこの成長が楽しみだ~。\(^o^)/

こっちの胡蝶蘭は、植え込み材を使わず、根っこをそのままくるくる丸めて
そのまま植木鉢にポンっ。
IMG_1593.jpg
これなら根腐れの心配はないし~、、、毎日水やりできるし~。

こんなに嵌まるとは思わなかったよ。(^^;(^^;(^^;

2018/08/05

暑さ逃れて花見っ!

この間、玉原ラベンダーパークで、ハンタマゆり園のタダ券をもらったので
お花見~。やっぱり、タダって響きには弱い。(^^;
DSC01168.jpg
あっ、入園は無料だけど、リフト代は払います。
もちろん、ゲレンデを歩いて登れば、タダでユリの花を見ることができます。

前日の会津駒でへとへとな私。
いや~、朝、よく起きた!って、自分をほめてあげたいほど。(^^;(^^;

早咲きのユリは、もうすっかり花はおしまい。
でも、遅咲きのユリたちが見ごろになっていて、残念なエリアもあったけれど
全体的には「わぁ、すごくきれい♪」って感じ。
DSC01169.jpg

なんて言っても、白樺林に咲くユリ。。のエリアがとってもきれいだったなー。
DSC01172_201808272236105bd.jpg
それにしても、下界で猛暑だったこの日。
標高1000メートル越えの場所でも、『暑い』(-_-;)

それでも、日陰に入ると風がひんやり。
木陰でお弁当を広げている方たちもいらっしゃいました。
DSC01177_20180827223611ba5.jpg
お花見しながら木陰でお弁当。。。
暑さ忘れる素敵な時間の使い方だな~。

気温は高かったけれど、空気は澄んでいて、遠くのお山までよく見えました。
この位置からだと、大好きな会津駒ケ岳は見られなくて残念。
DSC01179_2018082722361269f.jpg

で、紅葉ラインを下って、塩谷の道の駅でお昼ご飯を食べたら、
今年もナツエビネ~。
DSC01180.jpg

薄暗いスギ林の中で、満開だった薄紫色の花。
見てるだけでお爽やかさを感じられる花の色。
DSC01185.jpg
いや~、塩谷はめちゃめちゃ暑かった。
ハンタマで「ここ、もぉ、暑い!」なんて言っててごめんねーって程。(^^;


おまけのかわいこちゃん。
茜の塔を真上から。
なんとも幾何学模様が素敵~。
DSC01189.jpg
横から見ると、徒長しまくってるところがちょっと情けないんだけどね。

いつ見てもメビナちゃんがかわいい。
葉先はほんのりピンク色♪
DSC01195_20180827223618efb.jpg
2018/08/04

会津駒ヶ岳 

会津駒ヶ岳から中門岳まで。
滝沢ピストンで涼しい顔して歩ければ、大体私が行きたいと思うお山には
行けるだろうな。。。と、アイコマリハビリ登山~。
この間は、一生懸命歩くのに精いっぱいだったから、今度は、周りの景色を
楽しみながら歩けるかな?
DSC01058_20180827222952c44.jpg
いつも、人より荷物が多くなっちゃう私だけど、不思議とココを歩く時だけは
荷物のスリム化ができる。(^^;
絶対的に信頼している登山道なのです。
(数年前、最後の最後ですっ転んでひどい捻挫したけどさ。(^O^;)

この間は「なかなか着かないなぁ」って思いながら歩いた第1ポイントの
営林署の看板。今日は、もう着いちゃった♪

楽しみにしていたクリオネに似た小さいお花たちはもう終わり。
1つもその姿を見つけることはできませんでした。(T_T)

じゃ、この間ツボミだったコイチヨウランは???
笹藪の中を覗いてみる。。。花が終わりました。。の残骸すらないっ。
まさか盗掘されちゃった???
焦りながら必死に探すと、よかった~。(*^^*)
DSC01060_20180827222954788.jpg
暑い日が続いたからね。一気に花が咲いて、花殻も落ちちゃって
茎と葉っぱだけが「今年もたくさん咲いたんだよ~」と語っているようでした。

わずかに残っていたコイチヨウランに、何度も花撮りスクワットをしたあたりから
なんだか、怪我をした方の足首が痛い。
なんていうんだろ。関節がちょっとずれちゃって、歩くたびに神経に触れる感じ?
水場を過ぎ、先に進もうかな? それとも戻るかな? 
何度も自分に問いかけながら、階段を黙々と登ります。
それまでよりも、立ち止まる回数が増えました。
ホント、1歩ずつって感じで前へ進みます。
DSC01064_201808272229553b3.jpg
をぉ、連なるお山たちが、なんか、とっても優しいぞ~。

そのうち治るかな? って思いながら歩いてたけど、なんか、治らないし・・・

と思いながらも、展望ベンチ。(^O^;
ここで、ちょっと塩を多めに振ってきたしょっぱめおにぎりで2回目の朝ごはん。
DSC01067.jpg
ついに足首の違和感は治らず、、、で、痛い足をかばいながら歩くから
反対側の膝まで痛くなってきてしまいました。

どうしようかな。。。
せっかくここまで来たから、駒の兄さん姉さんに挨拶して、この間のピンクチングルマの
その後を見届けて帰ろう。もぉ、中門岳は、やめっ。
まぁ、余力があったら、山頂向こうのキスゲを見て帰ればいいや。。と。

膝も痛い。とか言いながら、キンコウカの黄色い絨毯を前に、
スクワットをしちゃうんだけどね~。(^O^;
DSC01068.jpg

咲き始めのイワショウブにも、思わず足を止める。
この花が咲き始めると、いよいよ夏も終わりに近づき始めるんだよなー。
なんか、いつもそんな気持ちになってしまいます。
DSC01069.jpg

ようやく見えてきた緑の回廊。
思わず立ち止まって写真を撮っていたら、あとから登ってきたお兄さん。
「ここって、誰もが写真を撮りたくなっちゃう場所ですよねー」って。
DSC01075_20180827223003032.jpg
全くだー。(^O^)

そして、ここもっ!!
私的には、燧ケ岳が一番かっこよく見える場所。。。だと思っています。
DSC01077_201808272230042f9.jpg
で、2番目は、山頂直下から。
3番目は、富士見林道を少し進んだ場所から。(^O^)
どこから見ても、猫の耳くっきり~♪

駒の小屋で、散々兄さんと姉さんとおしゃべりをした後、数日前
「私は会津駒は一人で歩くんだから、見かけても知らんぷりしててねー」
ってメールでお願いをしといた人に、
お気楽ソロタイムを乗っ取られる。(^O^;;;

ふざけたポーズで写真撮ってもらったら、バランス崩して池に落ちそうになるし・・・
DSC01099_20180827223005215.jpg
大丈夫か私。(^^;

そして、話の流れから、中門岳への行くことに。。。
ホントに、大丈夫か私。
翌日、母親をお出かけに連れて行く約束もしてるんだぞー。(^O^;

定点観測の池のほとりのチングルマは、もうすっかり果穂。
DSC01112_20180827223132a60.jpg

そして、3週間前、大興奮だったピンク色のチングルマたちも、もう、すっかり
果穂になっていました。
駒の姉さん曰く
「やっぱりチングルマは花が短いよねー。あっという間に散っちゃったんだよー」と。
DSC01114_2018082722313409a.jpg
来年またここで、ピンク色のチングルマに会えるかな?

「足が痛ーい」と言いながら、崩れた階段を登って、どっちゃり実った
タケシマランの赤い実に思わず足を止める。
ピカピカな赤い実。。。かわいいな~。
ひっそりと咲く花からは、この姿は想像できないよねー。
DSC01115.jpg

で、山頂手前で振り返る。。。
やっぱりここから見る燧ケ岳もかっこいいー。(^O^)
DSC01117_20180827223137d3f.jpg

で、山頂。
DSC01118_201808272231384cd.jpg
・・・通過。

この前来た時は、ニッコウキスゲの「二」の字もないほど、その姿を隠していた
ニッコウキスゲ。
ポツポツと咲き始めていました。
年々数が増えてきている山頂直下のニッコウキスゲ。
お盆の頃にはきっとたくさん咲くのかな~? って思えるるほどのツボミの数でした。
DSC01120_2018082722314023b.jpg

最後まで雪が残っていた場所では、ハクサンコザクラちゃん。
DSC01122.jpg
中門岳へ続く木道。。
斜めっている場所も多くて、足首をかばえば膝が痛いし、膝をかばえば
足首が痛いし。う~ん、ホントに困った。

のんびり景色を見ながら歩くつもりで来たのに、結局足元ばかりを見ながら。(T_T)
DSC01123_20180827223143e48.jpg
で、足元のかわいい子たちが、困ったことに私を呼び止める。
その都度、思わずしゃがみこんでしまうし。(^O^;

小屋直下のキンコウカが見ごろだったので、中門岳も満開かな~?
と思ったら、中門岳のキンコウカは見頃過ぎ。
イワショウブはようやく咲き始め。。って感じでした。
DSC01131_20180827223144037.jpg

で、足元でにぎやかに咲いていたのがモウセンゴケ。
もぉ、こんなにたくさん、一気に花を咲かせているところを見たのは、初めてだよー。
って程。
DSC01138.jpg
去年は、蕾はたくさんあったけど、蕾が膨らんできた頃には
気温が下がってきちゃって、あまり咲かなかったんだよねー。
その分も? って感じに、小さな白いお花畑♪

この間仕入れたハクサンコザクラ色の5時からTシャツ。う~ん、派手。
こんなド派手なピンク色でも、山で着る分にはOKってのが、恐ろしい。(^O^;
DSC01142_201808272233177eb.jpg
この後、帰りに小屋で、グレーの「とんでもない」Tシャツをご購入。
なんか、私の山服。駒の小屋Tシャツだらけだし。(^^;;;

さて、来ちゃったものは、歩いて戻らなきゃなりません~。
素敵な景色の中、もぉ、ずっと足元を見てばかり。
DSC01143.jpg
しかも、お待たせしちゃ申し訳ない。って、気持ちは焦るし。
でも、斜めった木道は、やっぱり怖いし。

神の稜線。今度こそ、ゆっくり景色を楽しむために歩きに来よう。
DSC01148_20180827223320731.jpg

「水場はまだですかー」「ヘリポート跡はまだですかー」って
何度言ったことでしょう~。
登るときと、同じだけの時間をかけての下山でした。
DSC01160_20180827223322815.jpg
特に、営林署の看板から階段までの最後の20分。
得意の、横向き下山。(^O^;;

まだ木の香りのする窓明の湯で汗を流したら、下道で帰宅~。
家まであと30分。って所で力尽きて、コンビニの駐車場で仮眠。
まさかの、午前様となってしまいました。(^^;

8月上旬だったけど、山の上では確実に季節は秋に向かっていて
色づき始めた木も。
猛暑だった今年、どんな紅葉の景色を見せてくれるんでしょね。
DSC01163.jpg
で、明けて朝。
もちろん娘の役目を果たしましたよー。
全身筋肉痛のリハビリ登山。
いやいや、思ったように元気に遊べるようになるまでは、まだまだ道のり遠い~。  ㉑
2018/08/04

おめでとう

平成30年6月吉日。
祝福の折鶴シャワーに「いてぇぇ!!!」と言いながら、娘が嫁いでいきました。
DSC00039_20180731211247e9e.jpg

いやー、周りも呆れるほど、子供に対して超ドライな母をしていたはずなのに・・・
うちの娘様。高校卒業してすぐに東京へ出たので、もう、何年もめぐやんが近くにいない
生活をしていて、そのことにはすっかり慣れてたはず。
私の周りは、なぁ~にも変わっていないはずなのに、なんだか、ココロにぽっかりと隙間が
空いてしまったような毎日を過ごしています。

「大丈夫。挙式中も、披露宴中も、絶対に母のことは泣かせないから」と
断言していためぐやん。
「私の結婚式に、涙は似合わん!」と、終始、大爆笑の新郎新婦。
もう、次は、何をやらかすんだろう。と、ヒヤヒヤしっぱなしの1日でした。
おかげで、バケツに涙をためてメダカが飼えるんじゃない?の状態に
ならずにすみました。(^^;
DSC00029_201807312112456c1.jpg
これまでずっと、あなたの笑顔には助けられてきたね。
でも、その笑顔の奥には、ガラスのココロが隠れていることは、
ちゃーんと知っていましたよ。
ちゃーんと知ってはいたけど、でも、甘えてたね。
ホント、ありがと。

いっぱい幸せを運んできてくれためぐやん。
結婚おめでとう。
これからは丞さんと二人、幸せな人生を歩んでいってね。
DSC_0450.jpg
そして、この写真は、なおやんが写したもの。
まさか、息子が撮った写真を使ってブログを書く日が来るとは、
夢にも思わなかったよ。(^○^;

そんななおやん。
研修も終わって、オートフォーカスを開発する部署に配属された。と嬉しそう。
「をっ、奮発したね」ってカメラを手に「オートフォーカスってのはね・・・」とか
「このレンズ使うとね・・・」と、話をしてくれる。
その姿は、「なお君って、プーさんみたいね」って言われていた頃のかわいらしさは
さすがになくなっちゃったけど(^^;、でも、新しいゲームを手にあれこれ話をしてくれた、
まだ、幼かったころの姿が重なって見えるよう。
「よしっ、なおやんたちのチームが開発したオートフォーカスが商品化されたら、
お母さんもNikonの一眼レフを買うよ。。。値下げになった旧モデルをね」
「それじゃ、意味ないしっ!!!」と、爆笑。(^○^;
そして、何よりびっくりだったのが、ご自慢のカメラをもって、山のきれいな景色を
撮りに出かけるのが、今、一番の楽しみ。。。と話す息子。
なんだか、とっても素敵な山行をしているようで・・・ちと羨ましい。(^^)

目の前の1日を過ごすだけで精いっぱいだった時期を過ぎて、少しずつ子供たちが
大きくなってくると、めぐやんがお嫁に行くのを見届ける。
なおやんが立派な社会人になるところを見届ける
それが、いつの間にか、私の人生の目標になっていました。
DSC00078 (2)
この日、立派に成長した二人の姿を見届け、無事、役目を終える日が来ました。
二人とも、地に足をつけて、これからの人生を歩いていけるでしょう。
私はもう、望むものは何もありません。
後は、願わくば、冬の終わり、日陰で凍り付いていた雪が、ぬかるみを作ることなく
いつの間にか昇華していった。そんな風になれたらいいな。と。

さてさて「お母さんの好きそうな曲をたくさんBGMに選んでおいたから、
楽しんでいってねー」と言っていためぐやん。
BUMPの曲をたくさん選んでくれてありがとねー。
もぉ、車の中で聞くと、涙腺が崩壊しそうで、しばらく通勤の車の中で
聞くことができなかったよ。(^^;(^^;(^^;

で、帰りの電車中では、たまたま数日前、めぐやんが見つけたという、
息子のインスタグラムを見てみる。
DSC00087_20180731211250e44.jpg
なんだか、胸がいっぱいになった。

めぐちゃんとあっくんのお母さんができて、私は幸せだったよ。
ありがと。そして、おめでとう。
2018/08/03

ブルーインパルス

明日、桐生のお祭で飛ぶそうな。
DSC01050 (2)

テスト飛行に、仕事そっちのけで大興奮♪
DSC01040.jpg

明日の本番は、煙に色が付くのかな~。
暑いから、私は見に行かないけどさ。(^^;
DSC01046.jpg
渡良瀬川の河川敷が一番のポイントかしら。
鳴神山の山頂なんかもよろしいかも~。(^○^)
           ↑
       無責任発言です。(笑)

・・・山頂に着く前に、熱中症になれそう。。だけどね。

いやいや、それでも、暑さ忘れるテスト飛行でしたとさ。
DSC01051 (2)



桐生八木節まつり
8月4日。16時30分から、約20分の展示飛行だそうな。