FC2ブログ
2018/09/30

那須岳。紅葉いいとこどり♪

週末にぶつけてどこかでテント泊♪ と、大事にとっておいた夏休みラスト1日。
「10月になったら、夏休みじゃないよねー」と言われてたので、どこかで!!! と思いながら
なかなか思い切れなかった大事な休日。
月末が迫る中、ちょっぴり焦っていた時、「今でしょ」の機会が巡ってきました。
DSC01713.jpg
部長の「はぁ!?!?」ってな、冷たい反応に「へっへっへ・・・」と笑いながら
那須岳ロープウェイ。
いろいろ考えたんだけど、強い風の予報。でも、見たい景色はやっぱり見たい。と、
文明の利器のお世話になります。(^O^)

すっきりとした青空。嬉しいな~。
でも、予報通り、ロープウェイを降りると、強い風。
DSC01686_201809302206280e8.jpg

始めは、姥ヶ平&ひょうたん池は、上から見下ろすだけの予定だったけれど、
この強い風の中、稜線を歩く自信がなかったので、姥ヶ平に寄っていきましょう。
前日見たてんくらでは、午後から風が弱くなる予報だったからねー。
DSC01689.jpg
で、なんて言っても、こんなにきれいに紅葉してるんだもん。
寄って行かなきゃ、申し訳ない♪

始発のロープウェイに乗ったんだけど、大きな団体さんが1組。
登山道は渋滞気味。
そんなわけで、先に行かせていただきます。
DSC_0391.jpg
きれいな景色に足を止めると、近づいてくる団体さん。
「ひょえ~~~」と、ちょっと忙しい。。(^^;

姥ヶ平が見えてきました。
前を歩いていた工事用ヘルメットのおじさん。
今日は地元の新聞記者もNHKも来てるよ。と。
那須の紅葉の話をあれこれ聞かせてくださいました。
DSC_0397_2018093023121029e.jpg

真っ赤に色づく木がめちゃめちゃ鮮やか。
姥ヶ平の森の木々は、真っ赤になる直前。
ほんのり緑色が残っていて、爽やかさを感じる彩です。
DSC01695_201809302212592c6.jpg

姥ヶ平に着きました。
青空にド~ンとそびえる茶臼岳。
かっこよすぎです♪
DSC01702.jpg
そういや、紅葉時期の青空姥ヶ平。初めてかも。
こりゃぁ、素敵だ。

青空が広がってるうちに、ひょうたん池にも行きましょう。

紅葉しながら咲くホツツジ。
DSC_0416.jpg

ひょうたん池に着きました。
はじめは、風で波立っていた水面も、風のやみ間には水鏡になりました。
DSC_0421.jpg
青空は消えちゃったけどね。(^○^;

次の人が降りてきたので、戻ります。

紅葉のフレームには、雄大な景色は収まりきらなかったね。
DSC01712.jpg

稜線の風は弱くなったかな?
このまま帰っても悔いないわ~。って景色の中、2度目の朝ごはん。
DSC_0433.jpg
さて、牛ヶ首に登返すか・・・
と思ったところで、目の前に見覚えのある緑色の大きな人。

あ~、ネビルさん!!!

「お久しぶりです~」と、しばしの立ち話。

すっぴんだから、アップで撮っちゃダメ~!!!  とか言いながら、写真を撮っていただく。(^^;
(すっぴんでも、そうでなくても、大して変わらない。。。ともいう。(^▽^;))
IMG_2275_xlarge.jpg

あ~、それにしても、カメラを向けられると、どうして、こうやっちゃうんだろう・・・(-.-;
IMG_2280_xlarge.jpg

ネビルさんとお別れしてから、鮮やかな木々を見ながら、峰の茶屋へ向かいます。
DSC01716.jpg

やっぱり風が強いな。大丈夫かな?
ちょっとだけ不安を感じながら歩いていきます。
DSC_0440.jpg
それまでの、木がいっぱいの景色から、火山の景色に変わります。
でも、この荒涼とした景色は、なんか、ココロ惹かれます。

あっ、リンドウがまだ咲いてる!!
DSC01731.jpg
花撮りスクワットをしながら歩くのも、今シーズン、もうわずかだね。

今日は、朝日岳には登りません。
朝日の肩のナナカマドが、色づき始めていて、とってもきれい。
DSC_0443.jpg
しかも、晴れたり曇ったり忙しい空。
晴れると、紅葉も輝いてみえるしね。
カメラをもってウロウロ忙しい。(^^;

朝日岳の北斜面がとっても鮮やか。
朝、車を停めた時見えた朝日岳は、紅葉にはまだやい?
って感じだったので、この鮮やかさには、感動。
DSC_0450_20181001195256453.jpg
で、どーして、この辺りから見ると、ゴリラの横顔に
見えてしまう。。。

朝日の肩から熊見曽根1900m峰と、気持ちのいい稜線の散歩道が続きます。
DSC_0459.jpg

わ~、真っ赤~。
DSC_0462.jpg
なんて遊んでいて、ふと顔をあげると、見たことのあるお顔の方が・・・

のんびり夫婦の山遊びさんだ~。

三本槍岳の紅葉を堪能されてきたお二人。
三本槍岳のその先にある絶景ポイントを教えていただきました。
そういや、山頂の先、、、行ったことなかったな。
その先の景色を見る機会が巡ってきました。

地図を広げて「こっちよ~」と教えていただきました。
ありがとうございました。またどこかで~。(^^)/
DSC_0467.jpg
それにしても、クロマメノキが色づく稜線。
きれいだな~。

奥那須の、、、
ミニ飯豊の稜線の先っちょだけがちょこんと見える景色。お気に入り♪
DSC_0474.jpg

さ、あの鮮やかな中を登っていきますよ~。
もぉ、わくわくです。
DSC_0481.jpg
1900m峰で清水平を見下ろしたら、そこで戻ろう。
なんて思っていたことは、すっかりわすれてしまってました。

そして、三本槍岳、山頂~。
360度、大展望です。
会津駒ケ岳が見える~。浅草岳も見える~。
でも、この時は、目の前紅葉にもう夢中~。
DSC_0487.jpg
さて、お初の大峠方面に下ります。

いよしっ、余力があったら、あっちのピークにも寄っていこう。
DSC01756_2018100119583310b.jpg

のんびり夫婦の山遊びさんにお勧めいただいた景色はここ!
すぐにわかりました。
めちゃめちゃきれいです。
DSC01759.jpg
そして、この先、ちょっと急な登山道を下ると、眼下には鏡ヶ沼。

そして、余力があったので大峠方面にも。
DSC_0502.jpg
三本槍岳の北斜面、鮮やか!

で、振り返ると、青く輝く鏡ヶ沼。
DSC01764_201810011958370c0.jpg
次は、大峠のお地蔵さまに会いに行くぞ。
そう思った素敵な場所でした。

真っ赤に色づく山肌を眺めながら一休み。
DSC01765.jpg

わ、コケも紅葉してるよ♪
DSC01768.jpg

日が傾きはじめて、紅葉が一層鮮やかに見えます。
DSC01772_201810012001590ef.jpg

前日に見た「てんくら」では、午後には風が弱くなる予報だった
はずなのに、稜線上は爆風。
体がもっていかれるほど。(^^;
DSC01777.jpg

がんばって三本槍岳まで行ってよかったな。
後は、アイコマのブナの黄葉が見られれば、思い残すものはないよ。
そう思えるほど、素晴らしい那須岳の紅葉でした。
DSC01779_2018100120020273b.jpg
さ、頑張って歩かないと、峰の茶屋サンセットになっちゃうぞー。(^^;

剣が峰のトラバースでなんとアカモノ!
大好きな花なので、会えてうれしい♪
DSC01788.jpg

峰の茶屋までもう少し。
カリヤスモドキが、キラキラ光ってました。
夕日に照らされるチングルマの果穂みたい。
DSC01796_2018100120020549c.jpg
台風前の貴重な晴れ間。
楽しい時間でした。
那須岳ロープウェイに乗ったのなんて、久しぶりだった~。



ふ~~~ん、こうやって使うんだ。

1つお利口さんになりました。(^^;;;

スポンサーサイト



2018/09/26

やっぱりアイコマ 

待ってました! の晴れの予報。
草紅葉見ごろの会津駒ヶ岳へ行きたいっ!
どうしようかな。。。。滝沢ピストンで、中門岳でまったり?
それとも、滝沢IN キリンテOUTで、キリンテからバスで戻ろうか。
どうしようか、決められずにぐずぐずとしていた桧枝岐の道の駅の朝。
とりあえず、滝沢から登って、そのあとは山頂で決めよう。
と、滝沢登山口に向かうと、まだ6時前だってのに、林道の曲がり角には
すでに「満車」の看板。
で、トイレのところには、団体さん。その後も、登山者がぞろぞろと。。。

こりゃだめだ。。と、6時半、駒ケ岳登山口発のバスに乗ってキリンテへ。
15時に駒の小屋を出発すれば、暗くなるまでには階段までは下りてこられるでしょう。

滝沢登山口の賑わいが嘘のような森の中。
いつものトチの木を見上げる。
ブナの森は、まだ、グリーングリーン。
DSC01438.jpg
超暖色に染まった頃に、また。。。♪と、まだ、始まったばかりだってのに、
次回はいつ頃来られるかな? そんなことを考えてしまいます。(^^;

足元には、まだまだ元気なアキノキリンソウとか、ツバメオモトの青い実とか。
夏の忘れ物が、ほんのりピンク色で、なんともかわいいな~。
DSC01447.jpg
調子に乗ってキリンテから歩き始めちゃったけど、順調に歩いても
駒の小屋まで4時間半。大丈夫かな。足、痛くならないかな?
ちょっぴり不安も感じていたけれど、ほかの人のペースに惑わされることなく
のんびりと。

標高1850mを越えると、ツツジの木が一気に鮮やかになってきました。
木々の間からは、大杉林道とか燧ケ岳とかがちらちらと。
そして、何より快晴の空に、思わず口元が緩みます。(^^;
DSC01449_20180926214812500.jpg

大津岐峠に着きました。
ここへ着くまで約3時間。すれ違った人は4人だけ。
思った以上に紅葉がきれいで、嬉しくなっちゃう♪
DSC01453.jpg

燧ケ岳もくっきり。
まだ10時前だけど、日光連山方面には、雲が湧き始めていました。
DSC01454_2018092621481503b.jpg
燧ケ岳を見ながら、2度目の朝ごはん。

ツルツル滑る木道を慎重に慎重に歩いて、、、
慎重に歩いても、しりもちをついて、いてててて。と。(^^;
でも、目の前に、色づいたツツジと金色に染まった湿原の景色。
で、ずっと大好きな会津駒ケ岳が見えてるんだもん。もぉ、そりゃぁ、ルンルンと♪
DSC01458.jpg

真っ赤に色づいた木に日の光が当たると、ピカピカに光って見えました。
DSC01470_201809262148187e1.jpg

振り返っても良き眺め~。
下山に富士見林道を使うときは、この景色をずっと見ながら
歩くことになります。
DSC01474.jpg

でも、私は、こっちの景色が名残惜しくて、振り返りながら歩くことになっちゃうんだけど
登りで使えば、ずんずん歩いて行けます。(^^;
DSC01478_20180926214821478.jpg

足元には、もっさりとコゴメグサ。
DSC01480.jpg
いよいよ稜線に咲く花も、ラストランナーにバトンが渡った。。って感じです。

湿原エリアが終わって、岩々エリアへ。
7月にここを歩いたときは、何となく足元に不安があったけど
いつの間にか、普通に歩けるようになっていました。よかった~☆
DSC01484_20180926214952909.jpg
それにしても、斜面の色がとってもきれいで、思わず口元、緩んでしまいます。

あ~、次の週末も、こんな青空でお願いします。。
DSC01485.jpg

キリンテから歩き始めて約4時間半で、駒の小屋~。
この4時間半の間で、すれ違った人は20人弱。
とっても静かな、楽しい時間を過ごすことができました♪

で、風もなく静かな駒ノ大池。
水鏡に、駒ケ岳が映りました。
DSC01490_20180926214955672.jpg

池の反対側に移ると、逆さ駒の小屋。
池のほとりのベンチは大混雑。
DSC01492_201809262149567db.jpg
ココで、大体時間が11時半。
早立ちの人たちは、ランチを済ませて下山を始めるころでしょうか。

そんなわけで、山頂へ向かう登山道は、びっくりするほど混雑もなく、ゆるゆる~~っと
登っていけます。
DSC01498_20180926214958963.jpg
前回、前々回と、乾いていて滑らなかった木道&木の階段は、つるっつる。
足元を気にしながらなで、ますます、ゆっくりと。

で、いい眺め~。\(^o^)/

中門岳へ続く稜線は、金色~。
テレビの撮影隊が入っていました。(NHKだそうですよー)

中門池は、満水。
DSC01520_20180926215000a3d.jpg
朝の大混雑が嘘のような、静かな稜線散歩の時間でした♪

木道突き当りのいつもの場所に座って、三つ岩岳を眺めながら、ランチ。
あ~、ここで横になったら、迷わずお昼寝タイムに突入できそうです。
この時は、まだ、日帰りのつもりだったから、まったりするのは諦めて、
神の稜線をゆるゆるともどります。
時間は13時。どうせCT通りには歩けないんだから。(^^;
ちょいとだけ余裕を持たせて、時間的にちょうどいいかな。。。
DSC01531_201809262150014b1.jpg

帰りは、後ろ髪ひかれまくりです。(^^;;;;
DSC01538_20180926215002284.jpg
いや、、だって、ホントに、日帰りのつもりだったんだもん。

ハクサンコザクラちゃんは、葉っぱもかわいい♪
真ん中では、寒い冬を耐え、来年、またかわいい花を咲かせる準備をしていました。
DSC01545.jpg
そして、この後、山の神様からの声が・・・

「キャンセル出ましたよ」\(^o^)/

「他人の不幸は蜜の味」ε===へ(;^^)ノ
あぁぁぁぁ、そんなことを言ってはいけない。

で、ルンルンと、小屋でお泊りの受付をして~・・・♪

後は、余るほど時間があるので、のんびりダラダラと。
DSC01548_20180926215005678.jpg
中門岳再びをするほどの余裕はないので、ハイジの丘を下って
燧ケ岳がかっこよく見えるポイントで、木道に腰を下ろし、また、
山で夜の時間を過ごせることに感謝♪

小屋へ戻ると、大池前のベンチで、小屋の兄さまが常連さんと宴会中。
その中に混ぜていただき、興味深い話をあれこれと。

からの、あたりが暗くなってからは、自炊室に入ってランプの明かりの下
大人の話題を8時まで。
DSC01557.jpg
8時ごろは、ガスで辺りは真っ白でした。
夜中に目が覚めると、雲の間から月あかり。

さて、朝はどうかな~?
DSC01558_20180926215147f61.jpg
雲が多いながらもご来光が望めそうです。

薄いダウンしか持ってこなかったので、めちゃめちゃ寒い朝だったらどうしよう。。。
と、心配していたけれど、すっきり晴れた夜でなかったおかげで、
きつい冷え込みでなかった朝。
DSC01570.jpg
雲の間から、元気玉が飛び出してきました。

燧ケ岳もオレンジ色。
DSC01572.jpg

ハイジの丘もオレンジ色。
DSC01573.jpg
さて、小屋に戻ったら、至福の二度寝♪
自炊室からは、おいしそ~~~な匂いが漂ってきます♪

きっと曇り空だよな。と思っていたのに、青空が広がっていた2日目。
すぐに下山してしまうのはもったいないので、中門岳第2ラウンド。

定点観測のチングルマは、もう、すっかり種を飛ばしていました。
紅葉するまでは、もうちょっと。
DSC01575.jpg

清々しい空気の中、まったりと~。
DSC01581.jpg
いやいや、朝露で塗れた木道はツルツルなので、恐る恐ると~。(^^;(^^;(^^;

今年は、ちょっぴり寂しかったワタスゲ回廊。
ここを過ぎると、中門池まではもうちょっと。
DSC01598.jpg

あ~、座ってはいけない。
座ってしまったら、まったりスイッチがONになってしまう。
と、自分に何度も言い聞かせながら、ぐるっと歩いて戻ります。(^^;
DSC01608_201809262151572e4.jpg

DSC01616.jpg

やっぱ、ここは神の稜線だな。
DSC01639_20180926215423dc5.jpg

あっ、イワイチョウ。
DSC01646.jpg

山頂は通らず、帰りも巻道で。
駒の小屋下の山肌の紅葉もとっても鮮やか。
DSC01654.jpg

小屋に戻って、挨拶をして、下山です。
あ~、一人下るのは寂しすぎるので、、、
かわいい子を拉致ってしまった。
DSC01657.jpg
落とさないように、よ~く括りつけて、おんぶして帰ります。
ディズニーシーにダッフィーちゃんを連れて行くように、
また、里帰りに連れてきてあげるね~。(笑)

ハイジの丘下の木道も、工事が始まっていて、新しい木道は
感動するほど滑らない♪
DSC01663_201809262154297d1.jpg
「なんか、設計の手違いで、木道が足りなくて、途中、古い木道が
一カ所あるんだよねー」と聞いていた場所で、「あれ、ホントだ」と、
ちょっと微笑んでしまう。

草紅葉と低木の紅葉を楽しんだ2日間でした。
DSC01665_20180926215430b09.jpg

樹林帯も、水場より上はいい色に色づいてる木も多くて、ブナの紅葉も楽しみ~。
で、私は、ヘリポート跡付近の、、、このあたりの紅葉の景色も好きだったりします。
DSC01678_201809262154324ce.jpg

得意の、ラスト30分は、ヨレヨレ。
営林署の看板から階段までは、ホント、そろり、そろりと歩いてきました。
DSC01681.jpg
・・・って、車は、グラウンドに置いてあるんだもん。この先も、国道まで
歩かなきゃならないんぢゃん。(^○^;

燧の湯でさっぱりしたら、ルンルン帰宅~。
今度こそ菜華楼!って思ってたんだけど、あらら、この時間から田島に向かっても
お昼の休業時間になっちゃうね。残念。
(って、中門岳と天秤にかけたら、おいしい唐揚げより中門岳が勝ってしまったってことで(^^;)
DSC01682_201809262154354d9.jpg
シーズン中、あと1回、アイコマ詣で。。できるかな?
ブナが色づくころ、晴の休日、巡ってこいっっ!!

2018/09/21

メセンの季節がやってきた~

かわいい地味花が咲いたオブツーサさん。
植え替えてあげなきゃな。
DSC_0013.jpg
周りに子株が4つ。
切り離して、別の鉢に植えました。

夏の間、古い殻の中で休眠していたコノフィツム。
殻をペリペリッと破いて出てきて、一気に開花。
とはいっても、昼咲きのコノフィツム。
平日は、かわいい子に会えないので、会社に一緒に連れていく。(^^;

ルイザエさん。ぱっかーーん。
DSC_0063.jpg

エクティプムちゃんもぱっかーん。
DSC_0068.jpg
休眠中の殻の中で分頭して、2倍に増えました。
(そのあと、植え替えしたらいくつか枯れちゃって、、、あれれ、結局増えてない。(^○^;)

エカリナタムさんもパッカーン。
DSC_0091.jpg
この人は、3つに分頭したもののあって、もりもり。
目指せ、コノフィツム丼♪

週末は、家に連れて帰って、ベランダに出ては、かわいこちゃんを眺めて
ニマニマと。
DSC_0134.jpg
この冬、しわしわで、ひやひやしながら小じわを延ばした稚児桜ちゃん。
しっかり、小さなメタボさんになってます。
ピンクの花。。咲くかな~。
今のところ、つぼみの姿は見えないけれど、咲いたら嬉しいな~。

バルタン星人の手から花が咲いたみたいだね。
コノさんもって出勤する私。もぉ、どうしたものかねぇ。。。。
な~んて思ってるけど(一応)、かわいい咲き姿に社長も足を止めて
「かわいいねー」と。
DSC_0192.jpg

夜咲きのコノフィツムは、花の姿に華やかさはないけれど
繊細な花びらがとっても素敵~。
で、開くと、ジャスミンみたいないい香り♪
DSC_0199.jpg

安寿姫もかわいい。
DSC_0310.jpg

天気の安定しなかった3連休。
さて、ベランダでせっせと寄せ植えでもしましょかね。
どうもうまくいかないな。。。。
寄せ植えっていうより、寄せ集め。(^○^;
DSC_0296.jpg

危険なおもちゃを手に入れてしまいました。(^○^;;;
IMG_1866.jpg
こんなに寄れるんだ~。

せっせと寄せ植え作って、とっとと片付ければいいのに、
すぐに気が散って、危険なおもちゃを手に、マクロ遊び。
IMG_1870.jpg
ダイソーのマクロレンズ。恐るべし。(^○^)

夏場、緑色に色褪せてしまうはずだったブロンズ姫。
今年は、あっちでもこっちでも、夏の間もずっとブロンズ色。
DSC_0294.jpg
これから、もっとかわいい色になるねー。(^^♪
2018/09/18

さんぽ さんぽ

すっきりしないお天気の三連休。
ベランダでかわいい子たちが咲き始めたので、引きこもり
モード全開だったんだけど、これじゃいけない! と、春先
散々お世話になったみかも山公園へ~。(^○^)
DSC_0241.jpg
大花壇は、千日紅とトレニアの優しい色の花壇になっていました。

白くても「千日紅」なのかな?
なんて、相変わらずしょうもないことを考えてしまいます。(^^;(^^;(^^;
DSC_0249.jpg

秋のバラが咲き始めてればラッキー♪と思っていたんだけど、
さすがに、まだちょっと早すぎでした。
でも、このピンク色のバラ。
めちゃめちゃいい香りでした。(#^^#)
DSC_0250.jpg

最近、ハツユキカズラは大人気だね。
あちこちのお宅の花壇で見かけるかわいいピンク色~。
DSC_0254.jpg
こっそり仕入れて、実家の庭にちゃっかり植えちゃおう♪ と
企んでます。わたし。(^^;(^^;(^^;

売店で、かわいい子を見つけた~!!!
「シラタマホシクサ」というそうです。
DSC_0244.jpg
ここには並んでないけれど「クロタマホシクサ」というのもあるそうです。
調べてみたら、そっちは、ゴマ塩みたい。(^▽^;)

ちょっと歩かなきゃね。
フラワートレインが通る、舗装されたところをゆるゆると。
相変わらず歩くスピードが上がらず、ウォーキングをしている年配の方たちにも
ガンガン抜かされ、怪我して半年経つけれど、思ったようには治ってない
今の状態に、ちょっとだけ凹む。
DSC_0262.jpg
なんつっても、歩き方が変なんだよねー。
時間がたてば、自然に戻るかな? って思ってたけど、
まだまだ時間がかかりそうです。

ハーブガーデンでは、咲きはじめのアメジストセージ。
もうちょっと涼しくなると、青い海になるかな~。
DSC_0268.jpg

花壇では、ハクチョウソウが花盛り。
DSC_0270.jpg

ジメッとした森の中では・・・
あっ、たまご!!!
DSC_0282.jpg

うまれそう~。(^○^)
DSC_0283.jpg

生まれた~。\(^o^)/
DSC_0281.jpg
って、タマゴダケがあちこちに。
真っ赤なつるんとしたキノコは、絵本に出てくるキノコそのものだね~。

花撮りスクワットは、いつでもどこでもOKよん。
DSC_0289.jpg
駐車場まで戻るのに「疲れた~」を、連発でした。(^^;

いよしっ、午後は大小山だっ! と、勇んでいたのは帰宅してから30分くらい。(^^;
ご飯を食べて、お茶飲んで~・・・

麻紐を結んで、チランジアさんのハンモックを作ってあげましょう~。
ベンジャミンの木にぶら下げたら、なかなかいい感じ。
ベンジャミン的には、いい迷惑なのかな?(^^;
DSC_0303.jpg
なんて遊んでいたら、あらま、いつの間にか夕方。。。(^○^;
ベランダ遊びはまだまだ続く・・・
2018/09/17

真っ赤な花園~

9月17日は、父の命日~。

お墓参りに行ったら、その足で、お花見に行きましょか。
DSC01407_201809172252317be.jpg
私は、彼岸花ってあまり好きじゃありません。
毒々しい赤い色。その花には毒があって、葉っぱがなくて、いきなり地面から
にょきっと出ているその姿。
子供の頃は、彼岸花が咲いてる道は「怖い!」と感じたほど。
ホントに、道端に彼岸花が咲いていると、その道を避けて通る徹底ぶり(^^;

そんなわけで、この時期話題に上る彼岸花スポットも、ほぼ、近寄ることなく
今まで来たわけですが、去年、リクエストをもらっちゃってたので、今年は
覚悟を決めて・・・と。(^^;;;;;
DSC01413.jpg
日高市巾着田でやってる曼珠沙華祭り。
公園の駐車場は混んでるってことで、少し手前の高麗小学校の校庭に車
を停めました。(1日500円)
お祭り期間中は、入園料一人300円。
.
いや~、緑の林の中に咲く真っ赤な花たち。
なかなかきれいです。
DSC01414.jpg
場所によってはまだ咲きはじめ~。。。

。。。のところから、もう一面、真っ赤!!! の場所まで。
DSC01416.jpg
いやいや、花もすごいけど、人もすごいっ。

彼岸花に取り囲まれてしまった、木の赤ちゃん。
なんかかわいいぞ~。
DSC01417_2018091722523289e.jpg
木の赤ちゃんの目には、一面の雲海・・・
・・・じゃなくて、一面の赤い花海が広がってるのかな?

面白いのが、この花海が広がっている場所で回れ右をすると
こちら側は、まだ、花はまばら。
DSC01419_2018091722504573f.jpg
一面に咲いている場所でも、あるラインを境にこちら側は満開。こちら側は咲き始め。
な~んて場所もあって、その境目の違いってなんだろう。。。
そ~~~~~んなことを考えながら眺めてしまいました。

ところどころに白い子ちゃん。
ほぼ、散策路の曲がり角の度にさいていて、どの場所でもしっかりモデルさん。(^^)
DSC01425_2018091722504700d.jpg

いやー、一生分の彼岸花を見ちゃったな。って感じ。

足元に咲く、小さい子ちゃんに、思わずホッとしてしまいました。
DSC01406.jpg

をぉ、かたつむりペロペロキャンディか!?
DSC01428.jpg
なにを思って、こんな先っちょにくっついちゃったんでしょ。(^O^;
でも、こんなかわいい子を見つけて歩くのは、たまらなく楽しい。(^^)


さてさて、せっかく埼玉まで足を運んだので、川越でも寄ってみる? と。
「疲れたから、もう、歩かない」と仰る母上。
そんなわけで、車で小江戸の街を通過。
DSC01430.jpg
素敵な街並みだけど、、、いやいや、すごい人。
ココは、車で通るところじゃないな。。。と、時の鐘はそのまま通過~。(^_^.)

あっ、どんぐり共和国だ。
DSC01433_20180917225052c22.jpg
後で、ゆっくり見にこよう♪



で、9月17日は、なおやんの誕生日~。
1歳の誕生日にはまだ歩けなかったなおやん。
じーちゃんに立ってる姿を見せられなかったね。
でも、今はしっかり自分の足で立って前に進んでます。
じーちゃんも、元気で長生きしてたら、そんな孫の成長を誰より
喜んでくれてたんだろうにな。
2018/09/13

お山のランラン

ほんとは、わたしゃ、お山でランランの方がいいんだけどねー。(^^;

今年は、ちょっとジメッとしたところを歩きながら、ランの花を探してみよう~。
なんて思っていたんだけど、種々の事情でそれができそうになくて、、、
オノエランすら会えるのを諦めていたんだけど、でも、会えてよかった~♪
DSC00603_20180913213531f65.jpg

なんか、実は、身近なところに咲いてるんだな~。
で、ちっちゃくっても、ちゃんと、ランの花の形をしてる。。。ってのが、すごいな。と。
DSC00490_20180913213526ad7.jpg


私は、花の形を見ただけでは、テガタチドリとノビネチドリを見分ける自信、ありません~。(^^;
DSC00517.jpg
見つけると小躍りしちゃいたくなるほど嬉しいランの花。
でも、実は、キク科と並んで地上に多くのお仲間がいる種類だ。。ってのが、なんか不思議な感じ。

で、花の形は、めしべを中心に放射状に広がる形でなく、左右は対照だけど
虫の力を上手に借りられるように進化した形~。
DSC00634_20180915215953d98.jpg
おまけに、過酷な環境の中でも生育できるように進化してきてる~。ってのが、
なんともすごいな。と。(おかげで、うちで放置されてるランさんも、無事、生きてます。(^^;)

今年は、あちこちでコイチヨウランにもたくさん会えたな♪
DSC00545_2018091321352751d.jpg
優しいクリーム色の花は、目立たないけどとっても素敵だ~。

で、今年は、この子を探して歩こう!! と思っていたコフタバラン。
まさかの、、、大群生に会えて、もう、ウハウハ~。(^O^)
DSC00560_20180913213528f27.jpg

目立たなくひっそりだけど、ちゃんと双葉~。
で、ちっちゃな花の形がホントにかわいい♪
DSC00561_201809132135304af.jpg


そして、心臓バクバクの初めましてちゃん♪
ミヤマウズラ
DSC01200_2018091321353618d.jpg
薄暗い針葉樹の森の中に、白いお花畑を作っていました。
ちょっぴりモケモケ。なんか、ピヨピヨ声が聞こえてきそうです。(^^)

正面からお顔を覗くと、鳥が羽ばたいてるみたい。
DSC01202_20180913213537969.jpg
で、なんか、顔があるみたい。
一瞬、ウサギの顔に見える!? なんて思ってしまいました。

そして、ミヤマフタバラン~。
思い切り花の時期を外しちゃったけど、笹藪掻き分けて
見つけました~。\(^o^)/
DSC01090_20180913213533100.jpg
The 山のラン!! って程地味な花だけど、形は、なんか天使のよう~。
かわいいな~と、もう夢中♪

葉っぱは、ちゃんと双葉。
ブナの芽が出た直後のようなかわいらしさ。(^^)
DSC01093_2018091321353404a.jpg
いや~、嬉しい出会いでした。(^^)




おまけの、お庭のランラン。
かわいいピンク色で、ちゃんとランの花の形をしています。
LRG_DSC00188.jpg

お山で見つければ「わー、ネジバナだぁ」って,ほぼ、被写体になるってのに・・・
会社のお庭では、思い切り雑草扱い。
LRG_DSC00183.jpg
一面に咲いてると、ピンクの花園。
今年は、バッチリ見られました♪



そして、おうちのランランは、処分価格の300円。(^○^;
テキトーなところで切っておいたら、新しい花芽が上がってきて二番花。
DSC_0023_201809132137136a2.jpg
この花が終わったら、何に括りつけようか。。それとも、これもミズゴケはいで
そのままテキトーにどこかにぶら下げておこうかな?
実は、そっちが楽しみだったりするのです。(^○^;;;;

おうちのランランを相手におうちでランラン。
引きこもり生活を心おきなく楽しめそうな空模様・・・
2018/09/04

イオナンタ

ずっと「イオンダナ」だと思っていました。(^^;

チランジアって、ほったらかしておいても勝手に育つと思っていたけど
お世話、、、必要なのねん。(^^;

で、根っこを伸ばしていろんなものに着生する。と知ったのは、最近のこと。
ここ、嵌っている流木に繰つける。
で、気が向いた時に、霧なんか吹いてあげていたら・・・

をっ!?
DSC_0023.jpg

つの口してる~。(^O^)
DSC_0009.jpg

普段のチランジアさんって、枯れちゃいないけど、ホントに成長してるの?
ってくらい、ゆる~~~いのに、蕾が見え始めて約1週間。
一気に開花しました。
DSC_0003.jpg
紫色に黄色い蕊が鮮やか~。(^O^)



ベランダでは、ひっそりと茜の塔の小っちゃな花。(^^)
DSC_0030.jpg

で、家に帰ったときにクサハナビが咲いていてくれると、ちょっと嬉しい♪
IMG_0527.jpg

かわいこちゃんたちを眺め~、瞬く間に時間が過ぎていく。。。