FC2ブログ
2018/10/31

牛になった休日

こんなにたくさん、食べられな~~~~い。
DSC02352.jpg
・・・とか言った約30分後。
見事に、これらのモノは、胃袋の中に吸い込まれていく。(^○^;

うへぇ、食べ過ぎたぁ。と言ってた直後、仲居さんが
「本日の水菓子は、ゴマプリンです」とか言いながら持ってきてくださる。

甘いものは、やっぱり別腹だった。(^○^;;;;;;

食事の前。食事の後。寝る前。翌朝。。。
ふやけるほど温泉に浸かって、、、


観光はちょっとだけ。(^^;(^^;(^^;
DSC02326.jpg
ガチで紅葉の名所。
大渋滞を覚悟してきたけれど、午後まで雨降り。の予報のおかげで
スムーズに目的地に到着。駐車場もガラ空き。
よかった~。

紅葉列車は、峡谷の一番きれいな場所では徐行運転。
列車に乗ってる人にも、外で写真を撮る人たちにも優しいサービス。
DSC02319.jpg
帰り、三脚を立てたおっさんたちが、何やら口論してたけどさ。

時々不安定な雲が広がって、こりゃ、雨に降られるかな?
心配していたけれど、青空も広がって、その空が水に写って
青く光っていました。
DSC02336.jpg

いやいや、遠かったけど、来てよかった、紅葉の景色でしたとさ。
DSC02350_201810312221598e3.jpg

夕方から、冷たい季節風がビュービュー。
翌日は、、、案の定、ミルキー♪
DSC02365_201810312222041ae.jpg

雪壁見に行こうよ! って、子供たちを連れてここへ来たのは、もう
15年くらい前の話だね。
ココの展望台で、縮こまりながら撮った写真があるね~。
なんて話をしながら。
DSC02370.jpg
来ると、当時のことを結構思い出すものだね~。

標高の高いところでは、もうすっかり葉が落ちて、ナナカマドの赤い実だけが
色を添えている感じだったけれど、標高を下げてくれば、まだまだきれいな
紅葉の景色♪
DSC02356.jpg


伏見稲荷を思わせる赤い鳥居をいくつもくぐりながらお参り。
DSC02392.jpg

優しい顔のお狐様
なんだか、見ているだけで、やさしい気持ちになれるような
稲荷神社でした。
DSC02395.jpg

かやぶき屋根の古民家からは、囲炉裏から漂う煙と
炭の匂い。好きだわ~。
DSC02377_201810312222077aa.jpg
こんな昔ながらの建物は、秋が似合うね。

柱状節理に萌え~。
DSC02382.jpg


観光している時間より、絶対車に乗ってた時間の方が長かったような気がする。
食っちゃ寝、食っちゃ運転の牛になった週末。。。

食べ過ぎて、、お腹の調子がまだ戻ってこない。(^^;(^^;(^^;(^^;
スポンサーサイト



2018/10/24

会津駒ヶ岳  オコジョたんの里帰り

さてさて、今シーズン最後のアイコマ詣では、かわいいお供を従えて♪

夜、南会津付近は濃い霧。もぉ、運転が怖い程。
それが、檜枝岐に着いた時には、満天の星空。
ちょうど、オリオン座流星群の極大日前日。。
・・・ということで、フロントガラス越しでも流れ星が見られました。
DSC02162.jpg
そして、冷え込んだ翌朝。
おかしいなぁ。6時半のバスに乗るつもりでいたんだけど、シュラフにくるまりぬくぬくと。
道の駅「ひのえまた」の奥の山の斜面が、まぁ、きれいだこと。(^^)

キリンテ周回は早々に諦めて滝沢ピストンで。
登山口の階段付近は、まだまだ緑色が濃かったけれど、営林署の
看板を過ぎたあたりから、急に森が暖色に染まります。
DSC02173_20181023232348d11.jpg

あぁぁぁぁ、黄葉したブナの森って、なんで、見てるだけでこんなに暖かいんだろ。
DSC02175.jpg

上ばかり見て歩いていると、木の根っこに躓いて転びますよ~。
DSC02177_201810232323514d5.jpg
・・・と、自分に言い聞かせてみるものの、やっぱり、青空のもとの紅葉の
森は、ホントにきれいで、上ばかりを見ながら歩いてしまいました。

楽しみにしていた、ヘリポート跡付近の紅葉回廊は、もう、すっかり葉っぱが落ち・・・

標高1900mを過ぎると、あらら、葉っぱが砂糖でコーティングされてる♪
DSC02187_20181023232352d4c.jpg
前日の夕方、佐野では結構な降りっぷりのにわか雨だったけれど、高いお山では
そのタイミングで、雪が降ったようです。
尾瀬仕様の階段も、木枠の部分が凍ってつるっつる。

2000mを過ぎると、木道には雪っ。
ひょえ~~~、怖いよっぉぉぉ。と、今年最後の駒ヶ岳の景色を見たり
恐怖の足元を見たりと、忙しい。(^^;
DSC02188.jpg
お守りにチェーンスパイクも持ってきたんだけどね、それを使うほどは積もってなかったんだよね~。

足元、怖い~。とか、言ってる割には、、、
あぁ、山頂も白いよ・・・なんて、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。
DSC02191.jpg
冬の始まりの景色って、なんか、爽やかさを感じるね~。

そりゃぁ、雪が積もっていれば、思わず作っちゃうよね。
DSC02193.jpg

ハイジの丘まで登ってきました。
緑色だった回廊は、金色に輝く回廊に変わって、その後は、小麦色回廊。
DSC02202_20181023232358433.jpg

燧ケ岳も雪だったようです。
沢筋が白く見えました。
DSC02204.jpg
ふぅ、やっぱり何度見てもよき眺め。

駒の大池は、半分くらい凍っていました。
凍っていない場所では、穏やかな天気に水鏡♪
DSC02208.jpg

せっかく積もっている雪が溶けないうちに、雪景色を楽しんできましょう~。

うわぁ、雪山の景色だよ。\(^o^)/
DSC02215.jpg
それなじゃくても滑る山頂へ向かう階段。
「やだ~~~~~~っっ!!!!」とか言ってる割には、もぉ
口元緩みっぱなし。

クリスマスツリーの品評会も始まっていました。
DSC02217_20181023232512dd1.jpg

そして、振り返れば、もう、すっかり見慣れた景色も、
一層素敵に見える感じ。
DSC02220_201810232325141ce.jpg
始め、今シーズンは、ここへ来るのは無理かもしれない。。。とか思っていたけど
なんだー、かんだと月1で大好きな景色に会いに来ることができました。
やっぱり嬉しいよぉぉ。

山の北斜面では、一層の雪景色。
オオシラビソもシャクナゲもツツジも、雪&霧氷がびっしり。
それが、ほんのり溶けて、そこに太陽の光があたって、キラッキラになってました。
DSC02227_201810232325156ff.jpg

神の稜線にまぶされたフロストシュガー。
DSC02228_201810232325178b5.jpg
そうそう、山頂から中門岳へ向かう崩れた階段も、新しくなっていました。
新しい木道は、滑らない~。(^○^)

振り向くと、駒ケ岳スキー場。(^○^;
目の前に広がる景色は「冬」だけど、朝の冷え込みが嘘のように
日差しは暖かくって、首筋なんて、じりじり日焼けの予感。
風の冷たさもなかったのでロンTで歩けてしまいました。
DSC02231.jpg

神の稜線散歩。行きま~す。
次にここへ来られるのは、また、半年以上後だよ。
大事に、大事に景色を楽しみながら歩かなきゃね。
DSC02236_20181023232520550.jpg

キリンテから来た去年の初冬は、ここで時間切れだったんだよね。
今年は、まだまだ時間はたっぷり。先へ進みます。
DSC02238.jpg

・・・・・
DSC02243.jpg
(T_T)
(ノД`)・゜・。
(´Д⊂ヽ
(´;ω;`)ウゥゥ


いつもの、、お昼寝ポイントにも、新しいベンチができていました。
DSC02244.jpg
・・・きっと慣れる。。慣れるよ、、、

ベンチの横には、今まで休憩の時に散々お世話になった木がそのままあったので
そこに座ってランチタイム。
DSC02246.jpg
先月拉致って帰った冬オコジョたんを一緒に連れてきました。
生まれた山を見ながら黄昏る冬オコジョたん。
故郷の山は、どんな風に見えたかな?

のんびり・まったりするのにサイコー。
天気が良くて、よかったね♪ と申しておりました。
DSC02249.jpg

さて、雪の乗ったツルツル木道が怖いので、ちょっぴり早めに引き上げます。
DSC02253.jpg
この辺りは、ドライフラワーになったイワショウブがたくさん。
あれれ、赤い実にはならなかったのかな?
素朴な疑問が、ふつふつと。

強い日差しに、木道に積もっていた雪は、日向ではほとんど溶けていました。
木道も乾いていてよかった~。
DSC02258.jpg

帰りも、もちろん山頂経由で。
DSC02263_20181023232644905.jpg

もうすぐ、一面真っ白な世界になっちゃうんだね~。
これからは、ちょっと離れたお山から、見つけて嬉しい会津駒ヶ岳だね。
DSC02268_20181023232646478.jpg

山頂からくだって、もうすぐ巻道との合流。ってあたりで、すってんころりん。
ホント、ココのお山では、もれなくしりもちが付いてきます。(^○^;

駒ノ大池の氷もすっかり溶けていました。
池の周りをぐるっと歩いたら、今シーズンのお礼とご挨拶に行きましょう~。
DSC02272_201810232326475d6.jpg

冬オコジョたん。1か月ぶりの里帰りです♪
「あれぇ、ちょうど今、暇になったところ~」って言ってくださった姉さまと
しばしお喋り。
DSC02274_20181023232649b12.jpg
駒の兄さま姉さまが管理人になってからの10年で、裸地化していた湿原に
緑が戻ってきた。その秘話は、興味をそそるものばかり。
木道なんて敷かなくったって、ピンクテープでちょっとだけ制限してあげるだけで
イワカガミやアカモノが帰ってきたんだよー。って。
もう、そんな話は、目からうろこ。
なのに、尾瀬のアヤメ平ではなかなか元の自然が戻ってこない。
そんな苦労話まで。あっという間の1時間。(^^;(^^;(^^;

お泊りのお客さんたちが到着し始めたところで、私は帰ります。
「今日、泊ってけるよーー」の神の声に、後ろ髪惹かれまくりで。(^^;

山の神様。今シーズンも、楽しいアイコマ詣でができました。
今年の1番は、なんて言ってもピンク色のチングルマ♪
DSC02277.jpg
ありがとうございました。
また来年♪

午後になっても大展望は変わらず。
女峰山にも、白根山にも雲が全然かかっていませんでした。
DSC02278.jpg

名残惜しくて振り返りながら~。
立ち止まってばかりいると、下山する頃には暗くなっちゃうぞ。
DSC02280_20181023232813cab.jpg

ダケカンバは、すっかり葉を落として、白い枝がうねうねと。
DSC02284.jpg
晩秋の景色だね。

で、水場を過ぎて、ヘリポート跡を過ぎると、森は、またまた鮮やかに。
1時間半前までは、雪の景色を見ていたのが嘘のようです。
DSC02294_2018102323281646c.jpg

日が傾きはじめて、斜めから陽が差し込むと、黄色のブナの森は
金色に輝いて見えるようでした。
DSC02297.jpg
9月の草紅葉い始まった紅葉狩り。
那須に尾瀬にアイコマに・・・
どこもホントにきれいだったな~。いい締めくくりとなりました♪

そして、あ゛~、今シーズンのアイコマ詣でが終わってしまった。(T_T)
DSC02303.jpg
月1で来られれば、十分でしょぉ。って気がしなくもないんだけどね。(^^;
冬オコジョたんを連れてのアイコマ詣では、来年も続く。。。(笑)



2018/10/22

恋するコキア

ポッ。っと、赤くなった~。(#^^#)
DSC02093.jpg

「今年は、真っ赤なコキアを見に行こうね~」と、言われてたので、
母を乗せてひたち海浜公園~。
DSC02081_20181022201550a05.jpg

コキアの紅葉って、ホントに旬の時期が短くて、で、その頃って
お山でも紅葉が見ごろになってるわけで・・・
DSC02090.jpg
大丈夫か。私??? って、思ってたんだけど、よかった~。
思い切り恋する乙女になってたよー。

真っ赤な毛糸玉をくっ付けたみたいで、ホントにかわいい。
DSC02098.jpg
「もふもふかな?」と、思わず触ってみたけれど、実は、しっかりと
硬い触り心地。
そりゃぁ、箒になるんだものね。(^^;

海を見下ろす斜面にいっぱいに、ポコポコ…と。(#^^#)
DSC02101.jpg

奥に見える常陸那珂レインボータワーが、那須岳から見えたんだよねー。
大きなタワーが見えるのは、やっぱりねー。って感じだけど、クレーンも
しっかり見えたのは、「やっぱりすごいや」と、思ってしまいました。
DSC02108_20181022201600510.jpg

赤っていうより、濃いピンク色なんだね。
DSC02095_20181022201555466.jpg

コキアもすごいが、人もすごい。(笑)
DSC02116_20181022201601836.jpg

コスモスとモフモフ(に見える)ちゃんのコラボもとってもきれいだったな。
DSC02128_2018102220160303e.jpg
ネットを見てたら、コキアで箒を作ってみよう。なんてページを見つけて・・・
あらら、植木鉢に植えて、来年は、コキアで箒を作ってみようかな?
変なスイッチが入ってしまいました。(^^;

一面コスモス。。。なんて見るのは、ずいぶん久しぶりのような気がする。
DSC02094.jpg


まさかの、帰りは、振り返りながらでした。
DSC02138.jpg
恋するコキアに、ぽっ。(#^^#)
2018/10/20

ツメレンゲ10/20

咲いてた~~。\(^o^)/
DSC02153_201810202048179cf.jpg
一つだけ。(^^;(^^;(^^;
でも、これから、ぞくぞく開花していきそうです。(^^)

や~、冬、ここを覗いても、その姿は、全然ないのに、
その季節が来ると、芽を出して花を咲かせる。
なんか、すごいな~。
DSC02155_2018102020481952e.jpg

私の前で写真を撮ってたおじさん。
をぉ、そこを降りるかい。ってな斜面を降りて、落石させて
必死に写真撮ってたけどさぁ
DSC02157_20181020204820f13.jpg
ふーん。(-.-)



さてさて、もう一つの探し物。
あらら、かわいい斑入りの葉っぱ。
春になったら、どんな花を見せてくれるのかな?
DSC02142.jpg
なんて思いながら、あっちキョロキョロ、こっちキョロキョロ。

この葉っぱでいいんだよねぇ。。。
DSC02143.jpg

あれれ、まだ蕾だ。残念。
DSC02144.jpg
来週はこられないから・・・
再来週まで、待っててくれるかな~?

それとも、会社の帰りに、懐中電灯で探すか!?(^▽^;)

ピンク色のモフモフになる子かな?
DSC02147.jpg

赤い実がなる前、どんな花が咲いてたんだろう・・・
DSC02148.jpg

近所の里山でも、小楢の葉っぱが色づきはじめ。
DSC02149_20181020204814d88.jpg
どんぐりがたくさんなってました♪

パッチワーク。きれいだな♪
DSC02151.jpg

さてさて、小さいけれど、大きな悩み。

HCの処分品の棚から連れて帰ってきたもけもけちゃん。
ちょっぴり徒長気味。
毛むくじゃらの葉っぱは、夏場、蒸れやすく、ちょっと育てにくい
多肉さんなんだそうな。
成長期は、春と秋。夏と冬は、休眠。。。
DSC_0845.jpg
でだ。
ここでちょんぱして、新しい鉢に挿して育てて、葉っぱからも
根だしをして子株を作り~、根元からも、子株が出てくるのを待って、
保険をたっぷりかけるか。。。


それとも、触らぬ神に・・・で、この鉢のまま、大事に大事に育てるか・・・
悩む。(-_-;)
2018/10/17

紫色のもっふもふ♪    と

近いと、わざわざ出かけていく。。ってことは、あまりないんだけどねぇ、、、
一面紫色のもっふもふ。
一度くらいそんな景色を見ながらお散歩したいよな~。と。
DSC_0743.jpg
足利フラワーパークのアメジストセージ。

珍しく・・・(^^;
足利フラワーパークへ。
DSC_0719.jpg
着いた時には、雨が降ってきました。
始めは、天気雨かな? と思ったけど、その後、結構な降りっぷりで。(^O^;

一面紫色の花園~。
藤棚の下で雨宿りをしながら、モフモフの花園を眺めます~。
DSC_0781.jpg
全部が紫色のものよりも、ちょこんと白い花びらがくっついているものが
かわいくっていいな♪

ホワイトセージとかチェリーセージとかみたいに、強い香りではないけれど
触るとほんのり爽やか~な香り。
セージの匂いって、あまり好きでなかったけれど、このくらいほのかな感じならいいかも~。
DSC_0762.jpg

奥に咲いてたバラの花が、玉ボケみたいにキタ~~~~~~!!!!
DSC_0724.jpg
などと遊びながら、広い園内をひとまわり。

秋のバラはぼちぼち終わりな感じ。
でも、春のバラより小ぶりな花がたくさん咲いていて、あたりはとってもいい香り~。
DSC_0748.jpg

今年は、台風の影響で、あちこちのコスモス畑が残念な感じに
なっちゃったそうだけど、ここの、、、十分な程に手入れをされた
コスモスは、あちこちで、かわいい花を咲かせていました。
DSC_0751.jpg
うわぁ、花弁グラデーションが、とってもきれいだよぉぉぉ。

休耕田を利用したコスモス畑みたいに、あたり一面に・・・
ってわけではないけれど、
倒れないように、柵で区切られた中に、ちょっぴり窮屈そうに
咲いていたコスモスだけど・・・
DSC_0795.jpg
かわいいね~。

水鏡の世界は、ちょっぴり不思議な世界。
DSC_0764.jpg

こんな素敵な寄せ植えが自分で作れたら、ガーデニングも
楽しいだろうなぁ。
DSC_0822.jpg

もぉ、青空、出てくるの。。遅いぞっ!!!
DSC_0789.jpg

ヨツバヒヨドリが植えてあるところでは、アサギマダラだらけ。
アサギマダラって、そこそこ標高の高いところで見られる蝶なのかと思ってたけど…
お好きな花が植えてあれば、どこにでも飛んでくるものなのね~。
DSC_0801.jpg
これからの長旅に備えて、羽休めかな?

さてさて、次の予定もあるから、帰りましょう♪

でも、売店に寄って。。。っと。

をぉぉぉぉぉ!!!!!!
うちのコノさんの100倍のお値段で売られていたコノフィツム。
DSC_0828.jpg
いや~、透き通ったそのお姿。
「生ける宝石」なんて紹介されることもあるけれど、ほんと、
こりゃ、宝石のようだわ。
うちの多肉棚に並ぶことは、絶対にないけれど、でも、見るだけなら。。。ねっ。(^^;

売店だけなら、入園料、、、、かからないし〜〜っ。ε===へ(;^^)ノ
2018/10/15

ツメレンゲ

そろそろかな~。
見に行ってみましょう♪

あらあら、まだちょっと早かった。(^^;
DSC02065.jpg

咲いてる子はいないかな~?
目を皿のようにして探してみたけれど、開花までには、
あとちょっとだけかかりそうです。
DSC02069_20181014213327a43.jpg
びよぉぉぉ~~~んと伸びて、たくさん蕾を付けているものも。
かわいい花が咲くのが楽しみだな~。

久しぶりの山頂。
お久しぶりです~。と、話も弾み、まもなく日没~。
DSC02076.jpg
そこに湧くんかいっ!って言いたくなっちゃう場所に湧き上がる雲。
怪我人は、暗くなる前に下山します。(^^;

ルームミラーに写ったいい感じの茜色の空。
あぁぁ、下山するの、やっぱり早すぎたかなぁ。と、ちと後悔。



そうそう。
つぼみが見え始めたのが1か月くらい前。
いつ咲くのかなぁ。。。と、やきもきしていたハムシーさん。
ようやく花が咲きました。
葉っぱがもけもけなら、花ももけもけ。
DSC_0650.jpg

その昔、めぐやんが飼っていたハムスターのお名前は「ハムチー」
ハムシーさんを見るたびに、その当時のジャンハムさんを思い出す。。。


で、今年の春、ジョイ本で出会ってしまった我が家のツメレンゲは、
こんな。
DSC_0706.jpg
花は咲きそうにありません。(^▽^;)
地味に増えたんだけどねぇ。(^^;(^^;(^^;
2018/10/10

ブナブナ萌え萌え~ 燧ケ岳のふもとをぐるり♪

台風の影響で風が心配だった三連休初日。
大清水から尾瀬沼に行って、半日ヒツジグサの紅葉を眺めてようかな。
そんな予定でいました。

がっ!!!
前の台風の影響で、華厳の滝の水量がすごいことになってるらしい。
そんな話を聞いて、変な好奇心がわいてくる。
・・・三条ノ滝の水量もすごいことになってるんだろうか・・・

行ってみましょう♪
金曜日の晩、佐野は雨が降っていました。
それが、桧枝岐の道の駅に着いた時は、星空。
もう、オリオン座が出てくる季節になったんだねぇ。

翌朝、とってもいい天気♪
御池からシャトルバスに乗って暫し。ブナの原生林はいい色づき~。
DSC01801.jpg
朝日にあたって、超暖色。って感じです。

浅草発の夜行で来た人たちで混雑している沼山峠。
人が動き出す前に、尾瀬沼を目指します。

をぉ、朝もやが晴れていくところ。
朝露でたっぷり濡れた草紅葉たちは、キラッキラに輝いて見えました。
DSC01811_2018100923141230a.jpg
よき眺めだ~。
真っ白な景色から、ぼわぁ~んとあたりの景色が見えるようになってくる。。。
そんなタイミングに巡り合えたらいいな~。とか思いながら、進みます。

金色の大江湿原。
湿原脇のダケカンバ林も金色。
DSC01815.jpg
この先長いので、ちょっぴりせかせか歩いてきたので、汗ばんできました。
ここで上着を脱ぎます。

こういうのって、朝の宝物だな。って思う。
DSC01814_20181009231415d25.jpg

まだ、歩く人の少ない大江湿原。
ゆっくりと時間が流れていきます。
DSC01817_20181009231416a75.jpg

せっかく燧ケ岳も見えているので、長蔵小屋近くで沼のほとりに下りて、
ゆっくり朝ごはん。
風もなく、逆さ燧が見られました。
DSC01825_20181009231418bb3.jpg
尾瀬沼エリアの必要以上の開発で、展望台が新しくできた。
という話は聞いていました。
お気に入りの休憩ポイントの景色が変わってしまうのかな?
相当不安に思っていたけれど、その場所は、以前と変わらず静かなまま。
あ~、よかった♪

沼の北岸を歩いて、沼尻まで。
台風の影響で、ダケカンバの葉っぱはずいぶん散ってしまったけれど、
こんな、先っちょにだけ葉っぱが残っている状態の木も好きだ~。(^O^)
DSC01829.jpg

数年前、火事で焼けてしまった沼尻の休憩所。
新しく、とってもおしゃれな休憩所ができていました。
DSC01841_20181009231421f9d.jpg
以前の休憩所が素敵だっただけに、まだ、なんか違和感を感じるけれど
あと何年かすると、きっと尾瀬の景色に溶け込んでいくんだろうな。

沼尻の池塘では、真っ赤に紅葉したヒツジグサ~。
始めは、これを眺めながら、半日をボ~~~~~~ッと過ごす予定でした。
DSC01843.jpg
この場所は、休憩所からほんの少ししか離れてないけれど
歩く人はほとんどいないからね~。

三条ノ滝だけだったら、燧裏林道ピストンでもよかったんだけど、
ど~~~しても、真っ赤に染まったヒツジグサに会いたかったのです。
DSC01848_20181009231424070.jpg
久しぶりだものね~。(^^)

それにしても、穏やかで優しい景色。
やっぱり、ここで半日まったりも悪くないな。
DSC01850.jpg
一瞬、そんなことが頭の中を巡ります。

いやいや・・・
と、尾瀬沼から白砂峠を越えて尾瀬ヶ原へ下ります。
DSC01852.jpg
途中の白砂湿原も静かでとっても素敵なところ♪

上下対称。。。の紅葉が見られました。
DSC01859.jpg

見上げれば、カラフル~。
DSC01863_20181009231654caa.jpg
やっぱ、先っちょにだけちらほら葉っぱがくっついてる
この状態のダケカンバは好きかも。

黄色く染まったブナの森は、やっぱり何となく温かい。
DSC01877.jpg

わぁ、こっちは、真っ赤だぁぁ。
DSC01873.jpg

きれいだな~。
上見て横見て、忙しい~。
DSC01886.jpg
足元は、よ~~~く濡れた木道。そこに落ち葉が乗ってるので、とにかく滑る。
尻もち1回。未遂多数。
怪我した方の足で転ばないように体を支えられた時には、をぉ、やるじゃん、
私の右足♪ なんて、思ってしまいました。(^O^;

紅葉は、白砂峠から見晴間は、どこもとってもきれいでした。
特に、見晴新道と合流する付近は「わ~」とか「きれ~」とか、
一人で大騒ぎするほど。

樹林帯を抜けて、見晴に着きました。
正面には至仏山がどーーーん。
DSC01893.jpg
今シーズンは、あの山頂がスタートだったんだよね。
行けるかどうか、不安だったけど、お花たちに連れて行ってもらった
山頂だったんだよねー。
あの時感じた、足元の不安や不安定さは、もうありません。

振り向くと、ふもとにブナの森を従えた燧ケ岳がどーん。
DSC01895_20181009231700b3b.jpg
ここで、行程の約半分。
弥四郎小屋前の冷たいお水をたくさん飲んだら、進みます。

紅葉しても咲くリンドウに、思わずひれ伏します。
DSC01903.jpg

アケボノソウも咲いてた!
いよいよ花撮りスクワットができるのも、残りわずかだね。
DSC01907_2018100923272606e.jpg

わぁ、真っ赤!!
赤っていうより、濃いピンク色。めちゃめちゃきれいです。
DSC01912_20181009231703b89.jpg

とっても雰囲気のいい森の中にある温泉小屋の休憩所。
時計を見ると、夕方前には戻れそうなので、ベンチに腰を掛けて2回目の朝ごはん。
いや、1回目のお昼ご飯か?(^▽^;)
DSC01917_20181009232012735.jpg

休憩所を過ぎると、登山道はだんだんワイルドに。
びしょびしょのツルツルのぬたぬたの・・・

そして、平滑ノ滝~。
展望台とは、名ばかりの、手すりなんてすっかり曲がっちゃった
大きな岩の上から覗き込む。
DSC01920.jpg
やっぱ、平滑ノ滝。。好きだ~。

水辺の紅葉が、とっても鮮やか。
平滑ノ滝は、上流からこの辺りまで、、、まだまだ続いているようです。
DSC01933.jpg
平滑ノ滝-三条ノ滝間の登山道のぬたぬたっぷりが
一番ワイルドだった~。
足元を気にしながらずんずんすすんで、、、

三条ノ滝~。水量、豊富です。
DSC01941_20181009232016342.jpg
やっぱ、雪解け水を集めて流れ落ちる初夏の頃の方が
水量は多そうだけど、でも、水辺の紅葉と合わさったその美しさは
息をのむほど。

帰りは、燧裏林道経由~
こちらのブナの森も、それは見事な紅葉の森。
DSC01948_20181009232018a00.jpg
5年前に同じルートを歩いたときには、裏燧林道を
歩くころには、ほぼ燃え尽きていて「もう、やだー」って
感じだったけど、今回は、森の景色を楽しむ余力が残ってました♪

時々現れる小さな湿原が、それぞれ違った表情を見せてくれる
のが、とっても楽しいしね。
DSC01949.jpg

平ヶ岳が見えたっ!
やっぱり行ってみたいなぁ。
ゆっくり行けば、行けるかな?
DSC01959.jpg
ゆっくり行くと、日が暮れちゃうんだけどさ。(^▽^;)

裏燧橋付近の紅葉もとってもきれい~。
DSC01961.jpg

ブナの森は、やっぱりいいな。
DSC01967_20181009232024818.jpg

厳しい冬を耐えてきたダケカンバも素敵だな。。
DSC01972_201810092320252bd.jpg

新潟のお山が良く見えるようになってきました。
あのとんがりは未丈ヶ岳かな?
DSC01983_20181009232439e9a.jpg

正面に大杉岳。山肌とってもきれいです。
次、アイコマ-御池は雪解けの花咲く頃かな?って思っていたけど
この季節もいいねぇ。
DSC01986_20181009232441675.jpg
ココから駐車場までは、約30分。
先が見えてきたから、ベンチでお茶しましょう~。

台風の影響で、午後から風が強くなっちゃったけれど、
朝からの青空は変わらずでした。
DSC01993_20181009232442fbf.jpg

御池駐車場が近くなってくると、国道を走るバイクの
音が聞こえてきます。
DSC01995_20181009232444747.jpg

ダケカンバの林を抜ければゴール。
鮮やかな紅葉に包まれた、静かな1日でしたとさ。
DSC01996_2018100923244648b.jpg



2018/10/09

道の駅めぐりついでに紅葉狩り!?

この三連休中、一番お天気のいい日に紅葉狩りに連れて行くよー。
それじゃ、月曜日ね。と約束したのが、木曜日の話。

土・日と、青空が広がっていて、いよいよ月曜日。
母を乗せて、長野に向かうも、朝からどんより~。(^O^;
なんと、高崎JCT付近では、小雨まで降ってきました。(^O^;;;;

きっと、佐久ICを過ぎれば・・・    曇り空。(^O^;

目的地に着いたころには、ようやく青空が見えはじめてきました。
DSC01998_201810082341498a3.jpg
ゴンドラ乗って、標高を稼ぎます。

窓から見える木々は、暖色~。
きれいね~。あぁぁぁ、ヨカッタ♪
DSC02000_2018100823415099b.jpg

足元では、チングルマが真っ赤っか。
DSC02003_20181008234152f55.jpg

悲しいかな、、、花が咲いていると、カメラを向けずにいられない。(^^;
DSC02006_20181008234153a7e.jpg

わ~、かわいい。初めて見た花だよ~。
葉っぱの形も、なんか素敵♪
DSC02008_201810082341554d7.jpg
ポテンティラ・ニティダというそうです。
ヨーロッパのキジムシロの仲間なんだそうな。
もちろん植栽されたものです。

今日の目的地は、あそこのケルンまで。
もちろん、使えるものは使って、リフトでひゅんと。(^^)
DSC02013.jpg
ただねぇ、リフトから降りて、少しだけ、、、結構、急な階段を登ります。
いつまでも元気でヨカッタ、と思っていた母も、いつの間にか、高齢よね。
周りの方に「おいくつ? わぁ、健脚でいらっしゃる」なんて声をかけられ
ちょいと照れくさそう。
もともとの性格もあってか、「だって、後ろから人が来てるんだもん。待たせちゃ申し訳ない」と
ガンガン登っていくんだから、見てる方がヒヤヒヤ。(^^;;;;;

目的のケルンにつきました。
目の前には、北アルプスの大展望がど~~~~~ん。
DSC02020.jpg
って言うワケにはいかなかったけれど、山の清々しい空気の中で、
のんびりランチタイム&おっきなお山たちの出待ち。

見えそうでなかなか見えないお山たち。もぉ、やきもき~。
山頂付近にしつこく張り付く雲は、結局すっきり晴れてはくれませんでした。

紅葉した葉っぱは、台風の影響で、ずいぶん散っちゃってたしねー。(T_T)

風下側の鮮やかに色づいた葉っぱを見ながら、ゆるゆる下山です。
DSC02028.jpg
あっ、ゆるゆる歩いていたのは、私だけだけど。(^^;;;

お山のぼくちゃんは、すっかりイガイガ頭。
DSC02031.jpg

きれいだな。
まだまだ元気に歩けるうちに、全山真っ赤! なんて言う紅葉の景色を
見に連れて行ってあげたいな。
DSC02034.jpg
どこなら、あんまり歩かずに紅葉狩りが楽しめるかな?

麓の田んぼはパッチワーク。
この辺りは、稲刈り後の乾燥は、昔ながらの「はざかけ」になっていました。
DSC02045_20181008234821904.jpg
なんか、懐かしいな。
稲刈り後の田んぼは、絶好の遊び場だったものねー。

高山植物園では、ツルコケモモがたくさん。
真っ赤になってるモノから、グラデーションがかわいい色のものまで。
DSC02048.jpg

で、下りてくると、雲がとれるんでしょー。(-.-;
DSC02050_20181008234823b76.jpg
でも、結局この日は、ずっとこんな感じの山の景色でした。

をぉぉぉ、雨飾山の山頂にいる人たちは、きっと、すごい雲海の景色を
眺めてるんだろうなぁ。
DSC02051.jpg
妙高・火打は、1日中ずっと雲の中。
戸隠のギザギザなお山たちはちょっとだけ見えました。

さて、お楽しみの道の駅めぐりが待ってるから下りよー。
野菜とかが、売り切れちゃってたら、大変だものねー。
DSC02058_201810082348285b3.jpg

どーんと北アルプス&紅葉。。は、残念ながら雲&風に邪魔されちゃって
ちょっぴり寂しい感じだったけど、ゴンドラ上部は、とっても鮮やかな色づきでしたとさ♪
DSC02053.jpg
で。ゴンドラを降りたところから、買い物ツアーはスタート。(^^;
小布施の栗羊羹に、採れたてリンゴに、高原キャベツにズッキーニ。
ドライフラワーとして飾った後使おう♪と、鷹の爪に、旬の栗。
もちろん信州に行ったら、野沢菜のおやきに・・・(^▽^;)
後部座席は、お土産でいっぱい。
今回一番のヒットは、種なしピーマン。「たねなっぴー」(笑)
2018/10/06

ブナブナ萌え萌え

ブナの黄色は、何となく暖かい。
DSC01876_20181007151956fc9.jpg
『今日は暑すぎだろ』って気が、しなくもない。(^^;(^^;(^^;

うひゃぁ、コシアブラなんて、光ってるよ。
DSC01970.jpg


天高くchiko肥ゆる秋なり♪
DSC01891_20181007151651886.jpg


今日は久しぶりに空が高い。