FC2ブログ
2018/11/30

今年も(^^;白い花咲く三本槍岳

この三連休、霧氷の山へ行きたいな。と思っていた、連休前。
それが、だんだん面倒くさくなってきて、ベランダの多肉さんたちも
かわいく紅葉し始めたいし~
流木に括りつけた着生蘭たちの花芽も上がってきたし~
出かけるのがだんだん面倒になってきた連休初日。
DSC02526_201811300035010f9.jpg
ベランダ族で過ごすことがほぼ決まったところへ、お釈迦様が霧氷の木をしょった
写真が添付され、「那須、行きません?」のメール。

じゃ、釣られるか。。。と、やっぱりお山へ行くことに決めた連休中日。

4時に目覚まし時計が鳴ったのを止めながら、やっぱりお山へ行くって決めたのを
猛烈に後悔した連休最終日の朝。(^○^;

いやいや、でも、やっぱり行ってよかった那須岳でした♪
DSC02541.jpg
ロープウェイに乗ってた人たちは、雲の上に上がってきた瞬間、
きっと、喜びの声をあげちゃっただろうね~。

今回も太平洋が見えるかな? って、楽しみに着たけれど、東側は、
それは、見事な雲海。
ほかの方向は、良き眺め~。
考える岩の向こうには、日光のお山がよ~く見えました。
DSC02548.jpg

心配だった剣が峰のトラバースは、つぼ足で無事に通過。
朝日の肩手前の鎖が付いた岩場のトラバースの出だしの部分は
めちゃめちゃ怖かったので、チェーンスパイクを付けました。

で、朝日の肩まで来ると、白い景色~。
秋の時、赤く色づいていたナナカマドも真っ白。
カラフルだった、朝日岳の北斜面も真っ白。
この辺りから「すご~い」「きれ~」もぉ、そればっか。(^^;
DSC02558.jpg

朝日岳から望む、熊見曽根-P1900 へ続く稜線の景色は大好き。
笹原に、ポコポコと霧氷がくっつく木が生えている景色は、なんかかわいい♪
DSC02568_201811300035067a8.jpg

こっちから登ってこられてよかったな。
ガチ冬山になってしまったら、私には足を踏み入れることのできない
山域だけど、たっぷり雪が積もり直前の、、、
冬の始まりの景色に会えて、嬉しい。(^^)
DSC02571_20181130003508fc5.jpg

あっちでもこっちでも、いろんなものがスーパーサイヤ人化しています。
DSC02588.jpg

こんな、霧氷の稜線を歩くのを楽しみにしていました。(^^♪
DSC02590.jpg

思っていた通り。熊見曽根ーP1900付近の景色がとっても素敵で、
何度も足を止めて、あっち、こっちの景色にカメラを向けます。
P1180442.jpg

どっしりとしたお姿の三本槍岳。
その手前の清水平の景色は、どの季節も大好きな感じです♪
DSC02606_201811300035146c7.jpg

枝先に、くしゅくしゅっとくっつく霧氷。
白い花が咲いたようです。
DSC02615_20181130003702f58.jpg

いったん清水平まで下って、山頂への登り返し。
霧氷のトンネルを進みます。
DSC02640_20181130003703cd4.jpg
グリーンシーズン、ドロドロ、ぬたぬたの三本槍岳直下。。
雪の登山道は、グリーンシーズンよりも歩きやすい。(^^)

笹原に、ポコポコと白い毛糸玉がくっついているみたい。
見下ろす霧氷の森は、やっぱり素敵だな~。
DSC02647.jpg

にぎやかな山頂からは360度の大展望。
ミニ飯豊が近いっ。
そして、西から北方面に広がる真っ白な峰々。
その中でも、ホンモノの飯豊山の白さはひときわでした。(^^)
DSC02659.jpg

山頂でちょっと早めのランチを済ませ、少しだけ大峠方面に下ります。
DSC02679.jpg
うわっ、何これ!?!?
広がる霧氷の海。
三本槍岳の北側は、ボリュームたっぷりの霧氷の海が
広がっていました。

サンゴ礁のような姿の物とか~
ブラシのような姿の物とか~
綿毛のような姿の物とか~
IMG_2561.jpg

笑いが止まらなくなっちゃうような、豪快な霧氷もいいけど、
私は、風当たりの弱い場所で、モフモフっとくっつく
こんな霜の花がかわいくって好きだな~。
IMG_2562.jpg

ちょっと北へ進んだだけなのに、心なしか飯豊山が近づいて
着たように見えました。
鏡ヶ沼の水が青いっ!
DSC02683.jpg

この間ココから三本槍岳の北斜面を見たときは、錦絵を
見るようでした。
今回は、真っ白な斜面。(^^♪
DSC02685.jpg

今回、一番感動の景色だったのは、やっぱりここ。
この場所の美しさを表すのにぴったりの言葉は、やっぱり浮かんできませんでした。
P1180508.jpg
飯豊山は真っ白。旭岳の奥には朝日連峰。
その隣に、ちょこんと真っ白な月山。
磐梯山も安達太良山もよ~く見えました。あっ、吾妻連峰は雲の中~。

午後、南の斜面では、音を立てて霧氷は落ちていきました。
DSC02725.jpg
さようなら。
次、ここへ来るのは、山の斜面が真っ白になって、文明の利器が
動き始めたとき。(^^)
びっくりだったのが、今年、4回目の三本槍岳。。だった。ってこと。(^^;

午前中は日陰だった朝日岳の斜面。
午後になって日が差して、霧氷の森の美しさもひときわ~。
DSC02733_20181130003856e96.jpg

帰り、高速道路は渋滞だろうな~。と、下道で。
さすが3連休最終日。
田舎道のR293も、ポイントポイントで大渋滞。



スポンサーサイト



2018/11/25

もけもけ

あぁぁぁぁぁ、
税込み1000円以上の植物は買わない!!! っていう
マイルールをついに破ってしまいました。
DSC_1121.jpg
大事に大事に手のひらに乗っけて、ホームセンターを
回っている間、ほんのり掌が温かく感じたのは、気のせいかな?

もけもけのチランジアさん。
フェゴ板の上にとりあえず乗っかっていただいて、根っこが
出てくるのを待つばかり~。
もぉ、フェゴ板には穴をあけて、ぶら下げて飾る準備はOKなんだけどな~。


ホームセンターの処分品棚から連れてきたセトーサさんも
相変わらずもけもけ。
チョンパして、挿し木で増やそうかな? って、散々悩んだけど
私にはその勇気がありませんでした。
DSC_1095.jpg
下の葉っぱに生えている毛が、どうしてもすね毛に見えてしまいます。(^^;




そして、こっちのもけもけは、太陽とはあまり相性が良くないようです。
で、ふっと息を吹きかけるっと、消えてしまうデリケートさん。
DSC02713_20181125202500311.jpg

もけもけ3シリーズでした♪
2018/11/14

オトコマエに会いに行く

いねぇし。(-.-)
DSC02456.jpg

オトコマエにオトシマエをつけに来たわけじゃないんだからさぁ。(^^;;
DSC02460.jpg
出てきておくれよぉぉぉぉぉぉ。

魅惑の縦走路も真っ白。
おまけに雨も降ってきました。
はじめは、笠ヶ岳まで足を延ばすつもりだったけど、帰ろ。帰ろ~。
DSC02461_20181112223924a08.jpg
馬蹄は抜釘が終わってからのお楽しみ。( *´艸`)ププッ


                      ‥…━━━ΣΣΣ ≡ヘ(*-ω-)ノ




山頂まで、ひたすら登り一辺倒。
稜線にかかっているガスは取れそうにありません。
DSC02445.jpg
もう、完全に修行の山行になりそうです。

そんな中でも、をぉぉ、デイヴィ・ジョーンズがいた。
DSC02448.jpg
とか、

あらら、ゴリラがたそがれてるし。とか。
DSC02458.jpg

わぁぁぁ、水滴きらりんちゃんの中にさかさまの世界があった~~!!とか。
DSC02463.jpg

ホントのホントに、今年最後のアカモノが咲いてたよ~。
しかも、かわいく赤い縁取り付きぃぃぃ。(^^) と喜んでみたり。 とか。
DSC02485.jpg

もぉ、こうも保湿成分が充満した登山道を歩いてたら、小じわが伸びるよねぇ。
とか、つまらないことを思いながらコケを撫でくりまわしてみたり。とか。
DSC02465.jpg
とりあえずきっちり楽しんだら、登る時よりも時間をかけて(^^;(^^;下山です。
怖いんだって。もぉ、ホントに。
濡れてる岩だろうと、泥にまみれた木の根っこの所だろうと、
お尻をつきながらの下山です。

そうそう。今日は、修行の山行なり~。
















をっ????
DSC02470.jpg

をぉぉぉぉぉぉ!!!!!
DSC02482_20181112224708c7b.jpg
眼下のブナの森。
木の枝が水滴きらりんちゃんでコーティングされていて、
そこに太陽の光が当たってキラキラしています。

・・・って、そんな風に見えないねぇ。(^^;;
でも、ホント、ピンポイントに日の光が当たる場所は、キラッキラでした。(^^)

オトコマエな景色も見えてきた~。\(^o^)/
DSC02475_20181112224706434.jpg
ありったけの上着を着込んで「待ち」決定です。
13時に下山を始めれば、いくら何でも暗くなるまでには駐車場に着くでしょう。(^^;;

松ノ木沢の頭で待つこと30分。
青空を背負った白毛門が姿を現しました。
DSC02497_20181112224709651.jpg
あ~、なんで笠ヶ岳まで行かなかったんだろ。後悔ちょっぴり。(^^ゞ(^^ゞ
オキトマの山頂にはしつこくガス。
オトコマエな岩壁がちらっと見えたので、今日は帰ります。
もちろん、お尻をつきながら。(^O^;

谷川岳ロープウェイの立体駐車場はすぐ目の前。
距離にしたら2キロちょっと。ホントにまっすぐ麓に向かって下りていきます。
DSC02499_20181112224710823.jpg
なんか、その昔。
ジャングルジムに登ったけれど、怖くて降りられなかった私。
一緒に遊んでた子に
「chikoちゃん、下りられないんだったら登らない方がいいよ」って言われた
その言葉が頭をめぐりました。もぉ、下山するまでひたすら。

登っちゃったものは、下りなきゃしょうがないんだよ。(^○^;;

おっきな岩は、お尻をついて。(^^;
振り返ると広がってた真っ青な空に、ちょっぴり「くそぅ」な気持ちでした。(^^;
DSC02500_20181112224712075.jpg
そうそう。去年の6月、この大岩に、二つ並んだアカモノが
かわいらしく咲いてたんだよね~。(^^♪

突然目の前に現れたかわいい子にカメラを向けてみる。
別に、カメラ目線で止まってくれているわけじゃなくて、
トカゲの「動くな~。動くと捕まるぞ~」って心の声が聞こえてくるようです。
DSC02503.jpg
目をそらしたすきに、静かに茂みの中へ入っていってしまいました。

さて、次にこの滝を見る時は、新緑に包まれてる頃?
紅葉にはちと早かったな。。。なんて時期に、大きな荷物を背負って来られたらいいな♪
DSC02509.jpg

さようなら。また来年♪
DSC02510_20181112224717b6a.jpg
次は、急坂を登って、下山はロープウェイで。
そんな山行ができたらいいな~。

植生が変わってきたら、登山口まではもう少し。
足元にはたっぷり積もったブナの葉っぱ。この下に、トラップのように大きな石が隠れています。
時間は2時半。松ノ木沢の頭から、たっぷり2時間かかりました。(上る時より時間、かかってます(^^;)
DSC02517_201811122247186f5.jpg
「足元、こわ~~っ」って思いながら、ホント、笠ヶ岳まで行かなくてよかったよ。
なんて、思ってしまいました。
足伸ばしちゃったら、完全に夕方になっちゃってたものねー。

もう少しでゴール。って所で、写真を撮っていたおじぃさんに声をかけられる。
もう、20年以上、ここのブナの森の四季の写真を撮ってる。っておっしゃるおじぃさん。
DSC02521.jpg
「ここのブナはいいよぉ」と、猛烈に推しだった、白毛門登山口付近のブナの森。
ホントだ~、青空に伸びるブナの木。
ここまでたどり着いて、大満足な充実の1日を受け止めてもらったような気持ちになりました。



それにしても、もぉ、、、、片道3キロだよ。。。
なのに、、、
今日もまだ、ありえないくらい筋肉痛。(^O^;;;
2018/11/10

夜遊び

暗闇に十月桜がぽわぁぁぁぁぁぁぁぁぁんと。(^^)
DSC_1028.jpg
豪快に咲きまくるソメイヨシノより、ぽつぽつと。。。
あっちで咲いてた~。こっちで咲いてた~。ってな冬桜のかわいらしさ
が、何となく好きだったりします。

いつもお山の上から見下ろすばかりでなくて、たまにはお金を払ってイルミネーション。
DSC_0995.jpg
イルミネーションって、その昔の、ちっちゃな電球がピカピカしてる。
そんなのがやっぱりきれいだよね~。今のは、点じゃなくて面で彩ってるんだもん。
そりゃ、邪道だよ・・・と、散々言ってたけれど、、、

いやいや、感動するほど、きれいでした。(^O^;

その昔、東京ミレナリオ(懐かしぃぃぃ)を見に行った時の感動を超えたかも。(^O^;;
DSC_1078.jpg
お花とカラフルライトがコラボしてるってのがいいのかな~♪

光とバラ。
光のバラ。
IMG_2376_20181110192440348.jpg


たくさんの写真を1枚にまとめるアプリを、使ってみたかったのだ~。(^O^;;;
IMG_2378_20181110192442cce.jpg
ようやく使えて、満足、満足♪♪

水に映るピカピカが、ホントにきれいだったな~。
DSC_1212.jpg
アルメニアンダンスpartⅡの出だしの2小節がBGMでかかっていて、
久しぶりに聞いたら、帰ってきても、頭の中をぐるんぐるん巡っています。
それに、くるみ割り人形の曲も。

小道具を使って遊んでみる。(^^;;;
DSC_1004.jpg
あれ、結構楽しいかも~。(^O^)