FC2ブログ
2019/07/22

大江湿原のニッコウキスゲと大昔の記憶

さ、冥途の土産に尾瀬、行きましょ~。と母をお誘いしたら
「足が痛いから、やっぱり行かない」と、あっさり振られてしまったので
おひとり様で、大清水から。
IMG_4490.jpg
一人なら、アイコマ再びか?と、準備を始めたけれど、栃木県南部に出た
竜巻注意情報にビビって、予定変更。じゃ、至仏山。
頑張って3時半に起きたのに、雨が降ってる。やる気スイッチOFF。

これじゃいけないと、5時に家を出て、とりあえず尾瀬に。
7時少し過ぎ、大清水第2駐車場。

700円で、低公害車利用で、歩けば1時間の道のりを
楽して10分で運んでもらい、一ノ瀬休憩所から。
DSC_1762.jpg
ここから歩くの、久しぶりだな~。

足元に咲く花は、かなり控え気味。
こんな子たちがぽつぽつと咲いていました。
activitymore-9CCE4A58-389D-4296-9B8A-448E89C1C3B9.jpg

三平峠のちょいと手前の展望地からは、赤城山の
向こう側にうっすらと富士山♪
DSC_1460.jpg
地蔵岳のアンテナも写ってるよ♪

思っていたよりもいいお天気で、あれれ、やる気スイッチを
OFFにしてしまったことを、ものすご~く後悔。(^^;(^^;(^^;

もふもふのお布団に寝っ転がったら、ふかふかで
気持ちいいだろうな~。
DSC_1481.jpg
びしょびしょになりそうだけど。(^^;(^^;(^^;

だらだら歩いて、ようやく尾瀬沼。
どこを切り取っても素敵な景色です。(^^)
DSC_1504.jpg

長蔵小屋無料休憩所近くの沼のほとり。
お気に入りの休憩場所のところにも、立派な
ウッドデッキの展望台ができてしまっていました。(T_T)
DSC_1505.jpg
でも、変わらずこの景色には会うことができてよかったよ。

展望台から三本カラマツのほうを見ると、をぉぉ、黄色い♪
DSC_1511.jpg

遠くから見ても、ニッコウキスゲがたくさん咲いているのが
よ~~~~く見えます。
DSC_1510.jpg
さ、さ、、、
ビタミンカラーの花園へ行きましょう~。

…でも、足が止まる。
DSC_1516.jpg
オダマキ。ぴかぴかだよ~。

テガタチドリもあちこちで満開♪
DSC_1521.jpg

あらっ。( *´艸`)
DSC_1527.jpg
や~、会えてうれしいっっっ。
今年は久しぶりに六十里越から登って下ってまた登る~♪
って言いながら、浅草岳まで行きたかったんだけどな。

もぉ、山小屋の花壇って、最高♪(笑)
DSC_1528.jpg
そういえば、初めてヒメサユリを見たのは、長蔵小屋の
花壇でだっけ。

ニッコウキスゲとカラマツソウは、とっても仲良しだね。(^^)
DSC_1533.jpg

ワタスゲは、旅立ちの準備を始めていました。
DSC_1548.jpg
風が吹くたび、あっちでひらひら。こっちでふわふわ。

大江湿原では、見頃を迎えたニッコウキスゲ。
シカの食害からキスゲを守るために、ネットを貼ったり
木道にグレーチングをおいたりして対策をしてきた効果が
やっと目に見える形で表れてきたそうです。
DSC_1581.jpg
「こんなにたくさん咲いたのは、5年ぶりくらいだよ」と
環境省のお兄さんも嬉しそう。(^^)

そういや、2013年に一面ビタミンカラーのキスゲを見に来ていたようです。
その時の記事→「尾瀬沼。湿原と森を満喫~

奥の方では、カラマツソウとヒオウギアヤメの爽やかコラボ♪
DSC_1780.jpg

見ごろになったばかりで傷んだ花も少なく、とってもきれいなニッコウキスゲ。
ツボミもまだ多く、しばらく見頃な状態が続きそうです。
DSC_1583.jpg
今度の週末、もう一回母をお誘いしてみようかな?(^O^;

アザミがどぅ~~~ん。
DSC_1589.jpg

浅湖湿原では、ワタスゲがぽあぽあ。
大江湿原のにぎやかさが嘘のよう。平和です。
もう、平和すぎ♪
DSC_1605.jpg

コバイケイソウは、ここではたくさん花を咲かせていました。
さて、南会津の、、、あのお山のコバイケイソウは、、、今年はどうかな~?
去年は、わりかしたくさん咲いていたのよねぇ。。。と、微妙に里心。(^^ゞ(^^ゞ
DSC_1614.jpg

あら、きれいな色のトンボ。
スリムなボディーに鮮やかなブルー。
DSC_1619.jpg
これが、オゼイトトンボって言うのかな?
尾瀬で見られるイトトンボは青いものが多いんだそうです。

微妙にお腹が空いてくるような香りがする。。と思ったら、やっぱり♪
DSC_1625.jpg
ギョウジャニンニクのお花はネギ坊主~。(^O^)

古い切株の上では、木の赤ちゃん。
かわいいね~。
ココに芽を出して、、、大きな木に育つのかな?
DSC_1640.jpg
大きくなってきたら、どんな姿になるんだろう。
地味に想像してみる。(^O^;

湿原を覗くと、足元のあちこちでサワランが花盛り。
一生懸命開いてるはずなんだけど、やる気あるのか~~~い?
って、聞きたくなっちゃうような、控えめな開きっぷり。
DSC_1647.jpg

大好きな、、、沼尻の休憩ポイントまでやってきました。
チングルマとか、ヒメシャクちゃんが残っていればラッキー♪と
思ったけれど、さすがにお留守なようです。(´・ω・`)
DSC_1652.jpg
いやー、沼尻の新しい休憩所。。。
自動販売機があるのよ。尾瀬のど真ん中に。
もぉ、びっくり。(^O^)

沼尻の湿原でのお楽しみは、かわいいかわいいヒツジグサ♪
DSC_1667.jpg
池塘にかわいい花がたくさん。
かわいいな~。もぉ、何度ものぞきこみます。(^^)

あっ、ここにもきれいな色のトンボ!
2匹で連なって、ヒツジグサの葉っぱに留まっては、何度も
卵を産み付けていました。
DSC_1691.jpg

帰りは、尾瀬沼の南岸を通って。
小沼湿原では、満開のハクサンシャクナゲ。
あっちでも、こっちでも、花つきがよくボリュームたっぷり♪
DSC_1701.jpg

ナガバノモウセンゴケが立ち並ぶ姿が、なんともシュール。(^O^)
DSC_1713.jpg
うすオレンジ色のニョロニョロが並んでいるようです。(^O^;;

帰り道。。大清水平に寄り道。
ちょっと急で荒れた登山道をひと登り。
途中、残雪期とか、ガスに巻かれたら帰りは迷子になれそうだな。
な~んて所を歩いていくと、いきなりあらわれる小湿原。
DSC_1724.jpg

あっ、トキソウ 咲きそう。
いや。。咲いてるし♪ って、自分に突っ込みを入れつつ~
たくさん咲いてたかわいいトキソウに、寄り道してよかった~♪と
またまたひと休み。
activitymore-013680EE-7148-4C65-BE94-1198C448B007.jpg
誰もいない木道に寝っころがってお花見してたら、目の前を
ヒキガエルが通り過ぎていきました。(^O^;;;

あっ、さっきまで山頂にガスがかかっていた燧ケ岳がまた見えた♪
DSC_1741.jpg

三平峠に戻る途中、木々の間から、三本カラマツと大江湿原。
初めて尾瀬に来たのは中学生の頃、三平峠越えで。
中学校の赤ジャージに白い運動靴。
で、ぬかるみにはまってぐっちゃぐちゃ~。でした。
DSC_1750.jpg
さて、その時の記憶がまだ辿れてないんだよね。
ということで、帰りは低公害車は使わず一之瀬休憩所から
大清水まで、旧道を歩いてみましょ。

な~んて思いながら、黙々と下山してたら、目の前に
たくさんのサザエさん。(^O^)
DSC_1754.jpg
わ~、こんなに大きなショウキランの株は、初めて見たよ。
ちょっと痛み始めてたけれど、薄暗い森の中でぱっと映えるピンク色。
行にはちっとも気が付かなかったな。
鐘馗様に見送られれているような気持ちになりました。
きっと次回もこの季節に歩けば、大きな鐘馗様に会えるね。(^^)

さて、ここからは、大昔の記憶をたどります。
初めての尾瀬は水芭蕉の季節に大清水から。
緑がいっぱいの森。
もう6月だってのに、雪が残ってる。
丸太の一本橋をドキドキしながら渡って、河原で休憩。
きれいな景色を見るのって大変なのね。が、当時の記憶。(^^ゞ

数年前、社会実験の低公害車利用で三平峠へ向かった時
へっ?丸太橋がないっ! と。
その後、その昔は、林道でなく、沢沿いに旧道があって、ここ最近
その旧道が整備され再び歩けるようになった。と知って、その機会が
巡ってきました。

緑いっぱいの森と、6月の残雪は、三平峠付近と尾瀬沼南岸で
確認済み。
さて、今回は、丸太の一本橋と、河原の休憩ポイントを探します。

泥濘の多い旧沼田街道。
昔の人たちは、ここを歩いて尾瀬を越え、檜枝岐で蕎麦などを仕入れ
また歩いて帰ったそうです。
そして、ここにまだ中学生だった私の足跡も残っているはず~。
DSC_1765.jpg
かなりよれよれだったと思います。(^^;;;;;

あっ、一本橋!!
こんな感じの橋が、もう1か所。
丸太ではなかったけれど、どうやら、キャーキャー言いながら1本橋を
渡った記憶はココでよかったようです。
DSC_1768.jpg
まぁね、、濡れた1本橋だったら、、、今の私には怖くて渡れないかも~。(^O^;

ジメッとした沼田街道。
朽ちた木道には、モフモフちゃんがいっぱい。
今はその木道脇を、ぬかるみ避けて歩かなきゃならない感じだけど
きっと、三平峠までのメインルートだったその当時はきっとこの木道
の上を歩いていたんだろうな。
DSC_1771.jpg
そして、河原で休憩・・・
の記憶は、どうやら、どこか、別の場所と勘違いをしているようです。

大きな 大きなトチの大木。
DSC_1776.jpg
旧沼田街道。
ふか~~い、ふか~~い森の中。
奥鬼怒林道に出たら、大清水の駐車場までもう少し。

さて、次は、大清水から鬼怒沼か?
しょーもないことを考えてみる。(^^;(^^;(^^;
スポンサーサイト



2019/07/15

25回目はちょっぴり手抜き(^^;

7月13日(土) 会津駒ヶ岳(界隈)
もぉ、いつの話よ。(^O^;;;;


で、何の手を抜いたかって・・・
山頂パスしちゃいました。(^^;(^^;(^^;(^^;
DSC_1320.jpg
記念すべき25回目の会津駒ヶ岳は、ようやく春が訪れた
駒の大池越しに半分映る逆さ駒ケ岳を見る! でした。(^^ゞ

駒ケ岳から中門岳へ続く神の稜線よりも少しだけ早く花の
季節が訪れる富士見林道。
そういやこの時期、歩いたことないなぁ。と、ずっと天気を伺っていました。

前の日の晩、塩原温泉付近を車で走っていた時には、空には
久しぶりにお目にかかるお月さまとたくさんの星たち。
なのに、檜枝岐に着いた時は、雨でした。(T_T)
DSC04504.jpg
朝には上がるかな?
そんな期待もあったけれど、御池登山口では、しっかり霧雨。

湿度200%くらいあるんじゃない? って程しっとりした空気。
気温が高くなかったのが幸い。

足元は、タニギキョウがポツポツ咲いているくらいで
後は、ぬたぬたの登山道。
時々現れる銀ちゃんに足を止めます。
DSC04535.jpg
駒の小屋ー大津岐峠までの富士見林道は割と整備されているけれど
大津岐峠ー御池の大杉林道は、結構ワイルド。
倒木が数か所。田んぼみたいにぐっちゃぐちゃな所は多数。
「ひょえ~」とか「うきゃぁ~」とか「ぐぇっっ」とか。
静かな山の中に、無駄な叫び声が響きます。(^O^;;

一つ目のピーク。大杉岳を過ぎると、足元にかわいい子たちが
現れ始めました。
み~~んな、水滴きらりんちゃんをくっつけて、ちょっと重たそう。
DSC04517.jpg
なんか、、、鼻水をたらしているように見えてならない。(^O^;

今年お初のアカモノに会えた~。嬉しいな~。
DSC04522.jpg

咲き始めのイワカガミの先っちょにも、まぁるく水滴きらりんちゃん。
このかわいらしさはたまらない。(^^)
DSC_1142.jpg

先月、尾瀬ではお祭り状態で咲いてたミヤマカタバミ。
登山口付近では、もう葉っぱばかりになっていたけれど、
標高が上がれば、かわいい子たちがあちこちに。(^^)
DSC_1127.jpg

をぉぉ、シラネアオイ様が登場したよ~。\(^o^)/
DSC_1129.jpg
途中、キヌガサソウの葉っぱは何株かまとまってあったんだけど
ツボミすらついてなくて、ありゃりゃぁ~・・・と。
シラネアオイ様のご登場で、そんな残念な気持ちはどこかへ吹っ飛んでいきました。

シマシマ模様のくるりんちゃん。(^^)
オオバスノキもあちこちに。
DSC04527.jpg
シマシマ模様のおちょぼ口な、クロウズコもたくさん。
次回の大杉林道は、ぜひ、秋の紅葉の頃だな♪ と。(^^)

しっとり透き通ったサンカヨウ。
落ちた花びらは、欠けてしまったガラス細工のよう。
DSC_1134.jpg
途中、サンカヨウの群生地もあったけれど、そこはみんな
花が落ちてしまって、すっかり実になっていました。

うわ~、水滴きらりんちゃん祭りだ~。\(^o^)/
DSC04529.jpg
ギョウジャニンニクが咲いている付近では、風が吹くたびに
ふわっと食欲をそそる香りが。

たちまちお腹が減ってきます。(^O^;;;;

大杉岳から延々と歩いて、そろそろ電発避難小屋が見えてきてもいいよね~。
なんて言ってたら、突然現れる人工物。
DSC04546.jpg
お腹へった~。と、ここでおやつタイム。

とか言ってる割には、落ち着きなく、あっちふらふら。こっちふらふら。
避難小屋の先の湿原では、ワタスゲの果穂ちゃんがしっとりと。
DSC04552.jpg
そのほかには、イワイチョウやニョイスミレもたくさん咲いてましたよ~。

登山道の両側には、ずらっとマイヅルソウ。
DSC04533.jpg


あら、ユキザサが水滴きらりんちゃんを抱えてる♪
かわいいな~。
DSC_1151.jpg
「雨の日は濡れるから外には出ないっ!」って思ってたけど
出ちゃえば、雨の日ハイクも楽しいね♪

見ごろを過ぎたマイヅルソウが、めちゃめちゃかわいい。
DSC_1153.jpg
一瞬、初めて会った花かと思っちゃったよ。(^O^;

こんな雰囲気のトレイルは大好き。
前回ここを歩いた時にも同じような場所で写真を撮っていて
思わず笑ってしまいました。
DSC04544.jpg

相変わらずガスはかかっているけれど、ちょっとずつ周りの
景色も見えてくるようになりました。
DSC_1145.jpg
太陽の光を感じるたびに、青空。かもぉ~~~ん。
って言ってみるんだけどねぇ。

しっとりとムラサキヤシオ。
まだまだつぼみもたくさん残っていてびっくり。
もう、7月中旬だよ~。(^O^)
DSC04514.jpg

薄日を受けて、水滴きらりんちゃんが透けて見えるようです。(^^)
DSC04570.jpg

どっちゃり アカモノ祭り♪
DSC_1183.jpg
大津岐山への登りがしんどくて、しばらく歩くの放棄。
足元にかわいい子たちがたくさん並んでたら、すっと通り過ぎてしまうの
もったいないし~。

な~んて、実は、かなりへばってました。
このままキリンテへ下ってもいいかな。。って一瞬思ったほど。(^^ゞ

顔をあげれば、をぉ、大津岐峠の大きな標柱。
前回、会津駒から御池へ縦走した時に、ちょうど柱を立てる工事を
してたのよね。
電発避難小屋からでも確認できたんだっけ。。なんて思い出しながら
思わず口元緩みます。
DSC_1158.jpg
景色の中に立つ大きな柱。これは、こちら側からじゃないと見えないのです。
キリンテ側から。富士見林道側からだと、いきなり柱出現。。になってしまいます。

咲きたてピカピカのシャクナゲ~。
薄日が差し始めて、ようやく、花咲く山の景色!に
出会えました。(^^)
DSC04574.jpg

待ってました♪ のハクサンコザクラちゃん。(^^)
DSC_1249.jpg
かわいいな~。
雪解けしたところから、次々に芽を出して花を咲かせる
準備をしていました。

かわいい子を前に、ひたすら、ひたすらひれ伏す。。。
DSC_1195.jpg
あれれ、ハクサンコザクラちゃんのホントの色って、どんなんだったっけ?
だんだんわからなくなってくる。(^^;

ウラジロヨウラクもかわいいな~。
DSC_1155.jpg

で、ようやく大津岐峠。
ホントなら、視線の先に燧ケ岳がど~~~ん。だけど、今日は雲の中。
電発避難小屋も鉄塔も見えません。
DSC_1206.jpg
数年前、グレートトラバース隊と遭遇した時も、こんな感じで燧ケ岳も避難小屋も雲の中。
1時間待ちで姿を現した燧ケ岳に大喜びの時に、ヨーキさんが現れてこりゃびっくり。でした。
さすがにこの日は1時間は待てないので(^^;ランチを済ませたら先に進みます。

この先は、何度も歩いてきた登山道~。
ちょっとココロに余裕が出てきました。(^^ゞ
DSC_1221.jpg

をっ、語り合うイワカガミとタテヤマリンドウ。
DSC_1239.jpg
会津駒ケ岳付近ではタテヤマリンドウは咲かないけれど、富士見林道では
タテヤマリンドウが花盛り。

見上げれば、ちょっぴり夏空。
青空見るの、久しぶりだなぁ。(^^)
DSC_1257.jpg
まだまだ、ようやく開いたばかりの葉っぱの色もとってもきれい♪

富士見林道も、ずっとシラネアオイロード。
笹藪に、こんなにたくさんのシラネアオイが咲くなんて、全然
知りませんでした。
DSC_1292.jpg

草むらには、はっとするほど鮮やかなハクサンチドリ。
日がさしてきて、その鮮やかさは、2割増しって感じ。(^^)
DSC_1286.jpg

木道脇では、咲きたてピカピカのチングルマ。
嬉しいな~。
程々に花びらも乾いてきて、蕊のぽわぽわもかわいい~♪
DSC_1238.jpg
木道に倒れこみます。(^^;;;;
みんなかわいいね~。
ひとつひとつのかわいこちゃんたちの顔を覗き込みます。(^^;;;

ほっぺが、ポッと赤くなったようなアカモノ。
かわいすぎ~!!!
DSC_1260.jpg

ちょっと離れた斜面の下の方では、シナノキンバイが花盛り。
ココは、もうちょっと季節が進むとお花畑になるところです。(^^)
DSC_1274.jpg

咲きたてのシャクナゲの鮮やかさに思わず目を奪われ~
DSC04589.jpg

今年お初のベニサラサさんに大喜び♪
DSC_1293.jpg
今年の会津駒ヶ岳は、シャクナゲも、ツツジの花も、ものすごく
花つきがいいんだそうです。
そういや、小屋前のサラサドウダンも、もう、花が鈴なり。(^O^)

小屋前のベンチで一休み。
2階で作業をしていたさゆり姉さまが、窓からひょっこり顔をだし
「あれぇ~。(笑)」と。その後、しばし立ち話。
DSC_1297.jpg
「途中、チングルマと会話してたでしょー。chikoさん、花と会話する人よねー」
と、散々いじられて(^^;
お土産のハーブティーを買ったら、池の周りをちょっとだけお散歩。

ホントは、やっぱり山頂行こうかな? と思っていたんだけど、
途中から膝が痛くなっちゃったので、今日は、山頂は見るだけ。

ようやく池の氷が融けてきました。
DSC_1302 (2)
ずっとずっと、完全に凍った池って、底の方から融けだして
最後は、表面に薄い氷が残って完全に融ける・・・って思ってたけど
池の中は、まだ凍ってます。
半分氷で半分水。
そんな駒の大池に青空が映ると、なんとも素敵な水色を見せてくれました。

山の神様にもごあいさつしなくっちゃ♪ と、雪の上をウロウロしてみたけれど
まだ、山の神様はすっぽり雪の中。
P1220323.jpg
あとちょっと経つと、ハクサンコザクラちゃんとかチングルマが咲く湿原
の付近をウロウロ歩き回ったら、下山です。

次回は、この先に、ど~~~んと燧ケ岳を頼みます。(^O^)
DSC_1341.jpg

帰りは名残惜しくって振り返りながら。
P1220355.jpg
視線の先のチングルマの群生地は、もうすぐ咲きそうな
ぷっくり膨らんだ蕾たち。
きっと今頃は、満開になってるだろうなぁぁぁぁぁ。

ようやく緑色になり始めたハイジの丘。
へぇ。こんなところにもハクサンコザクラちゃんが咲くの? と
とっても新鮮な驚きでした。

しっとりワタスゲがぽあぽあになるまでには、もうちょっと。
DSC_1357.jpg

森林限界のチョイ上のベンチ前の湿原でも
たくさんのハクサンコザクラちゃん。
DSC04581.jpg

へぇ、ここでも咲くんだねぇ。
なんか、この湿原は、キンコウカとかワタスゲとか
イワイチョウのイメージしかなかったよ~。
DSC_1348.jpg
かわいいな~。

大戸沢岳へ続く魅惑の稜線。
ついこの間まで真っ白だったのに、ずいぶん雪も消えました。
DSC_1355.jpg
あそこを歩くのは、また来年ね♪
それにしても、シャクナゲがどっちゃり♪

ここに来れば間違いなく楽しい1日が過ごせる。
そんな場所があるって、ホントにありがたいことだな。
DSC_1371.jpg
また再来週にでも。(^O^;;;

帰り道、真っ白なサンカヨウに見送られて
膝が痛くて横向き下山。(^O^;
水場から下が、ホントに長かったな。
DSC_1375.jpg
燧の湯によって、、、
「かどや」の前で心が揺れる。ちょっと辛い味噌ラーメン♪
ノンストップで帰っても、家に着くのは9時過ぎ。。。
あ゛~、でも、ここで食べたら、確実に途中で眠くなる。
と、ラーメン食べずに帰っても結局PAで仮眠しながら帰って
家に着いたの23時過ぎ~。いやいや、よく遊びました♪
2019/07/09

かわいこちゃんたちのお話

没ネタ救済っ!

濃いピンク色の花がたくさん咲いていた、バンダ プチブーケ。
定価で買うのはもったいない。(^^;
花が終わって、半額になったらお迎えしよう。。と、その日が来るのを
待っていました。
ようやく処分棚に並んでいたのを見つけて、連れて帰ってきました♪
IMG_4401.jpg
鉢から引っこ抜いて、古い水苔を外して、傷んだ根を切って
余っていた流木に括り付ける。
うまく活着して、来年の初夏にはかわいいピンクの花が咲くはず~。

あはは。とらたぬ~~~~。(^O^)

をっ、こっちでは7割引(笑)で買ってきたエピデンドラムに
高芽が出てる~。しかも、つぼみ付き。(^^♪
DSC_1054.jpg

じゃ、高芽を外して、新しく鉢に植えときましょか。
「増えちゃってしょうもないな~」とか言ってる割には、
実は、自分で増やしてる。。。とも言う。(^^;
DSC_1139.jpg
いっそのこと、小遣い稼ぎでもするか?

あぁぁぁ、とらたぬ~。(^O^;

ミスったのは、株分けした時に花の色の印をつけておくのを
忘れちゃったので、何色の花が咲くのかは、、、
花が咲くまでのお楽しみ~。

流木にしがみつくように根っこを這わせてる
一生懸命な姿がかわいいな~。なんて見てたら、
松島セッコクにつぼみがついてた~。\(^o^)/
DSC_1226_20190708231935410.jpg
瑞巌寺の杉の木に豪快にくっついてるセッコクを
先祖に持つ株。。らしいです。

見るたびにつぼみが膨らんでいって、明日には開花しそう。
花びらの端の所にピンクのラインが見えるから、きっと、白花
ピンクの縁取り。。そんな感じで咲くのかな~。
楽しみ♪ 楽しみ♪ (^^)


やる気スイッチOFFなお世話係に対して、やる気を出しているのが
チランジアさんたち。
お尻から根っこを出して、流木にしがみつこうとしています。
IMG_4404.jpg
モケモケテクトラムさんなんて、全然やる気なさそうだったから
フェゴ板明け渡してもらって、別の植物くっつけようと思ってたのに
あらあら、ぷちっと緑色の根っこ。あわてて板の上に戻しました。(^^ゞ

ピンクのフリフリちゃんの蕾もぐ~~~んと伸びて
もうすぐ咲きそう。
いやいや、多肉さんたちは、蕾が見えてから咲くまでが長い。(-_-;)
DSC_1259.jpg
でも、蕾なのに、、、なぜか、おじいさんをイメージしてしまう。(^^ゞ

むにゅっっ。。っと、なんか、生々しい。(^O^;;;;
コノフィツムって無理だわ~。って言ってる人たちは、この姿が
ダメらしいのよね。
DSC_1253.jpg
私は、、、なんか、植物以上のかわいさを感じてしまいます。(^^;
まさに、きもかわいい。(^O^)

夏の間、古い殻にこもってもらて、涼しくなったら水やり開始。
むくむく育って、古い殻からぱっかーーーん。
DSC_1255.jpg
そんな、初秋のお楽しみは、みんな夕立の仕業に持って
行かれてしまいました。
でも、殻から出てきたばかりの新しい葉っぱはつやっつや~♪

お気に入りのガラスの木。
DSC_1200.jpg

このガラスの木がキラッキラに撮れるようになったら、本家本元の
大きなガラスの木とガラスのススキを見に行こう。
DSC_1281.jpg


ココからはホントのホントの没ネタ救済。
親愛なるお天道様に愛をこめて~。

それにしても、おひさまは魔法使い。
同じ窓辺にあるものも、白く輝かせたり、黒く影にさせたり。
DSC_2152.jpg

朝、仕事に行く前に何気に見たら、ウスネさんのモケモケが
白く光って、まぁ、きれい。
DSC_1524.jpg
わぁ、きれいだな。。なんて、立ち止まって余計なことを始めるから、
禁じ手の高速通勤になってしまう。(^O^;;;

水を得たお魚さんたち。
どーも、性格が地味だから、こんなダークなお魚さんたちが
かわいいな~。と思ってしまいます。
DSC_2557.jpg
あっ、ここ、失笑する所です。‥…━━━ΣΣΣ ≡ヘ(*-ω-)ノ

傾き始めた太陽の光を受けて、キラッキラ~。
DSC_0958.jpg
って、コデマリの写真って、いつ撮ったものよぉぉぉ。(^^;(^^;(^^;
あっ、まだ、カメラが物珍しかった頃です。
今では、すっかり棚の上に放置。
高いおもちゃになってしまいました。

影までかわいい。( *´艸`)
DSC_0050.jpg
ベランダでかわいこちゃんに遊んでもらう時間は
瞬く間に過ぎていく・・・


さぁ、いよいよもって持ちネタがなくなったぞ。
あぁぁ、次の週末こそ山へ行こう。
・・・って、またしても雨かぁぁぁい。"(-""-)"