FC2ブログ
2019/10/30

会津駒ヶ岳  また来年♪

アンタも好きねぇ。(-_-;) と、思わず自分に突っ込みを入れる。
今シーズン最後の、アイコマ詣。
DSC05000.jpg
深夜1時に檜枝岐の道の駅に着いた時には、満天の
星空でした。
「をぉ、オリオン座♪」なんて、車から出て星空写真を
しばし撮っていたけれど、上着を羽織らなくても寒くない。
えぇぇ!?!? もう間もなく11月なんですけどぉぉぉ。
ホントに、今年の季節の進みは、いったいどうしちゃったんでしょう。

前日から、天気予報会社のサイトをいくつか、しつこいくらいに
確認していたけれど、予報は、いい方に転ぶことなく、むしろ
だんだん悪い方へ。
朝確認したら、10時ごろから雨降りの予報。
DSC04973_20191030233106267.jpg
う~ん。。どうしたものか。
七入りのブナ平も代替案として持っていたけれど、わざわざ車中泊
までして2時間の山くだりか・・・と思うと、なんとも気乗りがしない。

・・・って言うか、やっぱり私はアイコマへ行きたいのだぁ~~~~!!!
DSC04975.jpg
まぁ、6時に登りはじめれば、雨が降り始めるころには駒の小屋に着いて、
雨の中ツルツルと滑りながら下ればいいか。。。と、予定通り登り始める。

予想通り。やっぱりブナの森はとってもきれい。(^^)
森は超暖色~♪

ヘリポート跡付近の紅葉回廊は、どうかな???
あはは、すっかり葉は散ってしまってました。
DSC04977_20191030233109339.jpg

この日は、階段を上ったあたりから営林署の看板。
ヘリポート跡チョイ上に立つ、正広朋代のブナ付近までが
黄葉真っ盛り。
日は射さなくても、黄色に色づいたブナの森はキラキラ~☆
DSC04978_2019103023311027a.jpg

ブナの森からオオシラビソの森に植生が変わると、向かい側に
大戸沢岳の斜面が見えてきます。
をぉぉ、紅葉した木々の中でダケカンバの白い枝が何とも素敵だぞ~。(^○^)
DSC04986_20191030233112d3b.jpg

しっとり濡れた、イワショウブのドライフラワー。
手で触ったら、ふにゃふにゃでした。
DSC04993_2019103023311366f.jpg
って、そりゃ、そうよね。(^^;;;

お顔の池塘もワンダーランド。
DSC04995.jpg

いつ雨が降ってきてもおかしくないような空模様。
たま~~~~~~に、顔にぽつんと「あれ、降ってきた?」って感じに
雨粒を感じることはあったけど、幸い、雨は降ってきてません。
DSC04998_20191030233116ab3.jpg
駒の小屋では、ファイナリストの皆さんが、小屋締めの作業中。
神の稜線にご挨拶をして帰りたいところだけど、山頂付近の木道は
歩きたくないので、山の神様にご挨拶をしたら、富士見林道経由で
キリンテへ向かいます。

お天気が良ければ目の前に燧ケ岳がど~~ん。
で、どんどん小さくなる会津駒ヶ岳を振り返りながら歩く天空の散歩道。
コケないように、ず~~~っと足元を見ながら。
あれ、、富士見林道って、こんなんだったっけ? なんて一瞬思ってしまいます。
DSC05005_201910302331205ed.jpg
モフモフちゃんは、たっぷり水分でしっとり。(^^)
思わずなでくり回します。

さて、あのピークを過ぎれば大津岐峠。
ただひたすら、黙々と歩いて、CT通りに着ちゃったよぉ。
こりゃ、珍しいこともあるもんだ。(^○^;;;
DSC05012.jpg

毎年大津岐峠で大きなブーケを作っているミヤマリンドウ。
こんな姿で冬を越すんだね。
DSC05027_20191030233257965.jpg
葉っぱの色だけを見たら、これから冬になりますよ。。。とは
思えないような、鮮やかな緑色だね。

さてさて、携帯で天気予報を確認してみると、いよいよお昼ごろには雨が
降り出す予報です。
降られる前に、大津岐峠でランチ。
DSC05017_20191030233255fde.jpg
風が吹いて、雲が動くと、ちらりちらりと向かい側の谷の山肌が
見えてきます。
ん、、、ミラクル。。。。起こるかな???

ちょっぴりミラクルに期待をしながら、すこしだけ御池の方に進みます。
一応、大津岐山が最終ゴールってことで。
DSC05031.jpg
ちょっと進むだけで、新潟側から押し寄せるガスが大津岐山に
遮られ、視界がクリアになります。

振り返れば峠はガスの中。
大きな標柱だって、かすんでいます。
DSC05041_20191030233300921.jpg

あっ、ガスの切れ間から日光連山。
もうちょい右の方には、奥白根も見えています。
DSC05046_201910302333011a5.jpg
これで燧ケ岳まで顔を出しちゃったら、わたしゃ、持ってる女を
名乗れるんだけどなぁ。なんて、また、つまらないことを考えながら
燧ケ岳のお出ましを楽しみに待ってみたけれど・・・
これが精いっぱいの遠望でした。

ガスがぱぁ~~っと晴れると、目の前には暖色の森。
標高的にはほぼ同じなのに、場所によっては鮮やかな紅葉。。
でも、ちょっと離れたところでは、すっかり葉を落としている所と
分かれてるのが何とも面白いなぁ。と思ってしまいました。
DSC05049.jpg

見上げれば、ちょびっと覗く青空。
いよしっ、このまま青空、がんばれ~~~!!
なんて思ったけれど、風に乗って雨粒が飛ばされてくるように
なったので戻ります。
DSC05054_201910302333044af.jpg

6月にここを通った時には、雪田だった小湿原。
小さい湿原だけど、とってもいい雰囲気。
初夏にはハクサンコザクラちゃんがたくさん咲くそうです。
DSC05056.jpg
よしっ、次の富士見林道にシラネアオイが咲き乱れる季節にここへ
くるときには、キリンテから登って、この辺りまでちょいと寄り道してみよう♪

時間はちょうど12時ごろ。
乗りたいバスは15時少し前。
今年最後のアイコマ詣で。。ゆっくりゆっくり下山します。
DSC05058.jpg

途中、台風の影響で、登山道をふさぐように木が倒れてるところも
あったので、時間に余裕があってよかった~。
DSC05063_201910302335168b4.jpg
森の中の宝物を見つけた時に、ゆっくり立ち止まって見ることも
できるしね~。(^^)

キリンテのブナの森は、中腹よりも下がまさに見頃。
日がささなくても、森全体が暖色に包まれてました。
もぉ、空気まで黄色! って感じ。(^^)
DSC05072_20191030233518860.jpg

向かい側の山の斜面もきれいだな~。
DSC05085.jpg
予報通り、一時雨がぱらぱらっと降ってきて、こりゃ、雨具着なくちゃダメかな? 
なんて思ったけれど、ひどい降りにはならず、天気は回復してきました。

遠くの山並みは見ることができなかったけれど、これだけ見えてれば
紅葉を楽しむには十分でしょ~。
DSC05087.jpg

今年は、春からずっと、コシアブラの木にばかり目が行っちゃったな。(^^ゞ
来年も、よろしく頼みますね~。(^○^)
DSC05093_20191030233522937.jpg

青空、出てくるの。遅いっっっ!!!!
DSC05097_20191030233524d14.jpg

ブナの黄色い森は、登山口近くまで続きました。
DSC05101.jpg

キリンテ沢の両側も、いい感じ。
DSC05104_2019103023352714f.jpg
バスが来るまであと30分。
バス停で座って待っていると…う~~~~、寒いっ。
キャンプ場では、冬籠りの準備をしていました。

時間にやってきたバスに乗り込み、滝沢登山口まで。
途中、土石流の跡が見られました。
台風19号は、檜枝岐のあちこちでも被害を残したようです。

朝、トイレの所に車を1台デポしよう!って、連絡がつかずに
2台とも登山口近くの駐車スペースまで行ってしまったので、
バスを降りたら、最後に待っているのは、山登り。(^○^;;;
DSC05105.jpg
わ~、滝沢が、奥入瀬チックになってるよ~。(^○^)
疲れた足に、最後の急登はキクねぇ。と、ショートカットを通って約20分。
今シーズンのアイコマ詣では、これにておしまい。










スポンサーサイト



2019/10/22

今年も牛になった休日

お肉の味付けに乗っかっていたお味噌の焦げたところを
ご飯にチョンと乗っけて食べたら「おいしぃぃぃぃ~~~♪」
「ごはんおかわりっ!!!」と。(^○^;
IMG_4871.jpg
去年は北へ350キロだったからね。
今年は、南西に350キロ。
どう考えても、行動時間より車に乗ってた時間の方が長いよな。
ってことは、出たエネルギーよりも入ったエネルギーの方が多かった
(いや、日頃からそうだから太るんだ…)と、自分に言い聞かせた週末。
途中、更埴JCT付近から見えた千曲川は、広い河川敷に立っていた木は
なぎ倒され、遠くには、泥まみれになった車が見えました。(T_T)

で・・・
あらら、遠く離れた地で、まさか、想像の象に出会うとは思わなかったよ。
DSC_0388.jpg

陽明門も煌びやか~。
細かいところのひとつひとつも丁寧に再現されています。
もちろん、柱の模様が1本だけさかさまなところも。
DSC_0380.jpg
東照宮にある本殿、拝殿、五重塔など二十八の建物と、
鳥居などの附属物をすべて再現されてるんだそうです。
そだそだ。東照宮って、こんな感じで建物が並んでたね~。

「刀の跡の残る灯篭があったよねー」
「そりゃ、二荒山神社じゃね?」

・・・と、遠く高山の地で、日光のあれやこれやを前に盛り上がる。

眠り猫は、実物大の大きさ。
東照宮で見ると、なんか「ちっちゃ」って感じで、ぼーっと歩いてると
いつの間にか通り過ぎちゃったっ!ってなるけれど、あれれ、間近で
見ると、実は、案外大きいのねん。
DSC_0374_20191022224259857.jpg

春の高山祭って、一度見てみたいんだよね。
この、高山祭屋台会館では、実物の祭屋台が展示されてます。
DSC_0360_20191022224409221.jpg
秋のお祭りに使うやつだけどね~。(^O^;;;

これが高山の街の中を巡るんでしょ~。
なんか、想像しただけでワクワクします。(^^)
DSC_0370_201910222244128b0.jpg

で、なぜか、子供の頃から、お獅子に頭をはむはむされたい
という夢があった私・・・
DSC_0368.jpg
まだ叶えられてません。

桜山八幡宮は、とっても素敵な雰囲気の神社。
神社へ向かう通りのあっち側とこっち側から、
みたらし団子のい~~~~い香りが漂ってきました。(^^)
DSC_0346_20191022224407599.jpg
つい10日くらい前に行われていた秋の高山祭は、
この神社のお祭りなんだそうです。

境内では、ほんのり色づき始めた木。
DSC_0355.jpg

よい雰囲気だね~♪ なんて、のんびりお参りしてたら、
いきなり降ってくる雨。それも、笑っちゃうほどの土砂降り。
DSC_0373_20191022224414889.jpg

ホントは、古い街並みを散策しよう。。とか、飛騨の里で
合掌造りの古民家を訪ねてみよう。。とか、いろいろプランは
あったんだけど、駐車場から、アーケードのある古い町並み
まで歩くのすら嫌になっちゃうほどの雨の降りっぷり。
DSC_0390.jpg
ダメだこりゃ。。と、高山を後にします。

夜中まで、土砂降り。
貸切露天風呂をはしご~♪なんてしてたら、途中で大雨。
その振りっぷりは、湯船のお湯が冷めてくるほど。

明けて朝っ。
DSC_0421_20191022224550ef8.jpg
水滴きらりんちゃんを見つけて、思わずしゃがみ込む。

さてさて、ミルキーの中に突入します。
DSC_0428.jpg
ホントに、雲の中に吸い込まれていきますっ!! って感じ。

展望台の上は、晴れてたよ~。(ノД`)・゜・。
前回は、途中までいい天気だったのに展望台付近は真っ白で
ホントにがっかりだったからさ、嬉しぃ~。
DSC_0439_2019102222455372e.jpg
笠ヶ岳が見られれれば、それでいいよぉ~。
なんて言ってたけれど、雲海の向こうには、白山の頂上がちょこん。

で、西穂高がど~~~ん。
DSC_0444.jpg
やれやれ。
無事、リベンジできました♪

帰りは、ロープウェイの2階で。
乗ってしまえば、1階でも2階でも、おんなじ~。(^○^;
DSC_0450_2019102222455658d.jpg

紅葉もだんだんいい色に染まってきました。
DSC_0457.jpg
さて、飛騨牛の串焼き食べよ~~♪
と、売店に寄ると・・・
「食べていきますか? 持ち帰りですか?」と。
う~~ん、、、ここ、外だから、、、
どこからが食べていく人で、どこからが持ち帰り??
なんて、地味に売店のあんちゃんに絡んでみたりする。(^○^;;;


で、ホントは、ここから河童橋まで軽ハイキングの予定だったんだけど・・・
DSC_0463.jpg
時間切れにて車窓から~。
20年ぶりくらいに上高地。
うっすらと靄がかかって、、、
水面に立ち枯れた木が並んで映っていた。
いた、初めて来たときに見た大正池。
いや~、こんなきれいな景色の場所があるんだ。
って、心から感動したっけ。

それから時は流れ・・・
子どもたちが小さかった時に連れてきて「どやっ」って。
この景色を見て「わぁ~すご~~~~い!!!」と。
DSC_0471.jpg
当時幼稚園児だった息子は、夏休みのお絵かきに
何を描くんだろう。って見てたら、バスターミナル近くにあった
救護所のテントの絵を描いてたっけ。(^○^;

新穂高ロープウェイの展望台からは、ガスがかかっていて見えなかった
焼岳も、今は青空を背負ってくっきり。
DSC_0481_20191022224707de0.jpg

次は、やっぱり山岳リゾート地に小さな別荘を建てなきゃな♪
DSC_0484_20191022224709aac.jpg
徳沢でいいよ。(^○^;;;;

前日は雨降りだったから、猛烈に混雑してるんじゃないかな?
と、ビビっていた河童橋。
ちょっと拍子抜け。
DSC_0486.jpg
おかげで、ゆっくり山の景色を楽しむことができました。(^^)

五千尺キッチンでランチ。窓際の席に案内してもらえてラッキー☆
DSC_0487_20191022224712486.jpg
おなかいっぱ~~い♪
って言った数分後、、、外に出てソフトクリーム。( *´艸`)
ひゃぁ、おいしかった~。
河童橋のところのソフトクリームも、十分おいしかったんだけど、
じゃ、みんなが推してる徳澤のソフトクリームは、どんだけおいしいんだろ。

妄想族、、突っ走ります。

梓川沿いは黄色く色づく木が多かったけれど、
バスターミナルから見上げる山肌は、赤色が鮮やか。
DSC_0494.jpg
沢渡行きのバスは大行列。
今回は、平湯へ戻るので、スムーズにバスに乗車。

今回、一番黄葉がきれいだったのが、あかんだな駐車場の
植え込みでした。
DSC_0500.jpg
この日は、台風被害で佐久-碓氷軽井沢IC間が上信越道が通行止め。
軽井沢でどっぷり渋滞にはまって帰宅となりました。

あ゛~、やっぱり入ったエネルギーより消費したエネルギーのほうが
少なかった2日間になっちゃった。(^^;(^^;(^^;






2019.10.19~20.高山・奥飛騨温泉郷・新穂高ロープウェイ・上高地
2019/10/14

おさぼり隊は行く♪ そういえば草紅葉

10月10日。仕事をさぼって、、もとい、休暇をもらって会津駒ケ岳。
DSC_0125_20191014210732ed6.jpg
これを逃したら、今年の草紅葉は見られないものね。

・・・お休み、、もらっちゃおうかな?   わくわく
と思っていた時とか
・・・お休み、もらえるかな? ドキドキ
と思っていた時とか
・・・お休み、もらっちゃった☆  きゃはっ。( *´艸`)
とか思ってた時には、あそこに行こう、ここに行こうって
あれこれ思いめぐらしてたんだけどね。
やっぱり落ち着くところに落ち着きました。(^^;

例年なら10月15日ごろ、ブナの黄葉を楽しみに登りに来ている。
登山口付近は、まだまだ青々とした葉っぱも、標高をあげてくると
暖色に染まっていく。。。そんな感じだけど、今年は、まだ、ウルシの木が
時々ハッとするような赤色に染まってるだけ。。そんな感じ。
DSC_0082.jpg

あっ、かわいい子が実になってる。( *´艸`)
かわいいな~。
周りの笹はきれいに刈ってあるんだけど、かわいい子には
傷ひとつつけることなく・・・神の笹刈りです。
DSC_0083_20191014210914827.jpg

お気に入りの紅葉回廊。。。
まだ、紅葉してません。(^O^;
で、ちょっと、オオカメノキのボリュームがないっ。(^O^;
DSC_0084.jpg

前日の夜、どうにもこうにも眠くて、桧枝岐までたどり着けず
途中の田島の道の駅で車中泊。
で、朝、寒くて起きられずに、予定よりかなり遅れての歩き出し。
でも、その寒かった朝が嘘のように、ポカポカ陽気。
そして、背中の荷物が軽いって、やっぱり素敵♪

視界が開けてくるころになると、ツツジの木がとってもいい
色づき。
向かいの大戸沢岳の湿原も、金色の草紅葉。
DSC_0105.jpg

今年たくさん咲いていたイワショウブは、あちこちでドライフラワー。
赤い実が落ちた後、カサカサに残るんだね。
なんか、イワショウブの花後の姿。。初めてまじまじと見ちゃったよ。
DSC_0099_201910142109181dc.jpg

この景色を見ると、やっぱりキュン☆キュン☆しちゃいます。
それをっかり声に出して言っちゃうと、思いもよらない人に
聞かれちゃって、それをネタにかまわれちゃうからね。(^^;
注意、注意♪
DSC_0110.jpg

「ラン、ランララ、ランランラン・・・」
頭の中をぐるぐるめぐります。
DSC_0112_20191014210921ca6.jpg
「その者青き衣をまといて金色の野に降り立つべし」なんてセリフも。

それにしても、いい色だ~。
DSC_0113_20191014210923f54.jpg

ココから燧ケ岳が見えると、やっぱりうれしい♪
1か月前は、まだ青々としていた草原は、もう、すっかり
秋の装い。
DSC_0116_20191014210924547.jpg

振り向いてもいい眺め。
空気が澄んでいたこの日、富士山も見えていました♪
DSC_0123.jpg

小屋の前でお客さんたちを見送っていたさゆり姉さんと立ち話。
「昨日は、霧氷が見られたんだよ~」と。
あれれ、そういや、昨日は、、風は強かったけど、まだ、エアコンつけて
仕事してたよなぁ。。なんて思ったけれど、山の上では、季節は
少しずつ進んでいるようです。
DSC_0124_201910142115072cb.jpg
山の神様の付近の木々がとってもきれい。
黄葉が池に映りました。(^^)

ほんのり湿ってツルツルの木道をゆっくり登って振り返ると
大好きな景色。
DSC_0138_20191014211508366.jpg
今日は、見事に寝坊して富士見林道を歩く時間はないけど
向こうの湿原の周りのツツジの木もきっときれいだろうな~と。

山頂を通過して、さて、神の稜線散歩に出かけます~。
をぉぉ、一面金色。(^^)
DSC_0146_201910142115100fc.jpg

振り返って山頂方面。
焦げ茶色になっているあたりは、この夏、お祭り状態に
咲きまくっていたコバイケイソウの大群落。
DSC_0151_201910142115116ba.jpg

お約束のハートの池塘。
平日だし、、、貸切稜線だよね~♪ なんて思っていたけれど
ピンポイントの晴れの天気。
たくさんの人たちが、草紅葉を楽しんでいました。
DSC_0161.jpg

遠くにぽっかりと飯豊山。
あれれ、飯豊山って、こんなに近くに見えるんだっけ?
と、ふと思う。
DSC_0164.jpg
なかなか近づけてくれない飯豊山。
さて、行かないと、ホントに行けなくなっちゃうぞー。。。と思う。

それにしても10月とは思えない暖かさ。
朝の寒さは嘘のようで、今回は、上着もたくさん持ってきたのに
歩いていれば、ほんのり汗ばんでくるほど。
DSC_0166_20191014211639fd0.jpg

風もなく、すっきり水鏡な中門池。
時間はたっぷり。さて、どうするかな。
DSC_0168.jpg

木道がループしているところで一休み。
新しくベンチができてるんだけど、1年にして、もう、傾いてます。(^O^;
座り心地悪いんで、やっぱりいつもの古い木道の上で一休み。
DSC_0176_201910142116427e9.jpg
・・・からの、ゴロンと寝っころがって、ガチで昼寝。(^O^;

顔が日焼けしてるような気がして、あわてて飛び起きます。
顔が日焼けすると…イチジクになっちゃうからね~。(^O^;;;

イワショウブ。。ぱっか~ん。
DSC_0193_20191014211643851.jpg

コバイケイソウもぱっかーん。
DSC_0201.jpg
種を飛ばしたその跡は、カサカサになったところに
光が透けて、とってもきれい。

午後になって、さっきまで賑やかだった中門池の周りも
すっかり静かになりました。
お泊りだったら、まだまだのんびりできるんだけどな~。
DSC_0196.jpg
いやいや、今日、ここに来られただけでも幸せだ~。(^O^)

「色づく前にみんな葉っぱが落ちちゃったんだよねー」と言う
今年の紅葉。
きっと、この日鮮やかな色になってた葉っぱたちは、台風の風で
飛ばされちゃったんだろうな。
DSC_0219.jpg

午後になっても、女峰山に雲がかかりませんでした。
つるつる木道が怖いけど、帰りは山頂の巻道で。
DSC_0232.jpg
・・・って、午後は、木道、すっかり乾いていました。
いつもジメジメしている巻道だけど、ココの木道を乾かす
とか、、秋の爽やかな空気は最強です。

白根山もくっきり。
きっと、山頂からは大展望だったことでしょう。
DSC_0233.jpg

池の周りをひとまわり。
小屋番さんに、ご挨拶をしたら下山します。
DSC_0241_20191014212059532.jpg
「また、再来週~(^^)/」って。‥…━━━ΣΣΣ ≡ヘ(*-ω-)ノ

朝、思わず立ち止まった鮮やかなツツジの木。
午後になったら、その赤さが、一層鮮やかになったようです。
DSC_0247_20191014212101c43.jpg

透き通る葉っぱもきれいだな~。
DSC_0253.jpg

大戸沢岳の斜面。
きっと、次、この景色を見る時には、ダケカンバの葉っぱは
み~んな散っちゃって、暖色の森に、白い幹が模様のように
立ってる。。。はずだよ~。
DSC_0266_2019101421210357a.jpg
すっかり日当たりのよくなった森に、白幹が立ってる。。かな?

ヘリポート跡付近の紅葉回廊。
やっぱ、ココは、オオカメノキの赤がきれいだね~。
DSC_0275_20191014212105db5.jpg

帰り、水場にちょいと寄り道。
わぁ~きれい。思わず声が出ちゃったのは、ちょっとだけ
色が抜け始めた黄緑色の葉っぱがくっついたの木々。
DSC_0276_20191014212106b3e.jpg
平日にもかかわらず、結構下の方まで車が並んでました。

さて下山後は・・・
古町温泉で、ちょっとしょっぱい、赤い色のお湯のお風呂に
ふやけるくらい浸かって・・・(ちょいと時間調整♪)

うふふ~☆
アコガレだった菜華楼で晩ご飯~。
IMG_4847.jpg
そだ。。から揚げは、お土産に包んでもらって、
明日のお弁当にしよう。(^^)
途中、道の駅で「やっぱり温かいうちにお味見」
あ゛~、、、、食欲が止まらない。(^○^)








28
2019/10/12

かわいこちゃん達のお話(超駄文)

外は嵐。
昨日の帰り、スタンドに寄ったら、10台くらいの行列。
「もしかしたら、在庫がなくなっちゃうかも。入れられなかったらごめんね」
と、スタッフさん言われて、ちょいとビビる。
無事、給油を済ませ、もやしを買おうとスーパーに寄ったら、
あらら、棚にな~~~んにもないっ。
ならいいか。。と、持ったかごを戻し、何も買わずに帰宅。
テレビで繰り返し報道されてる豪雨の映像を見て
あらら、私の見積、甘すぎた? と、ちょっと心細くなる大型台風直撃の
三連休。もぉ、ただ、ただ、被害がないことを祈るばかり。

さて、それなら、没ネタ救済。
かわいいかわいい、私の扶養家族。全員集合~。(^O^)
(ほかにたくさん撮ったのに、保存せずに消してしまった
ことに気づき、劇凹みです。(ノД`)・゜・。)
DSC_1208.jpg
でも、、あれあれ、、なんか、一人だけ、違う子がいるよ。
あぁぁ、息子よ。
20年前のあなたの宝物を使ってこんなことをして遊ぶ
母を許しておくれ~。( *´艸`)
ニャッキ!さんは、息子の宝箱には戻らず、私のおもちゃ箱に
INとなりました。(^O^)

秋はメセンの季節なり♪
もぉ、このかわいい姿を見るために、1年、せっせと
お世話を・・・(いや、ほったらかしだけどさ)
DSC_0297_201910121545057ec.jpg

夏の間は、古い皮をかぶって休眠して、秋の訪れ
とともに、皮を破って顔を出し~
で、かわいい花を咲かせちゃう。
DSC_1097_20191012154506996.jpg

二つ並んでもかわいいな♪
DSC_1197.jpg
実は、チャウビニアエさんはいつも遮光ネットが足らずに
直射日光がバシバシ当たって、ちょっと雨が降っても濡れちゃって
って、あまり大切にしてなかったんだけど、、、
(m´・ω・`)m ゴメン…

夜咲きの安寿姫様は今年もいい香り。
咲き始めは、ぽちょっと小さい花だけど、これが
1週間開いたり閉じたりしてる間に、どんどん大きな
花になっていくのです。(^^)
DSC_1192.jpg

大好きなエクティプムちゃんもぱっかーん。
今年の夏は、1つの脱落もなく、たくさん増えました。
DSC_1232.jpg
今年は、調子に乗って植え替えは、、、しないぞぉぉ。

ルゴサさんは、、、
なんか、和菓子みたい。勿体なくて、食べられないね。
DSC_0022_201910121545147fa.jpg

秋偉さんは、、、バルタン星人がタンポポを持ってるみたい。
太陽の光が差し込むと、ナイスなバディーが透けています。
DSC_0027.jpg
カラフルなコノフィツムは、昼間しか咲かないので
今年もコノさんを従えて会社に行ってました。(^^;

窓辺には、幸せ~~~な時間が流れていきます。(^^♪
DSC_00400.jpg

秋になって、ランランちゃんたちも花を咲かせ始めました。
昼間、誰もいないベランダで咲かせておくのはもったいない。。
DSC_1001.jpg
この子も、会社へ連れていく。(わたしゃ、何やってんでしょ~(^^;(^^;)

そして、おととし100円で処分棚から救出してきた
ミリオンキッスも無事開花~。
DSC_0071_20191012154725934.jpg

ベランダでは、ひと夏中、ぽつぽつとセブンスターが咲き続けていました。
まだ、つぼみがたくさんついてるんだけど、もう、気温が上がらなくて
黄色くなって落ちそう。
この花が終わったら、今年のセブンスターはおしまいだね。
DSC_1136.jpg
挿し木にして、たくさん増やそう♪
どこに置くんだろう・・・(^^;(^^;(^^;

秋のバラもたくさん咲き始めて・・・
DSC_1006.jpg

今年は、梅雨が長かったり、7月に肌寒い日が続いて
絶不調だった熱帯スイレン。
今頃、機嫌よく花を咲かせています。
DSC_1090_201910121547313ea.jpg
朝、6時半ごろ花を開き始めて2時ごろには閉じてしまう。

で、スイレンちゃんが閉じたころ、花を開き始めるのが
クサハナビ。
DSC_0296_20191012154726ce8.jpg
天気が悪い。。との天気予報にお出かけせずに家でくすぶっていた
お彼岸の週の連休。
1日中ベランダ眺めてると、花たちが時間の流れを伝えてくれるよう。

9月のある日。
新聞チラシにタダ券が入っていたので、足利フラワーパーク。
今頃は、一面のモフモフカーペットになってるかな?
DSC_1245.jpg

いつまでも涼しくならないから、フラワーパークでも
熱帯スイレンがいつまでも元気いっぱい。
DSC_1241.jpg

わ、シャクナゲが狂い咲きっ!!
それも、あっちでもこっちでも。
DSC_1273.jpg

昼間のイルミネーション。。
じゃなくて、今年のイルミネーションの準備をしていました。
DSC_1237_20191012154847a21.jpg

そして、何より楽しみにしてきたのが、売店。
あ~~~、眼福。
IMG_4804.jpg
一番上のピンクちゃんは、うちのルイザエさんの
100倍のお値段がついていました。(^O^;

そして、、増税前に、ぽちっと。( *´艸`)
DSC_1277.jpg
お財布事情で、購入を諦めたデンファレが
おまけの1鉢でくっついてきて、嬉しぃ~。
さて、脱落者を出すことなく、自力で花を咲かせられるといいな~。


なんか、扶養家族、、いっぱい。( *´艸`)
2019/10/07

ドロップ撒いちゃいました☆赤面山☆

2019.10.5.赤面山。
笹原にカラフルなドロップを撒いたんだけど、どうやら
今年は、食いしん坊の神様が、イチゴ味とかオレンジ味の
カラフルなドロップをたくさん食べちゃって、ほうじ茶ラテ味とか、
抹茶味がたくさん残ってしまったようです。(^○^;
DSC_1460_20191007233752cc0.jpg
去年、リンゴさんとかネビルさんとかのブログで見せてもらった
赤面山の紅葉。
もう、その景色が、あまりにもかわいらしくて、今年の紅葉は
絶対にここっ!!! って思っていました。

白河高原スキー場跡へ向かう車の中。
那須連山の山頂付近には、それはそれは真っ白に輝く
発達した雲がはりついている。
あれれ、昨夜の雨は、実は那須では雪だったの?
なんて思ってしまったほど、なんか、真っ白な雪山のよう。
DSC_1416_20191007233801a13.jpg
平野部では、気温が上がる予報だったこの日。
那須に着けばお約束の強い風。
わ、また、今日も山をなめた格好で来ちゃった?
なんて思いながら、ひんやりした空気の中、ゆるゆると
登っていきます。

元ゲレンデの、、石がゴロゴロ。赤土がツルツルの
歩きにくい登山道(いや、実際には、まだ登山道には辿り着いてない)
を登っていきます。
ホント、、赤面山、、このゲレンデ歩きがなければねぇぇ。。と、
毎度ながら思ってしまいます。(^^;
DSC_1327.jpg
足元には、かわい子ちゃん。
わ~、センブリの花、初めて見たよ~。\(^o^)/
センブリブーケ。かわいいなぁ。
これが、何度煎じても苦い味がするなんて、
なんか、信じられない~。
そして、センブリの花の隣では、ゲンノショウコ。
旧ゲレンデは、絶賛生薬祭り。。って感じです。(笑)

なが~い1本目のリフト分を登り切り、今度は、ちょいと急な
2本目のリフト分を登ります。
標高が上がってくると、はっとするほど鮮やかに紅葉した
ツタウルシとか、シロヤシオとか。
DSC_1340_20191007233755f43.jpg
空気が入れ替わって、クリアな景色が見られるかな?
なんて思ったけれど、何となく霞んでいます。

でも、見上げれば青空。
当初の予報では、この週末もまたまたすっきりしない
天気の予報だったんだもん、この、青空の下歩けたら
そりゃぁ、嬉しいよねー。
DSC_1348_20191007233756629.jpg

なが~い、なが~い、ゲレンデ歩きを終え「入口」から
登山道に入って、しばしのブナやダケカンバの森を歩いて
そこを抜ければ、いい景色が待ってます。
DSC_1375_20191007233759b69.jpg
鮮やかに色づいたカエデ。
まぁ、強い風にさらされて、葉っぱはチョリチョリになっちゃったでしょ。
ってな木が多かったです。

ぱっと視界が開けたところからは、那須のオトコマエな
お山たちの姿が。
尾根の木たち。もっと色づいてるかな~? と思ったら
おやおや。まだまだ青々としています。(^○^;
DSC_1369.jpg
で、灌木たちの葉っぱは、、、あらら、残り少ないし。(^○^;

森林限界を抜けて、ド~~ンと視界が開けてからは
那須の爆風の洗礼を受けます。
それでも、赤面山の山頂から見える、中ノ大倉尾根まで
延々と続くトラバース道。その両脇は、ほうじ茶ラテ味の
ドロップが、笹原に撒いてあります。
DSC_1386_20191007234136c30.jpg
どこから見るのが素敵かな~♪
と、しっかり上着を着込んであっちウロウロ。こっちウロウロ。

ランチは、強い風を避けて、山頂から一段下がったところで。
激下りのところで風にあおられて、すってんころりん。
もぉ、アイコマでついちゃった尻もちの痛いのがようやく治ってきたんだから・・・
とどめを刺さないようにしなくちゃね。(^O^;;;
DSC_1394.jpg
ランチのお供は、この景色♪

この景色の中の、この部分の色がお気に入り♪
DSC_1424.jpg

時間がたって、光の具合が変わってきたところで
ちょっとだけ尾根の鮮やかさがアップしたかな~?
DSC_1391_201910072341380d9.jpg
今度は、延々とあっちの方まで、紅葉の海を
泳ぐように歩いてみよう♪

予報通り、お昼ごろには、さっきまで強く吹いていた風も
弱まってきました。
風が弱まれば、上着を脱いでも、もう、寒くはありません。
DSC_1381.jpg
冷え切っちゃった指先は、なかなか温まらなかったけどね~。

足元では、ちっちゃく秋色。
強~い秋の日差しに照らされて、葉っぱはピカピカ。
そして、透き通るよう。
DSC_1442_201910072341291ea.jpg
きれいだなぁ。(^^)

おや、コキンレイカがまだ咲いてる。
影までかわいい。( *´艸`)
DSC_1457_20191007234130420.jpg

すっかり風のやんだ赤面山の山頂。
今回も、那須だけの景色をまるっきり逆側から。
雄大な景色と、暖かな日差し~。
こりゃ、下山するのはもったいない。
そして、時々谷の方から吹き上がる暑い風。
下界では、この日は30度越えとなっていたようです。
IMG_2612.jpg
そして、真剣に…真剣に・・・
何をやっていたかと言うと

朝日岳をpush!! (^○^)
DSC_1463.jpg

さて、そろそろ下るよ~。と言われても、
まぁ、下りてしまうのがもったいなくて、
あっちフラフラこっちフラフラ。
IMG_2633.jpg
高いところがあれば、とりあえず登ってみる♪

なんか、東北のお山の紅葉を見ているような気持ちになりました。
DSC_1376.jpg
って、ココ、福島県ですから~。
東北ですから~。(^○^;;

朝、べったりとはりついていた雲はどこへやら。
抜けるような青空になっていました。
DSC_1499_201910072345228a7.jpg
でもね、夜からの天気の崩れを知らせてくれるように、
振り返ると三本槍岳とか旭岳には、またまた雲がかかり始め
奥那須の方は、一面雲海になり始めていました。

歩きにくい旧ゲレンデをぶつぶつ文句言いながら歩いて
最後は、ススキをかき分けて無事下山~。
DSC_1511_20191007234523a26.jpg
笹原と灌木が作り出すかわいらしい景色と雄大な
山の景色を楽しんだ1日となりました。

さて、やっぱり次は、これ???
DSC02206.jpg
ゲレンデ歩きがなければねぇ。(泣)


さて、那須の紅葉を楽しんだ翌日、母を誘って道の駅めぐり。
からの、草津方面。
朝、母を迎えに行った時は、土砂降りでした。(またか)
DSC_0003_20191007234519e3d.jpg
草津道路は、白根山方面、ガスで視界不良のため、通行止め。
仕方ないな。。と、30年ぶりくらいに万座ハイウェイ。
当時、片道1000円だった有料道路。
30年たって1070円になっていました。
をぉぉ、70円しか値上がりしてなかったのかぁ。って、感動
したらいいのか、それとも、30年たったのに、いまだに有料
道路なのかぁ。。と、がっかりしたらいいのか。(^○^;;

途中の牧場から。。
お天気が良ければ、きっと四阿山とか、志賀高原の山たちが
ド~~ンと見えるんだろうけどね、山頂付近はべったりと白い雲。
DSC_0004_20191007234520122.jpg
でも、青空の下、満開のコスモスがきれいだな~。

山田峠付近。ここの雰囲気。大好きなのです。(^^)
笹原に、背の低いナナカマドが赤く紅葉してポコポコとくっついてるはず。。。
DSC_0006.jpg
って、くっついてねぇし。(・・;)

でも、中央分水嶺。。妙に萌えるのよねぇ。

この日、白根山付近の紅葉は、万座プリンスホテルから上がカラマツ
ダケカンバの黄葉が見られて、殺生付近の谷間が赤く色づいていて
(とはいっても、駐停車禁止区間です~(T_T))武具の池付近は
落葉が始まっている。。ってな感じ。
それより下は、まだ、木々は青々。でした。

国道最高地点から、大好きな芳ヶ平を見下ろす~。
それまで、ずっとミルキーな景色だったのに、ココへ着いたころから
一気にガスが晴れてきました。嬉しぃ~。
おかしいなぁ。カラマツが黄葉して、ココでも、背の低いナナカマドが
ポコポコ赤いドロップを撒いたようになってるはずだったんだけどなぁ。
DSC_0013_2019100723451780f.jpg
ホント、びっくりするほど、秋は足踏みをしているようです。

この日、道の駅やら、直売所やらを巡って、高原野菜に
アップルパイ用に紅玉に、生食用のリンゴに、新モノの花豆に
たくさんお買いもの~。
母の「確か群馬の道の駅で買ったはず」と、探していたものも
見つかって、買い物ツアーは無事終了。
台風直撃の3連休。。せっせとリンゴを加工しましょうかね。(*_*;