2012/02/10

真壁のひな祭り2012

先週、NHKのニュースでやっていてずっと気になっていた「真壁のひな祭り」
行ってきました♪
筑波山のふもと。旧真壁町。(現在 茨城県桜川市)
古い街並みは、温かみを感じます。。。。。。。。が、

去年3月11日の地震で、その古い町並みは大きな被害を受けたそうです。
街のあちこちに、ブルーシートをかぶった家が…
s-2012.makabe 024

s-2012.makabe 006

街の人の話では、震度6の揺れは、山もゆっさゆっさと揺れていたそうです。

そんな中でのおひな祭りの開催。
ぶらぶら歩いていると「お茶飲んでって~~」と声をかけていただき、お茶をごちそうになっていると、「これ食べな~」「あれ食べな~」って、漬物や干しイモやおにぎりなんかも出してくださいます。
見ず知らずの方たちとも話が弾んで…
あれ、私って猛烈に人見知りじゃなかったっけ?
なんて、不思議な気持ちにさせてくれる場所でした。

古民家の中に足を入れると、ふわっと漂う火鉢の灰の匂い。
あっ、取り壊す前のおばあちゃん家の匂いだ。そんな懐かしい気持ちに…

時代を感じる100年前のお雛様。
s-2012.makabe 032

s-2012.makabe 022
着物の色もすごく鮮やか。
とても100年前とは思えません。

そして、江戸時代のもの。
s-2012.makabe 021
江戸後期。ってことは、近藤勇が元気に活躍していた時代かぁ。
幕末。水戸も戦乱があったはずだけど。土蔵が守ってくれたのかな??


歴史を感じるお雛様も魅力的だけど、本日のメインは、同行した母の一大ブームとなってるつるし雛~~♪
s-2012.makabe 004

s-2012.makabe 034

s-2012.makabe 030

s-2012.makabe 010
さてさて、参考になったでしょうか。おかーたま。(笑)

そのほか、生花で作ったお雛様とか
s-2012.makabe 029

ステンドグラスのお雛様とか
s-2012.makabe 015

酔いつぶれてるお雛様とか
s-2012.makabe 025

水戸黄門がいたり
s-2012.makabe 002

1年がかりで作成したっていうかやぶき屋根の中に入っていたり
s-2012.makabe 016

そのほかも、町中がおひな様だらけ。
s-2012.makabe 018

s-2012.makabe 001

s-2012.makabe 009

s-2012.makabe 033

s-2012.makabe 011

そして、どこの家におじゃじゃましても
「また来年も来てね~」って。

「ぜひお邪魔させていただきます」 おひな様も素敵だったけど、町の方たちも、ホントにありがとう。
寒い1日の暖かい街散歩でした。


家に帰って、思わずお雛さま。飾っちゃった。
もちろん、真壁で買った桜餅もお供え~。
明日のおやつ。(*^^)v
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

豪華絢爛!

「お雛様」素敵ですね。
そして、豪華絢爛!
竹のお雛様は、可愛いですね。
それと、つるし飾りのお雛様の中に「赤い人形?」がありましたよね?
あの「赤いお人形?」、岐阜の高山では「さるぼぼ」と呼んでいるものと同じような気がしました。
そして「赤いお人形?」って全国的にある様で、奈良でも見かけました。
素敵な「お雛様めぐり」でしたね。

どこかですれ違っていたのかも・・・

こんばんは。

初めて拝見させていただいています。
このたびはブログへのコメントありがとうございました。

同じようにお雛様を見ていらしたなんて、感激ですね。
写真の数々、素敵です。
そしたら、ステンドグラスのお雛様など、
いくつか見落としているものがありました。

できれば再度真壁に行って見てきたいと思います。

ありがとうございました。

素敵な街の素敵なお雛様でした

竹の中のお雛様。
まるでかぐや姫のようでしたよ☆

岐阜の「さるぼぼ」は有名ですよね。
お土産にもらったマスコットが我が家にもあります。
真壁の町でも、あの赤いお人形のこと「さるぼぼ」って呼んでました。
実は全国区なんですね~。

つるし雛を手作りされる方の話では、「さるぼぼ」をアレンジして、かえるを作ったり、タヌキを作ったり♪

来年からの、早春の楽しみが増えました。

いらっしゃいませ♪

訪問いただき、ありがとうございます。
夏雪草さんの写真からにじみ出て来てた、暖かい真壁の様子に感動して、思わずコメントの書き逃げをしちゃいました。v-356

古い蔵の町に飾られたお雛様。
それに温かい街の方たち。
ホントに素敵なところでした。
来年もぜひ訪れてみたいと思っています。
どこかですれ違えたら嬉しいですね。