2012/04/02

カタクリの里と梅林公園

s-katakuri402 004

過保護に育ててしまったことを反省しつつ、息子を調布の地に送り出して一週間。
とりあえず楽しくやってるみたいなので、ほっと一安心♪

今日は自転車で佐野市内のお花見スポットを回ってみました。

まずは、三毳山の北斜面に広がる、カタクリの群生地。
s-katakuri402 008

「万葉自然公園・カタクリの里」って、立派な名前もあるそうで…
コナラやクヌギなどの落葉樹の明るい森は、紫のじゅうたんを敷き詰めたよう。
s-katakuri402 009

三毳山は、むか~し、むかし。
万葉集の東歌にも詠まれているそうで…
「下野の三毳の山の小楢(こなら)のす まぐはし児ろは誰が笥(たがけ)か持たむ」
**下野の三毳山のコナラの木のようにかわいらしい娘は、だれのお椀を持つのかな(だれと結婚するのかな?)**

う~~ん、万葉時代の方って、情熱的ぃぃ。
s-katakuri402 010
普段は人気の少ない三毳山の北斜面も、、この季節だけは人の山。



そのあと、あまりに気持ちよかったので、唐沢山麓にある佐野市梅林公園へ。
車ならひゅんと通り過ぎてしまう道も、自転車だとじわじわ感じる、微妙な上り坂。

梅の花は見ごろを過ぎてしまったけれど、それでも辺りに漂う梅の香り♪
s-katakuri402 014

そして、山の木々は、芽ぶきを迎える直前。
s-katakuri402 015

s-katakuri402 016
真冬の固く締まった木の芽の色とは明らかに違う、ほんのりピンクがかった山の木々。
あと数日すると、ほんのり柔らかい緑色に変わってくるのよね。
そうすると桜の開花。
ピンクと緑の組み合わせ。私の一番好きな色の組み合わせの季節がやってきます。

今年の冬は、ホントに寒くて長かったけれど、それでもちゃんと季節は移り変わって春が来て、
それを肌で感じることができる。嬉しい♪


出かけたついでに、朝日森天満宮に、お礼のお参り。
s-katakuri402 017
天神様の隣には、息子が3年間通った高校があります。
今日も部活に励む元気な生徒たちの声が響いていました。

そして、ゲゲゲの鬼太郎おみくじがある布多天神の隣には、これから通う大学があります。
これも何かのご縁かしらね。
5日の入学式の後は、こちらの天神様にもお礼をしてこよう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント