2012/05/21

金環日食



nissyoku.jpg

写真はいただきもの。(^_^;)
我が家のお嬢が大学の寮のベランダから撮った、東京都清瀬市で見えた日食。

せっかくの天体ショーを写真に収めたいと、あれこれもがいてみたけれど
そんなことに時間を費やしていたら日食が終わっちゃう。
と言うことで、私は見るだけに徹しました。(*^^)v

私の住むあたりでも、7時を過ぎたころから、外がだんだん暗くなり始め…
「あれ、ついに曇ってきちゃったのかな?」と思って外を見ると、ちゃんと
太陽が出ている。
晴れているのに暗い。そんな不思議な感じを味わいつつ、7時15分頃からは
部屋に明かりをつけないとなんとなく薄暗い。という感じ。

そういえば、朝は元気にさえずっていたスズメの声がしない…。

テレビのニュースで、四国で金環日食が始まりました。
という声で、日食グラスを持つ手に力が入り…
時計を見ながら空を見て、7時33分。このあたりも太陽の輪っかができました。

近所の小学生も「うわ。やばっ。ちょーすげー」なんてはしゃいでいます。
太陽の光がさえぎられている数分間の間に、ずいぶん風が冷たく感じます。
やっぱりお天道様の力ってすごいんだなぁ。

天体ショーの時っていつも思うんだけど、流星群にしても日食にしても、
たとえ誰も見ていなかったとしても、音を出すわけでも、なんの自己主張を
するわけでもないのに、こんな素敵な現象が起きている。
言葉では言い表せない神秘な世界を感じるのでした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント