2012/08/09

栃木県民なら、一度は男体山!?

男体山登山で聞くうわさは、、、、、
中宮詞から登ると「ひたすらの登りで猛烈にきつい」
志津から登ると、「スタート地点が高いから登るのは楽だけど、登山道がすごく荒れている」

う~~~む。
表から登って、標高差1200メートルをひたすら登りきったら、達成感あるだろなー。
って気持ちと、男体山登ったって言うこと自体が大事なんでね? って言う気持ちが交錯。

前日の庵滝ツアーの、バス待ちの間に「明日男体山に登りたいんだけど、どっちから
登ったらいいのか悩みどころなんですー」と、ガイドの安倍さんに伺ってみると…

あっさりと「裏側からですね♪」と。
てっきり、二荒山神社でお札を受け取って。。。と来ると思っていたので、ちょいと驚く。
それだけやっぱりうわさ通りキツイのか。
はたまた、私の根性無しをしっかりと見抜かれてるのか。(笑)


日の出もずいぶん遅くなったので、4時半ごろから登り始めれば、真っ暗じゃないし、
途中でお日様が登ってきて、ご来光気分も満喫…の予定が、まさかの二度寝で大慌て。
外はすっかり朝の景色になっている5時20分ごろ出発~。

間もなく1合目
2012.8.6.7.iorinantai 076
その後も
2012.8.6.7.iorinantai 077

2012.8.6.7.iorinantai 082

2012.8.6.7.iorinantai 087

2012.8.6.7.iorinantai 091
…と、立っているので、ちょっとだけ心が折れずにすむ。
5合目まで来て「あと半分じゃぁ~~ん」と、実は、このあたりまでは余裕の笑顔。

まぁ、歩くのは決して速くないので、後ろから登ってくる人の気配を感じるたびに
お花の写真を撮る!という名の、休憩タイム♪  
先に行っていただきます。

初めは「実がなってるのかな?」と思った、かわいい花が咲いていたり
2012.8.6.7.iorinantai 080

赤い実がツルンとぶら下がっていたり
2012.8.6.7.iorinantai 081

動物の横顔みたいな木が立っていたり
2012.8.6.7.iorinantai 089

かわいいキノコが生えていたり…
2012.8.6.7.iorinantai 090

ちょっと進んじゃ、キョロキョロ。
そんなことをしているので、ますます遅くなる。(笑)
昨日教わった、コメツガの木の葉っぱをくちゃくちゃっと揉んで、香りをかいでみる。
針葉樹の葉っぱの香りって、ホントにいい香り。

6合目を過ぎると…
2012.8.6.7.iorinantai 093

男体山の頂上がずいぶん近くなってきました。
2012.8.6.7.iorinantai 094

しっかしまぁ。崩れてますねぇ。
2012.8.6.7.iorinantai 097
太陽の光を思い切り浴びて、地面からは湯気が上がっていました。

コケモモの実がなってる!
2012.8.6.7.iorinantai 099

そして7合目
2012.8.6.7.iorinantai 100
この頃から、お日様の光はどんどん強くなってきました。
そして、足元の土の色も、粘土質の土の色から、火山灰が積もった土の色へと変わってきています。

途中、1か所だけ、「足を滑らせたらヤダな~」と言う場所を通過。

木々の間から、ずいぶん視界が開けてきました。
2012.8.6.7.iorinantai 101
太郎山。カッコイイ!!

子供の頃、家にあった地図に、太郎山の山頂にはお花畑がある。と書いてあって
しかも、佐野からでは男体山の陰に隠れて、その山の姿を見ることができない。
そんなことから、ちょっと魅力的で、憧れのお山だったりします。

8合目~。
2012.8.6.7.iorinantai 105
このあたりで、狭い登山道に赤茶色の岩がはまっていて…
どしたらいんぢゃぁ~い。となっています。
そんな時は、転ばぬ先の杖より2本の逞しい腕の方が便利!?(笑)

足元には、ダイモンジソウが咲いていたり
2012.8.6.7.iorinantai 103

下の方では、すっかり花が終わってしまっていたゴゼンタチバナも…
2012.8.6.7.iorinantai 106
標高が上がれば、まだ元気♪

をっ、白根山が見える☆
2012.8.6.7.iorinantai 107
そして、湯の湖も…。
昨日のかわいらしいご夫婦は、まだ夢のなかかしらん?
なんて、大きなお世話なことを思いながら、キョロキョロ見渡してみるけれど…

愛しの燧サマは雲の中~

相変わらず、写真撮影と言う名の休憩。続行中♪
2012.8.6.7.iorinantai 110

2012.8.6.7.iorinantai 111

それにしても、美しすぎる青空。
2012.8.6.7.iorinantai 116
もぉ、なんで昨日、こういう青空じゃなかったんだよーーーー!!!!!
…と、ちょっと悔しいっっ。

9合目を過ぎると、やっと緩~~い稜線に出ました。
2012.8.6.7.iorinantai 117
ただ、通り抜ける風は結構冷たい。
6合目あたりでわたしを追い越し、下山される方にすれ違いました。
しっかりフリース着てるし。山頂、寒いのかぁ…
(実は、夜中にフリースを着たのでリュックに入っていことに気付き、1人慌てる。)

火山灰の土壌でもしっかり花を咲かせる高山植物。すごい…
2012.8.6.7.iorinantai 121

そして、いよいよ男体山の頂上に到着~☆
2012.8.6.7.iorinantai 125
本当は、空に向かって剣が立っていたそうですが、折れちゃったんですって。


…にしても、息子が4年生の時、長竹大先生様に
「男体山はにしがはちだよ~~ん(2,484m)って覚えるんだよ」って教わってきたんだけど
2,486mなんだね。山が伸びた??(笑)

山頂のところにも、かわいいお花が咲いていました。
2012.8.6.7.iorinantai 128
逞しいねぇ。

さて、裏からの登頂でしたが、やっぱり二荒山神社奥宮にお参りしなくちゃ。
2012.8.6.7.iorinantai 130
無事に山頂に着いたこと。
昨日は庵滝が見られたこと。
そして、来るたび来るたびに奥日光の魅力に触れられることに感謝をしながら手を合わせ…

いろんな方のブログで目にした「二荒山大神」
2012.8.6.7.iorinantai 131
なんともシュールな… いや、神々しいお姿(笑)

景色のよさそうなところを陣取り、今日、二回目の朝食タイム~。
をっ、西ノ湖が見える♪
2012.8.6.7.iorinantai 134
昨日歩いた庵滝ってどのあたりなんだろう…
中国の水墨画みたいな二つの山って、上から見たら、どこなのかなぁ~。なんて探してみるけど
結局、場所の想像すらできませんでした。

戦場ヶ原も、青空なはず。雲の形が陰になってる~。
2012.8.6.7.iorinantai 137

そして、山の上から眺める中禅寺湖。
2012.8.6.7.iorinantai 138
湖の色って、こんなに青いんだねー。
実際に目に映った湖は、もっと、もっと深い青でした。
八丁出島は雲の中。。。

…をっ。姿を現した\(^o^)/
2012.8.6.7.iorinantai 141
水鏡になって、半月山が映ってる。きれい…

まったりしてると「すみません、シャッターを押していただけますか?」と。
渡されたカメラは、懐かしのフィルムの。しかも、フィルムを手動で巻くというカメラ。
ファインダーをのぞいて写真を撮る。なんてことを、すごく久しぶりにしました。
上手に撮れてればいいんだけど…。

さて、お昼すぎは戦場ヶ原を歩きたいので9時半ちょっと前には山頂出発♪

山頂のお社の横には、鐘が…
2012.8.6.7.iorinantai 129
慣らしましたさ。3回も。


だって、「良縁の鐘」って書いてあったんだもん。
欲張りすぎはダメよ。と、天からの声が聞こえてきそうだ…。

帰り道。ずっとこんな穏やかな下りだったらいいのに…
2012.8.6.7.iorinantai 142
あっちでズルズル。こっちでドッコイショ。と、おっかなびっくり下山。

12時には、次の戦場ヶ原お散歩に向けて赤沼自然情報センター着♪
2012.8.6.7.iorinantai 143
それにしても、3時間前にはあの山の山頂に立っていたのが、今はこうして下から見上げている。
なんだか、とっても不思議な気分。

ただ、登ってみて、見上げる景色もいいけれど、見下ろす景色もいいんだな…と。
戦場ヶ原のバックに立つ山。だけじゃないんだぞっ。と、なりましたとさ。

いつか、山頂からのご来光を拝むぞっっと。(^^v
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

裏から登った方が

表は作業道路なんかがあって、裏からの方が自然を歩く気分がすると思います。
志津林道開通したのは知りませんでした。
キノコは多分ヤマイグチで、白樺林等に出るイグチです。
コメツガの葉は良い香りがするでしょう。
この香りがコメツガに出るマツタケに移るので、コメツガマツタケは高級品とされています。
もうそろそろ季節なので頑張らねば...

はじめまして(…でしたっけ?)
いつもブログを拝見しているので
初めてだったか…

男体山、いいですね。天気が良いのか、
中禅寺湖の色がとてもきれいですね。
私は飲み会の次の日に表から登って
死にそうだった記憶があります。
花もけっこうたくさん咲いてるんですね。
花を見る余裕もなかったので、次は
のんびり楽しみながら登りたいなと思い
ました。

ブルさん。はじめまして(…ですね。たぶん)

私も、いつもブルさんのブログを読ませていただいてるので、
なんとなく「はじめまして」でないような気がするのですが…(笑)

男体山から見下ろす中禅寺湖の青色は、ホントにきれいでした。
青のグラデーションになっているところも。
そして、日光って、深い森を抱えてるんだな。って。

今までは男体山は見上げる山。でしたが、
登ってみて変わりました。
お花は、季節季節であれこれ咲いてるみたいですよ。

ブルさんの山登り記録。こっそり参考にさせていただいてます。(^^)/

Re: 裏から登った方が

表から中禅寺湖を眺めながら登る。って絵柄も憧れちゃうんですけどねっ☆

実際に裏側から登って、展望は聞かないところが多いけれど、それでも、
深~~い森を眺めたり、かっこいい太郎山がいつも視界に入って、なかなかグーでした。

志津林道は8月4日に開通したそうです。

私は絶対コメツガよりカラマツ派ですが…(笑)

コメツガの香りのマツタケ…
想像しただけで、おいしそうですねっっ。