2012/08/15

劇団四季のオペラ座の怪人はやっぱり凄い

120814_1759~01

初めて「オペラ座の怪人」を見た時のファントム役は、あの市村正親さんでした。

あの色っぽーい、ミステリアスな歌声に、感動すると鳥肌が立つんだ…

そんな経験をして以来、ミュージカルにはまり…


昨日は、久しぶりにお嬢とオペラ座の怪人を見に、汐留の四季劇場 海 へ。


この日のファントムは、高井さん。
大好きな「マスカレード」
華やかぁ。これぞミュージカル♪

そして、ラストの「「わが愛は終わりぬ~~夜の調べとともに~~~~」
う~ん。切ないねぇ。
繊細過ぎるがために、追い詰め、追い詰められ自分の首を絞めてしまう。

う~~~ん。胸がキュンキュンしちゃうねぇ。

パーカッションをやっているお嬢は、開演前。休憩時間。そして、終わってからも
オケピの奏者の人をガン見してたら、「なんだこいつ」って顔して逆に見られた。
と、喜んでおりました。


お盆だってのに、帰省もせずにチャラチャラお江戸で過ごすわが子たちよ…
楽しい学生生活をお送りくだされ(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

山以外のコメントは控えようかな...と思ってましたが、ミュージカルは別。(笑)
私もミュージカル大好きで、劇団四季のオペラ座の怪人は、随分前に確か赤坂ACTシアターで見た記憶があります。
一番好きなのは42nd streetで、10年位前にNHKでブロードウェイミュージカルの日本公演(ゲネプロ)の放送をしたことがあって、そのビデオテープは擦り切れるほど見ました。
後の日本公演を見た時は、待ち望んでいたのでオープニングで涙がでましたね。
娘さんがオーケストラピットを覗く気持ち、私も覗きこんでいましたのでよ~~くわかります。

赤坂ミュージカル劇場ですねっ☆

>モモクリさん

どうぞどうぞ。絡んでいってください(笑)
私にとって、赤坂の劇場は「美女と野獣」の思い出がいっぱいです♪
ミュージカルを見た帰り、あの長い階段を夢見心地で下りていくと、大体コケる。という、オチ付き。e-330

ミュージカルを見てくると、しばらくその曲たちが頭をめぐり…
夜勤の巡視中「静かに広がる闇  心も胸もときめく やさしい夜、やすらぎの夜…」と熱唱。e-330


って、ちっともやすらぎの夜じゃなかったよ。昨夜の夜勤。e-451