2012/09/14

燧ケ岳に会いに行く(はーと)(2)

御池を出発して約3時間半。
なんとなく、人の話し声が大きく聞こえるようになってきました。
ひと登りして、目の前に現れたのは、尾瀬沼~☆
2012.9.12.hiuchi 040
燧ケ岳、一つ目のピーク俎嵓(またいなぐら)に到着です。やった~~~。\(^o^)/
ガスが上がってくるより早く、山頂に着きました。うれし~~~~ぃ。

沼尻(と書いて、ぬしりと読む)の湿原も見えます。
木道までもがくっきり。
去年の秋、母と沼尻の湿原を歩いてヒツジグサの紅葉を見たんだっけ。
沼尻の休憩所で売っている長蔵小屋の大福は、、、、、、、、とっても美味。
2012.9.12.hiuchi 041
足元を見て、せっせと登ってる間はじっくり眺める余裕がなかったけど、山の木々もゆっくり紅葉開始中。

俎嵓の山頂には、小さな祠が3つありました
2012.9.12.hiuchi 043
3つの祠それぞれに日本酒がお供えしてありました。(それも、尾瀬の地酒)
山の神様は、飲兵衛なのか!?!?!?(笑)

燧ケ岳で一番高いピークの柴安嵓(しばやすぐら)。
山肌を添うようにバンバンガスは上がってくるけど…
急なガレ場を降りてもう一度登り返さなきゃならないけれど、尾瀬ヶ原を眺めたい。
・・・ってなことで、柴安嵓を目指しましょう。
2012.9.12.hiuchi 044
柴安嵓へ向かう途中「30人のメンバーを連れて尾瀬縦走中」と言うおじさんに
「天然のブルーベリーがなってるよ!」と教えていただいて、3粒味見。
園芸種のものよりも粒が小さくて、酸味は強め。
でも、香りはしっかりブルーベリーでした。
それにしても園芸種のブルーベリーはフカフカの土に植えるのに、野生種はこんな岩地で
育つのね。やっぱり天然物は逞しい…。

柴安嵓に着きました。燧ケ岳の一番高い場所です。
2012.9.12.hiuchi 046

そして、尾瀬ヶ原を眺めましょう。
広い湿原。まっすぐに伸びる木道。
ちょっと靄がかかってきちゃったけど、どうやら間に合いました。
2012.9.12.hiuchi 052

夏に登った至仏山もよ~~~く見えます。
そして、至仏山の脇にちょこっと出ているのが笠ヶ岳。
この笠ヶ岳。水上高原スキー場の一番上のリフトを降りて、ちょっとだけ歩くと
至仏山とこの笠ヶ岳がとっても良く見える場所がありました。
かわいい山姿。ずっと気になってたけど、見る山から「登ってみたいな~」と思える
山に変身しました。
2012.9.12.hiuchi 049

尾瀬ヶ原の左の方を見ると、夏に歩いたアヤメ平の湿原。
白根山の方に目をやると、鬼怒沼だったら嬉しいな~。と思える山上の湿原。

山のあちこちに湿原が見えます。
尾瀬の山って水が豊かなんだな~。って思いながら、それでも、どうやって山のあちこちに湿原ができたんだろ。
ちょっと不思議な気持ちでした。

尾瀬ヶ原を眺めながらお弁当~。

そして、またまた景色を眺めて、、、、、、、幸せだ。
2012.9.12.hiuchi 056

いつの間にかガスに包まれ、視界がなくなってしまった燧ケ岳。
雨が降ってくる前に下山を開始ましょう。


俎嵓から、ミノブチ岳へ下りる途中、大きな岩場があります。
前を向いて歩くのはとっても怖いので、後ろ向きで一歩ずつ下りてきたら、岩陰で動く物が…
オコジョです。
下りるのが必死だったけど、でも写真に撮りたい。
結局、あまりのすばしこさに写真はまともに撮れなかったけど…
ホントに顔の真ん前にオコジョが現れた時は、かなり衝撃的な出会いでした♪
オコジョ自身も…びっくりしただろうなぁ。。。

この後、延々と樹林帯を降りて行くのです。
ミノブチ岳の山頂から見える会津駒を楽しみにしてたけど、辺りは真っ白。
残念~。

足元にはシラタマノキ~。
2012.9.12.hiuchi 055
実は、これを見つけたら、試してみたいことがあったのです。
この、かわいい白玉を指でプシュッっと潰すと・・・
ホントだ~☆ サロメチールの匂いがしました。\(^o^)/

…って、1つ潰しちゃって、ゴメンね。

赤く実ったゴゼンタチバナの実。
2012.9.12.hiuchi 058


うわぁ、なんてとげとげしい葉っぱなんでしょう。
葉の縁にたくさんトゲが生えている。ってのは見たことがあるけれど、
この葉っぱは、葉の表面にたくさんトゲが生えてました。
2012.9.12.hiuchi 059

幹を見てみると…
2012.9.12.hiuchi 060
これまたトゲだらけ。
うひゃぁ、間違って触れたら痛そう。

ぬかるんだ道を歩いていたら、木々の間から、金色に輝く開けた場所がだんだん
見えてきました。
浅湖湿原までもう少し♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。
燧ヶ岳、行ったんですね。ガレ場の写真を
見ましたが、やっぱり雪があった方が登り
やすそうです。
柴安嵓は雪の斜面で4本のアイゼンでは
とうてい登れそうもなかったのであきらめ
ました。今度登り直さないと。尾瀬を上から
眺めるのも気持ち良いですよね。
長蔵小屋の大福、おいしいんですね。私は
暑さに負けてガリガリ君を食べてしまいま
した・・・。

一切経山より先に行っちゃいました♪

>ブルさん

はい。ついに燧ケ岳。登っちゃいました。
長い距離を歩くのに慣れているうちに登っちゃった方が、
酷い筋肉痛に苦しまずにすむかな?って。(笑)
「御池からの登山道は距離も長くて大変!」と
ガイドブックには書いてありましたが、景色が素晴らしく
楽しく登ることができましたよ~☆
残雪の頃は、ガレ場の先のトラバース。怖くないですか?
柴安嵓からは、ホントに尾瀬ヶ原に吸い込まれるようでした。
ほんの30分歩くだけで、こんなに景色が違うものか…って。
次はぜひ♪
私も、季節を変えてまた登りたいな~。と思っています。

長蔵小屋の大福は、実は冷凍のものなんですけどね(笑)
それでも、疲れた体に小豆の甘さは沁みますよ~。

それにしても、御池まで、遠いですね。(^_^;)