2012/09/16

尾瀬沼越しに燧ケ岳を愛でる

さてさて、長い樹林帯を黙々と下るのは結構しんどいです。
しかも、霧で視界はきかず、足元は泥だらけ…と。

やっと尾瀬沼のほとり。浅湖湿原に出ました。
2012.9.12.hiuchi 061

後ろを振り返って燧ケ岳の方を見ると…
2012.9.12.hiuchi 064
山のお姿は、全部雲の中。
そりゃぁ、ひたすら霧の中を降りてきたんだもの。見えたらびっくりしちゃうよね。

まっすぐに続く木道。
足元の湿原の草紅葉と、林の中の笹のピカピカ光る緑。
なんともきれい。
そして、木道が森に吸い込まれていく様子もいい感じ♪
2012.9.12.hiuchi 065

三本カラマツがシンボルになってる大江湿原。
このあたりは7月の末に訪れるとニッコウキスゲがとってもきれいな場所♪
2012.9.12.hiuchi 088

大江湿原を過ぎ、尾瀬沼ビジターセンターに行きましょう♪
ビジターセンターに入ったところのカウンターの上には、、、、、、、
2012.9.12.hiuchi 080
ヤマネの冬眠姿(イメージ)

すごくすごく、野生のヤマネを見てみたいのです。
ビジターセンターのスタッフの方に話を伺うと、とにかくすばしこいから
見つけるのはなかなか大変だよー。と。
オコジョだってなかなか見られないんだから、とりあえず良しとしなくっちゃ。
と、言われ…(笑)

オコジョを、いつ、どこで、どんな状態で見かけたか報告すると、
こんな「オコジョ発見証」って言うのをくださいます。
120913_1131~01
「写真が撮れなかったんです~」って、ボケボケの、何がしたかったのか分からない
ような写真を見せたら、スタッフの方に「みんな、そんなもんだよ」と笑われてしまいました。

2012.9.12.hiuchi 084
そして、地図上のどのあたりで見かけたか、日付を書いたシールを張ります。
やっぱり燧ケ岳山頂近辺で見かけた方が多いですね~。

そのほかにも、沼尻とか、ビジターセンターの近くにもシールが貼ってありました。

そして、この日、尾瀬沼ビジターセンターで、私には大切なミッションが…(笑)

ビジターセンターで、「KER(カエル)総選挙」と言うのをやっていて、
この間、中禅寺湖ナイトハイキングで恋してしまったツチガエルの票が、いまいち伸びてない。
これは、一票を投じてこなければ…。(笑)
と言うことで、緑のシールを1つ貼ってきました。
2012.9.12.hiuchi 082
そりゃぁ、モリアオガエルがかわいいのはわかるけどさっっ。

妙に愛嬌のある両生類の展示を見て長蔵小屋奥の、尾瀬沼のほとりのベンチに行きましょう。
尾瀬沼越しに燧ケ岳が見られる、お燧さま。観賞ポイント♪

まずは、沼の向こうに見える浅湖湿原~☆
2012.9.12.hiuchi 089
草紅葉がきれい。金色に見えました。

そして、沼の向こうの燧ケ岳~。
下山直後はすっかり雲に隠れていた燧さま。堂々とした姿を見せてくれました。
どこから見てもかっこいい…
2012.9.12.hiuchi 090

長蔵小屋前の水場で、おいしい尾瀬の湧水をいただきます。
う~~ん。冷たい。コップで2杯飲んだところで、ふと視界に入ったのがきれいなトリカブト。満開♪
2012.9.12.hiuchi 092
・・・・・・・・・・・・・・・猛毒なんだよね。根っこにも毒があるんだよね。
大丈夫かぁ!?   
いや、大丈夫だから水場として使ってるんだけどさ、さすがにペットボトルには汲めなかった(笑)

トリカブトの花って、昔の外国の兵隊さんが細長いヘルメットをかぶってるみたい。

燧ケ岳上空の雲はすっかり消えました。
いくつものピークがある山だってのがよくわかります。かっこいいなぁ…
2012.9.12.hiuchi 095

最終バスに乗り遅れちゃったら大変だから、そろそろ帰りましょう。
笹の緑と、シラカバの白い幹がきれい…
2012.9.12.hiuchi 097

尾瀬沼。三本カラマツ。ばいばい。また来るねー。
2012.9.12.hiuchi 100

名残惜しくて、何度も振り返っちゃいます。
あんなに小さくなっちゃった…。
すごい充実。
2012.9.12.hiuchi 102

この先、沼山峠を越えて、バスで御池の駐車場まで戻るのです。
2012.9.12.hiuchi 103

サラシナショウマが咲いていました。
そりゃぁ、香りをかいじゃうさ♪
2012.9.12.hiuchi 099

尾瀬の湿原のあちこちにウメバチソウ。やっぱり秋なんだね~。
2012.9.12.hiuchi 071

咲いてるのを見た時には、マレフィセントに見える!って思ったトリカブト。
写真に撮ってみると、マリア様が翼を広げているように見える。
2012.9.12.hiuchi 078

鈴なりのゴゼンタチバナの実。去年もその場所はたくさん実ってたんだよねー。
2012.9.12.hiuchi 079

アキノキリンソウ。きれい。
2012.9.12.hiuchi 105


燧さま。
会えて嬉しかったよ…
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おこじょ発見証、いいなぁ。ほしいなぁ。
燕岳で発見したんですけど・・・

燧ヶ岳からの長英新道はとにかく長かった。
足下はぐちゃぐちゃだし・・・
でも、湿原に降りると燧から降りてきた人か
湿原散策の人か一目瞭然。燧から降りてきた人は
みんな足下が泥だらけだったから。あそこから
来たんだだぜって、ちょっと自慢げでした。

そうそう雪のトラバース、2カ所目が長くて
ちょっと緊張。でも、十分な幅があるので
心配はないかと。滑ったら相当下まで行っちゃい
そうではあります。
御池まで西那須野から100kmは遠かったですね。

オコジョ発見証。いいでしょ~☆

実は、子供たちが小学生の頃、立山の室堂。みくりが池の近くでもオコジョを見かけて…
たまたま近くにいた山岳ガイドの方に「案内所行くとシールがもらえるよ」
って教えていただいて、写真入りの発見証をもらいました。(*^^)v
しばらく息子の宝物だったんだけど、どうしちゃったかなぁ…(笑)

柴安嵓、チャレンジした時には、ぜひ♪
…って、まずはオコジョに会わなきゃ…ですねっ。(^_^;)

「泥だらけの靴が誇らしい」って気持ちは、ちょっとわかる気がします。
御池でバスを降りて、そこで靴を洗いながら「どやっ!」って気持ちだったもの。(^0^;)

わたしは今回は、日光道今市ICから下道で行ったんですが、結局塩原渓谷の暗さと
同じくらい暗い道を延々と走るわけで…

高速下りてあと50Kmだったら、桧枝岐から尾瀬に通っちゃうんだけどなぁ…

…って、千葉から出かけられるブルさんは、私の所からにプラス100Kmですね。(笑)

こんにちは。
燧ケ岳、登られたのですね。
私もいつか登ってみたいです。
何度も振り返ってしまう気持ちわかります~
できることなら、ずーっと、この景色を眺めていたいっていう思いにとらわれてしまいます。
木道じゃなかったら、後ろの方を気にせずに座り込んで、そのまま夜になってしまいそう~

佐野から大清水までは結構距離があるので、運転だけでも大変だったでしょう。
私も桧枝岐方面には出かけますが、もっぱらキノコ目的です。(笑)

ついに行っちゃいました♪

>sachina☆さん

燧ケ岳のかっこいい山姿にずっとずっと憧れていたけれど
今の私には難しい山だ。って思っていたのですが、待ちきれなくて、つい。e-349

そこで見た景色の一つ一つが、とても大切なものに思えてなりませんでした。
山頂から見下ろす景色も、とっても幸せな気持ちにさせてくれますが、
下山後、その山頂を見上げた時に、もう一度幸せな気持ちになっちゃいますよねっ☆

> 木道じゃなかったら、後ろの方を気にせずに座り込んで、そのまま夜になってしまいそう~

あはは~☆
わたしは、最近、人気のない木道に座り込むか寝転がるという悪い癖があって
困ってます。立ち上がるのに、気合がいるんですー。

大清水までなら楽勝ですよ(*^^)v

佐野から大清水なら、根利を通って行けば2時間半です。
もっとも、大清水から三平峠を越えて尾瀬沼に出て、燧ケ岳登山は…
私には無理ですぅぅぅぅぅ。e-330

初めて「尾瀬」と名のつくところに連れて行ってもらったのは
大清水から雪の残る三平峠越えでした。
当時小学生だった私には…
きつかったぁ。

御池新道でも、かわいいキノコが顔を出してましたよ。
どれが食べられるのか食べられないのか、私にはまったく???でしたが・・(笑)
> 佐野から大清水までは結構距離があるので、運転だけでも大変だったでしょう。
> 私も桧枝岐方面には出かけますが、もっぱらキノコ目的です。(笑)

まちがえた

あはは
大清水じゃなくて御池でした。
七入沢から沼山峠への登山道の途中までは行ったことがあります。(登山じゃなくてキノコで)
ブナと清流で紅葉時期は最高でした。

おそらく

> モモクリさん

そうだろうな~。とは思ったんですが、あまりに大清水からの三平峠が懐かしくて
話に乗ってみました♪
峠近くからの、岩の割れ目から出てくる石清水がホントにおいしかったんですよ~☆

を~~~!!!
七入りのブナの森。歩かれたこと、あるんですかぁ!?!?
バスの窓から見える、深~~い、深~~いブナの森。
いつもバスの車窓から眺めるだけですが、森の中で深呼吸。してみたいですね~。

いや、、、、、七入りから沼山峠までで、燃え尽きてそう。(笑)

ブナの森…
キノコがたくさん顔を出してそうですねぇ♪