2012/09/17

生まれ変わりってあるのかな?

今日9月17日は、息子の19回目の誕生日。

そして、父の18回目の命日。

sueno zoo 002

息子がお腹に宿ったってわかったのとちょうど同じ頃、父の急性骨髄性白血病が発症。

「壮絶」って言葉がぴったりくるような抗がん剤治療がうまくいき、約半年後に寛解。
息子が生まれた時には、退院してきていて、体調もまぁまぁ。
「かわいいね~」「いい子だね~」「じぃじに似てるね~」を連発して、溺愛していました。

それからまた約半年。白血病が再発。入院。
小さい子供の面会は、感染症予防の面からもなるべく控えた方がいいらしいけど、
何しろ会えるのを待ってるから、子供たちは片道1時間の車の中がお昼寝タイム。
その後、息子が歩けるようになったのを見届けた頃から意識レベル低下。
(って言うか、痛み止めのために、薬で眠らされてるって感じか…)

亡くなる前日「明日はnaoやんの誕生日だからね。一緒にお祝いしてよ!」と声をかけ帰宅。
翌朝、血圧低下の連絡を受けて、子供たちを叔母の家に預け、病院に向かう。
容体は安定しているようなので、一旦実家に戻り、いつ帰ってきても大丈夫なように家の中を掃除。

15時ごろ病院に戻る。
下顎呼吸で、いつ何が起こってもおかしくない状態。
17時45分。永眠。
息子は17時40分に誕生してるので、きっとnaoやんの誕生日を祝ってくれたはず。

ueno zoo 003

実は、息子はじぃじにそっくり。
面長で、くりっとした目。やや濃いめな顔のつくり。
吹けば飛ぶような、ひょろひょろな体型。
おとなしいくせに頑固なところ。
ものすごく寡黙なんだけど、なぜか周りに人が集まるところ。
怒ったところを見たことがない!って言うくらい、穏やかな性格のところ。

法事で親戚が集まれば、父方の親戚、母方の親戚ともに「naoやんは、じぃじにそっくりね~」と言われる。

そんなわけで、母は、「naoやんは、じぃじの生まれ変わりだ」ってよく言っている。
それを言われる息子は、ひそかにすごく嫌がっている。
(そりゃ、自分は自分だ!って思ってるんだから、そんなこと言われたくないよね)

ueno zoo 004

生まれ変わりってあるのかな?








でも、あと何年も先、私の生まれ変わりがどこかで出てきちゃったら…

そりゃぁ、関係者の皆様にご迷惑をかけることになるだろうなぁ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント