2012/10/10

「庵滝」再び~~

2012.10.8.hatushimohatugoori 058

夏に、道なき道を歩いて連れて行ってもらった「庵滝」
静かな森の中で力強い姿を見せてくれる滝が、とっても魅力的で…
なんと言っても草をかき分けて、目的地に向かう。そんな経験がとっても楽しくて…

秋になって、あの岩壁にはえてる木が紅葉したらきれいだろうなぁ…
また行きたいなぁ…


をっ、ツアーがあるじゃないですか。しかも、その日、私。仕事休みじゃん!!
即お申込みです。
自然計画さんの、庵滝ツアーで、秘境の滝に連れて行っていただきました。

参加者は、前日菖蒲ヶ浜でキャンプをしたという、ガシガシ山登りをしそうな
男性3人グループ。
還暦を過ぎたというお兄様。
そして私。。。と。わぉ。紅一点じゃん。(そういう話じゃないか(笑))

「何とか一人で庵滝まで行けるようになりたいんですー」とリクエストをしておいたら、
地形図に地北線を書き込んだ地図を準備してくださり、コンパスの使い方もレクチャー
してくださいました。

それにしても青空もきれい。紅葉もきれい♪
2012.10.8.hatushimohatugoori 035

夏、一面のキオンのお花畑だった場所は、すっかり綿毛に変わっていました。
歩くとぶぅわぁぁ~~~っと、綿毛が飛び散って、口に入るわ、鼻に入るわ。
フリースを着ていたお兄さんは、思い切り綿毛まみれになってました。
2012.10.8.hatushimohatugoori 036

大きな大きな「カツラ」の木。
この木の葉っぱは、あま~い香りがします。
しかも、茶色く変色したくらいの方がいい香りで、ちょうど砂糖を焦がしたような…
そんな香りがしました。
2012.10.8.hatushimohatugoori 037

遠くの山の木たち。紅葉していていい感じ。
遠くに見えるのは、前白根の稜線かな?
青空に映えてとってもキレイ。
2012.10.8.hatushimohatugoori 039

夏のツアーの時は、青い実をいただいた山ブドウ。
今回は、ちょうどいい色に熟してました。
チョイっといただき~。う~~~ん。やっぱり酸っぱい。

ところで、この山ブドウのつるは、どうやってあんな木の上の方に絡みつけているんだろう…
みんなの素朴な疑問。
2012.10.8.hatushimohatugoori 041

倒木更新のあとかな?
夏の時にも話を聞いたけれど、その時の私の頭の中は「倒木行進」(笑)
2012.10.8.hatushimohatugoori 043
頭の中で、倒れた木々がぞろぞろと行進している様子が巡ってました。
倒木更新。ホントは、なんとなく愛のあふれる現象なんですよねえぇ。

キノコが生えてました。
2012.10.8.hatushimohatugoori 044

「ヤナギマツタケ」
と言うそうです。そう言われてみれば、傘の辺りが松竹風。
2012.10.8.hatushimohatugoori 045

それにしてもきれいだなぁ…
紅葉&青空&山の稜線
2012.10.8.hatushimohatugoori 047

2012.10.8.hatushimohatugoori 049

2012.10.8.hatushimohatugoori 052

あらら。キオンの花が咲いてました。
2012.10.8.hatushimohatugoori 053

途中「今、どこにいるかわかりますか?」と、地形図を見ながら自分のいる場所を
あてて、ホントにそうなのかGPSで答え合わせなんぞをしつつ…
庵滝に到着!!
2012.10.8.hatushimohatugoori 061

ちょっと色鮮やかな紅葉。には早かったけれど、上の方のカエデの色づき。いい感じ♪
2012.10.8.hatushimohatugoori 068
滝を見つつ1時間の休憩~☆

若いお兄さんたちは、庵滝の上にある滝に興味深々のご様子。さすが…♪

帰りに見つけたサルノコシカケ
2012.10.8.hatushimohatugoori 069
人が座っても全くびくともしませんでした。

青い空。美しい山の稜線。きれいじゃ。
2012.10.8.hatushimohatugoori 072

うねうねと…
でも、なんてきれいな色なんでしょう。
2012.10.8.hatushimohatugoori 075

いろんなキノコがあちこちに。
今年は、ある時期を境に一気にキノコたちが顔を出し始めたそうですう。
2012.10.8.hatushimohatugoori 076

そして、改めて山ブドウ…
なんであんな上の方につるを絡ませることができたんだろう。
2012.10.8.hatushimohatugoori 077


そして、さてさて。私は次には一人で庵滝まで辿りつけそうでしょうか…
自信を持って「無理」です。(笑)
「GPSを買っちまうのが一番手っ取り早いんじゃないですか?」
という結論に達しましたとさ。(笑)
そんな余裕。ないもぉぉぉん。

やっぱ、若い男の子たちは歩くの早いです。ついて行くのに必死(笑)
2時には小田代ヶ原に到着。ほかの人たちはミズナラの森を歩いてスタート地点に戻りました。

わたしは????
改めて戦場ヶ原経由。草紅葉の中のお散歩に続きます。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こういうツアーなら行ってみたい。
百名山を大人数で歩くツアーは最悪。
楽しそうです。

カツラの香りも大好き。切込湖・
刈込湖を歩いたときもいい香りが
していて癒されました♪

キノコの大きさと裏側が見えないので何とも言えませんが、一枚目の白いのはスギヒラタケ、二枚目はヌメリスギタケモドキだと思います。
この時期にヤナギマツタケが出てるのは見たことがありません。
ヤナギマツタケなら傘の裏にスカートをはいてますよ。
3枚目の画像の場所は冬に行くと好きなルートを選べるのでお勧めです。

楽しいですよー☆

>ブルさん

1人じゃいけないところへ連れて行ってもらえる!
ってのもいいんだけど、1人で歩いてちゃ気づけない
物を気づかせてもらえる。っていうのも、ホント、楽しいです♪

私も大人数で歩くツアーは無理~。

森の香りって、、、気のせいじゃないんですよねー☆
私もカツラの香りを初めて知ったのは切込刈込へ行く時でした。

初心者は…

>モモクリさん

「絶対これは間違いない!」って思えたキノコしか採って食べちゃダメですよー。
って言われました。
いやぁ・・・
森の中で薄茶色のキノコが生えていたらみんなシメジに見えちゃうし
白いキノコだったら、みんなマッシュルームに見えちゃうし…(笑)

凍った庵滝。
ぜひ、見に行きたいですー。
…って、今年、もう一回くらい行ってみたいなぁ。(^_^;)

倒木行進…
へぇ~。
真面目に話すの止めよ( ̄へ ̄) 

Re: タイトルなし

> βさん

何百年もの時間の中で、森の中で起きていた現象を忘れずに覚えて帰れたのは、
「倒木行進」のお・か・げっv-355

お持ち帰りの包みが多少ずっこけていても、中身は無事だったから~。
(これ、大事♪)
私の理解能力は小学生並みか!?e-447


真面目話を除いたβショー。
それはそれで、ある意味楽しみなんですけどぉぉぉ。v-356