2012/10/11

輝く草紅葉&金精山登山口~

さてさて、ツアーのみなさんと別れて、1人楽しいお散歩タイム♪
小田代ヶ原の草紅葉。
いい感じにモザイク模様になっています。
2012.10.8.hatushimohatugoori 079

小田代ヶ原のシンボル。一本立つシラカバ。貴婦人~。
2012.10.8.hatushimohatugoori 083

太陽の光を受けて、赤~く輝く草原。
今朝は、このあたりは真っ白でした。
2012.10.8.hatushimohatugoori 084

奥の木々も強いコントラストじゃないけれど、やわらかい色に色づいてます。
逆にこのくらい柔らかい色味。
かなり好きですぢゃ。
2012.10.8.hatushimohatugoori 085

小田代ヶ原の展望台から貴婦人にご挨拶。
同じ場所を見ているのに、色の見え方が全然違います。
こちらから見ると白っぽく、って言うか、緑色が強く見えますね。
2012.10.8.hatushimohatugoori 088

男体山をバックに立つ貴婦人~。
このあたりは、はえている植物の種類も違っています。
2012.10.8.hatushimohatugoori 090

おや。木道にケムケムが~。
絶対に触りたくないけれど、うねうねと歩く姿はやっぱり可愛い☆
2012.10.8.hatushimohatugoori 092
こらぁ「気持ち悪い!」って言わないでぇぇ。

森の中に入ってきました。
きれいな赤い衣をまとってますねぇ。
2012.10.8.hatushimohatugoori 096
なんて柔らかい赤い色なんでしょう…

泉門池(いずみやどいけ)に着きました。
今日も、たくさんの人が景色を眺めながら休憩していました。
私も、ここの景色は大好き♪
2012.10.8.hatushimohatugoori 099

戦場ヶ原に出ました。
青空に立つ太郎山たち。そして金色にかがやく戦場ヶ原。
今日、この場所にいられて、私は幸せだ・・
2012.10.8.hatushimohatugoori 100

いつものツルコケモモたち~。
もちろん、今日も木道に寝っ転がって写真を撮りましたよー。
2012.10.8.hatushimohatugoori 102
なのに、ツルコケモモまで3歩分。人の足跡が…
来年も同じ場所に、ツルコケモモの花が咲きますように…

太郎山。かっこいい。(ん!? お燧様からの浮気かぁ!?←嘘です)
2012.10.8.hatushimohatugoori 107

ズミの実も鈴なりー。
真っ白な花から甘い香りが漂っていたのが、ついこの間みたい。
2012.10.8.hatushimohatugoori 110

あっ、リンドウがまだ咲いている。
2012.10.8.hatushimohatugoori 112

さてさて、金精トンネル付近の紅葉がきれいらしいので…
車に乗って金精道路を目指しましょう。暗くなるまでに着けるかな???

金精山登山口に車を停めて、車道の端をプラプラとお散歩しましょう~。

山肌は、、、、錦ですのぉ。
2012.10.8.hatushimohatugoori 126

正面に見えるのは男体山。
手前の湖は、湯の湖。
奥に見えるのは、さっきまで歩いていた戦場ヶ原。

う~ん。絶景。
2012.10.8.hatushimohatugoori 127

金精山登山口方面。
きっとそのうち、ここから登って温泉が岳へ…
できたら、そこから根名草山を目指して。。。
高いところから鬼怒沼を眺めたいなぁ。
きっと、行く…

行けたらいいなぁ。行きたいなぁ。
2012.10.8.hatushimohatugoori 131

立ち枯れの木の白い幹。
カラフルに色づいた木々。なんてきれいなんだろう…
2012.10.8.hatushimohatugoori 132


さて、車に乗って湯元に戻りましょう。

湯元ビジターセンターのブログで毎日紹介されている
「オオウバユリ」ファミリー。
もうすぐ、種がはじけ飛びそう。
2012.10.8.hatushimohatugoori 133

湯の湖畔の紅葉の見ごろまで、秒読み。
夕方の湯の湖畔。静かな湖畔をたくさんの人たちがお散歩していました。
2012.10.8.hatushimohatugoori 135

奥の山から何度も鹿の鳴き声が聞こえてきました。
2012.10.8.hatushimohatugoori 138

1日で、また、3日分の奥日光を堪能してしまいました。
でも、また近いうち、この景色に会いに来ちゃうんだろうなぁ…(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント