2013/02/05

自分の計画性のなさに呆れながら、のんびり楽しい1日を過ごす(笑)

1月も中旬を過ぎたある日、若いお姉さんが宛名を書いたと思われる一通の封書が…
「日光自然博物館のイベントに申込みいただきありがとうございます」と。

そだ。12月の末、1月の勤務表が出た時、月跨ぎの夜勤。。。と言うことは、2月2日は公休。
やった~。イベント、申し込もう。。。

で、イベントの案内が届いた時、庵滝ツアーの3日後だ。と言うことに気付いたワタクシ。
思いつきと勢いで動いちゃったけど、まぁ、お天気もいいし、のんびり日光詣。

朝の社山~。かっこいいね~☆
わかんを背負って「これから半月山に登ってきます」と言うおじさんに会いました。
雪の半月山からの景色。なかなかなんだそうです。
2013.2.2.koutoku 001
阿世潟峠からちょっとだけ半月山に登った所からでも、足尾方面がいいだろな~。
なんて、きれいな景色を想像しつつ~~。

…この想像が、後々、私の足をそちら方面に向かせてしまうんだよねー。
あ~、キケン。危険

それにしても、寒中とは思えない暖かさ。
歌が浜のしぶき氷が見られればラッキー!! と思っていましたが、
もちろん、そんなの跡かたもありませんでした。
2013.2.2.koutoku 002

この日の日光自然博物館のスノーシューツアーは、光徳の森を歩きます。
初めにもらったお便りでは、当日「頑張る班」と「のんびり班」に分かれて歩きます。
と書いてあって、もちろん「のんびり班」に参加するつもりだったのに…
「今日はみんなで歩きましょう」と。(笑)

それにしても暖かい。
「ゴールデンウィークのみつまたかぐらですかぁぁ???」って感じの、ぐずぐずな雪。
踏みしめると、じわーーーっと水が出てくる感じの、、、
ゲレンデだったら、私を休憩女王にさせてくれるような重たい雪でした。

でも、青空に繊細な木の枝がにょき~~~っと伸びていると、
思わず自分でも背伸びをしたくなっちゃう。
2013.2.2.koutoku 004

準備体操の後、こんな森の中を自由に歩くわけですが…
「スノーシューを履くと雪の上を自由に走ることだってできるんですよー」
と、走って見せた隊長。。。。。。。。。。。。途中でコケる。
つられて走った小学生の女の子たち。。。。。。あっという間にコケる。
子供には負けてられん!と走った大人たち。。。。次々にコケる。
2013.2.2.koutoku 011
場所によっては膝上までずぶずぶっとはまってしまって、足元。取られること。取られること。

森の中では、動物たちは姿を見せてくれませんが、そこには動物たちはちゃんと森の中に住んでますよ。と、その名残を残してくれています。
笹の葉っぱをむしゃむしゃ食べたら…
2013.2.2.koutoku 015

「プリっと出します」(笑)
2013.2.2.koutoku 014
隊長の言う、この「プリっと」が、とっても可愛くって、ちょっと今、マイブームとなってます。

職場でお年寄り相手に「プリっと出してきちゃいなよ」を連発してる私。
もぉ、なんだかなぁ。(笑)

おやおや。木の幹には何やら立派な傷が…
2013.2.2.koutoku 016
熊の爪痕とは違うしなぁ。。。。

と、木の裏側を見たら、随分、大胆なことになっていました。
シカが角を研いだあとなんだそうです。
2013.2.2.koutoku 018
そして、いい感じに樹皮がめくれてきたところで、今度はむしゃむしゃと食べる。と。

ただ、奥日光では、こうして鹿が樹皮を食べてしまうことで、木がどんどん枯れていってしまう。
森を守るために…なんてお話を聞きながら歩くのです。

熊が木に登って餌を食べた跡~。
2013.2.2.koutoku 026

キツツキが木をつついて虫を食べて、木の幹が穴だらけ~。
2013.2.2.koutoku 029
動物の姿を見ることはできなくても、その生活の一部をうかがい知ることができちゃったりするのです。

いつもとは違く角度から見る男体山。
火口に雪が積もっていて、ふ~ん、大昔、ここが噴火したのね。
ってのが、一目でわかりました。
2013.2.2.koutoku 031

気温の高かったこの日、ワッフ音体験三昧。(笑)
雪が層になっていて、雪崩の起きる仕組みのお話を聞いたり、
実際に雪の重さを体験したり。。。
2013.2.2.koutoku 034

かわいいかわいい雪まくり。
雪原のカタツムリか、ロールケーキか…(笑)
2013.2.2.koutoku 036

「ちいちゃん」こと「地衣類」のお話も聞きました。
この「ちいちゃん」ずっと気になっていたんだけど、「家に帰って調べよー」
と思いながら、いつも忘れちゃっていた謎だったもの。
エアープランツの仲間なのかと思っていたら…
2013.2.2.koutoku 039
菌類と藻類とで共生しているそうです。
乾燥している時に触るとカサカサと硬いけど、水をかけるとあら不思議~~。
色も手触りも変わってしまうんです。たのしっっ☆

あらあら、動物の足跡に水がたまってる。
2013.2.2.koutoku 041
隊長、体を張って、動物の歩き方、ウサギの跳ね方の実演なんぞ見せてくださいました。(笑)

木の幹に大きな穴!!!
2013.2.2.koutoku 045
これはキツツキがあけた穴ではなくて、この穴の中にハチの巣があったそうです。
熊が、このハチの巣を狙って木に登り、グワシッッ!!っとハチの巣を取って、はちみつを食べる。と。
「はちみつ大好き~」のぷーさんを、実際に光徳の森でやってる。んだそうです。

なんて言うスノーシューツアー解散後は、1人のんびり光徳沼再び~。

おやおや。光徳牧場でクロカンやってる!
中学生の頃一度だけクロカンやって…
エッジのないスキーの恐怖に「二度とやるものか!!!」と思ったけれど、

森の中をす~~~っと滑ってるのを見ると、なかなか楽しそう。(汗)
2013.2.2.koutoku 050

ずぶずぶと足を取られながら歩いて行くと、
2013.2.2.koutoku 052
なんとなく早春を思わせる雰囲気。
なんて言っても、先月光徳を訪れた時は-10度の世界。
今回は、+10度の世界。温度差20度。(笑)

男体山~。ホントに見る角度で違う形に見えます。
2013.2.2.koutoku 056

静かな光徳沼。谷地坊主も雪をかぶってます。
2013.2.2.koutoku 059
流れる水量が減っていて、水草が半分くらい顔を出していました。
夏が来たら、また、かわいいバイカモ。花を咲かせてくれるかな?


さてさて。のんびりダラダラとピクニックを楽しんだら、帰りは寄り道。
こんな素敵な洋館で羊羹を。。。じゃなくて、大好きなニルバーナを仕入れ…
2013.2.2.koutoku 060
チーズケーキ1ホール。オトナ食い。
あ~、体重計よ。さようなら~~~~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

解説を聞きながらのツアーも
いいですね。ちょっと勉強すれば
次に1人で行った時にぜんぜん
違いますね。
冬の社山、魅力的ですね。
風の弱い日なら登れそうですね。

>ブルさん こんばんは。

そうそう。そぉ~なんですよ。
知らないと気づけないんですよね。
目の前にあっても、視界にすら入らないんですよ。わたし。e-350
どんなにネットで調べて予備知識があったとしても、やっぱり生の体験にはかなわないな~と。

そんなわけで、もっともっとあれもこれも見てみたいので、明日は師匠に
凍った刈込湖に連れて行って(←ここ大事)もらいます。
何が見られるか、楽しみだわー。

> 冬の社山、魅力的ですね。
> 風の弱い日なら登れそうですね。

ブルさん。ぜひ、サクサクと♪
富士山、見られますよ~。
私も一度は、阿世潟峠くらいまでは登ってみたいと思っています。