2013/02/17

庵滝貸切♪ んで、1人反省会。

赤沼を出発して3時間半~。
途中「着かないんじゃね?」って不安に思いながらも庵滝。到着~。

真っ白な雪原に足跡をつけたのは動物たちだけ~。
そんなわけで、庵滝。一人占め。
2013.2.14.ioritaki 031

こちらは、岩から染み出てきた水がじんわりじんわり凍った氷柱。
2013.2.14.ioritaki 032

滝の裏側に回って見ると、、、、
うひゃひゃ~。青い。
2013.2.14.ioritaki 033
ソーダ色。

こちらも、外の色を映して青い。
2013.2.14.ioritaki 038
氷の厚さとか位置とかで、微妙に青の光具合が違う。
キレイだよ~。
同じ場所でも、角度を変えて何度ものぞきこんじゃう。

石清水が流れながらちょっとずつ凍っていったら…
2013.2.14.ioritaki 039
うろこのような面白い模様の氷になりました。

氷のカーテン越しに外の景色を見る。
2013.2.14.ioritaki 041

奥では、なんとも複雑な形の氷柱たちがありました。
2013.2.14.ioritaki 045

ぽっかりと空いた滝壺。
私には、どうしてもアンコウの口に見えてしまう…
2013.2.14.ioritaki 049

沢を渡りながら、滝の真っ正面から~。
2013.2.14.ioritaki 052

そして、雪崩の跡。
2013.2.14.ioritaki 054
この間休憩た場所は、雪崩の被害に遭ってました。

岩の上には、おもしろい雪のつき方。
2013.2.14.ioritaki 055
マシュマロが乗ってるみたい。

そこで回れ右をして、沢の下流側。
岩たちがみんな綿帽子をかぶってる。
ふわふわ。もこもこしているその姿はとってもかわい。
2013.2.14.ioritaki 057

休憩場所をよ~~く吟味して、木に寄りかかればこの景色。
こんな景色を見ながら…
2013.2.14.ioritaki 060

インスタントラーメン。(笑)
2013.2.14.ioritaki 062
こんな穏やかな日は、お湯が沸くのをのんびり待つのだってそれだけで楽しいのです。
で、風が吹けば、木の枝に積もった雪がぶぅわぁぁ~~っと飛んできて、
それに太陽の光があたってキラキラ輝いて…

ラーメン食べるだけじゃなくて、お茶飲んでお菓子食べて…

お名残り惜しいけど、片づけして庵滝出発~。13時。

はは。ここで迷って引き返してるぅ~。
2013.2.14.ioritaki 068
まっすぐ進んでれば、あんな怖い思いしなくても滝についたのに。。。

…ってのは、結果を知ってるから言えること。
ホントに、この時は真剣に「迷った!!」って思ってたんだって。

青空。きれいだなぁ…。
2013.2.14.ioritaki 069

そうそう。「沢の左岸にいるから悩むんだよ」って、渡ったんだよねー。
しかも、足がはまって、スノーシューを濡らしたら大変。って、
岩をよじ登ったんだよねー。
2013.2.14.ioritaki 071
努力の跡が残ってるじゃん。(汗)

そうそう。この、向かって左側のくぼみがなんか沢に見えちゃって
ここで猛烈に悩んだのよ。
2013.2.14.ioritaki 073
で、出た結論が、真ん中を行けばいいんぢゃん。(笑)

素敵な素敵なダケカンバ林。
あ~、目標にする山があんなに遠くなっちゃった。。。
2013.2.14.ioritaki 077

山ブドウまで戻ってくると、朝、自分で歩いた跡すら消えちゃってました。
やっぱり、安易に「来たとおりに戻ればいいんじゃない」は、通用しないんだねー。
2013.2.14.ioritaki 078

回れ右をすれば、前白根の稜線。
まるで、合成写真みたいにとってつけたような真っ白な山の稜線。。
2013.2.14.ioritaki 079

スパルタツアーの時に「鬼ぃ」と思いながら登った斜面
よせばいいのに登っちゃった。
だって。感動の男体山が見られるんだもん。
2013.2.14.ioritaki 084
βさんからもらった写真とほぼ同じ場所で写してるのにチョイと笑った~。

高い位置から前白根~。
2013.2.14.ioritaki 083

そして、高い位置から自分の歩いたトレースを何度もしみじみと見ちゃいます。
2013.2.14.ioritaki 082

で、登ったからには降りなきゃならないんだけど…
進みたい方向の斜面は、ロングスライダー。怖い。
じゃ、もうチョイ短いスライダーは???   木があって、怖い。

う~~ん。仕方ない。登った斜面を滑落し、ちょっと回り道して帰りましょ。(汗)

無事、庵滝の入口まで戻ってきました。14時。
あんなに大変な思いしてたどり着いたのに、帰りは1時間。

あんまり気持ちがいいので、寝っ転がってカラマツ越しの青空~。
2013.2.14.ioritaki 085

今度は、腹ばいに寝っ転がって、帰る方向~。
2013.2.14.ioritaki 088

なっ。。。なんと、朝は大雪だった市道は、道路が乾いてました。
2013.2.14.ioritaki 089
…なんて、ここだけね。
日蔭は変わらず圧雪&ツルテカ。

小田代ヶ原に向かって伸びる木の影がなんともいい感じ。
2013.2.14.ioritaki 090

で、よせばいいのに、帰りも森の中を歩き…
疲れたよー。歩きたくないよー。もうダメー。と弱音を吐きつつ
2013.2.14.ioritaki 094
赤沼到着。15時30分。
まだまだ道中楽しむ余裕はないけれど…
きっと、次回は…。

グリーンシーズン中お世話になる赤沼駐車場はまっさらな雪原。
2013.2.14.ioritaki 096

いつか、タローさんの頂にも…
2013.2.14.ioritaki 097
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

またまた行って来たんですね。
すごいな。
静かな中、自分と向き合って
歩けるなんて素敵ですね。

いいな・・・ラーメン、おいしそう。
やっぱりラーメンだな。

私は尾瀬岩鞍にスキーに行って来ました。
ゲレンデトップから見える奥白根に萌ました。

なるほど、このトレース残ってたら知らない人がトレース追って来たら相当迷うでしょうね。ww
私は、初めての夏にこの沢を50m登ってしまいました。

ソロで庵滝でしたか。
今度こそクロカンで行ってやる、と思いつつも実行できず。。。
chikoやんさんの行動力に頭が下がります。
一人占め、気持ち良さそ!

> yosiさん

記憶の新鮮なうちに復習しておきました。
地図とコンパスもちゃんと準備しましたが、やっぱり記憶と直感で歩いてるな~。と。
やっぱり、ピンポイントで自分のいる場所は指せません~。(汗)

元々静かな場所を独り占め。
最高でしたよ☆

> モモクリさん

同じ日に私より後に入る人がいなくてホントによかったです。
結構恥ずかしいですよね。(汗)

私を悩ませたこの沢の存在。
今までちっとも気づいていませんでした。
今回迷ったおかげで、次回はきっと… 大丈夫であってほしいです。

> ブルさん

岩鞍。いいなぁ。懐かしい~。
よく、西山ゲレンデで泣かされてました。(汗)
岩鞍に向かえる車の足回りがあれば奥日光。余裕です。(^^v

ラーメンは、ブルさんのからあげ入りラーメンを見て
次回は絶対インスタントラーメン!って、決めてました。

氷爆もホントに素敵なんですが、そこに辿り着くまでにある
あれやこれやを見つけるのがホントに楽しいです。
誰も歩いていなければ、熱唱しながら歩いていても恥ずかしくないし。(笑)

ね?崩れたでしょ?w
どんなに疲れていても、周辺確認は怠っちゃダメなんです。
雪崩れの起きない斜面は無いそうですが、雪崩が起きやすい斜面はあるのですから。

>βさん

湯元のドSなネイチャーガイドさんに鍛えてもらったおかげで、無事、庵滝。行ってきましたよー。

今までは、眺めが良くて、自分の足元が平だったらそこが休憩場所!でしたが、これからはホント。周り。よく見ます。
蓼ノ湖だって、崩れそうな場所に思い切りレジャーシート。広げちゃいそうだもの。

あ~、今朝も仕事の帰り。真っ白な白根山に呼ばれてました。
でも…
スパルタは嫌ぢゃぁぁぁぁぁ(T_T)