2013/06/25

雲の上のお花畑 平標山から仙の倉山

平標山のてっぺんで一休みをしたら、仙の倉山との鞍部にある
お花畑を目指します。そして、その先の仙の倉山へ…

先はガスってるけど、ミラクルが起こるかもしれない。
そしたら、谷川岳まで延々と続く稜線が見られる…はず。
2013.6.23.tairappyo 046
平標山直下はこんな木の階段だけど、その先は丸太と岩の
すごく歩きにく階段。でも・・・

すごい。一面のハクサンイチゲ。
2013.6.23.tairappyo 053
ハクサンイチゲのお花畑では、何となく甘~~い
お花の香りが漂ってました。

イワカガミは朝日を浴びて輝いて
2013.6.23.tairappyo 050

ハクサンコザクラは、弱い風でもゆらゆら揺れる。
2013.6.23.tairappyo 057

ミヤマキンポウゲの鮮やかな黄色は、日が当たらなくても輝いて見える。
2013.6.23.tairappyo 060
数歩進んではしゃがんで写真を撮って、お花畑をしつこいほど覗きこんで
一つ一つのお花の表情を見てみる。
短い夏に一生懸命咲いているお花たちをもっと感じていたいから。

あ~~~、時間が止まってほしい。
2013.6.23.tairappyo 058

斜面にはまだ残雪。
お花畑の斜面だって、ほんの1月前くらいまでは雪があったはず。
ホントに短い期間に輝くんだなぁ。
2013.6.23.tairappyo 065

チングルマのお花畑。
2013.6.23.tairappyo 068

こんな素敵な稜線の両側が一面のお花畑なんだもの。
2013.6.23.tairappyo 070
ホントに来てよかった。

ハクサンイチゲのブーケ。
2013.6.23.tairappyo 071

カエデの花。
華やかな色味ではないけれど、一つ一つの花の作りがとってもかわいい。
2013.6.23.tairappyo 072

仙の倉山直下の階段で、太ももの内側が攣って、うっ?まさかのリタイヤ?
と思いながらも、何とか山頂着。やっぱりガスっていて、谷川岳方面の
稜線は、一度も姿を現してはくれませんでした。
2013.6.23.tairappyo 073
しばらく粘ってみたんだけどね。

さっき、ひーこら登った階段を降りて、平標山まで戻ります。
もちろん、お花畑を眺めながら。
2013.6.23.tairappyo 075

それと、足元の小さなお花も眺めながら。
2013.6.23.tairappyo 078

ツマトリソウさん。ここでも会いましたね~☆
2013.6.23.tairappyo 079

鞍部のお花畑もすっかりガスの中。
でも、ガスの中でぼわ~~んと色が浮かび上がるお花畑。
それはそれで、幻想的。
2013.6.23.tairappyo 082

若い男の子が「宇宙みたくね?」って言ったのは、こんなガスの
中のお花畑を見ての一言。
確かに、ぼわ~~んとしたガスの中で白と書き色とかピンクとかの
色が浮かび上がって見えたら、まるで銀河みたい。
2013.6.23.tairappyo 094

どこまで続くお花畑なんだろ。
きっと、見えない斜面でも、誰に見せるわけでもなくひっそりと咲いている
お花たちもいるんだろうなぁ。
2013.6.23.tairappyo 109
後ろ髪をひかれながら、歩きにくい丸太と岩の階段を上って
平標山に戻ります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

行った人はみなすばらしいという
平標山、仙の倉山。先を越されました。
うちからは遠いんですよね・・・。

それにしてもすごいお花畑。
こりゃ、コースタイムの倍はかかりますね。
谷川連峰の稜線、私も見られてません。
谷川岳は2回とも今ひとつだったので。

行ってみたい。

さすがに花の山。
足元が花、花、花でなかなか先に進まず、タイムオーバーで仙の倉をパスしたことがございます。
オノエランが普通に道端にあるのに感激!です。

今年は特に平標山が人気なんでしょうか。知り合いも3人この週末に出かけてました。

うわさに聞く平標山、こんなに素敵なんですねぇ。
写真を眺めるだけでもうっとりです。
6月に行けてよかったですね!
ちょっと遠くてもなんのその、
行きたい時に、即、行ってしまうchikoやんさん、
うらやましい。
その実行力、ちょっとだけでも分け下さ~い。

すばらし~っ!
登った人だけのご褒美ですね!

お天気も目まぐるしく変わっているようで、
この雲を見ているだけでも怖くてちょっと引くわー。
でも、ほんっときれいっ!!

こんばんは♪

すごーーーーーーーーーーーーーーい!
一面のお花畑、素晴らしくすごい綺麗です!
(どんな日本語?)

ハイジとペーターがクララを連れて行った、山の上のお花畑じゃないですかー!(≧▽≦)

本当に宇宙みたい。
いや、天国かも。
どっちも行った事ありませんが・・・(笑)

次々行きたい所に行く行動力がすごいです。
そのご褒美が山の花々なんでしょうね。
次何処行く??

yosiさん こんにちは。

人気が人気をんだ。って言う感じの混雑ぶりでした。
帰り、国道に出たら、道の両側にびっしり路駐の列。びっくりでした。

一生懸命オノエランを探すつもりで出かけたのに、
ここにも。あらここにも。って感じで咲いていたので、ホント。感動でした。
湿原の花が大好き!って宣言していましたが、やっぱ、稜線に咲く花も好きです。(笑)
人の流れに歩かされちゃった感じだったので、今度は平日にのんびり行ってみたいです。

ゆうこさん こんにちは。

憧れの平標山。一面のお花畑に、もぉ、うっとりでした。
つい1カ月くらい前までは雪の下だったはずなのに、
この短い間にどうしてこんなにきれいな花を咲かせられるの?
こんな風の強い稜線上で、どうしてこんな薄い花弁の花を咲かせて
きれいにしていられるの?
可憐な植物たちの逞しさを感じて、ちょっとだけそのパワーを分けてもらってきました。

行きたいと思ったら行動してしまう。
「もうちょっと、思慮深くなりなさいよ」と、ストッパーが欲しいと思うこのごろです。

ブルさん こんにちは。

はい。先に天国のお花畑。いただきましたよ~。(^O^)
山頂直下の、最初のお花畑を見た時は「あっ、ハクサンイチゲが咲いてるよ~」
レベルのテンションでしたが、仙の倉との鞍部のお花畑を見た時には…
帰りたくない。心から思いました。

谷川連峰の稜線は…
ぜひ、紅葉の時期にリベンジしたいです。

千葉からは、関越乗るまでに一仕事ですね。
帰りは、北関利用で東北道で帰れば、関越の渋滞を
ちょっとだけパスできるかも。ですよー。

Laylaさん こんにちは。

ホント。頑張って登ってよかった~。って思いました。

梅雨の時期に、これだけの青空のもとに咲くお花たちに会えて
ラッキーでした。
ガスの流れが速くて、立ち止っていても、刻一刻と景色が変わっていくようでした。

それにしても、写真を趣味にされてる方たちってすごいですね~。
三脚に、あれこれレンズに、大きいカメラをかついで歩かれてました。
私は、自分の体と、食べるものを持ち上げるだけで精いっぱいです。

mokos619さん こんにちは。

ホント、許されるなら、一面のお花畑の中を
駆けまわってみたいですね~。
なんて、入ることを許されたとしても「をっ、踏んじゃう。助けて」
ってなりそうですが。(笑)
稜線上にいる時は、ついに口元緩みっぱなしでした。

帰りの延々階段は…
膝泣かせですねぇ。ついでにふくらはぎもパンパン。
未だに筋肉痛が残ってます(汗)

モモクリさん こんにちは。

去年、モモクリさんが白根山で見たオノエランを私も見たい!!!
が、平標山へ行くきっかけでした。たくさん咲いてるっぽかったので。
純白の花がきれいですね~。

次ですか~?
雲ノ平とミルフォードトラック(笑)
まぁ、これは2本足で歩けるうちにいつかは…の夢ですが、
まずは、母をアヤメ平に連れて行ってあげなくちゃ。
毎日せっせとトレーニングしてるっぽいので、何とかチングルマと
ヒメシャクナゲのお花畑を見せてあげたいです。
そしたら、あとは、今年も会津駒~。
今年は、駒の小屋1泊で行きたいんだけど、叶うかな??