2013/08/17

会津駒ケ岳 ~稜線のお花畑と天の川①~ 

その山は、一昨年の夏、ランドネで見て思わず一目惚れをして

去年の夏、日帰りで登ったら、ドストライクで 去年の記事はこちら→【尾瀬】会津駒ケ岳

気に入ったら何度でも通いたくなってしまう。
ラッキーなことに駒の小屋の予約が取れたので、山小屋泊で
会津駒ケ岳でのんびりしてきました。

会津駒ケ岳。滝沢登山口。この階段からブナの森に入っていきます。
登山ポストが、去年と反対側に立ってました。
登山者カードの下の部分に下山カードが切り取れるようについていました。
無事に下山できたら、下山カードを提出してね。と。
2013.8.14.aizukoma 001

気持ちいい、ブナの森。
時々鳥の幼鳥が顔を出して楽しませてくれます。
2013.8.14.aizukoma 002
…が、とにかく急登なのよねぇ。

駒の小屋は食事の提供はなく自炊をしなきゃならないので、
リュックの中は水。食べ物。ストーブ。鍋。着替え。などなど、
日帰りの時の倍以上の重さ。
「テント欲しいな~。キャンプしたいな~」って1人盛り上がってたけど、
テントをかついで山に登るなんて絶対無理だってことを自覚。
衝動買いする前にちゃんと気付けてよかったぁ。(汗)

歩き始めて2時間弱。(普通の人なら1時間半もあれば着くらしい)
ようやく水場に着きました。
2013.8.14.aizukoma 003

登山道からちょっと下ったところにある水場。
コケの生えた岩盤の隙間から染み出てくる水は、とっても冷たくておいしい。
2013.8.14.aizukoma 243
空のペットボトルに汲んで、顔を洗って日焼け止めクリーム塗りなおして…

水場までが急登ってよく紹介されてるけど、私にとっては水場から上も急登。
でも、ちょっと視界の開けたところで水墨画のような山々が見えるとちょいと元気復活。
2013.8.14.aizukoma 004
去年と同じような場所で写真を撮ってるのに笑える~。

登山道の所々工事をしていて…
木の枠に丸石を敷き詰めた尾瀬仕様の階段ができるようです。
階段の整備が終わったら、次はロープウェイの設置を…
2013.8.14.aizukoma 005
                             嘘です。

あっ、白根山見っけ♪
2013.8.14.aizukoma 006

木道が出てきて、木々の間から駒ケ岳の稜線が見えてくると、
テンション。ますますアップ。
2013.8.14.aizukoma 008
そして、今日お世話になる駒の小屋も。


稜線上に白く見える部分。
そこは、コバイケイソウのお花畑になってる部分。
今年はあちこちでコバイケイソウが当たり年だ。って言われてましたが、
会津駒ケ岳でも5年に1位度くらいの大当たりの年なんだそうです。
2013.8.14.aizukoma 009

駒の小屋に向かって延々と続く木道の階段。
今年も、ハイジの歌が頭の中をぐるぐる回っています。
気持ちは小躍りしたくなっちゃうほどルンルンなんだけど、
足元はもうヘロヘロ。
結構この階段が堪えるのよねぇ。
2013.8.14.aizukoma 011
足が上がってないから、小さな段差の階段に躓いちゃうのよ。(汗)

駒の小屋直下ら見る燧ケ岳。
かっこいい~。
2013.8.14.aizukoma 014
この2日間。いろんな場所から燧ケ岳が見られると思ったら
もぉ、嬉しすぎる。

駒の小屋の前にある駒の大池。
水面に会津駒ケ岳が映り込んでます。
2013.8.14.aizukoma 015
池を眺めながらお昼ご飯を食べたら、荷物を小屋に預けて
お散歩に出かけましょう~。

小屋の中には、奥さんのさゆりさんがいらっしゃいました。
「はじめまして」だって言うことを忘れてしまうほど気さくな方で、
嬉しくなっちゃいました。
駒の小屋に泊まりたかった理由の一つが、駒の小屋のご夫婦に会いたかったからだもん♪

遠くに日光の山々。
2013.8.14.aizukoma 017

斜面に広がるコバイケイソウのお花畑。
2013.8.14.aizukoma 019

会津駒ケ岳へ登る途中から、駒の大池&駒の小屋を見下ろす。
バックには燧ケ岳。嬉しいな~。
2013.8.14.aizukoma 022

会津駒ケ岳山頂~。今年も青空。
2013.8.14.aizukoma 023

山頂を満喫したら、中門岳へ向かいましょう~。
ここもコバイケイソウのお花畑。
日差しは強いけど、吹いてくる風はすごくさわやか。
2013.8.14.aizukoma 034

稜線上に延々と続く木道。
木道の両側には、春から初秋のお花が一斉に咲いていて…
さながら、高山植物の見本市のよう。
2013.8.14.aizukoma 043
ちょっと進んじゃ立ち止まって、しゃがんでお花を眺めて…
一向に前へ進まない(汗)

去年は「中門岳 この一帯を云う」のところで引き返しちゃったので
今年は一番奥まで行って戻ってきました。だって、時間たっぷりあるんだもん♪

そしたら、中門池に夏空が映ってる。
池の周りには、ワタスゲのふわふわも。
ホントに嬉しすぎるっ。
2013.8.14.aizukoma 045

トンボものんびり休憩中♪
池の中ではヤゴがたくさん。
2013.8.14.aizukoma 047

そして、「中門岳 この一帯を云う」
2013.8.14.aizukoma 048
やっぱりこのアバウトな感じ。大好き。
でもって、今年も傾いてる柱。好きだよ(笑)

ベンチに座って、しばしのんびりして。
そろそろ小屋に戻りましょう~。

ハクサンコザクラのお花畑。
2013.8.14.aizukoma 054
きっと、このあたりで去年雪遊びをしたんじゃないかなぁ。
まだ、雪解け直後ですよ~。って言う雰囲気が漂ってました。

さて、これから受付を済ませて、ワクワクの山小屋泊デビューとなります。
2013.8.14.aizukoma 059

                                     ~つづく~
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

それにしても綺麗ですね。
写真だけでも癒されます。
25日、天気が良ければ至仏山に
行く予定です。
久しぶりの尾瀬でわくわくです。

こんにちは♪

会津駒ケ岳、緑いっぱいで素敵な所ですね♪
山小屋泊いいなあ♪
ホントにハイジとおじいさんが出てきそう!(゜▽゜)
木の看板は思いっきり『和』だけど、あとの写真は全部外国みたい~!
池に映る山や雲の写真もステキですね。

続き楽しみにしてまーす♪

こんばんは~
会津駒ってこんなに素敵なところなんですね!
それにしてもよいお天気で、良かった良かった。
これで向う側に氷河の山があったらまるで
スイスアルプス!っていう感じですね。
chikoやんさんのワクワクが伝わってきます。
続編プリーズ!

ブルさん こんばんは。

きれいでしょ~?
素敵でしょ~?
私の数少ない山登り経験の中で
今のところダントツ1位で好きな山です。
あんだけ「お燧さま~」って言ってるのに?
って突っ込まれそうですねっ。(汗)

至仏山。いいですねぇ~。
初秋の雰囲気が漂い始めそうな尾瀬を
満喫してきてくださいね~。
私も至仏山からの絶景。楽しみたい~☆

mokos619さん こんばんは。

駒の小屋泊は1年間あたため続けてようやく実現できました。
会津駒ケ岳から中門岳へ続く稜線は「たおやかな」って言葉は
こういう時に使うんですよ~。って言う見本のような稜線です。
何しろ雪深い地域なので、山全体が短い夏を満喫してますよー。
ってな感じでした。

ゆうこさん こんばんは。

会津駒って、東北の山の魅力満載♪って感じでしたよー。
登りきるまでがちょいと大変ですが、稜線歩きと花見が
大好き人間にとっては、ホント。木道を歩きながら
鼻歌が止まらない。って言う2日間でした。
草紅葉の頃とか残雪期とか。季節を変えて何度も行ってみたいです。
あっ、残雪期に歩くんじゃ、アイゼン買わなきゃだめか(汗)