2013/09/11

三条ノ滝を目指して燧ケ岳の麓をひとまわり1

尾瀬の山小屋一泊で三条ノ滝へ行こう♪
う~ん。燧ケ岳登山と合わせる?
それとも、アヤメ平と合わせる??

…そんな夢は、今月唯一の連休を雨で流されて、
日帰り三条ノ滝へ変更~。(泣)
どうやって行こう。
燧裏林道往復?     
まてよ。せっかくだから見晴しまで行って戻ってくる?
をっ、見晴しから尾瀬沼に登って周回してる人もいるなぁ。
(リンゴさんのレポ参照   
これをいただこう♪

・・・・・・・・まて。
ヘトヘトなところ尾瀬ヶ原から尾瀬沼に登るのは大変。
最終バスの時間もあるし。
なら、逆ルートで行こう。決定!!!!

普通の人が歩いても8時間を超えそうな長丁場。
へたれ時間をプラスしたら、どう考えても10時間を超えるな。
5時半始発のシャトルバスに乗るために、御池駐車場で車中泊。
ぐっすり眠って目が覚める。時計を見ると5時15分。やばっ。(汗)
2013.9.9.sanjohnotaki 001
ほとんどの人が燧ケ岳登山口に向かって歩いてる中、
始発のシャトルバスに乗車。貸し切り~☆
運転手さんとブナ平の紅葉や草紅葉、初雪の話をしながら15分。
沼山峠の登山口。到着~。

フリースを着て歩いていてもちょっと肌寒く感じる。
ついこの間まで「暑い・暑い」って言ってたのに。
2013.9.9.sanjohnotaki 002

日が射してくると、一気に森の中が輝きだすねー。
2013.9.9.sanjohnotaki 003

そして、木道の両側には、かわいいシラタマノキ。
今日も一粒プシュッッ!っとしちゃった。ゴメンね。
2013.9.9.sanjohnotaki 005

岩のくぼみの小さな庭。
2013.9.9.sanjohnotaki 006

ツルンとピカピカ。タケシマラン。
2013.9.9.sanjohnotaki 012

そして、大江湿原の端に飛び出す。
草紅葉。はじまり。はじまり~。
キンコウカの葉先は、鮮やかなオレンジ色に変わってましたよー。
2013.9.9.sanjohnotaki 013

湿原の中は、ミヤマアキノキリンソウの他、
オゼミズギクの鮮やかな黄色の花~☆
2013.9.9.sanjohnotaki 018

お燧さま。おはよ~~。
2013.9.9.sanjohnotaki 019

試験管ブラシみたいなサラシナショウマ。
2013.9.9.sanjohnotaki 022

秋のお花の最終ランナー。ウメバチソウはあちこちに。
2013.9.9.sanjohnotaki 023

美しい花には毒があるの代表選手。
オゼトリカブト。
2013.9.9.sanjohnotaki 025

貸切の大江湿原を歩いて、長蔵小屋まで来ました。
尾瀬沼の向こう側にどど~~んと燧ケ岳。
2013.9.9.sanjohnotaki 026
見えないぢゃん。(泣)

心の目で燧ケ岳を眺めながら、ここで朝ごはん。
ベンチは前日の雨で濡れてたから立ったままおにぎりをかじって…

ほんの1ヵ月半前はニッコウキスゲの黄色いじゅうたんだった
三本カラマツ方面。
今度は草紅葉の黄色いじゅうたん。
真っ赤に輝くまでにはもう少し♪
2013.9.9.sanjohnotaki 028
さて、先は長いので、行きましょう。

なぜか、この橋の下にはいつも魚が群れてる。
2013.9.9.sanjohnotaki 029

ワレモコウもぼちぼち終わり。
2013.9.9.sanjohnotaki 031

三本カラマツの足元は、もうすっかり秋色。
2013.9.9.sanjohnotaki 033
空もすっかり秋色。

森のサンゴ見っけ!
2013.9.9.sanjohnotaki 036

ゴゼンタチバナは、もう、あちこちで赤い実をたくさんつけてました。
2013.9.9.sanjohnotaki 037

白くてモフモフ咲いていたイワショウブの花は、
ピンクに変わって赤い実へ。
2013.9.9.sanjohnotaki 039

燧ケ岳の雲もだんだん取れてきました。
数人の人がナデッ窪から燧ケ岳を目指してましたよー。
2013.9.9.sanjohnotaki 040
今日は、見晴し。最高だろうな~☆

沼尻の湿原。
ゆったりとのどかで、尾瀬沼の周辺で、一番好きな場所。
2013.9.9.sanjohnotaki 048

池糖を覗くとヒツジグサが紅葉してました。
まだまだつぼみもたくさんあったから、未の刻には
かわいい花を咲かせてくれそうだねー。
2013.9.9.sanjohnotaki 049

何にも考えずに1日中ボケーーっとしていたいところだけど、、、、
2013.9.9.sanjohnotaki 054
名残惜しいけど、進みましょう。

白砂湿原。湿原が金色になってる。
2013.9.9.sanjohnotaki 058

こ~~んな木道を延々と歩いて、尾瀬ヶ原まで抜けられたらいいのに
2013.9.9.sanjohnotaki 059

まぁ、そんなに甘くはないわな。
たまには、ごつごつした石の上を歩きつつ…
2013.9.9.sanjohnotaki 060

スポットライトを浴びながら咲いてるアジサイの鮮やかな水色。
2013.9.9.sanjohnotaki 062
…って、写真に撮ったら、白っぽくなっちゃってるね(汗)

燧ケ岳から流れてくる沢~。
2013.9.9.sanjohnotaki 063

ん?これは、、、ツリバナ? それともマユミ??
2013.9.9.sanjohnotaki 065

豊かなブナの森。気持ちいいな~。
久しぶりの青空だもんな~。
2013.9.9.sanjohnotaki 066
深呼吸しながら歩いて、

燧ケ岳への登山道。見晴新道と合流したら、
尾瀬ヶ原までもうちょっと。
2013.9.9.sanjohnotaki 067
登山道は川になってました。
大雨の被害で見晴新道はすごく荒れてるそうです。
5割増しの時間がかかります。って看板が立ってました。

森の中には、ポツリ。ポツリと小さい秋。
2013.9.9.sanjohnotaki 068

コケでモフモフした岩。かわいいな~。
2013.9.9.sanjohnotaki 069
10時ちょっとすぎ。予定通り尾瀬ヶ原到着~。

ここで欲しかったものを仕入れ、いよいよ三条ノ滝を目指します~。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いやいや、昔の恥ずかしいレポを覗かれてしまいましたね(^_^;)
でも自分が見ても懐かしさがこみ上げてきます。
続きも楽しみにしていますね。
そうそう、昔の山仲間Mさんから先日電話があって、一週間の休みが取れたので北アルプス縦走に行こうと誘われました。
私はそんなに休みが取れないと丁重に断りましたが、その当時から他人の都合などお構いなしの大物ぶりに笑ってしまいました。

こんばんは♪

やっぱり尾瀬は素敵ですね~♪
ちょっと秋色になった湿原に真っ直ぐ伸びる木道、いい感じです♪
それに9月でもまだまだお花がいっぱいあるんですね!
このあと見晴し?いい所に行くのかな?
続きレポ楽しみにしてまーす(^^)

リンゴさん こんばんは。

いやぁ。。。
実は、結構前からコース取りなんかでリンゴさんのレポを
かなり参考にさせてもらってます。
だいたい私が行きたい!と思った場所は、検索かけると出てくるので。(笑)
ただ、所要時間はリンゴさんタイム+3時間です。
今回もリンゴさんのレポがなかったら、おそらく燧裏林道往復だったかと。
そんな訳で、とっても感謝です。m(__)m

それにしてもMさん。1週間で北アルプス。いいなぁ~。
私も1週間の休みがあったら雲ノ平へ行きたいっ!!
朝日小屋のおでんも食べに行きたいっ!(笑)

mokos619さん こんばんは。

尾瀬…いいでしょ~?(笑)
何しろ広大なエリアなので、まだまだ行ったことのない場所もたくさん。
行ったことのあるところも、季節が変わればどんな顔を見せてくれるんだろ。
って、つい、訪問回数も多くなっちゃいますねー。

お花はいよいよ終盤ですね。
これからは紅葉が楽しませてくれて、あと1ヵ月半で尾瀬は冬籠りとなります。

こんにちは~
燧ヶ岳見えなかったんですね~残念!
容易には見せてくれぬかおぬし・・みたいな?^^
でもまたお花や景色がきれいです
濡れた木道も黄色いお花も黄色いサンゴも~
お魚も池糖も青い空も・・
また行きたくなっちゃいます私も^^
ゆ~~っくりぼけ~とほげ~と
空を見てホゲホゲマンになって行きたいですなぁ
なんのこっちゃ

この季節の尾瀬、いいですね。
夏の終わりと秋への入り口、うまく混じりあってて、気候も気持ちよく。
次は滝!

やっぱさん こんばんは。

ふっふっふ~~。
この後、愛しのお燧サマにはちゃんと会えちゃったんだなぁ。
夏の賑やかな時期が終わって、次、秋の紅葉でにぎわう直前。
ちょうど静かな時期を楽しんできました。
ホントは、もっともっとのんびりしたかったんですけどね、
何しろ欲張りで、あっちもこっちも。って頑張りすぎちゃいました。
これからは紅葉が目を楽しませてくれそうですね。

yosiさん こんばんは。

ちょうど季節が変わっていく。そんな境目を直に感じられました。
平日だから特にだけど、歩く人も少なくて、静かな尾瀬を満喫できました。
さすがに、夕方迫る燧裏林道は、ちょっとだけ心細かったけど。(笑)