2013/09/13

三条ノ滝を目指して燧ケ岳の麓をひとまわり2

長い樹林帯が終わって尾瀬ヶ原に抜けました。
真っ正面には至仏山がド~~~ン。
2013.9.9.sanjohnotaki 071
水芭蕉の季節に来た時は、まだ、一面の枯野。
3カ月たって今は草紅葉の始まり。
やっぱり尾瀬の夏は、駆け足でやってきて
駆け足で去っていくみたいですね。

振り返れば燧ケ岳。
2013.9.9.sanjohnotaki 077
ぐふふ。会えちゃった。
同じ頃出発して行った人たちは、きっと山頂からの景色を
楽しんでることでしょう。

木道わきでは、出発していくお姉さんに
「行ってらっしゃい」って手を振るように
リンドウが咲いていました
2013.9.9.sanjohnotaki 070

で、反対側はオゼミズギク。
2013.9.9.sanjohnotaki 079

で、どーしても見晴しでお買い物したかったのが、この子っ。
原の小屋オリジナルストラップ。「ヤマネ」ちゃん。
この子も木道の端材でできてます。
会津駒ケ岳の駒の小屋で仕入れたオコジョたちとは兄弟。
ozebaka親方手作りです。
2013.9.9.sanjohnotaki 081
こりゃぁ、やっぱりイワツバメとイワナもそろえたいなぁ。(汗)

ゲンノショウコ。
胃腸に効くって言う、生薬の…
2013.9.9.sanjohnotaki 083
ホントにゲンノショウコでいいんだよな。って調べてたら
あるサイトで
気温も冷え込む季節に「花は花として黙って咲いている」
って言う一文。
なんか、もぉ、愛おしさでいっぱいだよ。

こいピンクの花もかわいいね。
冷え込んだ朝でも、黙って咲いてるんだよ。
2013.9.9.sanjohnotaki 088
けなげすぎる。


そのんな女子に…
         私はなれない。(滝汗)

オオニガナ。確かにハナニガナより…でかい。
2013.9.9.sanjohnotaki 090

あらら。こんにちは。
踏まれないでね。
2013.9.9.sanjohnotaki 093

サワギキョウの優しい紫色~。
2013.9.9.sanjohnotaki 098

ここにも小さい秋見っけ。
2013.9.9.sanjohnotaki 099

秋色に変わり始めた尾瀬の湿原。
ここで、アサギマダラを見かけました。
この間、那須で見かけた時「これが今年最後のアサギマダラかな?」
って思ったけど、今度こそ、今年最後のアサギマダラかな?
ぼちぼち海を渡って行っちゃうものね~。
2013.9.9.sanjohnotaki 100

真っ白なイワショウブもまだ残っていましたよー。
2013.9.9.sanjohnotaki 101

温泉小屋の休憩所を過ぎると、いよいよワイルドな道になってきますよー。
2013.9.9.sanjohnotaki 104

グチャグチャ ゴロゴロ 木の根っこを歩いて
平滑ノ滝展望台。
さぁ、この先には…
2013.9.9.sanjohnotaki 105

平滑ノ滝。
白波が立つ流れ~。
2013.9.9.sanjohnotaki 109

子供のころは、三条ノ滝よりも絶対に平滑ノ滝を見たい!
って思ってたんだもん。うれし~~☆
2013.9.9.sanjohnotaki 110

小さな沢をいくつか渡り…
2013.9.9.sanjohnotaki 111

平均台を渡るときには、頭の中をレイダースマーチが
ぐるぐる回りだす。(笑)
2013.9.9.sanjohnotaki 115

そして、いよいよ三条ノ滝までもうちょっと。
2013.9.9.sanjohnotaki 116
でも、実は、この標識を見た時「やっと着いた」じゃなくて
「うひゃぁ。駐車場まであと7キロも歩かなきゃならないんだ」が本音。(汗)

鎖のついた急な階段を2か所(だったかな?)下ると
三条ノ滝展望台~。
2013.9.9.sanjohnotaki 118
今まであった観漠台のさらに下に展望台を作ったことで
滝全体が見られるようになったそうです。
そう言えば「第一テラス」「第二テラス」って看板があったかも。

下の方を覗くと、ヘビがとぐろを巻いて休憩中~。
2013.9.9.sanjohnotaki 127

それにしても、豪快な滝だなぁ。
迫力満点。
2013.9.9.sanjohnotaki 130
途中寄り道しながら、三条ノ滝まで約6時間。
ちょうどお昼になったので、滝を眺めながらランチタイム~。
珍しく1時間も休憩しちゃったよ。

して、遊んでみる(汗)
2013.9.9.sanjohnotaki 125
それも、展望台で一緒になった人にシャッターを押してもらうという…
旅の恥はかき捨て(滝汗)

名残惜しいけど、帰らなくっちゃ。
2013.9.9.sanjohnotaki 132

天ぷらにしたら美味しそうなのがはえてたよー。
2013.9.9.sanjohnotaki 133

あ~、登りたくない。
2013.9.9.sanjohnotaki 134
燧裏林道。どっちに進んでもかかる時間が同じだから
きっと、なだらかな平たんな道なんだよー。と勝手に解釈してたけど
どっちも同じくらいアップダウンがあるってことね。

でも、こういう静かなところ。好きだよー。
沢の流れる音と、風に葉っぱが揺れるカサカサって音しかしない世界。
時々足が攣って、どうにも動けなくなること数回。(汗)
2013.9.9.sanjohnotaki 135

深い森の中に不釣合な建造物。
「奥鬼怒スーパー林道ってここいら走ってるんだっけ?」
って一瞬思う辺り。完璧に頭の回転止まってるし。

シボ沢にかかる裏燧橋。
2013.9.9.sanjohnotaki 138

普段は水量の少ない沢だけど、雪解けの頃とか、大雨が降ると
すごい流れになるそうです。
そして、沢の下流の向こうの方には越後のお山~。
2013.9.9.sanjohnotaki 140

今日はいくつ沢を渡っただろう。。。
2013.9.9.sanjohnotaki 141

ツルンとピカピカ。オオバタケシマラン。
普通のタケシマランの実よりも細長くて大きい実。
2013.9.9.sanjohnotaki 142

長い長い樹林帯を抜けて、やっと湿原に出ました。
傾斜湿原ってホントにきれい。
森の中では、動けなくて立ち止まってたけど、湿原では
動きたくなくて立ち止まる。結局、動けないのよ。
2013.9.9.sanjohnotaki 145

新潟の山々には雲がかかってしまいました。
2013.9.9.sanjohnotaki 150

燧裏林道では一番広い湿原。上田代。
ここまでくれば、駐車場までもうひと頑張り。
初秋の尾瀬の景色を目に焼き付けて、駐車場に着いたのが
16時少し前。10時間ぶりの愛車よー。(汗)
2013.9.9.sanjohnotaki 152

靴を洗って片づけをしての帰り道。
かやぶき屋根の上に、満開のコオニユリ。
2013.9.9.sanjohnotaki 156

そして、帰りはもちろん燧の湯~。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

秋の尾瀬、ずいぶん歩きましたね。
いつの季節もすばらしいです。
あっという間に冬になっちゃいそうですが・・・

へび・・・けっこう大きいですね。

ブルさん こんばんは。

家に帰ってちょいと計算してみたら、20キロくらい歩いてました。
ここ数年では一番長い距離を歩いたかな?
さすがに帰りは、もう、魂飛んでました。(汗)
尾瀬のシーズンもあと1ヵ月半なんですよね。
雪が降る前にもう一回くらい行きたいんだけど…。

ヘビ。なかなか大きかったです。
もし近くで遭遇してたら、即逃げ!です。

こんばんは♪

またまたお花の写真が素敵です♡
特に薄紫のゲンノショウコ!すっごい可愛いですね。
迫力の滝もいいですねー!

でも、だめええぇぇぇ!
私、青虫もへびも大嫌いなんです!!!!!
しかもあんな大きいの、写真でも無理ーー(泣)
怖怖怖怖・・・( ̄∇ ̄:)

すごい!すごすぎる!
日帰りですか?一日中歩いていたんだね。
足の筋肉、はんぱじゃなくついているんでしょうねぇ。
まだまだきれいなお花もたくさん、chikoやんさんに写してもらってそろそろ終わりなのね。
お疲れ様でした。
目的は、え~と、三条の滝、なんでしたっけ?

なぁるほど〜

ありがとうございます。これがゲンノショウコなんですね!晴れ夫と共に拝見しました。お花の写真と名前はとってもありがたく、楽しみにしています。それにしても・・・素晴らしい体力ですね。お山の方々みなさま尊敬いたします。

あ、やっぱり燧見えたんですねー
ヨカッタですねー^^
今回も花がたくさん!
私的には、いもむしとヘビに目がいっちゃいましたけど~^^
(↑生きもの好き)
イモムシはキアゲハの幼虫さんですね~
いいなぁ・・これだけで行きたい感じがしてきたし~♪
ヘビなんてとぐろ巻いてるのなんて初めて見たよ~
ところでこの道
変化に富んで良い道でデスね~
いつかまた機会があったら参考にさせてもらおかな

わたしもそろそろ更新したいところだけど
て、天気がぁ~・・!(台風のばかぁ~・・)
自然には勝てぬのう・・

こんにちは、chikoやんさん。

「ゲンノショウコ」の花って、初めて見ました。
と言うよりも、植物としての「ゲンノショウコ」を初めて見た、と言うほうがよいかも。
とても可愛らしいお花なんですね。
それにしてもお山の花々は、どこか儚げ。
それでいて、地にしっかり根を張って・・・。
しなやかで強い・・・そんな感じ。
私もそんな女性(と言うより「オバサン」?)になりたい!

mokos619さん こんばんは。

薄紫のゲンノショウコ。おしべの色もほんのり薄紫で
ホントにかわいいお花でした。
種がはじけた姿がお神輿みたいな恰好なんだそうです。
機会があったらまた見つけてみたいな~って思います♪

で、、、
あはは。私も虫は苦手ですが…
山の中で出会ってしまうと「かわいい!」って思えてしまいます。
イモムシやケムケムのうねうね動く姿をつい見入っちゃうんです。
あっ、ベランダの植木鉢にくっついてたら、即殺虫剤ですが。(汗)

y子さん こんばんは。

え~~と…
本当の目的は三条ノ滝と原の小屋のヤマネですが…
朝から晩まで贅沢に楽しんできました。
平滑ノ滝の繊細な滝を見た時、真剣に「この景色を見たい!」
って言ってた子供のころを思い出しました。
シーズン初めじゃ絶対歩けない距離です(汗)
5日くらい筋肉痛が治りませんでした。(笑)

Re: なぁるほど〜

晴れさん こんばんは。お久しぶりです♪

ゲンノショウコ。大人気ですね。
今まで「あっ。そ」ってくらいな感覚だったんですが
現物を見て、確かにかわいい。ホントにけなげ。
来シーズン以降もまた見つける楽しみが増えました。
お花の名前は自分ですぐ忘れてしまうので調べてアップしてますが
間違ってるものがあったら教えてくださいねー。

私は運動的センスも体力も皆無なので(汗)いつも疲れない程度に
ダラダラ歩きです。

やっぱさん こんばんは。

そうなんですぅ。(#^.^#)
やっぱり燧ケ岳が見えるとテンション上がります。
尾瀬ヶ原の華やかさと燧裏林道の静かさ。
両方味わえる贅沢コースでした。
次回はぜひ1泊で行きたいです。

きれいなイモイモはキアゲハになるんですね~。
アゲハチョウの幼虫ってことは…
怒らせるとツノが出るのかな?
ケムケムはかわいい動きに癒されますが…
やっぱりヘビは勘弁です。(汗)

のんチャン こんばんは。

生薬としての「ゲンノショウコ」は聞いたことがありましたが
どんな花が咲くんだろう。って、疑問にすら思ったことが
ありませんでした。(汗)
こんなにかわいらしいお花に会えちゃって、衝撃の出会い!
って感じです。(笑)
ホント、山に咲く花って儚げだけど逞しいですね。
そんなパワーを受け取りたくて探して歩いちゃうのかも。
私は、どっちかって言ったら、図太く、逞しく。雑草タイプです。(笑)

良い時に良いところで、1日存分に遊ばれたようで。
秋色までもう少しの尾瀬。燧を見ながら湿原と滝巡りと詰め込みすぎ~!
これだから山歩きは止められませんね。

「して、遊んでみる」クリックしても拡大になりませんが。。。

yosiさん こんにちは。

燧裏林道は、おそらく歩くことのないルートだろう。って
ずっと思っていましたが、実際歩いてみて、新しい尾瀬の
魅力に触れちゃったって感じです。
小さい湿原に棚田のように並ぶ池糖。萌え萌えでしたe-328

して、遊んでみたんですが、さすがに拡大はしない方がいいんぢゃないか…と。
東京の方から音もなくプレッシャーを感じたので一応アップしてみました。(汗)

拡大になりませんが。┐( ̄へ ̄)┌

と、人には言えないから。w
プレッシャーを感じるまでも無く、
先に撮っているではないか。w

すてきな景色をありがとうございます。
尾瀬も行ってみたいけれど、
まだまだ日光で見たいものがたくさんあって。。。

そのうち急にダッシュする時が来るだろうか?w

Laylaさん こんばんは。

いやいや。初めは例の写真は載せずにアップしたんですが…
静かにプレッシャーを感じたのでLaylaさんがホッケーの応援を
している間にこっそり追加しました。(汗)

私も日光で見たいものも盛りだくさん。
でも、他にも行ってみたい場所がどんどん湧いてきて…
芋づる式にあちこち行きたくなっちゃうのってホント。危険~。

Laylaさん。。。
もう、すでにダッシュしてるかも。
で、猛ダッシュするまで、もうちょっと?(笑)