2013/10/18

ちょっと駒までお買い物♪ ~続き~

さぁ、これから神の稜線を散歩する時間ですよ~。
2013.10.14.aizukoma 051
中門岳まで延々と続く草紅葉と木道。
山の斜面は笹原の緑色。
季節は変わっても、大好きな景色はやっぱり素敵な景色。

わっ、バッタの親子。おんぶしてるよ~。
久しぶりに木道に寝そべって、地面すれすれの景色を感じる。
そうすると、木道は空まで続いているんだ。って錯覚しちゃうんだよねー。
2013.10.14.aizukoma 057

さえぎる物のない山の上の湿原。
それが約2Km、延々と続いているんだよー。
2013.10.14.aizukoma 059

赤い実と、むこっ側の山。(笑)
2013.10.14.aizukoma 064

池糖には、青い空が映り込む~。
2013.10.14.aizukoma 067

そして、大好きな「中門岳 この一帯を云う」
池のほとりのベンチは満員。そんな訳で、先に進みましょう~。
2013.10.14.aizukoma 069

木道は、池糖群をぐるっと一回りしています。
ここの広くなったところで、お昼ご飯にしましょう。
風も静かで、シャツで過ごしていてもOKな程。
ダウンもフリースも持ってきたんだけどなぁ。
2013.10.14.aizukoma 074
隣に座ったがっつり山屋系のお兄さんたちに、越後の山の話を
聞かせていただきました。
あれが浅草岳。あっちが守門…って。

このまま時間が止まっちゃえばいいのに。
2013.10.14.aizukoma 078

そして、山屋のお兄さんがた。
しょーもないお遊びにお付き合いいただき、ありがとうございました。
2013.10.14.aizukoma 080

またまた中門大池まで戻ってくると、誰もいなくなっていました。
オオシラビソの木が池に映り込んでるよー。
2013.10.14.aizukoma 082

御意!
2013.10.14.aizukoma 090

延々と続く木道。どこまでも歩いて行けそう。
2013.10.14.aizukoma 092

稜線上の湿原と木道。ホントに大好きっ。
2013.10.14.aizukoma 096

通り過ぎてしまうのが惜しくて、何度も立ち止まります。
2013.10.14.aizukoma 097


2013.10.14.aizukoma 101

真っ赤に紅葉したチングルマ。
風が吹いて種を飛ばしたら、あとは春までひと眠りかな?
2013.10.14.aizukoma 106

幸せ~な稜線散歩が終わって駒の小屋まで戻ってきました。
2013.10.14.aizukoma 110

小屋のトイレの窓からの景色。
トイレからもこんな素敵な景色が見られちゃうのよー。
2013.10.14.aizukoma 112

駒の大池に映り込む駒ケ岳。
バイバイ。また来年。
2013.10.14.aizukoma 113

名残惜しくて、何度も振り返りながらの下山。
ホント。ちょっと進んじゃ振り返り。。。なかなか前に進みません。
2013.10.14.aizukoma 117

駒ケ岳の稜線。ばいばい。
2013.10.14.aizukoma 126


駒の小屋も。
来年は、また、泊りで来るね~。私の分のお布団。あけといてね~。
2013.10.14.aizukoma 128

小麦色に色づいた湿原と水墨画のような会津の山々。
楽しかったよー。ありがとう。
2013.10.14.aizukoma 134

カラフルに色づいた山の斜面。そして、繊細なダケカンバの枝先。
2013.10.14.aizukoma 135

ちょっとだけ寂しい気持ちで下山途中。。。
2013.10.14.aizukoma 136

「こんにちは~」と挨拶をしたその人たちは…
「山と野と」の矢車草さんと相棒さんでした。
2013.10.14.aizukoma 137
ちょっとお話をさせていただいた矢車草さん。
ブログからにじみ出てくる雰囲気そのままの方でした。
一緒に写真もとっていただいて…
すっぴん女子2人。

確か、以前、すっぴんなら水場で顔をジャブジャブ洗えるし。
なんてことを書いていらっしゃいましたよね?(あれれ、記憶違いかなぁ。)
実は、それ以来、マネしてます。私。(汗)

また、尾瀬でお会いできたらとっても嬉しいです。
ホント、ありがとうございました。m(__)m


またまた幸せな気持ちいっぱいに満たされました~。
2013.10.14.aizukoma 140

水場付近まで下りてくると、広葉樹の木々がいい色づき。
2013.10.14.aizukoma 144

朝と日の当たり方が違ってくるので、紅葉がより鮮やかに見えるのかなぁ。
2013.10.14.aizukoma 145

1日中いい天気。
青空のもと、紅葉した木々も喜んでいるみたい。
2013.10.14.aizukoma 147

ブナやダケカンバの黄色。
カエデとかツツジの赤。ホントにいい色~。
2013.10.14.aizukoma 149

2013.10.14.aizukoma 152

そして、沢の音が大きくなれば、滝沢登山口。
2013.10.14.aizukoma 153
会津駒ケ岳。確かに登りは大変。
でも、幸せな気持ちをいっぱいに満たしてくれる、大好きな山っ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

う~ん、いいお買い物ができて良かったねぇ~!
会津駒ヶ岳、本当にきれいですね!
いつか行ってみたいなぁ!(*´д`*)

Laylaさん こんばんは。

リュック背負っちゃうと名文が隠れちゃうのが残念だけど…
私のユニフォームとなるでしょう♪

Laylaさん。行けるよー。
距離は長くて急登で、標高差もあるけれど、危険のない登山道だから
ゆっくり登っていけば大丈夫。
みんなで駒ケ岳中毒になって、女子会しよ~e-414

う~ん、距離が長くて、急登でって、危険がなくてもなかなかなのね~(笑)
確かに地図で見るとすごい山容で(汗)
でも、chikoやんさんのブログみると、いとも簡単に
登っているように見えるのが不思議。
駒中毒って、こういうことか(笑)
それにしても、素晴らしい写真です!絶対に行きたくなります!
ということで、駒中女子会、いつかやろうね。

こんにちは。
のびやかな稜線、きれいですね。
行きたいと思いながら西那須野から
100kmはなかなか行けません。
でも来年は行ってみよう。

こんにちは♪

ずっと続く木道、本当に素敵な所ですね~♪
トイレからの眺めも最高(笑)
シェーの下の写真、池に映りこんだ木々がいいですね。
あ、シェーももちろん、すっかり様になってます(^^;)
ハイジの家から下りてくる道も、夏とは色が違っててまたいい感じですね。
いつか行ってみたいな~。
子供が手を離れたら・・・

う~~~~ん、山が良い感じになってきましたね。
花の季節が最高なんでしょうね。
下界が紅葉真っ盛りになった頃に、この辺りに出没予定です。

y子さん こんばんは。

長英新道往復でお燧サマに登っちゃうy子さんなら、笑顔で会津駒ですわよん♪
確かに、最初の2時間はひたすら我慢なんですけどね。
その先に、愛しの君が待ってるぅぅ。なんて。
チョイと怪しい世界に入りつつ、視界が開けたところで今までの疲れなんて
一気に吹っ飛ぶ。って感じです。
なんだか、那須のお方も雪の会津駒で「シェー」されてるみたいなので…
こりゃぁ、女子会じゃなくて「シェーの会」でしょか。(笑)
ぜひみんなで行きたいねー。

ブルさん こんばんは。

花の季節もホントに素敵でしたが、輝く草紅葉もホントにきれいでしたよー。
塩原渓谷沿いのくねくね道のところにトンネルができたので
気持ち、アクセスも便利になったような…。ホント、気持ちですけどねっ(汗)

来年は、ブルさん目線での会津駒の写真。ぜひ見せてくださいねー。
お天気が良ければ、ブルさんの大好きな富士山も見えますよ。
富士山が見える、ほぼ、北限の山なんだそうです。

mokos619さん こんばんは。

でしょ。でしょ? 神の光景でしょ~?(笑)

トイレからの景色もとっても素敵なんだけど…
実は…
         実は…
樹林帯を抜けて目に飛び込んでくる三角屋根の小屋(左)は、そのトイレなんです。(笑)
トイレの小屋を見て「萌え萌えっ☆」ってしてるんです。(笑)

あとン年後にご夫婦でぜひ。
癒しの時間を過ごせますよー。

モモクリさん こんばんは。

山スキーを楽しまれる方たちのレポを読むと、残雪期もステキですぅ。
私には絶対無理だけど、神々の山~。って感じの景色でした。
下界の紅葉まっ盛り。もう、来週くらいでしょうかね?
のどかな山里を感じる桧枝岐。
ホントに大好きな村になりました♪
山の恵みをたくさん受け取れますように~。